損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
2/27 打診売り
もちろん、恐怖感はつきといます。
慎重さはあったほうがいいと思います。

今日の最大のトピックス。

日経平均の「日足」チャートで、
久しぶりに、下から上に引くトレンドラインを割って引けた、
ということですね。

もちろん、大きな流れは、まだまだ上昇なんですが、
いったん下降の局面に入ったかも知れない、
という意味では、明日が一つの「売り」のチャンスです。

最近は、いつもこの時間の記事更新で、
ニューヨークの動きは少しばかり見えているのですが、
そんなの朝にならないとわかりません。

今のスイングは、腹を据える必要があります。

なので、打診「売り」。

幸いにして、25日移動平均線が、
今日のローソク足のすぐ下にあります。

日経平均が、25日線を割ったらというのでもいいし、
今日の安値を割ったらというのでもいいし、
はたまた、個別銘柄のチャートだけを見るもよし。

それは、トレーダーのスタンスによればいいと思います。

私は、今日の安値割れ。
これを見たうえで、個別銘柄が売ポイントに来たならば、
「売り」で行こうと思います。

この上昇相場で、「売り」かよ。。。。
とは、心底思いますが、
条件がそろわなければ、仕掛けないだけの話です。

リスクは、「損切り」の幅だけです。

思いっきり仕掛けずに、まずは小さく仕掛ける。

いわゆる、「打診売り」ということです。

「打診」は打診ということですので、
その域を超えないことが重要ですし、
次に来るべき、本気売りも考えての仕掛けです。

痛くない「損切り」も必ず設定してください。

それで、少しでも気楽に出動できるのでは?
逆に言えば、上昇相場は見えているわけですから。

負けるとわかっている仕掛けをする必要はありませんが、
勝ったら大きそうなチャンスを見ておくのは必要です。

気晴らしに、ひと仕掛け・・・ということですかね。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
2/26 あららら
なんとも・・・、ニューヨークダウの影響?為替の影響?
今度は、ガツンと下げて来ました。

しかし、いったん振り出しに戻ったと見せておいての、
上昇かなあというイメージはあります。

ここで簡単に落とされるわけにはいかないってことでしょう。
「損切り」ラインに達していないなら、当然「買い」保持です。

昨日の話とは全く逆ですが、
とりあえずギャップを埋めに来た、とも言えます。

わからんなあ・・・。
スイングは本当にわからん。

何すりゃいいのって思います。

昨日の上昇が、単にダマシのブレイクで、
そこが下降への転換点、というシナリオもあるにはある状況。

個別銘柄を保持しているなら、実に厄介なことです。

それでも、仕掛けた時のスタンスは変えちゃダメです。
今回はそれで「損切り」になったとしてもです。

それも、セオリー通りです。
なんら間違っていません。

今、この局面でどうこうしようでなくて、
「いつもこうする」という揺るがぬセオリーが必要なのです。

そこをブラしてはいけません。

相場での失敗は、こうした「ブレ」に対して始まります。

一度ブレたら、二度ブレます。最後までブレます。

最後までということは、破滅までということです。

切るものは切る。
躊躇なく切る。
そんなこと考える間もなく切る。

ブレちゃいけません。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
2/25 行くのかなあ?
グーンと行きました。
週初めに、いきなりのブレイクです。
11,500円をスパンと上抜けての大上昇。

うーん。参ったですね。

今日は、海運などが、ランキングに沢山入りました。
狙っていれば、買えたかもしれませんが・・・。

25日移動平均線付近でのトレンド転換銘柄などは、
狙い目だったかもしれませんね。

でも、正直、きついです。
ギャップを空けての上昇をされると、
さすがに、思い切って出動しにくいですね。

たとえばJFE(5411)のように、ギャップは空いても、
トレンドラインは抜けずに寄りついた場合は、
トレンドライン抜けを、一つの「買い」ポイントにできるわけです。

でも、川崎汽船(9107)みたいな、
トレンドライン抜けのギャップは、なかなか勇気も出て来ません。

こういう、何かしら誰でも見ているようなラインを超えての
ギャップは、埋まらないことも多いです。
ずっと以前、このブログでも書きましたが。)

「損切り」の時には、参考にしても、
仕掛けとなると、なかなか参考にしにくいのは確かです。

あと、今日上昇した銘柄は、バリバリの高値更新。
私にはとても行かれません。

昨日書いた、大相場への道、歩んで行くんでしょうかね。
そんな論調も、次第に出て来てますね。

ものすごいチャンス!
と、捉えている人は多いのかもしれませんが、
そんな時こそ、要注意だと、私は思うのですが・・・。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
2/24 大相場が来るのか?
もうすでに、知られていることなのでしょうが、
今、日経平均は、かなりの長期で見た時に、
大きな大きな節目に来ています。

