損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
3/31 人事異動
東京はすごい風ですね。
春が来た、ということでしょうか?

4月になると、いろいろな人の生活が変わります。
進学、就職、引っ越しなどなど。

しばらくは、世の中が、
お花見、歓迎会といった、明るいムードにおおわれます。

ビジネスの世界も、
新入社員が入ってきます。

すると、人事異動がおこります。

人が変われば、いろいろな変化があるのは当然です。
また、そうした変化を、企業は“是”として動くわけです。

相場の世界だって、例外ではないでしょう。
世の中の、相場にかかわる人々だって、
変化、異動と無縁ではあり得ません。

組織に属する人々はみな、
個人の思いとは別に、組織の論理の中にいるのです。

関わる人が変われば、
相場だって変わることがあるはずです。

日経平均の流れを変えるほどの変化かどうかは別として、
少なくとも、個別銘柄の動きに変化が出るくらいは、
簡単にあり得るんじゃないでしょうか?

特に、規模の小さい銘柄であれば、
その影響は大きいはずです。

案外、銘柄のクセなんていうのは、
そういうのと大きく関係してくるのではないでしょうか?

「この銘柄、前は25日線を中心に動いていたけど、
 今は、どちらかというと75日線だね。」

「この銘柄、最近、一目均衡表を意識してない?」

そういう、チャートに現れるクセは、大切です。
客観的に読み取れるのですから、読み取るべきです。


明日から、4月。

こちらも、また新しい前向きな気持ちでがんばります。


↓ ↓ できればクリックお願いします。励みになります!!
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
3/30 結局動けず
年度末。

結局、大した動きも出ず、
元気のないまま終わりましたね。

しばらくの間、
私のトレードは、ほぼ開店休業に近いものでした。

もちろん、毎日、何らかのデイトレ銘柄は、
触っていました。

しかし、あくまで超短期、
ロットは落としてやっていました。

つまんないです。

確かに、つまらないのです。

「損切り」ブログにもかかわらず、
大した「損切り」すら書けないような状況です。

思えば、
1月、2月と日本の相場はとても元気になりました。
震災以来の暗い相場を、一気に吹き飛ばすかのように、
上昇を続けました。

個人投資家は、みな少し息を吹き返したのでしょう。

漬け株が復活した、ということで、
明るくなった株仲間もいます。

株の教材や、セミナーなどの宣伝メールが、
たくさん来るようになりました。

この1-2月、利益を大きく出せた人は、
自分のことを「トレードの天才」とすら思う瞬間が、
あったかも知れません。

でも・・・

浮かれてる人は、放っておけばいいと思います。

私には関係のないことです。

相場は繰り返しです。
株は必ず上がるし、必ず下がります。

浮かれると、またもとの大損する自分に戻ります。

必ず、必ず、戻ります。

上昇相場で儲かれば儲かった人ほど、
持合い相場や下降相場で、致命的な大損を計上します。

それは、
儲かったのが「偶然」だからです。

そんな人は、いつまでたっても、
「損切り」を「失敗」と称し、「敗北」と呼びます。

そうして、「失敗」「敗北」を恐れるあまり、
ついには、大きな挫折を味わう羽目になるのです

何度でも繰り返しますが、
「今」、思い切り行っちゃいけません。

ていうか、
いつだって、思い切り行っちゃいけないのです。


↓ ↓ できればクリックお願いします。励みになります!!
人気ブログランキングへ
3/29 調整
今日は、調整でした。
やはり、日経平均10,200円の壁は、
なかなかすんなり越えられませんね。

火曜日にいったんは越えていったのですが、
すぐまた下げてしまいました。

今は、東日本大震災後につけた下への大きなギャップを、
埋めようとしているところです。

10,200円を本格的に超えていくと、
このギャップがきちんと埋まり、
新しい価格帯に入っていくのです。

しかし、個別に目を向けると、
銀行が振るいません。

このところの日経の持合いの中で、
銀行株は、大どころを中心に、
「日足」の25日線周辺での攻防が続いています。

みずほ(8411)は、今日25日線まで下げました。
ちょうど、そこで止まっています。

三菱UFJ(8306)、三井住友(8316)は、
25日線を割ってきました。

りそな(8308)は、昨日割り込み、
今日は大きく続落。

三井住友トラスト(8309)などは、
ダブルトップを形成しており、
今日、ネックラインを割りそうになりました。

野村(8604)や大和(8601)などの証券も、
ここにきて、25日線を割っています。

今は、「買い」で分が悪そうな、こうした金融株が、
25日線を再び抜けて、トレンド転換してきた時が、
全体的な「買い」の狙い目のような気がします。

ただ、上にあげた銘柄は、
どの銘柄も波動的(エリオット波動理論)には、
かなりの高値にきています。
日経平均にしても同じです。

これらをトレンド転換で、
思いっきり「買い」で行けるかというと、
それも違うと思います。

もちろん、相場は理論通りに行かないことも、
かなり多いですから、
ここから高値更新が続く可能性は十分にあります。

しかし、やはり基本は念頭に置いた上で、
「じゃあ、何を思い切り買うのか?
 あるいは、買わないのか?」
考えていきたいところです。

私なら、「買い」は、
75日線付近の銘柄を探していきます。

昨日、今日でも、
75日線あたりでうろついて、
機が熟せば上昇しそうなのがあります。

狙いは、その辺ですね。

※ ちょっと、ここのところ、
  デイとスイングが混じったような話で、
  申し訳ありません。


↓ ↓ できればクリックお願いします。励みになります!!
人気ブログランキングへ
3/28 そろそろかなあ
このところの持ち合い状況の中で、
銘柄ごとの、上昇、下降が、
だんだんはっきりして来ました。

今日も、高値抜けて上げるものは上げ、
下げるものは下げ。
持ち合うものは持ち合ったという結果です。

銘柄さえ見つければ、少しづつ勝負できる感じです。

私の見ているポイントは、
「日足」の75日線、25日線付近でもみあっている銘柄が、
トレンド転換していく瞬間です。
(これは、何度も書いていることで恐縮です。)

そんな銘柄も、いくつかあります。

上に行きそう、下に行きそう、どちらもあります。

上でも下でも、行った瞬間をとらえたいものです。
それが一番効率がよく、短期間で決着しますから。

もちろん、その分、「損切り」ポイントも近く、
ダメージが少なくて済みますから。

そろそろ、値動き活発になってくれるといいですね。


↓ ↓ できればクリックお願いします。励みになります!!
人気ブログランキングへ
3/27 上は上だけど
ニューヨークの影響でギャップアップで高寄り。
しかし、そこからあまり動かず。

10,200円の壁でしょうか?

