FC2ブログ
損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
5/14 トレードと事業
私がトレードという道に進んだ最初のとっかかりは、
すごく単純に、楽な生活ができるんだろうなあ、
ということでした。
ひとつは、サラリーマンでは一生かかっても得られないような
報酬を手にすることができるのだろうという想像。
そして、もうひとつは、仕事にとられた自分の時間を、取り戻して、
自分の好きなことができる、そう思ったからでした。

それは、本当に想定通りかどうかわからないし、
想定通りでなかった場合に、何の後ろ盾もないので、
非常にリスクが大きいことではありました。

ただ、自分の、その時の考えは、以下のようなものでした。
非常に大きいリスクがあるからこそ、
ほとんどの人はそう言う選択はしない。
特に、頭のよい人は、ぜったいに選択しない道なのだ。
だから、個人トレーダーに有能な人などいないのだ、と。
だから、無能な自分にも十分チャンスがあると。

そういう、極めて短絡的な見通しのもとで、
私は簡単にこの道に進んでしまいました。

私より、若い方ですが、トレードとその周辺の仕事で、
上手に人生を送っているような方が、
いろいろなことに手を伸ばしすぎて、うまくいかなくなり、
ゼロからの出発を余儀なくされた・・・という話を、
最近耳にしました。

この人は、トレードの先生もやっている方です。
トレードでは、かなりの成功者だったのです。
そして、一度は、すべてをうまく回すことができた人です。
自分にできなことはないくらいに考えていたようですし、
それはそれで、本当にそうだったと思います。

この人は、トレードは成功させたかも知れませんが、
人生で少し失敗してしまったのかもしれません。
トレードの成功は、人生の成功と必ずしも等しくはありません。
つまり、金銭的な成功が、人生の成功とつながるかどうかは、
極めて怪しい話だなってことです。

金銭的に余裕が出てくると、
人はいろいろな欲が出てきます。
お金があると、人は、それだけににとどまっていられずに、
おいしいものを食べ始めるし、高級な場所に行きたがります。
男性であれば、女の子と遊ぶようになるし、
日々の生活も少しでも楽になるようにします。

そして、一度楽な生活を知ってしまうと、それは不可逆になります。
本当に、そうなります。

移動にタクシーを使い始め、外食先にチェーン店を
避けるようになり、洋服のブランドにこだわるようになります。

これはみな、単に、お金があるかないかの差です。

確かに、世の中、お金で買えないものはありません。
まあ、ほとんど大体のことは、お金で解決します。
日常で起こる大部分のことは、お金さえあれば問題になりません。

でも、お金があることと、自分に能力があることを
勘違いしてしまうと悲劇が起こります。

本当に能力があるならば、お金に執着などしないし、
お金で得られるものをゴールにするなんてことはないはずです。

お金を欲しがる人のゴールは、楽で楽しい生活です。
楽な生活、楽しい生活がゴールだと、
必然的に出費の多い生活になります。
よほど、賢くないと、支出と収入のバランスを保つことが難しくなり、
気づいた時には破滅寸前・・・となることも多いのです。

欲望には際限がありませんが、
その人の能力によって、収入には限界があるからです。

また、トレードで成功することと、事業で成功することは、
まったく別の能力です。
私が見てきた例でいうと、事業で成功するようjな人は、
絶対にトレードには向きません。
一方、トレードで成功している人は、事業には向きません。
(トレード=個人トレード、と考えてください)

なぜなら、トレードは環境に合わせて従うしかない行為ですが、
事業は、環境に働きかけて自分の居場所を創造していく行為
ですから。

たとえて言えば、トレードは、上がってから買うのです。
事業だと、それだと遅くて、上がる前に買うのです。
だから、トレードに完成は要りませんが、
事業には、圧倒的に感性が必要です。

今現在、私は、莫大なお金を得ることもなければ、
それほど楽な生活を送っているわけでもありません。
当初のトレードの目的などには程遠いものです。

でも、それはそれで、まあいいやと思うことにしています。

そこまでの能力があるとは思えませんし、
偶然に大儲けしたとしても、なんだかうまくいかないような
気もします。

単なる防衛本能、単なる言い訳、負け惜しみなのか、
と思うこともありますが・・・
仮にそうだったとしても、来週やることに変わりがあるわけ
でもないので、仕方ありません。

そんなに、甘い話は世の中にありませんね。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
4/2 買いだけでも行けるのか
今週は、久しぶりにトレード関係の本を読みました。
チャートの分析から急上昇する銘柄を的確に探し当てて、
大きな利益を取っていく手法の本でした。
それなりに、いろいろな面で参考にはなりました。

巷にあふれる株情報には左右されることなく、
チャートの分析だけでトレードをやっていこうとする姿勢は、
それだけを言えば、私と同じ考えが書かれていました。

しかし、著者曰く、「難しいことは必要ない。チャート分析だけで儲かる」
ということらしいです。

ここは、私とちょっと違います。
チャート分析だけで行けるという主旨は同じでも、
情報については、必要ないのではなく、
それ(情報)では勝てないのです。

また、この著者は、現物の買いだけを推奨していて、
信用取引については慎むように、厳しく書いていました。

それは、実際の資金の3倍までのレバレッジで仕掛けてしまうと、
何らかの大変動があった時に、大変なリスクになるということ。
そして、空売りの危険性に触れても論じていました。

