損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
損切りこそトレードの生命線 (はじめに)
(「私のトレード環境」アップしました

損切りができて初めてトレーダーとしての土俵に上がれる。
私は、真剣にそう思っています。

トレーダーなら誰でも思っていることです。
いやというほど経験していることです。
十分すぎるほどわかっていることです。

それでも、損切りできないのが人間です。

だからやっぱり、思い続けないといけません。

損切りが大事、大事、大事なのです。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ


\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
トレードの最強本です。
まずはこれを読んでください。これだけでも、その一端が理解できます。
「維新流トレード術」サンプルページ

なにより、今なら無料です。
(送料550円がかかります。
 また、本屋さんでは買えません。念のため。)
私には、ちょっと勿体なく思えるくらいです。

維新流トレード術

ちなみに、この本の内容を詳しく称賛する私のコトバは、
12/9の記事
に十分に書き尽くしましたので、ぜひ参照してください。

損切りは、メンタルじゃない。
スポンサーサイト
10/17 バンドウォーク継続
今日の日経平均は久々に陰線になりました
しかし、形は上昇。
昨日のローソク足より、安値も高値も高く終わりました。

そして、バンドウォークも継続です。
MACDもなんとか上に伸びています。

心の中での警戒は必要かも知れませんが、
ここで適当に仕切っていてはいけません。

何度も言うようですが、
何となく利益確定するのはご法度です。
それは損切りをそのままに見逃すのと質的に同じです。

主観的なイメージだけでは仕切りの根拠になりません。

必ず、サインを確認して仕切ってください。

たかがそれだけのことができなくて、
みんな相場から去っていきます。

逆に言うと、「たかがそれだけ」がとてつもなく難しいのが
トレードの本質です。

私もかつては嫌というほど味わってきたことです。

それを破るのは、毎日のルール通りの繰り返ししかありません。
そして、それを生むのはルールへの信頼です。

難しいかもしれませんが、
また、いずれ、まとまって書けるときが来ると思います。
(あるいは、私の別サイトへどうぞ)

明日も頑張っていきます。


ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
10/16 やっと来たやつ。利確のやつ。
日経平均は続伸です。
いよいよバンドウォークが始まりか。
それでなくても、上昇相場。
やっと、爆発した銘柄もありました。

買いに固執してここまでやってきていれば、
先週末、今日は、そこそこ大きな利益で終わっているはず。

さらにいうなら、今日利益確定の銘柄もあったはず。

日経平均に即して言うなら、
まだまだボリンジャーバンドを飛び出して
引けてはいません。
まだ、買い保持のままでいいとのサインです。

利益確定は、サインが出てこそするべきであって、
サインもないのに終わらせてはいけません。

あるいは、複数単元の保持ならば、
ルールによっては部分利確です。

ようやくにして動きが出てきた感じです。
さすがに、ここまで日経平均が元気だと、
どんな銘柄も一定の影響はされるのでしょう。

まあ、何を買っていてもよかった状況かも知れません。

こんな状況はいつまでも続かないと思えば、
どこまでも上昇は続くし、
この状況がしばらく続くと思えば、
あっさりと下落がやってくるものです。

相場はいつも逆に行く。
そう思っていれば、焦ることもないでしょう。

頑張っていきましょう。

ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
10/15 また継続上昇か
下落を警戒しつつも、
今の日経平均の形を見ていると、
これからもずっと上昇していくバンドウォークの形が
思い浮かびます。

今日経平均は、グランビル法則で見れば、
2回目の上昇です。
通常は、初動の後は一度75日移動平均線まで
戻り下げするものですが、
今回は、ボリンジャーバンドの+2σの突破で、
いったん持ち合った後、
大した下げもなく再び上昇していきました。

ボリンジャーバンドの+2σを突破すれば、
そこではまたいったん上昇を止めるかもしれませんが、
いずれまた上昇を続けていくような気がします。

一般の情報に株の情報が出てくるときは、
かなりの上昇が進んだ時で、
その時には、すでに下降の入り口に来ていることも
多いのですが、
ここは、そうでもない?かもしれません。

そう思えるような展開です。

そんなシナリオを頭に描きながら、
一方で、急落の場面に備えながら、
何が起きても驚かないように、
ルール通りのトレードを心がけていきます。

今はそれでいいです。

難しい場面だと思います。
しかし、簡単な場面はめったにありませんから、
それでいいのです。


ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
10/13 ようやく回ってきました
またまた最高値更新。
やっと、買いの成果が出てきました。

やはり、ボリンジャーバンドの余裕の分だけ
上げてきましたね。

それにしても、ここにきて+200円ですから、
良く上がったものです。

もちろん、高値更新は警戒の印でもあります。
ましてや、マスコミも注目し始めているくらい、
投資家の視線が集まってきています。

ドーンと下がる場面も想定できるわけです。

しかし、だからと言って、
どんな対策があるかというと、
やはり、いつも通りですし、ルール通りでしか
あり得ません。

警戒している場面だからと言って、
損切りラインをいつもと変えたり、
早めに利益確定・・・などと言っていては、
継続性の点でいずれ問題が出てきます。

どんな状況でも一定を保つことから、
トレードのキャリアは始まります。

私にとっては、厳しい相場でした。
何とか今日、救われました。

今週もお疲れさまでした。

ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!