損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
手数料無料に飛びつくな
証券会社のホームページや広告を見ると、「手数料無料!」ってのが増えてます。

ある種の条件のもとでは、本当に「無料」なので、あえてここで取り上げることもないとは思うのですが、あえて、証券会社のホームページの目立つところでは触れていない、もしくは書いてはあるけどすごく小さい・・・といったようなポイント・・・・・・。そんなポイントを見逃すと面倒なことになるので、注意喚起を呼び掛けたいと思うのです。

たとえば、今(2013年の年初です)、松井証券では、「信用取引の取引手数料が無料」みたいなことを大きく告知しています。そして、一日のうちで往復の売買を仕切ってしまう「日計り」つまりデイトレであれば・・・というのが条件であることが、はっきり書いてあります。

ですが、もし一日の中で仕切れなかった場合どうなってしまうのか、については、はっきり書かれておらず、申し訳程度にものすごく小さく書いてあるのです。

それによると、「新規建を行った当日の大引けまでに建玉の反対売買または現引・現渡が行われなかった場合、お客様の口座において当社の任意で当該建玉を決済しますが、その際は、電話経由の注文手数料(約定代金×1.05%(最低手数料21円(税込)))が適用されます。」とのこと。

つまりは、その日中に仕切らないと証券会社のほうで任意に仕切ってしまい、さらに手数料は約定代金の1.05%もかかるというのです

確かに完全にデイトレだけのトレーダーにとっては、すごくおいしい話ではあるのですが、たまには持越しもやってみるというトレーダーが、大きな文字だけ見て確認もせず、こういうルールを知らずに申し込んでしまったら、後で泣きを見るのは明らかです。

だから、「コレすごい!」て思うようなサービスが出てきたときには、絶対に飛び付かず、まずはよく吟味してみてください。一人じゃ見落としがちなので、できれば、周囲の株仲間にもよく訊いてからトライすることです。

証券会社のサービスは、いち早く採り入れたからといって、その早さによって必ずしも大きな効果が期待できるというものでもありません。むしろ、他の人が採り入れて、ある程度の評判が聞こえるようになってきてから検討するほうが無難です。

くれぐれも、「無料」には飛びつかないことです。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
おすすめ証券会社 おすすめの理由
どこの証券会社に口座を開いて使うのか?
個人トレーダーは、必ずどこかの証券会社とお付き合いをしなくてはなりません。
私は、楽天証券を使ってトレードを始めました。それは、単純にBNF氏(知らない方はご自身でお調べを。)のテレビ映像を見て、マーケットスピードを使っているのがわかったからです。

しかし、その後はトレード学校で先生から勧められたり、生徒同志で話したり、ご多分にもれず多くの証券会社に口座開設をして、いろいろ試験的に使ってみました。

その結果、今では、
「松井証券」
「GMOクリック証券」
の二つをメインに使っています。
自分としてはかなりベストな選択ができていると思います。

(口座開設は、どの証券会社も無料でできますし、大したハードルもありませんから、まずは片っ端から口座開設し、信用口座を持ったうえで考えるのもいいと思います。私も、10以上の口座は開設しています。)

証券会社を選ぶ観点は、要するに3つです。

「手数料」「発注ツール」「分析ツール」。

以下、その話を書いてみます。

1.手数料の安さ

これは、けっこう単純ではありません。一つの証券会社の中でも、設定の仕方で手数料体系は変わってくるからです。はっきり言って、比較サイトなど見ても、おおよそのことしかわかりません。個人のトレードスタイルによっても話はだいぶ変わってきてしまうので、自分のニーズをある程度はっきりさせてから検討した方がいいと思います。
検討の視点としては、

・現物の手数料か信用の手数料か?
・約定金額が大きくてもあまり変わらないか?
・片道の手数料か、往復の手数料か?(デイトレの場合は片道無料になっているか?)

すべてをいろいろ考えたうえで、一番なのは「GMOクリック証券」です。
半年くらい使って、集計してみるとわかります。そこそこの金額のデイトレ、スイングで短期売買を繰り返すなら、どうやっても「信用取引1約定=100円」には勝てません。
ただ、最近松井証券が信用取引の手数料無料化を打ち出しています。これが、その通りならちょっと状況は変わりますね。

2.発注ツールの機能

いかに手数料が安くても、これがダメなら使えません。
そういう意味で、昨年まではGMOクリック証券も使えませんでした。「逆指値注文」ができなかったからです。
デイトレだけやるなら、それでも何とかなりますが、スイングもやるならちょっときついです。幸いにして、2012年からは導入されて、GMOクリック証券に乗り替えた次第です。

操作性は、どこの証券会社も同じようなものです。だから、問題は機能性。

・「逆指値注文」ができるか?
・「逆指値付通常注文」ができるか?
・安定しているか?

