損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
1/30 抜けました
今日、日経平均は11,000円を抜けました。

前場は、抜けるかどうかのところで少し持ち合ったのですが、
後場、一気に抜いて行きました。
鮮やかなブレイクでしたね。

日経のMACDもゴールデンクロス。チャートの波動は上昇。
この間の持ち合いの状況も打破されたような形ですね。

けれども悲しいかな、私の「買い」保持銘柄は、
大して上昇もせず、高値更新もできずにウロウロ。

今日、日経と同じ程度に上がってくれれば利確できたのに、
それは明日以降に持ち越されてしまいました。

今日この相場で、大して上がらなかったということは、
明日もわからんぞ・・・ということです。

気持ちが沈んでしまう展開ですね。
これもよくあることではあるのですが・・・。

さらに悲しいのは、今日のこのブレイクで、
新たに買いを仕掛けていけなかったことです。

保持銘柄があったので無理をしなかったというのもありますが、
それではちょっと弱気過ぎはしないか、とも反省しています。

そういうときほど相場はブレイクするものなのです。

でもねえ。。。
昨日までの、この乱高下を見せられて、
辛いところですねえ。
ガッツも出にくいですよ、ホントに。

今となっては、願わくばこの上昇トレンドが継続し、
保持銘柄を少しづつでも押し上げていってくれれば、
というところです。

それ以上のことはできないような気がしています。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
1/29 静かにしのぐ他なし
たとえば昨日書いた通りやっていたとしたら、
不動テトラ(1813)は、やっぱり「損切り」でした。

昨日の安値より少し安く始まり、
昨日の高値を一瞬でも抜けてしまったのですから。

この、なんとも理不尽に思える対応を余儀なくされるのが、
今の日経平均の動きです。

非常にボラティリティの高い持ち合い。

デイトレのプロ中のプロの方なら、
絶好の稼ぎ時なのかも知れませんね。

また、スイング目線で銘柄のチャートを見ても、
いい形をしたやつが、次から次へと出てくるのです。

でも、全体相場が持ち合っていることを、
決して忘れてはいけないのです。

今日の日経の「日足」のローソク足は陽線ですが、
下降の形です。

5日移動平均線に支えられるような格好で、
安い寄付きから上昇して来ました。

そして、また明日・・・。

昨日の高値を抜くのか否か。

抜いたとして、そのまま上昇するのか否か。

この2週間の持ち合いの展開があるだけに、
懐疑的なイメージが濃くなっていますが、
どうなのか?

私は、いったん大きく下げるシナリオも否定はしません。

しかし、11,000円の節目は、
比較的早々に抜いていくように思います。

長期的に見た時に、 
次の節目が11,350円付近の高値だからです。
2010年の高値です。

そこを抜けていけば、いよいよリーマンショック前の水準を
試しに行くわけですから・・・。

私の「買い」保持銘柄は、保持のまま。
持ち合いの中で、大して動いていません。

自分のだけ動かないなんてのも、
もう慣れた話なので、別段焦ってはいません。

マイペース、マイペース。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
1/28 波動は上昇
高値更新の寄り付き、そして下落一途の場中。
これだから、嫌になりますね。

このところの日経平均の特徴ですので、
十分に注意しておけなければいけない展開ではありました。

しかし、ここまで見事だと文句の一つもつけたくなります。

とはいえ、相場に適応していくのがトレーダー。
それならそれで、考え方を変えていくのが道理です。

ということは・・・

ここでまた、一気の下落を期待してはいけないということ。

「売り」に転じれば、またやられてしまう公算が高い。
そう思う必要がありますね。

これは、予測でも何でもありません。
スタンスの話です。

仕掛けるなという話ではなく、
覚悟して仕掛けろ、ということ。

今に限ったことでなく、このブログでも何度も書いてます。
あまりにも、当たり前の話です。

不動テトラ(1813)。
今日は金曜の高値を更新せず、
「買い」の形にはなりませんでした。

が、かわりに、「売り」の絶好の形になって来ました。

明日、今日の安値を割ったら「売り」でいいでしょうか?

私は、いいと思います。

でも・・・
売った後、金曜の高値の191円を抜いてしまったら、
きちんと「損切り」しましょう、という話。

日経平均が、再び上昇に転じたなら、
これは普通にあり得ることです。

本当に、ごくごく普通の話です。

私の「買い」保持銘柄は、今日の下げでも、
私の買値を割りませんでした。
だから、「損切り」もせずそのまま持っています。

今日の高値更新で、日経の波動は実は「上昇」。

決して上げが終わったわけではありません。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
1/27 体調
昨日の夕方くらいから、ちょっと体調が悪くなり、
今日の午前中まで、寝込んでいました。

熱が出始めたので、ひょっとするとインフルエンザかも?
などと思いましたが、さほどの高熱でもなく、
微熱の範囲なので、まあ大丈夫かなと、動いてはいます。

喉の痛みなどもあり、風邪なんだろうと理解しています。

寝込んだりすると、気持ちが落ち込みますね。
何かと、悪い方にばかり考えてしまって、
思考が前向きにならなかったりしますね。

一番いいのは、
すべてを忘れて回復するまで寝ていることなのだと思います。

それができるなら・・・。

よく考えれば、長い人生3~4日何もしなくたって、
大勢に影響はないのです。

それが、どうしても、「明日は・・・」と考えてしまうから、
上手く休めなくなってしまいます。

大切なことは、回復してから、きちんと動くということです。
そこの切り替えが重要だと思うのです。

回復するまでの間に、中途半端に動いているから、
回復しても、なんとなくその延長線上になってしまいがちなのです。

トレーダーなら、寝込んでいる間には、
相場の動きなど忘れることです。

もちろん、仕掛けてしまっているものは、
何の欲を出さずに仕切りでもいいと思います。
余裕ある逆指値だけ入れて見ない・・・寝ている・・・。

そんなところで中途半端に欲を出すと、
とんでもないことになってしまうこともあります。
休んでもいられなくなってしまうのです。

何よりもまずはカラダ。健康が第一です。
そこから余裕も生まれ、よい発想も出て来ます。

よいトレードも、健康な発想から出て来ます。

寒くなる時期です。
お体には気をつけて・・・。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
1/26 高値更新できるか?
ニューヨークダウがまた上昇です。
上げ上げですね。とても強いです。

それにつられてか、為替の影響か、夜間日経平均先物、
CMEの先物も、昨日の大引けの値をさらに上回って来ています。

月曜日の日経の寄り値は、ある程度の高さになりそうです。

この2週間、高値圏で乱高下しながら持ち合っていた、
日経平均が、どうやら直近高値を抜いて行きそうですね。

もし、直近高値を抜いていくなら、
「日足」チャートの波動は「上昇」が継続していく、
ということになります。

25日移動平均線からの反発が決まった形になりますね。

もっとも持ち合い様相が続く可能性も否定できませんから、
直近高値の更新が下落の始まりということもあります。

そこは、本当に要注意です。

さらに、その後のシナリオとして、
持ち合いの間に、上に近づく25日線が次第に横ばいとなり、
株価がその25日線を割るような場面がくると、
ちょっと大きな下落のイメージも出て来ます。

そうなると、一度「売り」の戦術に変更です。
・・・まあ、もう少し先だとは思いますが。

たとえば、不動テトラ(1813)。
今、25日線あたりで止まっています。
183~4円に、しっかりとしたパーティションもあります。

今は、この25日線とパーティションが抵抗線になって、
ここから下には下がらないように見えています。

実際にここから反発上昇してトレンド転換してくるのか?
あるいはしばらく持ち合った後、
25日線やパーティションを割りこんでいくのか?