びくびくしながら相場が動いている感じですね。

(今、後場が始まってしばらくたったところですので、
 この後、急展開があるのかもしれませんが。)

なんだか・・・・・
何とも言えない・・・・・動けない感じです。

ちょこちょこ仕掛けはしますが、
本気では「買い」も「売り」もできません。

「やりにくい相場」ですね。

とはいえ、「やりやすい相場」というのも、
そんなにあるわけではないので。

相場はいつもやりにくい、と考えた方がいいでしょう。

今日は、私も、この後、相場を離れます。
このまま見ていても仕方ないし、
急展開したとしても、
そこで仕掛けを考えているわけでもないので。

日経が高値更新なんだけれども、
そこを買って行く気にならない。

今日のイメージは、これですね。


↓ ↓ できればクリックお願いします。励みになります!!
人気ブログランキングへ
3/26 まだまだ
まだまだですね。
動きませんね。

日本の相場は、
自分の力では上がることも下がることも、
できないようですね。

ニューヨークがどう動くのか、
そこに注目ということでしょうか?

先週以来、ほぼ毎日同じことを書いています。
動けない・・・と。

そうは言っても、
何らか工夫して、少しでも利益を出して行こうよ・・・
何かアイディアを出さなきゃ!!
などと思わなくはありません。

遊びで相場をやっているわけではないので、
なおさらです。

でも、そんなときの「工夫」こそが曲者なのです。

今までやったことがないこと。
そんなのを、この難しい時期に
やってみるべきではありません。

きちんとしたトータルプラスの利益は、
冒険によってもたらされるべきではなく、
「これならばトータルで勝てる」という、
自分の納得のもとで、
ある程度の確かさをもって、
もたらされるべきなのです。

もっと言うと、
初心者ほど、工夫、冒険は禁物です。

満足に利益もあげられないのに、
何を工夫するんでしょうか??
どこを冒険するのでしょうか?

まだまだ続くかも知れんませんが、
「まだまだ」は、あくまで「まだまだ」なのです。


↓ ↓ できればクリックお願いします。励みになります!!
人気ブログランキングへ
3/25 今週の考え方
明日からの相場をどう考えるか?

まずは、持ち合いそうだなということ。

ニューヨークダウ平均が、
「日足」の25日線付近で、
持ち合っています。

今後、この線を割ってくるのか、
それとも、トレンド転換して上昇するのか。

分岐点でさ迷っています。

また、CMEの日経先物を見る感じでは、
明日の寄り付きは、
金曜のローソク足の範囲の中になりそうです。

となると、日本の相場も、
朝、こちらから動いていける感じではなさそうです。

個別銘柄を見ても、日経平均と同じで、
当面の高値をいったん更新した後、
ちょっと下げてきているものが多いです。

こういうのは、とても手が出しにくいですね。

今の段階では、どんなシナリオも描けます。

1.反発して、再度高値に向かって上昇する。

2.このままいったんは下落していく。

3.しばらく、動きが少なく持ち合う。

ニューヨークとCMEを見る限りは3ですが、
あくまで寄り付きの予測にすぎません。

ポイントは、金曜のローソク足。
日経は、金曜の足はとても短いので、
悠長に構えられないかもしれませんが、
その安値を割れば「下」。
高値を抜ければ「上」。
割らない、抜かないなら「持合」。

まずは、そう判断して構わないと思います。

当然、ダマシはあり得ますが、
ダマされたならば「損切り」。
で、頭を切り替えます。

以上が基本だと思います。

そこから先は、もう経験値によりますね。
デイの勝負なのかスイングなのかによっても、
スタンスは変わってきます。

持ち合いが長引けば長引くほど、
いろんなラインが株価に近づいてきます。
ラインに囲まれて、
ますます方向が見えにくくなります。
その代り、そのラインをクリヤした時に、
動くスピードは速くなるのです。

今の日経のでいうと、
上には「日足」の5日線、直近の高値の壁。
「日足」一目均衡表の転換線もあります。
下には3月13-14日のギャップ(窓)、
25日線なんてのがあります。

「日足」だけでなく、「週足」「月足」もあります。

面倒くさいのですが、
休日なのですから、全部見ます。
(まあ、平日でも見ます。)

100%テクニカル通りに動くなんて、
そうそうは期待もできないですが、
頭に入れておくのと入れておかないとでは、
雲泥の差です。

「線」は多くのトレーダーが見ています。
そこで動きが出てくる可能性の大きいところなのです。

ダメならすぐに「損切り」。

ここだけはブラさずに、
今週も、がんばります。


↓ ↓ できればクリックお願いします。励みになります!!
人気ブログランキングへ
3/24 コツコツ、ドカーン
トレードで損をしている人。

コツコツ、ドカーン。

つまり、少ない利益をコツコツ積み上げては、
大きな損失をドカーンとやってしまい、
結果として、トータルでマイナス。

よく言われていることですね。

でも、この「コツコツ、ドカーン」ができる人なら、
単純に、逆をやればいいわけです。

少ない損失をコツコツ積み上げては、
大きな利益をドカーンとやる。
結果として、トータルでプラス。

相場の神様から見れば、
利益も損失も、株価の動きという意味では、
平等なのだから、
不思議なことはないはずです。

絶対にできるんです。

でも、できないとしたら、その障壁は何なのか?

誰にでも平等なはずの相場の動きに、
その障壁が見つかるはずがなく、
だとしたら、トレーダーの側の動きにある、
と言えるのです。

トレーダーの動きというのは、
トレーダーの判断そのものですから、
その判断次第で、障壁は取り除かれる、
ということですね。

「損切り」はホントに小さくやりましょう。
少しでも早く「利確」したいと思うと同様に、
少しでも早く「損切り」する。

これで、「少ない損失をコツコツ積み上げる」は完成。

「利確」は、
ホントにどうしてまだ手放さないの?
というくらい引っ張る。
「損切り」に失敗して、塩漬けになるようなイメージで、
引っ張る。

これで、「大きな利益がドカーン」も完成。


なぜできないか??

いや、できます。必ずできます。

やろうとしてください。
まずはそこからです。

そして、少しでもいいので、
「少ない損失をコツコツ積み上げる」を、
実践してみてください。

「大きな利益がドカーン」は、
もう少し難しいかも知れませんが、
「大きな損失がドカーン」と同じくらいの頻度で、
チャンスは来るはずです。

ちょっとやそっとのリバウンドに負けず、
最低でも大引けまで引っ張りましょう。

(もちろん、損失に変わったときは、
 あきらめてコツコツ「損切り」です。
 これもまた、重要な判断です。)


