損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
6/30 ニューヨーク爆上げ
来ました、来ました。

ニューヨークダウ平均は、
完全に75日線を抜けて来ました。
上昇の意思の表れです。

CME日経先物も、9,100円あたり。
来週、早々に、75日線に到達する勢いです。

月曜日~火曜日、
何はともあれ、75日線を試してくる可能性が、
高いです。

見極めの勝負どころはそこからです。

75日線を抜けて、
上昇相場に入って行こうとするのか。

75日線が抵抗線になってしまうのか。

私は、この数日間、
持越を避けてデイトレに終始しました。
が、木曜日あたりからの持越はありでしたね。

結果論かも知れませんが、
ボリンジャーバンドの+2σを押し広げて上昇するパターンは
想定できたことかなあ、
ちょっと怖がり過ぎたかなあ。

でも、月曜日は、上にギャップが空くでしょうから、
そこから買って行こうとすると、それはそれでキツいのです。

こういうトレンド奪取ははスイングだからこその恩恵です。
後から参戦すればするほど、高値つかみのリスクが高まります。

また、こうした、
「待ちに待っていた本格上昇!」
みたいなときほど、逆に落とし穴も大きいと思います。

今回、私はこの上昇にうまく乗れていません。

だからこそ、
「乗り遅れまい」と焦るより、
「いったん見よう・・・」という姿勢が大切かと思います。

私は、いつもこんな感じです。
器用に、すいっと気流に乗れるタイプではありません。

どちらかというと、
待って待って、それでも待って・・・
挙句の果てには、なにも来なかった、とか、
一瞬来たと思ったら、そのまま行っちゃった、
という目に合うことが多いタイプです。

透かされてしまうことが多いというか・・・。

でも、そういう自分について、
それなりにわかっているので、無理はしません。
だから、勝てるとも思います。

自分の形に入ってくるまでは待ちます。
そこをぶらしちゃあいけません

そのための防御技術です。
「損切り」は。

「損切り」しながら待つ。
これしかありませんのですよ。
私には。


↓↓ クリック頂けると元気が出ます!!
人気ブログランキングへ



スポンサーサイト
6/29 9,000円
急落どころか、急騰しました。
昼休みの先物は、
一気に9,070円までつけました。

この動きは、予想だにできませんでした。

「今日もつまらなそうだが、一応寄ってから上昇。
 でも、後場は下げかな??」

なんて、余裕こいて構えてましたので、
急上昇に気付いた時は驚きました。

実は、「売り」銘柄を持ってもいたので、
気が気ではありませんでした。

さいわい、私の持ち銘柄は、
そこそこ利益が出ていたので、
「損切り」するほどではなく処理できたので、
助かったのですが、
前場と後場の大きなギャップを経験するのも、
久々のことでした。

それで、結局、
9,000円台を維持したまま、
日経は引けました。

気付くと、すぐ上に75日線が来ています。

もう少し先かと思っていましたが、
ヤマ場は来週に訪れそうです。

ヨーロッパや、ニューヨークの相場は、
この動き(ヨーロッパの動き)にどう反応するのか?

日本と同じように、上昇するのか?
いや、そうではないのか?

週末じっくり見ていきたいと思います。


↓↓ クリック頂けると元気が出ます!!
人気ブログランキングへ
6/28 下降中の戻り
日経は上昇しました。
直近の高値を抜き、
またボリンジャーバンドの+2σに到達しました。
上昇トレンドの継続です。

とはいえ、この上昇トレンドは、
何度もご指摘の通り、
大きな下降中の戻りです。

それはどこでわかるかというと、
「日足」の75日線です。

今は、まだ上の方、
9,200円あたりにある移動平均線です。

これを見ると、まだ、はっきりと下向き。
25日線が少し上向きになってきたのと対照的です。

個人投資家には、
25日線のほうが注目度が高いと思いますが、
株価に大きな影響を与えているのは、
むしろ75日線のほうです。
6/18記事でもちょっと触れました。)

今はまだ、株価が75日線に達していない、
しかも、75日線ははっきりと下向き、
・・・ということは、
下降相場中である、ということなのです。

低位株の急騰や、調子のいい銘柄に、
惑わされてはいけません。

確かに、今「買い」の銘柄が多くあるのは事実です。
私も、「買い」をやっています。
今日もやりました。(またまた薄利ですが。)