DENA(2432)や関西電力(9053)のように、
25日線から下げるのか、
富士通(6702)、日立(6501)のように、
再びの高値更新を目指す動きになるのか・・・
ちょっと、興味深いところです。

仮に、月曜日に「買い」で考えるなら、
金曜高値抜けの191円で買い。
「損切り」は、181円くらいにおいてじっくり構えてみる、と。

そして、その「損切り」ポイントを「売り」ポイントとして、
今度はドテンしてみる。

そんな戦術が考えられる、というわけです。

(もっとも、この銘柄は200円を抜けていくと、
 価格帯の壁(売買高の特に多い価格帯)がありますので、
 上に行きにくくなるかも知れませんね。
 それはそれで要注意です。)

いかがでしょうか?


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
1/25 上げ上げ
今度は思いのほかの上昇です。
ホントに、わかんないわけですよ。今の日経平均は。

実は、今日のギャップアップで、私は、
ある銘柄を買いました。

週末持越し前提で「買い」ました。

月曜日に、下げたらそこで終わりのつもりです。

大した株数ではないので、「損切り」になっても、
問題のない程度です。

ということは利確になっても、大した利益にはなりません。

日経は、朝ギャップアップで寄りつきましたが、
昨日の高値付近で寄り付いた銘柄を狙っての「買い」仕掛けです。

非常に不安定な持ち合い相場の中での仕掛けですので、
自信はありません。

ただ、月曜日に11,000円を抜けるような上昇になれば、
希望も大きくなってきます。

ボックス圏内の持ち合い相場になるのか、
直近高値を抜けての上昇相場に入っていくのか、
日経の動向は、やっぱりわかりません。

上昇するなら保持、下降するなら「損切り」。
それだけのルールでもって、月曜日も動きたいところですね。

でも、様子見を決め込んでいたつもりの中での、
「買い」仕掛けですから、うまく行かなくて当然、
という意識もあります。

わかりません。何とも。

すべては終わった時の結果論・・・
とは言いたくないのですが・・・。

あるいは、今日、デイトレとしての仕切りを入れてしまえば
よかったのか?
金曜日ではありましたし。

仕掛けてしまえば、すべては後の祭り。
見ているしかありません。

自分の決断、自分の決め込みですから、
責任は自分で取るしかないはずです。

仕掛けた後にチャートを見るなんて、
私のポリシーに反します。

とにかくがんばります!!


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
1/24 不得意分野
先週の直近安値をかろうじて下回らず、
今度は反転上昇です。

それでも、日経平均のローソク足の形は「下降」。
陽線でも「下降」です。
昨日の安値を下回り、高値も下回ったのですから。

日経は、やはり、25日移動平均線が
節目のようになって、持ち合いの様相です。

ここで、仕掛けを考えると、
「損切り」にも合わず、利確もできず、
日に日に保持銘柄が増えていくことになります。

ここだと思って買ったところから下落が始まり、
ここだと思って売ったところから上昇が始まる。

今がそんな時なのです。

気をつけるくらいならやらない。
それくらいの覚悟が今は必要です。

ファナック(6954)。
この「日足」を見ると、明日買いたくなってしまいます。
上向きの75日線上のトレンド転換が来れば、
最高の形です。

DENA(2432)。
これは深押ししてますね。
今日など、25日線で反発して急上昇・・・でも、
全くおかしくなかったのですが。

イーグル(6486)。
上に750円のパーティションを作り、
安値更新の持ち合い形になっています。
明日にでも、パーティション抜けがあれば、
すっ飛んで行きそうな絶好の形に見えます。

メジャーとマイナーと、
アトランダムに、ばらばらと書きましたが、
いい形は、いろいろあるのです。

でも、なんか危ないなあ、というのが、
今の日経の動きです。

各銘柄は、個々それぞれに自分の節目を見つけながら、
基本的には日経平均の動きに左右されながら、
急騰したり急落したりするわけです。

見てる分には面白いのですが、
そんなところに実弾持って乗り込んで行ったら、
振り回されてしまいます。

上昇相場の下降局面、
下降相場の上昇局面。

どちらも、私はあまり得意ではありません。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
1/23 手が出ない
日経平均、またまた下げてきました。
そして昨日書いたように、下から上昇している、
25日移動平均線に近づいてきました。

先週木曜日の安値を割っていけば、
今週は、直近高値を抜いていませんので。
波動の局面で「下降」ということになります。

そして、そこにはちょうど25日線がある。

そんなシナリオが見えて来ました。

様子見を決め込むにしても何にしても、
そこが、日経平均の節目であることは疑いがありません。

ただし、節目ではあっても、
その節目で、どんな動きが展開されるかは、
全くわかりません。

25日線で反発上昇するのか。(その場合は、持ち合い相場~上昇)
25日線を割り込んで下げるのか。(いったんの押し目)

割り込むとしても、その場合、25日線を場中で割るのか、
いきなりギャップを空けて25日線をまたぐのか、
いろいろな想定ができるわけです。

少しわかっているのは、
高値圏ゆえの乱高下・・・くらいのものです。

乱高下って言ったって、思いっきり上昇なのか、
ドーンと下げるのか、わかろうはずもありません。

ただ、言えることは、
なんとなく、トレンドを取ろうとする狙いからすると、
様子見した方がよさそうだ、ということくらいですね。

私は、なんの根拠もなく、
なんとなく、持ち合いになりそうだ・・・
と思っているのですが、
それを前提に、「買い」仕込むわけにもいきません。

スイングに関して言えば、
こういう、どっちつかずの時には、
手を出したもん負け、ということになるのが、
今までの私でしたので、
どうしても強気になれません。

「損切り」すれば、怖いものなしとは思っても、
展望も見えずに、無駄に「損切り」するのも、
はばかられるってわけなのです。

なんか、昨日から、
とりとめのないことばかりでスイマセン。。。

でも、それだけ八方ふさがりの状況に陥っている、
とお考えください。

トレーダーなんて、こんなものなのです。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
1/22 同値撤退
「買い」保持銘柄、正確には2ティックで利確。
ほぼ、同値撤退です。

