損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
2/29 本日の損切り
グリー(3632)。
今日も何度もやりました。

朝から忙しく動きました。
本日の底値2510円を付けた後、
本日の高値2580円を付け、
再度大きく下落。
2534円を底に反転してきました。
そして、2550円に壁ができました。

分足でもトレンド転換したように見え、
2550円で「買い」。

幅は小さいですが、
パーティションのあった、
2545円を割ったら切ると決めました。

ほんの3分の命でした。
買ったすぐ後、一気の下落に見舞われました。

ダマシです。
グリーでは本当によくあることです。

グリーでは、簡単に損切りすると、
すべて損切りになりかねません。
多少のダマシは見込んだ上で入る方が、
成功の確率は高くなります。

しかし、持ち合いの場合、
パーティションを、一度上にブレイクして、
それがダマシになって、
すぐさま今度は下にブレイクした場合は、
切ったほうがいいと思います。

損切りに失敗すると、
グリーの場合、
とことんマイナスが膨らむことも珍しくありません。

要注意です。

今日のグリーの分足は、
前場だけで、
典型的なWボトム(これは1分足でないと認識不能)、
典型的な天井圏の形が出ました。

ダマシが多いとはいえ、
きわめて、デイトレード向きの銘柄だと思います。


↓ ↓ できればクリックお願いします。励みになります!!

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
2/28 本日の損切り
今日の日経は安く始まりましたが、
結果的には高値更新。

「いつ落ちるかわからない・・・」
と思いつつの「買い目線」トレードでした。

朝、昨日利益になった第一三共(4568)を見ていると、
昨日高値をすんなり抜けてきたので、
迷わず「買い」。1495円。

しかし、少し上には行きましたが、利確する間もなく、
分足1本目の安値を割ってしまいました。
3分間もないくらいの話でした。

1489円で「損切り」。

朝のデイトレードは、
損切りポイントをどこに置くか・・・
迷うこともあります。

「買い」の場合、
スイングも視野に入れるなら、
前の日の安値に置いてじっくり構えるのも手です。

あくまでデイトレで行くなら、
私の場合、「分足1本目の安値割れ」ということに
しています。

「売り」ならば、「分足1本目の高値」です。

必ず切ります。

朝は、動きが早く、
損切りした後、すぐにでも反転しそうな気がします。
「損切り」を躊躇したくなります。

今日の第一三共もそうでした。

私が「損切り」した後は、
1486円と1492円の間を持ち合って、
結局、日経の後場の急騰に乗って、
1500円を抜けて行きました。

でも、「じゃあ切らなきゃよかった」のかどうか?

あとから考えることは、すべて結果論なのです。
今日の日経の上昇も、前場の間に予測することは不可能です。
結果として上昇した・・・だけのことです。

もしも、損切りしなければ、
さらに下に行く可能性もあったことを考えるべきです。

特に、朝の場合は、そこで大きな損失を計上すると、
一日中冷静ではいられなくなります。

私は、そっちのリスク管理のほうを優先します。


↓ ↓ できればクリックお願いします。励みになります!!

人気ブログランキングへ
2/27 本日の損切り
今日はずいぶん損切りを重ねました。

まずオリンパス(7733)。
先週からの持越しが少し残っていました。
寄りはそこそこ高かったのですが、金曜日の値幅の中。
気配を見て、「また朝の急落か?」と予感の通り・・・
いともあっさりと、金曜安値を通り越えて落ちました。
1409割れたところで成り行きで「損切り」です。

東亜建設(1885)。
昨日考えていた「売り」銘柄。
日経が高寄りから下落してきたところで、
この銘柄も、169円をつけて、
25日線、5日線、金曜安値を三つとも割ってきました。
即「売り」。
・・・・・
ところが、168円にタッチしただけでいきなり反転。
170円の売り板がなくなった時点で止めました。
171円で「損切り」。

シャープ(6753)。
朝のギャップアップから急上昇。
それでも600円には到達せず反落。
上げすぎだろう・・・と思っていたので、
590円割れでの「売り」。
しかし587円に一瞬触っただけで、反転上昇。
ちょっと疑問感じつつ、後場に持越したものの、
後場寄りのギャップアップ気配を見て、
成行買い戻しの「損切り」。593円。

さらに、あろうことか、この後場寄りでドテン「買い」。
少し熱くなっていたのか、分量多めで。。。
ところがこれも595円タッチだけで反落の勢い。
こればかりは「やめとけばよかった」と思いました。
592円を付けられてしまったものの、
機を見て593円の同値撤退。

とにかく、「オレが入ると逆に行く」状態でした。

他にも、カプコン(9697)とか「損切り」しました。

利確できたのは、「買い」で入った
第一三共(4568)だけでした。
当然、1日トータルはマイナス。

反省点いろいろありますが、終わったことです。
また明日頑張るしかありません。


↓ ↓ できればクリックお願いします。励みになります!!

人気ブログランキングへ
2/26 建設株
明日からの相場に関して考えていること。

日経がこれだけ上昇基調にあり、
まだまだ目指すべき目標(1万円~震災前水準へ)もある中、
どうしても意識は「買い」に行ってしまいます。

それはそれで間違っていないし、
2月はそれで利益が出たと思います。

しかし、一方で、
これだけ上昇が続き、高値更新が目立ってくると、
そろそろ「売り」もあるのではという気がしてくるのも
トレーダーとしては当然の発想。

ということで、
もし「売り」ならどうだろう?
という目線で見ているのが建設の低位株群です。

復興関連銘柄として、震災後一気に上げ、
そこからいったんは下落したものの、
今年に入ってまた急上昇して、
2月初旬にも高値をつけてきたグループです。

五洋建設(1893)、東亜建設(1885)、
あたりは、先週25日線を割ってきました。
そしていったんは上に戻ったものの、
高値更新に向かうことなく下に行っています。
「三尊天井」になりそうな形でもあります。

飛鳥建設(1805)は、高値を切り下げて、
先週120円の壁を割り込みました。
戻しては来ているものの、
今度は120円が抵抗線になるのかどうか。
また、上から25日線も下りきています。

以上のような銘柄が、
このグループにはまだいろいろあります。

本当に「売り」でいけるかどうか?
それは、全体相場の方向によっても、
このグループへの資金流入度合いによっても変わります。

動向次第では、一気に上に行くことも十分あり得ます。
ここは、そういう「わけわからん」セクターでもあります。

ま、ポイントに来たら売ってみて、
上に行ったら行ったで「損切り」です。
それだけです。

全体的には「買い」ですが、
こんな売り」目線も持って、
明日以降の相場に臨むつもりです。


↓ ↓ できればクリックお願いします。励みになります!!

