損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
9/30 スイングだけじゃない
ニューヨークダウが、前日の足を包む持ち合いの大陰線。
日経平均も大きく下落。
やはり乱高下。

こうなることが前もってわかっているなら、
何の苦労もいりません。
相場の批評は、いつも結果論です。
でも、大切なことは、次にどうするかです。

その意味で、今日のローソク足は、
あまり嬉しくはありません。
スイングで利益が出るような、トレンドを示唆するものが、
あまりないからです。
わかることは、まだまだ持ち合いの域を出ていない、
ということです。

今月も、すでに末日。
今月は、中旬ころから、めっきり持合い相場になりました。
その結果、スイングの仕掛けはしにくくなり、
毎日ブログで、「持合い」や「ダマシ」の話を繰り返すことと
なりました。

しかしながら、だからと言って相場に文句を言っているだけ
というのでは、何も前に進みません。
それならそれで、相場への対応の仕方はあるのですから、
できることをやっていくのがいいわけです。

ひとつは・・・
それでも個別銘柄をじっくりと眺め、
次のチャンスまでひたすらに待つこと。
これも、文句を言っているよりはよほどましです。
チャンスが来たときには、一斉に仕掛けに取り掛かれるように、
余計なことをせず、虎視眈々と狙っておくのです。

そして、もう一つが、スイングを捨てて、デイトレに徹すること。
デイとスイングは基本は同じでも、やはり違います。
デイのほうが素早い判断が必要なので、
それだけ難しいと思います。

ある複雑な事象に出会ったとき、
立ち止まって振り返って考えたうえで結論を出せるのがスイング。
結論を出すステップが体に染みついていなければ、
間に合わないのがデイです。

でも、デイトレは、仕掛けるチャンスはスイングと比べて
はるかに多いので、スイングに比べて何度でも繰り返しできる、
という利点もあります。
何度でも繰り返しできるということは、
それだけ上達も早いということです。

もちろん、分足にも持合いはあります。
日足と同じように、トレンドが出ているときより、
持合いの時のほうが多いかと思います。
しかし、1日に1回もチャンスがないということは
滅多にありません。
(さすがに、今日の相場は、その滅多にないほどの
 チャンスのなさだったかと思います。)

このブログでは、どちらかというとスイングトレードの側に立って
日々の相場を考えていますが、
スイングが難しいなら、デイトレで仕掛けていけばいいのです。

人によっては、デイトレは物理的にできない、
という方もいるかもしれませんので、スイング中心の方針は
変えるつもりはありません。

ただ、デイの仕掛けも、
少しづつ入れていきたいと考えています。

ご了承くださいませ。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
9/29 まだしばらくは上下する
今日は、昨日と違って日経平均が気持ちよく上昇です。
ニューヨークダウの状況に左右されるからとはいえ、
やはり、相場は、昨日は昨日、今日は今日、ですね。
1日だけのローソク足だけで、勢いを測ろうとすると、
うまくいかないわけです。

というわけで、明日また今日のように上昇するのかといえば、
そんなことは、まるっきりわかりません。
何よりも75日移動平均線が横ばいのまま変わりません。
このまま上昇が続いて、という風にも思えないわけです。

思えないわけですけれども・・・
今日の上昇によって、買いたくなる銘柄が出現してきました。

銘柄がないない、と言いながら、
アドバンテスト(6857)あたりの形がキレイだと思って
見ていたら、今日の上昇です。
もう少し待ってほしかったんですが・・・。
まあ、仕方なし。

同じような形で、ミネベア(6479)はどうでしょうか。
似たような…とはいっても、こちらは25日線の仕掛け。
トレンド転換と、ちょっとしたパーティション抜けもあります。
明日もし、今日の高値を抜けるようなら、
手出ししてみましょうか。
ギャップが空いたら、無理はしないってことで。

ユニー・ファミマ(8028)も、復帰戦ありなんですが、
小さいながらも波動が下降になってしまったってことで、
私は、ちょっと警戒です。
一目の雲もあることですし、止めておきますか。