しかし、
ちょっとばかり上昇のトレンドが出たと言って、
大きな「買い」勝負をするところではありません。

急騰株も、気を付けながらやったほうがいいです。

いつ、ドカーンと急落局面が訪れても、
まったく不思議のない相場、
と考えてください。

逆に、その時を、わくわくしながら待つ。。。

そう思うと、
「買い」にも一層注意深くなれますね。


↓↓ クリック頂けると元気が出ます!!
人気ブログランキングへ
6/27 本日のミス
今日も、薄利でした。
「多売」ともいかず、「少売」。

まあ、なんとかなった程度のものでした。

こういう持ち合い局面になってくると、
決まって出て来るのが、
仕手がらみっぽい動きを見せる上昇銘柄です。

このところ、毎日出て来ます。

相場が、あまり活性化していないときだけに、
ランキング等で注目を集めます。

私は、いつもチャートで仕掛けをしているので、
あまりランキングだけで売買しませんが、
ランキングで見つけた銘柄で、
チャートの形が良いものは仕掛けます。

今日のMUTOH-HD(7999)などは、
格好の銘柄でした。

先週から、ずっと見ていましたが、
75日線までの「買い」銘柄だと考えていました。

けれども、75日線を大きく超えてからは、
「売り」銘柄です。

しかし、怖くて手が出ないものです。

後から振り返れば、「売り」の絶好のタイミングが、
あったのですが・・・。

まあ、普段は仕掛けることもない銘柄なので、
「よくわからん」というのもあって、
どうしても仕掛ける気になりませんでした。

トホホ・・・です。

また、
今日ミスしたのは、富士通ゼネラル(6755)。

昨日から、「売り」の仕掛けポイントまで、
決めていたのに、入れませんでした。

絶好の「売り」ポイントで入れない・・・。

持越しの想定はしていなかったので、
デイトレで取るつもりでした。

なので、逆指値注文は入れずに、
板の様子を見ながら機を伺うつもりだったのです。

なのに、
朝、ちょっとだけよそ見をしている間に、
一気に行かれちゃいました。

「スキあり!!」とばかり、一本取られた気分です。

この、思い切り仕掛けられない相場のときに、
なかなか見つからない獲物でした。

それを見過ごすとは、なんたることか。

一気に行ってしまったので、
見ていても、ダメだったかもしれません。

しかし、こういう利益の逃し方は、
「損切り」の失敗と同じことです。

こういうところから、
ほころびが生じて、
全体的なダメージにつながるのです。

今日は、このミスのために、
どことなく落ち着かないトレードになってしまいました。

自分では何ともないつもりでも、
やっぱり影響しているのです。

今日は、
仕掛けたものがあまり逆行しないで済みました。
だから、「損切り」の場面もなく、
事なきを得たのです。

逆行する場面があったとして、
いつもの通り「損切り」できたかどうか、
危ういものです。

幸運だったとしか言いようがありません。

反省です。


↓↓ クリック頂けると元気が出ます!!
人気ブログランキングへ
6/26 ロットを減らす
方向は定まりませんが、
100円ほどの値幅の中で、
上下に動きました。

先週から今週の日経平均は、
下は「日足」の25日線、
上はボリンジャーバンドの+2σの間で、
持ち合っています。

本当に、我慢の時だと思います。

早い時間で仕切るデイトレーダーにとっては、
「損切り」の機会が多くなるときです。

また、スイングトレーダーにとっては、
なかなか、仕掛けのタイミングを、
つかみにくいときでしょう。

通常よりも「損切り」ポイントを深くして、
じっくりと構えるのもいいですが、
その上で「損切り」が連続すると、
かなり苦しくなるのが現実です。

「それもいやだなあ・・・」と。

なので、考えたうえで、
仕掛けない、ということになるわけです。

しかしながら、
ずっと仕掛けないと、
相場を見るのにも、緊張感に欠けて来ます。

また、仕掛けているからこそ気付く、
相場の変化などもあって、
さらには、仕掛けるからこそ、
失敗や反省もあるわけで、
それがないとなると、
実戦的な勉強もできないわけです。

これは、バーチャル取引じゃだめだと思います。
(そもそも、
 余程、人間ができた人でないと、
 バーチャル取引は、
 ためにならないのではないでしょうか?)

となると、一番いいのは、
仕掛けのロットを少なくする、
ということですね。

普通1,000株のところ、
500にする、200にする、
場合によっては100でもいい。

思いっきり、「損切り」を深く置いても、
それほどきつくないような株数がいいでしょう。

大したもうけにはならないが、
大した損にもならない。

我慢のときには、
こういう調整も必要でしょう。


↓↓ クリック頂けると元気が出ます!!
人気ブログランキングへ
6/25 すんなりはいかない
持ち合いですね。
そして、弱い。

日経平均は、今日は、ちょっと高く寄りついてから、
だらだらと下げ続けました。

また、
8,700円の上あたりに戻って来てしまいました。

こんな状況ですので、
個別銘柄は、まちまちです。

みんな悩んでる感じですね。

今日、私は、一銘柄だけ。
「買い」仕掛けて、そのまま保持しました。

それ以上は、何とも。
どうも、ブレイクでも信用できない様子があって、
困りました。

土曜日、日曜日と、
いろいろあって、ちょっと飲み過ぎてしまい、
また、原因はよくわからないのですが、
発熱などしてしまい、
今朝は、辛い気分で迎えました。

でも、結局、前場で仕掛けることはなく、
事なきを得ました。

後場、少しくらいは気分も持ち直して、
いつも通りに場を見ていましたが、
それでも、熱は出たままです。

「とりあえず、もうどうでもいいや。」

気分が悪いと、こういう気持ちになりがちです。
トレードには、一番悪い考え方です。

「損切り」もしなくなるような、そんな気分です。

なので、仕掛けもほとんどしませんでした。

今日も、あやうく、
「とりあえず、売ってみよっか!」
などと、頭をよぎったりしました。

いやあ、いつまでたっても、
トレードは自分の思い通りになりません。
自分のイメージなど、まったく当てになりません。

この、当然と言えば当然のことを、
いかに、当たり前に受け入れるか。

「損切り」も、根本的には、
そういうことだと思います。


↓↓ クリック頂けると元気が出ます!!
人気ブログランキングへ
6/24 昨日の補足
昨日のブログ記事を読み返してみて、
ちょっと、言葉足らずなところがありましたので、
以下補足です。

「損切り」の時にあげる声は、
決して、「くそー」とか「ダメだ!」といった
ネガティブなものではいけません。

当然ですが、ポジティブ。

「うまく行ったぞ!」とか「やったるでー」
といった前向きなコトバのイメージです。

利確と損切りは、
仕切りという意味では平等です。
そこに、プラスもマイナスもありません。

要は計画通りに仕切れるかどうか。
仕切れているならポジティブに捉えるべきです。

昨日のブログ記事では、そこのところが、
勘違いされやすいかなと反省しました。

「損切り」をネガティブに捉えることは、
それだけで負けにつながります。
このブログで前から書いているとおりです。

「損切り」は怒りの対象ではありません。
恐怖の対象でもありません。

そうなってしまうと、
いざ、入るべき時に、躊躇する気持ちが強くなり、
仕掛けができなくなってしまいます。

せっかくたてた計画が台無しです。

トレードをする限り、
自分の思惑と株価が逆行するというのは、
必ず経験することです。

何度も何度も味わうことです。

それをポジティブに捉えられないなら、
トレードしないほうがいいのです。

少なくとも、リスクはありませんから。

「損切り」ウェルカム。

頑張りましょう!!


