損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
損切りこそトレードの生命線 (はじめに)
(「私のトレード環境」アップしました

損切りができて初めてトレーダーとしての土俵に上がれる。
私は、真剣にそう思っています。

トレーダーなら誰でも思っていることです。
いやというほど経験していることです。
十分すぎるほどわかっていることです。

それでも、損切りできないのが人間です。

だからやっぱり、思い続けないといけません。

損切りが大事、大事、大事なのです。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ


\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
トレードの最強本です。
まずはこれを読んでください。これだけでも、その一端が理解できます。
「維新流トレード術」サンプルページ

なにより、今なら無料です。
(送料550円がかかります。
 また、本屋さんでは買えません。念のため。)
私には、ちょっと勿体なく思えるくらいです。

維新流トレード術

ちなみに、この本の内容を詳しく称賛する私のコトバは、
12/9の記事
に十分に書き尽くしましたので、ぜひ参照してください。
スポンサーサイト
3/28 空売りで見る
今日の日経平均はほぼ予定通りに上昇。
75日移動平均線を抜けるかどうかが
ポイントになりました。

しかし、結局は抜けられず。
明日の権利落ちを前に上昇赤信号が
さらに強く灯ったかのようでした。

スタンスは変わらず空売り狙いです。

土日に検討した銘柄は、今日の上昇で、
75日線の上にぐーんと行ってしまったものも
ありました。
それらはいったん、空売り候補からは除外です。

横ばいの75日線付近では日経平均の風次第で
上にも下にも大きく膨らみます。
空売り狙いなら、未だ75日線で持ち合いに
なっているものを狙っていきましょう。
もしくは75日線が完全に下向きのもの。

明日朝の寄り付きは、少し乱高下するかも
知れません。
そこはやり過ごしてもいいかも知れません。

株価が大きく飛んだらまずは様子見。

無理しないで行きます。

これからチャンスはたくさん来そうですから。

ご賛同いただけたらクリックをください!!⇒ 
元気になります。
3/28 権利落ち注意
今日もデイトレです。
明日の権利落ちがあるので、
持ち越しはNGと思っておきましょう。

特に買い持ち越しは権利落ちに合うと、
一気に含み損を抱えることになります。
すべての銘柄ではないですが、
気にしてトレードしましょう。

日経平均も、明日は乖離が解消され、
ほぼ先物価格と同じになります。
(今は130円から140円くらいの乖離があります。)

スイングトレードは基本的に明日以降です。

ご賛同いただけたらクリックをください!!⇒ 
元気になります。
3/27 デイの空売り
先週金曜の大陽線は、今日の寄付きで帳消し。
ついに、19,000円も割り込みました。

今日は、空売り日でした。
とはいえ、デイトレードです。
スイングでの空売りは今の状況では難しかったと思います。

日経平均の様子を見ながら、
225銘柄を10時前から売りまくりました。
前場を中心に手仕舞い。
後場に持ち越したものもありますが、
東京海上のように戻したものもあり、
大和証券のようにラストまで持てたものもありました。

昨日スイング銘柄の典型として出した、
クレセゾンも、後場は戻してきましたが、
それでもそこそこの利益にはなっています。

日経平均の寄付きから分足の1本目から下落となったので、
寄付き30分の安値割れを目安に、
各銘柄の仕掛けに入ればうまく取れる売り相場でした。
あるいは、金曜日の安値割れが目安になった銘柄も
ありました。

今日は、寄り付き前からスイングはやらずに、
デイトレの空売りに集中することを決めていましたので、
そういう意味では、やることははっきりしていました。
当てが外れるならその時はその時と思っていました

やはり、そういう基本スタンスは決めておいたほうが、
相場も見やすくなります。

また、今日はスイング行きませんでしたが、
今日行かなかったがために、
明日もちょっと難しいかもしれません。

日経平均の今日のローソク足は陰線。
そして、ボリンジャーバンドの-2σ地点に来ています。
-2σラインは、だいぶ下向きになり、
今後さらに下に垂れていくような感じがしてきました。
-2σライン上のバンドウオークも示唆されてように
見えます。