以上が、メンタルの話。
ほとんどこれだけです。メンタルは。
ホントに。


↓ ↓ できればクリックお願いします。励みになります!!
人気ブログランキングへ
3/23 来週へ
やはり、はっきりしませんでした。

ニューヨークの影響で、下にギャップがあきましたが、
そこで踏ん張りました。

一気には下げていきません。

「買い」も「売り」も、
納得ずくでフルに動ける状態ではありませんでした。

このまま、
日経平均が「日足」の25日線まで下げて行くなら、
次の「買い」が計画しやすくなるでしょう。

しかし、まだ何とも言えません。

現物の出来高もさらに減ってきました。

積極的に動く場面ではないと思います。

このところ、
毎日同じように、「待ち」だと書き続けています。
ちょっと、いらいらしますね。

しかし、「私」のせいではないので、
ご容赦ください。

このブログで、相場を盛り上げようなんて、
ありえないことです。

私は、自分がしていることを、そのまま書くだけです。

今は、「待ち」の時。

真剣に相場を見ている人は、
みなそう思っていることでしょう。

みなそう思っているから、
動くときは動くのです。
思いっきり動く可能性があるのです。

それを待つのです。

今は、動いたもん負けになる確率が50%くらい。

「損切り」さえしっかりしておけば、
大きな傷を負うことはないでしょうが、
それでも、効率は良くないと思います。

せめて、50%以上の確率が見込める時に、
動いた方がいいでしょう。

答えはチャートにあります。
チャート以外にはありません。

この土日、
またしっかりと個別のチャートを見直しておきましょう。


↓ ↓ できればクリックお願いします。励みになります!!
人気ブログランキングへ
3/22 デイトレ銘柄
やはり、日経平均がふるいません。

今日は上昇こそしましたが、持ち合いの域を出ず、
はっきりした方向性は出ませんでした。
現物の出来高は、昨日より減っています。

明日、上昇して終わるか、下降して終わるか、
はたまた、このまま持合で週を終えるか。

一応、「日足」の5日線の上に出て大引けとなりました。
短期の形としては、また上昇の形が出た格好。

しかし、「週足」では、
ボリンジャー+2σを飛び出しているので、
下げてもおかしくありません。

これだと、
上下の動きを予測して「仕込む」と失敗します。

「待つ」も相場です。
昨日は、そう書きました。

こんなとき、自然と目が行ってしまうのは、
グリーやDeNAといったデイトレ銘柄。

デイトレ銘柄は、
その日限りで、「分足」の動きで売買可能です。
トレーダーが群がるため、
日経平均との連動も、あまりなく、
ダマシさえ気を付ければ、
節目節目にある程度忠実に動いてくれます。

グリーなどは、今日も活発に動いていました。
「日足」の5日線に支えられた格好ですね。
基本的に、上昇の動きを見せました。
「下降中の戻り」の動きです。

グリーは、もう少し上昇して来てくれると、
最高の「売り」の形になります。

私は、今日の上昇を「買い」ませんでした。

積極的に買うのも、ひとつでした。

しかし、「待ち」の相場だとの、
自分なりの決め込みがありますので、
簡単には動きませんでした。

(このところ、花粉症??のようで、
 頭の動きがすぐれないのも、影響しています。
 花粉症には、今までかかったことがないので、
 良くわからないのです。)

明日も「待ち」かもしれませんね。
その可能性も大きいです。

相場は逃げません。
無理な動き、無駄な動きは、必ずマイナスになります。

じっくり、行きます。


↓ ↓ できればクリックお願いします。励みになります!!
人気ブログランキングへ
3/21 「待つ」も相場
日経平均がちょっとおしてきました。

今日は「日足」の5日線を割っての大引け。
上昇相場ではありますが、短期的には、
いったん下に行くサインが出たことになります。
週末にかけて、ちょっと下がるかもしれませんね。

個別銘柄も、この日経の動きに連動したものが
多いと思います。
ここから積極的に高値を買って行く展開ではないし、
かといって、
思いっきり空売りしていく時期でもないでしょう。

明日以降、いったん下げていくなら、
次の上昇を見込んで、
適当な「買い」銘柄を探していくときでしょう。

ならば、高値更新ではなく、
持ち合いで、ちょっとくすぶってきているような、
銘柄がいいと思います。

そんな銘柄が、25日線や75日線周辺まで押して、
トレンド転換するようなときに仕掛けるのがベストです。

・・・そうはいっても、・・・
なかなか都合のよい銘柄はないのが実情です。

ベストな形って、求めれば求めるほど「ない」のです。

それならば、出て来るまで「待つ」。

納得できない形で仕掛けても、得るものがありません。
たとえ利益になったとしても、損失になったとしても、
それは偶然に近いものでしかありません。

自分の納得できる形で仕掛けてこそ、
反省や検証もできるのです。

「待つ」も相場です。

納得できてはじめて仕掛ける。

探しまくって、それでもなければ「待つ」。

これも、大切な姿勢だと思います。


↓ ↓ できればクリックお願いします。励みになります!!
人気ブログランキングへ
3/20 損切りに例外はない
「正常化の偏見」という災害心理のコトバがあります。

これは、目の前に危機が迫っているのに、
「自分だけは大丈夫。」と考えることなのだそうです。

人間には、自分にとって都合の悪い情報を無視し、
過小評価しようとする心の動きがあるというのです。

たとえば、緊急地震速報が鳴っても、
逃げる準備をしない人。

「まあ、大丈夫なんじゃないか・・・。」

実際、今回の東日本大震災の余震の時でも、
この速報が「空振り」したことが何度もあります。

速報音が鳴ったのに、何も起こらない・・・。
なので、逃げない。
「空振り」だったときは、
「逃げなくてよかった」と思う・・・。


この話、「損切り」でも同じように当てはまります。

「損切り」は、大きな損失を防ぐものです。

株価が「損切り」ポイントに来る、ということが、
大きな損失に対する警報なのです。

確かに、いったんポイントを過ぎても、
戻ってくることはあります。

だから、「損切りしなくてよかった」と。


しかし、災害では、たった一回の逃げ遅れが、
命取りになるように、
「損切り」も、たった一回の失敗で、
資金のすべてを失うことがありえます。

「自分だけは大丈夫」、
「今回だけは何とかなりそうだ」、
というのは、すべて正常化の偏見です。

利確と違って、
「損切り」のときは、
危機が眼の前まで迫っているのです。

だから、そこを「損切り」ポイントに決めたはずです。

いつも、必ず、絶対に切らなくてはならない。

「損切り」に例外を作ることは、
危機に身を任せる自殺行為です。

「損切り」に例外を作ってはいけません。


↓ ↓ できればクリックお願いします。励みになります!!
人気ブログランキングへ
3/19 様子見
昨日が休み、明日も休み。
こういう祝日を挟むようなときは、
トレーダーとしてはあまり動く気がしません。

休んでしまえば、連休になるので、
相場を見ないときもあります。

全体に、そんな空気があるので、
相場も、そう活発には動きません。
みんなが様子見するからです。

みんなが様子見するなら、
こちらも仕掛ける必要はありません。

こういう日は、
「仕込み」はあり得ますが、
「仕掛け」はあまりできません。

「仕込み」は、先を見越して(予測して)、
売買サインが出る前に、ポジションをとることです。
自分の予測通りになったなら、
それなりの大きな利益が出る前提です。

スイングではよくある話だと思います。
しかし、デイトレではあまりやりません。
デイトレの場合、時間も命だからです。

それに対して、
「仕掛け」は、先を予測するというよりは、
売買サインが出た時に、
すかさずポジションをとることです。
サインが出る前には入りません。

サインが出た瞬間には、
大きく値が動く可能性があります。
だから、出た瞬間に「仕掛け」るのです。
それが最大の効率をもたらします。

デイトレは「仕掛け」。

だから、こういう、全体様子見の日には、
やりにくくなります。

それはそれで仕方ありません。
相場をよーく見ておくことです。


東京電力(9501)。
金曜日の大引けは何だったのか?

