損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
5/28 ピンとは来ないです
東証一部、225銘柄の日足チャートをざっと見たところです。

なかなか、これだというのは見つかりませんね。
買いも売りも、中途半端な位置にあるような感じがします。

売りはまず、厳しくなってきました。

SUMCOうあオリンパスのような、
上昇してから75日移動平均線まで下げてきた銘柄が、
今後どうなるのか、そちらに注目するくらいでしょう。
これらも、日経平均が元気になれば、上昇でしょう。

75日線より下にいる銘柄は、
なかなか売りチャンスに見えてきません。
これkら上昇するか、持ち合うか、といった感じです。

一方の買い。
こちらは、もう少し良い感じではあります。

75日線からの上昇を見込める銘柄があります。

リコーは、下からの75日線抜け。
川崎汽船も同じような形。
シチズンは、75日線での反転の形。

25日線からの反転の形も、
ファストリやセブン&アイなど、チャンスに見えます。

日経平均が上昇していくなら、
これらの銘柄に注目しておいて損はないかと思います。

ただ、まあ・・・
あえて探しているチャンスという感じは否めません。

チャンスは探すものですが、
本当によいチャートの形は、見た瞬間にグッとくるものです。
そういう意味では、上にあげた銘柄も、まだまだ弱いです。
本格的な上昇チャンスは、もう少し形が整ってから、
ということでしょうか。

昨日、業種別チャートで見たように、
市場状況は非常に混とんとしています。
全体に流れるトレンドの感じがありません。

明日からも、しばらくデイトレが続く感じでしょうか。
スイングは無理することはありません。
来るときにはチャンスが来ます。

くれぐれも、勢いで持ち越すようなことは、
やめておこうと思います。

ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

損切り相談受付しています。
→ 損切り絶対主義!
スポンサーサイト
5/27 業種別で現状整理
今の日経平均は、上昇相場の中でもみ合いの状況です。
今週の相場を終えて、この状況に変化はありませんでした。

いったん整理です。

全体相場を見るときに、日経平均を見るのはもちろんですが、
その下の次元の指標として、業種別チャートがあります。
これを見ると、少し細かく相場俯瞰ができます。

東証一部の銘柄は33の業種に分けられています。
業種別に日足チャートがどのような状況にあるのか、
整理してみたのが以下です。

■上昇相場の高値圏にある業種 →9業種

食料品、情報・通信、その他金融、建設、小売り、
電気ガス、パルプ紙、陸運、その他製品

■上昇相場の中でのもみ合いにある業種 →6業種

電気機器、医薬品、不動産、精密、サービス、
水産農林

■下降相場の中でのもみ合いにある業種 →8業種

鉄鋼、証券、化学、ゴム、銀行、輸送機器、海運、空運

■下降相場の底値圏にある業種 →3業種

石油、繊維、鉱業

■上昇・下降どちらとも言えない業種 →7業種

非鉄金属、保険、金属、卸売り、ガラス・土石、
機械、倉庫運輸

見てみると、業種によって本当にまちまち。
必ずしもすべてが日経平均のコピーになっていない
のがわかります。

33業種のうち、上昇相場にあるとは言えない業種が、
合計で18業種もあるのです。
半分以上の業種で、
日経平均についていっていないということになりますね。

一言でいえば、混とんとしているということでしょうか。

日経平均が、当面の目標=2万円をクリヤしていかないと、
この状況に変化はないのではないでしょうか?

月曜日の段階では、まだまだ仕掛けの焦点は、
大きくは売りとも買いとも絞ってはいけません。

ここから先は、個別銘柄の世界。
明日は、そのあたりを見ていきます。

ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

チャートの不均衡を生む信用残について書いています。
→ 損切り絶対主義!
5/26 波長が合わない
今日の日経平均は、下げました。
しかも安値引け。
私からすると、思いのほか下げました。

昨日の記事では、そろそろ上げか・・・などと書いています。
全く波長が合わない状況です。

ファストリも大きく落ちて、25日移動平均線を割り込みました。

持ち合いの時は、仕方なしです。
だからこそ、スイングトレード厳禁で進めています。

上がれば下げる、下がれば上げる。
上昇相場とはいえ。持ち合いの局面ですね。

ただ、まあ、ソフトバンクとか任天堂、楽天とか、
高値更新しています。
強い銘柄は強いと思います。

空売りの買い戻しがさらなる買いを呼んでいるという、
踏み上げの状況も見て取れます。
こういうのは、スイングで売りに走ると大失敗しますね。

で、来週のスタンスは、一応は買いのスタンス。
ですが、ちょっと半信半疑。
しばらくデイトレードが続きそうにも思います。

スイングでまともに買っていけるのかどうか。
今時点ではやはり難しいように思います。

まだまだ持ち合いうようにも思いますし、
一気に2万円突破というシナリオもあるように思いますし、
一方で、一度ズドンと19,500円くらいまでなら下げそう
でもあります。

