損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
3/31 年度末の上げ
さあ、明日からは新年度。そして消費税の増税実施。
駆け込み需要が発生する中、日経平均は壁をまた一つ越えました。

25日移動平均線を、今日一日ではっきりと抜けました。
上で寄り付いたのが、場中で一度25日線が試されて、
結果として上で大引け。
一目の雲のなかにもしっかりと入り込み、
3月13日~14日の大きなギャップも埋めました。

しばらくの間、上昇が見えてきました。
「しばらく」というのは、75日線までの間です。
案外、早いかもしれませんね。

昨日遅くに書いたように、状況は「買い」でも行ける状況です。

というか、今日の様子でまた少し状況が変わっています。
75日線が、何となく横ばいに戻りつつあります。
明日からの上昇によって、75日線が上向きに変化してくるなら、
状況は変わります。

「売り」ではなく「買い」。

相場って、こんなもんなんです。
コロコロ変わるときがあります。
変わらないときもあります。

でも、大切なのはあくまで相場を客観的に見ることで、
自分の見方をしっかりと保つことではないのです。

それでも、やっと75日線までやってきたJT(2914)などを
見ていると、売りたくなってしまいます。
いつか「売り」チャンスが来る日を狙っていたのですから当然のこと。

しかし、今日のキヤノン(7951)や日産(7201)の姿を
見てしまうと、今までの強気に陰りが生じてきてしまいますよね。

うーむ、なるほどね・・・。
上がるときには上がっちまう・・・と。

上昇なのかなあ・・・と。

正しくもあるし、間違ってもいる。

きっと、また、下降の時は来ます。
その分岐点が、日経平均が75日線まで到達した時の様子だと思います。

75日線にタッチしてすぐに下げるのか、
一度抜いた後、再び下げてくるのか。
もっというなら、一度思い切り抜けてから、行き過ぎて戻してくるのか。
そういうのだってあります。

そこは、わかりません。

わかるのは、どうも75日線がまた横ばいになってきた、
ということだけです。

明日からは新年度ということもあって、
ちょっと期待の「買い」というのも入ってくるのでしょうかね。
そういう意味では、今日もそれを見越した「買い」とか。

そんな単純なもんじゃないのはわかっていますが、
目の前の上下に、何らかの理由をつけてみるのが、
ニュースってやつです。

その程度に考えておきましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もう、見てみましたか?
参考になるかどうは、その人次第です。

また、相場が上昇に向かうときには、
株トレードのセミナーや教材、学校が、宣伝してくるときです。

そんなのに、惑わされてはいけませんが・・・
人を集めようというときには、
主催者の方でも、人集めのために、かなりのことをやるはずです。

それを目当てに、というのも、勉強する知恵の一つだと思います。
私のほうでも、今後も、どんどん紹介していきます。

「2014年に株式投資で預貯金を倍増させる方法」

私は、登録して、特典をいただいています。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
/>人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
3/30(その2) 「買い」もあるのか。。。 
明日からの話。今日考えたこと。

昨日一日、何も考えなかったおかげで、
少し、今の相場を引いて見ることができました。
 
実は今、「買い」も十分あるんだなと。

日経平均、下向きの75日線までの上昇を、
ひょっとしたら「買い」で短期に取れるんではないか、と。

だって、25日線は横ばいから上向きになりつつあって、
それをスムーズに株価がスムーズに抜けていくなら、
75日線までは、比較的素直な上昇になるはずです。

途中で多少の持合いの場面はあるかもしれませんが、
そうだとしても、一目の雲の仲間で突っ込めれば、
やはり「上昇」が濃厚な局面になりそうです。

確かに、75日線までの上昇を見た後は、
「売り」のチャンスになるのですが、
そこまでは逆に「買い」なんです。
きわめて短期かもしれないけど、
案外、こういう横ばいの25日線から75日線までの上昇は、
一瞬に大きく上がることもあるのです。

個別銘柄も、すぐに「売り」のものもありますが、
日経平均と同様に、まだ25日線あたりにいるやつは、
ここから75日線までのひょろひょろした上昇を取る手があります。
(もちろん、ひょろひょろ上昇したところを
 上からたたく「売り」が、その次の大きな狙いですが)

少なくとも、明日以降、日経平均が25日線をはっきりと
抜いていく動きを見せるならば、
今週の前半は、「買い」のスタンスをとってもいいと思いました。

今更ですが、ちょっと検討してみるといいかもしれません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

↓ どんなのが今後出てくるかわかりませんが・・・
「2014年に株式投資で預貯金を倍増させる方法」
私は、登録して、特典をいただいています。
特典は、悪くはないです。
初心の方なら、大きな参考になります。
無料登録はしといたほうが得です。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
/>人気ブログランキングへ
3/30 勉強にはなる
このサイトが、結構あちこちで宣伝されているようです。
「2014年に株式投資で預貯金を倍増させる方法」

株式トレードの学校のようです。

私は、こういうのがあると、少なくともトレードものである限り、
(当然ですが、無料なら)すぐにやってみる方なんですが、
まあまあ、という印象を受けました。

トレードの初心者には、まあとてもいい教材が、
無料特典でついているので、
まずは、それは手に入れて損はない・・・と思うのがひとつ。

それと、
中級以上の人にとっては、
正直おそらく物足りないものなのですが、
それでも、まあ無料の範囲ならば、自分と違う手法について、
少し学べる利点はあります。

(第1回目で、すでに5日移動平均線、20日移動平均線、
 40日移動平均線の3本について解説していますので、
 おそらくは、これがその根本なのかなと思います。)

また、講義の講師陣の中に矢口新氏の名前が上がっているのは、
興味をそそります。
私も、この方の本は食い入るように読んだ時期があります。
かなり専門性の高い書籍の中でも、
トレードの本質について、リアルなことを書かれているので、
少なくとも、語り合う価値のある数少ない人だと思っています。

私が特に読んだ本→「生き残りのディーリング」(矢口新著)

(大抵の「専門家」と呼ばれる人たちは、
 トレードを語り合う価値を、ほとんど感じませんので。)

この矢口氏は、第1回目からは登場してこないのですが、
今から楽しみではあります。

この先、どういう展開になるのか、
未知数ではありますが、最終的には何らかの数十万円の
講座なりセミナーなりの紹介になるのでしょう。

これも、最近のアベノミクス喧伝の影響なんですね。
「株が上がるから、今やらないと損・・・」

それはそれで、いいんですかね?
「2014年に株式投資で預貯金を倍増させる方法」


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
/>人気ブログランキングへ
3/29 今日はお休み
関東は、どうも明日が天気が悪そうだということで、
今日は花見に行きました。

今年は、開花が少し早いし、4月にはいると消費税上げ、
ということで、テレビなどでも早目の花見が取り上げられ、
それに合わせて、今日は花見客が沢山いました。

私は、きわめて近場で、昼食と飲み物を手にして、
数時間座っていただけでしたが、
家族連れやカップルや、ありとあらゆる人々が、
同じように集まっていました。

ただ、惜しむらくは、やっぱり早目ということで、
桜の花は大して咲いていませんでした。
満開には程遠く、ホントに申し訳程度の開花状況でした。

でもまあ、実際には、そんなことは関係なく、
要は、人が集まって楽しく飲み食いしてのんびりする・・・
それが“花見”なんでしょう。

「花より団子」と昔から言いますが、
花はあくまできっかけに過ぎません。
きっかけは何でもよく、要は人々のコミュニケーションがあれば、
それでいい・・・そんな感じがしました。

ひるがえって一般論として考えるに・・・
何事においても、きっかけにこだわることはない。
何を求めるのかというのも、実はあまり関係ない。
大事なことは、結局のところ何が得られたか・・・
ということだ、と言えるのではないでしょうか?

