FC2ブログ
損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
5/3 「損切り」復習(3)
ニューヨークダウは持合いのローソク足。
ニュースによる上昇があったものの最終的には
下落して落ち着きました。

雇用統計のニュースの直後から、
ドル円為替が急速に動きだし、一時103円を抜けたりしましたが、
すぐに戻ってしまいました。

おかげで、日経先物も14,500円抜けの上昇から、
戻してきてしまいました。

ただ、日本の相場は、つぎの月・火がお休み。
もう少し、ニューヨークの動向を見ていないといけません。
静観、ですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日はまた、「損切り」の復習をしようと思います。

「損切り」のことを真剣に考えた時、
やっぱりふたつの側面から考えるのが妥当だと思います。

ひとつはテクニカル。
そしてもうひとつがメンタル。

もちろん、テクニカルがあってこそのメンタルです。
テクニカルがわからない中では、メンタルは意味を持ちません。

ただ、どうしても「損切り」というとメンタルな部分が
強調して語られることが多いのです。
そして、テクニカルの部分が忘れられがちになります。

なぜかというと、
「損切り」のことを真剣に考えているのは、
すでにトレードをそこそこはやっている人たちだからです。

初心の人には、本当の「損切り」の大切さはわかりません。
あくまで、トレードの手法の一つとして文字ヅラだけの
「損切り」です。

普通のトレーダーは、「損切り」に失敗してみないと、
その重要性を理解し始めないのです。
そして、その重要性は身にしみてわかってきているのに、
「なぜできないのか?」ということになるのです。

重要性がわかるのにできない・・・
・・・ということは問題はメンタルだ、
というふうに考えるのです。

その思考には、こういう構造があります。
「損切り」は嫌なことなんだけど、
「嫌なこと」をやらない自分はダメだ・・・と。

でも、本当はそうじゃないんです。

「損切りに失敗すること」が「嫌なこと」なのであって、
「損切り」自体は「嫌なこと」ではないのです。

こう考えられるかどうか??
そこはメンタルではなくって、テクニカルなんです。

相場や株価の仕組み。
そして、その仕組みに対応していく手法の枠組み。
そうしたテクニカル上の理解があってこそ、
「損切りは嫌なこと」という固定観念から解放されるんだと
思うのです。

(感情的には、もちろん「嫌なこと」ではあります。
 そんなのは当たり前。
 でも、だからこそ理論上の理解で、
 そこを克服していこうとするのが大事だということです。)

これまでのブログ記事でも、そのあたりを書いていますので、
以下ご参考までに。

「損切り」は積極的に

「損切り」の意味合い

明日以降、少しづつ具体的な話に入っていきます。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
/>人気ブログランキングへ
5/2 本日の損切り
壁を突破できずの日経平均。
さすがに今日は動けませんでしたか。

ニューヨークダウはローソク足の形こそ高値更新を果たして
「上昇」の形にはなりましたが、持合い気味の、動き少ない陰線。

日経平均は、昨日のローソク足の高値も安値も更新しない、
「持合い」の形でした。
上には14,500円と25日移動平均線。
下には上向きの5日線。

間に挟まれた形で、4連休に突入しました。

この3日間で、私の楽しみだったタツタ電線(5809)の「買い」は、
今日、昨日の安値を割ったところで手じまいしました。
そこが、25日線や5日線の水準でもありました。

軽くはありますが見事に「損切り」です。

ニューヨークダウ関連の情報で、
どうも「雇用統計」なるものの発表があると騒がれているのが、
ちょっと気になってしまいました。

基本的にはチャートしか気にしないのですが、
こればっかりは仕方ないですね。

もともと、持越しまではする気は多くはなかったのですが、
ニュースにあって今夜ニューヨークが落ち込みなんてことになると、
来週水曜日まで手を出せない日本の相場としては、
ちょっと、途方もない様子も想定しないといけないかなと。

もともと、下降相場の中、興味本位で仕掛けた「買い」ですから、
このあたりが限界でしょう。

もちろん、ニューヨーク反対にニュースで上昇した場合は、
この銘柄が大きく上にはねた状態で来週寄りつく可能性もあります。

でもそれはそれ。

期限までにうまくいかなかったということであきらめたほうがいいと
判断しました。

ロットが小さいから、仮に大きく下に行っても大丈夫・・・
というのも、正論ですが、
それも程度問題です。

一事が万事ということもあります。

とにかく、この3日間で急騰しなかったことには間違いないのですから、
「思惑通りには行かなかった。・・・以上!」ということです。

来週もし、下げることなく上昇するなら、
そのときは必ずやチャレンジです。
それだけいい形ではあるのです。

さて、明日から4連休。
少し長い休みになります。

リズムを崩さず、来週の休み明けが迎えられるよう、
しっかり振り返りと今後の準備をしておきたく思います。

連休中も、いつもとおりこのブログは毎日書きます。
そういう中でしか、地道な成果は見えてこないと思うので。

それでは、良い連休を。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
/>人気ブログランキングへ
5/1 またまた壁まで
ニューヨークダウは続伸し、直近高値を抜いてきました。
短期ですがチャート波動の局面での「上昇」を成立させました。

これに伴い、日経平均も5日移動平均線を抜けて上昇し、
そこそこの陽線をつけました。

今日止まったのは、強固な壁の手前です。

25日線と14,500円のセットの壁。

最近の日経平均は、この壁を中心に動いているといって
過言ではありません。
今日も、ここまで上昇して押し戻されたわけです。

MACDも再び上に伸びてきましたね。

明日、4連休を前にして、この壁を抜けられるのかどうか。
そして、さらに、4月の高値まで抜けていけるのか。
(そうなると、日経も波動の「上昇」となります。)

ゴールデンウィークということで、明日一気に結果が出るとも
考えにくいのですが、そこは相場。
何が起きるかわからないのが常ですから。

何となくの予感ですが、
今の日経の「日足」チャートを見ていると、
4月の高値と75日線が重なってくるあたりがポイントなのかな、
と思います。

来週ですかね。

となると、明日はやっぱり様子見。。。
難しいところで手を出すこともないでしょう。

それはそうと、私はタツタ電線(5809)。

今日は日経の状況もあってか、いい感じで上がってきました。
このまま、ボリンジャーバンドも突き抜けるような急騰を期待したいです。

可能性は十分あると思っています。

明日、さほど動くこともないなら、
様子によっては持ち越しもあり・・・と大胆に考えています。

大したリスクはないので、ちょっと深く追ってみようかと。

75日線まで上がってしまうようなら、
迷わず利益確定しますけれども。

何度も書きますが、あと一日で4連休です。
そうは言っても無理せず、気を付けていきたいと思います。

連休中は、また「損切り」を振り返ろうかと思います。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
/>人気ブログランキングへ