ある程度の中長期的な仕掛けを前提にして言うと、
そういうこともあるのかもしれません。

利益確定や損切りの水準については、株価の8%と決める・・・
みたいなことも書いてあったので、おそらく、この著者の頭には、
中長期投資のことしかなかったと思います。

中長期投資となると、少し長い期間のトレンドを
取っていかなくてはならないので、
やっぱりリスクは大きいし、そういうリスクを考えたら、
信用はリスクを大きくするものでしかないかもしれません。
そして、そういう中では、特に空売りは、
厳密には無限大のリスクがあるので、やめた方がいい、
ということになるでしょう。

ただまあ、下降トレンドの時には、本当に見ているだけ、
になってしまうのは、やはり機会損失だとは思いました。

もちろん、場をまったく見られないトレーダーにとっては、
もともと短期トレードは難しいかもしれません。
だとすれば、買いだけの現物取引で、
取れるときにしっかりと上昇トレンドをとっていく、
というのは、それなりに理にかなっているとは言えるでしょう。

自分とは、あまり関係ないとは思いますが、
自分とは違うトレードの世界が垣間見えたという点で、
少しは勉強になったと思ったのでした。

トレードは、人それぞれです。
うまくいっているなら、それでいいのです。
何も言うことはありません。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
3/21 繰り返しの価値
日常生活でも、仕事でも、繰り返しというのは
嫌われる傾向にあるように思います。
大切なことはわかっていても、
繰り返しというのは単調になりがちですぐに飽きてしまい、
長続きしない印象があるのです。
実際に、どんなことでも繰り返しになってしまうと、
興味を維持するのが難しいと思いますし、
それだけ努力を払わないと、長く続きません。

しかしながら、繰り返すことが面倒くさいことほど、
実際に繰り返せば大きな効果があることも多いものです。

ダイエットもそうですし、ジョギングやスポーツ、
いや、勉強だってそうでしょう。
面倒くさいかもしれないけれども、続けて繰り返しやっていれば、
いつか花開く日が来るというものです。

たった、1日5分であっても、毎日繰り返せば、
300日では1500分もの時間になります。
これが、どの程度ものすごい効果を生むのか、
わかる方にはわかると思います。

トレードにあっては、これは、毎日チャートを見るとか、
そういうことになるでしょう。
私の場合は、トレードに参加することは、
すなわちチャートを見ることになります。
一日に何時間もの間チャートを見ているのです。

これは、繰り返しとは思われないかもしれませんが、
まさに繰り返しです。

毎日毎日同じようなものを見て分析しているから、
どんなに細かい差異も見えてくるようになるのです。
毎日毎日動きを1日単位、時間単位で見ているから、
異常な動きがわかるようになるのです。
すべて、繰り返しの効用です。

損切りも同じです。
繰り返し繰り返しやるのです。
ルール通りにやっていれば、
毎日のように繰り返すことになります。
それを例外なくやり通すことが、長い間に、
ものすごい効果を生むのです。

トレードは、繰り返しです。
繰り返すことで、分析の実力も高くなっていきます。
教科書で学んだことが、繰り返しによって、
自分の力になっていきます。

嫌がるとか、面倒くさいとか、そういうレベルでなく、
繰り返しだけが、利益の積み上げに寄与するということです。

ともあれ、続けることです。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
1/2 今年はもう少しのんびり
大みそか、元旦とのんびり過ごすと、1月2日になります。
正月は三が日と言われて、3日までがお休み気分。
ですが、相場も4日には大発会ですから、
3日には、少し気持ちをオンにする準備をしていないと、
いきなりの4日の朝はきつくなります。
そうなると、2日というのは、丸一日のんびりできる最後の日、
ということになるわけです。

ですが、夜更かしは禁物。
4日の日は早起きすべきと考えれば、明日も早起きで、
リズムを作っておく必要がありますよね。
今日は、この記事を書いてから、しばらく休んで寝てしまおうと
思っています。

さて、ニューヨークダウは通常、1月2日には開場します。
本年は、たまたま1月2日が土曜日になるため、
実質的な開場は1月4日からとなるのでしょう。
このスケジュールで行くと、2016年、日本市場の方が先に
開けるわけですね。

それだと、4日の日経平均は、あまり動きそうもありませんね。
年末の動きから見て、持合いの状況ですから、
4日にいきなり結論を出してくるとは思えません。
日本市場より後に終えたニューヨークダウは、
下げて終えているのが、どう影響してくるかといったくらいでしょうか。

まあ、ゆっくりチャンスを待つという感じで行きましょう。

今日は、まだまだのんびりです。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
1/1 年の初め
あけましておめでとうございます。
2016年が始まりました。

正月は本当に気持ちが休まります。
ほんの数日と言えばそれまでのことですが、
数日であっても、完全に日常のことを忘れて休めます。

時は止まることをしませんから、
誰かが休んでも誰かは動いています。

この正月でも、働いている人はいます。

時は金なり、ですから、
少しでも時間があれば、少しでもトレード利益につながるような
勉強でも、検討でもしていればいいのかもしれません。

しかしながら、私にとっては正月は別。
今年も、普段はできない「のんびり」を貫いています。
朝から晩まで、本当に何も生産的なことをしません。
徹底的にのんびりします。

今日も、そうこうするうちにこの時間です。
明日いっぱいは、特にトレードのことは考えずに行こうかな
と思っています。

本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