すいません・・・。

株とは関係のない話です。

ということで、今日は株を全く離れて過ごしました。

最近、とみに、そういう日が必要に感じるようになりました。

やはり、多少の閉塞感があるのかもしれません。
株はなかなか自分の思い通りには動いてくれません。
なので、トレンドを取ろうとするスイングトレードは、
どうしてもチャンスが少なくなってきます。
1カ月のうちに1度でも2度でもチャンスがあればいい方です。

ただ、そのチャンスだけは逃さないようにやらないと、
本当に稼げなくなってしまいます。

だから、まあ、デイトレもからませながら、
そのあたりはやっていくのですが、
デイトレはデイトレで難しいですから・・・、
私の性格にもよるのでしょうが。。。
こちらも、そうそう上手くいくとは限らないわけです。

最近はちょっと、
いろいろなことにも手を出していて、
人との付き合いも増えてきて、
なかなかトレードに時間が割けないこともあります。

ただ、それは絶対的に嫌なので、
少し時間を取って自分を振り返ろうとしているのだと、
そう自分では解釈しています。

多少の迷いが生じているのかも知れませんね。

すいません。。。
愚痴みたいになりました。

でも・・・たまには花見もいいものですね。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
/>人気ブログランキングへ
328 ひとつの節目
日経平均は続伸。直近高値も抜けて、
いよいよ節目で止まりました。

昨日書いた、今日の注目点は、
25日移動平均線を抜けられるかどうかということ。

そこに結論は出ませんでしたが、
まさにその節目で止まったわけです。

そんな中25日線は連日の上昇で上向きになりました。
MACDも続伸。
これは、短期的な上昇が続きそうなサインです。

で、大事なのはここからの動き。
25日線をきちんと抜けて上昇を続けられるのかどうか?
75日線が下向きのなかでどこまで行けるのかということ。

きわめてチャートに素直に考えていきましょう。
上に書いたように、上昇のサインは出ています。

そして、
25日線は上向きなんだから、これは抜けて上昇するだろう。
75日線は下向きなんだから、ここで手こずるだろう。

そんな感じでいいんじゃないでしょうか。

でも一目均衡表の雲には到達していないし、
ひょっとすると、そこが壁になるかも。
それならば少し持ち合うかもしれないな。
少なくとも可能性はあるな・・・と。

そういう展望をもって、個別銘柄を見ていけばいいと思います。

先日上げた、カシオは上に行ってしまいました。
今更ですが、言いたくはないですが、
75日線が横ばいだったので・・・。

日産は相変わらずいい形。
75日線に上昇を阻まれています。
下降相場に入っているので、日経が落ちれば下げるでしょう。

JTは下向き25日線で持ち合っていますが、
日経次第で75日線まで上昇して、
その後は下げのチャンスになります。

それ以外でも、いい形が出てきました。いろいろ。

SUMCO(3436)。
日経の上昇で、ひょろひょろ上がってきてます。
75日線の下まで一気に来ました。
でも、そこはボリンジャーバンドの+2σ。

こんな最高なのが出てきましたね。

キヤノン(7751)も、ひょろひょろと・・・。
アドバンテスト(6857)もk、あと一歩。

銘柄が、75日線に絡んできたときには一大チャンスです。
そういうのを探しまくるときです。

いよいよ来週ですかね。

・・・そうおもってるとなかなか来ないもんですが、
どうなるか。。。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
/>人気ブログランキングへ
3/27 25日線を抜けられるか
日経平均は大陽線になりました。

権利落ち日ですから、安く寄ったのは想定通り。
しかし、その後は直近安値を割ることなく上昇。
後場には急騰。300円以上も上がったのには、
とりあえずびっくりです。

まあ、為替の影響ってところなんでしょうけど、
これだけの上昇を見せられると、
「売り」狙いも萎えてくるということなんでしょうか?

いえいえ、これは、想定していたことですし、
またまたチャンスが大きくなったということでもあります。

日経225先物の方は、25日移動平均線まで上昇ました。
チャートの波動局面の短期的な上昇を成立させています。

現物の方は、そこまで従いていけませんでした。
25線までは到達していませんし、直近高値も抜けてません。
それでも、当面の壁になっていた14,500円は抜けました。

そして、先物にも現物にも共通しているのは、
MACDが0ラインより下でゴールデンクロスした、
ということです。

これは、一応上昇のライン。
「空売り」サイドからすると、仕切りのサインでもあります。

私としては、25日線は早いとこクリアしていただいて、
75日線まで上昇して欲しいところです。
一番の「売り」チャンスがそこですから。

明日のポイントは、この上昇がどこまで行くか?
特に、25日線を抜けるかどうか。

ちょうどそのあたりの位置には、
一目均衡表の雲の下辺もあります。
さて、雲の中に突っ込んで上昇していけるのか?
跳ね返されるのか。

そこを見ておきましょう。

今日の日経の動きからは、
明日「売り仕掛け」という話は出て来ません。

行くならあくまで、個別の判断で行きましょう。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
/>人気ブログランキングへ
3/26 日に日にチャンス増大
日経平均は上昇ですが持合い傾向。
一応、先週の大陰線の頭は抜けていったんですが、
最終的には14,500円を割って引けました。

この日経持合い傾向の最中に、ひょろひょろ上昇してきた、
下降相場の個別銘柄を集めておきましょう。

それがチャンスにつながります。

例えば、こんなやつです。

JT日足3月26日
(クリックすると拡大表示されます)

これは、JT(2914)のチャートです。
そして、次は、カシオ(6952)、日産(7201)です。

カシオ日足3月26日
(クリックすると拡大表示されます)

日産日足3月26日
(クリックすると拡大表示されます)

75日移動平均線だったり、25日線だったり、
重要な線のところまで上ってきた銘柄です。

でも、ラインが下向きなので、跳ね返される可能性が
大きくあるのです。

日経平均の下げの時に、
そのチャンスが重なればしめたものです。

あるいは、日経に先駆けてこれらが下げていくこともあります。

狙っていきましょう。

日に日に、狙える銘柄は増えていくように感じています、
チャンスは確実に来ています。

蛇足ですが、明日はいわゆる権利落ち日。

チャート以外は気にしない・・・といいつつも、
さすがに、権利落ちと決算くらいは気にしといたほうがいいです。
だからといって、そういうのを理由に、仕掛けはしないですけど。
まあ、それくらいは常識の範囲内ということで。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
/>人気ブログランキングへ
3/25 進展はほとんどない
まあ想定内の持合い。
長いローソク足が出たあとは、その足の高値安値が
基準です。
その足を上下どちらかに抜けるか割るかすれば、
それはブレイク。

だから、今日の価値判断も「持合い」。
だから、動かなくていい。

そういうことです。

あとは、個別銘柄に応じた対応をどう考えるか。
そこです。
日経平均は持合いでも、個別銘柄は独自の動きがあり得ます。
日経平均の動きに連動しない動きは、
基本的に無視なんですが、それもケースバイケース。
個別のチャートにきちんと意味があるなら、
当然に仕掛けもありです。

ただ、全体的には、やっぱり、
少し「待ち」のようです。

日経平均「日足」のMACDなんかを見ていると、
やや、上昇含みの待ちですね。

25日移動平均線も上向きになて来ています。

75日線が完全に下向きなので、
「下降相場」の展望に狂いはないと思いますが、
今の日経平均の位置は、75日線から離れていますから、
75日線に戻る動きがあってもしかるべきです。

で・・・
昨日出した銘柄・・・
ソニーとかカシオは・・・ちょっと辛かったですね。
すいません。
今日の今日は、仕掛けるに厳しかったと思います。

ソニーなど、実直に仕掛けていたら、
一瞬75日線付近まで下げましたから、
危なかったかもしれません。
(きちんと「損切り」入れていれば、なんともないですが。)

