損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
8/30 はまる仕掛けもある
日経平均は、また足踏み。
上がれば下がるし、下がれば上がるの持ち合い状況です。
でもさほど落ちてもいません。
ローソク足は持ち合いの足でも、ちょっと休んだだけという見映え。

そんな中で太陽誘電が、思惑通りの動き。
場を見て動けた人には絶好の展開になりました。
爆上げの仕掛けが当たりました。
まあ、毎日やっていれば、こういうこともあります。
だからトレードなので、当たり前ではありますが。

昨日も書いたように、正解はデイトレ。
プラスアルファでスイングというスタンスの仕掛けです。
複数単元の仕掛けのうち、半分はデイで仕切り。
残りはスイングで保持です。
で、このスイングの分を、どう保持していくか。
爆上げの時の教科書通りのやり方で行きましょう。

爆上げがあるのは、たいていグランビルの上昇初動です。
ということは、どーんと上げるけれども、すぐに元に戻る、
ということ。
要は、短期決戦です。
そうでなくても、日経の様子からして、
長く保持する気持ちはちょっと我慢しておきましょう。
それで、損をしてしまうかもしれませんが、
それはあくまで個別の事柄です。
長い目で見た正攻法で行くのが、トレードの考え方です。

今日、ローソク足は、ボリンジャーバンドを抜け出しました。
これも、爆上げの特徴です。
スイングの分でも複数単元あるならば、さらに分割仕切りの
戦術が使えますが、そうでないなら、
ポイントは、株価がボリンジャーバンドの中に戻ってきた時です。
もし、終値で戻ったなら、翌日朝仕切り。
それで行ってみましょう。

それでうまくいかなくっても、それがキャリアです。
正しくやっているのです。

そこを我慢すること。
短期決戦といえども、気持ちで簡単に動いちゃだめです。

それから、三井住友(8316)なんかも、高値更新を迎えて、
とてもいい買いチャート形になっていますね。
(この銘柄は、極めて日経平均に忠実・・・というより、
 日経平均を先導すること?すらあるように感じています。)
明日のデイトレにはぴったり・・・です。
日経次第ではスイングでもいいですね。

まあ、毎日少しづつ、少しづつですね。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
8/29 逆でしたね
どちらかというと売りが濃厚かな、と考えて構えていましたが、
上で寄り付いたまま、さらに上に行きました。
まったく馬鹿みたいですが、完全に逆でした。
一気に買いのサインが点灯してきた感じもしますね。

なかなか、しかし、買いに心が向かなかったのは事実です。
確かに、金曜日の陰線は75日移動平均線で止まりました。
この「割らずに止まった」という事実をもう少し重視すれば、
心が反転上昇というシナリオに傾いたかも知れません。

まあ、負け惜しみではありますが、
でも、そこは、個人のスタンスと好き嫌いの問題だと思います。

「下に行ったら大きく崩れる可能性がある」というのと、
「持合いの中でどちらに行くかはわからない。
 反転上昇は十分ありうる」というのと、
どちらも、私は平等だと思います。

そして、そこから先は、どれだけその全体相場にあった形で
思惑通りに進む個別銘柄を見つけられるか、という
別の問題もあるのです。
また、明日この流れが続くか、という意味では、
極めてあやふやです。
一気に17,000円を抜けていく展開になれば、
一定の判断はつくと思いますが。

いずれにしても、今日の子のローソク足である以上、
また、上昇相場の芽が少し大きく見えてきたということです。
そこは、1日1日自分の判断が右往左往しようと、
プライドを捨てて認めていかなければならない事実です。

そしてまた、これだけの上昇を示されているだけに、
売りの仕掛けの予定については、何ら実害はない、
ということも、重要なことです。
昨日出しておいた売り銘柄も、すでに白紙・・・です。

爆上げ待ちしてた、太陽誘電や富士重工などが、
うまく仕掛けに引っかかればよかったですが、
今日はちょっと無理でした。
明日の太陽誘電が今日の高値抜け、75日線抜けを果たして
うまく引っかかれば、仕掛けはあり・・・かとは思いますが、
行ってみますか。

普通にやると、損切り幅が大きくなるので、
デイトレでやることも考え、買い値割れの仕切りを含めた、
当日仕切りを視野に入れておきましょう。
それであれば、仕掛けて面白いと思います。

シナリオはそのまま行くならラッキー。
うまくいかずに当たり前、くらいに考えましょう。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
8/28 短信のみ
すっかり遅い時間になってしまいました。
明日の準備・・・と言いながら、
書く時間もほとんどありません。
今日は、ちょっと個人的にバタバタしてしまいました。

銘柄だけ。
双日(2768)、日立(6501)。
いろいろ、細かいところで、完全ではありませんが、
月末に売りで狙ってみます。

ともに、金曜安値割れで仕掛けます。

まだ、日経平均という全体相場の状況は、
はっきりした傾向を示していませんから、
それを見ながらの仕掛けになります。
ギャップが空いたら、ちょっと様子見です。
戻ってきたところで、再びの下落で仕掛けましょう。

すいませんが、今日は短信までです。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
8/27 さて、考えてみます
まずは、今の日経平均を俯瞰してみます。

日足。
75日移動平均線は微妙に下向きになってきています。
株価は、その75日線の線上。
波動局面では、8月の高値が7月の高値をわずかですが抜けた
ということで、上昇の波動になっています。
ですから、今は、上昇波動の下降局面にあるというわけです。
MACDは、凹んできています。
一目均衡表ではまだ雲の上にいますが。
上昇のサインと下降のサインが混在している日足の展開。
今週の持合い放れが上に行ったものならば、
全く違ったでしょうが、下に放れて、方向は下降という見方が
濃厚になりました。
チャートの形として、ダブルトップの形に見える、
というのが正しければ、まだまだ天井圏にあって、
大きな下げはここから・・・とぃう、厳しい見方もできます。

週足。
週足全体の方向を示す39週線は完全に下向き。
波動も安値更新が止まっていません。
ここでは、まぎれもない下降相場ではあります。
39週線の下での安値更新が3回ですので、
そろそろ、下降波動から持合い波動へと移行しても
おかしくはありません。
兆候はまだ見えていませんが、あり得ないということもないかと。

月足。
長期展開では、下降相場に入ったばかりといったところ。
2016年に入って、24月線を割れて、
2013年からの上昇相場が終わった形です。
下降相場に入って1回目の波動が今です。
ここから、いったんは24月線に一度戻るという見方もできますし、
このまま下げていくという見方もあります。
ただ、教科書的に言うなら、しばらく下降相場が続くなあ
というのが妥当な見方ではないrでしょうか。
今の下げの波動の中で、15,000円が支持線になっています。
しかし、2度目、3度目の下げ波動があった時には、
そのパーティションが割れることも大いにあり得ます。
そうなると、下げは大きくなってしまうかも知れません。