ですが、ここから新たなスイングの売りを仕掛けるのは
得策でもないかと思います。
仕掛けるなら、一度75日移動平均線に向けて上昇してから、
のように思います。
そのほうが、狙える下げ幅も大きいのではないかと。
明日は多くの銘柄が権利確定日でもありますし。

もっとも、グランビルの下げの初動は、結構下げるということも
ありますので、間に合いそうな銘柄を見つけたら、
明日から試しに行ってもいいでしょう。

たとえば太陽誘電(6976)とか。
あるいは、宇部興産(4208)や旭化成(3407)なども、
いいですね。

ただ、急上昇もまたあり得るので、
逆に振られた時の損切りは、何度も書きますが、
確実にラインを決めて遵守です。

権利落ち日(3/29)に向けて、
空売り狙いを研ぎ澄ましていきましょうか。


ご賛同いただけたらクリックをください!!⇒ 
元気になります。

空売りについての解説もしています。
→ 損切り絶対主義!
3/26 空売りのチャンスを探る(2)
昨日と同様、今日も明日以降のスイングの空売りについて、
探っていこうと思います。

もう、日経平均については、十分に見たと思います。
それだけではなかなか判断もつかないので、
ともあれ空売りのスタンスに決めました。

できるだけ具体的に、銘柄を見ながら
考えようと思います。

今、空売りを考えるなら金融保険関連銘柄です。
業種別チャートでいうと、
銀行、保険、証券、卸売・・・このあたり。
全体を売りの目線で見渡してみて、
わかったことは、そのことでした。

クレセゾン(8253)。
(クレセゾン日足チャート)
クレセゾン日足170324
(クリックすると大きくなります。)

すぐに売りに入れるとも思いませんが、
すでに75日移動平均線は横ばいから
下向きになってきています。
チャート波動も下降になっています。

今後、売りで狙うならこの形が多いです。

これが、典型的な例になりますが、
いずれにしても、今のスイングの空売り狙いは、
月曜日すぐに走り出すのは難しいように思います。
仮に月曜日に全体下落の展開になったとしても。

スイングトレードで空売りのシナリオとしては、
月曜日から日経平均が75日線付近で上昇したり、
少し持ち合ったしながら推移する・・・と。
その後、本格的な下落に入っていく・・・と。

おそらく、事はシナリオ通りには進まないのですが、
それでも今考えうる一番可能性が高いと思われる
シナリオを通して相場を見ることです。

相場は、毎日新しい展開を見せてくれます。
だから、シナリオはそのたびに修正しなくてはなりません。
たった一日であっても、
シナリオが大きく変わることもあります。
売りが買いになり、買いが売りになり、
定まるところを知らないのがシナリオだったりします。

でも、そのことにめげてしまうとトレードはできません。
いつもいつも様子見の繰り返しになってしまいます。
いつになってもチャンスをつかめないトレーダーになります。

勉強が進めば進むほど、
反対に実際の仕掛けができないトレーダーに
なってしまいがちなのです。

すぐに仕掛けられる形がないなら、
できるだけ早く仕掛けられそうな具体例を探す。
日経平均がだめでも、個別銘柄を探す。

簡単ではないですが、
それをやり続けることが、結局は利益につながります。

そして、難しい時ほど、大切なのは損切りです。
仕掛けの条件の一つは、
確実に損切りラインを決められるt形であることです。

日経平均が持ち合いになって判断が難しくなると、
先生や評論家はみんな「様子を見よう」といいます。
でも、様子を見るってどういうことなのか。
その内実を聞いたことはありません。

ですが、私が考えるに、
焦らずに様子を見ながら進めるというのは、
上に書いたようなことを考えて銘柄を探すということです。

一方で、デイはデイです。
デイトレならば、買いでも売りでも行きましょう。
そこには、また別の次元の判断があります。
当面がスイングが難しい時ならば、デイで活路を見出すのも
また有効なやり方です。

銘柄探しはスイングの視点でもオーケーです。
そして場中は、デイトレに集中ですね。


ご賛同いただけたらクリックをください!!⇒ 
元気になります。

空売りについての解説もしています。
→ 損切り絶対主義!