カシオに至っては、
急落の寄りからの上昇ですから、
どうしようもありません。

でも、本当に、別の意味ですいません・・・。
そこまでの責任は、もとから取れませんから・・・。
あくまで、形の参考ってことで見といてください。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
/>人気ブログランキングへ
3/24 何が変わったか
今日の日経平均は大きく上昇しました。
とはいえ、先週末の大きな陰線の中での動きにすぎません。

ということで、
何か特筆すべき上昇があったのかというと、
何もありません。「持合い」の中です。

一言で言って、”ステイ”です。

しかしながら、「売り」目線で見たら、
ずいぶん美味しい上昇です。

もう少し、上昇してくれれば、
とてつもないチャンスがやってきます。
先週このブログで書いていたようなチャンスです。

デイトレであれば、今日もチャンスでした。

個別銘柄によっては、下から25日移動平均線まで、
一時的に一気に上昇してきたものがあります。

そういうやつを、25日線で待ち構えることができていたら、
今日のデイトレは成功したと思います。

まあ、事はそう簡単ではないので、
あくまで”たられば”の話です。

でも、ちょっと見えて来ましたよね。
「売り」のチャンスが。

上に行きそうだったニューヨークダウも、
今のところ下げています。
明日の朝までどうなるかはわかりませんが、
このまま下げて終わる可能性もあります。

であれば、今日の上昇は、下手すれば帳消しです。
ソニー(6758)などは、寄付き次第では、
売っていきたいです。
今日、75日線上に出たのがダマシに終わるかもしれません。
それなら、相当に下げてくるはずです。
ちょっと、寄付き注目ですね。

カシオ(6952)なども見ておきたい銘柄です。

ただ、基本的にはもう少し待ちですね。
日経平均が明日以降、14,500円のパーティションを
抜けて上昇するなら、いったんは上昇に向かうでしょう。

「売り」のチャンスはその分増しますが、
それはあくまで少し先の話になります。

時期間違えては元も子もありません。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
/>人気ブログランキングへ
3/23 蛇足の話
今日で3連休も終わりです。
これで、今年度も終わりかと思いきや、
もう少しだけ学校はあるようです。

いよいよ新年度、というその少し前で、
ちょっとだけ休憩、というその中途半端な感じが、
この3連休にはありました。

それは、ちょうど、今の日経平均を示しているようです。

いよいよ下降相場、
というか、既に下降相場に入っているという見方も
ありうるくらい、すべての指標が下げを示している状況。

しかし、実際の仕掛けとなると、
すでに最初のチャンスは去って行ってしまっている状態。
仕掛けるにちょうどよい個別銘柄がなく、
次のチャンス=本格的な下降相場入りのときを狙って、
準備しておく段階です。

少なくとも、私はそう思っています。

通常、新年度に向かうときって、
明るく希望に満ちていたりするものですが、
日経平均の新年度は下降相場に入っていく感じです。

なんとも、やるせない、という気もしますね。

でも、それが、今の相場の結論なのでしょう。

トレードを離れて、日経平均のことを考えれば、
集団心理が、今の相場を「下降」と見ているということなのです。

それは、単に消費税の値上げとか、
そんなちんけなニュースのせいではないと思います。

もっと根本的なもの。

いうら政府がアベノミクスと騒いでも、
東京都が五輪をもってこようと、
集団心理は認めていないってことではないでしょうか?

一時は上昇したとしても、やっぱり下降して来てしまう、
そういう持合いから下降への相場の流れが、
それを示しているように思うのです

結局のところ、
本物でなければ大きなトレンドにはなりません。
イメージやコトバだけだと、扇動はされても、
大きな流れはできません。

私は、日本という国に誇りを持っています。
政治思想とかそういうレベルの話ではなく、
今、まがりなりにも、
地球上で、もっとも幸せで、とても安心安全な国を
創り上げているという認識があるからです。
それは、たとえ、アメリカの庇護の下であっても・・・です。

もちろん、それだからこその不安も沢山あります。
将来のことを考えると、恐ろしくなったりもします。

それでも、だからこそ今の日本は、地球に対して、
自分だけでなくグローバルな幸せや安心安全を考えるべき
宿命を負っていると思うのです。

それなのに、政府や政党のためでしかない施策が打たれたり、
他を切り捨てたりするようなことがあれば、
集団心理はそれを否とするのです。

これは、本当にトレードの仕掛けとは関係ありませんが、
チャートには、そういうことまで現れるものだと思います。

わかる人にはわかるはずなのです。
でも、それを言ったところで、
トレードの成績とは何の関係もないので表には出てこない・・・。

根拠もないですしね・・・。

・・・・・・・・・・・

まあ、トレードも主義や思想がからむようだと終わりです。
それは、私もよくわかっています。

こういう話は、たまにしかしないようにします。

明日からまた、頑張りましょう!


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
/>人気ブログランキングへ
3/22 そうそういい銘柄はない
昨夜のニューヨークダウ平均は、
当初上昇を見せいていたのですが、引けに向けては徐々に下降。
最終的には、前日終値との比較でマイナスに終わりました。

やはり、はっきり上昇というわけではなく、
ニューヨークも迷いが抜けないということです。

日経平均には、いろいろな想定ができます。
上昇する想定もあるし、下降の想定もあり。
やっぱり、こちらも不埒ではあります。

でも、下降の方向であることが色濃い様子であります。
いよいよ下降相場といってもいい状況ではあります。

ところが、ここから売っていくのに良い個別銘柄が、
なかなか見つかりません。
探しているのですが、「これだ!」というのが見つかっていません。
帯に短し襷に長し、とはよく言われることですが、
ずばり月曜から狙える、という形が見つけられないのです。

75日線や25日線が下向きになっていて、
ボリンジャーバンドの+2σが下向きの75日線あたりにあって、
ちょうど、これまで75日線付近まで上昇してきて、
さあいよいよ下降しそうな・・・

まあ、そんな都合のいい銘柄が残っているはずありませんよね。

良く考えれば、日経がここまで下げてくるまで、
様子を見ていたんですから。
日経平均と同じように動く銘柄であれば、
とっくに下げているはずです。

うーむ。なかながうまくはいきませんね。

個別銘柄がないなら、仕掛けは思い切ってできませんから、
チャンスはありません。
次のチャンスを待つのか、
あるいは、少し形が難しくても仕掛けていくかです。

私は、どちらかというとリスクを大きくとる方ではないので、
仕掛けは見送ることになりましょう。
無理に仕掛けると、うまくいかなかった時には、
やっぱり後悔してしまうものです。

トレードには後悔というのはご法度ですから、
後悔するくらいならやらないほうがいいに決まっているのです。

ま、もう少し探してみましょうか??
ダメもとで。。。

最初に見たのとは違った側面が見えてくるかもしれませんし。。。

チャートは、何度でも見て損はありませんし。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
/>人気ブログランキングへ
3/21 目標金額の管理
日本の相場はお休みですが、
今日もニューヨーク市場は動いています。

月曜日の考え方は、今夜のニューヨークの動きも参考にするとして、
今日は違った角度からの話を書きましょう。

目標金額の管理について。

トレーダーとしての稼ぎ金額の目標は誰しもあるかと思います。
現実的に、今月いくらくらいの利益を目指すか、
そのために一日いくらの利益を目指すのか。

そういう実際の目標についてです。

たとえば、学生時代の勉強とかだと、
「時間」というのが一つの目標になったかと思います。
「今日は、英語を2時間、数学を1時間勉強しよう」
というように。

その場合、何かの理由でその時間分だけ勉強できなければ、
その分を翌日に回したりします。
要は、目標に達しなかった分は、どこかで穴埋めしようと
するのが目標達成のやり方だったりします。

でも、トレードではそれをやってはいけません。

たとえば、一日1万円の利益を目標にしていたとします。
仮に目標に達しない日があったとしても、
その分を、翌日の目標にプラスして考えてはいけません。

あるいは、マイナスした時に、そのマイナス分を、
どこかで取り戻そうとしてはいけない、
ということです。

一方で、目標1万円の達成をもって、
1日の終わりと思ってもいけません。
取れる時は、もっとたくさん取るべきです。
利益確定のタイミングでもないのに、
目標達成とばかりトレードを終わらせてしまうのはダメなのです。