一番下にある、月足チャートと、
そこに引かれたトレンドラインを見るとわかります。

38,957円。
これがバブルの頃、1989年年末の最高値。

そこから日経は、20年以上下落を続けて今日に至っています。

その下落の波動が、ついに、変わるのか否か。

それが、今の日経平均のトレンド転換へのチャレンジです。

もしも、今後も上昇を続けて、
この超長期のトレンドラインを抜けることがあれば、
それがダマシだろうとなんだろうと、
大きなニュースです。

私は、このラインを簡単に抜けるとは思いませんが、
そんなのは、個人の根拠のないイメージにすぎません。

一気に大きく超えるなんてのも、
ありうるシナリオの一つなのです。

相場にかかわる人たちは、
みな、この大きなトピックスを気にしていると思います。

皆が気にしているからこそ、
相場の動きがわからなくなる、ということもあるし、
わかりやすくなるということもある、
まあ、平たく言えば、
結局どうなるかはわからないのです。

でも、トレーダーであるなら、意識はしておきましょう。

結構、大事な節目に来ているのです。

2012日経0124

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
2/23 決めつけは禁物
昨日は、ブログもお休みしてしまいました。
ちょっと体調がすぐれず、いかんともしがたく。

昨日の日経平均の動きは、
なんだかんだでやっぱり持ち合い的な感じ。

前場は、ぐっと下げて来ました。
「日足」のチャートで見た時に、
下から引くトレンドラインを割ってきたのでした。

しかし、これがダマシ。
前場の後半から後場は、一転して上昇のトレンド。
前日終値を上回って行ったのでした。

今週を振り返ってみると、
直近高値の11,500円を一瞬だけ抜けました。
これによって、また上昇波動が作られる下地になりましたね。

でも、この一瞬の11,500円抜けは、ダマシ。
そして、昨日の下からのトレンドライン割れもダマシ。

上下両方のダマシに挟まれた持ち合い、という結論でした。

11,500円をパーティションとする、高値伺いは、
来週も続くように思います。
ニューヨークダウも、同じような動きの中で、
昨夜、上昇して来ました。

ただ、油断は禁物ですし、決めつけるとダマされます。

いずれにしても、日経は相当な高値圏に来ています。
いつかは下げる時が来るはずなのです。

仕掛けは慎重に、ロットも落とすなり仕掛け数を減らすなり、
何らかの対応がないと、思わぬ損失を被る可能性があります。

もう、何度となく書いていることですが、
ホントに嫌になっちゃう相場なのです。

でも、相場の動きの基本は変わることはないと思います。
上がれば必ず下がるのが相場です。

本格的な「売り」までは、もう少し待ちます。
11,500円抜けの時には、やんわりと「買い」。
スタンスは、そんな感じ。
銘柄も、常に逆の動きの可能性をチャートの中に探しながら、
スタンスを決めていった方がいいですね。

もうすぐ春が来ます。
がんばっていきましょう。

・・・・・・・・
株の基本を効率よく学びたいなら、この学校です。
日本における決定版だと思いますので、強くお勧めいたします。

株で勝つための特別な方法

「特別な方法」と銘打っていますが、
決して「特別」ではありません。基本があるだけです。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
2/21 じゃあ下落?
持ち合いですね。日経平均。
ニューヨークも同じような展開です。

上に行くのかと思きや、下落はするものの、
あまり下がらない。

そんなところ。

私は、もう、だんまりを決め込んでいるので、
見ているだけ。

ただ、そこそこの結論が出るなら、それはそれで出動、
くらいに考えています。

大事なのは、「そこそこの結論」というところです。

相場には、本当の結論はありません。

いつも動いているし、永遠に動き続けます。

ただし、短期なら短期で、動くポイントはあるわけです。

そこを見極めないとダメですよ、ということ。

今の日経、持ち合いや少々の下落局面では、
動いてはいけません。

私は、今「売り」の目線です。
ですが、それが外れた時には、損失も出すわけです。

だから、慎重に行きます。
簡単に仕掛けません。

でも、だからと言って、
ストレスをためているわけではありません。

単に気分でないだけです。

なんだかいろいろ勉強になる相場です。

まあ、それもいいじゃありませんか。。。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
2/20 あまりにも微妙
びみょーな、あまりにも微妙な上昇でした。
確かに、日経平均は高値更新しました。

ついに、11,500円を抜けたのです。

しかし・・・。今日はそれで終わり。
先物に至っては、ぎりぎり、高値同値。
更新はできていません。

後はニューヨークに任せたとばかり、
まったく他人頼みの展開です。

さりとて、ニューヨークダウとて同じ展開。
なかなか持ち合いの域をはっきりと出てくれません。

まるで互いに責任を押し付け合うような関係ではありませんか。

「日足」のチャートを見る限り、本当にそれが正解です。

銘柄は勝手に動いてます。
関西電力なんて、売らなくてホントに良かった、てなもんです。
サニックスなんかは気持ちよく突き抜けてますし。

今日、何でもいいから買っておいて、
明日のはっきりとした高値更新を待つ、なんて、
とても、私の発想にはありません。

聞くと、そんなトレーダーも多いみたいです。
まあ・・・高値更新はしていますから、
それはそれで理由もあるわけです。
責めることはできません。

やるもよし、やらないもよし、
ただ基準は、作りましょう。

なぜ、やるのか。なぜやらないのか。

理由がないと、「損切り」したときに、
悔しい思いをするだけです。 


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
2/19 どっちだ?
ニューヨークダウが相変わらず、持ち合いを続けています。
そのうち、ポーンと上に行くのか、ドーンと下げるのか、
それがわかれば苦労はしないのですが、気にはなりますね。