人気ブログランキングへ
2/25 ニューヨークダウと日経
今朝、NYダウの動きを確認すると、
高値は更新したものの、
終値は前日比でマイナス。
13,000ドルが、直近の壁になって、
持ち合っている状況です。

しかし、CME日経先物は、
なんと9700円越えを果たし上昇基調にあります。

要は、対ドルの円安です。
2月に入ってからは円がずっと下落基調で、
現時点では81円台まで来ています。

このため、
NYダウより日経の上昇が目立つようになっているのが
最近の日本の相場です。

今、日本は、とりあえず大底を脱して来ました。
安かった低位株への資金流入をはじめとして、
震災復興株が再び元気になり、
大型株、金融セクターにも資金が入って来ています。

個別株で見れば、
高値更新がテーマになっているものも多くなりました。

個人投資家の視点からみると、
震災前からの塩漬け株に
希望が少し見えてきたところでしょうか。

ただ、私たち短期トレーダとしては・・・
何があっても、
「チャートに反応する」だけです。

NYダウの動向も、円安も、特定業種への資金流入も、
目の前の現象です。

その理由を考察したところで、
何の生き残り策にもなりません。

理由を考えるより、
それが起きた時、みんながどう動くのか?
それを瞬時に判断し自分が動けるようにしておくことです。

株価がブレイクするポイントとは、
その銘柄を売買する人たちが一斉に動くところです。

人々の心理的に言えば、
「さあ行ったれ行ったれー!」だったり、
「こりゃヤバっ!!!」
てところです。

これからも、
それをチャートで読み取って行きたい思っています。


↓ ↓ できればクリックお願いします。励みになります!!

人気ブログランキングへ
2/24 日経続伸
まだ日経が伸びています。
まだ、買いが強いです。

昨日持ち越したオリンパス(7733)は、
昨日大引けよりも高く始まり、ちょっと上昇したものの、
その後一気に30円も下げ、
昨日の私の買値付近に戻ってしまいました。

1400円までは落ちなかったので保持。
一日中持ち合いましたが、
大引け間際に少し戻してきたので、
引け成りで、また半分利確して、残りを持ち越しました。

朝の感じだと、
「こりゃ損切りだ」と思いましたが、案外しぶとい印象でした。

日経に強いムードがあったからだと思います。

今日も基本スタンスは「買い」。
75日線抜けてきたコナミ(9766)、
75日線のすぐ上でトレンド転換してきた日本橋梁(5912)で、
うまく利確できました。

ただ・・・

ニュースに揺れるエルピーダ(6665)に触ってしまい損切り。
13時49分頃の345円で「買い」。
後場の「吹き」のあと、意外に下げずに再度上昇し、
日足25日線を越えたあと、分足でも直近高値抜けたところでした。

しかし、すぐに下げ始めました。
342円で損切り。
損切りが早いとも思いますが、
勢いで入ってしまったので、勢いで切りました。
入った時に、上に書いた以外、それほどの根拠もなかったので
そんな感じでした。

良く見れば、そのとき25日線は抜けていましたが、
昨日も今日も75日線に頭をおさえられ、
後場の「吹き」でも前場の高値には達せず、
大した利益は見込めなかった形です。

話題のある銘柄は何かと気になり、ついつい手を出してしまいます。
そういうときは、どうしても大きなテクニカルを忘れてしまいます。
目の前のテクニカルだけで走ってしまいます。

今日もそうでした。

「日足はダメなんだが・・・分足見ると買えそうだ・・・。」
失敗の原因になりやすい自分勝手なイメージです。

もっとトレードを大事にしないといけないと思います。


↓ ↓ できればクリックお願いします。励みになります!!

人気ブログランキングへ
2/23 後場オリンパス
大引け後すぐに書こうと思ったのですが、
ブログシステムが故障したらしく、遅くなってしまいました。

後場、オリンパスはじりじり上昇。
少しづつですが、次々と高値をつけていきました。

1426円をつけたら大引けまで保持、との考えでしたが、
そのあと案外上がらなかったのと、
大引け前に、利確の売り(おそらく)が強くなって、
1435円を割ってきたので、半分利確しました。
半分は、持越し。

ちょっと今日の十字線、不安もありますが、
今日も日経が高値をつけた事と、
オリンパスの形(不祥事後の高値は越えている)の強さから、
持越し価値ありと判断。

持越し分は、明日1400円割るようなら損切りとします。

持越しによって、損切りポイントは変わります。
場中の損切りは、分足ベースで判断していますが、
日をまたぐときは、日足ベースで考えています。

大きくギャップつけて上昇してくれるといいのですが、
どうでしょうか??

あとは相場の神のみぞ知る・・・です。


↓ ↓ できればクリックお願いします。励みになります!!

人気ブログランキングへ
2/23 前場オリンパス
昨日の上昇から今朝は大幅ギャップアップの寄り。
そこからいったん吹いて戻りました。

オリンパス(7733)。

朝の特別気配から「買い」で走れれば美味しかったのでしょうが、
私にはできませんでした。

下げを見ながら、前場底の1402円をつけたリバウンドの後、
値が落ち着き、再反転してきた1411円で「買い」ました。

いったんの上下動があった後、長く持ち合っています。
10時20分頃の1425円。
ここを抜ければ、少し大きく取れると思います。

買値に戻って来たら、ぎりぎり板がなくなるまで粘ってみて、
いったんあきらめます。


↓ ↓ できればクリックお願いします。励みになります!!