目標を達成したら、
次のトレードはやらない・・・
ということならば理解できますが。。。

大切なことは、1万円を目標にしたなら、
その形のトレードを続けることです。
コンスタントに続けてみるということです。

一日の目標利益を決めるということは、
同時に、一日の損失額の上限も決めておくということになります。

利益目標が1万円なら、損失上限も1万円でいいとは思います。

ならば、トレードも、それを念頭に計画しないといけませんね。
「損切り」の計画が、この損失金額の上限を超えてしまっては、
話にならないわけですから。

それで、何日か、その損失額上限に達して、
トレードがそこで終わりになったとしても、
その損失を取り戻そうとしてはいけません。

要するに、取り戻そう・・・という心のありかたが、
トレードには、とても邪魔になるのです。
そして、これで終わりという心のありかたも。

相場には、個人の感情は全く関係ありません。
個人がいくら気合を入れても、
充実した相場が現れるわけではありません。
どんなに気合を入れようと入れまいと、
仕掛けの方法や仕切りの方法が変わってはいけないのです。

目標の管理は、
あくまで仕掛けのロットの問題として考えるべきであって、
それ以上でも以下でもないのです。

通常は、「目標の達成」が行為のゴールになるはずですが、
トレードの場合の「目標」はそういうものではありません。
あくまで、リスクをヘッジするための「目標」であるべきなのです。

という意味で、トレードの場合の「目標」は、
日常生活の「目標」とは、まったく違うものなのです。

・・・・・

今、ニューヨークダウを見てみたら、上昇してます。
このまま直近高値の更新まで行くのかどうか?
明日の朝また見てみましょうか。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
/>人気ブログランキングへ
3/20 月曜日は出動
いよいよ、チャンスの到来となりそうな感じです。
今日、火曜日の安値をかろうじて割らなかったので、
日足チャートの波動局面は、かろうじて持合いのまま。

しかし、来週個の安値を割れば、波動局面での「下降」が成立します。

久々の「下降」波動。
しかも、75日移動平均線、25日線ともに下向きです。
MACDの波動も今日は逆行し下に伸びました。
一目均衡表でも、転換線が基準線の下にもぐりました。
いわゆる「逆転」です。

ボリンジャーバンドも今週の持合いの間に、
少しづつ上下に開きつつあり、
-2σのラインは今後ますます下に大きく開きそうな気配です。

そうです。
「日足」についてみれば、いろいろな要素が、
「下降」の方向を示しているのです。

今日「売り」仕掛けてもいい銘柄もありました。
すでに大きく下げてしまっている銘柄も多いです。
日経平均の動きに、様子を見る姿勢でいるうちに、
さっさと下げられてしまった・・・ということです。

電力系も、さっさと下げていってしまいましたし。

でも、そこで、「チャンスを逃した!」とがっかりすることも
ありません。
これから、またチャンスが来ます。
どんな思いを持っていようと、相場はいつまでも続きます。

ただ、すでにボリンジャーバンドの-2σを割れて下げている銘柄は、
当面は相手にしないでいいです。
そういう銘柄は、また上に上がってきたときがチャンスになります。

この3連休、ちょっと銘柄探しをしておきましょう。
「売り」の銘柄です。

これから下げていくとしたら大きそうな銘柄。
狙いはそこです。

今日は、ちょっと、これからすべてを忘れてゆっくりします。
たまには、じっくりぶらぶらして、じっくり寝て・・・
そうありたいものです。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
/>人気ブログランキングへ
3/19 もう少し見ますか
いつもいつも、「もう少し見よう」と言っている気がします。
要は、スタンスをはっきりさせない、判断をしない、
ということではあります。

MACDは上向き。今日も継続。
一目均衡表も、デッドクロスがまた延びました。

頑張っている日経平均、と言いたいところです。

ですが、
今日の日経平均は、結局のところ5日移動平均を、
終値で抜けられず・・・でした。
それと同時に、14,500円にパーティションの存在を
感じるようなチャートになりました。

「売り」目線で見れば、もう少しはっきりと上昇してくれた方が
やりやすくなります。
昨日も書いたように、下向きの25日線まで来てくれれば、
当面はいい感じ。
今日も、行きそうな感じだったのですが、
14時以降の下落でチャラになりました。
分足でも、大きな大きな持合いでしたね。
日足のローソク足がそれを示しています。

どうしよう?
というよりは、どうしようもない・・・でいいと思います。
無理に出張っていくこともないです。

もうちょっと待ってみましょうか。

私は、そういうイメージです。

必ずチャンスが来るように思うからこその余裕です。
毎日毎日、大きなトピックスがあるわけではありません。

相場に貼りつくトレーダーにこそ、
波乱万丈のコトバは当てはまりません。

雨ニモ負ケズ、風ニモ負ケズ、
雪ニモ夏ノ暑サニモ負ケヌ・・・

(いま思いついた詩ですが・・・)

こういう心持ちこそが、トレーダーには必要です。

今は、わからん。
上なのか、下なのか。

それでも、
上ならラッキー、下なら様子見。

狙いは「売り」。

昨日に続いて、そんなところでしょうか。

さて、ニューヨークダウでも見てみますかね。。。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
/>人気ブログランキングへ
3/18 そうでもないなあ
昨夜のニューヨークダウの上昇、
こうしてみると、日経平均へのインパクトは、
さほどでもなかったようです。

もっともっと、上昇するのかと思って見ていました。
しかし、寄ってからの日経平均の方向は下。
5日移動平均線に上を押さえられた感じ。
何とかMACDの下への伸びは回避したものの、
75日線、25日線は下向きになったまま。

確かに、ローソク足の比較では昨日に比べて「上昇」ですが、
全体的に見れば、上昇のサインはあまり見つけることができません。

日経平均「日足」の一目均衡表も、
再び、転換線が基準線を下回るデッドクロスになろうとしています。

チャートの波動としてみれば「持合い」と先週書きましたが、
このままいけば、明らかに下降相場入りします。
(というか、すでに下降相場?)

今日を含めて、いったんの上昇があって、
そこから再び下降に入り、昨日の安値を割るなら、
チャート波動の「下降」が成立しますので、
その時には、改めて完全な下降相場ということになるでしょう。

いったんの上昇は、まず5日線を抜け、
下向きの25日線に達したところでまず注目。

先週木金で空いた大きなギャップを抜け、25日線を抜ければ、
まだわからない・・・ということなのでしょう。

でも、下向きの25日線を抜けられるかどうか。
そこが大きな焦点です。
跳ね返されれば下降相場が見えてきます。

ボリンジャーバンドも、収束から拡散へ。
しぼまっていた流れが、昨日から開く方向に変わっています。

これは、下に落ちる余地がまだ広がるということですから、
下降相場入りの可能性を後押ししているわけです。

まだ、単純には言えません。
けれども、今日は、そういうふうに私は感じました。

ニューヨークダウも、大きな陽線が出たとはいえ、
上からのトレンドラインを抜けてませんし、
またすぐに下降に入るかも知れません。

もし、そうなるなら、日経平均はひとたまりもないように思います。

今日からのいったんの上昇は、
逆に言えば、「売り」銘柄が格好の状況に上昇して来ることを
意味します。

そろそろ、チャンスが来ますね。

ここは捉えるべきところのように思います。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
/>人気ブログランキングへ
3/17 今日はすいません。。。
今日は、朝から私事にて面倒なことが起こってしまい、
とても疲弊してしまいました。

日経平均を見る・・・どころでもなく、
一日何もできずに終わりました。

まあ、長い人生こういうこともあります。

とはいえ、ちらちらと見るだけは見て、
今日の日経平均が、金曜の足の下で展開していることだけは
知っています。

また、ニューヨークダウは今、反転して来ましたね。
明日の日経もいったん反転ですかね。
その程度のことは、見るだけ見ています。

でも、明日も・・・何ができますかね。

ちょっと気持ちがどんよりしてしまって、
病気とか、不幸がとか、そういう事態でもないのですけれど、
辛くはあります。

人間は、機械ではないので、
やはり気持ちの問題とか、とっても大事で、
いろいろな要素のバランスがきちんと取れていないと、
うまくいかないのです。

自分の思う通りにすべては行かないです。
すべてが自分ではないから。
自分のことだって上手くいかないのに、
ましてや他人が絡んでくれば、複雑です。

相場の方がまだましだと思います。

でも、相場のようには人生は行かないし、
逆に言えば、人生のように相場は行かないです。

今日は、やっぱり、どうも暗いです。
本当に申し訳ありません!