日経平均も、持ち合い。
上げそうで上げないけど、下がらない。
少なくとも、弱くはない。
落ちないだけ強いんだと言える状況かとは思います。

先週末は、ちょっと「売り」の目線で、
銘柄を狙ってみましたが、
昨日の時点で、全然あきらめムード。

上昇しそうな銘柄があるのと同様、
落ちそうな銘柄もあります。
でも、思い切って売っていけない・・・。

関西電力(9503)なんか、売りたいのです。
通常なら。
でも、落ちないのですね。なかなか。
日経次第でズドーンがあるように見えるんですが。

日経とほぼ連動して高値圏で動いている銘柄なんかは、
今は無視です。
もうどうしようもありません。

アコム(8572)やDENA(2432)が、
75日移動平均線まで戻ってくるなら「売り」たい。
でも、これらは動きが激しすぎるんですよね。
ちょっとスイングだと、勇気要りますし。

というわけで、今日も優柔不断で、
判断不能なまま、日付を超えそうです。

今時点のニューヨーク。。。
やっぱり、持ち合ってますね。

相変わらず、思考停止状態に陥っています。

焦らない、焦らない。

動きたくても動けないときって、
動いたもんまけ、というのが相場です。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
2/18 上昇はしたけれど
日経平均は、またまた大幅な上昇。
調子が狂ってしまうようなギャップアップと上昇でした。

もうどうにでもなれ。
私は、そんなことすら感じてしまいました。

でも、よくよく今日の日経平均を見てみると、
高値更新はできていません。

先週2月12日の高値には届きませんでした。
「日足」のチャートの波動は、まだ下降のままです。
2月に入ってからの波動は、大きく見れば持ち合いです。

まあ乱高下といってもいいと思います。

しかしながら・・・、もう上昇しないかというと、
更によく見ると、ボリンジャーバンド。

+2σのラインが、11,500円を超えて、
上向きになっています。

上昇余地は、まだ残されていると見ることができます。

2月の高値を、明日以降で抜けていく可能性は、
十二分にあると言ってよいでしょう。

1月も、まあ同じような状況で、
10,500円~11,000円の間で持ち合い。
そこから、11,000円を抜けて上昇波動継続。

2月も、今後11,500円を抜けるのでしょうかね。

なんだか、そんな雰囲気になって来ましたね。

目先は、とにかく2月の高値更新の有無でしょう。
抜ければば持ち合い解消です。

でも、私には、そこで買っていく勇気が・・・。

情けないですね。
どうも、信じられない。

というか、信じるとか信じないとか、
そういう次元でトレードなんか語るつもりはないのに、
ペースが完全に狂っていますね。

ちょっと、最近スイングに乗り換えているのが、
悪影響しているのでしょうか?

少し、自分を見直す必要を感じています。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
2/17 いろいろな見方
昨日のド深夜、というか今日、
株の仲間と、いろいろと話す機会がありました。

狙っている銘柄とか、相場の動きのこととか、
それぞれが、あーでもない、こーでもないと、
ワイワイ、ガヤガヤ、やりました。

そこで、気がついたり思ったりしたこと。

たとえば、昨日私がブログで書いた銘柄。
DENAやSUMCO、関西電力とか、
私とは、全く逆の狙いを持っているトレーダーがいます。

SUMCOなど、今は持ち合いの波動にあるのだから、
25日線を抜けて行った時は、
上から引くトレンド転換のチャンスになる、と。
信用売り残が多いのであるから、狙いは「買い」。
856円のパーティション割れは、ダマシの可能性があり、
「売り」は怖いのだ・・・と。

関西電力も同じ。
今の下降の波動は、上向きの75日線から反転の可能性あり。
金曜の陽線はその可能性を示している。
25日線あたりに、上からのトレンドラインがあるが、
それを突破すれば、「買い」なのだと。

結論からすると、私とは全く逆の狙いです。

私は、今、どちらかというと、全体的に「売り」の目線に
なってきつつあります。
が、それはもちろん日経平均の動き次第だと思っています。

なので、上の仲間たちの見解も私は正しいと思っています。

日経が上に向かうなら、やっぱり、
上に言うような理由によって「買い」が正しいのです。

あとは、全体相場の流れに沿っていくのか、
あくまで個別のサインに忠実に行くのか、そこなのです。

これはトレーダーによって変わってくる見方(スタンス)でしょう。

大切なことは、その見方が一貫しているか、
一貫していないかの問題だと思います。

他のトレーダー仲間と話すことで、
こういう、見方の違いや、見方を持つ大切さが、
より理解でき、実感できます。

一人だと、なかなか客観的な視点が身につきません。

そんなことを感じた次第です。

・・・・・

ここからは、また宣伝になりますが、
先週ご紹介した、トレードのメルマガ。

株をビジネスにする究極の方法

(これは、
 私がかつてお世話になった学校がやっているものです。
 今のトレード仲間も、その学校が最初の出会いの場所でした。)