人気ブログランキングへ
2/22 忘れたころに
オリンパス(7733)。
持ち合いを離れて高値を更新してきました。

月曜日は、東電が久々に75日線を抜けて来ましたので、
オリンパスも思い出して見てはいました。

日経平均のこの上昇基調の中で、
前に話題になった銘柄が、復活の動きをしてきています。
(復活といっても・・・ 
 あくまで短期のトレーダーの視点であって、
 塩漬けを抱えてしまっている人からすれば、
 以前の株価に比較したら、
 「何が復活じゃ!」と怒られそうですが。)

今日は、ボリンジャーバンドの+2σを飛び出したまま、
大引けを迎えています。
しばらく、大きく上昇しそうな兆候です。
またひと相場あるかもしれません。

昨日、おとといあたりで買えていた人は、
すごくいい思いをしていると思いますが、
今後も、ちょっと注目してみます。

三井製糖(2109)も、ちょっと来ましたね。
でも、動きが遅くて遅くて・・・
「買い」のポイントは一気に通り過ぎたくせに、
なかなか一気に行きませんね。
わかっていたこととはいえ・・・。


↓ ↓ できればクリックお願いします。励みになります!!

人気ブログランキングへ
2/21 いろいろな節目
今日は、グリー(3632)ばかりやってました。
ほかには、1銘柄しかやりませんでした。

グリーでは、様々な株価の節目が意識されながら、
「買い」「売り」の攻防が繰り返されました。

朝は、安寄りギャップダウンでした。
そこからまずは爆上げ・・・。

「昨日安値」でいったん押し。
「本日始値(安値)」付近まで戻るも手前で反転し爆爆上昇。

「2300円の抵抗線」。ここで一度跳ね返されます。
数度のチャレンジで突破したものの、
「25日線」でストップ。

それでも、今度は「2300円」が「支持線」になって反転、
「昨日高値」まで上昇して持ち合いました。

そこを突破すると、「一昨日安値」。
「一昨日安値」と「昨日高値」の間は「ギャップ(窓)」でしたので、
そこを埋めるかどうかが焦点になりました。

前場の後半から、後場の終わりころまで、
このギャップの30円くらいの間で、
2360円付近と2350円付近にパーティションを作りながら、
長い時間持ち合いました。

ラストは、このギャップを完全に埋める形で大引け。

結果からみれば、すべての節目をクリヤして大陽線。
朝の爆上げが取れなかったとしても、
十分デイトレできる日でした。

私は、「売り」と「買い」が3回ずつ。
トータルではなんとかプラスでしたが、
振り返ると、「売り」の目線などをもってた分だけへこみました。
うまくダマされました。

今も・・・グリーはデイトレ銘柄の最前線という感じですね。


↓ ↓ できればクリックお願いします。励みになります!!

人気ブログランキングへ
2/20 国際航業HD
行ってしまいました。
先週末にここでも書いた、
国際航業ホールディングス(9234)。

昨年末から、
ずっとボードの隅において見ていたのですが・・・。

朝、寄りついた時点で、特にギャップアップもなく、
チラ見しただけ。

朝は、グリーなどのデイトレ用のゲーム銘柄の「売り」に
奔走してしまいました。

気がついた時には、195円まで来ていました。
買いたかったのは、
25日線とパーティションを越えた192円でした。
どうやら、そのポイントは一気に食われたようです。

それでも195円で買えればまだ良かったのですが、
他銘柄で忙しかったこともあり、
「まあ、今日は75日線で押すだろう・・・」
と放っておいてしまいました。

しかし、現実の株価は75日線にそのまま向かい、
乗り越えて爆上げしました。

今更、もったいないと思っても、後の祭りです。

今日は、東電も75日線上に来ましたね・・・。
こちらの方は、少しばかり取れましたが・・・。

だんだん、この手の形の銘柄が減っていきますね。

次は・・・三井製糖(2109)???
行くときは早いですから注意しましょう。


↓ ↓ できればクリックお願いします。励みになります!!

人気ブログランキングへ
2/19 毎日書く
ブログをやる以上、毎日何かしら書かなくてはと思います。
これは、読者のためというよりは自分のためです。

何のためにブログをやるのか?

トレーダとしての自分の整理です。

読む方々のことも考えないわけではありません。

しかしながら、「書く」ということで、
自分の考え方やトレードへのスタンスを、
日々確認していこう、という気持ちが強いです。

そもそも、読者なぞ今は何人もいませんので、
「これを書けば参考になるだろう。」などと考えても、
空まわりするだけだと思っています。

実際、自分の書いたブログを見ると、
少しは自分に対して客観的になれるのです。

「この書き方じゃ伝わらないな。」
「なんでこんなこと書いたのだろう?」
「書いているからには本当にそうでないといけないな。」

トレーダーとして、毎日少しづつでも進歩していたい、
と思うので、毎日の自分の整理を蓄積していくのは、
とても良いことだと思えるのです。

トレーダーのブログが多い(と思いますが)のは、
私と同じような理由をもつ方が多いからだと思います。

それでも、読んでくれる方がいた方がいいに決まっています。
それは当たり前のことです。ブログはブログですから。
他人の目があるのとないのとでは、
書くときの「はりあい」みたいなものが違ってきます。

コメントなどもらうと、とてもうれしいですね。
さらに客観的に自分のことを見られるように感じます。

このブログでは、一人の方からしか、
コメントは来たことがありませんが、
本当にありがたく感じています。

これからも、
できるだけ毎日積み重ねていこうと思います。

↓ ↓ できればクリックお願いします。励みになります!!