先週時点では、もっと大きく利益があっただけに、
もったいないなあ、てなところです。

こういう悪い想定だけは、なんだか当たるものですね。

日経平均は、ずいぶんと場中に動いています。
安値更新から高値更新、そしてまた安値更新・・・
5分足は、とてもやりにくい末広がりの持ち合い形でした。

背景には、いろいろなニュースがあるのでしょうが、
高値圏での乱高下ですね。

まあ、持ち合いですから、そこまでの乱高下ではないのかも
知れませんが・・・。

こうなると、はっきりしません。

日経平均は、昨日すんなり高値更新できなかった。
そして、今日も下げた・・・
となると、「下げるのかなあ」と思いがちですが、
これがまたそうでもないのです。

自分のポジションをはずしてみて、
さらに冷静に見つめてみても、
「売り」には回る気がしてきません。

個別銘柄のチャートを見ても、
普通なら下げのモデルのような形で、しかも日経が下降なのに、
なぜか上昇していたり、
絶好の上昇の形から下げてきたり、まちまちです。

なんだか手を出しにくいなあ、と思って見ています。

私が見ている銘柄だけがそうなのかもしれませんね。

「買い」でも「売り」でもない。
全体相場から見た正解は、これです。

はっきりするまでは、せいぜい2日以内の短期、
もしくはデイトレですね。

そろそろ、日経の25日移動平均線が、
下から上がって、ローソク足に近づいてきます。

そのあたりが、見どころといったところでしょう。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
1/21 持ち合い・乱高下
あちゃちゃちゃ・・・。
日経平均は、私の思惑とは逆に高値更新されずの寄り天から
下げてきましたね。

包みの大陰線となりました。うーむ。   

私の「買い」保持銘柄も、当然に利確はできず、
含み益も大きく減りました。

この勢いで、明日も下落なら、買値に近い値で、
小幅利確で終わってしまうでしょう。

明日反転してくれることを願うばかりですが、
ここは、小幅であっても、
最初の取り決め通り行きたいと思います。
少しでも利益が出るなら、それでよしとします。

相場は乱高下の様相になりましたね。
包みの大陰線ということは、ローソク足の局面で見れば、
高値は高く、安値は安い、「持合」局面となります。

先週の直近高値も、今日は更新していませんから、
波動の局面でも、一応「持合」に入っています。

よく見ていくと、
日経平均はここまで下げてきたのに、
強い銘柄は、大きく上昇して高値更新したりしています。

何だかなー。。。という状況でもあるのです。

だから、この下げを見て、本気の「売り」を考えてはダメです。
銘柄によっては、大きく上に持っていかれます。
「売り」はあくまで、ちょこちょこだと思います。

「持合」のときは、安値割れで反転し、
高値抜けで反落して来ます。
トレンドが出ている時とは逆の発想が必要です。
(だから、「持合」のときは仕掛けないというのも、
 正しい対処法なのです。)

「持合」の判断、そして前提が上昇相場というなら、
その安値割れからの反転の時が、また「買い」の好機となります。

大きな陰線や陽線にダマされると、
ついつい逆の方に仕掛けてしまいがちになります。

迷ったら、大きく全体を見てみる、
そういう心づもりが必要です。

まあ、焦らず、腐らず、いきましょう。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
1/20 今週の展望
「今週の展望」とは言いますが、
今週の動きを予測しても外すだけだと思います。
あくまで、今週のスタンス・・・くらいに考えてください。

日経平均は今年に入って、
10,500円~11,000円の間で、
ちょっと乱高下し始めたな、という印象があります。

乱高下というのは、天井圏でよく起きる現象です。

なので、週初めに高値更新をした後は(しないかもしれませんが)、
ちょっとどうなるかわからないと思っています。

とうことは、そのまま上昇を継続するかどうかは、
私は、結構微妙だと思っています。

ここが天井圏なら、どこかで急落の場面もあるでしょう。
しばらく持ち合ってから下落が来るのか、
すぐに下落が来るのか、それは神のみぞ知ることです。

日経平均が本当に強ければ、
その下落の場面が本当の押しになると思います。

しっかり見続けておきたいのは、
そのときの移動平均線の位置関係・向きなどです。
特に、今だと25日線。

それと、「週足」や「月足」も。
「日足」では、ボリンジャーバンドの+2σの中に、
株価がおさまっていても、
「週足」や「月足」では飛び出しているのが、
今の日経平均です。

短期的にはまだ上昇余地があっても、
中、長期的にみると今は上がりすぎ・・・というのが、
チャートの示すところなのです。

11,399円。
これは、2010年につけた、リーマンショック後の、
日経平均の高値です。

これを抜けていけば、日経平均が、リーマンショック前の
水準に戻ることになります。

当面の目標は、ここなのだと思います。

すんなりいくのかどうか・・・?

今週、その一歩が踏み出せるかどうか、
そういうところが焦点かなあと思っています。

週初めは上昇。
できればそこで、私の「買い」保持銘柄は利確したいものです。

そこからは、少し様子見。今週の私の展望は、以上です。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
1/19 ニューヨークの節目
このところの日経平均は、ニューヨークダウとの連動より、
ドル円の為替相場に連動しています。

昨年来、ついついニューヨークダウの動きを、
少しだけ軽く考えていました。

しかしながら、ニューヨークダウも今年に入って、
上昇を続けており、「日足」チャートの形も、
上昇波動を続けているのです。

そして、昨夜も上昇し、また高値更新。

実はこのまま上昇すると、昨年の高値を突破し、
いよいよ、リーマンショック(2008年)前の高値が、
目標として見えてくる段階に入ります。
それがだいたい14,000ドルあたりで、
一つの大きな節目になっているのです。
(ニューヨークダウ平均昨日終値13,649ドル)

今、ニューヨークは大きな節目を迎えているといって、
過言であはりません。

実は、このあたりがニューヨークダウと日経平均の、
大きな差なのです。

現時点で、というか数年も前から、
すでにニューヨークダウは、リーマンショック前の水準には
回復しており、
今回、もしもリーマンショック前の高値を突き抜けると、
それは10年来の高値というほどの高値になるのです。

ところが、日経平均は未だにリーマンショック前の水準にすら、
達していません。
今、やっとその挑戦に入ったばかりです。

ましてや、リーマンショック前の高値・・・と言ったら、
18,000円近辺なのですから、
今との乖離がよくわかるでしょう。
(日経平均昨日終値10,913円)

この辺の、日経とニューヨークの差分が、
全体的には「日本の立ち遅れ」と捉えられており、
今回の政権交代との関連が期待され、
今の日経の急騰に、つながっているのです。

つまりは、今の日本株は安すぎるんじゃないかってだけの話。

今の日経急騰のしっかりした根拠、
はっきりした理由なんて、何もありません。

実体がない中で、今の株の急騰は起きています。

でも、すごく大切なことは、
そんなことは、今回に限ったことではないということ。

株の世界に「実体」なんてものは、もともとありません。
なんらかの「実体」があって、それが株価に反映されている、
なんて考えたら、この世界で世渡りはできません。

株価は、常にいつも「虚構」です。、

だって、お金って「虚構」の価値じゃないですか。
数字って記号ですよね?