あまり短期的に、どうこうしようというのではなく、
できるだけ落ち着いて、長めの視野で、取り組んでみてください。

もちろん、自分の努力次第では、
短期でなんとか・・・という期待にも、十分応えるものです。
自分次第で、どこまでも発展していきます。

メルマガに関していえば、無料ですから、
何らのリスクはありません。
嫌なら読まなければいいことです。

私は、いい加減なものは絶対に紹介しません!
自分のスタンス、経験値に基づいてしか、判断しません。

http://123direct.info/tracking/af/798952/AgqiRqu2-qMYikrxy/

紹介ページに出てくる先生方3人の写真も、
ちょっと・・・ホントに大丈夫な人たち??
と思うかもしれませんが、大丈夫です。
実力的にも人間的にも、いい方ばかりです。
(なんで、こんな写真使うんだろう??と思います。)

そこは、ご安心ください。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
12/16 銘柄展望
さて、土曜日。
基本的な戦略を練るのももちろんですが、
銘柄整理を行っておくのがこの週末でもあります。

銘柄の戦略と、全体相場=日経平均の方向性が一致するときが、
仕掛けの時です。

いくつかの銘柄を見てみたいと思います。

基本は、「日足」のチャートに、
75日と25日の移動平均線、ボリンジャーバンドを表示させ、
ローソク足とチャートの方向を見ていきます。

DENA(2432)。
下降の形になりました。

1月末から2月にかけて、いったん75日線まで下降し、
そこから大きく反転しました。
この銘柄らしい動きです。ですが、前の高値(1月の高値)は
抜けられず、再度の大下げ。
今度は75日線を大きく割り込みました。

狙い目は、ここから75日線まで反転上昇してきたときです。
そこで「売り」。
この銘柄のクセですが、
そこで一度上に持って行かれるかもしれません。
それがいやなら、75日線抜けからの上昇を待つのもあり。
そのときは、25日線付近までの上昇を待ちましょう。
そこからの下げ、そして75日線を再度割るときに「売り」。

いずれにしても、「買い」では見ないほうがいいです。

SUMCO(3436)。
これも、そろそろ「売り」。
25日線を割っているのですが、ここで持ち合い、
856円あたりのパーティションを割っていくところが狙い目。

2月の高値は、1月の高値を超えていません。
今の波動は持ち合いですが、856円のパーティションを、
割ってくると、波動の局面での「下降」となります。

もちろん、信用売残の多さには要注意。
どちらかというと、性質上は上昇しやすいので、
「売り」は短期で。

関西電力(9503)。
これは今75日線付近。
上昇するとしても、おそらく25日線まで。
今は、波動の局面で「下降」の形になっているので、
次に75日線を割ってくるときが、一つのチャンスです。

思い切って25日線までの上昇から、
(逆ばり的にはなりますが)売っていくのもありでしょう。
でも、そのときは、くれぐれも日経平均の動きに反しないような
仕掛けを心がけましょう。
そこが、結構大事です。

グリー(3632)。
これは、今触ってはいけません。
どうしても、こういう爆下げを見てしまうと、
「買い」で勝負してみたくなったりするのです。
でも、よく考えてください。。。

今のこの動き、「買い」にも「売り」にも、
根拠などありません。

触らぬ神にたたりなし・・・です。

ざっと、人気銘柄を見るだけでも、
結構チャンスに見えるポイントはあるものです。

ただ、実際に仕掛けられるかどうかは、
やはり日経平均の動きです。

各銘柄との連動性は考慮してもいいですが、
不思議なもので、自分が仕掛けた時だけ、
妙に連動したりもしますので、
基本的には、やはり全体優先で行きましょう。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
2/15 下降の波動
今日の日経平均、ひとつのサインが出て来ました。

「日足」のチャートを波動の局面で見た時に、
「下降」となったのです。

直近高値を抜かない高さまでいったん上昇し、
直近安値を今日下回ったのです。

これ、結構重要なことで、
実は下降の波動が出たのは、11月以来のことなのです。

日経平均は、11月に75日移動平均線を抜けて以来、
ずっと波動の局面では「上昇」を続けて来ました、
日々の上下はあるものの、チャート的には、
前の安値を下回らず、前の高値を抜けていく展開が、
続いていたのです。

それがここに来て下降の波動が出てきたのです。

ひょっとすると、大きな転換点になるかもしれません。

それくらいのサインではあると思います。

しかしながら、
11,000円付近に上向きで引かれている25日線。
こいつが曲者ではあります。

思い切って、今日「売り」と走れないのは、
こいつが下にあるせいです。

一番面白いの展開としては、・・・とりあえず、
来週、25日線までは下げてきて、
割れる局面もある。

そして、そこからまた反転上昇するも、持ち合い傾向となる。

さらに、持ち合いの中で、
11,000円付近に安値のパーティションができる。

そしてついに、
そのパーティションと同時に25日線を再度割るシーンとなって、
大きく下に行く。

このパーティション・25日線割れが、
「売り」のポイントです。

ここまで強かった日経なので、
すんなり25日線を割って、下に大きく下げるとも思えません。

ダマシが一度は入るんじゃないでしょうか?