↓↓ クリック頂けると元気が出ます!!
人気ブログランキングへ
6/23 淡々とはやらない
私は、トレード中によく声をあげます。

「どりゃ―!!」
「ふざけんな!!」
「行ったれ、行ったれー。」
「勘弁してくれよ!」

あまり、いいことだとは思いません。
本当は、淡々とトレードしたいのです。

何があっても、それなりに対処し、
何があっても騒がない。

理想のトレードのスタイルはそれです。

なぜなら、
一度仕掛けてしまったポジションに対しては、
泣こうが笑おうが、
何の影響も相場に及ぼさないのですから。

騒いで株価が上がるなら、みんな大騒ぎでしょう。

騒いで相場が下がるなら、合唱になります。

そんなことはわかっているが、
やぱり声をあげてしまう。

でも・・・・・
それを、
自分であんまり規制することもないと思うのです。

いいじゃないですか。
勝手に騒げば。

別にいいんですよ。
一人お祭りでいいんです。

自分が一声かけたおかげで、
一円上がった。
最後の1000株が買われた・・・。

いいじゃないですか。

それも、ひとつの「自分の世界」です。

はっきり言って、どうでもいい世界です。
何にもならない世界です。

ですが、大切な自分の発露なんです。

まず、
「損切り」の瞬間に、声をあげる人は、
ほとんどいないと思います。

でも、あげましょう。

「損切り」のポイントに来た時ほど、
大きな声を出しましょう。

「淡々とやろう」なんて思っていること自体が、
もう淡々としていない証拠です。

ならば、逆に行きましょう。

「損切り」は、思いっきり勢いよくやろう。

そのための応援歌を、自分で作るのも、
乙なもんですよ!!!


↓↓ クリック頂けると元気が出ます!!
人気ブログランキングへ
6/22 もすこし上か
昨日持ち越した「売り」は、
それなりのギャップを付けて、下で寄りました。

そんなに大きなロットではなかったし、
寄りでは様子を見ました。

結局は、やはり、寄りで利確が正解でした。
けっこう粘ったのですが、
後場一時過ぎからの上昇で、
利益を減らしての仕切りとなりました。

昨夜のニューヨークの暴落はありましたが、
同じように、円も安くなったためか、
日経平均には、大きな影響は出ませんでした。

まあ、ボリンジャーバンドの+2σから、
ちょっと反落で、程度の下落になりました。

個別銘柄も、強いものは強いですね。
下向きの「日足」75日線を抜けて、
大きく上昇している銘柄もあります。

今の日経は、上昇局面にあるのでしょう。
「売り」はなかなか難しいです。

また、小型の低位株の値動きもよくなっているようで、
25日線の上で、直近高値を抜いていくと、
そのまま大きな上昇を見せる銘柄が多いです。

このあたりが、今週の狙い目だったと思います。
(日本橋梁では、うまく行きませんでしたが・・・)

しかし、「買い」が簡単だったかというと、
そうでもありません。

場中にはいったんの下げも結構ありましたから、
また、今日のギャップダウンで、
「損切り」を余儀なくされた向きも、
多かったのではないでしょうか?

ま、
いずれ必ず、売り場は来ます。
上がり続けることは、絶対にありません。

いつも、大きな売りの目線は崩さずに、
ちょこちょこ買っても行く。

来週も、そんなイメージで行きたいです。


↓↓ クリック頂けると元気が出ます!!
人気ブログランキングへ
6/21 本日の損切り
また日本橋梁で「損切り」しました。

昨日、一昨日の高値317円を抜いたところ。
今日の相場の様子では、
絶好の「買い」ポイントだと思いました。

「日足」の75日線も、
ボリンジャーバンドの中に入って来ているので、
今日、それも含めて一気に上抜け・・・。
と思いました。

前場は、持ち合いの様子でしたが、
後場、出来高を伴って315円を抜けてきて
スタンバイ。

318円の厚い板が割れると同時に「買い」。

319円、320円に、分厚い板があったのも、
こちらとしては好材料。

往々にして、こういう分厚い板は割れます。

しかし・・・今日は割れませんでした。
何度も319円にチャレンジするのですが、
頼みの大口の買いが入りません。
そのうちに、しだいに買い方が劣勢に。

板が割れずに落ちる時は一気なので即逃げです。
315円がついた時に、
316円に指値注文を出して「損切り」。

やはり、上からかぶさって来てる75日線の影響が
強いのでしょうか?