人気ブログランキングへ
2/18 監視銘柄
国際航業ホールディングス(9234).
いつか来ると思ってずっと監視しています。

大発会のあと、来たかと思いましたが不発。
1月終わり頃も、やっと来たと思って不発。

決算などのニュースにも動かず、
けれども、日足をきちんと見ると、1月の安値を割らず、
昨年11月の底値から安値は切り上げてきています。
しかし、高値は切り下がって来ています。
要は持ち合いです。

日経の動向には「われ関せず」。

そうこうするうちに、
25日線や75日線が、じわりじわりとローソク足に
近づいてきました。
1日の値動きも2~3ティックしかなくなってきました。

こういう銘柄は、75日線を越えると爆上げします。
そのときは確実に利益を取っていきたいです。
そういう目線で監視です。

いつになるかわかりません。
場合によっては、下げても行くかもしれません。

直近安値を割って下げるなら、監視解除。

疲れる銘柄ですが、
必ず株価ボードの隅において見ています。


↓ ↓ クリックして頂けると、やる気倍増します!

人気ブログランキングへ
2/17 日経9580円に向かう
今日も日経は大幅ギャップアップしてきました。

今週は、日経平均にとって重要な週でした。
週足で39週移動平均線を抜け、
トレンド転換をも果たしてきたからです。

次の節目は、いろいろありますが、
月足の24カ月移動平均線が9580円あたりにあります。
これをうまく抜けることができれば、
昨年8月の暴落前の水準に戻していく格好になります。

・・・とまあ、まるで評論家のようですね。
あくまで、チャートのみに基づいた話ですから、
大きなニュースでもあればご破算です。

デイトレでも、このくらいの全体観はあった方が、
有利だとは思いますが、
「あんまり関係ないなあ・・・」というのも、
実は感じているところです。

昨日、ほとんど相場を見ていなかったので、
1日分のブランクができちゃいました。

今日の一番の注目はパナソニック(6752)。
長い低迷から、昨日75日線を越えてきました。
昨日仕掛けておきたかったというのが本音です。

今日は、日経と同じギャップアップ。
こうなると、なかなか買う勇気が出てきません。

しかし、本当に遅ればせながら、パナにも、
この形が出ましたね。
いったんの調整持合があるのかないのか?

調整あるなら、そこが「買い」ですね。
できれば、ちょっと待ってて欲しいです。

サイゼリア(7581)は順調に高度アップ。

コーエーテクモ(3635)は、いったん戻り。
ちょっと買残多すぎでしたか。
下からきている5日線がまだ支えてくれています。
今のうちにがんばらないと、また落ちちゃいますね。


↓ ↓ クリックして頂けると、やる気倍増します!

人気ブログランキングへ
朝のトレード
今日は、朝寄りから15分だけ相場を見て、
9時30分には家を出て外出。
戻ってきたのは夜の10時でした。

朝、ある銘柄で4ティックだけ取りました。
今日の成果はそれだけでした。。。

・・・・・・

朝の寄りから30分くらいは、
とても大事な時間だと思います。

一日のうちで、いちばん大きく動くのがこの時間です。
また、銘柄が仕掛けポイントに来る可能性が一番大きいのも、
この時間です。
本日の雌雄を決する時間帯といっても過言ではありません。

ですから、いろいろな思惑が交錯します。
乱高下もします。
そのときどきの偶然性が高くなる側面もあります。

したがって、チャンスも大きい分、相応のリスクもあります。

しかし、デイトレーダーである以上、
まずは、チャンスととらえるべきでしょう。

朝の動きに対する対応こそが、
デイトレーダーの真骨頂です。

「朝は積極果敢に行く!」
これが基本です。

もちろん、逆に動かれたら損切りです。
たったの数秒で、損切りラインに達することもよくあります。
仕掛け終わると同時に、
今度は損切りのために注文入力作業をすることになります。

それでも、切るのです。
絶対に切るのです。

切った瞬間に、今度は再度反転して戻ることだってあります。
悲しくなります。
やってられない気持ちになるでしょう。

でも、とりあえずは切る。
それが「株頭」です。
それが、リスクをとるということです。
(これは「朝」に限った話ではありません。)

明日も、リスクをとって行きましょう!

↓ ↓ クリックして頂けると、やる気倍増します!

人気ブログランキングへ
2/15 エルピーダ
ストップ安から始まりました。

昨日、ラウンドワン(4680)が発射したので、
今日は、エルピーダ(6665)が発射、
と思っていたのですが、
昨日の悪いニュース!!

ホントにタイミングが悪いというか・・・。
せっかく発射台に乗っていながら、
点火寸前にあらららら、です。

(そういえば、ついこの前、
 SUMCO(3436)も、
 同じようなストップ安だったな、
 と思いつつ。 )

日経平均は、1月19日の発射以来、
今日も爆上げだというのに、
何だか損した気分です。

しかし起きたことは起きたこと。
別のところに行くしかありませんね。

他に、発射台にのっている銘柄。

サイゼリア(7581)、コーエーテクモ(3635)・・・
今日、チャート上、すでに点火だけはされましたかね。

明日の日経平均しだい、というところでしょうか。

↓ ↓ クリックして頂けると、やる気倍増します!