もっと言えば、コトバだって記号であり「虚構」なわけです。

さらに、大それたことを言うなら、
人間て、「虚構」の中でしか生きられないのです。

だからむなしいって言うんではなくて、
だから楽しい、と私は言いたいのです。。。

・・・ちょっと話がそれて来ましたね。

まあ、とりとめがなくなってしまうので、
今日はこの辺で止めときます。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
1/18 「買い」の持越し
先週の金曜日は「買い」保持銘柄を仕切りましたが、
今日は週またぎの持越しに決めました。

日経平均が強い、というのもまずは第一の要因です。
でも、それは先週と同じ。

日経平均が、ボリンジャーバンドの+2σまでまだ距離があり、
まだ上げ余地がある・・・。
確かに先週よりも大きな余地です。
でもおおまかには、それも先週と同じ。

ではなぜ、今週は持ち越したのか?

最低でも、もう一日は上昇が継続し、
今週月曜日の直近高値を抜けていくと思ったからです。

先週末は、高値を抜けた日でした。
そこで、上下にひげを付けた形、
始値と終値が近いコマのような形のローソク足を作りました。

でも、今日のローソク足は、はっきりとした陽線。
しかも、月曜と火曜の間に空けたギャップを、
しっかり埋めてきています。

形から見て、来週早々の高値更新は固いな、と思いました。

それでも、以上は、あくまで日経平均の話。

あとは、個別銘柄のチャートがどうなのか?
という話になります。

私の「買い」保持銘柄は、
今日、大きく上昇しましたが、
それでも、当初描いていた利確のポイントに後わずか及ばず、
という状況だったのです。

こういうときには、ついついグラグラしがちなんです。
月曜日に、思い切り下げてしまったら・・・。
などと考えると、いてもたってもいられなくなります。

それでも、銘柄のチャート、日経平均のチャートは、
信じていくしかありません。

いつ大丈夫で、いつ裏切られるかには、
おそらく法則性がありません。
(少なくとも、私にはそう見えます。)

勝負は、1回1回でなく、いつもトータルで考えましょう。
裏切られる確率が4割あっても、儲けることはできるのです。

利確できる確率がたとえ2割であっても、
「損切り」「利確」の設定の仕方次第では、
儲けることができると思います。

自分なりの一貫した見方、ルール、対処。
それを何度も繰り返してみないと、
儲かる仕組みかどうかはわからないのです。

焦らず、ゆっくりと進むべき道なのです。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
1/17 「損切り」は仕掛けの武器
今日、日経の下落と戻り上げを見て、
「買い」仕掛けました。

明日の仕掛けでもいいのですが、
見ていた銘柄が、いったん上向きの75日線まで落ちてきたので、
ココが待っていた仕掛けどころ・・・とばかり「買い」ました。

強い上昇相場に訪れた急落の調整場面。
でも、今日は直近安値(1/9)を割らずに戻って行った。
結果的に大きいな下ヒゲ。

待っていた押し目です。
ここで買わずして、何をいつ買うのでしょう。
今日、明日が、ここぞと待っていたチャンスなのです。

どうなるかの予測をここでしていても始まりません。

チャートがどんなにいい形でも、
相場が逆に行くことは、普通にあります。

でも、それを気にしていたら、仕掛けなんてできません。

形がいいときに仕掛ける。
トレードは、それだけしかないじゃないですか?

今、「買い」です。
そして、明日、今日の高値を抜いていくなら、
それも「買い」です。

明日、日経平均が今日の安値と直近の安値を割って、
下げていくようなら、「損切り」です。
運が悪かったと思ってあきらめましょう。

そのための「損切り」の設定です。

「損切り」とは、こういうチャンスにこそ、
果敢に(というか普通に)仕掛けていくための武器なのです。

私が、どんなに確信的に仕掛けても、
熱く情熱的に仕掛けても、
そんなことは相場に関係ありません、

だから「損切り」を設定するのです。

相場に神様はいません。
自分に見えているのは自分だけ。

頑張っていきましょう。
そして、変に頑張らずにいきましょう。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
1/16 デッドクロス
そうです。デッドクロスです。

今日、日経平均のMACDがデッドクロスしました。

調整にしろ、押し目にしろ、
これは「買い」はいったん中断、の印です。

先週はデッドクロスしそうな位置から持ち直し、
結局高値を更新していった経緯がありますが、
今週はデッドクロスしてしまいました。

しかも、今日の陰線は大陰線。
年に一度出るか出ないかの大陰線を付けてしまいました。

この局面で空売りが集中したとは思えませんので、
これは利益確定の「売り」でしょう。

なので、売りが売りを呼ぶような大下げが、
これから展開されるようには思えません。

狙うなら、むしろ「買い」の目線です。

本当にやりにくい相場ではありますが、
どこが買い場になるのか、という視点を持って、
節目を探っていきましょう。

まずは、直近安値の10,400円付近。

そこを日経平均が割っていくと、
「日足」のチャート形は、末広がりの持ち合いの波動になります。

今年に入ってから「買い」保持をしている人たちの、
投げ売りが出てくる反面、
押し目買いの力も強く出てくる価格帯です。

でも、乱高下しがちな相場になって、
ますますやりにくくなるでしょう。

そして、そのときの次の節目は25日移動平均線になるでしょう。
そこまで来たら、いよいよ「買い」出動です。

10,400円付近を割らずして反転するなら、
それも「買い」準備のサイン。

いずれにしても、「売り」の相場にはなりません。

(もちろん、これはあくまでスイングの話。
 デイなら、「売り」は大ありです。)

また、その日その日の上げ下げに、
いちいち反応していては、次のトレンドは取れません。

「損切り」ラインに来たら切る。

守るのは、そのことだけです。

「損切り」ラインに来ていないなら、
じっくりと見守る。

それだけが、トレーダーの唯一の対処方法です。

・・・今日も、御前様になってしまいました。
   連日、本当に、申し訳ありません。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
1/15 仕掛けられず
もうひと伸びなんですが、
ボリンジャーバンドの+2σの手前で伸び悩みです。

昨日の記事で、「買い」を勧めておいて、何なんですが、
朝一の寄りをやり過ごして、今日は正解でした。

ギャップを空けた高寄りが、そのまま今日の高値になってしまう、
そういう展開でしたね。

朝一、昨日の思惑通りに発注していたら、
含み損を抱えているところでした。

どうして朝、買わなかったのか?