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
/>人気ブログランキングへ
3/16 トレードで夢を見られるか
トレードで夢を見られるか?
それは、ふたつの意味で書いています。
それは、「夢」の意味がふたつあるということです。

ひとつは、寝ているときに見る「夢」。
そして、もう一つは将来的に見る希望という意味の「夢」。

寝ているときに見る「夢」。

これは、トレーダーなら誰しも?見ていると思います。
熱心に毎日何らかトレードに関係している人なら。

私も、よく見ました。
持越した銘柄が、
翌朝とんでもない含み益を得て寄りそうな板を見ている夢。

逆に、ものすごい含み損を抱えて寄付きそうな夢も。

ニューヨークダウが自分の思い通りに動いている夢とか。

ときに、夢と現実がよく区別できなくなったりもしました。
あれ・・・なんでこんなに上げてるんだろう?
昨日と違う??
といったような一瞬の勘違い、など。

ニューヨークの場合など、前夜寝る前に見たのか、
夢で見たのか、区別がつかないとか。

寝汗でぐっしょり、なんて言うのもあったような気がします。
最近もよく見てます。

正直言って、トレードの夢を見られるくらいやっている、
というのは、とてもいいことのように思います。
夢に見るほど打ち込んでいる。
好きでなければとても無理です。
(でも、好きでないことを無理やりやっている時にも、
 夢って見るものですかね・・・それもありですね。
 うーむ。)

で・・・
大事なのは、将来の希望としての「夢」。
これは、けっこう、重要です。
トレードで、希望のある将来が見えてくるのか?

そこは、どのくらい儲かるのか?
ということと、ほぼ同じだと思います。

じゃあ、どのくらい儲かるの?

私にも、本当のところはわかりません。
そこまでの大成功をしたとはとても言えませんし、
BNF氏のように、100億を超えようなんてことも、
まるで考えていません。

ただ、トレーダーとしてやっていこうと思うからこそ、
少なくともサラリーマン給料並みの儲けでは
とてもとても満足したくありませんし、
よしんば、企業の社長の年棒くらいだったとしても、
それで成功とは思いません。

自分がサラリーマンを辞めてやっているということが
大きく影響していると思いますが、
少なくとも、サラリーマンをやっていたら、
とても手にはできない金額・・・が成功の目安でしょう。

そうなると、やはり、億の単位と言うことになるでしょう。
年間で、億単位のもうけが出ていると、
それは成功といっていいのではないでしょうか。

仮に少なめに考えて、年間1億の利益と言うと、
月間10%の複利で考えるなら、
おおよそ1億円の資金を年間で倍にするという計算で
成り立ちます。

年間で資金を倍にしていく、という考えだと、
100万円から初めて、6-7年目でなんとかなります。

1年で200万円。2年で400万円。3年で800万円。
4年で1600万円。5年で3200万円・・・・となりますよね。

そう考えると、何だかできそうな感じがしてきますよね。

あとは、金額が上がれば上がるほど、
「損切り」や利益確定に対しての心理的要素は格段に重要に
なってきますから、
そこのところの考え方次第でしょう。

簡単じゃないとは思います。
計算通りには行かないと思います。

サラリーマンが社長になるのに何年かかるか考えれば、
それも当たり前です。

わたしも、そのあたりは未知の世界で、
ほんとうにわかりません。
バカなことを書いているなと自分でも思います。

でも、まあ、「夢」の話ですから、
今日のところはそこは勘弁してくださいませ。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
/>人気ブログランキングへ
3/15 ニューヨークの姿
ニューヨークダウ平均の下げが止まらなかったようです。
昨日MACDのデッドクロスがあったのですが、
75日移動平均線も割り込んまま、戻りませんでした。

このニューヨークの姿を見ると、
どうも、日経平均も「売り」の相場の到来の予感がしますね。

月曜日にさらなる大下げ、という意味ではなく、
当面の、少し長期の、何となくの見通しです。

日経平均は、昨日きれいなトレンド転換、
そして重要な支持線の割り込み。
そして、ボリンジャーバンドの-2σまでの下げということで、
下げ要素満載の状態になりました。

ボリンジャーバンドがいったんは防波堤になりそうな気はしますが、
その後また下げて、
14,000円という次の強力に見える支持線までが、
目標になるような様子です。

そして、75日線が完全に下向きになってくれば、
久しぶりの下降相場の到来です。

今年に入ってから、相場は持合いの状況に入りつつ、
下げたと思えばやはり上昇、という動きを繰り返していました。
その状況を反映してか、75日線は横ばいにはなりました。

それでもやはり日経平均は強いのか、と思わせんばかりの上昇があったり、
でもやっぱり投げが出てきたり・・・。
本当によくわからない相場でした。

なかなか対処の仕様が見つかりませんでしたし、
持越しのしにくい相場だったと思います。

今でも、その傾向に基本的に変わりはありません。
なにしろ、波動が「持合い」なのですから。

今の急降下も、この持合いのなせる業であるかもしれないのです。

ただ、ここで75日線が完全に下向きになってしまうと、
様子は変わってくるでしょう。
いよいよ相場に一つの決着がつくかもしれない、ということなのです。

75日線だけではなく、「週足」「月足」の様子も参考にすべきです。
これらの中長期のチャートにも、それなりのサインが出てくるなら、
本物の下降相場でしょう。

とりあえず、「売り」の目線。
ただ、月曜日は、ちょっとだけボリンジャーバンドとの関係に、
気を付けときましょう。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
/>人気ブログランキングへ
3/14 ずどーーーん
ダメもとの「売り」狙いいかがだったでしょうか?
出来高を見ても、相当な投げが出ましたね。

でも、それだけ「売る」お金が出てきた、ということは、
それだけ「買い」のお金も出てきたということですから、
私はそのことに驚きます。

なぜ買えるんでしょうか?

もちろん、日経平均のチャートをもとにして買う人より、
個別銘柄のチャートを見て買う人の方が多いでしょうし、
もっといえば、チャートなんか気にしないで買う人もいるでしょうから、
まあ、こういうことになるんでしょう。

ただ、いつも書いているように、
これだけギャップが空いてしまうと、
それはそれで売れないんですよね。

喜んでいるのは、個別銘柄の動きを見て、
一昨日、あるいは昨日「売り」で仕掛けた人だと思います。

そして、今日利益確定・・・なら最高かもしれませんね。

今日の日経平均、一気にボリンジャーバンドの-2σのところまで
来てしまいましたから。

また、この大きな下げに驚くだけでなく、
冷静にチャートを俯瞰してみることも必要です。

その一つが、チャートの波動の流れ。

今日、直帰安値を更新したことで、
波動の局面において「持合い」になりました。

チューブの中の持合いを脱して、波動の持合いになったのです。
なんだか不思議ですが、
波動では今まではなんだかんだと「上昇」でした。
それが、「持合い」
それも、末広がり型の「持合い」が出てきたのです。

この波動が示すのは、乱高下。
また乱高下。

だから、月曜日に急騰することもあり・・・。

実に複雑な相場になりました。
よほどの個別のサインがないと、持ち越しは厳しいです。

デイができるならデイで。
今はそのほうがいいでしょう。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
/>人気ブログランキングへ
3/13 支持線いろいろ
今日も日経平均は下げ。
ニューヨークが下げたのだから、まあ、妥当。

で、そろそろ一応の下限なのか、止まってます。

上向き25日移動平均線まで下げてもおかしくはない、
ということは書きました。

でも、本当にそこが下限なのか?