人気ブログランキングへ
2/14 本日の損切り 
福島銀行(8562)が、
昨日の終値より
かなり高く寄りついてきました。
とはいえ、昨日の高値よりは下。

先週、ひと山つけた後、いったん下へ落ちて、
昨日は上ヒゲとはいえ陽線で盛り返してきています。

そこへ今日の高寄り。
ちょっと様子を見ていると、
高寄りから下げた後、寄値に戻ってきました。

で、朝の高値86円を抜けたところで「買い」。
昨日の高値を超え、
先週の高値93円に迫っていくのを期待しました。

いったん下げてから前の高値を越えて上昇する。。。
このパターン(要は押し目)は、ダマシもありますが、
上昇するときはホントに上昇します。

全体的に持ち合いの時は、
高値更新は安易に仕掛けるとバカを見ます。
が、今は上昇相場。
しかも、注目されている銘柄です。
十分に勝算はあります。

しかし・・・・
昨日の高値ヌケ、89円にタッチした瞬間に跳ね返されました。
そして、あっさりと朝の高値86円を割っていきました。

85円で損切りです。
わずかといえども、86円には壁ができてました。
そこを割ったのですからカットです。
ほっとくと、この手の低位注目銘柄は、
一気に奈落・・・のこともあります。

あとで再び上昇するなら、また買えばいいのです。

結局、後場の後半になって息を吹き返し、
大引けは88円。
時間的に、持越し必至な感じかがしたので、
もう「買い」には行きませんでした。

福島銀、まだ元気あります。
明日は、また上昇かもしれませんね。
わかりません。こればかりは。


↓ ↓ クリックして頂けると、やる気倍増します!

人気ブログランキングへ
板に向かって行く
板情報は、デイトレではとても大切です。

仕掛けポイントに来た時の「買い」、「売り」は、
板を見ながらやるトレーダーがほとんどだと思います。
もちろん、利確も損切りも、自分の手でやる場合は、
板情報が指針になることは多いでしょう。

私も、板を見ながら仕掛けます。
売買ポイントを決める最優先の指針はチャートの情報です。
しかし、仕掛け、仕切りの最終判断を修正する場合もあるくらい、
板情報を重視します。

どう重視するかというと・・・

自分が、ある銘柄を200円で買おうとしているとします。
200円の売り板に注文をぶつけて「買い」に行きます。
このとき、上に並ぶ201円以上の各価格の売り板が、
下に並ぶ199円以下の買い板に比べて、かなり薄いとしたら、
私は、少し「買い」を待つと思います。

買おうとする価格の板が薄いのはいいのです。
でも、その上の板が連続して薄いと、
ちょっと「買い」を躊躇してしまうのです。
(値動きがとてつもなく早いときは、そんな暇はありません。
 念のため。)

私は、自分がしかける時、
「板は厚いほうに行く」と考えます。

(あくまで「自分がしかける時」です。
  つまり、その銘柄の売買ポイントのとき・・・です)

なので、仕掛ける方向の板が薄いと不安です。
何か落とし穴があると考えます。

見せ板だろうとなんだろうと、そんなことは気にしませんが、
自分の向かってほしい方向の板が薄いのは、
「今はまだ仕掛けないほうがいい」
というサインのように考えます。

検証したわけではありませんから、根拠はありません。
ですが、かなり当たっていると思っています。

ところが、ほとんどのデイトレの本には、
逆のことが書いてあります。
板が薄いほうが勢力的に弱いと考えられるので、
株価はそちらに動く可能性が高い・・・と。

確かに、
買い板が厚い場合は、買いたい人が多くいるということなので、
買い勢力が強いとはいえるかも知れません。

でも、本当に買いたいなら、売りたいなら、
板に並んで待ってないで、注文をすぐにぶつけていくはずです。

板に並んでいるということは、
「”今”は買いたくない(売りたくない)」のです。
その時点ですでに”弱気”の注文ということ。

”弱気”の注文が大量に並んでいるところを、
”強気”の大口投資家(機関?)が食って行く。

”強気”の大口からすれば、
大量の板であればある程、食える量が大きいわけですから、
大きな板は大歓迎だと言えるのです。

私は、そんなイメージで板を見ています。

↓ ↓ クリックして頂けると、やる気倍増します!

人気ブログランキングへ
2/13 本日の損切り
横河電機(4681)。
先週、木、金と、そこそこの出来高を保ちながら、
25日線付近で持ち合っていました。
25日線を上回り、金曜高値を抜けたら「買い」が、
狙いでした。
寄付き安かったとはいえ、それでも木金の安値よりは上。
上昇してきて「買い」ました。
が・・・そこが、ほとんど天井。
あれよあれよと寄値に戻り、割って行きました。
損切り。

上から下りてきている5日線が、
行く手を阻んだかっこうです。
強ければ、抜けていきます。
今日は、弱かったということです。

この銘柄は、
ヒゲの目立つ「日足」チャートをしていて、
あまりお近づきになりたくないタイプです。

が、それだけデイトレのチャンスは多分にあるし、
また信用売り残も多いので、急騰が期待できます。

今日は下げましたが、
直近安値(1/30の716円)は割っていません。
割れるまでは、しばらく「買い」で見ときます。

↓ ↓ クリックして頂けると、やる気倍増します!

人気ブログランキングへ
明日の損切り?
相場のある日は、毎日、
「今日も10回までなら損切り可。
 10回損切りしたらその日は店じまい。」
というイメージで、寄付きを迎えています。

10連続損切りしちゃったので本日おしまい、
ということは、めったになくなりましたが、
3連続、4連続は、今でもごく普通にあります。

そもそも、10連続損切りするには、
10回以上の仕掛けが必要です。
仕掛けるということは、損切りラインも決めて、
利確目標値も大まかには決めておく必要があります。

これもなかなか大変なことです。

デイトレで稼ぐことに慣れている人なら、
1日に20回、30回と仕掛けることもあるでしょう。

ここなら行けるだろう、という仕掛けのポイントを、
1日のうちで10回以上見つけて仕掛けるには、
それなりの熟練が必要だと思います。

1銘柄に限ると、トレンドがなかなか出ない日もあるし、
1方向のトレンドが大引けまで続く日もあり、
上下に大きく持ち合う日もあります。
「ここぞ」というポイントが現れるのは、
平均して1日2~3回もあればいい方ではないでしょうか?