今日は、早い「損切り」が良かったようです。

さて・・・

日経平均は、上昇。。。
ニューヨークが停滞している割に、
良く上がっています。

今日は、ボリンジャーバンドの+2σまで、
やって来ました。

いったんでも弱ぶいてくれれば、
「売り」のチャンスもあると思います。

すでに、私は、いくつか「売り」仕込みました。

明日、上に持っていかれるのは、
覚悟の上です。

上に持っていかれれば・・・
即「損切り」です。

ものすごいギャップアップだったりすると、
ちょっと辛いのですが・・・。


↓↓ クリック頂けると元気が出ます!!
人気ブログランキングへ
6/20 日経か個別か
ニューヨークダウ平均は、
「日足」の75日線に到達して止まりました。

日経も上昇はしていますが、
非常にゆっくりです。

75日線までは、まだまだ大きな開きがあります。
これから、上昇するとしても、
ボリンジャーバンドの+2σを上に押し広げていく、
力強い上昇が必要になります。

でなければ、このあたりで持ち合いながら、
75日線の方から、下に降りて来てくれるのを待つか。

一方、個別銘柄では、ニューヨークと同じように、
75日線のあたりまで戻って来ているものが、
少しづつ出てきています。

ニューヨークの動き、そして日経の動き次第では、
明日、こうした銘柄でひと勝負できるかもしれません。

まずは、ニューヨークが今日の夜から下げること。
75日線付近でのもみ合いでなく、
75日線から下に離れる方向に下げることが大切です。

それから、日経も上昇はしないこと。
少なくとも、今日の高値は越えず、
今日の安値を割っていくような動きであること。

個別銘柄は、もちろん個別に動くのですが、
アメリカも日本も連動して全体に上昇するとなると、
個別銘柄も、つられて上昇します。

これは、個別にどんなに下げる形になっていても、
です。

だからこそ、株のトレードは難しいのですが、
全体の動きが、個別の動きに優先するのです。

特に、「日足」の25日線などは、
全体の動き次第では、
大した支持にも抵抗にもなりません。

75日線だと、かなり強固なラインになりますので、
いったんは逆に行っても、
やっぱり戻ってくるものだったりします。

なので、75日線は、
仕掛けの時の最も有力なテクニカル指標になるのです。

それでも、全体相場に逆らうと、
いったんは「損切り」になったりします。

それは耐えるべき「損切り」で、
あくまで「いったん」の「損切り」です。

そこで終わればただの「損切り」。
「いったん」ということは、
その後にも勝負があるということなのです。

ニューヨークが下げるなら、
明日、まずはやってみましょう。

日経の動きは、
やっているうちにしかわかりませんから。


↓↓ クリック頂けると元気が出ます!!
人気ブログランキングへ
6/19 本日の損切り
じれったい相場ですね。

それでも、少しづつ買い銘柄も出てきたな、とばかり、
やってみたら、やっぱりやられました。

もちろん、やる前は、
本気で「行ける」と思ったのです。

今日、日本橋梁(5912)が、
爆上げの形を作って来ました。

長い下落からの、三角持ち合い。

75日線は長期的な下降を示していますが、
25日線が少しづつ上向いてきました。

そして、今日トレンド転換。

昨日の高値を抜いたところで「買い」。
308円。

全体相場がこんな様子ですし、
あくまで打診的な「買い」なので、少量です。
結果的には、それで助かりました。

直近高値の333円が、ちょうど今日の75日線の位置。
これを抜けたら、本気の「買い」だと思ってました。

順調に、上昇したのですが・・・。
後場から下げでした。

爆上げを期待しての打診買いですから、
そう簡単に、利確もしませんでした。

「そのうち、すんごい陽線が・・・」
という思いで構えていました。

しかし、14時ごろから、日経の下落。
この銘柄も、買値をおおきく下回って行きました。

「損切り」。

日本橋梁は、下げ始めると大きく下げます。
「カラ売り」禁止の銘柄なので、
どうしても下げは止めどなくなる傾向があります。

なので、ダメなときはほぼ買値で仕切らないと、
一瞬で大きな損失を抱えてしまいます。

しかし、今日の、日経の持ち合いからの下げは、
何だったのでしょうね??

買い方を振り落とすかのような下げでした。
私も見事はまってしまったわけです。

「まだまだ持ち合いますよ」
相場がそう言っているようです。


↓↓ クリック頂けると元気が出ます!!
人気ブログランキングへ
6/18 抜けたが。
日経平均、まずは25日線を抜け、
直近高値をも一時抜いて来ました。

まずは、持ち合いは上放れ。
上昇のサインではあります。

とりあえず、本気ではないにせよ、
買っていける相場にはなったということです。

今日は、寄付き以降、
やっぱり様子見ムードの中、
持ち合ってしまいましたが、
今週どこまで上昇するのか?

そのあたりが焦点になりましょう。

ニューヨークダウ平均は、
急上昇して来ましたが、
あと一息で「日足」の75日線に、
挑むところまで来ています。

もし、ニューヨークが、
75日線で、トレンド転換して下落に向かうと、
日経もそれにならって下落する想定もできます。

75日線は、
25日線ほどポピュラーではないと思いますが、
25日線より強力に作用する移動平均線です。

全体の流れも、
この75日線を基準に考えると、
とても良く機能することが分かるはずです。

今週は、どちらかというと、
「買い」のほうが成功しやすいように思いますが、
狙いは、その後の「売り」です。

そのポイントは、75日線にあると思っています。

銘柄によっては、
すでに急落から復活して、
75日線のところまで戻してきているものがあります。

こういう銘柄が、
日経の下落局面になって、どういう動きになるか。
おそらくは、再度75日線を割って、
大きな下落となる・・・。

そこを狙いたい・・・と思っているのです。

私の大きな目線は、そこです。


↓↓ クリック頂けると元気が出ます!!
人気ブログランキングへ
6/17 いつも基本を
トレードには、
基本しかないといって過言ではありません。

「基本を学んで、次に応用・・・」
というものではなくて、
すべてが基本。

毎日毎日、同じ基本を確認していないと、
ついつい、自分で考えた「応用」を持ち出して、
仕掛けてしまったりします。

そのときどきの相場状況に応じて、
対応の仕方を変えていく、というのは、
あくまで、テクニカル上の話であって、
テクニカル上で、何の変わりもないのに、
臨機応変に仕掛けや仕切りを変えていくとしたら、
それは、負けの始まりです。
(ちょっと、意味不明でしょうか?)