今は我慢の時ですので、三振覚悟のマン振りするより、
選球眼を研ぎ澄ましておくところかと思います。

それですら、外れてしまうことも多いのですから。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
9/28 本日の損切り
今日は、ユニー・ファミマ(8028)を損切りです。
せっかく、ここまで保持してきたのですが、
直近安値まで割ってしまっては、保持している理由もありません。
こんなところで、固執して待っていると、
地獄まで落ちることもありますから、
きっぱりと一度決別しておいたほうがいいのです。

今の全体相場には珍しい、
75日移動平均線が明確に上向きの上昇相場にあって、
75日線から再度の反転上昇が期待できる形でした。
きれいなトレンドラインでもあり、教科書に載るほどの
仕掛け銘柄かなあ、と一目ぼれしてしまったのでした。
一目ぼれ自体は、間違っていたとは思いませんし、
教科書的な形だったとは、今でも思っています。

そして、反転したところをうまくとらえて仕掛けにしました。
信用取組も売り残が多く、すべてが上昇に向かっている
と感じていましたので、まあ、うまくいくだろう・・・と、
考えてました。

一つ気がかりだったのは、一目均衡表でした。
反転直前の下降局面で、上昇していく雲を上から下に
割ってしまったことでした。
そして、結果的には、この雲が反転上昇を阻んだような
形になりました。

今日のローソク足によって、この銘柄も日経平均と同じように、
チャート波動の局面で下降が成立してしまいましたし、
75日線を久しぶりに割り込むことにもなりました。
MACDも明確に凹んできました。

それでも、これまた日経平均と同じですが、
ここからの上昇があり得ない形ではないので、
少し見ておきたいと思います。
何よりも、いまだ75日線は上向きでいるので。

今日は、後半に権利落ち・・・でしたので、
日経平均も元気なく、陰線で持ちあったままとなりました。
一応、まだ75日線の上ですので、
ここから上昇する可能性もあります。
一方で、ここから大きく下げていく可能性もあります。
そして、また、このまましばらく持ち合う可能性も
あるでしょう。

私としては、見る気持ち8割、参加する気持ち2割、
くらいの感じでやっています。

我慢が、少し続きますかね。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
9/27 ただの乱高下でしょうか
前場にいったんは75日移動平均線を割り込み、
さてどうなることやら、と思ったのも束の間、
再び始値を抜けてからは、なかなかの上昇。
下降の足ながら、大きな陽線になりました。

ただ、最初の下げで、
直近安値を割り込んでしまったために、
チャート波動の局面で、下降になってしまいました。
非常に短い期間における波動なので、
果たして「下降」といえる波動なのかどうか、
簡単には判断がつきません。
もしかすると、9月の高値から続く、
上昇波動の下降局面の継続でしかないのかもしれません。

しかし、仮にそうだったとしても、
直近安値を割ってしまったことは大きな話で、
上昇波動の下降局面から、持合い波動に
変わってしまったことになります。

高値は直近高値より高く、安値は直近安値より安い、
という、末広がりの持合い波動です。
この波動の特徴は乱高下。
そう考えると、このところの乱高下も合点がいくわけです。

末広がり、乱高下の持合いは、ますます難しくあります。
今日は今日で、一目均衡表の雲の中から始まったかと
思えば、一気に雲上に突き抜ける強さを見せました。
しかし、明日は、どんな弱さを見せるかもしれません。

少しニュース的なことを言うなら、
9月決算の銘柄は、今日が権利確定日で、
明日が権利落ち日。
だから、今日は全体的に上げてます・・・
という言い方もありかと思います。
とすれば、明日は下げか・・・と。

このブログのスタンスは、基本的にニュース情報は無視。
ただ、さすがに決算や権利落ちは無視はできません。
自分の仕掛ける銘柄は、責任もって見ておくべきです。

個別銘柄を見ると、この日経平均の動きの中で、
75日線が下向きにもかかわらず、
しっかりと上昇を示している銘柄もたくさんあります。
私には、なかなか仕掛けられません。

日経平均、ここからまた高値を取りに行くんでしょうか?