今のチャートで、下を支える支持線は、
上向き25日線が強力ではありますが、
もうひとつ結構強いのがあります。

前から書いている、2月の最安値から引く安値のパーティション。
ほぼ、トレンドラインにもなっています。

この安値のパーティションと、高値のパーティションが、
上下で対を成していて、チューブの中での持合いになっていることは、
前に書きましたが、
今、そのチューブのラインも支えになっているのです。

二つの強力なラインに支えられて、
今のところの日経平均は、なんとか耐えしのいでいるようですが、
逆に言うと、この支持線二つを割ってしまうことになると、
ちょっと、やばいってことになります。
(「やばい」のは、「買い」の人から見たら・・・です。)

これも投資家心理です。

ここで止まるだろうと思っていらラインが割れたら、
誰だって焦ります。
いち早く、降りたほうがいいに決まってます。
だから、そこが下降の加速するところになるのですね。

MACDを見ると、昨日と同じで、デッドクロス秒読み。
やっぱり、ぎりぎりのところなんですね。今が。

期待するなら「売り」でしょうね。
上向きの25日線維敬意は表するにしても、
75日線が下向きですしね。

新規の「買い」は、この日経がまごまごしている感じが危険ですし。
「売り」で見たほうがいい銘柄の方が多いようです。

東京電力(9501)なんか、きちんと見てれば、
美味しい思いができたのかな・・・とか思います。
でも、これから、こういう下落の想定できそうなやつを狙うってことです。

直近最安値付近をずっとさまよっているやつとか・・・。

考え方は同じ。
そこが崩れたら大きい、ということですから。

明日は週末ですから、無理はせず、ダメもとで狙っておきましょう。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
/>人気ブログランキングへ
3/12 一変、結論?
今日の日経平均はギャップを空けて大きく下げました。

15,000円で寄りついて、それを割ったどころか、
一気に14800円台まで下がりました。

下からのトレンドラインも割りました。

一目均衡表でいうと、雲の下辺の急勾配に合わせるように急下降。

まあ、でも、
上向き25日移動平均線までは下げておかしくない状況でしたから、
それほどの衝撃はありません。

十分に想定の範囲内ではあります。

しかし、今日の下落によって・・・
ひとつは、75日線がついに下向きになったこと。
そして、MACDがゼロラインより上でデッドクロス寸前になったこと。
この二つは、大きなチャートの変化ですね。
サインとしては「下降」のサインではあります。

この変化が、一過性のものなのか、今後の方向を示しているのか、
それはわかりません。

中長期の視点をもって「週足」「月足」を見ても、
それほど大きな何かが起きている様子は見えませんので、
上の二つをもって、即下降相場ということではありません。

ですが、サインはサイン。
ちょっと、今は「買い」の場ではなさそうです。

上向きの25日線と、下向きの75日線と、
ということで、先月とはそれぞれの向きがが逆転しています。

こうなると、また持合い。

そう簡単に結論が出るとも思えませんね。
一気に25日線を割ってしまったりすればまた別ですが・・・。

日経平均は、一昨日書いた一目均衡表上の、
千載一遇のチャンスを完全に逃しましたね。

仕方ないですかね。

どちらにしても、「買い」は今日手じまいでした。
一度リセットです。
「売り」の目線、「買い」の目線、デイなら両方必要です。

しばらくは毎日毎日気持ちを新たにしていきましょう。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
/>人気ブログランキングへ
3/11 停滞前線
今度は、ニューヨークダウが下げてきたのに、
日経平均はそれほど下がらずに陽線、ということになりました。
今日は、高値も安値も昨日のローソク足の範囲内。
完全な持合いの足でした。

75日移動平均線と、短期の5日線の間に挟まれた持合いです。

75日移動平均線は、また微妙に横ばいに近づき、
MACDは、微妙に下にへこみ・・・。
一目均衡表の方は、このまま横にスライドすれば、
積極的な上昇ヌケではないにせよ、時間切れ雲ヌケを果たします。

25日線の具合やボリンジャーバンドの様子を見ると、
若干上を志向しているように見えますが、
結局、結論は何も変わっていません。

わからない。

ただ、横ばいとはいえ、75日線を抜けていくのであれば、
やっぱり「買い」目線です。

「売り」目線は、もう少しその他状況が下落に向いてからでしょう。

もっとも、デイトレの「売り」はありです。

横ばいの75日線に押し戻され、上向き25日線まで下落、
というのは、可能性の高い展開ですから。

どうでしょう。
明日、5日線を割っていくようなら、短期で下。
75日線を抜けていくようなら、短期で上、
といった感じでしょうか。

それだけでは、結論にはならないのですが、
デイトレ視点の短期の動きなら、それでもいいのでしょう。
あとは、個別銘柄を見ることです。

各銘柄とも、75日線を挟んだ攻防戦がテーマになっています。
ほんとに、日経次第だと思います。

ソニー(6758)は、先週はうまくいってたんですが、
今日MACDが凹んだので、また75日線の横ばいかげんは気になるので、
明日で終わり・・・ということでもいいですかね。

結局のところ、
(私は、株価を操る世の中の情報に興味はありませんが)
日経平均がこういう状況だということは、
みんなが景気に懐疑的だっていうことです。
消費税のこともあるし・・・。

思い切って、政府の言っていることを信じるわけにはいかない、
ということでしょう。
今更アベノミクスでもないですしね。
オリンピックも、まだまだだし。

日経平均を分析しながら、逆に世の中がわかるってもんですね。

(3月11日23時の追加)

東日本大震災から3年間となりました。
もう3年という思いと、ずいぶん前の話のように思う感覚と、
私にとっては半々です。

震災の傷というのは、そう簡単に癒えるものではないことを、
この間の日本の状況が示していると思います。

でも、だからと言って、
漠然としてであっても歩みを止めることはできません。

時間は止まらないし、生きていくしかやり方はないからです。

アベノミクス。
私には、この言葉が、やはり、どうしてもわかりません。
口にしたくもありません。
なんだか、とても悲しくなります。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
/>人気ブログランキングへ
3/10 肩すかし的な下落?
こりゃまた、弱い日経平均でしたね。
ズーンと急上昇する場面すら考えられると思っていましたから、
ちょっと、肩すかしをくらったような気持ちでした。

上限が75日移動平均線。
何がいけなかったのか、理解には苦しみます。
ニューヨークも上昇で良かったのに。
為替がどうのこうのでもなさそうですし。

今、日経平均がつくっている、
上下チューブのパーティションで阻まれた、
ということなのか。

ともかく、いったんの下降です。

「買い」から見て、すごく嫌だとすれば、
何となく75日線が上向きから横ばいになってしまったこと。
本当に下向きになってしまうと、とても嫌ですね。

日経平均「日足」の一目均衡表は、
雲のうすーいところに差し掛かっています。
ここで、一気に雲の上ヌケを果たしてしまえば、
と思ったりします。

でないと、今後の雲は、先行スパン1とスパン2が、
デッドクロスした下雲(青雲)になっていますから、
この雲の下に入ると、下落の力が強まることになります。

今日の下落は、
日経平均が、とても大きな上昇のチャンスを
逃したような気がします。

株価にも日経平均にも人格などありませんから、
チャンスとかピンチとか、そういう人間的なコトバとは無縁。

それでも、やっぱり思ってしまいます。

こんなチャンスを逃してどうすんの?