ちょっと、甘い考えかなあとは思いますが、
将来像をそれなりに描いておいて、
その通りになればよし、ならなければそれもよし、
というのが、私のスタンスではあります。

予測というより戦略です。

この局面、戦略を描きつつ我慢するというのが、
正しいように思いました。

もっと個別銘柄を見ていけばいいじゃないか、
という自分の中の声も感じています。

ですが、私の基本方針は、
日経平均に逆らうな、です。

だから、我慢、我慢。

来週も、その方針です。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
2/14 開店休業
こんなに夜遅くなってしまいました。
それでも、意地で書いてます。

書くこともないほどの相場です。

日経平均は完全な持ち合いです。

個別では、爆上げもあり、爆下げもあり、
まあ、当たり前と言えば当たり前なんですけど、
いろいろありすぎて、やる気がA起こらないなあ、と。

関西電力でも売ってみるか・・・
という思いも、自分でいうのは何ですが、
やや力のない思いで。
やはり、75日線からの急騰が怖い、ということで。

スイングお手上げ状態ですね。
相も変わらす。

トレンド転換狙いも、転換した直後に反転、
というストーリーが見え透いていて、
いかんともしがたいのです。

もう、毎日同じことばかり思っていて、
情けなくも思います。

ただ、ここまで来ると、
ただならぬ空気は感じます。
いつもと違う空気。

でも、とても、気分が悪いです。

どうしたことやらです。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
2/13 持ってかれるのは怖い
上からドーンと落ちて来そうな銘柄が、
しだいしだいに出て来ました。

今日なども、売ってみたら良かったのでしょう。

実際にズドーンが来てるやつもありますね。

でも、我慢です。
私は我慢です。

なんとなれば、やはり今の日経の勢いです。

じゃあ買えば、と言われても買えないのですが、
売ってしまって持ち越して、
翌日思い切り上に持っていかれてしまうのが怖いのです。

そこに不気味なものを感じるのです。

いつまた、日経が高値を抜いてくるのか。

じりじりの上昇は、本当に手出しができません。

一瞬持ち合ってまた上に、
そしてまた持ち合ってまた上に。

そういう展開をずっとしてきているのです。
最近では類を見ない上昇なのです。

毎日毎日、もどかしいばかりです。

私も、経験したことがない相場になっているような気がします。

少し弱気です。
正直。

それでも、これでいいのだと思うことは、
「わからないからやらない」と考えていることです。

「わからないからやらない」
これは、個人トレーダーの特権でもあるのです。

たとえ、1カ月でも2カ月でも、
マイナスを重ねるくらいなら、やらない方がいいのです。

「わからない」というのは、
マイナスを重ねる可能性があるということの裏返しです。

トレードは、たった一回の失敗でも、
それが撤退につながりうる・・・と、
何度かこのブログで書きました。

だからこそ、苦手だと感じる場面では、
ひっそりとしているべきです。

そのうち来るさ。。。でいいのです。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
2/12 やはり悩むところ
またまた、悩むところに入って行ってしまったようです。

今日の日経は、大幅ギャップで上昇寄付きであったものの、
やっぱり頭打ち。
ボリンジャーバンドの+2σに阻まれ、
直近高値を抜けるまでは行きませんでした。

本当につかみづらいです。
これだと、手が出ない・・・。

本当に、我慢のしどころ。
トレーダーとして行った方がいのか、どうなのか?

こうやって、じりじりと2σに沿った上昇を続けていくのか、
どこかでドーンと調整するのか。

全くと言っていいほどわかりません。

今日の日経の場中の動きも、寄付き後とラストの動き以外は、
基本的に持ち合いだったと思います。

個別銘柄については、結構明暗が分かれました。

高値更新して上昇したもの、
ドーンと下げてしまったもの。

銘柄ごとに、反応が違って出てきているように思います。

でも、「売り」視点になるのは、
日経平均が、先週金曜の安値を割るとき。
そして、25日移動平均線を割っていくとき。
そんなタイミングだと思います。

わたしは、とても悔しいけど、
今はちょっとまだまだ手出しを控えた方がいいかな、
と思いました。

本当に、我慢のしどころ。
トレーダーとして行った方がいいのか、どうなのか?

それでもあえて、「難しすぎる」というのが正直な感想です。

待ちましょう、もう少し。

一日待つだけでも、状況がガラッと変わったりもします。

その瞬間にスパッと入れないのは、悔しい気もしますが、
仕方なしです。

先週末は、これで「売り」の目も見えてきた、
と感じたのですが・・・。

冷静に見ていきましょう。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
2/10 決定版・トレードの学校
以下にご紹介するのは、
きちんとトレードの基本を学ぶスクールです。
現在あるスクールの中では、文句なく決定版だと思います。