それでも、75日線がそれなりに下向きの銘柄を
買い仕掛けるというのは、私はやろうとは思いません。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
9/26 一目も見てみる
日経平均は、大きく落ちてきました。
そして、今日、下からの崖になっている、
日足の一目均衡表の雲の直上で終わりました。
明日、このまま雲の中に入っていくのか、
それとも反転して再び上昇するのか、
そこが焦点になっています。

75日移動平均線は、横ばいのまま。
方向が見いだせる状況でもありません。
難しい局面が続きますね。
我慢しましょう。

先週仕掛けてしまった、味の素や太平洋セメントは、
先週末の足の安値を割ったところで、
さっさと終わりにしました。

良い形だと思って準備していたものなので、
心苦しい限りなのですが、今後の展望が見えません。
結果論的には、ダマシにはまってしまった格好です。
保持するくらいなら、一度仕切って、
再度のチャンスを待ったほうがいいと思いました。

一方で、ユニーの方はしっかり保持し続けています。
こちらは、この相場状況の中で下げていませんし、
MACDも上昇の方向に向かっています。
今日も、一目の雲からはじき出されることなく粘っています。
何とか、一度急上昇を果たして欲しいなと思います。

日経平均に戻りますが、
やはり一目均衡表とどういう関係になっていくかが、
今後のポイントでしょう。
雲中に突っ込んで落ちていくなら、
下降相場に向けた準備もしたほうがいいでしょう。

先週の大きな上昇から、反転して下げになったことで、
すでに下降、もしくは持合い波動の形成に向かっています。
9月の高値を目指す展開ではなくなっているのです。
これが、単なる乱高下であれば、どうってこともなく、
上昇波動が継続していくのでしょうが、
そうとも言い切れないと思います。

早々の反転上昇がなければ、このまま75日線割れ、
そして下降相場へと向かっていく可能性があると
思います。

相場は、しかし、たった一日の状況で、
顔つきをガラッと変えてきます。
これまでもそうでしたし、これからもそうであると思います。

明日がそうなるかもしれません。
できるだけ大きな視点で、見定めていきましょう。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
9/25 持合いも防げない
昨日は。、「ダマシ」について書きました。
今日は「持合い」。

これも、「ダマシ」とは違う意味ですが、
当然のことながら、防げないし変えようもありません。
相場のトレンドそのものですから。

私たち、個人トレーダーにとっては、
「ダマシ」と並んでこの持合いも大変に迷惑な相場状況です。
特に私のようなスイングトレーダーにとっては、
持合いは地獄です。
でも、相場の様子を見ていれば、
上昇や下降のトレンドが出ているときより、
持合いの相場の時のほうが時間的に長いと思います。
持合いとどのように付き合っていくかは、
長い間のトレーダーの運命を左右するようにも思います。

なぜ、持合いが面倒くさいのか。
ずばり、ブレイクの「ダマシ」が多いからです。

持合いの時は、要するに株価が動かないのですから、
トレーダーは黙っていればいいのです。
何もする必要がない。

ですが、その状況にトレーダーは耐えられない。
何かしていないと、機会損失のように感じるので、
トレーダーは何かやってしまうのです。
そんな時に、ブレイクしようものなら、
トレンドフォロー派のトレーダーはこぞって仕掛けてきます。
そこで、ダマシ・・・といいうわけです。

これは堪りません。

でも、もともと、持合いの時に仕掛けようとするから
こういうダマシに引っかかるわけです。
仕掛けも仕方ないし、ダマシも仕方ないとするなら、
やはり、持合いの時には仕掛けないという心構えが
必要かもしれません。

持合いの時は、ブレイクがブレイクにならないことが
多いように感じています。
上にブレイクして買い仕掛けて、
すぐに反転されて下に行かれてしまい
下にブレイクして売り仕掛けて、
直後に急上昇されて上にもっていかれてしまう・・・
そして、「今度こそ・・・」と思って仕掛けても、この繰り返し。