何とも言えません。

イタリアで始まったG7で、トランプ氏が、
何らかの動きをすると、それがトリガーになって、
大きな株価の動きにつながるようにも思います。

明日明後日で、チャートを整理でもしておきたいところです。

ですが、明後日は日本ダービー。
株には関係ないのですが、これはこれで、
趣味として大きな注目です。

ちょっと、まあ、何とも気合が入らない相場展開で、
今は少し戸惑っています。

波長がびしっと合ってこないなあ・・・。

こういうときは、まあ大人しくしてるというのが、
経験上いいと思ってはいます。

ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

スイングトレードやるなら、信用残は見ておきましょう。
→ 損切り絶対主義!
5/25 買いを入れていく?
日経平均は、順調に上昇しています。
来週には、2万円を目指していきそうです。
いや、明日にでもトライがあるかもしれません。

MACDの流れも上昇になっています。
ボリンジャーバンドは、もとより大きく膨らんでいて。
上昇余地は大きく残されています。

ニュースに基づくものかもしれませんが、
ソフトバンクが大きく上昇してきました。
非常にいい上昇の仕方だなと思ってみていました。
きちんと買いの目で見ていれば、
仕掛けられたなと思ってしまいました。

他の銘柄を見渡しても、
例えば、ファストリなどは、
下から25日移動平均線が迫っており、
今か今かと上昇を待っているかのようにも見えます。

スタンスを変えてみるだけで、
各銘柄はまた違った風景に見えてきます。

どっちで見たほうが自分に都合がいいのか?
そういう問題です。

もちろん、売りにしても買いにしても、
スタンスの根拠は絶対に必要です。
イメージだけでは、自信が持てませんし、
仕掛けのポイントも手仕舞いのポイントも定まりません。

ただ、相場では何も決まっていません。
どんな根拠があろうと、明日上に行くのか下に行くのか、
どうやってもわかるものではないのです。

だから、個別銘柄次第で、
「もし、全体相場がこうなれば、この銘柄をこうしよう」
とシナリオを作ることができるのです。

デイトレであれば、全体が下げていても、
上昇銘柄を買うことができるし、その逆もあり。
良く動く銘柄なら、全体相場と無関係に仕掛けていくことも
できるわけです。

ただ、スイングになると、より全体相場(日経平均)が
重要になります。
持ち越しで作られるギャップについては、
これはもうどうしようもないリスクですから。

明日は金曜日の週末。
ここではさすがにリスクは犯そうとも思いません。

ただ、明日はちょっと買いも意識してみたいと思います。
特に、今日のソフトバンクのような大上昇を見据えた買い。

あんまり余裕こいてると
相場に嫌われますので、ほどほどに・・・です。

ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

スイングトレードやるなら、絶必の指標。
→ 損切り絶対主義!
5/24 前場の売りのみ
日経平均は、次第に上昇していっています。
今日も、ニューヨークや為替を受けて上昇です。

しかし、場中はなかなか面白い展開。
今日は高く寄り付いて前場が下げました。
そして後場は盛り返しとラストの上昇。

デイトレードで挑みましたが、
前場は何とか仕掛けられましたが、
後場は眠くなりました。

デイトレで後場眠くなるのはいつものことなので、
前場だけでも仕掛けられて良かったというべきでしょう。

とはいえ、ちょこちょこです。
あまり大きな利益を取ることはできませんでした。

見ていた銘柄で、OLC、ファナックは、前場で取れました。
しかし、三井住友は損切りになりました。
すべて売りの仕掛けです。

今日は、あまり狙いを定められていませんでした。
出たとこ勝負になってしまいました。
正直いって、狙いを絞るほどの銘柄がなかった
という感じでした。

しばらくこういう感じが続くのでしょうか。
このまま日経平均が2万円を目指して少しづつ上昇、
ということなら、狙いにくい相場が続くでしょう。

引き続きスイングトレードは封印です。
買いも難しければ、売りも難しいです。

デイトレでちょこちょこ、取れるところがあったら取る、
というレベルでしかできないと思います。
持ち越しは基本的に厳禁でしょう。


ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

銘柄の個性を表す「信用残」について書きました。
→ 損切り絶対主義!