今日の状況では、ちょっと「買い」仕込みも、
仕掛けもできませんね。

75日線を割り、「日足」の一目でも雲中に下降突入。
むしろ「売り」ですね。

しばらく様子見です。


↓ ↓ できればクリックお願いします。励みになります!!
人気ブログランキングへ
3/18 勝ちパターンを持つ
トレードは、
自分なりの勝てるパターンを検証し、
それを何度も何度も繰り返す作業です。

勝てるパターンは、トレーダーによって、
いろいろあります。

一つしかパターンを持っていなくても、
それが良く出るパターンなら、
何度も利益確定できるでしょう。

もちろん、全体相場という条件もあります。

「買い」パターンしか持っていないと、
下げ相場では不利になります。

空売りを得意としてるからと言って、
上げ相場では見ているだけ・・・じゃ、
生きていけないと思います。

なるべくたくさんのパターンを持つことで、
トレーダーとして生き残る可能性は高まります。

ただし、パターンは勉強しただけではただの知識です。
実戦、検証を経る必要があります。

実戦、検証とは、
そのパターンを具体的なチャートで発見すること。
で、「損切り」をきちんと設定して実際に売買すること。

同じパターンを何度も繰り返しトレードし、
「なるほど利益になる確率の高いパターンだ。」
と納得できれば、それは得意パターンです。

「損切り」の設定の仕方は、
パターンごとに異なるかも知れません。
これも、繰り返しのトレードの中でわかってきます。

そうやって、トレーダーは、
生き残り確率を高めていくのです。

少しづつです。
急にいくつもパターンは身につきません。

少しづつ、少しづつ、
ホントに少しづつ、
「損切り」しながら、登っていければいいのです。


↓ ↓ できればクリックお願いします。励みになります!!
人気ブログランキングへ
3/17 損切りはトータルプラスのための部品
十分に銘柄を吟味し、
仕掛けのポイント、利確の目標、損切りのラインを
きちんと決めてトレードをやったとして・・・

結果的に、「利確」できれば嬉しいし、
「損切り」となれば悔しくて悲しい。

この感情の動きは、
1回1回のトレードを大切にすればこそ、
当たり前のことです。

しかし、嬉しかろうと悲しかろうと、
トレードは続きます。

トレーダーである限り、
自分が満足するまで、
次々と、毎日毎日トレードを繰り返すわけです。

大切なのは、積み上げられた最終的な利益です。
誰でもそう思うはずですよね。

つまり、1回1回の利益、損失は、
最終的な合計利益のためのものでなくてはなりません。

言葉をかえれば、1回1回のトレードは、
最終的な合計利益を高めるため「部品づくり」だ、
ということです。

利確のときは、こう考えます。
「この利益は、合計して大きな利益にするための
 部分利益だ。」

損切りの時は、こう考えます。
「この損失は、合計して大きな利益にするための
 部分損失だ。」

だから・・・

部品にこだわっちゃダメです。
もちろん、部品の一つ一つも大事なんですが、
もっと大事なのは全体です。

すっごく吟味を重ねたトレードでも、
部品は部品なんです。

トレードは一発では終わらない。
だから、「次」のあるトレードをすべきです。

どんなにスリリングなトレードでも、
終わってしまえば、過去のものでしかありません。

だからこそ、過去に遺根を残すべきではないのです。

遺根を残さないトレード
= 「損切り」をきちんと実行したトレード

そういうことです。


↓ ↓ できればクリックお願いします。励みになります!!
人気ブログランキングへ
3/16 本日の損切り
寄りが75日線付近だったので、一か八か
成行き「買い」でいきなり入ってみました。

223円で買えました。
東京電力(9501)。

223円は、2月28日の安値で、
ここを割れば、ちょっと下に行っちゃうかな、
というぎりぎりのところでした。

75日線のちょうど少し下、という、
チャレンジ精神旺盛な「買い」でした。

「なぜこんなことやったのだろう?」
というくらい根拠不足。

入った時は、1円での「損切り」を決めていました。
一気に行かれたら、そのまま成行で「損切り」。
そのくらい覚悟は決めていました。

ただ、
「反発する可能性があるなら、まずここだろう。」
というイメージはありました。

「動くなら今日だ。」みたいな、変な予感です。

あくまでイメージです。
書いた通り、根拠薄。完全な「逆張り」。

結果は・・・
やっぱり下。
いったん(ホントに「いったん」かどうかは?)下。

決めておいたとおり、222円で「損切り」しました。
1分少ししか、命がありませんでした。

そのまま、216円まで下げました。

75日線割れ、直近の安値割れ、ですから、
そのほうが当たり前です。

妙なトレードをしてしまったものです。

1円幅のリスクしか取りませんでしたから、
それはそれで良かったんですが。

しかし、大引け。
500万株以上の出来で225円まで上昇。

結果的には、下ヒゲ陽線で75日線上に再浮上。
「日足」の一目均衡表では、雲の上に顔を出しました。

何なんでしょう??
意味深ですね。
まだ勝負は終わってない・・・とでも言いたげな。

月曜日、また注目です。


↓ ↓ できればクリックお願いします。励みになります!!
人気ブログランキングへ
3/15 注目の銘柄
昨日に引き続き、今日もトレードができませんでした。
午前中から、電話がかかってきたり、
ちょこちょこ外出したりと、
じっとして相場を見られませんでした。

見られる時間内は、
ちょっと気になっている銘柄を監視していました。

サニックス(4651)。

1月からここまでの間、
しだいに動く値幅が小さくなっています。

ここ数日間は、
240円が上の壁になって、
下は230円近辺ということで、
場中で急上昇する様子を見せながら、
結局大引けには、下げていくという展開です。

「日足」の75日線、25日線は、
しだいしだいに水平になって来ています。
そして、5本線も含めた3本の移動平均線が、
たった2円くらいの間に集まって来ています。
ボリンジャーバンドも狭くなってきています。
長い持ち合いです。