株をビジネスにする究極の方法

私は、諸事情が許すなら、やってみることを強くお勧めします。

トレードの勉強は、一人では相当に長くかかります。
また、一人だと非効率的です。

どんな仕事でも、一人前になるまでの間は、
先人や先輩に習いながら実力を高めていくはずです。

トレードも同じ。

まずは、優れた人から習いながら進んだ方がいいに決まっています。

いい先生を死に物狂いで探せ!
自分が上達したいと思うなら、
それが一番大切なことです。
これは、世の中の仕事、学習、勉強すべてに共通することです。

このスクールは、私も学んだことのある、
優れた手法、理論を持ったスクールです。

先生方も、とても優れています。

下のリンクから見られるページは、
ご多分にもれず、派手派手しく宣伝色にあふれています。
ちょっと見ただけだと、胡散臭さを感じます。

http://123direct.info/tracking/af/798952/AgqiRqu2-qMYikrxy/

無料メールマガジンについても、
「1時間」とか「1カ月」「悠々自適な生活・・・」などと、
でかでかと表記されています。

これらは、あくまで宣伝文句です。

これをやったら、中にはそういう人も出てくるかもしれませんが、
少なくとも私は、そうではありませんでした。
(私が、この無料メールマガジンをやったというのではありませんが)

それなりに、時間をかけて勉強したつもりです。

だからこそ、自分の勉強を貴重だとも思うのです。

ですので、そういう煽情的な文言に惑わされることなく、
やってみてください。
惑わされて、そもそもやらない・・・なんてことになると、
とても勿体ないと思います。

このスクールの実態は、本当に立派で価値あるものですから。

株で勝つための特別な方法


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
2/9 次の狙い時
日経平均が強すぎる動きの中で乱高下し、
私は、なかなか本格的な手出しができずにいます。

さて、これからどうしたらいいのでしょう?

何か戦略をたてておかないと、
このままいつまでも手出ししないままになってしまいます。

実際には、超短期のデイトレもあるし、
小さな株数での試しの仕掛けなどもなくはないので、
何もしないということはあり得ないのですが、
やはり、まとまった仕掛けというのは必要です。

そうでなければ、トレーダーとは言えません。

で、何を狙うのか?

まだ「買い」?

それもありだと思います。
たまには下げつつも、高値をしっかりと更新しながら、
日経平均が上昇を続けている現在、
12,000円を抜けるという大目標が、
少しづつ見えてきている気はします。

そういう意味で、基本は「買い」の相場なのかな、
と思っています。

しかし、「買い」にくいのも確かです。

なぜなら、ずっと上昇波動が続いているからです。

上昇している株価も、必ずいつかは下がります。

だとしたら、今、考えておくべきは、むしろ「売り」。
そういう局面に来ているんじゃないか、と思うことも大事です。

実際に、銘柄を見てみると、
日経さえ弱ぶくなら、一気に下落していきそうなチャートが、
沢山あるのです。

中長期的な上昇波動を踏まえつつ、
ここは、短期の「売り」を狙ってみるというのが、
私の当面の本格的な戦略になるかもしれません。

もう少しだけ、様子を見てみる必要はあるでしょう。

しかし、もし、11,000円割れや、
25日移動平均線を割りこんでいくようだと、
そこで仕掛けるのもありかなあ、と思い始めてはいます。

まだ茫洋としている感じではありますが・・・。

自分で自分の意見をはっきりさせるために、
もっともっと、銘柄チャートを細かく見ていくこととします。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
2/8 下げですかい?
日経平均は、大幅な下落。
調整でしょうか?

とはいうものの、
そもそも「調整」ってなんでしょうか?

アナリストとか呼ばれる方々や、
相場解説を生業としている方々は、「調整」というコトバを
簡単に使うものです。

でも、要するに下がったということでしょう?

「調整」というからには、
いったん下げたけれども、また上昇しそうだ、
というニュアンスを含んでいます。

今の日経平均、
今日は「調整」だったのでしょうか?

私は、今日は上昇するのかなと思っていました。
だからこそ、ほっといて仕掛けませんでした。

ここは、我慢我慢。

取り逃した、なんて思わないことですね。

ニューヨークダウは、高値でちょっと持ち合っています。
来週、高値更新をしていくのか、
いったん下げていくのか、
日経平均も、そこの動きは連動していくんじゃないでしょうか?

「調整」かどうか、それでわかってくるでしょう。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
2/7 やはり強い日経
昨日の上昇には、ちょっと驚きましたが、
やはり、日経はまだまだ強いようです。

下げたと言えどもボリンジャーバンドの+2σ付近です。
このまま、+2σと一緒に上昇していく勢いです。

様子見は様子見でよかったのですが、
おかげで、今日もぐいんと上昇してしまった
銘柄もあります。

まあ、仕方ないですねえ。

何度も言いますが、こうなるってわかってれば、
当然に買うわけですから。

結果論、結果論。

「往々にしてこうなるもんだよ。」ってときの、
「往々にして」なんてのは、大体50%くらいの確率であって、
よく考えれば、いつもそうなるってもんでもないのです。

だから、やっぱりイメージで仕掛けちゃダメなんですね。

何となく上に行きそう・・・とか、
何か持ち合いそう・・・とか、
仮に根拠があったとしても、確実じゃないわけです。

だから、やっぱり、一定のルール。

これは、仕掛けや仕切りだけでもなく、
状況判断に際してもルールが必要になってくるわけです。

状況判断のルールというのは、
たとえば、
「日経平均が+2σを抜けて終わったら、
 次の日は新規で買わない。」
みたいなことです。

そして、守ることです。

守らないで、
そのときに大儲けしてしまうこともあるわけです。

そうなると、もうぐちゃぐちゃになってしまいます。

ルール無視の大儲けは、ルール無視の撤退につながることを
よく考える必要があります。

これは、経験してみないと、結構わからないものなのです。

でも、経験したくないなら、
もう「守る」しかないのです。

何があっても。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
2/6 そう来たか
ここで、そう来るか!!??
もう呆気にとられるしかない・・・。

