損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
2/1(その2) 形としての「買い」
日経平均が75日移動平均線を取り巻く動きをしているときです。
再び75日線を抜けていくなら上昇となるのですが、
なかなかそういう状況にもなりません。

しばらく持ち合いとなるのか、
それとも下降相場に向かうのか。

それによって、仕掛けもいろいろ変わっては来ます。

ただ、ここから75日線を抜けて上昇していくなら、
きわめて教科書的な「買い」の形ではあるので、
個別銘柄でも、そういう傾向にある銘柄を探してみました。

典型的な形を一つ。

積水ハウス(1928)。
「日足」チャートはこんな感じ。

積水ハウス0131
(クリックすると大きく表示されます)

まさにこれから、上向き75日線にタッチしようとしているところ。
ボリンジャーバンドの-2σラインも、支えになっています。
直近高値から(少し急勾配ですが)きれいなトレンドラインも
引けます。
25日線がしっかり上向きだと更にいいのですが、まあ横ばい。
一目均衡表は掲出しませんでしたが、今雲の直上です。

いろいろな指標が、今の株価の下支えになっている状態です。

なので、ここから、トレンド転換するようだと、
再び上昇トレンドに入る可能性が高いのです。

一つのやり方は、
75日線上に逆指値を置いて下げを待つ逆張り的なやり方。
もう一つは、金曜の高値抜けで買っていく方法。

月曜日の日経平均の寄付きを考えたら、
下で待った方がいいかも知れません。

まあ、仕掛けの方法はともかくとして、
これが、75日線を指標とした典型的な「買い」の形です。

同じような形として、
オークマ(6103)も上げておきます。

オークマ日足0131
(クリックすると大きく表示されます)

こちらは、積水ハウスに比べると、
25日線の下がり具合が気にはなりますが、
75日線と株価の関係は、より近くなっています。
今、75日線を割って終わっている状態ですから。
トレンドラインは本当にきれいです。

コチラの仕掛けは、
金曜日の高値抜けがいいです。
すでに75日線とかぶっているローソク足があるなら、
その足を基準として、高値を抜けたら「買い」、が定石。

ただ・・・
どちらの銘柄も、今の全体相場の状況だと、
この絶好の「買い」の形が、下降相場への第一歩、
ということもあり得るので要注意ではあります。

あくまで、ひとつの形の勉強だと思ってください。

明日は、「売り」の形を探しておきます。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
/>人気ブログランキングへ

2/1 まだ下げ
ニューヨークダウが、さらに下げてきました。
またまた安値更新です。
今度は、ニューヨークが日経を追いかけたのでしょうか?

CME日経先物も、かなり下げています。
月曜日は、金曜の安値くらいからの寄りになりそうです。
そこからは、さらに下に行く可能性もありますし、
反発する可能性もあります。
それは月曜日次第。

今後、日経平均の株価が14,800円より下で持ち合うような
展開になると、いよいよ75日移動平均線が横ばいになります。
中長期的な日経平均は上昇相場が予期されるところですが、
そうなると当面は下降になるのかなあとも。

市場もずいぶん悩んでいると思います。
アベノミクスと騒いじゃいるけど、実際どうなのよ・・・と。
東京五輪っていったってまだまだ先の話でしょ・・・と。

少しお金を持っている一般個人投資家などは、
半信半疑のまま、周りの情報の通りに買っているのです。
まるで銀行に預けるのと同じような感覚で。
みんなが上がるって言ってんだから上がるんでしょ・・・と。

真剣にどうこうしようという思いでやっていない分、
そう簡単に後には引きません。
しばらくは持っているのでしょう。
だから、最後には必ず泣きを見るのです。

さあ、どうしましょう。

個別銘柄を、すこしじっくり絞っておきますかね。

ざっと見たら、また書きますね。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
/>人気ブログランキングへ