これは、エネルギーがたまって来ている形です。

太陽光発電の会社で、震災後に見直されて急上昇した銘柄。
動くときは、大きく動く可能性があります。

上か、下か、どこかで大きく動くはずです。

昨年6月の高値から、徐々に下げてきて、
今の状態があると考えると、
このあたりが転換点になると考えるのも、
おかしくありません。

今、「買い」ならば、そのポイントは見えています。
その場合の「損切り」ポイントも、わかりやすいです。

ヒゲにだまされないようにしたいものですが、
こればかりはいかんともしがたいところです。

動いた時に備えて監視しときます。

それと・・・

東京電力(9501)。

じわじわと高値を切り下げてきているのですが、
なかなか75日線を割りません。

「日足」を見ると、下の壁が破れたら、
一気に「売り」と思うのですが、
なんだか、ただの下降ではないような気がします。

「日足」の一目均衡表を見ると、
今の株価はぎりぎり雲の上にあります。
実は、これは昨年7、8月以来のことです。

さらに、一目均衡表では上昇のサインと言われるものが、
いくつか出ていたりもするのです。

これも、どうなるか、興味深い銘柄です。

とはいえ、「わからない」ときは、
「やらないの」が一番です。
結局「損切り」になる可能性が大きいです。

予測だけで売買するのは止めようと思っています。


↓ ↓ できればクリックお願いします。励みになります!!

人気ブログランキングへ
3/14 前場だけ
日経は、上に行きました。
またグンと上げて来ましたね。

やっぱり強いです。
ニューヨークの影響が大きいのでしょうが、
下には行きませんでした。

このまま上に行くのか、
それとも、昨日とのギャップを埋める方向に動くのか、
注目はそこですね。

反対に、
グリー(3632)は、ついに崩れました。
これを待っていました!
という気持ちです。

「日足」ボリンジャーバンドの-2σも、
一気に割ってきました。
このライン、ちょっと注目ですね。
前場の終わり頃は、このあたりで悩んでる動きです。


で、今日の午後は、
日頃関わっているボランティアの会議があって、
残念ですが、相場には参加しないことにしています。

日頃、デイトレードやっていると、
どうしても、日中は自宅にこもることになります。

いい歳をした大人が、
いつも家にいるのもどうなのかなあなど、
今更、悩むこともないのですが、
ほっとくと交友関係は、確実に狭くなります。

それはそれで、社会とつながってる実感がなく、
生活がつまらないのです。

そんなときに、町会とか自治会、
近くの小中学校と、何らかのつながりを持っていると、
人のためにも、自分のためにもなってきます。

以前の会社の仲間や、
今のトレードの仲間とは、
また別の人間関係も面白いものです。

“地元”という側面から世の中の仕組みが見えたりします。

それはそれで、会社に居続けたら、
絶対にわからないものでした。

では、今日はこの辺で。


↓ ↓ できればクリックお願いします。励みになります!!

人気ブログランキングへ
3/13 本日の損切り
イトーキ(7972)。
昨日、「買い」で上手く利確できた銘柄。

まだ、「日足」ボリンジャーバンドの+2σまで、
上昇余地が、だいぶ残っているので、
ド高値を買って行きました。

寄付きが、昨日の高値。
そこから、ちょっと下がって反転上昇。

1分足の、朝の一本目の高値を抜いた402円で「買い」。
目標は+2σラインの430円抜けくらいまで。

すぐに株価は上昇し、
409円にタッチして、リバウンド、
・・・かと思いきや、急落。
1本目の安値397円を割っちゃいました。

あまりの速さに、ここで「損切り」の手が出ず、
また株価は反発し、405円まで付けます。

ここでまた下げ・・・。
そして、少し持ち合いながら、
さっきの急落の安値の396円を割って行きました。

「損切り」です。

本来なら、急落の時に切っておくべきでした。
一度でも397円が割れた値段がついた時点で、
成行の「損切り」で良かったのです。
それが仮に395円だったとしても、
今回の現実の結果と同じです。

だとしたら、粘った時間の分だけ無駄でした。

今回は、急落時点で「損切り」できず、
リバウンドを見てしまっていたわけです。
それならそれで、
405円から上に行かなかった時点で「利確」が正解でした。

本当は、一度死んでるわけですから、
もう、目標にかまっている場合ではないのです。

朝のデイトレは、動きも早く、
いろんな思惑が自分の中で渦巻きます。

また「勢い」みたいなのも必要以上に感じてしまって、
リバウンドが大きければ大きいほど、
再度、さらに大きなリバウンドがあるように錯覚したりします。

そんなのに巻き込まれると、良い方向には行きません。

今日は、それほど傷はありませんが、
失敗の例です。

「昨日、利益になった銘柄」というのも、
場合によっては、こだわりが強くなる分曲者です。

ポジションを取ろうとしている自分の思いと同時に、
客観的に状況を見られるだけ見る、という意識が大事です。


日経は、3日間、同じような値幅で持ち合っています。
手を出しにくい銘柄が増えて来ました。

客観的な方向が出るまで、ちょっと様子見ですかね。


↓ ↓ できればクリックお願いします。励みになります!!

人気ブログランキングへ
3/12 本日の損切り
先週のトレンド転換で、鉄鋼に資金が流入し、
今日また鉄鋼業はギャップを付けて高く寄り付きました。

デイトレで鉄鋼関連と言えば、JFE(5411)。

先週は、うまく利確できたので、2匹目を狙って、
朝一の上昇から、「買い」目線での監視しました。

10時が近づき、朝の安値割れ。
金曜の高値までのギャップを埋めたら、反転上昇、
というのが、考えていたシナリオ。

その通りになりました。
そして、分足で直前高値となる1730円を越えたところで、
「買い」。

「さあ一気に値を戻して、本日高値を抜けてゆく・・・」
とイメージしていたのですが、見事に持ち合い。
上がりません。

1730円抜けはダマシになりました。
そして、本日安値に向かって徐々に落ちて行きました。

「なんで上がらないのかなあ?」と首をひねりながら、
「損切り」です。

持ち合いの中で、高値の壁は1730円付近で
固まった感じでしたので、もう厳しいと感じ、
本日安値を待たず、1720円で「損切り」しました。

上がらない理由など、どうにでも考えられます。
理由がわかったところで、わからなかったところで、
そのときにやることは同じ。
「損切り」なのです。

分析は、大引け後に、じっくりやればいいことです。
正しく入ったって、ダメなときはダメなのです。
結果に反応するのが、「チャート人」なのです。

(しかし・・・
 それにしても、「なんで??」なのですが。)

今日は、「売り」目線で見ていたグリーでも、
前場は「損切り」させられました。
こちらは、「なんで下がらないのかなあ?」でした。
それでもやっぱり、75日線から下げてきましたね。

日経は、ほぼ金曜日の足の中で推移しました。
方向感が、あまりつかめず苦労しました。


↓ ↓ できればクリックお願いします。励みになります!!