短期、中期、長期とそれぞれ、日経平均の展開を見ましたが、
全体として、大きな河の流れとしては、下げという感じがしますね。
それは、前からわかっていることでしたが、
ここにきて、日足も下げということになるなら、
少し大きな下げになるかも知れません。

当面は、下降のシナリオで準備しておいて、
月曜日からの展開次第で、再び反転上昇の気配が出てくれば、
上昇のシナリオも考えるということでしょうか。

上昇のシナリオは、月足の展開として、
どこまで上昇する可能性があるのか、にかかっています。
24月線が18,000円少し下にありますので、
その程度までの上昇はあってもおかしくありません。
それでも、日足ならば、大きな上昇となります。
上昇で狙えるのはその辺までということです。

明日は、月曜からの相場に当たって、
まず、下げの準備の具体策を考えておきます。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
8/26 持合い下放れ
16,500円の少し下にあった、日経平均のパーティションが
割れてしまいました。
一気に75日移動平均線までの下げ。
今回の持合いが、上にはなれると想定していた私には、
ちょっと意外でした。
もちろん、想定できた展開ではありますが、
買いの仕掛けを考えていた私にとっては、
今日の陰線は、がっかりでした。

結局、これで振出しに戻ってしまった、ということかな
と思います。
来週は、位置から考え直しです。
でも、考え直したところで、上だか下だかの結論など
出るはずもありません。
結局は、自分がどういう理由でどういうシナリオを描くか。
そして、考えられるどのシナリオを使って、
どういう仕掛け準備をするかです。

仕掛けというのは、これまた結局のところ、
買いか売りかしかないわけですから、
つまるところ、最後の最後は好き嫌いの問題でしょう。
ただし、いくら好き嫌いとはいっても、仕掛け方と仕切り方には
一定のルールや作法がありますよ、ということです。

買いのスタンスをとるにせよ、
売りのスタンスをとるにせよ、
そこには、いろいろな根拠があると思います。
最後は好き嫌い・・・とはいえ、
その根拠について、休日に整理しておいた方がよさそうです。

当たり前の結論しか導き出せないかもしれませんが、
それはそれで、毎週のこととしていいじゃありませんか。

明日明後日で、考えていきましょう。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
8/25 爆上げを待っておこう
日経平均が持合い的な動きを続けています。
25日移動平均線に貼りついて、なかなか離れません。
今週当初の目論見では、反転して一気の上昇までシナリオを
描いていましたが、そうは問屋が卸しませんでした。
そして、ボリンジャーバンドは5本のラインが平行になり、
楽譜の五線譜のような趣になってきました。

そんな中で、同じようにボリンジャーバンドが収縮している銘柄も
出てきました。
もう少しすれば、移動平均線も絡んだ、
きれいな収縮形が見られることでしょう。
ボリンジャーバンドと75日線の収縮形は、時に急騰します。
それが、ニュースによるものなのか、一部投資家の動きなのかは
わかりません。
でも、この形が爆上げにつながる確率が一定以上あるように
私は感じています。

ちょっと、応用形ではありますが、すでにその兆候があるのが、
太陽誘電(6976)であり、三菱自動車(7211)です。
ボリンジャーバンドの収縮の中に、そろそろ75日線が
入ってきています。
応用形なのは、今のままだと、上昇しても75日線で止まる可能性が
色濃く見えるからです。
また、上に75日線があると、急上昇ではなく、
反対に、急降下する可能性も出てきます。

75日線が、ボリンジャーバンドの中央に降りてきて、
株価と絡むような形になると、いよいよ爆上げの発射台に乗る
というわけです。
この手の持合い銘柄は、しばらくの間目を離さずにおくことです。
持合いを続ける限り、チャンスはどこかできますから。

今見続けている、富士重工(7270)も、この形に近づいてきました。
これは、相変わらず、仕掛けを待ちましょう。
明日にでも来るなら仕掛けです。

この持合いの中で、週またぎで買いを持ち越すのは、
リスクがあるかとも思いますが、上昇なら形はいいので、
明日仕掛けたなら、明日仕切らないことです。

アルプス電気(6770)も、オーソドックスな上げの良型です。
明日、今日の高値抜けで仕掛けられるといいのですが。

いかがでしょうかね。
明日も頑張っていきます。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
8/24 本日の損切り
新日本科学(2395)については、2回目の損切りになりました。
75日移動平均線を挟んでのピストントレードですので、
何度も損切りになるのは、承知の上です。
いいか悪いかと聞かれれば、短期に2回も損切りになるのは、
悪い方に入るのかも知れませんが、
トレードの損切りは、いいか悪いかという基準では考えていません。
損切りに失敗することが悪いことであって、
正しい損切りは、トレードの必然としてとらえていいと思います。

日経平均は、下降ではなく持合い。
再び25日線の上に来ました。
今日の相場の中でも新日本科学は下げてしまいましたから、
弱いということかもしれません。

でも、ピストントレードをやっていて嫌なのは、
2回損切りして、3回目は仕掛けをやめて、
その時に急騰することです。
トレーダーが仕掛けをやめるときが上昇の時・・・。
これも、トレーダーがよく出くわす現象なのです。
形が変わってしまったならともかく、
同じ形であれば、仕掛けは続けた方が望ましいと思います。

ということで、新日本科学はもう少し仕掛けのチャンスを探ります。

次は、75日線抜けですね。
思い切って、3度目の正直にかけてみましょう。
明日来たら、明日仕掛けます。

他にも、関電化(4047)は、そのまま仕掛けの体制でいましょう。

明日も頑張っていきます。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
8/23 日経平均週足の厳しさ
ダブルトップといえば、ニューヨークダウも同じような状況です。
上げたり下げたり煮え切らない相場が続いているのは、
そのせいでしょうか。

日経平均も、どうもすんなり上がりませんね。
なかなか、思惑通りの動きが出てこないようです。
昨日の25日移動平均線抜けで、光が見えたと思ったのですが、
今日は今日で持合いのまま25日線の下で終わってしまいました。
頭を押さえつけられてしまったようです。

日経平均の週足を見ると、
確かに非常に苦しいところにいます。
週足の場合の基本ラインである39週線が下を向き、
上昇を阻んでいるのです。
波動もいまだに下降継続中です。
ひょっとすると、週足で39週線を是が非でも抜いておかないと、
日足の上昇もうまくいかないかもしれません。
あるいは、週足の上昇には、もう少し時間がかかるかもしれません。

毎日毎日、気分が変わっているようで申し訳ありません。
しかし、これは私の日常茶飯です。
極めて、プロからは程遠い心境の中でトレードをやっています。
でも、それは逆に、素人の特権だと思っています。
不埒に映るかも知れませんが、一方で仕掛けと仕切りの
方針はブラしません。
そこは気を付けているつもりです。

