損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
8/3 また判断違い?
昨日は日経が大幅に続伸。
75日移動平均線どころか、25日線まで抜いてきました。
「売り」目線どころではありません。
あきらかに上昇です。

私は、いったん「売り」に目線を移しかけていましたので、
予定通り何もできずです。

それはそれで、悔いも悲しさもありません。
ですが、読み間違えた感はありますね。

ボリンジャーバンドの狭まり具合あたりに、
もう少し気を配るべきだった・・・
とはいえ、狭まって来たところが必ず上昇の発端になる、
なんていうルールはありませんし、
むしろ下に大きく下降することもありますので、
どちらかというと「売り」の効率性を期待してしまったのです。

簡単じゃないああ、と改めて思う次第です。

木曜日の日経の75日線抜けで、「買い」を仕掛けるのは、
結果論からすると「あり」でした。
しかし、私の目線からは、明らかに結果論。

わかってりゃあ誰だって買うさ、てなものです。

少し大きな「日足」チャートの波動でいうなら、
まだまだ持合いの域を出ていません。
正確には上昇継続なのですが、
上からも下からも、それぞれにパーティションを引くことができ、
三角持合いが進行しているような形です。

ただ、昨日の大幅上昇で、
「日足」の一目均衡表では、雲の上に抜けてしまいました。
これも、上昇の兆候。
「売り」狙える位置ではありません。

日経平均は、先々週から一気に大きく下げましたが、
直後の今週、大きく上げてきたのです。

こうなった以上、
人より早く「買い」仕掛けるのは、すでに不可能。
ならば、人よりかなり遅れて「買い」仕掛けることでしょうね。

毎日毎日、私の判断は変わってしまいます。
なかなかばっちりははまりません。

でも、私に焦りはありません。

取れる時に取ればいいんですから。

意識して、余裕をかましといたほうが、
この際良さそうに感じています。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
/>人気ブログランキングへ
8/1 明日も見ましょう
週末になります。
あと少しの辛抱です。
スイングは、動かないほうがいいです。

動かないとはっきりと決めておいた方がいいです。

デイトレならできる、かもしれませんが、
ここで余力を見せる必要などありません。

今日の日経平均の上昇は、
昨日書いたとおり、ダマシの可能性もあります。

いったんの75日移動平均線抜けを待って、
次の75日線割れを狙う・・・。

そこが狙いだとしたら、
明日もし、75日線割れがあるならそこで「売り」、

と考えがちです。

というか、間違ってはいません。

でも、明日は週末。
あした「売り」で持ち越した場合、
月曜日の寄付きに対して、
それなりのリスクを背負うことになります。

それでいいのか悪いのか。

私は思います。
出動するなら、月曜日でも遅くないと。

75日線が横ばいだとするなら、
その示すところは、
「どっちに行ってもおかしくない」というものです。

「売り」に分がいいわけでも、
「買い」が得策なわけでもありません。

だとしたら、それは、
逃してはいけない仕掛けポイントではありません。

どうしてもやるなら、大引けまでには
仕切ったほうが身のためです。

私の考えでは、
取れる利益を取り逃すのは、
損を計上するのと同じくらいにマイナスだと思います。

それでも、今は守り。
というか、静観。

あとできっと、それが正解だったと思うはずです。

余計な損失の可能性を、
ここは断ち切っておくべきです。

仕掛ける前なら、
それを自分でコントロールできるのですから。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
/>人気ブログランキングへ
7/31 傍観です。
いよいよ日経平均の75日移動平均線が、
横ばいになって来ました。

あと一歩で下向きになってしまいます。

今日のローソク足は持合い。

まだまだ様子見ですね。
我慢しましょう。

「買い」もダメです。
「売り」も早いと思います。

目線の変わり目の踏ん張りどころ。

トレードの仕掛けは、
①人より早く仕掛ける
②人よりだいぶ遅れて仕掛ける
の二つがあります。

一番いけないのは、
少し遅れることです。

少し遅れるくらいなら、
様子見です。
次の機会を狙う方が間違いありません。

大抵の個人投資家は、
少し遅れて仕掛けてしまいます。

それで逆に行かれて困ってしまうのです。

スタンスをはっきりすることです。

そして、そのスタンスは、
すぐに行くのか、行かないのか、
どちらかだと思います。

様子見のつもりが、
「少し遅れて」になっていることがほとんどなのです。

上に行ったときにすぐには買わない。
いったん反落してきた後の上昇を買う。
今ならば、すぐに売るのではなく、
いったんの上昇を待ち、その反落を狙う、
ということです。

難しいことだとは思います。

どこが「少し遅れて」で、
どこか「だいぶ遅れて」なのか?

わかりません。最初は。

ならば、このブログを見ていてください。

少なくとも、私の判断は書きますから。
信じる信じないは、別の話です。
でも、参考にはなるはずです。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
/>人気ブログランキングへ