今日の日経平均に対する、私の偽らざる感想です。

でも、これで収まるほど人生甘くない!!
と思います。

「調子こいてんじゃねーよ!」って。

冷静に見て、もう知らねーよです。

昨日、MACDがデッドクロスしかかったのです。
そろそろ、ビッグな下降が来るのかなと予感しました。

どう付いていこうか?
何となく、下落になった場合のことをイメージしました。

もう日経はだいぶ上昇を続けています。
そろそろ、波動的にも下降に入っておかしくありません。

この局面での、ボリンジャーバンド+2σ抜け。

さすがに応えますね。

私は、ちょっと戦略なし状態です。

今日は、場を見れずデイトレできなかったので、
余計にそう思いました。

完全にデイトレ相場でした。
スイングでは太刀打ちできません。

ここでまた、相場の格言を思い出しました。

「押し目待ちに押し目なし。」

含蓄のあるコトバですね。

要するに、
相場は常に逆に行くという理解でもいいかと思います。

何はともあれ、様子見、様子見。。。

とても出動できません。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
2/5 予想通りの調整
だって昨日は+2σ付近での十字線。
そりゃ様子見でしょ。

「買い」保持なら、仕方なく利確の場面です。

日経平均だろうが個別銘柄だろうが、
やっぱりボリンジャーバンド様々。

そこで逆らうルールなんてありません。

もちろん、銘柄次第ではありますよ。
今日、爆上げしてるやつだってあるんですから。

でも、今日取れたからいつも取れるわけではないから、
トレードは簡単じゃないのです。

今日取れたのが、最後のトレードなら、
しゃんしゃん拍手で人生終わり・・・とでもいう感じで、
送別会としては最高です。

でも、トレーダーに、送別会なんてないんです。

明日もある、明後日もある、来年もある・・・

そういう商売を私たちはやっているわけですよ。

というか、そういう、単発でない継続こそが「商売」なんです。

そういう視点で見れば、
どう見ても「様子見」であるべきなのが今日なんです。

これは結果論じゃありません。

だって、明日はまた上昇する可能性がありますし、
今日仕切りさえしなければ・・・という思いをする人も、
かなりの数いるだろうと思うのです。

でも、そんなことを、枝葉末節としてやり過ごせるトレーダー。
それこそが、長続きのする人なのです。

明日????

わかるわけないじゃないですか。

だから、「損切り」の設定をするんです。

この感覚、何度でも書きます。
書き続けます。

ずっと。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
2/4 頭と尻尾は・・・
本日、しばらく保持していた「買い」銘柄を利確しました。
ボリンジャーバンドの+2σを抜けてきたからです。

日経平均の方も、+2σでいったん止まり。
先週金曜日と同じ小さな十字線となりました。

私は、「買い」でも「売り」でも、
利確の目安を、±2σのラインに置くことが多くあります。

場中で±2σを抜けて(割って)きた場合は、
反転して再度±2σの中に戻ったところで仕切ります。

また、場中では戻らず±2σの外側で引けた場合は、
翌日、ほぼ寄付きで(様子見ながら)仕切ります。

通常の場合は、私にとって、
ボリンジャーバンドの±2σの外は「尻尾」なのです。

相場の格言で、
「頭と尻尾はくれてやれ。」というのがありますが、
あの「尻尾」です。

カラダ本体のほうは、あくまで±2σまで、と考えます。

±2σの外は乱高下しやすく、
うまく行けば大きな利益になることもあるでしょうが、
思わぬ失策につながることもあると思っています。
なので、中に戻ってきてしまうなら、そこで利確というわけです。

なので、仕掛ける段階で、
±2σまでの距離をはかって仕掛けます。
距離があまりないと、
小幅の利確で終わってしまうことになるからです。

ただ、上の方で「通常の場合は・・・」と書いたのは、
もちろん例外があるからです。

それは、ボリンジャーバンドの幅が狭くなり、
上下収縮しているような形の時。

これがある一定期間続くと、持合のエネルギーがたまるのか、
一気に±2σの外に爆発的に飛び出していくことがあります。

例えば12月の東京電力(9501)のように。。。

仕手系の銘柄には、
こんな爆上げ、爆下げが多く出現するようです。
日本橋梁(5912)などは、そんな動きがよく出ます。

これを狙っていくようなこともあります。
その場合は、±2σの外こそがカラダ本体です。

「頭と尻尾はくれてやれ。」といったような格言も、
なんとなく・・・の感覚で捉えるのではなく、
そんな理論的背景があってこそのもの、
と思って大切にしています。

さて・・・ところで、
日経・・・何だか上昇への正念場を迎えているような
感じがしますね。

2010年の高値は、そうすんなり行かないのですかね。

ちょっと、様子を見ておきましょう。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
2/3 チャレンジ精神とか
世間的には、チャレンジ精神とか挑戦とか、
そういう、自分が未知の世界に向かっていくことを、
よしとする風潮があります。

