損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
4/2 これもダマシ?
反転です。
ニューヨークダウが何とか頑張ったので、日経平均も頑張ったのでしょうか?

寄付きは、25日移動平均線の下でしたが、そこから一目散に上昇です。
下向きの5日線も抜けていきました。

今日の天井は、どうやら、
1/16の安値から上にひいた長期の上昇トレンドライン
だったようですね。
これさえ抜ければ、完璧だったのですが、
まあ、一日では難しいでしょう。

MACDもついに、上に凹んできました。
しばらく続いていた下降のふくらみに終止符が打たれました。

しかしながら、この相場、このところずっと書いております通り、
トレンドについては常にダマシくささを残しつつ推移している気がします。

昨日の大陰線と、今日の陽線と、どちらも胡散臭い気はしています。
これは、あまり根拠もないのですが、
どうも、大きな動きにそのままついていくと失敗するような感じです。

私は、今は、あまり仕掛ける場面ではないなあと思っており、
まあ、見ているだけ(完全ではないですが)なのですが、
ちょっと、一方向に動きすぎのような気がします。

明日以降は、上で書いた長期のトレンドラインを再び抜けられるか
ということと、19,500円の切りのいい数字がポイントになります。
そのあたりがクリヤできるなら、上昇はホンモノと見ていいと思います。

根拠のない、私の感覚はさておくとして、
上昇相場継続の確認は、これらの抵抗線を見ていればわかります。

上昇なのか、下降なのか。
具体的な仕掛けにつながる話としては、難しいかもしれませんが、
基本的に、上昇相場であることは論を待ちません。
これも何度も書いています。

なので、基本スタンスは「買い」であるのです。
今のところ、「売り」はあくまで局面局面における、
短期対応術だと考えるべきですね。

ニューヨーク、為替など見たうえで、
あくまで冷静に冷静にやっていきましょう。

少なくとも、今のうちは。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
4/2 ニューヨークもダマシ?
24:40です。
ニューヨークダウが、下向き75日移動平均線から始まって、
いったんドスンと下げて反発しています。

ポイントは、やはり75日線との位置関係、
そして、直近安値を下回ってしまうかどうかです。

ニューヨークダウは、75日線が下向きですので、
お世辞にも上昇相場とは言えません。
完全に下降相場に入っているともいえないですが、
その一つの指標が、直近安値割れをすることによる、
チャート波動の下降継続です。

下降継続なら、いよいよ、下降相場入りが濃厚になります。
というより、下降相場でしょう。
下向き75日線に頭を押さえられた上に、
下降波動となるのですから。

一方、今夜の終値で75日線を上回れるなら、
相変わらず、上昇するかどうかはわからないとはいえ、
状況は変わってくるでしょう。

いずれにしても、CME日経先物を通じて、
日経平均に影響を与えてくるのは間違いないところです。

ニューヨークダウも、上げたり下げたり、乱高下を繰り返しながら、
ダマシをも警戒しなくてはならない展開です。
そこは日経平均と同じ様子です。

冷静に見ていきましょう。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
4/1(告知) 素直な個別銘柄とは
個人のプロトレーダーが、
どんな銘柄を見ているのか。

どんな銘柄が、素直なチャートを描くのか。

どんなチャートがわかりやすいのか。

そういうことが、分かったりもするのが、この無料動画集です。

投資大全集(無料全集)

登録した方は、個別銘柄についての動画は必ず見てください。

なるほど、と思えなくてもいいと思います。

でも、なるほどと思う価値は十分にあるのです。

出てくる個別銘柄は、今後も追いかけていいと思います。

投資大全集(無料全集)

4/1 25日移動平均線のダマシ
下げて来ました。これも、案外でした。
というのも、なるほどニューヨークダウは下げたものの、
CME日経先物は、それほどでもなかったからです。

少なくとも、25日移動平均線を割って始まるほどのことはないと
思っていました。

ところが、寄付きは25日線の下。
しかも、朝一のほんの一瞬だけの反発で下降に転じました。
そこからは、下降の流れ。

さすがに、一度割ってしまった19,000円を
二度と割ることはなかったのですが、
朝の高値を抜けないとわかるや否や売りが入って来ました。
結果として、大引けも25日線の下、大きく割り込んでしまいました。

ただし、25日線はまだ上向きです。
なので、まず考えられることは、
今日の25日線割れがダマシではないかということです。

今夜のニューヨークの動向にも要注目です。
今週早々に、再び25日線を抜けるなら、今日の下げはダマシの
可能性が強くなります。

しかし、25日線下でまごまごしたり、一気に下落していくようなら、
本格的な下降局面です。

25日線だけではなく、19,000円という、切りのいい数字の
パーティションもありますので、そう簡単には落ちない・・・
という見方もありえます。
19,000円付近には、3/13に空いたギャップもありますし。

いずれにしても、私は高値圏の乱高下だと見ています。
上も下もありうると。
売りにしても買いにしても、スイングは気をつけた方がいいです。
何度も書いていますが、振り回されてはいけません。

まず、基本的に押さえておかねばならないのは、
日経平均は上昇相場の中にいるということです。

ここで、下げていくにせよ、それはあくまで
上昇相場における下降局面であって、
下降相場ではない、ということです。

そして、日経平均の週足MACDをしっかりと見ておいてください。
本当にデッドクロスするなら、買いは控えましょう。
その場合は、まずは様子を見た方がいいです。

乱高下の時は、方向性がある程度明らかな銘柄を見ておきましょう。
そうでない銘柄では、何が起こってもおかしくはないし、
実際に損切りがばかりになりがちです。

みんな半信半疑のまま相場に入っています。
それが、この乱高下に表れているのです。

当たるも八卦、当たらぬも八卦の状況に陥りたくないなら、
無理はしないことです。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