FC2ブログ
損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
損切りこそトレードの生命線 (はじめに)
(「私のトレード環境」アップしました

損切りができて初めてトレーダーとしての土俵に上がれる。
私は、真剣にそう思っています。

トレーダーなら誰でも思っていることです。
いやというほど経験していることです。
十分すぎるほどわかっていることです。

それでも、損切りできないのが人間です。

だからやっぱり、思い続けないといけません。

損切りが大事、大事、大事なのです。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ


\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
トレードの最強本です。
まずはこれを読んでください。これだけでも、その一端が理解できます。
「維新流トレード術」サンプルページ

なにより、今なら無料です。
(送料550円がかかります。
 また、本屋さんでは買えません。念のため。)
私には、ちょっと勿体なく思えるくらいです。

維新流トレード術

ちなみに、この本の内容を詳しく称賛する私のコトバは、
12/9の記事
に十分に書き尽くしましたので、ぜひ参照してください。

損切りは、メンタルじゃない。
スポンサーサイト
5/22 地獄な展開
日経平均は、昨日比で下落のローソク足。
ただ、通してみると持合いの様相です。
毎日、上げたり下げたり、トレンドになりません。

75日移動平均線も、きもーち上向きですが、
まだまだ横ばいの域。
これでは、なかなかトレンドができなくても仕方なしです。

こんな持合いの時は、
仕掛けたものが損切りになることが多くなります。
持合いは、個人トレーダーにとっての地獄。
プロのトレーダーにとっては、仕込み時になりますが、
トレンドが出てこそ勝負ができる個人トレーダーにとっては、
どうしようもないときなのです。

だったらやらなければいいじゃないか?

そう思うかもしれませんが、
やらなければ、本当に動いたときに取れません。
日々の上昇や下降がダマしになるから持合いなのです。
そして、ダマしなのかどうかを事前に知る手段はありません。

ダマしは結果論なのです。

だから、仕掛け続けるしかないのです。
よって、損切りが続くことを嘆いても仕方ないのです。

長年やっていれば、わかってくるものです。

「いつも自分が狙い撃ちされている」わけではないことも、
わかってくるのです。

ブレイクしたら逆に行く。
わかっていても防げないものなのです。

ご賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
5/21 損切りでもいいのです
今ある利益をとりあえず取ろうとすると、
さらに大きな利益は逃します。
当たり前です。

だから、そこのところ自分の常識でやってしまったら、
トレードの利益は出てこないことになります。

仕掛けたら、あとは仕掛けのルール。

それだけでいいのです。

仕掛けてしまった銘柄のチャートを追いかけてみる必要は、
全くないのです。
要は、仕切りの指値を入れておけばいいだけ。
あとはパソコンがやってくれるんです。

推移を見てしまうと、ついつい仕切ってしまうのです、
特に、利益が出てるときはそうですし、
反対に損切りになる時もそうです。

損切りは負けではありません。
損切りは悪いことではないのです。
だから、放っておくのです。
あとは運を天に任せるだけなんです。

そこは、本当にそれだけなんですが、
わかってもらえないところ。
どうしても、見てしまいますね。
見てしまうから、不要な動きをしてしまう。

思うだけならともかく、本当に行動してしまう。

ダメ、ダメ、ダメ、ダメ。

常識にとらわれちゃったら、
トレードはできないんです。

ご賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
5/20 様子見と仕掛け
日経平均は、一応は上昇ですが、
75日移動平均線でやっぱりストップ。
そう簡単には、上昇できない様子です。

昨日挙げておいたキヤノン、東レは様子見。
仕掛けるという場面はなく、見ておきましょうノレベル。

でも、信越化学は仕掛けました。
なぜなら、仕掛けの位置に来ましたから。

決めたのであれば、全体相場の動向にかかわりなく、
きちんと仕掛けます。
それが、私の定石です。
決めたのに仕掛けないなら、何のために決めたのか。

相場が上昇しているときに、売りを仕掛けるのは、
それだけで非常に勇気のいることです。
それはわかります。

でも、それはイメージの問題で、
今は上げていても、
その後どうなるかはわからないのです。

そこは自分を信じないほうが正解。

仕掛けの位置を決めるのは主観かもしれませんが、
そこに来るかどうかは客観の問題です。
だからしっかり行くのです。
何はともあれ、自分の決定に従うことです。

どうなるかわからない相場には、
かたくなに見える対応がうまくいくのです。
臨機応変な対応は、そこではご法度です。

決めたら後は目をつぶる。
それが、私のやり方です。


ご賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
5/19 ここはやはり売りで
明日からの相場は、やはり売りで狙っていきます。
金曜夜のニューヨークが下落し、
明日の日経平均の寄り付きが下からになりそうだから、
というのもあります。

日経平均は、日足だけでなく、
週足や月足を見ても、売りたい形になっています。
ズドーンは、大いに期待できると思っています。

75日移動平均線が下向きもしくは横ばいで、
持ち合っているやつ、あるいは下から上がってきたやつ、
そのあたりが狙い目かと思います。

キヤノンとか、信越化学とか東レ。
この辺りが良いようには思いますが、
何とも言えません。
キヤノンなどは、もう一日見たいところです。

まあ、なかなかすぐには見つかりません。
ちょうどいい、というのは・・・。
そういう時は、少し待つということです。
待って、自分の望む形になるのを待つのです。

中途半端に仕掛ければ、
仕掛けポイントもなかなかないし、
損切りのポイントも定まらないと思います。
トレードでの早仕掛けは、まず確実に損失になります。
うまくいっても、それは自分のキャリアにはなりません。

自分の思い込みは、あくまで主観です。
見落としがある場合もあるし、
自分では意外だと思うところに視点もあります。

ボリンジャーバンドや一目均衡表、信用取り組みなど
できるだけ多角的に見たうえで、
それでも、疑ってみることが大事かな、と考えます。

ご賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!