人気ブログランキングへ
3/11 震災から一年
1年前のそのときは、小さな揺れから始まりました。
「ん?地震か?」
揺れはすぐに大きくなりました。

東京の自宅マンションでトレードの真っ最中だった私は、
PCの机を離れ、玄関ドアを開けに行きました。
マンションだと、それが必須だと思ったのです。

そして、玄関扉の取っ手を持ったまま、
大きな揺れに耐えました。

「もしかして、これが大震災か?」と思いました。
これまで経験のない揺れでした。

が、命の危険を感じるというほどではなかったので、
部屋に戻ってテレビを見ると、
「宮城で震度7・・・」とのこと。
どの局も、一斉に報道していました。
(最初の報道は「震度6」だったかも知れません。
 記憶も定かでなく。すいません。)

もう収まるのかと思っても、まだ揺れていました。

トレードの画面を見ると、
指標と言わず、銘柄と言わず、
どの「分足」チャートにも、大きな大きな陰線。
一瞬で下に行った、
恐ろしいほど細く、恐ろしいほど一直線の陰線です。

画面上のすべてのチャートが、
そんな陰線でおおわれた様子は、
まるで五月雨のようでした。

あの光景は今でも忘れられません。

そして、その陰線の先は、
ヒゲになったり、実体に飲み込まれたり、
激しく乱高下しています。

私は、その日、ある一つの銘柄を追いかけていました。
地震発生時にポジションはありませんでした。

まだ揺れていました。
(これも定かではありませんが、そう感じていました。)

とりあえず、大引けまでに買い戻すつもりで「売り」。

そして、今一度、
開けたままにしてある玄関ドアに戻りました。

揺れは収まったようでした。
廊下には、それぞれの住戸から住人が出てきて、
不安そうな顔で外を眺めています。

「東北に大地震が来たみたいです。
 テレビでやってましたよ。」
そう言うと、みな驚いたようで、
「東北か。。。でも、大きかったよね。」

15時直前。
私は画面に戻り、さきの銘柄を買い戻しました。
そこそこの利益になりました。
持ち越していれば、もっと莫大な利益になりましたが、
そんなことを考える余裕はありませんでした。

来週のことなど、どうなるかわからない・・・。
と思っていました。

テレビを見ていると、停電や断水など、
ライフラインのことも心配になり、
ともかく、ポジションははずしておいた方が安全だ、
と確信してしまったのでした。

震災のその後は、誰もが知っての通りです。

予想だにしなかった大津波の映像。
爆発する福島原発・・・。

日本中が、不安と怒りに揺れ動きました。
私も、毎日気が気でなく、
トレードをする気が起きませんでした。

しかしながら、何日も放心状態でいられるわけもなく、
「不安でいても何も生まれない。
 自分は自分にできることを精いっぱいやろう。」
そんな思いで、チャート画面に向かって行ったのを
思い出します。

1年経つと、
「日足」のチャートにある震災の痕跡は、
あまり見ることもなくなりました。

でも、日経平均の「週足」「月足」をみれば、
震災の大陰線も、大きなトレンドの中のひとつとして、
チャートの中に組み込まれています。

チャートは本当に凄い、と思います。
すべての人間の活動や思い、環境までをも織り込んで、
その痕跡を着々と残しながら、
大きな流れを作っていくのです。

被災地は、いまだ先が見えない状況です。
残された問題は、あまりにも多く大きく、
日本に影を落としています。

私は、トレーダー=チャート人として、
自分の営みをひたすらに続けていこうと思います。

そのためにも、今日は、”合掌”です。

3/9 グリー
このブログでも何度かとりあげたグリー(3632)。
今日も下げました。

昨日、今日と日経平均が大きく上昇。
今日は、一時10,000円に達する勢いだったのに、
グリーは落ちていきました。

昨日までは、「日足」の5日線、25日線、75日線が、
入り乱れたチャートで、
株価が各線の間に挟まれて、身動きが取れない様子。

「週足」でも、13週線と26週線に挟まれていました。

しかし、昨日は場中で75日線を大きく割り込み、
「週足」の13週線にタッチしました。
大引けは、ぎりぎり75日線に達せず直下。

なので、今日は、日経がどうあれ、
基本的には「売り」の日でした。

もともと、この銘柄は参加者も非常に多く、
日経の動きに左右されるというより、
銘柄自身の思惑で動いているようなところがあります。

今朝は、いったん上昇を見せ、
75日線(2450円付近)の上に浮上します。
これが、完全なダマシ。
昨日の終値とのギャップを一瞬埋めただけでした。

その後、朝一の安値まで落ちて、また反発し、
75日線を伺います。これもダマシ。

次は、「週足」の13週線(2413円付近)。
ここでも、割っては戻す攻防戦が何度も繰り広げられます。

しかし、大きな方向は下。
結局2400円の壁は割れました。


グリーは、勝手に動いているように見えても、
実はテクニカルの指標、特に移動平均線などには、
すごく忠実です。
(というか、どんな銘柄も基本的には「忠実」です。
 移動平均線は、その銘柄の株価自体が元データですので、
 「忠実」でないはずもありません。。。)

それは、グリーに参加するトレーダーが、
みな、その指標を見ているからでしょう。

ただ、様々な手法を用いているトレーダーが多く混じるため、
どうしてもブレます。
ダマシや、急落、急騰もたくさんあります。

ただ、大きな方向を見据えることができれば、
比較的、利益を重ねていきやすいのではないでしょうか?


↓ ↓ できればクリックお願いします。励みになります!!

人気ブログランキングへ
3/8 本日の損切り
日経がギャップアップで上昇。
再び5日線の上に出て来ました。

今日は、トレンド転換した銘柄も多く、
そこを素直に「買い」で入れば、
利益が出てきた相場でした。

私も、「売り」で手掛けたのは、
75日線を割ると思われたグリー(3632)だけで、
あとは、トレンド転換銘柄の「買い」でした。

正しい「買い」ができなかったのは、
パナソニック(6752)。

昨日高値と「日足」の5日線を越えたところで、
買うべきでした。
私は少し早めに、
朝の分足の高値更新に向かったところで、
「勢い」を感じて入ってしまいました。

絵に描いたような「高値つかみ」でした。
ちょうど、そこが昨日の高値です。
5日線の直下でもあります。
見事に跳ね返されました。

こういうときは、即切り。
714円。「損切り」です。

これは、明らかな、入りの「失敗」でした。
「勢い」だけじゃ話になりません。


次は、きのう見つけた小森(6349)。
あまりやらない銘柄でした。
でも、最近の「日足」チャートはきれいで、
25日線直上でのトレンド転換が予感される素敵な形です。

これは5日線まで待ちました。
朝の分足高値も越えたところで「買い」。

しかし、574円にタッチして反落。
570円を割りました。
朝の安値は割らなかったし、動きの少ない銘柄なので、
じっくり保持しようと思いましたが、
前場の様子では、570円の壁ができてしまいました。

後場に持ち越すのも不安だったので「損切り」。

ところが・・・
前場の引けはなんと573円で再びのブレイク。
後場になると、580円をつけるまで上昇したようです。
(もうその時は見てませんでしたが・・・)
スイングで見るべきだったかも知れません。

なかなか、スムーズに行かないものですね。

グリーはホントに面白かったのですが。

また明日です。


↓ ↓ できればクリックお願いします。励みになります!!

