損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
損切りこそトレードの生命線 (はじめに)
(「私のトレード環境」アップしました

損切りができて初めてトレーダーとしての土俵に上がれる。
私は、真剣にそう思っています。

トレーダーなら誰でも思っていることです。
いやというほど経験していることです。
十分すぎるほどわかっていることです。

それでも、損切りできないのが人間です。

だからやっぱり、思い続けないといけません。

損切りが大事、大事、大事なのです。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ


\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
トレードの最強本です。
まずはこれを読んでください。これだけでも、その一端が理解できます。
「維新流トレード術」サンプルページ

なにより、今なら無料です。
(送料550円がかかります。
 また、本屋さんでは買えません。念のため。)
私には、ちょっと勿体なく思えるくらいです。

維新流トレード術

ちなみに、この本の内容を詳しく称賛する私のコトバは、
12/9の記事
に十分に書き尽くしましたので、ぜひ参照してください。
スポンサーサイト
2/22 上昇開始を狙う
日経平均は上昇継続。
ニューヨークダウ平均が100ドル近く上げ、
ドル円為替も円安の方向に動きましたので、
ギャップを空けて寄り付きました。

寄付き以後は、寄付きから90円程度の下げ。
上がれば下がるの持合い気味になりました。
為替も、少し円高の方向に向かいました。

ただ、後場は分足が上昇波動になり、最終的には、
昨日の終値とほぼ同じレベルで大引けとなりました。

ローソク足の局面では、陰線ではありますが上昇の継続です。
なかなか陽線の連続という風にはいきませんが、
買いのスタンスで見ていきたいと思います。

JT(2914)。
ついに、75日移動平均線まで上昇してきましたね。
このまま75日線を抜けて上昇相場に入っていくのでしょうか?
もう一度、25日線までの下落を見せてからかも知れません。

冒険かもしれませんが、
明日75日線抜けで仕掛けてみたいと思います。
グランビルの初動狙いとなりますので、ダマシ覚悟。
まずは短期で考えたいと思います。
矛盾するようですが、下に行くようなら短期の売りでもいいと
思っています。

任天堂(7974)。
12月に75日線下に下落して以降、
ここまでに3回の安値を付けています。
現在の波動は、下降から持合いに変わり、
高値更新もしないかわりに安値更新もしていません。
そして、25日線が横ばいになってきました。
そろそろ上昇を始めてもおかしくないと思います。

価格帯別の売買高を見ると、24,000円から下に壁が控えています。
また、一目均衡表を見ると分厚い雲が控えています。
なので、それな利に大きな会の流れがないと、
結局跳ね返される可能性もあります。

ですが、しばらくの間今の価格帯で値固めもしています。
75日線まで一気の上昇も考えられると思っています。

この任天堂の仕掛けは、75日線下向きでは数少ない買いの手法です。
25日線でグランビル法則を適用ということでもあります。
少し早いかもしれませんが、いったん仕掛けを考えておきます。

日経平均はまだですが、TOPIXは今日の寄付きで、
年初来の高値を更新しています。
このまま明日以降上昇を続ける可能性は大きいように思います。

さすがに、すでに大きく上昇している銘柄を仕掛けるのは、
躊躇があります。
グランビル法則でいうなら、1回目の上昇以前の銘柄、
遅くとも2回目の上昇までということで、銘柄選定した方がよい
と考えています。

持ち合い気味の展開が続いていますから、
そうはいっても、また下げの場面に変わるかもしれません。
そのときはそのときで。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
2/21 本日の損切り
今日の日経平均は、昨日の流れでそのまま上昇しました。
売りのスタンスは見事に外れ、脱出です。

木の仕掛けたスカパー(9412)は、早くも損切りです。

25日移動平均線からの仕掛けでした。
昨日、前週金曜日の安値をわずかでしたが割ったので、
予定通り仕掛けたものでした。

仕掛けた時点では上のように「わずか」かどうかはわかりません。
だから、「わずかしか割っていないのに仕掛けるとは・・・」という
反省は、当たっていません。

ただ、全体相場が上げていたのは仕掛けたときにわかっていました。
ですので、
「何で、全体相場が上げているのに、仕掛けたのか?
 予定を変更すれば済むことではないか?」
という反省があっても不思議はない場面かと思います。

個別銘柄を狙う時に、全体相場を見ながらというのは、
間違いではありません。
全体相場の方向もチャートで客観的に捉えられるのですから、
全体相場の行方次第で、トレード計画を変えることは、
あってもいいことだと思います。

しかし、今回に関してはちょっと違いました。

全体相場が上昇であることは、もともと承知していたことでした。
上昇相場の下落場面(押し目)に来ている状態だったので、
いつ、反転して上昇に向かってもおかしくないことも承知していました。

それでも、売り銘柄にチャンスがあると思ったのです。
そして、売り仕掛けを決めました。
できるだけ、全体相場の影響が少ないようにと。
日経平均とは違う形の銘柄を探して仕掛けているのです。

そのうえで、仕掛けポイントに来て躊躇するのでは、
仕掛けはできません。
全体相場が上向きになったのは客観情勢でも、
スカパーが上に行くかどうかは客観的な情報があったのかどうか。