明解な理由はありません。

ただ、朝の始値は、
特にギャップを付けた時にはダマシになることが多いのと、
CMEの日経先物の値に比べて、
寄付きの値が安かったからでしょう。

本当に強ければ、もっと高く寄るはずです。

そのあたりが、日経だけでなく、
銘柄によっては、低い寄付きだったりしたので、
寄りでの「買い」を控えたのです。

それと、
本当に今日の相場が強いなら、
一度高く寄って、下がったとしても、
必ず、もう一度、今日の高値をとって上昇する場面があるはず、
と踏んでいたので、
再度のポイント抜けを狙ったのでした。

ところが、
朝抜けた高値は、一度下がって以降、
再び抜けることがありませんでした。

そうならば見送りです。

そして、明日再度の仕掛け待ちです。

すごく、微妙な判断なので、
ご理解頂けなくても仕方ありません。

また・・・
今日、昨日の話通りに「買い」約定してしまったとしても、
それは間違いではありません。

ダメならダメで「損切り」すればいいのです。

「損切り」を怖がるあまり、仕掛けを躊躇するくらいなら、
仕掛けた方がよほどマシです。

その繰り返しこそが、成功を導くのです。

今日は、なんだかんだで日付を超えてしまいました。
ブログとしては、あまりいいことではありませんね。

今のところ、ニューヨークダウは下げています。

でも、明日は簡単に売り仕掛けないでください。
押し目が来るなら、むしろ「買い」です。

仕掛けてしまえば、後は結果論でしかありませんが、
それが定石というものです。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
1/14 何を買おうか。
東京は、朝の雨から大雪に変わっています。
こうなると、外出する気もなくなります。

外の車もノロノロ運転。
人の出足に大きな影響を与えているでしょう。

今日は月曜日、休みなのは日本だけ。
海外の相場は動きだします。

ドル円は、89円から90円をもうかがう勢い。

今のところ、どうあっても明日の日経平均が、
下げに回る可能性は少ないように思えます。

今の株の相場の局面は、
「何を買うか」がテーマになっています。

1月はどうもこのまま、大した押しの局面にはならず、
上昇か持ち合いか、そんなイメージですね。

もう少し、日経が押してくれるとやりやすくはなるのです。

ですが、そうも言ってはいられません。

仕掛けるなら、上昇波動なんだけど、
今は押している銘柄です。

ちょっと見つけたのが、
大日本スクリーン(7735)。

25日移動平均線の下まで押してきています。
嫌なのは75日線が上向きから平行になっているところ。

でも、昨年9月くらいから見てみると、
「日足」チャートの波動は、持ち合いから上昇に、
変化しています。

今後25日線を株価が抜いてくるなら、
素直に「買い」でいいと思います。

押しているところから買っていく、
というのは、こういうことです。

今は多くの銘柄が、25日線よりはるかに上で、
場合によってはボリンジャーバンドも飛び出して、
推移しています。

そういう銘柄の高値更新を買っていくのも方法ですが、
ちょっと躊躇しますよね。
だから、押してきたところを買いで狙うのです。

また、このところ気になっているのは、
グリー(3632)、任天堂(7974)、
ソフトバンク(9984)といった、
メジャーで大型人気銘柄のチャートの形です。

この上昇相場の中で、泣かず飛ばずの下降形。
非常に不気味に思えます。

まあ、今はほっとくしかない、と思ってますが・・・。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
1/13 日常生活とトレード
トレードで利益が出て来るようになると、
日常生活も少しづつ変わってくるようになりました。

トレードに必要な考え方が、日常生活にも浸透して
反映されてくる、ということです。

たとえば「無理をしない」「焦らない」とか、
「機が来るまで待つ」とか、「長い目で見る」とか。
あるいは、「自分の力ではどうしようもないことを考えない」
といったことです。

一言でいうと、じたばたしない・・・。

もちろん、年齢とともに変わっていく部分もある
とは思います。

でも、トレードの影響もきっと大きくあるのです。

トレードは「単発」という考え方だとできません。

一発勝負のトレードなんて決して成功することはありません。
結局は、長く継続していく繰り返しの中で、
だんだん利益が積み上がっていくというのが成功です。

それは、きわめて地味に見えるがゆえに、
日常生活にも通じることなのです。

日常にも、「一発勝負」なんてあり得ません。

「ここで上手く行けば」という場面があるのは否定しませんが、
5年10年の単位で見れば、
たった一場面ですべてが決まるなんてあり得ないのがわかります。

逆に言えば、一日だけの努力ですべてが解決するなんて、
そんなに人生は簡単ではないはずです。
「一発勝負」で人生を決めるなんて、
そんな安易なことでは成功は覚束ませんよね。

淡々と繰り返すことに大きな価値があるわけです。

そして、淡々とした繰り返しの先にあるものを、
しっかり見据えることにやり甲斐が見えてくるのです。

一日が、いかに大切か、
そんなことも実感できるようになってきます。

トレードって、本当に興味深く、飽きることがありません。。。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
1/12 三連休
今日から3連休。

正月の休みに続く1月のこの3連休は、
とても良い調整期間になっていると私は思います。

昨日までは、大発会やら仕事始めやら、
1年の始まりということで、
何事も、まだまだ本格的な取り組みに至らないことが多いです。

そこに、この3連休が入ると、
来週からは本格稼働、という気持ちが強くなり、
時間の流れが、ぐっと日常に近づきます。

相場には、そんな感傷的なことは無関係かもしれません。
でも、トレーダーの側にはそういう気持ちもあるように思います。

ということで、
この3連休も無駄なく過ごしたいと思います。

しかし・・・
昨夜のニューヨークダウは、小幅ですが上昇。
日経先物も、また上に向かって伸びました。

やっぱり「買い」銘柄は保持でよかったのですね。

これは結果論だとは思いますが、
自分が売った後の上昇を見てしまうと、
複雑な気持ちにはなるものですね。

実をいうと、
今現在、「買い」でも「売り」でも、
なかなか仕掛けられそうな、よい銘柄が少なくなっています。

日経と同じで、ポーンと上の方に上がってしまっているか、
あるいは、下げの形だったのに、全体相場の流れで、
上の方に引っ張られてしまって、変な形になっているとか、
そんな銘柄が多いです。