そうすると、最低でも狙いの銘柄を4~5個くらいは、
具体的な仕掛けをイメージしながら監視していないと、
1日10回のトレードにはなりません。

全体の資金量や、その時の信用余力にもよるので、
誰にでも、いつでもあてはまるとは言えませんが、
私の場合は、以上のようなトレード回数を、
自分にとっての“修行課題”のように考えています。

そして、その回数分の損切りはあってしかるべきと考えます。

そう考えると、1回の損切りにこだわって、
深い傷を負うようなアホなことはしなくなります。

明日も、
「今日も10回までなら損切り可。
 10回損切りしたら店じまい。」
で行きます。

↓ ↓ できればクリックお願いします。励みになります!!

人気ブログランキングへ
全身全霊を込めないと利益は出ない(その4)
1回1回のトレードを大切にやったとして、
問題は、そのトータルの成績です。

1回1回は、利益だったり損失だったりするけれども、
気にするのはそこではなくって・・・

合計するとどうなるのか?

大事なのはそこです。

「1回1回のトレードは、大切に計画通りにできた。
 確かに、利確もあれば損切りもある。
 ただ、計画通りにやっているので、
 1回の損切りについては、そう大きくはなってない。
 利益は、目標までは伸ばそうとしてみた。
 で、20回トレードしてみたら、
 最終的には差し引きで少しはプラスになった。
 そのまま50回やったら、さらに少しだがプラスが積み上がった。」

こういうトレードができるかどうか
この状態に、自分を持っていけるかどうか、
そこが成功するかしないかの分岐点です。

あとは、そのトレードを果てしなく続けていくだけです。
果てしなく続けていく中で、
更なる高みに登るための、
細かい修正もできると思います。

自分の計画通りにやれば、必ずトータルでプラスになる。
そういう自信が、果てしなくやる中でどんどんついていきます。

損切りについても、
「ここで切っておくことが、トータルプラスへの道だ」
と実証をもって心から思えるからこそ、実行できるようになるのです。

トレードの勉強において、最初に目指す終着点はそこです。

全身全霊を込めてテクニカルを学ぶ。
全身全霊を込めてテクニカルを使って計画する。
全身全霊を込めて実行する。

それでもだめなら、全身全霊を込めて検証する。
どこが悪いのか??

計画通りに実行したのに、トータルでダメなら、
テクニカルの勉強の方向、あるいは計画の作り方が違っています。

計画通りにやっていれば、トータルプラスになっていた。
ではなぜ、計画通りにできなかったのか?
仕掛け、利確、損切りなど、躊躇した原因は何か?
・・・・・

全身全霊を込めなければ、何もわかりません。
何も進歩しません。

「気楽な副業・・・」で儲けられるほど
この世界は簡単じゃありません。

そんなこと、どこの業界であっても、
「あたり前田のクラッカー!!」なのです。

トレードだけ例外・・・なんてありません。

↓ ↓ できればクリックお願いします。励みになります!!

人気ブログランキングへ
2/10 本日の損切り
きょうもまた、ラウンドワン(4680)。
昨日の下落で、今日は基本的に「売り」銘柄でした。

昨日の一瞬の75日線抜けがダマシになって、
今日は、下落して25日線にタッチして反発。
前場は押し目を作って引け、後場は上昇してきました。

そこで「買い」向かってしまいました。

損切り云々より、
今日はこの仕掛けに無理があったかなと思います。

いったん25日線まで落ちたことで、
また上に行くと思いこんでしまいました。

490円あたりに、大きな板があり、
これが破れるとすんなり行くだろうとも考えました。

えてして、行く手に構える大きな板は壊れるものです。

ですが・・・やはり壁でした。
大引けが近付いても、
持合から下に振れる気配があるばかりで、
持越しは、あまりに馬鹿馬鹿しいのでカット。

本日後場は、ちょっと仕掛けるものが見つけにくく、
無理をしてしまいました。


↓ ↓ できればクリックお願いします。励みになります!!

人気ブログランキングへ
2/9 本日の損切り
ラウンドワン(4680)が、
久々に長期ライン(75日線)を抜けてきました。

「これは、今日は一気に上いくぞ。」
迷わず「買い」。

確かに、一瞬行ったのですが、
それで今日は終わり。
完全にダマされました。

戻っていく場面もありましたが、
朝のうちにつけた高値を越えることなく、
後場下に行って、損切りでした。

もひとつ。
カルソニックカンセイ(7248)。
決算(材料出尽くし?)で大幅ギャップダウン。

寄りからいったんは上昇し、
「やっぱり下行きまーす。」とばかり、
安値をつけに行ったところを「売り」。
10ティックくらい取れると思いました。

確かにストーンと落ちたんですが、
あとひと越え・・・で、よくある急反転。

これも、ダマされましたね。

「買い」銘柄と「売り」銘柄を同時に保持しているのは、
とても気分が悪く、落ち着かないので嫌なんですが、
今日は、やってしまいました。

↓ ↓ できればクリックお願いします。励みになります!!

人気ブログランキングへ
2/8 日経の風
日経平均がまだ強いです。
下から上に風が吹いている感じです。

時折下げるそぶりを見せながら、
9000円を抜けてきました。
(先物は、15時越えて、割れました。)

上に風が吹いているときは、素直に「買い」です。

今日は午後に、ちょっとした外出が入っていたので、
あまり積極的に仕掛けられませんでした。
前場と、後場の大引け間際しか場を見られませんでした。

見られない間は、前場にしかけた銘柄に、
「利確の指値」と「損切りの逆指値」を入れて、
ほったらかしている状態でした。

全部「買い」銘柄でしたので、
日経の風のおかげで損切りはありませんでした。
発動されたのは「利確の指値」だけで、
あとは、大引け間際に状況見ながら、
その時の価格で利確の仕切りができました。

メインは、今日もSUMCO(3436)。

昨日は前日の高値を越えられなかったので、
今日は一服・・・と思っていたのですが、
朝の急騰で直近高値を抜けて、状況が変わりました。
「買い」。

日経平均が高値をとってきているときには、
高値更新の銘柄は強いです。(もちろん例外あります。)

後場、一度ストンと落ちたところがあったようですが、
ぎりぎり損切りに合わずに、
利確目標としていた値のさらに上まで上がりました。

日経の風は、味方につくとホントに心強いです。

↓ ↓ できればクリックお願いします。励みになります!!