たとえば、
高値を抜けたら「買い」のポイントだったとします。

そのとき、
「今は、相場に勢いがあるから、
 高値を抜く少し手前で買い仕込んでおこう。」
と考えたらダメだということです。

確かに、
それで大成功を収めることもあるのです。
だから、
自分の臨機応変さを、貴重な才能と勘違いするのです。

トレードは、人に自慢するものでもないし、
人に語るものでもない。

トレードによって、
人に感動を与える必要はないのです。
人気商売ではありません。

評論家は、その評論によって、
人を魅きつける必要があります。
でないと、商売になりません。
だから、人と違った見方、
クリエーティビティ(創造性)が必要です。

しかし、トレーダーは違う。
新しいことにチャレンジする必要はないのです。
工夫する必要なんてないのです。

むしろ、いつも自分の基本に立ち返る。
基本から離れてないかどうか、
常に確認する。

自分の行為に対して、
ついつい、いろいろ考えてしまうのが人間です。
少しでも改善しようと思うのがまっとうな人物です。

だからこそ、毎日毎日確認しないと、
その罠に陥ってしまうのです。

「決まったことをやるだけ。工夫はしない。」

「いろいろ考えない。なぜなら決めたことだから。」

「高値抜けで買うのだ。
 上がりそうだから買うんじゃない。」

「決めた損切りラインに来た。だから切る。
 それ以上考えることは何もない。」

「一度にもっと多くの利益を取ろうと思わない。
 今のままの利益を、もっと積み重ねるのだ。」

毎日毎日、こうやって考えるのです。

日経平均や日経先物、ニューヨークダウのチャートも、
わかっているようでいて、
毎日何度も見ると、気づきがあります。

決して、今までに見たこともなかったような、
新しい気づきではありません。
自分の中に眠ってしまっている基本が、
呼び起こされるということです。

バカみたいに何度も見るのです。

「あー、そうだったな。」

毎日確認して、やっと準備完了です。

今週も、がんばります。 


↓↓ クリック頂けると元気が出ます!!
人気ブログランキングへ
6/16 日経とニューヨークダウ
ニューヨークダウが続伸。
短期的には上昇局面に入っています。

日経平均より、一足先に、
「日足」の25日線から75日線へと向かっています。

今週の日経は、どうも、ニューヨークに追随するより、
持ち合っていることを選択したようで、
まだ25日線の下にいます。

日経は、25日線が、かなり強力な抵抗線になっています。

このあたりが、
非常にわかりにくく、やりにくい相場だったことの、
元凶です。

今朝のCME日経先物は、
8,600円を抜けて終わっています。

順当なら、月曜日の日経の寄りは、
25日線より上、ということになるでしょう。

そして、そこで本当に寄りつくなら、
短期的な方向は上。
ニューヨークと同じ方向になります。

さらに、
6月の高値である8,670円あたりを抜けていけば、
チャートの形は上昇に入ります。
まずは、「買い」で入っていける場面です。

あわてて、朝から「買い」入らないことです。

もちろん、入ったほうが儲かる場合もあります。
どうせ上がるなら早く買った方が有利、
というのも事実です。

しかし、その分、
リスクも高くなることは忘れてはいけません。
金曜日は、そこから下落して行ったのですから。

いつでも、「どんな可能性もありうる」ことを、
忘れないことです。

だから、「損切り」は必ず決めてから臨みましょう。
どんなに焦ったとしても、
これが最低限のルール以前のルール。

大けがはしないで済みます。


↓↓ クリック頂けると元気が出ます!!
人気ブログランキングへ
6/15 ギリシャ?
持ち合いの中、やっと今週の相場が終わりました。

今日は少しは上に抜けると思ったのですが、
意外にも下げ出して、やっぱり持ち合い。

今週、デイトレも入れて私の取引は全部で4~5回。
何と少ないことでしょう。
しかも収支は、小幅とはいえマイナス。

でも、まあこれでも良しとしておきます。
次にうまくいけばいいので。

巷では、今、株の相場で起きていることを、
すべて「ギリシャの再選挙」ということで、
説明しています。

確かに、一国の国政の行方を決めるのですから、
それ相当に重要なイベントではあります。

しかし、日本株のトレードとの絡みでいえば、
「桶屋」が儲かるかどうかを、
「風」向きで判断するようなものだと思えます。

ギリシャの選挙は日曜日。
ならば、その結果が相場に反映するのは、
「日出ずる国」日本が一番早いということになります。

もし、左派が勝利したとして、
機関投資家が一斉に「売り」を浴びせて来るのでしょうか?

もし、保守派が勝てば、思い切り「買い」上げるのでしょうか?

そんなに単純なものでしょうか?

で、どの銘柄を売買するのでしょう?
ソニー?トヨタ?グリー?

選挙の結果は、地震や事件のように、
突然に来るものではありません。
日程も決まっているし、結果のバリエーションも、
限られているのです。

ならば、機関投資家に何らかの戦略があるとすれば、
もうとっくに決まっているはずです。

結局、
月曜日、火曜日にあたふたするのは、
情報、ニュースにいち早く反応しようとする、
個人投資家と決まっています。

「ギリシャ」だ「選挙」だと騒いでいる投資家ほど、
損をすると思います。
必ず損する、と言っていいと思います。

で、
私は当然ながら選挙よりチャートです。

今週の日経平均、
かろうじて・・・
上昇のサインも、下降のサインも出ませんでした。
本当に持ち合いです。

個別銘柄も、持ち合いになっているものが殆どです。

もちろん、大きな方向は「下降」だと思っていますが、
短期的には上昇もあるし下降もあります。

月曜日、上昇するなら、短期の「買い」。
下降するなら、短期の「売り」。
それを、個別銘柄ごとに判断していくだけなのです。

それに・・・

選挙が終わっても、
まだまだ持ち合いが続く可能性もあります。

「さあ動くぞ!!」
みんなが騒いでいる時ほど、
誰も動かない・・・かもしれません。

それならそれで、来週も「待機」するだけです。

ちょと悲しいですけどね。


↓↓ クリック頂けると元気が出ます!!
人気ブログランキングへ
6/14 やっぱり待機
やっぱり待機・・・
としか書きようがありませんでした。

日経平均は、動きません。
動いたとしても、狭いレンジ内での上下です。

どうも、この持ち合いは、
8,550円あたりに収れんして来るようです。
「日足」の5日移動平均線が、
そのあたりをうろうろしています。

デイトレをやっても、
もう「日足」は関係ないという感じで、
ほとんど「分足」だけのブレイクだ、ダマシだとやってます。

スキャルピングで、
勝率を100%近くにしておかないと、
利益が出てこない相場なのかもしれません。

ふつうに、正しい「損切り」をしていると、
全部「損切り」になってしまう相場です。

だったら、やらないほうがいい・・・と。

特に、今週は、どうしようもありません。

ただ、持ち合いは、長ければ長いほど、
放れたときの反動は大きいので、
次の動きは、そこそこ大きな動きが期待できると思います。

次の想定としては、
日経平均が、25日線を抜けて、
8,700円から9,000円に向かうあたりの上昇。

で、本当の狙いは、
いったん大きく上昇した後の下降局面です。

いつになるかわかりません・・・。

もちろん、ニューヨークも見ながらですが、
17日に、ギリシャのなんたらがあるらしいですから、
来週は少し動きが出て来るんでしょうか?

それとも、明日?