今日はトレンドライン、今日は一目均衡表、今日はMACD、
今日は週足の様子・・・・と、
毎日毎日、いろいろなところが気になります。
これはもう、トレーダーとしての性。
気になれば見るしかないし、気にするしかないのです。

それでも、100%があり得ないことはわかっていますから、
どこかでスタンスを決めて仕掛けるのです。
それしかありません。

新日本科学(2395)は、MACDが凹んでしまいましたね。
明日仕切りでも、おかしくありません。
短期というなら、仕切りでしょう。
でも、今回は完全にスイングで入っていったつもりですから、
もう少し粘ってみましょう。
昨日の足の安値に損切りラインを置いたままにしておきましょう。
少しだけ、リスクをとってみます。

さて、どうなることやら。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
8/22 やっと上昇の足
日経平均が反転してきました。
小さなローソク足ですが、金曜日の足と比べると
高値は高いし安値も高い上昇の形になっています。
また、日柄も少なく小さくはありますがトレンド転換のい
形にもなっています。
さらには、25日移動平均線抜けも果たしてきました。

日経平均が、この25日線抜けから、
8月12日の高値を抜けるような上昇を見せてくれるかどうか。

そこが今週の見どころになりました。

新日本科学(2395)は、再びの約定です。
日経平均が上の状況になるならば、
おそらく、この銘柄も伸びてくれるはずです。
25日線の形は日経平均より悪いかもしれませんが、
75日線の形は日経平均よりいいのです。
明日の損切りは、今日の足の安値においておきましょう。
ダメなときはダメな時です。

富士重工(7270)は、今日は仕掛けられませんでした。
持合いの足です。
でも、明日にでも仕掛けられるかも知れません。
これも、明日の日経次第でしょう。

日経平均がすんなり上昇すれば、
当然のことですが、個別銘柄も形がよくなります。
明日が、そういう日だといいのですが・・・。

今週は、面白いかもしれません。
スイングのいい仕掛け時になるかも。

感情的になるのはだめですが、そんな期待を込めて、
相場を見ておこうと思います。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
8/21 明日からの狙い銘柄
とても魅力的ですが、今悩ましい形は、
関電化(4047)のチャート形です。

8月に入ってから高値をわずかに更新してから、
徐々に75日線まで、きれいなトレンドラインを描いて下降。
そして、75日線を割ってきているところ。

25日線は下向きになっていますが、75日線は上向き。
ここから、再び75日線抜けの上昇相場に入っても
おかしくない形です。
トレンド転換と75日線抜けという、非常に強い上昇サインが
そろう形は、なかなか出会えるものではありません。

関電化日足チャート
関電化日足チャート8月19日
(クリックすると大きくなります)

確かに、マイナス材料はいくつもあります。
天井圏がダブルトップの形になっていて、
大きく見ると、下降相場の第一歩の形であること。
チャート波動の局面では直近高値を更新しながら、
直近安値も割っているという、末広がりの持合いになっており、
乱高下の様相を呈していること。
6月末の直近高値更新から、すでに3回の高値更新をしており、
波動傾向が変わっておかしくないこと。

それでも、まあ、短期的な反発上昇は十分期待できる形で、
日経平均が上昇の時にあれば、
上に書いたようなマイナス面には目をつぶり、
仕掛けの方向で考えていくところです。

しかし、今は、この手の銘柄が75日線で大した反発することもなく、
どんどん、下げていく状況にあります。

この形は、もう少し様子を見てからにしましょうか。

・・・
ということで・・・
でもないですが、仕掛ける銘柄がなかなか見当たらない中、
私は、日経平均が上昇することを条件に、
金曜日に書いた、富士重工(7270)、新日本科学(2395)を
仕掛けに行きたいと思っています。

オリンピックも終わります。
また4年後です。
またまた、トレードとは関係のない話ですが、
今日、明日は、そのあたりをかみしめておきたいなあ・・・
と思っています。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
8/19 探し続けましょう
なかなか仕掛けの銘柄がないですねえ。
ちょっと、探しが足りない状況です。
まずは、業種別チャートと考えて、ざっと見てみても
どうもピンとこないチャートばかりです。

75日移動平均線は、下向きか横ばいか、
買いたくなるようなチャートはないですし、
かといって、売ろうとしてもすでに下に行ってしまっています。
本尊の日経平均が、ぐずついた形であればこそ、
業種別、ひいては個別銘柄まで、
おかしな形になってしまうのでしょう。

とはいえ、当面のテーマははっきりしていて、
日経平均は25日線に絡んでの反転ができるかどうか、
そういう位置取りにいます。

そうなると、目につけたいのは、
同じように25日線からの反転やトレンド転換が見込める形。
願わくば、75日線がはっきりと上向いていれば、
買い仕掛けがしやすい、ということですね。

先週から今週も、そんな銘柄を見つけてきました。
それで、仕掛けて仕切りました。

仕切った銘柄の仕切った時のことを、いつまでも考えていても
始まりませんが、次の仕掛けを考えるのは意味あります。
他に銘柄が見つからなければ、”夢よもう一度”は、
おおいにありうる話です。
また、一度注目して仕掛けられなかった銘柄が、
今こそついに仕掛けのチャンスに来た、というのもあります。

そういう意味で、まず富士重工(7270)。
いったんのダマシの75日線からの陰線から復活し、
8/9の直近高値に近付いています。
さらに機が熟した感じでしょうか。
来週、買い狙いで行けると思います。

また、新日本科学(2395)。
垂れてきた25日線の感じが嫌ですが、抜ければまた急上昇が
ありそうです。

振り返ってみると、いい銘柄がさらによくなってというのも
あるものです。
終わったと思った銘柄も含めて、探し続けていきましょう。

・・・
それにしても、リオ・オリンピック。
さすがに、今朝は観ました。
吉田選手は、4連覇という意味では残念だったのかもしれませんが、
本当に、「スポーツってのは勝てばいいってもんじゃない」と
痛感しました。

朝テレビで観た吉田選手の姿は、人々に多大な元気を与えたし、
誰もが彼女をいたわる優しい人になれたんじゃないでしょうか。

これだけ多くの優しい心を人々の中に創り出した吉田選手は、
本当に日本に必要な人だし、
これからもそうであり続けると思いました。

トレードとは離れてしまいましたが、
どうしても書いておきたくなりました。
(失礼しました。)


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
8/18 本日の損切り
日経平均は下降しました。
25日移動平均線もあっさりと割り込み、
75日線の下向き加減にj拍車をかける結果となりました。
今まで買いで見ていた銘柄が、次々と売りの銘柄に
なっていくように思います。
それくらい、変化のある相場つきになっています。
簡単に仕掛けられるわけもありません。

そんな中、昨日仕掛けてしまった新日本科学(2395)が、
損切りラインを割りました。
短期決戦で挑んだ銘柄でしたから、損切りに悔いも何もありません。
惜しむらくは、昨日デイトレでやるべきだったかな、
と結果論からの感想を持つだけです。