でも、明日以降はやっぱりわかりません。

一目の先行スパン1とスパン2がクロスするところは、
雲のない地点で、「持合いが解消される日」と言われます。
なので、今日~明日にかけては、何らかの結論が出ても
おかしくないのです。

でも、その形跡は、今日に関する限りありませんでした。

わかんねーなあ。。。

どうなるんでしょ。。。

ここは、そういう感想で十分です。
変に、わかったような顔で「●●●の方向だ!」なんて、
明言する人がいたら・・・眉唾ものだと思っていいです。

だって、本当にわからないんですから。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
/>人気ブログランキングへ
3/9 トレード手法をより強化する
トレーダーとしてのトレーニングの一つに、
様々なトレード手法を、
常に勉強しておくというのがあると思います。

ん?

儲かる手法があるなら、
トレード手法は一つでいいんじゃないの?
と思うかもしれません。

相場は刻々と変わっています。
だから、いろいろな手法を持っていないと対応できない・・・
そんな意味ではありません。

相場は集団心理の発露の場ですから、
繰り返し、繰り返し、同じような場面が出て来ます。
これまでは全くなかったような場面が出てくる、
ということは、なかなかありません。

私の経験でいえば、
例えば、リーマンショックであっても、
東日本大震災であっても、
昨年の上昇トレンドであっても、
どこかに見本はあって、それなりに対応可能な相場でした。
(その当時に、うまく対応できていたかどうかは別の話です・・・)

そういう意味で、トレードの手法はすでに熟しています。
そんなに新しい手法が突然出てくる、ということもありません。

自分の手法は一つでいいんです。
いくつも持つ必要はありません。

それでも、様々な手法を学んでおく必要はあるのです。

それは、
自分の手法を、常に振り返り、納得し、自分のものとしておくため。

集団の団結力が一番高まるのは、
共通の強力な敵が現れた時です。

別に、他の手法が敵、とは言いませんが、
それと同じようなニュアンスはあります。

常に他の手法を、自分の頭の片隅に置いておくことで、
自分の手法を客観視し、俯瞰することができます。

すると、自分の手法の欠点が見えてきたりします。
そして、その欠点が、手法そのものに由来するのか、
自分の性格に由来するものなのか、
その区別もつくようになります。

もちろん、自分の手法のいいところも同時に見えてきます。

他の手法と比較し、違いを見ることで、
自分の手法がさらにさらに自分のものになる。

そういうことです。

だから、私はトレード、特にデイトレやスイングトレードを
テーマにした新しい本が出たりすると、
とりあえず手に取ってみます。

良い本もあれば、読むに値しない本もあります。

ぱらぱらとめくれば、
大体その区別はつくようになりました。

10冊の新刊があっても、読むに値する手法の本は、
1冊あるかないかです。

本だけではありません。
ネットでの情報も、ものすごく大きなものです。
私は、いろいろ見ています。

気にしているというより、ともかく単にでも見ています。

とはいえ、投資情報の類は、まったく気にしていません。
読んだり見たりしているのは、
もっぱら、チャートをその手法の根幹においている、
テクニカルトレードの手法に関してです。

そこは、ご理解くださいませ。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
/>人気ブログランキングへ
3/8 変えないこと
ニューヨークダウは続伸です。
雇用統計なるものの影響なのかどうか、
私にはわかりませんが。

CME日経平均は、15,310円。
月曜日の朝は、金曜日の日経平均の高値付近で寄りつく
ことが示唆されています。

月曜日は、「買い」で見ていきます。

日経平均は、昨日書いたように、
75日移動平均線とボリンジャーバンドの+2σ付近で、
完全には抜けられていません。
しかし、形は上昇。

いったんの下降には注意しながらも、
基本のスタンスは「買い」でいいと思います。

できれば、デイトレで考え、
寄付きから狙っていきたいところです。

ボリンジャーバンドの+2σを初めて抜けていくときは、
ぐーんと急上昇することも多く、
下げを待っていたりすると、チャンスを失ったりします。

月曜の日経平均の寄付きが、
金曜高値付近であるなら、その少し上に出たところで
「買い」を待ち構えておきながら、
少しギャップが空いてしまうようなら、
そこで入ってしまうということもあるのです。

ギャップが空いたら、埋まるのを待つというのも
テクニックの一つなのですが、
ギャップがあいた方向への勢いがあるときには、
埋まらないこともあります。
本当に狙いの銘柄ならば、
ギャップがあっても行ってしまわないと、取れません。

これは、簡単な判断じゃないのですが、
ルールを決めておけばいいだけの話です。
そして、それを守ればいいだけです。

ギャップが空いたなら埋まるのを待つ、と決めてしまえば
いいのです。
そして、そのルールに従う・・・というふうに。

ギャップが空いても仕掛ける、というならば、
その仕掛けのルールを決めておけばいいのです。

上手くいくときも、上手くいかないときも
当然にあると思います。
だから、「損切り」ルールも同時に決めるのです。

ルールというのは、
状況に応じて簡単に変えてはいけません。
臨機応変、というのはトレードの世界では、
あまりいいコトバではないように思います。

トレードを始めた初期のころは、むしろ愚直な方が
成功しやすいと思います。
その場その場で、上手く対応していこう・・・
と普通の人は思うのですが、
その、ごく普通な感じが、トレードには合いません。

どうしても、人間の感情は刻々変わるものですから、
「変えない」ということに、なかなかなじまないのです。

しかし、株価の方向は、自分の感情とは関係ありませんし、
仕掛けてしまえば、もうその瞬間から、
何もできないのがトレードです。

できるのは「始め」と「終わり」を決めることだけなのです。

そこを自分の血肉とできるのか。
成功トレーダーの条件だと思います。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
/>人気ブログランキングへ
3/7 ピタリと止まる
チャートというのは本当にうまくできていると思います。
まるで誰かが見ているかのように、図ったように、
75日移動平均線の上で止まるのですから。
美しいといって過言ではないと思います。

今日の日経平均は、「日足」チャートの75日線上で寄りました。
そして、上は、これまた図ったようにボリンジャーバンドの上限。

そして、私には、
2月からの安値を結んだパーティション、
高値を結んだパーティションがチューブを形成して見えます。

このチューブの中での持合いです。
このチューブがまだ続くなら、次は下げか。

でも、75日線は上向き。
実はボリンジャーバンドの+2σラインも上に開くようになりそうです。

だとすると、ここからはさらに上昇の予測。
+2σを尻目に、いったんグーンと上に行ってもおかしくない展開です。

いずれにしても、「買い」保持銘柄は、
今日は「損切り」になっていないでしょうから保持。
来週に持ち越しになりました。

「買い」は我慢のしどころでした。

利益確定に走ってもおかしくはない場面なんです。
今の日経には、それなりに、持ち越せない理由は見つかります。

ニューヨークの動向もありますし。

でも、来週どうなるかわからない、というのはありながらも、
チャート的には明白な上昇サイン。

月曜日に相当なギャップを空けて下げない限りは、
まあ、「損切り」はなく、利益確定の見通しが
立っています。

だから、可能性の方に目を向けてみたのです。

(それでもわからないのが相場です・・・が、
 そのときはそのときで「損切り」するだけのこと。)

というよりも、素直にチャートが指示する通りに従っただけ。

ボリンジャーバンドを飛び出してもいないのに、
何らの抵抗線もないのに、終わりにする必要はないのです。

毎日の相場の中では、どうしてもイメージに引っ張られます。
急な動きや小刻みな分足に心を奪われていると、
ついつい、利益確定するなら一番高いところで・・・
とか、根拠もなく思ってしまうのです。

