損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
6/27(その2) ちょっと見るだけのつもり・・・
以下、宣伝です。

決しておススメというわけではありませんが、
アクティブトレード3.0
というのが、飛び込んできました。

私は例によって、1回目の動画を見てみました。

単純に、こういうのは興味は沸きます。
いつも、批判的に見ることにしています。
まあ、たいていは、私の基準からすると首をかしげたくなる
ものが多いので。

ただ、自分なりの根拠をもって、
きちんと批判できるかどうかは自分にいつも問うています。

今回のこの動画は、
きちんとした株のプロの方によるものだとは思います。
その点では嘘はないかと。

宣伝画面が、けばけばしいのは、
これはもう、この手のネット広告では仕方なしです。

投資のプロと言えども、宣伝のプロではないんで、
そういう人が、ぎりぎりの広告予算を投じてできること、
そして、それを最大限効果的にしたいと考えれば、
どうしてもけばけばしい表現になっちゃうのです。

それが、ネット広告の限界です。
胡散臭い感触は、割り引いて考えてください。

無料の動画ですから、結論は絶対に出てきません。
しかし、何を伝えようとしてるかはわかります。
でなければ、動画の意味がありません。

動画は2-30分ほどみたいですから、
時間ある方限定かと思います。
無理して見ることもないかとは思います。

ただ、リスクはほとんどないので、
どういう手法なのか、見てもいいと思います。

「アクティブトレード3.0」
400万円を10億円に。


見た感想など、私も出していきます。
スポンサーサイト
1/5(番外) 年初に当たっての課題解決書籍
昨年末にご紹介したこの本ですが、
まだご存じない方に向けてのお話です。

維新流トレード術

(書店では買えません。
 また、本自体は無料のキャンペーンになっていますが、
 送料だけは550円かかります。)

サンプルがあるので、申し込まないにしても、
そこだけでも読むといいです。

「維新流トレード術」サンプルページ

年初に当たり、また、この3連休を前に、
自分のトレードをしっかり考えてみたいとか、
損切りについての考え方を整理したいとか、
トレードに関しての課題を持っている方にはお勧めです。

これを読んで、「当たり前のことしか書いていない」と思うなら、
トレードが上手くなろうはずがありません。

確かに、取り上げられているテクニカル指標は、
一般的なもので新しいものではありません。
その使い方も、きわめてオーソドックスです。

でも、私も同じですが、
オーソドックスなことをオーソドックスに実施するから、
正しいトレードと言えるのです。

そして、その正しいトレードをどれだけ積み重ねられるか
ということが、おそらくはその人の利益につながるのです。

何よりもまず正しいトレードの姿を知らないことには、
状況判断も銘柄選択も、仕掛け、仕切りも絵に描いた餅です。

私は、この本に書かれた指標をすべて採り入れている
わけではありません。
特に、オシレータ系の指標や、ダイバージェンスといった
概念は、私のやり方にはないものです。

しかし、移動平均線、グランビルの法則やダウ理論、
MACD、ボリンジャーバンド、エリオット波動などは、
このブログでもしょっちゅう出てくるものです。
(理論の名前は出さないことも多いので、
 そうだったのかと思われるかもしれませんが。)

私の知る限り、これだけのトレード指標を実践的にしっかり、
しかも簡潔に解説した本は、海外の翻訳本以外に
ないと思います。
(いや、翻訳本だと、もっと複雑で分かりにくいのです!)

また、テーマは株ではなく「FX」です。
このことに躊躇を感じる方もいるかもしれませんが、
定評ある海外の翻訳本でも、株をテーマにしたものより、
商品先物テーマのものにいいものがあります。

チャートをもとにしたテクニカル・トレードであれば、
対象にこだわる必要はありません。
むしろ、買いと売りを平等に扱う分だけ、
日本の通常の株本より、よほど勉強になると思います。

維新流トレード術

正しいトレードの考え方、正しいトレードの指標、
それらをぜひ学んでください。

これは、本という形式で手に入る最大のものです。

リスクは、送料のみですので、ぜひご検討を。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
12/11(再度) 今、一番いい本です。
無料でもらえて、めちゃめちゃ、いい本なんです。

トレードについて書かれた本として、
私は最高レベルに位置づけられると思っています。
この本より、よい本があれば、
もうぜひぜひ教えて欲しいくらいです。

本の内容を称賛するコトバは、
一昨日のこの記事
に十分に書き尽くしましたので、詳細はそちらを参照してください。

サンプルがあるので、時間が少しでもあれば、
読んでみて欲しいです。

「維新流トレード術」サンプルページ

この手の無料の本としては、できすぎです。
(送料550円がかかります。
 また、本屋さんでは買えません。念のため。)

無料のものというのは、
基本的には何かの宣伝材料(前置き)です。
でも、これが前置きだとしたら、素晴らしすぎです。
確かに、もらった後に、
いろいろな宣伝、案内、勧誘はあるかと思います。
でも、それが嫌だからこれを手にしない・・・というのは、
あまりにもったいなさすぎます。
(それでも、メールやDMもらうのが、どうしても嫌な方は
 それはそれで、ご自身のお考えですから、
 仕方ないとは思います。)

誠に僭越ながら、私も、いずれは自分の考えを整理して、
本でも何でもまとめてみたいと思っているのですが、
先を越されてしまった感じです。
今後、自分で何か創るにしても、
少なくとも、この本を超えなくてはならないと思うと、
とてもハードルが高いように感じます。
(でも、いつか、必ずやってみたいです。)