まあ、期待だけはしておきましょう。


↓↓ クリック頂けると元気が出ます!!
人気ブログランキングへ
6/13 待機3
今週は、月・火・水と、これで三日間。
待機状態となりました。

待機状態で。相場を眺めるのは、
大変な苦行です。

でも、ホントにない。
仕掛けられるなら仕掛けたいのですが、
仕掛けられません。

今日、もし、仕掛けられたとしたら、
それは「買い」の銘柄でした。

たとえば、ラウンドワン(4680)とか。

これは、今日、「日足」の25日線を越えて寄付き、
そのまま上に行きました。

朝から狙っていれば、利益になったと思います。

今は、こういう形が、「買い」で取れる形です。

あとは、どうにもこうにも持ち合ってしまっていて、
日経平均の動きにつられて、
チャートの形とは関係なく、
上に行ったり下に行ったりしています。

ニューヨークダウは、25日線を抜けて来ましたが、
ローソク足の形は持ち合いです。
上に行くのか、下に行くのか、
トレンドが出ているわけではありません。

持ち合いの時は、
ブレイクについていく順張り手法だと、
なかなか利益が出にくく、「損切り」ばかりになります。

なぜなら、ブレイクした直後から、
株価が逆に動くことが多いからです。

俗にいう、ダマシが多くなるわけです。

そして、「損切り」ポイントに達すると、
その直後に、また逆に動く・・・。

トレーダーからすると、最悪の展開です。
やってられない気持ちになるのです。

「どうして、オレが買ったときだけ下がるの!!」とか、
「オレの注文は、確実に誰かに見られている!」
みたいなことを本気で考えるのも、そんな時です。

そうして、
「逆張り」のほうが有利・・・
「損切り」しないほうが有利・・・
という考えになってしまったりするのです。

しかし、この考えは、
トレンドが出ている時は、
徹底的に大きな損をするような考え方です。
よほど、洗練された手法でないと、
逆張りだけで食って行くのは難しいと思います。

まだもうしばらく待機が続くかもしれませんが、
我慢です。


↓↓ クリック頂けると元気が出ます!!
人気ブログランキングへ
6/12 待機2
今日は安寄りから上昇、そして持ち合い。
全く動けませんでした。

待機の2日目。

眠い眠い持ち合い相場。

もうしばらく、8,500円付近での持ち合いが、
続くかも知れませんね。

でも、そう言っていると、
突然動いたりするんですよね。

日経平均の「日足」の25日線は、
すぐ上に来ています。

トレードの周辺で評論活動、予想活動を
している方々は、
「日経平均は底を打った。」
とお考えのようです。

しかし「ヨーロッパ情勢の楽観視もいけない」、
のだそうです。

では、どうしたらいいのか??

「ひとまず、様子見・・・」なのだそうです。

それならば、
日経平均の出来高の低さを嘆かないで欲しいです。

「あんたが、様子見って言ってるから、
 だれも買わないんだよ。
 嘆くくらいなら、あんたが買えばいいじゃん。」

・・・・・

余計な動きをしない。
予定にない動きをしない。
思いつきで動かない。

今は、日経平均にトレンドが出ていない状況です。

毎日、「動かない」じゃ面白くありませんが、
私は、エンタテインメントではなくビジネスとしての、
トレードを考えているので、
面白いかどうかには関心がありません。

エンタテインメントで株を考えている人は、
がんばって、ハラハラドキドキのトレードを、
探してください。

探せば、いくらでも見つかると思います。


↓↓ クリック頂けると元気が出ます!!
人気ブログランキングへ
6/11 待機
動かない相場でした。
寄りは高かったですが、その後はさっぱり。

買えないし、売れない。
とにかく、動かない。
さすがに、眠くなりました。

日経平均は、結局、
終値では、何の指標もクリヤしませんでした。

そうこうするうちに、
「日足」の25日線が上からどんどん近付いてきました。
このままだと、もうすぐ否応なくぶつかります。

そのときがが、ひとつの契機になるのか、
たはまた、そこでピタッと止まるのか?

今は、忍耐です。
じっと待つ。 

昨日も書いたように、「売り」目線。
私のトレードでは、そうなるのです。

「売り」の条件が整うまでは待つのです。

まずは、今日のニューヨークダウ。
25日線を抜けていくのか否か。

抜けていくのであれば、「売り」はまだまだ先です。

しかし、はるか上にある75日線の下で、
いくら急上昇したとしても、
それは下降相場の中の戻り上昇です。

そう考えて、私は「買い」ません。

いつか来ます、必ず来ます。

株価は、必ず下落するものだからです。


↓↓ クリック頂けると元気が出ます!!
人気ブログランキングへ
6/10 今週の考え方
先週は、日経平均が直近最安値で始まり、
そこからの赤三兵の反転上昇がありましたが、
金曜日の下降で再度8,500円を割り込みました。

ポイントとなる場所は、
近いところから言うと、
上には・・・
「日足」の5日線、
6月8日(金)の高値、6月7日(木)の直近高値、
「日足」の25日線。
下には・・・
6月4日(月)の直近安値(年初来安値)、
ボリンジャーバンドのー2σ。

上下に、いろいろあるとなると、
どうも、しばらく持ち合いになるのかなあ、
などとも思えたりします。

昨日の朝見た感じだと、ニューヨークダウ平均は上昇。
しかし、25日線にしっかり頭を抑えられています。
CMEもさほど上昇していません。
今週は、まず一度は反落していきそうな様子です。

やはり、目線は「売り」でいいと思います。
日によって上昇があったとしても、
「売り」の目線で上昇をやり過ごす必要があります。

私は、先週ここでしくじりました。

やり過ごすべき上昇を、「売り」向かってしまいました。
当然に「損切り」となりました。

これは、なるべくしてなった「損切り」で、
少なくとも「勝ち」にはなりません。

仕掛けのミス・・・です。完全な「負け」。
「損切り」以前の問題で負けていました。

このあたりは、メンタルも大きく関わって来ます。

目の前で、日経の急上昇を見たりすると、
「売り」でも「買い」でも、
ついつい手を出したくなるのです。

ちなみに、「売り」目線とうのは、
ひたすら「売り」のチャンスを探していく、
ということです。

「買い」のチャンスが見つかったとしても、
自分の中では、削除、無視、ということなのです。

いろんなトレード手法がある中で、
個人投資家は、
そのすべてを臨機応変に使って行くなんて、
とても無理だし、効率よくありません。

だから、個人投資家としては、
手法を吟味、選択し、
自分に合った大切なものだけを武器にして、
ターゲットを絞りに絞って戦うのです。

「戦う」、というよりむしろ、
「ついていく」(銘柄の動きに)という感じでしょうか。。。

今週も、明日からがんばって、
「ついていく」ように、振り落とされないように、
慎重に進めたいと思います。


↓↓ クリック頂けると元気が出ます!!
人気ブログランキングへ
6/8 本日の損切り
下でした。
今日は「売り」。

日経平均は、「日足」25日線に達することなく、
下落していきました。

やはり、今週の上昇は戻りの上昇だったので、
弱々しかったのだといってよいでしょう。

「売り」をそれなりにやりました。
持越しもしました。

しかし、「損切り」も。

日本油脂(4403)。

かなり前から狙っていました。
昨日、ついに「日足」の75日線を
抜けていきましたので、
日経が強ければ、少し上まで突き抜ける・・・
と思っていたのですが、
今日は、いきなり売りが出て、
75日線の下に戻されました。

