FC2ブログ
損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
損切りこそトレードの生命線 (はじめに)
(「私のトレード環境」アップしました

なぜ、損切ができないのか?
すごく簡単なことに思わるのに、なぜ?

損切りこそ、「トレーダー」として生活していく前提条件。
私は、真剣にそう思っています。

誰でもが、いやというほど経験しています。
十分すぎるほどわかっています。

それでも、損切りできないのが人間です。

なぜなのか?
できるには、どうしたら?

大事なこと: 損切りはメンタルじゃない!

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
トレードの最強本。
読めばわかります。
「維新流トレード術」サンプルページ

2021年現在、変わらず本代は無料です。
(送料550円あり。 リアル本屋さんでは買えません。)
私なら、5万円でも安いくらいです。

維新流トレード術

ちなみに、この本を称賛する私のコトバは、以下参照。
12/9の記事

損切りは、メンタルじゃない。
スポンサーサイト



2/27 大きな風が吹きました
日経平均が、少々暴落しました。
30,000円を抜けて・・・というところで、一頓挫。
再び、30,000円を割り込んだばかりか、
25日移動平均線まで割り込んでしまいました。

この落ち込みは、1月末の落ち込みにも似ています。
なので、再び上昇に乗るのかどうか。
昨年11月の持合い放れから、すでに3回の上昇波動。
この先は、わからなくはあります。

グランビル法則や、波動理論に照らして考えれば、
3回の波動は、「これで大きなトレンドは終わり」というしるしです。
私は、そのように習っていますし、
経験上も、まあだいたいそうなっています。

ただ、日経平均の傾向は、
少しづつどことなく変わってきてもいます。
また、従来の教科書的な常識がいつも常に変わらないとも限りません。
特に、今は、世界未曽有の状況の中にあるだけに、
何とも言えないところがあります。

全体相場の行方はともかくとして、
個人的な仕掛け銘柄についていうなら、うれしい限りの下落でした。

日経平均の助けがあったのかどうかはわかりませんが、
伊藤園(2593)は、その後下げ続け、
昨日はついに6,000円の大台すら割れてしまいました。
利益が大きくなってきました。

もちろん、反発は怖いですが、
仕掛けた以上は機械的に仕切るだけです。

また、伊藤忠テクノ(4739)も、ここにきて大きく下落加速。
いやいや、利益あるときに我慢して持ち続ければ、
良い結果の時は、本当に良くなるものです。

これも、仕掛け後の機械的な方針によるものです。

保持銘柄に対しては、上げ下げに関して一喜一憂します。
そこは、人ですから、仕方ありません。
ただ、そういう感情をもって、実践に移しちゃうと、
取れる利益が取れなくなるし、余計な損失を出してしまいます。

損切りを、必ず、する、というスタンスが、
利益確定を、適切に、待つ、というスタンスにもつながります。

できれば、複数単元仕掛けていって、
少しづつ部分的に利益確定していくというやり方で行けば、
ストレスも少なくなるはずです。

来週も、まあ、私も人なんで、期待はします。
もちろん。
頑張るわけではないですが、要するに、機械的にいきます。


賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
クリックいただくのが、私の本音のやる気につながります。
2/23 伊藤園が下落
伊藤園(2593)は、
トレード銘柄としては、さほど注目はされてません。
ですが、私は昨年からちょっと注目し始めました。
きっかけは、5-8月の持ち合いの時のチャートでした。

最初の印象は、こりゃいつか大きなブレイクが来るな・・・でした。
まあ、教科書通りの感想です。
その後、空売りして持ち上げられたり、
買ったのに下げたりと、損切りを多少しながらも、
上に下にの大きなトレンドは利益にすることができました。

動きは遅いので、デイトレだと朝から大引けまでの、
長い我慢が必要です。
が、スイングだと、トレンドが出ると、まあまあその方向に
動き続けてくれますので、なかなかの利益になるのです。