しかし、きちんと仕掛けてきちんと仕切ることは、
トレードのキャリアです。
これで、私も一つキャリアを積み上げたわけです。
正しい損切りのキャリアは、必ず利益の蓄積の部品になります。
進んでやるべきことなのです。

さて、今日のような損切りの場合、
案外、悩む人が多いものです。
どんな注文をするのか・・・。

前日安値を割ったら・・・という損切りラインの場合、
下にギャップを空けて寄り付いた場合どうするのか、ということ。

やり方は三つ。
ひとつは、問答無用に、安値を割ったら成行で仕切る。
二つ目は、安値より少し下で指値。
三つ目は、ギャップを埋めるのを待つ。

ギャップを埋めるのを待つ、という場合は、
「●●円以下になったら、●●円で売る」という注文をすること。

成行だと、朝の寄付きのごたごたの中で、
思い切り離れた位置での損切りになる可能性があります。
これはこれで、仕方のないことなのですが、
ちょっと安全をとりすぎのようにも思えます。

朝のギャップは、比較的短時間で一瞬であっても埋まる
ことも多いので、埋めを待つのも手ですが、
この場合は、最悪、損切りできずに不利な状況になることを
覚悟することです。
そして、不利な状況の中でも仕切ると決めること。

もう一度書きますが、必ず覚悟することです。

埋めを待つのは、非常にやりやすい方法なのです。
損切り幅が一番少なくて済むし、
朝一の損切りを先送りするので、心理的にやりやすいのです。
しかし、その分、失敗したときには、
非常にやりにくいことをやらなくてはなりません。
本当に覚悟しておかないと、
取り返しのつかない塩漬けを作るかも知れません。

今日の私は、ギャップ埋めを狙っていきました。
そして、何とかなりました。
運が悪ければ、あと数ティックやられていましたが、
まあ、その程度のことです。
覚悟はできていましたから。

明日は週末です。
ちょっと、動きも見えません。
お盆の週の終わりということで、
まあ、無理することもないでしょう。

スイングは、お休みです。
デイに専念。
それも、無理なくできれば・・・というところです。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
8/17 やはり、無理はしない
75日移動平均線が下にたれていく中、
かろうじて上向き25日線の上をキープしている日経平均。
下がってしまうのかと思いましたが、
今日は何とか株価をキープしています。

明日も上がるのかどうか全く分からない状況です。
強気の買いも強気の売りもできませんね。

このまま株価が75日線より上での展開を繰り返せば、
やがて75日線も横ばいから上向きになっていくでしょう。
でも、それを待つ過程では、信じるのも困難でしょう。

また、今の日経平均の日足チャートを見て、
ダブルトップを想起するような人もいると思います。
天井の形も結果論ですから、今時点では、
何とも言えません。
そうなる可能性もあるし、ならない可能性もあるとしか言えません。

今は、あくまでデイトレもしくは短期です。

といいながら、今日は新日本科学(2395)を約定させました。
約定後はすーっと上昇したのですが、その後は戻りました。
熱しやすく冷めやすい、そんな感じで、
デイトレの頭で仕掛ければよかったのかもしれません。
しかしながら、スイング前提で仕掛けてしまいましたから、
今日は仕切りませんでした。

明日の仕切りラインは、ちょっと厳しいかもしれませんが、
今日の安値割れに置きましょう。
もともと短期の狙いでしたから、今日の上昇で
終わってしまったかもしれません。
75日線割れでもありますので、今日の安値にデッドラインを
設けておきましょう。

無理はしない・・・が、考え方です。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
8/16 難しくなりましたね
日経平均に大きな陰線が出てきました。
買い保持銘柄は、今日すべて仕切りになりました。
結果として、利益は非常に少なくなってしまいましたが、
それでいいと思います。

日経平均は、難しい形になりました。
75日移動平均線は下向きになっています。
しかし、チャート波動の局面では上昇の形。
25日移動平均線は上向きで、株価はその上。
MACDは、ゼロライン上でのデッドクロス寸前。

下げのサインと上げのサインと両方が見事に混在しています。

ひとつには、下からの25日線が支持線になっての反転上昇。
ひとつには、下向き75日線に向かっての下降。
一方で、MACDがデッドクロスすれば、
買い保持は否応なく仕切り。

この状況の中では、
どうやら買いは自重すべきかとも思います。

高値を更新して、そのまま上昇していくのではなく、
反転してしまうあたり、持合い的な展開なんだなと思います。
サインがそろってくるまで、特に75日線の向きが確定してくるまで、
なかなか大きなチャンスは来ないかもしれませんね。

このように不安定な時は、できればデイトレ。
スイングなら、1~2日程度の保持で仕切るようなイメージで
ダメならすぐに撤退するというスタンスで行きましょう。

あまり仕掛けたくなる銘柄もありません。
買いも売りも。

日経225ではありませんが、
新日本科学(2395)くらいでしょうか。
8/9の高値を抜けたら、短期限定で買ってもいかなと。
651円で買い。
でも、今現在は波動が下降状態ですので、
仕掛けられない可能性も大きいと思います。

今は、仕掛けよりも様子見でしょう。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
8/15 全体下落じゃないけれど
日経平均は閑散の小動き。
ローソク足で見れば持合いです。
寄付きも終値ベースでも、安くはありましたが、
決して、下げていたわけでもありません。

しかしながら、個別銘柄では反落しているものが
多くありました。
業種別のチャートを見ていても、どうも下降傾向にある
形が多いです。
75日移動平均線付近でまごまごしているうちに、
75日線が下向きになってしまっているような形です。

保持銘柄も、下げてきました。
横河電機(6841)は、金曜安値を下回ったので、
本日利益確定です。

東宝(9602)は、下げてしまいましたが、
まだ損切りラインまでは来ていませんので保持。
任天堂(7974)も、まだ保持です。
含み益がなくなっていくのは非常に悲しいことですが、
これにいちいち反応してはいけません。
場中は見ないでやり過ごすことです。

一方、昨日出した銘柄も、仕掛けには至っていません。
富士重工などは、75日付近での持合いになっています。
全体相場の持合い状況の中では仕方ありません。
無理はしないことです。
早まっての仕掛けは絶対にいけません。
本当の墓穴を掘ります。

東ソーや日東電工も、さすがに高値更新はできませんでした。
待ちですね。

実は、この閑散相場の中で、
日経平均の日足のMACDも今日少し凹んできました。
今週、この感じで進むなら、
ちょっと買い保持にはきつい展開になりそうです。
もし、明日、日経平均が下降のローソク足になるなら、
そこで仕切っておくほうがよさそうです。