人気ブログランキングへ
2/7 本日の損切り
8316三井住友銀行。
後場寄りから上昇。前場の高値を抜けて行くところで、
買って行ったのですが・・・。

見事にダマされました。
あれよあれよと、後場の寄値を割ってしまいました。
決めていたロスカットです。

そして、そこが後場の底でした。

よくあることです。

結果的には、
大引けまで引っ張れば、値は戻ってきましたが、
それは考えても意味のない結果論です。

日経先物も、後場寄りからは、
少し下に行くそぶりを見せていたので、
ちょっと注意するべきでしたね。
(これが、反省点です。)

また、SUMCOの「買い」、カプコンの「売り」、
今日も何度かやりました。
こちらは、まあまあ利益になりました。


↓ ↓ できればクリックお願いします。励みになります!!

人気ブログランキングへ
2/6 SUMCO デイトレ
本日のSUMCO(3436)は、
よく動いてくれたので、ほとんどはりつきで、
何度も仕掛けました。

先週はストップ安からストップ高という、
派手な動きをしているので、
朝、少し様子見てから仕掛けに入りました。

速い動きが想定されたので、見ていたのはほとんど1分足です。

基本的な目線は「買い」でしたが、「売り」もやってしまいました。
結果として、利確できたのが4回、損切りが3回。

まあまあの出来でした。
後場の持ち合いのところで、
欲を欠いてチョコチョコ動いてしまったのが、反省です。
一つの銘柄にこだわると、こうなることがよくあります。

私は、順張り重視派なので、持合は苦手なほうです。
持ち合いになると、ブレイクでのダマシが多いし、
利益も伸びません。
持合だと気づいたら、さっさと撤退したほうが良いのです。

また、今日のように、
日経平均が高寄りして、持合いながらじりじり下げていく展開は、
それはそれで、やりにくい展開です。

私の今日のトレードは、SUMCO以外は、
カプコン(9697)を「売り」で仕掛け、
ちょっと利益になったくらいでした。


↓ ↓ できればクリックお願いします。励みになります!!

人気ブログランキングへ
全身全霊を込めないと利益は出ない(その3)
テクニカルの勉強をして、
現実の相場の真剣勝負の中に入っていくとき、
心しておきたいことは、
「1回1回のトレードを大切にする」ということです。
(当ったり前!なのですが)

いい加減なトレードをしてはいけません。

いい加減なトレードとは、
予定外のトレードをすることです。

トレード学校で、私は、
「言われたこと以外やるな。
 アレンジ、工夫をしてはいけない。」
と教わりました。
(このことは、前にも書きました。)

トレード学校の勉強を終えてからは、
そのコトバは、自分のトレードにおいて、
「事前に決めたこと以外やるな。
 場中でアレンジ、工夫をしてはいけない。」
と置き換えて考えました。

それが、このブログでも書いている、
「株頭」の基礎だと思ったからです。

要は、「200円が買いのポイント」ならば、
「200円で買う」ということです。
上昇力が強い(ように見える)からといって、
200円で買えなかったものを、
201円で買っちゃダメです。

損切りも、「197円になったら売り」ならば、
196円以下まで我慢したらダメだし、
198円で早逃げしてもダメなんです。
(もちろん、大引け等で、持ち越さないための仕切りは必要です。
 念のため。)

こうした、余計なことをしない訓練を実戦で積むことが、
相場で生き残っていく訓練になります。

テクニカルの勉強の次の段階では、
これが大切な勉強になります。

自分の計画に対して、
どれだけ忠実なトレードができたか?
それをどれくらい積み上げてきたか?
それだけが、そのトレーダーの意味あるキャリアです。

テクニカルの勉強と同時に、
このキャリアの積み上げがないと、
利益の出るトレードはできません。

全身全霊を込めて勉強する。
全身全霊を込めてキャリアを積む。
これでやっと、土俵上で利益が出始めます。

ただし・・・
ここで間違えていけないのは、
「1回1回のトレードを大切にする」
からといって、
1回1回のトレードの結果を考えてはいけないのです。

これはまた、ちょっと複雑になるので、
次回にします。

↓ ↓ できればクリックでの応援お願いします!

人気ブログランキングへ
2/5 ダウ平均高値更新
ニューヨークダウが、高値を更新してきました。
CMEの日経先物も8900円を超す値をつけています。

となると、明日(月曜)の日経225の寄付きは、
直近高値に迫る(あるいは超える)ギャップアップとなります。

日足のチャートを見るとよくわかりますが、
ダウのチャートにはあまりギャップがありません。
それに比べて、日経225のチャートは、ギャップだらけです。

これは、つまり、ダウは自分の都合で毎日動くが、
日経は前の日のダウの様子によって影響を受けるということです。

とういうことは、
日本の相場は、持越しのチャンス、リスクが大きいということ。
しかも、それは海外の状況によって相当に左右されるということです。

以上は、誰でも知っていることかもしれませんが、
それにしては、安易に「持越し」する人、あまりに多いです。

持ち越していいのかどうか?
その判断は、個別の銘柄の強さ弱さだけでは決められません。

むしろ、上に書いたような日経の動向、ダウの動向こそ大事です。

その日の夜のダウの動き、翌日の日経の動き、
「上がるか、下がるか??」
50%以上の確率で、正しく予測がつきますか?
しかも、その日の大引けの時点で。

できるなら、持越しもありです。
でも、できないなら、持越しはそれなりに危険です。

私の場合、そもそも、あまり予測のことは
考えないようにしているので、基本的にデイトレに徹しています。


人気ブログランキングへ   ← ← 励みになります!
                       クリックお願いします!!
全身全霊を込めないと利益は出ない。(その2)
トレードの勉強の必要性については、
先の文章で述べました。