維新流トレード術

大した本です。ホントに。
12/9(強力おススメ) 今、最強の本だと思います
維新流トレード術

私は、この本の著者である維新の介さんを、
名前だけしか知りませんでした。
正直に言うと、FXをやっている人だとすら知りませんでした。
株のカリスマトレーダーとして、
名前だけは知っている位の認識だったのです。

今回、この本に出会って、もっと早くに出会っておけばよかったと
心底感じました。
いや、もしかしたら、自分もトレードを重ねてきた今だからこそ、
ここまでの思いを感じるのかもしれません。

この本に書いてあることは、私の信条としていることそのものです。
まるで、私が日頃言っていることを、文章のうまい人に
書きおこしてもらったような感じさえします。
正直、自分がやりたかったことを「やられちゃった!」という感じです。

サンプルがあるのでそこだけでも読んで欲しのですが・・・

「維新流トレード術」サンプルページ

「負け」「良いトレード」の考え方、「予測」の考え方、
「メンタル」の考え方、そして「損切り」の考え方。
すべてが、私の言いたいことそのものです。

これを読んで、「こんなこと誰でも言っていること」と思うなら、
読む必要もないかと思います。

確かに、書いている内容自体は、プロトレーダーや上級者から見れば
「オーソドックス」に見えるのかもしれませんが、
自分のトレード手法が確立しているとは自信を持って言えないという
トレーダーであれば、確実に役に立つ内容ばかりです。

何度も書いて恐縮ですが、
このブログでも取り上げている様々な考え方や理論が、
おおもとから書かれているのです。

でも・・・
「株の本じゃない、FXの本じゃないか」
と思うかも知れません。

その通り、この本はFXの勉強の本ではありますが、
チャートに関する理論や手法は、株でもFXでも同じです。
(チャートであれば、先物だろうと現物だろうと・・・FXでも、
 何でも同じと考えて間違いありません。)
相場の時間や、取引のルールが少し違うだけです。

株トレードの方がFXトレードよりは一般人にとっては古い歴史が
ありますので、より広範囲に知られていると思います。
しかし、チャートの理論でいえば、株トレードのジャンルでは、
あまり良い本は数多くありません。

一方、FXの方は、より新しく普及しているという意味で、
理論や手法についての解説本もきちんとアップデートされていて、
良い本が出てくる素地もその分大きいのだと思います。
本屋でも、今や株よりFXのコーナーの方が大きいはずですから。

正直、私もFXはやっていません。
でも、この本に書いてある内容には、とても感心しました。
FXを株に置き換えて読みました。
株の本で、ここまで私とシンクロした本は見たことがありません。

維新の介さんには、いろいろと悪評めいたものがあるのも
知りました。
でも、調べてみれば、それらはすべて、
「エ・アロール(それがどうした)」的なものばかりです。
何はさておき、これだけの内容の本は、簡単には書けません。

そして、重要なことは、
この本が無料(送料は必要です)でもらえると言うことです。
そこは、極めてプロモーションの意図を感じるところではあります。
しかし、そんなことは読む側には関係のないことです。
本が届いて以降、セミナーなり何なり、それなりの金額の案内が
来るかとは思います。
でも、決して押しかけてくるわけでもなし、
それはその時に考えればいいことです。

リスクは送料分だけということなのです。

でなければ、私は自分のブログで案内などしません。

もらっておいて、読んでおいて絶対に損はありません。
私は断言します。

維新流トレード術

※ この手のネットの商品のページは、なぜかケバケバしいのです。
  ケバケバしいと、私は胡散臭いと感じてしまう方なのですが、
  これは本当に本物です。
参加してみた「無料体験学習会」
90分で日本株とFXの両方を語る,
ファイナンシャルアカデミーの無料体験学習会でした。

この講座(クリック!)

なかなかいけてる!と感じたのは以下の点。

●テクニカルだけでなく、ファンダメンタルズも採り入れている。
●講師がとても訓練されていて、非常に親しみやすい。
●非常にシンプルで理解しやすい。
●大きく取れる銘柄を狙うので、やりやすい。

私のようにおたっきーにテクニカルだけを見るのではなく、
もっとまっとうな情報を通じて相場を把握して、
大きな上昇を狙得る銘柄を探す、というのが戦略のようです。
極めて正統派の学校だと思います。

私にとってはファンダメンタルズは邪魔でも、
一般論としては、当然に気になるのがニュースであり情報です。
底から目をそむけずに会社四季報の数字を見たり、
一方ではチャートで25日移動平均線を見たり、
株のことが全くわからない入門レベルから楽しくできるのでは
ないでしょうか。

この日の講師は、美容師から転身した、この学校出身の講師。
ほかにも自校出身の講師が豊富にいるようです。
これも、学校の信頼性につながることだと思います。

また、信用取引や空売りの話は一切出なかったので、
そこも、一般の方々には取り組みやすく感じるかもしれません。

トレードの手法は決してひとつではありません。
極論すれば、しっかりとした手法ならば何でもいいのです。
大事なことは、その手法を信じてひたすら脇目をふらずに
いったんは習得することです。

この学校が話してくれた実績には嘘や水増しはないと思いますし、
そういう信頼性も感じました。
胡散臭いところはありませんでした。

私はテクニカル一辺倒の学校に通ったトレーダーで、
そのことに関して何も間違っていたとは思いません。
でも、私は私なんです。
ほかの人もそれがいいかどうかはわかりません。

初心から上級まで1ヶ所でワンストップでと考える方ならオススメします。
非常に真面目な雰囲気に好感が持てました。

この無料体験学習会で、お分かりになると思います。
この講座(クリック!)
正統派の無料講座です。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