それはそれで、悪いことではありません。

前向きな失敗なら許される、的なこともあるでしょう。

やるからには全力でやる、というのもあるでしょう。

目的達成までは粘り抜く、というのもありですね。

これらはすべて、個人が成長していくために必要なことです。
また、世の中の発展にとっても必要なことです。

でも、こういう考え方をトレードの世界に持ち込むと、
途端に「否」となります。

そもそも、トレードの世界に、
個人の成長とか、世の中の発展という考え方はありません。
(組織の中のトレーダーには「スキル」のような考え方は
 あると思いますが・・・)

「少しでも多く儲けたい」という欲望があるだけです。
そして、どうやったら儲かるのかという、
相場の人間集団心理を捉える公式のようなものがあるのです。
(その具体的な公式が「チャートの見方」です。)

そして、あとは、
いかにそれを忠実に自分の行動指針にしていくか。
何があっても行動指針を変えずにいる、というのが、
ひとつの勝ちパターンになっているのです。

あとは、その勝ちパターンを何度繰り返せるか?
その頻度が、儲けのスピードを決めるのです。

それだけ、といえばそれだけなのです。

「未知」の相場に入っていくことは、単純に危険です。
手をひくべきです。

「前向きな失敗」、相場ではこれはどう言ったらいいでしょう?
「損切りをきちんとやる」ということか。
でも、そもそも「損切り」は「失敗」とはいいません。
常態です。
相場における「失敗」は資金喪失の撤退です。
前向きもくそもありません。

「全力」で相場に入ってはいけません。
むしろ、ひとつひとつの仕掛けに全身全霊を込めるけれども、
その結果に頓着しない・・・。
頓着しないで済むような仕掛けしかしない、ということ。

仕掛けた以上、個人の「粘り」など、全く関係なく、
相場は動く・・・ということ。
自分の精神的な粘りよりは、相場のサインに忠実に動く、
それが大事です。

相場の中では、世間的な価値観を、
かなり読み変えて動かないと、うまく行きません。

普通じゃないのが、相場なんで。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
2/2 2010年の高値
さあ、日経平均、
2010年の高値11,339円が見えて来ました。

強いです。
そして早いです。

最近の日経では、例を見ない上昇です。

さらに、ニューヨークダウが強い。

昨夜は、ついに14,000ドルを抜けて来ました。

こちらも、2007年以来の高値抜けという、
歴史的なポイントを迎えています。

日経がニューヨークとも連動して、
大きな上昇相場になっているとなれば、
当面は「買い」で仕掛けていくのが王道です。

日経はすでに、株価が、
ボリンジャーバンドの+2σのすぐ下まで来ていますが、
+2σが上に開く形になっており、このまま上昇するのも、
十分にあり得る形です。

私は、昨日、「買い」保持銘柄を一つ利確しました。
ボリンジャーバンドを飛び出して上昇してくれたからです。

でも、もうひとつ保持銘柄があります。
こちらは、まだボリンジャーバンドを抜けていないし、
相場の流れも上昇に向いているので、
利益を伸ばす方向で保持することに決めました。

今は、とにかく「買い」です。
誤解を恐れず言うなら、
何でもいいから買っていれば何とかなるような場面が
多いようです。

もちろん、私にはとてもそんなことはできません。
どんなに、市場が湧いていても、自分のペースや、
自分のルールを乱すようなことはしたくありません。

浮かれて例外を作ることこそ破滅への第一歩です。

「今なら大丈夫!!」と思った時に、
その「今」が終わっていることがよくあるのです。

確かに、市場の勢いやスピードに関しての考察も大切です。
それによって仕掛けたり、仕掛けなかったりすることもあります。

でも、あくまで基本は、チャートのルールです。
勢いで仕掛ける癖がついてしまうと、
だんだんルールがおろそかになっていきます。

忘れてはいけないのは、
たった1回の「損切り」ミスであっても、
それで破滅することがあるということです。

心してかからなくてはなりません。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
1/31 さらに上
日経平均は、さらに高値をとって来ました。
上昇継続です。

私の「買い」保持銘柄が、着々と含み益を増してきました。
まあまあの感じです。

このまま明日も上昇なら、明日が週末でもあるので、
利益確定でしょう。

日経はボリンジャーバンドの+2σが上に開いていくような形。
株価も、もう少し上に行く余地を残しています。

日経がボリンジャーバンドを抜けて行ったら、
そのときが利確の目安と思っています。

あるいは、抜けて行って、再びバンド内に戻ってくるときが
利確のポイントというべきでしょうか。

ただ、またいつ下がるやもしれないリスクを考え、
利嚇は早めにしておこうというのが、
今の優先的な考えです。

ここは、せいぜい長くて1週間単位です。

明日は仕掛けは止めておきます。

仕掛けるなら、一瞬待って月曜日にします。

明日、狙いの銘柄が上に行ってしまったら、
それは仕方なしとしてあきらめます。

無理をするな。

それがいつもの私のトレードのスタンスです。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