そして389円で「売り」仕掛け。
日経が弱くなっていたので、
強気でここで売り、保持しました。

この銘柄、「週足」を見ると、
390円付近に、移動平均線が集中しています。

13週線、26週線、39週線、
3つとも集まっているのです。

本来は、昨日、この集中したあたりを抜け、
日足の75日線も一緒に抜けたのですから、
強いはずなのです。

しかも、
先週から、今週の急上昇で、
信用売り残が急激に増えています。
火がつけば、もう一段踏み上げも予想できます。

なのに、下げてきた・・・、
だから「売り」。

相場が弱くなるなら、
こういう銘柄は一時的にかなり下げる・・・
はずでした。

しかし、私の思惑に反して後場の持ち合いから、
やっぱり75日線を越えて来ました。

昨日の高値393円を抜けたら「損切り」としていましたが、
その近辺の価格で持ち越すのは、絶対に嫌だったので、
392円で仕切り。

小幅「損切り」です。

この銘柄は、私なりには、相当の冒険のつもりでした。
なので、極力、「損切り」幅は、
小さくしました。

利益にはなりませんでしたが、
まあ、良かったな、と思っています。


↓↓ クリック頂けると元気が出ます!!
人気ブログランキングへ
6/7 戻り局面
ニューヨークが急上昇。
日経平均も「赤三兵」ということで、
期待の中で寄りついた割には、
場中は上昇しませんでした。

個別銘柄では、
今週、底の方から急速に値を戻してきたものが、
多くあります。

私は、一昨日、昨日と、
それなりのマイナスを計上してしまい、
今日は、ちょっと休憩という感じでした。

自分の中では、十分想定し、
また待ちに待った戻り上昇でしたので、
なんでマイナスになってしまうのか、
理解に苦しむところなのですが、
自分なりの反省はしたつもりです。

で、ようやく、日経平均が、
「日足」の25日線の手前まで来ました。

ここは、一つの節目です。

しっかりと抜けていけば、
さらに上昇するでしょうし、
抜けなければ、もう一度下降局面に入るでしょう。

どうも、個別銘柄の動きを見ていると、
「これ以上上がっていいの??」と、
恐る恐る上昇している気がします。

強い形のチャートの銘柄(ソフトバンクとか)は、
すくすくと上昇しているのですが、
先週までは、ほとんどが、底探りの銘柄でしたから、
恐る恐るの銘柄のほうが多いのではないでしょうか?

そういう銘柄は、日経平均と同じで、
皆、25日線の手前まで来ています。

グリー、ソニー、コマツ・・・
多くの注目銘柄が、そうなっています。

明日が、見極めの日となるのかどうか?

ニューヨークが鍵を握っています。


↓↓ クリック頂けると元気が出ます!!
人気ブログランキングへ
6/6 本日の損切り
今日も調子が狂ったままでした。

昨日手掛けた、グリー、アルバック。
今日もメインでデイトレしました。

ちょこちょこやっていた程度なんですが、
なんかかみ合いませんでした。

売ったら売ったで、買い戻しのポイントが、
うまく行かずに結局「損切り」になった
り、
ドテンで買うと、今度は、同値撤退した直後に
爆上げされてしまったり(アルバックの544円)。