ともあれ、スイングという視点では、
見ていて面白い銘柄になっています。

忙しくなって、デイトレは無理となると、
やはり見るのは、そんな銘柄です。

ということで、先週末、落ちるんじゃないかなあという淡い期待で
記事を書いたんですが、昨日の動きは期待通り。
6350円を割ってきました。
もしかしたら、激落ちの始まりです。

決めていたことですから、当然に約定。
あとは、損切りだけ決めて放っておくだけの状態に入りました。
私がラインとしたのは6,770円。

これは、単純に教科書通りの直近高値。
これを抜けたら損切りです。
注文だけして後は見ません(というか見られません)。
どこまで落ちるかは、天のみぞ知るところです。

今週は、この動向だけですね。
あとは、やる時間もありません。

しかし、株トレードは、時間がなくても、
銘柄の「集中と選択」で、できるように思います。
時間がない分、時間はかかるのかもしれませんが、
それでも、利益を得ることができます。

副業としてのトレードも、あながちできないわけではありませんね。

頑張っていきます。

賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
クリックいただくのが、私の本音のやる気につながります。
2/20 まだ来るチャンス
3万円を回復しましたね、日経平均は。
まあまあ、すごいことです。
そろそろ、コロナも終わりが見えてきたし、ということで、
このようになっているわけでもないのでしょう。

そもそも、日経平均にコロナはほぼ無関係です。

でも、そんな中で、
いよいよ伊藤忠テクノ(4739)がズドンしました。
待望の3,500円割れ。
来週がまた期待できるチャートです。

そして、来週に向けて、またまたいい売り銘柄があります。
伊藤園(2593)。
ようやく売りの形になってきたなあと思います。

この銘柄はダマシも多いし、
デイトレというほど動きもしませんが、
スイングなら最高に面白い銘柄です。
6350円を割れば、いったんまずは騙されたと思って売り。

また、楽しみが出てきました。

上昇相場の売り銘柄、下降相場の買い銘柄というのは、
動くものです。

ちょっと、今週は半ばあたりから、
忙しくて仕方なく、ほとんど徹夜が2~3日続き、
疲れちゃいました。

酒でも飲んで、休みたいです。

賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
クリックいただくのが、私の本音のやる気につながります。
2/13 思惑通りの週でした
先週末にここで出した銘柄が、
思惑通りの動きになっています。
非常に気分のいい週になりました。

買いで見ていた高松グループ(1762)。
75日移動平均線を上抜ける、上昇初動の動きがありました。
教科書通りの初動ですから、いったん上がってすぐの下げ。
また、75日移動平均線に戻っています。

来週、また上げが来るのか。
初動崩れになってしまうのか。
注目したいところですが、チャートの波動は上昇になっているので、
まだまだ保持でもいいと思います。

でも、75日線を割り込んで終わるようなら、
手放してもいいでしょう。
そこが、損切りポイントです。

一方、空売りで見ていた伊藤忠テクノ(4739)は、
水曜日に、思惑通りにズドンと下にブレイク。
場を見られるのであれば、昨日のタイミングで利益確定でも
良かったかもしれません。

結局、昨日のローソク足は、長い下ヒゲになりましたので、
来週は反転・・・と見る向きもあるかと思います。
でも、そんなのはわかりません。

確かに、3,500円が一つの大きな壁ですので、
そこで反転というのは、かなり根拠のある考えです。
しかし、一方で、だからこそ3,500円を割ったら、
どこまで行くかわからないほど落ちるかも、
というのも正しいわけです。

そこは、もう個人の考え方です。

今は、デイトレではなく、長い目で見たいと思うので、
できるだけ利益は引っ張りたいです。
チャンスはなかなかやってこないものですから、
つかんだチャンスは、損切りをする前提で引っ張ります。

では、また来週。
どうなることやら。

賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
クリックいただくのが、私の本音のやる気につながります。