ということで、全体相場の流れを鑑みて、
保持銘柄の仕切りラインを決め替えていきます。
東宝も、任天堂も、今日の安値を割り込んだら仕切りましょう。
双方ともMACDの様子など見れば、
朝一で仕切るというのも手ですが、
そこは、ニューヨークダウの様子も見ておく意味で、
安値割り込にしましょう。

全体相場が下げなら、明日は仕掛けもできないと思います。

閑散相場です。
本当に・・・無理はせず。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
8/14 余裕があるなら
ニューヨークダウは、金曜日に一息つきました。
日経平均の寄付きも順当なら一息つく形になるでしょう。
そこから、どうなるかは日本の事情です。
まあ、保持銘柄については、損切りの逆注文を入れて、
大引けまで見ないようにしておきましょう。
それで、何ら問題はありません。

で、明日の注目銘柄ですが、富士重工(7270)を挙げておきます。
75日移動平均線に絡んだ上昇狙いの銘柄です。
先週は、75日線上に出てきたものの、
すんなりとは日経平均の流れに乗れずにいます。
その結果、75日線直上で足踏みしていました。

もう少し足踏みを繰り返すようにも見えますが、
上に放れるなら、大きな上昇も見込めます。
週足や月足の長期線を見てみると、
少なくとも強気になれる状況ではありません。
しかし、日足レベルの短期なら仕掛けていい状況だと思います。

仕掛けポイントは、難しいところではありますが、
8/9の直近高値抜けに置きましょう。
金曜日の高値抜けで仕掛けるのもいいですが、
75日線でまごつくことも考えて、少しだけ余裕を見ておきます。
それで、引っかからなければ、あきらめです。

あと、ちょっと形は変わりますが、
東ソー(4042)や、日東電工(6988)にも注目しておきます。

移動平均線ではなく、高値更新出の仕掛けです。
日経平均が本格的な上昇に入るなら、
この形から、さらに上昇が考えられる形です。

ただ、あくまで、これらは仕掛けに余裕があるなら、
ということにしておきましょう。

すでに買い保持銘柄も複数あるので、
新たな仕掛けをどの程度できるか。
それは、トレーダーによって変わってきます。
仕掛ける銘柄、保持銘柄の数については、
個人の資金的余裕状況によってしまいます。

できるのであれば、見つけたチャンスは、
すべて仕掛けていきたいものです。

そのためには、ひとつの個別銘柄に大きな割合の投入を
しないこと。
とはいえ、利益確定の仕切り時の選択の幅を広げるために、
複数単元での仕掛けもしておきたいのです。
部分利確ができますから。

これまで、資金配分については無視して個別銘柄の
仕掛けを書いてきましたが、
本来は非常に重要なところではあります。

そこまで書いていると、私としては煩雑になってしまうので、
書きません。
でも、トレーダーとしては留意が必要なところですので、
自身の考え方はしっかりとしておくべきです。
「保持銘柄は、同時に一つだけにする。」とか、
自分の資金状況に合わせて、決めておくといいかと思います。

さあ、明日からは閑散相場となるかと思いますが、
急な動きにも注意しながら、妙なことをしないように、
しっかりと自分を保っていきましょう。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
8/12 継続保持
日経平均はわずかですが、直近高値を更新しました。
ニューヨークダウに倣った形になりました。
これで、上昇の波動の成立です。
次、持合いや下降の波動になるまでは、
買いの目線で対応していくのが正道です。

という展開の割には、
私の買い保持銘柄は上昇しませんでした。
むしろ、任天堂などは下降です。
なかなかうまくいきません。

東宝、横河電機は大引け段階ではほとんど動いていません。

日経平均が上昇しているのに、自分の銘柄が上昇しないと、
割り切れない気持ちにもなります。
なんだか、納得いかないのです。
そして、次には不安になります。

「上がらないということは、日経平均の他の銘柄に比べて、
上昇の傾向弱いということでは?」
などと考えてしまうのですね。

確かに、その通り・・・という側面もあります。

でも、だからと言って、即仕切り・・・にできるかというと、
そうはいきません。
利益確定も、損切りと同じで、自己裁量ではいけませんし、
気持ちやイメージでやるものではありません。

我慢です。我慢。
そのためにも、場中は保持銘柄を見ないことをお勧めします。
見てしまうと、現実の前に自分の戦術が負けてしまいます。

来週は、お盆の閑散相場が想定されます。
無理はしない方がいいです。
新たな仕掛けも、どうかな、と。

週末、改めて状況整理をしておきましょうかね。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
8/12 高値更新のニューヨーク
日経平均の先生であるニューヨークダウ。
直近高値を抜けてきました。
これがどう日本市場に影響してくるか。
買い保持している側として、少しわくわくしてきます。

火曜日のニューヨークダウの足は、下降の足となりました。
あまり目立ったものではなかったとはいえ、
続いていた上昇の足が途切れたことで、
少し不安な気分にもなりました。
しかし、昨夜は切り返しの上昇。
ついに、直近高値を更新し、波動局面での上昇を成立
させてきました。

これにより、日経平均の方も直近高値の更新が
期待できる状況になりました。
直近高値が更新できれば、
こちらも、波動の上昇となってきました。
いったん、上昇相場に入ったと言ってよい状態になります。

しかし・・・

まだ、そうなると決まったわけではありませんので、
買い保持の楽観は禁物です。
保持銘柄に思いが入ってしまうと、
決めておいた仕切りに大きく影響します。

問題は、
「今回だけは●●しよう。。。」という妥協の自己裁量です。
仕切りでは、自分を信じてはいけません。

「●●すれば、さらに利益が増えることは確実・・・」
自分に有利な時には、そう見えるものです。
そして、実際に利益が増えることもあります。

しかし、本当にそうでしょうか?
トレーダーである限り、いつもそういう疑問を頭に入れておくべきです。

自分が当たり前だと思った時こそ、そうならない・・・
ということに、いつも苦しめられているんじゃなかったでしょうか?
それは、相場の宿命のようなものではないでしょうか?
特に、自分が信じ切っていた時こそ、逆に行くのでは?