仕掛けのタイミングが悪かったとは思いませんが、
仕切りで何かしらのミスを犯してしまいました。

要は、いつもはやらないことを、
昨日に続いて、今日もやってしまっているのでした。

「今日はちょっと早めに損切りしておこう。」
「今日はもう少し粘ってみよう。」

こういう考えが出て来る理由は、
結局、「なんとなく」なのです。
何らかの事実に基づかないイメージ。

マラソンなどの長距離走は、
最初から最後まで一定のペースで走りとおすことで、
一番のパフォーマンスを得られます。

しかし、相手がいる「競争」になると、
なかなか、一定のペースを守るのが難しくなります。
相手に合わせて、駆け引きも必要になります。

そういう厳しい環境の中で、
いかに自分のペースを守りぬくかが大事なわけで、
そこに、オリンピックや世界選手権でメダルを
取ることの難しさがあるわけです。

トレーダーも同じですね。

相場なりのやり方はあるけれども、
自分のペースが乱れてしまうなら、
むしろやらないほうがいい。

いやあ。。。
今日も、反省です。


↓↓ クリック頂けると元気が出ます!!
人気ブログランキングへ
6/5 本日の損切り
デイトレ。
どうしても、売り目線になってしまっていました。

今日は、「売り」も「買い」も難しい、
とは思っていました。

でも、なぜか、どうしても、
「買い」の目線にはなれませんでした。

ニューヨークの下げの割には、
CME日経先物が、上昇していたのが、
なんとなく妙で、しっくり来なかったのです。

いつも、現実を見ろ、と言っているくせに、
お恥ずかしい限りです。

今日の日経は、きちんと陽線でした。
後場からは買いが次々と出て来ましたね。

こんなときは、お休みだ・・・と自分で書いたのに。

そんなスタンスですから、
今日は、「損切り」が多くなりました。

個別にひとつひとつ書いていたら大変なくらいです。

グリー(3632)、アルバック(6728)・・・

もう、ホントに良く上昇した銘柄です。

こんなのに、「売り」で関わったら、
秒殺もんです。

そのくせ、大きく下がったファストリ(9983)は、
眼に入っても来ませんでした。

どうかしていますね。

自分が怖くなりました。

昨日、久しぶりに良く寝付けなかったのが悪いのか・・・
よくわかりません。。。

得てして、こういうところからリズムは大きく崩れます。
「崩さぬように」と変に意識するからだと思います。

「いつも通り」と意識すること自体が、
「いつも通り」じゃないってことですね。

ま、忘れときましょう。


↓↓ クリック頂けると元気が出ます!!
人気ブログランキングへ
6/4 動かず
大きな窓を開けて下げた日経平均。

今朝は、じっと動きを眺めていました。

ついつい、ソフトバンク(9984)を買おうかな、
と触手が動きましたが、動きませんでした。

もちろん、グリーやDeNAの上昇にも、
反応しませんでした。

結果からみれば、動いても良かったのですが、
一度動けば、何度でも動くことになります。

今日は、朝は動かないと決めていたので、
その取りきめに従いました。

日経は、動きませんでした。
結局、分足で見ると、朝の高値を越えたのは、
後場のラストになってからです。

あとは、ずっと動かず。

みんな、迷っているのです。
手が出せずにいます。

下げすぎだろう・・・と思っている人は、
買って行ったと思います。

しかし、そういう銘柄は、
後場に下降の逆襲をくらっています。

まだまだ売れる・・・と思った人は、
売って行ったでしょう。

それはそれで、
上昇にあってしまったことでしょう。

持ち合いは、恐ろしい相場です。
自分とは、逆に逆に動きます。

やらないか、もしくは、
「損切り」ラインを思い切り深く置いて、
じっくり構える、しかありません。

毎日相場はあります。

そのうち、だれかが動かします。

今日の夜、ニューヨークが、
また動かすかも知れません。

個人トレーダーは、自分で相場は動かせません。
誰かが動くまでは、見てるだけです。


↓↓ クリック頂けると元気が出ます!!
人気ブログランキングへ
6/3 わからないでよし
昨日の続きです。

「底はどこか?」

「わからない!」が正解です。
どこまで行っても、そう思います。

私も、金曜日の大引け後、
月曜日の仕掛けのために、
銘柄を見まくり、いろいろな作業をしました。

しかし、月曜日、
下に大きな窓を開けて寄りつくのがわかっている中で、
そこからの仕掛けについては、何とも言えません。

まずは、ともかく、どこで寄りつくのか?
そしてその後、どう動くのか?

当たり前ですが、様子を見るしかありません。

スタンスは、前と変わりません。

今の状況は、
「売り」でも、「買い」でも、
慎重に、恐る恐るやるしかありません。

相場は毎日あります。

そのときそのときの現実を見て、また計画を立てて、
それが狂えば、また立て直す。

何が起こっても、詰まる所それだけです。

相場の勢いに目を奪われて、
自分のスタンスを変えたり崩したりするのは、
結局のところ、損失につながることです。

一時的には利益になっても、
そのスタンスの変更によって、
その後のトレードに大きな影響を及ぼすことが、
こわいのです。

トレードは、ギャンブルではありません。

だからこそ、こういう、
つまらなそうに見える行為が重要です。

明日の寄付き。
寄付きから10分ほどの時間。
いつもにも増して、冷静に居たいものです。

この10分だけでも、
いろいろなことが分かるのです。

心して、仕事したいと思います。


↓↓ クリック頂けると元気が出ます!!
人気ブログランキングへ
6/2 底はどこか?
ニューヨークが暴落。
CME日経先物は、8,255円。

月曜日、日本の市場はちょっとしたパニックです。
「売り」は持ち越しとけば良かったですね。

今、底探りをしている銘柄は、
月曜朝、ほぼ全面的に「売特別気配」になって、
寄り付かないような状況かもしれません。

特別気配のときは、
それを眺める投資家の中で、
いろいろな予測や思惑が交錯します。

寄り付いてからも、そのまま一気に下げ。
寄り付いた後、乱高下。
寄り付いてからは、一気に反転上昇。

どのパターンもありうるのです。

この思惑の巻き込まれたくないならば、
仕掛けないことです。

それが唯一の身を守る方法です。

持ち越ししているならば、
「利確」するにせよ、「損切り」するにせよ、
寄り付きで一気にやるほうがいいと思います。
(何らかの確固たる戦術があれば別です。)

今、底を探っているような銘柄は、
動きが落ち着かない間は、
トレードがギャンブルになります。

まだまだ下がるのかもしれない。
いや、下がりすぎと見た筋が、
大量に買ってくるかもしれない。

そんな中で、先の見えないトレードをするのは、
自殺行為のように思うのですが、
いかがでしょうか?

日経平均に関していうと、
昨年11月につけた「底」=8,135円、
というのがあります。

「いったん上昇・・・」なんて言ってる間に、
ついにここまで来てしまいました。

しかも、「ついに」なのかどうか・・・。
まだまだ、まだまだ・・・
下を見るのかも知れません。


↓↓ クリック頂けると元気が出ます!!
人気ブログランキングへ
6/1 本日の損切り
今日の方向は下でした。
ついにきちんと8,500円を割りました。

ソフトバンク(9984)以外は、
ほとんど「売り」でした。

まだまだ、
とても「買い」で仕掛けられる相場ではありません。

セガサミー(6460)。

今日はニュースで上昇。
日足の25日線のほうに向かって伸びて来ました。

しかし、
途中に1,500円という切りのいい数字があって、
そこをきちんと抜けられません。

ここから下降が始まりました。

1490円割れで「売り」入れれば良かったのですが、
この長い分足陰線は見ているだけでした。

で、しばらく持ち合い。
1475円を割ったところで「売り」。

「損切り」ラインは分足での直前の高値1487円抜け。

前場に、1475円前後の壁が作られているのは、
わかっていたのですが、行ってしまいました。

大引けに向かっての一気の崩れを期待したのですが、
やっぱり駄目でした。

仕掛けミスですね。
明らかです。

大引け間際に、何度も割りそうになったのですが、
結局割れず。

しかも大引け間際の「損切り」で、
注文出しのタイミングを誤って、
1981円での仕切り。

大引けが1977円だっただけに、
ちょっと悔しい思いをしました。
(まあ、よくあることですね!)

持越しは、最初から考えてませんでした。
最近の相場は、もう、トレンドが見えてないので。


↓↓ クリック頂けると元気が出ます!!
人気ブログランキングへ