新たな仕掛けをしようとすると、
ちょっと待っておいた方がいい状況なのです。

ところが、日経がなかなか本格的に押してこず、
そのままどんどん上昇していってしまうので、
待っても待っても手が出せない・・・というようになっています。

そして、その間に、
狙っていた銘柄のチャートの形が、
望ましくないほうにいってしまうのです。

なので、私の仕掛けも、かんりのピンポイントで、
ほとんどデイトレに近いものになっています。

なんとかしのいでいるといったイメージですね。

でも、相場って、特にスイングトレードだと、
ほとんどが「我慢」の時期だと思います。

たまに(1カ月に1-3回)やってくるチャンスを、
どう生かすのか、というのがスイングの基本ですから、
そのイメージは正しいと思うのです。

3連休、じっくりと研究です。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
1/11 本当は保持?
ニューヨークダウの上昇高値抜け、為替のドル高、
ということで、今日も日経平均は強く寄りつきました。

一気の高値抜けからさらに上げました。

私の「買い」銘柄も思惑通りに上昇。
また、ニュースが出たこともあって、
かなりの上昇となり、ランキングの相当に上位まで行きました。

で、週末ということで仕切りました。
ほぼ高値で利確できたので、それはそれでラッキー。

しかし、持越しでも良かったと思いました。

日経平均は、まだボリンジャーバンドの+2σまで、
余地を残していますし、
私の銘柄も、同じような状況でした。

チャートの形から言えば、もう一日保持でもよかったのです。

でも、この高値圏での更なるギャップを付けての上昇で、
早めの利確を優先しました。

ひとつは、週末であったこと。
もうひとつは、高値圏での乱高下の可能性を考えたことです。

今の相場は、結構難しい相場です。
大きく上に下にと振られる可能性も大きいです。
特に、個別銘柄によっては、この日経の動きが、
増幅されて出てきます。

一寸先は真っ暗闇ということだってあり得ます。

大きく上げれば、次には大きく下げる可能性も出て来る、
ということです。

ならば、週越しの保持などするより、
今ある利益をとりあえず取っておいた方がいいのです。

本来は、利益はできるだけ伸ばすのが正しいのですが、
相場つきや時期によっては例外もあるのです。

その臨機応変さが、単なるルール破りであるならば、
決して認めるべきではありません。

けれども、決してルール破りではない、と、
自分で自信を持って言えるなら、
それはそれでいいと思います。

もちろん、根拠のある自信です。

ぜひ、「週末だから仕切る」というのも、
立派な根拠の一つだと考えてください。

無理をしてはいけません。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
1/10 「買い」
今日は、ほぼ予告通りに「買い」ました。
日経のローソク足は上昇の形。5日移動平均線の上です。

寄付きが、ほぼ昨日の高値でしたので、
私が買い仕掛けた銘柄の約定も、寄付きからすぐでした。

きわめて狙い通りに仕掛けられたわけです。

ですが、そこからの日経は持ち合いの様相で、
上げたり下げたりと、分足ではあまりはっきりしたトレンドは、
出ませんでした。

なので、私の「買い」銘柄も、大して上昇せず、
引けでは、かえって含み損になってしまいました。

明日上昇してくれればそれでいいのですが、
昨日も書いたように、日経平均はMACDが、
デッドクロス寸前なのです。

私はMACDに全幅の信頼を置いて、
トレードしているわけではありません。

しかし、デッドクロスは、要警戒です。

12月は、それで完全にすかされましたが、
だからと言って、
いつもすかされるということではありません。

利益確定の指標としては、
日経平均が再度ボリンジャーバンドの+2σを抜けたら、
くらいで考えています。
逆に「損切り」は、MACDのデッドクロスにしても
いいかもしれません。

買った以上は、なんとか爆上げしてくれると嬉しいのですが。

今日の相場を見ていると、
どうも日経の動きの割りに、荒っぽい上下動をする銘柄が
目立ってきています。
昨日の教育関連もそうでした。

今日は東京電力の行って来い。
アイフルも相変わらずすごいですね。

とても魅力的ですが、私はあまり手を出していません。
今日の東京電力の「買い」などはできたかもしれませんが、
やりませんでした。

どうも良くわからん動きには、
私はついていかないようにしています。

どうも苦手です。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
1/9 日経持ち合いの仕掛け
昨日安値よりも低く寄って、昨日高値を付けたうえで、
日経平均は引けました。

「日足」のローソク足では、持ち合いの足となりました。

日経は、やはり強い様子です。

短期的な指標とも言える5日移動平均線を、
今日は再び抜いてきました。

こうなると、基準は今日の足。
今日の高値を日経が抜いてくるなら、まずは「買い」。
ボリンジャーバンドの+2σまでは抱えていていいと思います。

そして、年初の高値を抜いていくなら、さらに追撃の「買い」。
これは、少しロットは落としましょう。
ボリンジャーバンドからすると、リスクもあります。

「損切り」は5日線でもいいし、
今日の安値でもいいです。
ただ、今日の安値だと、「損切り」幅は少し大きくなるので、
そこは、あくまでその幅に耐えられるかどうかで判断です。

日経平均からみると、以上のようになります。

個々の銘柄の仕掛けも、この日経の様子をよく見たうえでです。

実は、日経平均のMACDはデッドクロスしそうな形です。
明日、下げるならその下げ方によって、
デッドクロスがすぐそこに見えてきます。

ここまでの高値に来てのMACDデッドクロスは、
相当に危険ではあります。

これに逆らうと、思わぬ傷を負うこともあります。

今日の高値を抜けてから・・・。

そこをよく見て、仕掛けていきましょう!!