期待するのもいいし、落胆するのもいいのですが、
仕掛けや仕切りは、それとは別の行動をしなくてはいけません。
別の行動といっても、要するに「いつもの行動」ということです。
いつもじゃない行動が、結局はじぶんを苦しめることになるのです。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
8/10 順調ですが楽観はしない
連日の五輪テレビ観戦で、さすがに睡眠不足。
昨夜は、辛くなって早々と眠りについてしまいました。
今日も、早めに寝ておこうと思っています。

日経平均は、少し足踏み。
終値では昨日を下回りました。
しかし、ローソク足の流れでは上昇の足です。
着実に上昇していると言っていいと思います。
願わくば、7/21の直近高値を抜けるような展開になると、
買い保持の身としてはうれしいところですが、
どうでしょうか。
実現すれば、ボリンジャーバンドの+2σラインも
見えてくるように思っています。

で、その買い保持銘柄は、順調です。
横河電機、東宝は、思惑通りに伸びています。

横河電機の方は、一足早く直近高値を抜けました。
ボリンジャーバンドの+2σまでもあと少しです。
そろそろ利益確定を考えてもいい頃合いでしょう。
今日の足を割ったら利益確定。
あるいは、ボリンジャーバンドを抜けて引けるようなら、
翌日仕切る、ということにしましょうか。

東宝は、もっと伸ばしたいですね。
もう少し見守っておきたいです。
でも、損切りラインは上げておきます。
買った日(一昨日8/8)の安値割れで損切りと行きましょう。

任天堂はというと、これも、まあまあ順調でしょう。
今日は、ちょっと停滞感のあるローソク足かもしれませんが、
それでも上昇の形ではあります。
まだまだ伸びるのを待ちたいところです。
損切りラインは買えずに置いておきましょう。
8/1の安値割れのままでいいと思います。

下げの形の銘柄も、なんだか強引に上昇したりしています。
やはり、上昇に向かった相場です。
そんな中で、売り銘柄として挙げていた東芝は伸び悩み。
やはり、下落する予感のするいい形を保ったままです。
日経平均が下げてくるときには、どーんと下げるのではないかと
期待しているのですが、
今の上昇傾向の全体状況の中では、
なかなかチャンスは来ないようにも思います。
まあ、無理せずに行きましょう。

明日は休日。
世間は、もうお盆の気分だと思います。
相場も閑散としてくるところ。

そんな時には、往々にして急落なんかが来るものです。
含み益など、一瞬でなくなるかも知れません。
それも相場です。
目を離さず、楽観せず、気を引き締めていきましょう。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
8/9 含み益を数えない
任天堂(7974)が、ついにやってきました。
日経平均が昨日の高値より安く寄り付き、
そこから上昇していくという願っても展開になり、
任天堂もまあ同じような展開。
25日移動平均線をも抜けて大きく上昇しました。

さあ、ここからどこまで上昇するのかはわかりませんが、
損切りはチャート波動の直近安値に近い20,000円に
置きましょうか。
20,000円を割ったら損切りです。
上昇の際の利益確定の目安は、ボリンジャーバンドの+2σ
に置きましょう。

東宝と横河電機も、上げてきました。
東宝は、思ったより上げ幅が大きくないですが、
それは仕方がないことです。

それより、横河電機は、追撃買いの準備をしてもいいかと思います。

7/25高値抜けが、そのタイミングではあります。
リスクを取れる方は、追撃で買ってもいいかと思います。
明らかに、グランビルの2回目の上昇に入っています。

調子のよい銘柄が少なく、他の銘柄があまりぱっとしないなら、
一番ぱっとする銘柄の追撃です。

まあ、無理はしないでいいですので、
なんとなくでも不安を感じるのであれば、
特に追撃など必要はありません。

含み益が増えてくる中で、やらないほうがいいのは、
含み益を数えること。
トレードに何の影響もないですし、
数えると、ついつい、すぐにでも利益確定したくなります。
特に、先週が損切りだらけだったので、
「利益が残っているうちに・・・」と思ってしまうものです。が、

含み益がどの程度あるか、ということより、
正しい仕切りのポイントを自分なりに追及しておくことです。

損切りは、即実行が必要不可欠ですが、
利益は、できるだけ放っておきましょう

・・・今夜もオリンピックです!

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
8/8 日経平均がやはりカギを握る
今日の日経平均は大幅な上昇。
75日移動平均線をギャップを空けて抜けて寄付き、
そのまま」上昇、という強さでした。
75日線という最強のパーティションラインを、
ギャップを空けて抜けているのですから、
従いていくのがトレードの定石です。

このように、日経平均が強く上昇してしまうと、
どんな準備をしていようと、買いは買いです。
売りの形としてどんなに完成されていたチャートであっても、
これだけの流れを日経平均に作られてしまえば、
大河の大きな流れに掉さすボートのようなもの。
やはり上昇していってしまうものなのです。

個別銘柄の分析より日経平均の分析が優先される、
というのは、こういうことなのです。

それでも、任天堂(7974)はあまり動きませんでした。
今日も仕掛けにはつながりませんでした。

ということで、他の銘柄の出番です。

日産化学(4021)への対応は、難しかったかもしれません。
決算情報があったので、ちょっと乱高下しました。
大きなギャップを空けての寄付きでは、さすがに買えません。
でも、そこからの急落で、約定してしまった可能性はありました。
場を見ていれば、そんなことにはならなかったと思いますが、
前もっての注文だと、注文を外せなかったかもしれません。
いったん下げて以降は、金曜高値を抜けることはなかったので、
大丈夫だったと思いますが、
約定してしまった人がいたら、明日損切りの覚悟をしましょう。

横河電機(6341)、東宝(9602)は、
ギャップは空きましたが、いったんの下げの後の上昇で、
約定できたかと思います。
東宝の方は、含み損で終わっていますが、
横河電機の方は大きな含み益になっているかと思います。
どちらも、悪い形ではないので、
当面の損切りポイントは、直近安値である先週木曜の安値
においておきましょう。
当面の目標は、ボリンジャーバンド+2σかと思います。

一方、そういうわけで、
売りの銘柄は、まったくと言っていいほど出番はありませんでした。
売り銘柄も、この状況では買い銘柄に早変わりです。
まあ、こちらは、ちょっと様子見でしょう。

リオ五輪が開幕し、私などはどうしても夜中まで起きてしまいます。
暑い日が続く中、健康に影響する懸念もあります。
自分なりには注意しているつもりですが、
くれぐれも睡眠不足にならぬよう・・・ですね。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
8/7 銘柄の整理と準備
今週の仕掛けに向けての銘柄の整理です。
上昇とみるか、下降とみるか、そこはまだわかりません。
ですので、やはり売り買い両面での銘柄探索から、
追いかけていきます。

まず、先日出した横河電機(6841)。
金曜日の足の高値抜けで仕掛けます。
トレンドライン、高値パーティション抜けを狙っていきます。
仕掛け当日は仕切りませんが、
当初の損切りラインは、金曜安値におきます。

日産化学(4021)
信用売り残が多く、踏み上げの可能性がある、というのは、
横河電機(6841)と同じ状況です。
金曜日に75日線タッチまで下げています。
25日線までの戻しがあるのかどうか、そして再び抜けがあるなら、
買いでしょう。
1~2日ちょっと様子を見ておきます。

東宝(9602)も、同じように信用売り残が多いです。
また、75日線の上でのトレンドラインもきれいです。
これも、金曜の高値抜けで行きたいです。
損切りラインは木曜の直近安値割れでしょう。