勉強はテクニカルだけではありません。
テクニカルを身につけることで、
土俵に上がれるようになるとは書きましたが、
それで利益が出るかどうかは、
また別の問題です。

別の問題というか、
要は「テクニカルにどれだけの信頼を置くか」と
いうことなので、根っこは一緒です。

テクニカルを用いて考えたトレード計画を、
実際の相場に入って形にできるかどうか。

それが、次の問題です。

トレードをやってみればわかります。

仕掛けの時・・・
頭の中では、文字の上では、それなりに理解しているつもりの
計画になぜか不安が生じます。

「ホントにここで買って大丈夫?」

検討したはずの結論がぐらついてきます。

考えているうちに、
買いたかったポイントの板がなくなったりします。

「1円上でもまあいいか。」

その1円上の板も刻一刻となくなっていきます。
明らかに、上昇する様子を感じるのです。

「やっぱりオレの考えは正しかったんだ。
 よし買うぞ!」

と思ったとたんに、1円上の板がなくなります。

「2円上になっちゃうけど大した差はない!
 ほら、上昇なんだから。」

・・・と買った瞬間に・・・

「ドーン!!!」
と大口の売りが入って、
一気に買うはずだった価格に戻るのです。

「あれれれ・・・」
と考える間もなく、さらに2円、3円と下げていきます。
そして、本来のロスカットのポイントへ。

そもそも、2円上で買っているので、
ロスカットの時はその分不利になるわけですが、

「そういえば、短時間で大きく下がった時は、
 必ずリバウンドがあるはずでは?」

そんなこと、事前に検討もしていないのに、
どこかで学んだ記憶があるので、浮かんでくるのです。

あとは、
その不確かなリバウンドを期待しながら、
下がり続ける株価を大引けまで見続けるだけです。

なぜだろう?
何がいけないんだろう?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

テクニカルの勉強をしただけでは、
こんなトレードが続いてしまうことになります。

・・・
というふうに、話はどんどん続いてしまうので、
今回はここで切ります。

実際のトレードを成功させるやり方、考え方、
次回以降、気長に続けてみようと思います。


人気ブログランキングへ   ← ← 励みになります!
                       クリックお願いします!!
全身全霊を込めないと利益は出ない。(その1)
株のトレードは、全身全霊を込めないとトータルで勝てません。

中にはそうでない方もいるかも知れませんが、
少なくとも私に関しては、そうです。

「副業で大きな利益」とか、
「パソコンの前に30分いれば」とか、
少なくとも、トレードはそんなものではありません。

ちょっと勉強した程度では損ばかりになります。
相当に修行しても、まあトントンが精一杯。

”無傷”のまま成長してずっと利益を出し続けるなんてのも、
あり得ないと思います。
ある程度(瀕死にならない程度)の傷は、確実に必要です。
傷を負わないとわからないことがあるのです。

トレードに関して、教える立場の方々はみな、
「誰でもきちんと学べば儲けられるようになる」
と言ったり、書いたりします。
そして、それを聞いて生徒や読者が集まります。

「誰でも・・・」のコトバ自体は本当です。私もそう思います。
信じていいとは思います。

でも、「きちんと学ぶ」に込められた重さを、
生徒や読者にうまく伝えるのは至難の業だと思うのです。
どれだけの生徒や読者が、これをきちんと理解して学ぶのか。

トレードで学ぶ必要があるのは3つだけです。
1.正しく(仕掛けのポイント)入れるようにすること。
2.利益は、しかるべきポイントまでじっくり伸ばすこと。
3.損は、しかるべきポイントですぐに切ること。

テクニカルの勉強は、この3つができるようになるための前提です。
「まずは、どこかポイントなのか知ろう」というのが、
テクニカルを学ぶ目的です。
売買ポイントを現実のチャートから発見する力は、
ここでしか養われません。
このことは、どのテクニカル手法であっても同じです。

テクニカルなくして、
毎日相場とにらめっこして、分足チャートを追いかけるだけでは、
イメージで「何となく上がりそう(下がりそう)」というくらいしか
わかりません。
そして、そのイメージは必ずと言っていいほど間違っているのです。

相撲に例えると・・・
テクニカルを勉強して、やっと土俵に上がれるレベルです。
ド素人では、国技館の土俵どころか、相撲部屋のけいこ場でさえ、
相手の力士を動かすことすらできないでしょう。
 (よく芸能人がテレビ番組の中で相撲部屋訪問とかいって、
  ためしにまわしをつけて力士に挑戦している・・・
  あんな感じです。)

相場は、国技館の土俵と同じです。
序の口、序二段・・・とはいえ、
必死に上を目指してけいこをしている力士たちです。
2-3カ月の練習をした程度の素人には、
絶対に負けないでしょう。

そう思いませんか??

相撲でなくても、普通の社会人、サラリーマンでも、
その仕事のプロといわれる人たちは、
みな、相当の修行、努力を経て現在に至っているはずです。

トレードだって同じなのだと思います。

トレードをやるなら
真剣に、全身全霊でテクニカルを勉強しましょう。
少なくとも、高校や大学の入試のときに出した力は
出しましょう。

そのためには・・・
「余った時間でトレードでもやってみるか」なんて
軽い気持ちじゃだめなんです。
「絶対にトレードで成功したい。必ずやってやる。」
と、鉄の信念で思わないと。

高校、大学の入試のとき、
「まあ、ちょっと試験勉強でもするか・・・。
 ダメならダメでそんとき考えればいいや・・・。」
なんて思いましたか??
そんな考えじゃ受からないよって思いませんでしたか?

トレードは、まずは勉強です。
実戦も必要ですが、まずは全身全霊を込めた勉強。

そんな勉強が必要だと理解すること。

トレーダーの最初の要件です。


人気ブログランキングへ   ← ← 励みになります!
                       クリックお願いします!!