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
1/8 本日の損切り
日経が10,500円付近まで下げてきました。
やはり、ボリンジャーバンドの+2σから押してきましたね。

今日は、ギャップを空けて寄りつきました。

しかし、そのギャップがそれほど大きくなかったことから、
寄付き後、いったんは上昇して、昨日の安値との間のギャップを
埋めるような動きの後、結局は下げていくんじゃないか?
との見通しを持ちました。

そこで、デイの「損切り」仕切りを決めて、
アステラス製薬(4503)を25日移動平均線手前で
売ってみました。

この銘柄の「日足」を見ると、
長い上昇トレンドがそろそろ終わり・・・
12月には、下降波動に入っています。
そして、一度75日線を割り込んでから、新年は急騰で戻り。

ココから下げなら、今や横ばいになった75日線を割り込んで、
かなりの下落が期待できると思ったのです。
(今日それなりの含み益が出れば持越しも視野に入れてました)

「損切り」ラインは昨日の高値抜け。
かなりリスクの少ない仕掛けではありました。

しかし、結果は、25日線下の4050円であっさりと約定の後、
ほとんど持たずに「損切り」。
あっという間に、4065円を抜けてしまいました。

欲張らずに、昨日の安値割れまで仕掛けを待てば、
約定せずに済んだのに・・・

後で後悔しても始まりません。
もともと、覚悟の上の仕掛けですから。

今日、この銘柄は、
波動局面における直近高値4080円も上昇して更新し、
僅かながら、末広がりの持ち合い形になってしまいました。

こうなると、乱高下も予想され、よくわからなくなり、
「売り」も「買い」もしにくくなります。
デイの「損切り」で正解だったと思います。

正直、ここまで上昇するとは思いませんでした。

さあ、明日は、どうしましょうかね。。。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
1/7 ボリンジャーバンド
すいません。
すでに、日付が変わってしまい、
ニューヨーク市場も始まってしまいましたね。

日経平均は、調整しました。
ボリンジャーバンドの+2σの中に、戻って来た形。
そして、ローソク足は、1月4日の高値を抜けず、
安値を下回って、下降の形です。
MACDも少しへこんだ・・・。

だからといって、「売り」仕掛けは控えた方がいいような。

私のスタンスでは、今売っちゃダメ。
今買っちゃダメ。

もう少し下げるかもしれないけれど、
次に1月4日の高値を抜けていくところ、
そこが「買い」です。

もっと下げて、10,000円くらいまで押すなら、
25日移動平均線の付近でトレンド転換するところ。
そこが「買い」です。

待っていると時間はかかるかもしれませんが、
以上が、「人よりかなり遅れて仕掛ける」の具体的な指針です。

押すなら、「売り」も場合によってはあり。

もちろん「売り」はデイ。持越しは厳禁。

ここから下げのトレンドが出て、大暴落・・・というのも、
可能性はありますが、現状それは無視していいでしょう。

チャートを見れば、この当たり前の仕掛け戦術が描けます。
日経平均がボリンジャーバンドの中に戻ってきて、
少し見通しが開けてきたということです。

しごく当たり前の話です。

日々の株価の上下に一喜一憂するのは、
それはそれで仕方ありません。

でも、仕掛ける時には機を伺いましょう。

まだですね。まだ。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
1/6 始めよければ終わりよし。
年始になると、いろいろな「やる気」がアップするというのが、
どうやら一般的なイメージのようです。

トレードの場合でも、税金の関係もあってか、
1月~12月が1年が一つの区切りになっており、
「始めよければ終わりよし」とばかりに、
投資家はスタートダッシュを気にする傾向にあります。

「やる気がない」というのは、もちろん、何事においても、
よい結果をもたらしません。

当然のことです。

人間は「やる気がある」からこそやるのであって、
「やる気がないけどやらなきゃならない」なんていうのは、
不幸極まりない状況です。

それでも、学生の頃の試験勉強や、
社会人でも、仕事にやりがいを見いだせないような場合は、
往々にして、そんな状況にある人も多いのが現状でしょう。

「やる気がある」というのは、何はさておき、
何事をなす場合でも、まずは第一条件のように思います。

ただし、「やる気」に必然性があるのかどうか、
というのも一つの観点です。

特に、トレードの場合は、
「やる気」次第で、チャートがどうにでも見えたりします。

大した勝負ポイントでもないのに、「やる気」が強すぎると、
「ここだ!」と見えてしまったりするのです。

特に、周囲の状況によってその「やる気」が創り出されている場合、
冷静になれずに、気付いた時には失敗しているというのも、
十分に起こりうることです。

トレードの場合、仕掛けてしまうと、
あとは自分の力ではどうしょうもありません。
「やる気」があろうとなかろうと、株価が動くだけです。

なので、「やる気」が必要なのは、仕掛けの時だけです。
「やる気」といっても、仕掛けの必然性をしっかり見据えた、
「やる気」。

よしやったるでーーー!
みたいな「やる気」は、まあ、上手くいかないんだと思います。

逆に、そんな「やる気」があると、「損切り」できなくなったり、
「利確」できなくなったり・・・。
いいことないんじゃないでしょうか?

年始に利益を出さなきゃいけない、なんてのも、
そんなことが簡単にできるなら年中やってればいいわけで、
不自然な思いであることは明らかです。

いつも、「なぜ」なのか考えて仕掛けましょう。

「始めよければ終わりよし。」

この言葉は、トレードにおいては、
「始め」を気負わず、いつも通りのやり方で過ごせれば、
それをずっと「終わり」まで継続して貫いていける、
という意味に捉えるのが正しいと思います。

年始だからと言って、
値動きのスピードや気持の上では、変化があるかもしれませんが、
トレードのやり方に変化をつけてはいけません。

明日からも、いつも通り行きましょう。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
1/5 人よりかなり遅く仕掛ける
ニューヨークダウがじりじりと高値を更新して来ました。
ドル円相場も、乱高下しながらさらに円安が進む展開。

どうも、上昇の勢いは続いて止まりません。

想像するに、このまま一直線に上昇に向かうというよりは、
多少の乱高下を繰り返しながら、終わってみると上昇、
といったようなイメージで上げていくように思います。

本格的な「売り」を考えるのは、ちょっと無理な状況。
やるなら「買い」ということになりますね。

ただ、日経平均が大幅ギャップアップするならば、
超短期限定的に「売り」も検討可、ということになるでしょう。

いつまでも「売り」を持っているのは、とても危険です。
どうやら、かなり大きな上昇相場が来そうな気配があります。

昨日(1月4日)は小手調べだとしても、
来週からは、本格的に相場が始まります。

相場への仕掛け方を考える時に、
ちょっと考えておきたいのは、
「人と一緒に仕掛ける」のではダメになることが多い、
ということです。

優位性は、「人より早く仕掛ける」か、
「人よりかなり遅れて仕掛ける」ことにあると思います。

一番ダメなのは、「人より少し遅れて仕掛ける」ことで、
これは、高値つかみでみんなの餌食になるだけです。

「人より早く仕掛ける」というのは、
みんながある価格に殺到する前に、買っておくことです。
ポイントに達する前に仕掛けるのですから、
これには、当然ながらリスクがあります。
私には、どうもこのやり方はできません。

「人よりかなり遅れて仕掛ける」というのは、
いったんみんなが殺到して価格が上昇するが、
その過熱の反動で反落、そしてもう一度その価格に上昇してきたときに、
買うということです。
私は、どちらかというと、こちらの方が得意です。