他にも、任天堂(7974)が買いで待ち状態だった
と思います。
上の銘柄も含めて、いいやつすべてを仕掛けるのも大変です。
月曜日の状況で、優先順位には付けておいた方が
いいかもしれません。
この任天堂が最優先かと考えてはいます。
なかなか仕掛けポイントに来ないなら、
上の銘柄に行きます。

買いばかりになってしまったので、売りも一つ。

東芝(6502)が、触手が動く形です。
4月からずっと上昇相場にありました。
3つとも4つとも受けとれる波動を形成し、
都度高値を更新してきました。
しかし、ここにきて、4月以来の75日線割れ。
これから下降相場に入っていくような形です。
ここが、再びの上昇相場の出発点になるのか、
あるいは下降相場の入り口になるのか。
カギを握っているのは日経平均の行方です。

日経平均が上昇相場に入っていくなら東芝も上昇。
下降相場に入っていくなら東芝も下降。
要はそういうことです。

どちらに行くかはチャートの形だけからはわかりません。
だから、条件を設定して、どちらかにかけていきます。

こういう場合に面白いのは、当然下降に入っていった場合です。
下降の初動は、大きく下げる可能性があります。
まずは、そちらに狙いを決めておきましょう。
すぐにというのでもなく、少し様子は見ましょうか。

日経225でいうと、こんな調子で準備をしておきます。
で、明日朝の寄り付きの様子を見ながら仕掛けます。

寄り付きで、仕掛ける方向に大きなギャップが空けば、
いったん様子見ということにします。
このことも忘れずに

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
8/6 日経225を見ていく
土日は、次の週の仕掛け銘柄の探索と
保持銘柄の仕切りポイントの確認です。

このブログでは、仕掛け銘柄はできるだけ日経225銘柄の
中から出すようにしています。
ご存知の通り、日経225銘柄は、日経平均の構成要素です。
ですから、日経平均との連動性が高く、
何より誰もが知るメジャー銘柄ですから、投資家も多く集まり、
それだけ紛れや突発的な動きの度合いは少なくなります。
要は、より教科書的な動きが期待できるわけです。

日経225銘柄以外にも銘柄はたくさんあります。
トレードを始めると、どうしても派手に動くものに
注目しがちです。
それはそれで間違いではありません。
日経平均があまり動かず、なかなか仕掛けの機会もない
ようなときには効力を発します。

しかし、基本的な相場の方向性は日経平均が作りますし、
日経平均を理解するのには、日経225銘柄の
個々のチャートが役に立つのです。
余裕があれば、日経平均の確認と併せて、日経225銘柄の
チャートにも毎日目を通したいものです。
相場の理解には必ず役に立ちます。

で、その日経225銘柄ですが、
日経平均と同じく、75日移動平均線がほぼ横ばいで、
上なのか下なのか判断しにくい形が多くあります。
相場の分岐点に来ている銘柄が多いということです。

方向性が出てくるまでは、なかなか利益にはなりませんが、
方向が出たその瞬間を狙うには、仕掛けておかなくては
なりません。
利益を出したいなら、
損切りを繰り返す少しの辛抱が必要です。
一度トレンドにはまれば、大きな利益が見えて来ます。

動きのキーは日経平均が握っています。
そこにうまく併せられる銘柄かどうか。

明日は具体的に個別銘柄を見ていきます。
そして、仕掛けの条件を詰めていきたいと思います。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
8/5 やがてうまくいく
結局、今週は売りに有利な週になりました。
75日移動平均線を挟んだ仕掛けは、なかなか面白いものです。
しかし、横ばいの75日線は方向性をもたらさないので、
なかなか仕掛けにくいのも事実です。
とはいえ、面白いとか仕掛けにくいと言っていても始まりません。
さらに、トレードの継続性を保証するのは利益の積み重ねです。
損切りばかりでは、尻すぼみになるばかりです。

それでも、損切りを繰り返そう、という考え方が、
利益獲得の継続性につながる、と私は思っています。
利益を確保しようという考えでは、
結局のところ利益は残せないと考えているからです。

売りで引っかかってしまったDOWA(5714)は、
損切りとなりました。
ぎりぎり引っかかってしまいました。
一時は含み益もあったし、仕切りのやり方次第では、
損にはならないやり方も取れました。
でも、我慢です。
公開などは禁物。もってのほかです。
自分の決めたとおりにやっている以上、
それはキャリアなのですから。

腹立たしく思われるのはファナック(6954)です。
朝一の乱高下の中で17,000円を抜けてしまい、見事に損切り。
そして、その後、」どんどん下げていったという、
非常に悲しい展開でした。
でも、こんなのも、よくあること。
怒るところでも、悲しむところでもありません。
淡々と、決めたとおりに損切り・・・でオーケーです。

後は、仕掛けどころに来ませんでした。

今週は、買いも売りも損切りばかり。
さすがに、こんなのばかりでは、めげてしまうところかもしれませんが、
こんなんじゃ、まだまだ足りません。
来週ももっともっと、切りまくります。
そういう気持ちで行くのです。

そのうちに利益になってきます。
必ず。

個別に見てもいい銘柄が次々に出てきています。

横川電機(6841)が、売り残多い中、25日線上で
トレンド転換含みのの反転です。
MACDも凹んできました。

任天堂(7974)は、相変わらず持合い様相。
なかなかぐっときませんが、来週も仕掛け待ちです。

とりあえず、
今週も、お疲れ様でした。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
8/4 損切りしまくります
日経平均は、続落です。
もちろん終値ではありません。ローソク足の形です)
しかし、微妙なところです。
日足の一目均衡表など見ると、雲の上に頭を出したところ。
分足にしても、本当にまちまちです。
まあ、当たり前と言えば当たり前ですが。

ということで、あくまで自分のペースで頑なに行きましょう。
損切りウェルカムで走ります。

NTTドコモ(9437)は早くも損切りです。
75日移動平均線を割って行きました。
このまま日経平均が下降相場に入るなら、
この銘柄も売りでいいかもしれません。
火曜日の上昇に完全にダマされましたね。
というより、日経平均の流れに押し戻されてしまった感じです。

情けないことに、DOWA(5714)の方は大きく上昇。
厳しい状況ですね。
でも、明日以降損切りラインを抜けてしまえば損切りです。
556円をつけたら仕切りで行きましょう。

大日本印刷(7912)は、ちょっと下落し過ぎで、
パッと見、形が変わってしまいましたね。
明日仕掛けと言うには、ちょっと無理があるようにも見えます。
でも、75日線の仕掛けとしては、まだ死んでいません。
明日、今日の足の高値を抜けるなら行きましょう。
損切りを恐れずに、どんどん行ってみます。
明日もし仕掛けられたら、しばらく75日線が、損切りラインです。

任天堂(7974)は、ますます力がたまって来ました。
引き続き、火曜日の高値抜けを狙っていきます。
損切りは、月曜日の安値割れに置きます。
20,000円割れと行きたいところですが、無理をせず。