そういう恣意性が入れば入るほど、儲からなくなるのは、
わかっているのにです。

「損切り」できない人は、「利益確定」に限って早いのです。

私もそうでした。そうやって損失ばかり重ねたのです。

今は、でも、「損失は早く確定、利益は遅く確定」と思っています。
心の底から、そう思っています。

だから、仕掛けた銘柄の動きなど見ないこともしばしばです。
見たって、何にもならないのがわかっているからです。

そこはメンタルの訓練とか、
そんなことじゃなく、やっぱり勉強とその納得感だと思います。

メンタルって、そんなもんじゃないですよね。。。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
/>人気ブログランキングへ
3/6 一段階クリア
日経平均が、一段階クリアしてきました。
15,000円の壁です。

次の壁は上向き75日移動平均線・・・
というよりはボリンジャーバンドの+2σになりそうです。

また、ここも重要なんですが、
直近高値を今日抜けたこと。

これで、波動の局面で「上昇」が成立しています。
2月の最安値から追っかけて、波動の局面で4回目の高値更新です。
それだけ「上昇」が続いているというわけです。

さらに「日足」の一目均衡表を見てみると、
雲の下限に近付いています。
もう少し経つと、上雲と下雲の境目に来ます。
そのあたりは、雲も薄くなっていて、抜けやすいのかな、
などど見えたりします。

あと、この一目均衡表の中では、
今週の火曜日(一昨日)に、転換線と基準線の、
ゴールデンクロスが起きています。
今後の「上昇」のひとつのサインです。

ただ、単純に上昇かというと、そこまでは言えません。
なにせ、まだ75日線の下にいるわけだし、
最初に書いたボリンジャーバンドが気になります。

75日線付近で、一度は跳ね返されるのかなあ。
そんな先行きイメージです。
ただし、75日線上向きですから、
抜けたら一度ボリンジャーバンドを突き抜けるイメージもつくのです。

うーむ。
どうも、結論的にはまだまだですね。

でも、
いずれにしても、今日の「買い」の戦術は結果論ですが正解でした。
(いつも、トレードは一つ一つ見れば結果論です。)

明日は、とりあえず、「保持」です。
そして、様子を見ます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あと1日。明日が本当に締切のようです。
株を「買う」戦術も、「売り」を知ればこそ磨かれます。
何度でも言いますが、個人投資家の本質は「売り」にあります。

「空売り」スキルがトレードスキルの本質

逃さないでほしいと思います。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
/>人気ブログランキングへ
3/5 買える形あり
ニューヨークダウ平均は、大きな下落が75日線で止まり
そこからの昨夜の大きな上昇がありました。

今日の日経平均は、ギャップを空けて上で寄付き。

でも、ニューヨークダウに感じるほどの強さはなく、
やっぱり15,000円の壁に阻まれて、
コマのようなローソク足になっています。 

で、25日移動平均線がそろそろ横ばいになって来ました。
いままでの完全下向きから変化して来ました。

明日以降下落したとしても、
この25日線で止まる可能性が出てきたということです。

一番大事な75日線は上向きです。
ですが、ボリンジャーバンドの+2σに触りそうになっています。

明日以降の上昇は、75日線というより、
このボリンジャーバンドに阻まれるかどうか
ということでしょう。

上75日線、下25日線の間の持合いでしょうか?
そんな風にも見えます。

でも、買っても悪く売っても悪い、そういう展開です。
なにをやっても「損切り」になってしまうところです。

相変わらず、きつい相場が続いているとしか言えませんね。

「売り」だと思っていた電力系も、動きはまちまち。
中部電力(9502)は、すごくいいタイミングで
売れたかもしれませんが、
関西電力(9503)は75日線抜けの上昇。
ここを狙っていた向きには、厳しい展開です。

いっぽう、ソニー(6758)などは、
本当に買える形になって来ました。

明日は、ちょっと「買い」の方向でみておきますかね。
ニューヨーク次第でもありますが。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

〆切まで、あと2日です。
なかなか見られない「売り」のセミナー。
「売り」を学べばこそ、「買い」の本質もわかります。
トレードマスターの近道だと思います。
「空売り」スキルがトレードスキルの本質

本当に、もうすぐ終わっちゃいますよ。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
/>人気ブログランキングへ
3/4 日経平均に窓口なし
いくら文句を言いたくても、
日経平均には窓口なるものはありません。

クレームはおろか、問合せ窓口やクレーム窓口も
ありません。

悲しいことかもしれませんが、すべての責任は、
仕掛けたトレーダーが取らなくてはなりません。

結果論ですが。
昨日の大きな下ヒゲは、今日に関する限りは、
上昇への転換サインだったようですね。 

そして、ニューヨークダウは昨日の大陰線から打って変わって、
今は大陽線を刻んでいます。

「下げ」かと思ったら「上げ」かよ。
「まあ、上げだと思っていたよ。」

いろいろな意見が合って結構です。
それで未来永劫に儲かるなら。

私は、今日もl「売り」で身構えていたので、
大したことはできませんでした。
仕方ないと思っています。

よくあることの一つにすぎません。

朝一に「売り」仕掛けてしまって、
結局上げられて「損切り」ということがなかっただけでも、
ラッキーだったということでしょうかね。

いずれにせよ、日記得平均は25日移動平均線を抜けました。
日経先物は、日経が引けた後も上昇です。
5日線まで上昇しています。

今のうちに、しっかり勉強しとけや!

相場がそういっているようにも聞こえました。
私には・・・。

すいません。
今日は、酔いが回っているようです。
なんとかパソコンの前にはいるものの、
・・・・
ごめんなさい!

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
/>人気ブログランキングへ
>>続きを読む
3/3 上昇終了一歩手前
寄付きの弱さは、ちょっと想定外。
今日の日経平均は25日移動平均線の下からはじまりました。
そして、14,500円を割る大下げから10時過ぎに一転。
寄付き付近まで上昇して、大きな下ヒゲを残して引けました。

ちょっと下に大きなギャップが空きましたね。
これは考えていなかった展開でした。

そして、ぎりぎりのところまで下げてきました。
なにが「ぎりぎり」かというと、チャート波動に関してです。

今日もし、直近安値(2月20日の安値)を割ってしまえば、
短期の波動局面では「持合い」となるところでした。
どうにかこうにか「上昇」を保てるところで下げ止まったのです。

この大きな下ヒゲ。
一般的には、下げ止まりのサインとして見ることが多いようですが、
どうなのか?

「買い」の側から見れば、自分に都合よくそう解釈するのでしょう。
でも、本当のところ、大きな下ヒゲにそこまでの意味があるのかどうか。

私は、あまり気にしません。
意味があろうとなかろうと、だから??というところです。

ローソク足の形で、翌日を予測しても仕方ない。
要するに、予測はトレードには意味がない、ということです。

私が気にするローソク足の形は、単独で判断するものではなく、
昨日の足との関係です。
昨日の足と比べて、上昇なのか下降なのか。
それだけです。

今日は、どんなに大きな下ヒゲだろうと、
昨日の足と比べて「下降」です。
そして、大きなギャップが空いているということ。
それだけが、気にすべき事実であるわけです。

そして、明日は上昇かも知れないし下降かも知れない。
それだけ。

ただ、直上に25日線がありますから、
明日はそこを抜けるかどうかが一つの焦点になるでしょう。
このまま、下向きの25日線を抜けなければ、
すぐに75日線が下向きになるところまで来ました。

ついこの前も書きましたが、たった一日で本当に状況は変わるものです。
今日の足のおかげで、日経のチャートは崩れる可能性も出てきました。

今日でてきた崩れる可能性と、
下げ止まって「上昇」を維持したこと。
どちらが今後の相場を支配していくのか?

今日、私は「売り」の目線。
明日もまだ、「売り」で考えていくことにします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

トレードをやる人は、常に「売り」の視点を持っているべきです。
それが、相場を考える時の本質だからです。
「空売り」スキルがトレードスキルの本質

3月7日に締め切られる予定です。
早めにのぞいてみてください。。。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
/>人気ブログランキングへ