事実、下に行ったから仕掛けになったのです。
事実をもとに仕掛けると考えていながら、
事実があっても仕掛けないなら、
計画した意味がありません。

そうやって、自己裁量で仕掛けや仕切りを決めてしまえば、
結局は、自分がやっていた昔のトレードと同じです。

場中では、自分がふと考えたような判断を信じない。
自分の肌感覚では「やめた方がいい」かも知れないが、
その肌感覚を信じてはいけないと思っているのです。

結果から見れば、
今日のスカパーは、やはり全体相場に引っ張られて、上に行った
ということなのかもしれません、
しかし、それこそが結果論だと思います。

たかが、ちょっとした損切りに屁理屈をつけて、
自分の行為を正当化しているようですが・・・
それでいいと思っています。

正当化できることは重要なことです。
それが、このブログの特徴でもあると考えています。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
2/20 上げちゃうかなとは思っても
今日は、下から始まった実刑平均が上昇しました。
まだ、下がれば上がるでしたし、
下がった先は25日移動平均線でした。

想定していた範囲です。
今日のローソク足の高値は、金曜日の足の高値を
抜けてはいませんので、足自体は下降の足。
ローソク足の局面では下降が継続したということになります。

場中は上げましたし、ローソク足全体としては、
そこそこ長い陽線になりました。
なあんとなく、明日も上昇か、と思わせるような動きでした。

今日の夜はニューヨークが休場のため、
明日もこの流れが引き継がれる可能性は、普段より高くあります。

しかし、それでも、明日は明日です。
簡単に見方は変えずにチャンスを狙っていきます。

ソフトバンクは、上に行ってしまいました。
結果的には見当違いになりました。
このまま上に行って直近高値を抜けるようなら、売り目線は終了。

スカパー、アステラスは、仕掛けが引っ掛かりました。
スカパーは嫌な予感もありますが、
両方とも、一応保持して様子を見ます。

セブン&アイは、今日で終わり。
持合いのローソク足なので、頑張る方向もありますが、
一応決めたことなので。

空売りのときには、保持を我慢するとロクなことになりません。
のろのろ下がるのに付き合うと、
急上昇に出会ってしまうこともあるので、
急落しないなら、すぐに終えときます。

75日線付近の銘柄は、今日はおおむね持合いでした。
日揮などは、はっきりと上昇になりましたね。
このあたりは、日経平均の影響でしょうかね。

あとは、ソニー(6758)が面白いところまで落ちてきました。
3,500円から下は、売買高がスカスカです。
割れると一気に3,400円近くまで無抵抗に落ちるかもです。

明日も、為替がよほど円安に向かわない限りは売り目線で
見ていきましょうか。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
2/19 明日からの注目銘柄
日経平均が上昇相場の中ですが、
東証一部の大所の銘柄も含めて、75日移動平均線周辺で
持ち合っている銘柄も数多く見られます。

75日移動平均線の付近にいるということは、
その傾きによって、上昇トレンドに行くのか下降トレンドに行くのか、
おおよその方向感がつかめます。

今はその75日線が上向きから横ばいになろうとしている
ような銘柄が多いように見受けられます。
ということは、上昇相場から下降相場への移行の可能性がある
ということです。

ただ、横ばいということは、
直接的には上でも下でもない持ち合いということも多いので、
悩ましいところなのです。
日経平均が、はっきりとした上昇を示せば上に行くだろうし、
下降になれば下に行くということで、
非常に全体相場の影響も受けやすいのです。

また、75日線横ばいのときの線周辺はダマシも多くなります。
上にブレイクした瞬間に下に行ったり、下にブレイクしたと思ったら
次の瞬間には急上昇があったりと、思い通りに行かない場面にも
出くわします。

でも、いったん次のトレンドが出れば、もたらす利益も
それなりになりますから、75日線付近はチャンスです。
特に、上昇の仕掛けより下降の仕掛けのほうが、
含み益のスピードは速いし、ダマシも買いに比べれば少ないので、
まあ有利ではあるのです。

昨日挙げた銘柄では、JR東海や日揮、塩野義などはその例です。
大林組(1802)、大成建設(1801)の建設にも、
典型的なこの形があります。

今回は、そのあたりをまずは見ていきたいと思っています。

ただ、この形は、明日すぐに仕掛けるというよりは、
持ち合う予測も大きいので、しばらく様子見で、
下に行くチャンスと見れば空売りを仕掛けていきます。
それが明日かもしれませんが・・・。
また、相場環境次第では、反対に上にも仕掛けることができます。

もう少し、明日、明後日をターゲットに短期的に見ていくと、
すでに下降相場入りしていて、25日線付近で次の下落を待つ、
というような形でしょう。
これは、すぐにでもの空売り仕掛けという意味で、
明日から仕掛け準備です。

昨日の記事の例では、アステラス製薬なのですが、
さらにチャートの形がいいのが、スカパー(9412)です。

この銘柄の現状だと、信用売り残が増加していて、
空売りは躊躇したくなるんですが・・・、
そこは短期の仕掛けと思い切って行きたいと思います。、
ダメならダメで、粘らず損切りということで。

売りでいいチャートを見ると、わくわくしてしまって、
取らぬ狸の皮算用を始めてしまいがちになりますが、
それは破滅の第一歩ですから、
仕掛けようと思うなら、まずは損切りの位置から決めていきましょう。

それさえいつも通りやっていれば、大丈夫です。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