ちょっと腹立たしいのは、昨日出したファナック(6954)です。
前場待ちに待って仕掛けたと思ったら、後場から上昇。
仕掛けてしまったものは、どうしようもありませんので、
成行を見守る(というより見ない)しかありません。
結局は、昨日の高値まで持って行かれてしまいました。
早くもピンチ・・・という気分ですが・・・
明日は、17,000円を仕切りラインにしておきます。

全体的に、やはり今の相場の荒波にもまれて
アップアップしている感が否めません。
しかし、それを理由に悩んでも仕方ありません。
切って切って切りまくる、それで利益を出せるように
進めるしかありません。

そこは戦術ではなく、愚直なルールだけです。

明日も行きます。
いい銘柄を見つけたら、それも狙います。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
8/3 驚かないしめげない
うーん。下げて来ましたか。
かといって、思考停止になってはいけません。
こんなのは、想定の範囲内です。
まだまだ、先行きはわからないということです。

75日移動平均線は、ちょっと下向きになってしまいました。
1日ごとに、上に行ったり下に行ったり、
的を絞りにくいことこの上ないですが、
こういうときこそ、愚直に、臨機応変さのない動きを
自らがすることです。

NTTドコモ(9437)は、損切りぎりぎりのところ。
あるいは、場を見ながらの操作をした方は、
思わず損切りにあってしまったかもしれませんが、
そこは自分のルールですから、従うしかありません。
昨日の75日線は、2,754円の上でしたので、
厳密に言うと2,754円が損切りポイントでした。
そこに置いていれば、今日は損切りならず、明日に持越し。
それが吉と出るか凶と出るかは、わかりません。

ただ、損切りラインの決め方は、たとえ1円であっても、
おろそかに、その都度その時の雰囲気で決めてはだめで、
統一性、一貫性を気にしましょう。

DOWA(5714)は、怪我の功名です。
少しだけ含み益になって来ました。
仕掛けた月曜日の高値抜けを損切りラインにしましょうか。
556円をつけたらそこで損切りです。
発注したら、後は見ないように。

大日本印刷(7912)と任天堂(7974)は、
いい感じになって来ましたね。
大日本印刷は75日線、任天堂は25日線にそれぞれ絡んで
今日は非常にいいローソク足が出て来ました。

どちらも、今日の高値抜けで仕掛けてみましょう。
75日線は上向きの上昇相場の中にありますから、
教科書通りの仕掛けになるかと思います。

デジタルアーツ(2326)の売りは、
もう少し待ちでしょうか。
もう少し、75日線に近づいて欲しかったのですが、
今日はたまらずギャップを空けて下落・・・ということで、
ちょっと形が面白くなくなってしまいました。

あとは、ファナック(6954)なども、売れそうです。
これも勝負するなら、明日でしょうか。
ギャップが空いてしまうとやりにくいですが、
そうでないなら、17,000円抜けを仕切りラインにして、
今日の安値割れで売ってみても面白いかもしれません。
私は、余裕があれば行ってみます。

このところ、急に個別銘柄の仕掛け話ばかりになりました。

まあ、こういうこともあっていいと思っていますが、
つまらないと感じたら、コメント、ご意見くださいませ。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
8/2 まだ持合いです
今日の日経平均も持合いのローソク足でした。
どうもすんなりは上昇して行かないようです。
今日は75日移動平均線上での大引けでした。
こういう状況をみると、また売りの方に心が動きます。
でもまあ、持合いの時はじっくり我慢して見ていましょう。

今日は、NTTドコモ(9437)が仕掛けになりました。
日経平均が下げてきたからと言って、
ここで仕掛けをためらうことはありません。
当然に買いです。
そして、今日はそれで終わり。
スイングですから、当日の仕切りはなしです。
(全体を揺るがすような大ニュースがあれば別ですが)
明日の損切りラインは、75日線に置きましょうか。
他にも、先週金曜安値とか、ありえるのですが、
ここは、まずは安全第一です。

それで、この銘柄については放っておきましょう。

昨日仕掛けになってしまった売りのDOWA(5714)は、
保持のままでした。
こちらは、今日と同じで昨日の足の高値に損切りラインを
置き続けましょう。

いきなり、売り買い両方の保持銘柄が生じてしまった
かもしれませんが、持合い状況の中ではいたしかたありません。
スイングトレードは、仕掛けてしまった銘柄は、
損切りの注文だけ入れてあとは放っておいてください。
次の仕掛けを探しに行くのでいいと思います。

任天堂(7974)。
リスクはありますが、ちょうどいいところに落ちて来ました。
25日線からの反発を狙います。
ダマされるかもしれませんが、今日の陰線の高値を
抜けたら、買ってみます。

大日本印刷(7912)は、そろそろ75日線に戻ります。
昨日は、金曜高値抜けで仕掛けとしましたが、
昨日、今日と、金曜の足の中での持合いです。
75日線が下から絡んできてくれると、
もっと仕掛けやすくなりますね。
明日はちょっと様子見しましょう。
上に行ってしまったら、あきらめましょうか。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
8/1 今週は持合いから
日経平均は、金曜日の高値を抜けずに持合いのローソク足。
これで、明日にでも金曜高値を抜けるようだと、いったん上昇です。
個別銘柄も、そういう形になったものが多かったと思います。

この土日に挙げた銘柄は、ほぼ日経平均と同じ展開で、
今日は、DOWA(5714)が、売りで引っかかるところでした。

寄付きは、下にギャップを空けてのものだったので、
ここでは仕掛けず。
しかし、その後、上昇していきましたので、
場を見ていないと、前もっての朱蒙が約定してしまう
ということになったはずです。
こういう時は、本来なら、一度仕掛けポイントを上に抜けて、
その後また下降してポイントを割るときが仕掛けです。

ただ、場を見られない人は、しかたなく・・・ですね。

それはそれで、仕方がないことです。
ちょっと苦しいかもしれませんが、それも相場。
与えられた条件の中でやるしかありませんから、
後は吉と出るか凶と出るか、相場に任せるよりほかありません。

でも、今日仕掛けてしまったとして、
明日、今日の足の高値を抜けたら、そこで損切りです。
ある意味、不本意な仕掛けになってしまったのですから、
終わらせるなら早い方がいいと思います。
今日のギャップが、ダマシみたいな形になってしまいました。

買い仕掛け準備の、NTTドコモや大日本印刷は、
やはり金曜の足の高値に仕掛けポイントを置き続けましょう。

重要なことを忘れていました。
スイングの場合は、特別なことがない限り、
仕掛けたその日には仕切りません。
仮に、損切りと決めておいたポイントを通ることがあっても、
仕掛けた当日であれば我慢です。

そんなことも、場を見ているととてもできないと思うかもしれませんが、
原則です。
NTTドコモも、NTTの今日のように上昇するといいのですがね。

明日も、しっかり見ていきましょう。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