人気ブログランキングへ
3/7 上昇相場
ニューヨークダウ平均が、
25日線を大きく割り込み、
日経もギャップダウンで下降です。

今後どうなるかは、
あくまで「わからない」前提ですが、
今、なんとなく見えているのは、
日経平均も、25日線にタッチするまでは、
下げるかもしれないということです。

ニューヨークが、下にある75日線まで下げる勢いなら、
そうなる可能性が大きいといえます。

ニューヨークが25日線付近でもみ合うようなら、
日経も持ち合いながら、25日線の接近を待つでしょう。

どちらかというと「下降」の方に、
相場の関心が行っています。

しかしながら、全体相場の認識として大事なのは、
「上昇相場の戻り局面」
ということかと思います。

今は、あくまで上昇相場です。

短期的な「売り」目線があっても、
常に、ある時点では買い戻される想定もあるべきです。

大きな目線としては、
むしろ、下がってきたところを「買い」というのが、
正しいと思います。

そのための、ひとつの重要な指標が、
下から上がって来ている、日経平均の25日線です。


今日は、ちょっと体調が悪く、
前場の相場は見ませんでした。

後場から相場を眺めましたが、
売買はしませんでした。

どの銘柄も、どっちつかずの位置で、
持ち合っていました。

半日あいてしまうと、
なかなか現場感覚が追いついてきません。

「あっ、見つけた。こいつだ!買いだ!」
なんて調子になってしまうと、
十中八九は損します。

なので、こんなときは、とりあえず静観です。
そして、銘柄を見まくる。
売買はあきらめたうえで見まくります。

毎日見まくっているんですが、
それでも見まくります。

地道な作業ですが、これがトレードの源泉になります。

明日はがんばります。


↓ ↓ できればクリックお願いします。励みになります!!

人気ブログランキングへ
3/6 本日の損切り
今日の前場は日経が下げて来ました。
先週後半からの陰線で持ち合う展開から、
少し、下に調整の様子になってきました。

パイオニア(6773)。
前場、日経と一緒にズドーンと下に行きました。
そして、25日線も割りました。
しかし、やはり、そこで持ち合います。

かなり大きな陰線ですが、
25日線が支持になるとは思っていました。

後場、25日線の直上に寄りついて「買い」。
ちょうど、前場の反転の壁になっていたところです。

再度、25日線をちょっとでも下に行ったら、
切ろうと思ってました。
上昇なら、400円を越えるくらいまでは取りたいとも。

390円で少しもたつきましたが、
それをクリヤすると、上に行きました。

が、しかし、力なく・・・
388の支持線(25日線のすぐ下)を割って行きました。
上へのブレイクがダマシになった格好なので、
そこで「損切り」。387円。

ところが、やっぱり25日線の機能はしぶとく、
386円から再上昇。
前場の安値を割ることなく持ち合って、
大引けは390円。
25日線の上で何とかこらえました。

結果的には、大引けまで持っていれば、
なんとか1ティックだけ利確できたのでした。
後場は、日経も少し持ち直してきたので
この銘柄ももう少し上に戻して欲しかったですが。

私は、「日足」の移動平均線としては、
75日線、25日線、5日線あたりをメインに見ますが、
どれも良く機能しています。
やればやるほど、そう思います。

少々の「損切り」くらいでは、
その信頼性は揺らぎません。


↓ ↓ できればクリックお願いします。励みになります!!

人気ブログランキングへ
3/5 本日の損切り
ちょっと、寄りが高すぎかなと不安はありましたが、
「ダメならダメでいい」ということで「買い」。

東京電力(9501)。

寄りからしばらくは、日経先物も勢いよく、
強い動きを見せていました。

東電も、朝1本目の分足の高値を越える、
250円を付けて来ました。

ここで、ちょっと失敗してしまいました。

本来なら、
250円の大きな板(100万株以上ありました)が
割れる瞬間に「買い」入るのが、
いつものやり方なんですが、
250円がちょっと食われただけで、
入ってしまったのです。
ま、細かいことなんですが・・・

でも、結局、250円の大きな板は割れず、
(251円にも100万株以上の板が控えていました。)
逆にドーンと跳ね返されてしまいました。

その後は、246円~247円の間で持ち合って、
朝の安値244円を割って行きました。

「損切り」です。

勢いにだまされた、典型的な「高値つかみ」です。

とはいえ、
トレンド転換を伴ってのギャップアップ。
少し「高すぎ」の印象はありましたが、
250円の節目を越えられたら、
そのまま上に行ってしまう可能性もあったと思います。

しかし、日経が朝以降、下げの展開になりました。
これが大きく影響したと思います。

250円の板がなくなる寸前まで待てば良かった、
と思いますが、
それも後の祭り。

「大きな板があれば向かって行くと良い・・・」
というのも、私のそれなりの実感なので、
待たずに「買い」向かったのだと思います。

板なんて、どんなに大きくても、
節目で食われるときは、ほんの一瞬です。
そんな時は、「待ってるもん負け」です。
行くときは行かないと。

この考えに変わりはありません。


東電は、しかし、まだ終わっていません。
大陰線とはいえ、
金曜日の安値、5日線、75日線は割っていません。

日経次第ですが、
盛り返しの余地は十分あるのではないでしょうか?

まだ、監視です。


↓ ↓ できればクリックお願いします。励みになります!!

人気ブログランキングへ
3/4 東京電力
明日の日経平均は、
とりあえず金曜日の足の中で寄付きそうです。

そこから上に行くか、下に行くかは、
いつものことですが、本当に誰にもわかりません。

注目したいのは、東京電力(9501)。
「買い」です。

ニュースに揺れるリスクはありますが、
チャートとしては上昇の兆しが見えています。

金曜日に、75日線を抜いてきました。
月曜~火曜で空けた、
下へのギャップを埋めた形にもなっています。

前回、一度、久々の75日線抜けを果たし、
いったんは下落したものの、
下から来る25日線には到達せず、
反転してきた上での再度の75日線越え。

金曜日に、寄付きから買えた人もいたと思います。

明日、240円くらいで始まるなら、
短期的なトレンド転換になりますし、
7月22日の高値から引く高値のラインも抜いてきます。

そこで、出来高が急増して来れば、
ある程度の上昇は見込めるのではないでしょうか?

もちろん、ダマシ上げもありえますし、
東電というホットな銘柄ではありますので、
「何でも起こりうる」というスタンスで、
防御は固めておく必要はあります。

ある意味、そこは普段とおりで、
注目です。

いつもの通り、ダメなら切るしかないのです。


↓ ↓ できればクリックお願いします。励みになります!!