「逆指値注文」は最低限でしょう。

「逆指値付通常注文」は、スイングをやるときには、損切りと利益確定が同時に注文できるという点で重要なのです。場を見られなくても、これがあれば大丈夫です。ちなみに、GMOクリック証券に、この機能はありません。

他に仕事を持っていて、メインが場を見ないスイングトレードというなら、「逆指値付通常注文」機能があって、かつ、信用取引手数料のそこそこ安い「楽天証券」「SBI証券」あたりがいいと思います。

また、案外デイトレを中心にやっていると重要に感じるのが安定性です。パソコン性能によっても違うとは思いますが、注文が殺到するようなポイントの値段に来た時に、しょっちゅうフリーズされたのではたまりません。少し前のクリック証券の「レーザートレーダー」などでは、フリーズが多かったと思います。
あと、注文から約定までのスピードや、板情報の表示スピードなどは、楽天の「マーケットスピード」が一番早いように思います(あくまで個人的な感想です。念のため。)

私は、取引回数や金額もそこそこある中、注文機能よりも手数料を重視し「GMOクリック証券」でやっています。

3.分析ツールの機能

これは、チャート分析のしやすさです。
具体的には、チャートの見やすさ(色や形)、移動平均線やボリンジャーバンド、一目均衡表、その他の指標の表示の見やすさしやすさ、そして、ラインの引きやすさや見やすさです。あとは、板の見やすさなどもあります。
それから、各銘柄のチャートを次々に短時間で切り替えられるかどうか?あるいは、一つの銘柄の「日足」や「週足」「月足」「一目均衡表」などを、1画面で同時に見られるかどうか?も分析の手間を考えるときわめて大事なポイントで、楽天のマーケットスピードがちょっと使えない部分です。
で、分析視点でいうなら、これはもう圧倒的に「クイックトレーダー」社のソフトが優れています。
何がいいのか、具体的に言うとホントにきりがありません。「使ってみてください!」と自信を持って言うほかありません。要は、松井証券の「ネットストックトレーダー」「ネットストックトレーダープレミアム」か、カブドットコム証券の「カブマシーン」です。
実は、これらは、使用料がかかるんですが、それを払っても十分に価値のあるツールです。一度使って慣れてしまうと、他のツールは使えなくなります。それほどに素敵なツールです。

私は、松井証券の「ネットストックトレーダー」「ネットストックトレーダープレミアム」を表示しながら、クリック証券の注文ツールを使って取引をしています。スイングの取引は、楽天やSBIなどもいいとは思っています。

まあ、最初のほうで書いたように、証券会社は、いつでも出金・入金してすぐに切り替えられるように、とりあえず信用口座の開設まではしておくのがよいと思います。これからも、どんどん各社のサービスの様子は変わって行くと思いますから、すぐにその恩恵を受けられる態勢だけは作っておいた方が有利だと思うからです。

ネットだけで簡単にできるのですから、面倒くさがらずに、やっておきましょう。
おすすめの株本とは
株の本は、できれば読んだ方がいいと思います。

時間があるならば、
できるだけたくさん読んだ方がいいでしょう。

本など読まずに、上達する人はいます。
結構多くいるかもしれません。

それは、本にはなかなか儲かるための具体的な手法が
書かれていないからです。

仮に書いてある本があるとしても、
本の通りにトレードして儲かるかどうかは別問題です。

それでも、本を読んだ方がいいというのは、
そこから、成功したトレーダーの考え方や心のあり方、
息づかいが感じ取れるような本もあるからです。

逆に、そういう本でなければ、
読む価値はありません。

少しでも読んでみて「面白い」と感じるかどうか?

そこが、キーポイントです。

人によって、そこは違いがあるかもしれません。
それは、人それぞれにトレードの手法があるのと同じです。

「面白い」と感じたなら、それは読む価値のあるものです。

株の本は数多くありますが、
私が「面白い」と感じる本はそう多くありませんでした。

ここでは、そのいくつかを紹介します。
探してでも、読む価値はあると思います。

●「デイトレード」 オリバー・ぺレス/グレッグ・カブラ
 この本は、トレーダーの心のバイブル的な存在になっています。
 同じことが繰り返し繰り返し書かれています。
 どこから読んでも、同じテーマが出て来ます。
 それがいいのです。

●「オズの実践トレード日誌」 トニー・オズ
 プロのトレードの息づかいを感じます。
 なぜ仕掛けるのか、なぜ仕切るのか、
 なぜそういうルールなのか・・・。
 その手法が学べるということではなく、
 それを考えるプロの心の中を見ることができるという点で、
 この本は貴重な本です。