よりチャンスの数は少ないとは思いますが、
性分でもあるので、仕方ないなあ、と思っています。

反面、きちんと思惑がはまったときには、
かなり大きなトレンドも取れる可能性があります。

今のこの上昇相場でいうならば、
うまい具合に「押し目買い」で決めたいなあと思っています。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
1/4 なかなか買えない
やっぱり、上に飛んでしまいましたね。
ギャップアップの寄付きでした。

これだと、「買い」のポイントを的確にとらえるのは、
きわめて難しくなります。

スイングなんだと割り切って、
逆指値だけで発注して場を見ないやり方ならば、
それでもいいのですが、
なまじ、相場の動きを見ているとなかなか仕掛けられません。

ギャップアップで、「買い」のポイントを通り越してしまった場合、
どうしても買おうと思うと、ポイントより上で買ってしまうか、
あくまでポイントで待つのか・・・判断が必要です。

追いかけてポイントより上で買うのは、
よほどのことでない限り、やってはいけません。
やられた時に悔いも残ります。 

かといって、ポイントで待つとすると、
上から株価が下げて来るところを拾う形になるので、
そのままだと逆張りになります。

なので、運よく下げてきたならば、
いったんポイントを割って下げていくところは見送って、
再度反転して上昇するときにポイントで買う・・・
という見通しをたてて実行するのがいいのです。

ところが、これがなかなかうまく行きません。
思ったように株価は動いてくれないのです。

ポイントの少し上で反転上昇してしまったり、
ポイントぴったりで反転したりするのです。

あるいは、いったんの下げ(=押し)が案外にきつく、
反転して戻ってきたのはいいが、
今度はポイントだったところが壁(=抵抗線)になって、
自分の買い玉が約定した瞬間に、再度下げに入る、
みたいなことになったり・・・。

どうも、ギャップアップの「買い」は、
判断や対応が難しくなります。

今日も、なまじ場を見ていたばかりに、
調子がくるってしまったようなこともありました。

様子見していた方が良かった気もしますが、
まあ、いつものペースです。
ゆるゆると行きましょう。

それにしても、円安は進む一方ですね。
今この時間(19時前)、88円に突入しています。


まだまだ行くんですかね?
どうなることやら・・・。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
1/3 ニューヨークの爆上げ
1月2日の世界の相場は、爆上げでした。
ニューヨークダウが300ドル以上もの上昇です。

これで、ニューヨークは直近の高値を抜けました。
「日足」チャートは、末広がりの持ち合いだったところ、
さらに大きな持ち合い波動になったわけです。

CMEの日経先物は、10,800円を越えています。
今夜の相場も見る必要がありますが、続伸するなら、
明日の日経平均の寄り付きは、いったいどうなるのでしょう?

為替も、87円台に突入し、
日経平均のさらなる上昇は必至のように思えます。

1月4日のポイントは、
どこで寄るかということより、その後どうなるかでしょう。

大きなギャップをつけて上昇の寄りつきの場合は、
「売り」も視野に入ってくるのですが、
今年の場合、ちょっと「行け行け」の高値更新の展開のほうが、
あっている気がします。

調整は入るものの、しばらくは上昇の空気が、
相場を支配しそうです。

だとすれば、明日は「買い」目線で行こうと思います。

ただ、「買い」のポイントを大きく超えて寄り付いてしまえば、
必然的に見送りです。

昨日自分なりに絞り込んだ銘柄の中で、
パイオニア(6773)、セガサミー(6460)、
新日本無線(6911)あたりのトレンド転換や、
パーティション抜けを、寄付きで見守りたいと思います。

うまくいけば(当たり前ですが)、利益になるでしょう。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
1/2 銘柄を探し始める
毎年思いますが、年末年始というのはあっという間です。
ゆっくり休もうと思うのも束の間、
帰省したり、テレビを見て過ごすうちに三が日は過ぎてしまいます。

楽しく感じることって長続きしませんね。
だからこそ、その楽しい時間が貴重に思えるのですね。

ということで、今日は二日。明日は三日。
そして明後日には大発会というわけです。

少し、銘柄にも触れておこうと思い、
いつも見ている東証一部銘柄をざっと見てみたのでした。

注目したのは、以下の3種類。

① 年末の日経平均の上昇に伴って、
下降波動から上昇波動に転換したものの、
まだ上がりきらずにいるもの。

→ これは、今後日経が続伸を続けたときに、
  大きく上昇する可能性を秘めています。

② 年末までに十分に長く上昇を続け、
そろそろ力尽き、上昇波動から下降波動に転換したもの。

→ これは、今後日経が弱ぶいた時に、
  どーんと下げる可能性があります。

③ しばらく持ち合いを続け、しだいにその動きが、
小さな値幅の中に収まってきているもの。

→ これは、何かのきっかけで、いきなり持ち合いを脱し、
爆上げ、爆下げする可能性があります。

大まかにこんな感じの分類です。

ざっと見ておくと、業種ごとの現状の傾向なども、
大体把握でき、とてもよいウォーミングアップになりました。

結局①~③までで、20くらいの銘柄を取り出しました。
そのうち、実際に仕掛けに至るのは多くて5つくらいだと思います。

あとは、普段からやっているメジャー銘柄を見つめながら、
大発会を見ていこうと思っています。

正月にしては、ちょっと頑張りすぎかもしれません。

でも、どうしても時間があるとチャートを見てしまうので・・・。
性分なので仕方なしです。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
1/1 おめでとうございます。
あけましておめでとうございます。

2013年もよろしくお願いいたします。

早速ですが、ニューヨークダウが上昇して来ました。
円安も急進展。

日本の大発会は1月4日ですが、
海外は1月1日のみ休場。
明日2日から、通常通りの動きになります。

海外相場は、年末の日経平均の上昇の動きを後追いする形に
なっていますね。

日経平均の長期的な動きを「月足」で見てみると、
2012年は、1年かかって上昇波動を作りました。
年末に年初来高値を更新したからです。

2010年、2011年と日経は下降波動を作りました。
その波動が昨年上昇に転じているのです。

今年まず目標になるのは、
2011年の震災前の高値、10,850円近辺です。

そして、「月足」のボリンジャーバンドの+2σに沿って上昇・・・
そんな動きになるなら、
2010年の高値11,350円付近も視野に入って来ます。

そう見ていくと、2013年は、もしかすると、
大きな上昇相場になるのかもしれませんね。

「月足」を見ると、そんな兆しも感じます。

私の場合、そこまで長い視点でのトレードはしませんので、
「月足」の上昇相場であっても、
「日足」を基本において、短期の売買を繰り返します。

ですが、今年1年を占う意味で、
少し大きな視点で相場を見ることもします。

また、1年の始まりです。
じっくりと、腰を据えて、相場を見ていきたいと思います。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