人気ブログランキングへ
3/3 どうしても損切りできない?
毎日つけているトレード日誌を見返して、
大きなマイナスが出たトレードだけを抜き出して、
その合計のマイナス額を計算してみるとします。

そうすると、けっこうな途方もない金額になる・・・。

結局は、その大きなマイナスが、
全体のトレード収支を圧迫している。

それが、ほとんどの個人トレーダーの現実です。

一か月に一度でも、そういう大きなマイナスがあると、
収支は思うように良くはなりません。

最初に考えていた通りに損切りしておけば、
そんなことにはならないわけです。

そんなことは、わかっている。
本当に、頭ではわかっている。

もう、何度も何度も、そんなことを繰り返して、
それでも、やっぱりダメで反省して、
なのに、それでも・・・
本当にそれでも・・・損切りできない自分がいるとき、
「オレはダメなんだ。トレードには向いてない。」
と思い込んでしまったりします。

思い込んで、そのままトレードをやめてしまう人に、
かけるコトバはありません。

自分でそう思うなら、仕方ないです。
やめてしまうというそのこと自体が、
「向いていない」ことの証明なのです。

トレーダーであるなら誰でも、
この損切りというトレードに必須の課題に
メチャクチャ悩みながらやっています。

損切りできない自分について考えるのは、
当たり前のことであり、
トレーダーなら普通のことです。

向いているとか、向いていないとか、
そんな話ではありません。

そもそも、損切できるかできないか、
それは、「弱い自分に克つ」みたいな、
メンタルだけの話ではありません。

大きな要素の一つは、
むしろテクニカルの話です。

自分の設定した損切ポイントを、
本当に損切ポイントとして、
自分が信用できているかどうか?

つまりは、自分のテクニカルの計画を、
どこまで信じられるか、ということです。

信用できないから、損切りできないのです。
損切ポイントを越えても、
「まだ大丈夫」と思えるなら、
それは、自分の計画に信頼性がないということです。

もちろん、その時の相場の様子で、
最初の考えを変えることもあるでしょう。
変えることが、絶対にありえないとは思いません。

それでも、自分のテクニカル手法を信用できるなら、
自分の決めた損切ポイントを越えたら、
「ホントにやばい!」と思うものなのです。

それを変えるほどに大きな相場の変化など、
年に数回もないでしょう。

だから、
どうしても損切りできない人は、
自分の精神性を疑う前に、
まずは自分の手法への信頼性を検討すべきです。

では、どうやって、
自分の手法に信頼性を持ったらいいのか??

これは、簡単じゃありません。
やっぱり、勉強と実践を繰り返すしかありません。

非常に、突き放した言い方ですが、
勉強と実践の繰り返しに耐えられない人には、
トレードはとても難しく立ちはだかるのです。

ですから、
いくらメンタルを鍛えても、
損切りができるようになるわけではないし、
「損切りできないからトレードに向いてない」
という人は、
結局、勉強と実践の繰り返しが嫌なんだ、
ということになります。

トレーダーである限り、
そこからは、どうあっても逃れることはできない、
と、私はいつも思っています。


↓ ↓ できればクリックお願いします。励みになります!!

人気ブログランキングへ
3/2 本日の損切り
日経平均が、高い位置にいて、
上には行きにくく、かといって大きくは下げない、
という展開になって来ています。

思い切って買えるわけでもなし、
思い切って売れるわけでもなし、
トレンドをを探るのが難しい相場です。

個別銘柄も、
「売り」「買い」はっきりした形をしているものは、
少なくなっています。

こういうときは、
その日の「ドル箱銘柄」にめぐり合うか、
いつものデイトレ銘柄を監視するくらいです。

今日も、ほぼグリー(3632)にかかりきり。

今日のグリーは最大上下80円幅でした。
さほど大きくはありません。

デイトレ銘柄の場合は、
より「分足」を重視して仕掛け・仕切りを行います。

日中の動きの中で、それなりのトレンドの変化があるし、
「日足」とは無関係に動きが出て来るからです。

が、今日のグリーだと、
「日足」の5日線、25日線、75日線が上下に並び、
2500円の節目、昨日安値、終値もからんで、
見どころのある展開が想定されました。

テクニカルがこんなふうに複雑に入り乱れている時は、
面白い反面、どう動くかわからないのも事実で、
一切触らない、というのも手です。

事実、今日の私はグリーでは、
利確3回、損切り2回となりました。
はっきりとした成績は出せていません。
日中トレンドに完全には乗りきれなかったわけです。

前場は、すべて「買い」で、利確と損切り2回づつ。
後場は、「売り」で利確しました。
この5回の取引の総計時間は40分くらいでした。

1回にすると平均7-8分ということです。
ずいぶん、やった感じがしましたが、こんなもんです。

5回とも、正しいポイントで入れたかどうか?
5回とも、正しいポイントで出られたかどうか?

場中では、すべて正しいと思ってやっていますが、
じっくり検証したいところです。


↓ ↓ できればクリックお願いします。励みになります!!

人気ブログランキングへ
3/1 本日の損切り
もう3月です。
どうしても昨年の3月11日を思い出してしまいます。
また、最近関東でも、びくっとする地震が増えてきました。

私は地震が大嫌いですが、
大地震については、「地震」だけのことなら、
世界最高水準の日本の建築を信用しております。
(東日本大震災でも、「地震」による家屋の倒壊状況は、
 さほどでもありません。
 「津波」の傷跡は、すさまじいものですが・・・。)

で、今日の損切り。
SUMCO(3436)。
このひと月、よくやってる銘柄です。

前場に抜けた900円を、
再びトライしたところでした。
最初の900円抜けからの下落で、
直近の安値を割らずに反転してきたので、
「買い」で狙いました。900円。

ですが、今度は902円を越えませんでした。
そして、ポイントに置いておいた、
反転時の安値893円を割って行きました。

「損切り」です。

高値抜けまで待てば、何もしなくて済んだのですね。
でも、こういうときは、絶対に上がりそうに感じてしまい、
ちょっと早くても入ってしまうのです。

そういう失敗だったのかも知れません。

今日の日経が強かったのも9時30分まででした。
SUMCOも採用銘柄ですから、
いつも、だいたい日経と同じような動きをします。

全体的に「買い」は前場の最初だけでしたね。
前半上昇、後半下落というのは、
昨日と似たような流れです。

しかし、このところ日経が強くきているだけに、
こういう日でも、大引けまで反転ポイントばかりを探して、
「買い」を仕掛けがちですね。
そうすると、「損切り」ばかりで、
利確のときも、あまり値幅が取れません。

少しづつ、「売り」も視野に入ってきています。
グリーやDeNAなどは、今日は下げ一途でした。

もちろん、明日どうなるかは、わかりませんが。
冷静に行きましょう!

↓ ↓ できればクリックお願いします。励みになります!!

人気ブログランキングへ