持合いの地獄ぶりは、そんなイメージでしょう。

持合いの時には、トレンドフォローのスイングの教科書が
うまいこと通用しないのです。
逆張り的な仕掛けのほうが成功します。
だからまあ、無理はしない・・・と。

ダマシにどう対処するか、
持合いにどう対処するか・・・。

どちらも、仕掛けの側から見ると、
積極的な対処法はみつかりません。

いまのところ、「気にしない」「やらない」という消極的な、
考え方だけですね。
だからこそ、トレンドが出ているときには、
きちんきちんとやっていきましょう。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
9/24 ダマシは防げない
トレードでは、「ダマシ」という言葉をよく使います。
しかしながら、私は、このダマシの定義のようなものを
聞いたことがありません。
なんとなく、みんなが言うので私も使う、
というレベルのものです。

私の理解では、ダマシとは、ブレイクしたのに、
株価がその方向に伸びずに、反転して逆に行ってしまうこと。

それで、このダマシが、結構やっかいなのです。
私は、よくひっかかります。
複雑な話ではなく、ごく単純な話です。

私の場合仕掛けの時には、
いつも仕掛ける株価を決めています。
「●●円をつけたら●●円で買う」というように。

でも、ダマシがあると、その●●円がついた瞬間、
あるいは、その直後に、株価が反転して下がってしまいます。
誰かが意図的に、ブレイク下値をつけに行っているのか、
それとも、勢いのあまり値がついてしまうのか、
そこのところは私にもよくわかりません。
まあ、どっちの場合もあるのでしょう。

重要なことは、そのあたり、我々には見分けようがない
ということです。

ブレイクがダマシになるのかどうかだって、
前もってわかりようがありません。
というより、わかれば苦労しません・・・。
ダマシに関しては、結果論でしかないのです。

ただ、銘柄によって、ダマシが起こりやすいのかどうかは。
チャートを見ればわかることもあります。
ダマシは、見かけ上、「ヒゲ」という形で残ります。
だから、チャートにヒゲが多いチャートは、
ダマシが多そうなチャートということができます。
銘柄選別の段階で、ヒゲが頻繁に出ているチャートは、
ダマシが嫌なら選ばないことです。

ダマシに引っかかれば、損切りに合う可能性も高まります。
しかし、前もってわからないものを、必要以上に恐れても、
得るものはありません。

ダマシは結果論。

気にするなとは言いませんが、
避けられないものだと考えておいてください。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
9/23 来週ですね
週末の休みの間の金曜。
今日休みを取れば四連休という日程上のこともあってか、
方向性を示す結論や意思のようなものは出ませんでした。

今日のようなタイミングでは、日経平均がブレイクしないと
本来的には仕掛けはできないと考えたほうがいいです。
よほどのチャンス銘柄であれば別ですが、
個別銘柄だけのブレイクは、非常にリスクが大きいとも
思うわけです。

ただ、昨日挙げた、太平洋セメント、
そして味の素・・・。
どちらも、前日高値ブレイクを一瞬ですが決めています。
少しだけでの仕掛けですが、引っかかってしまいましたので、
そのまま持っていくことにしました。

まあ、こんなもんでしょう。
大きく続伸してくれれば、買い保持サイドとしては、
ハッピーな週末でしたが、そうはいかず。
かえって、含み益が減ってしまいました。

日経平均は、迷いの十字架ですね。
でも、なんとか25日移動平均線を確保して終わったのは、
せめてもの意思だったと思いたいところですね。
来週に繋がって欲しいです。

折に触れて書いてはいますが、
私のトレードの基本は3つの動作です。
相場判断とチャート選択、そして仕掛け仕切り。
仕掛けと仕切りを分ければ4つになります。
しかし、仕掛けも仕切りもアクションということで、
1つにします。

相場判断とチャート選択(銘柄選択)は、
どちらも企画段階で、やることは同じです。
相場判断に使う指標はチャート選択でも使います。

先ずは、全体相場の向きを見定めて、
同じ方向に、より効率よく動きそうなチャートを選びます。
チャートを決めたら、
仕掛けのタイミングと仕切りのタイミングを決めて、
あとは実行するだけです。

書いてしまえば非常に簡単です。

そして、このブログのテーマでもある損切りは、
その「仕切り」の中の一部でしかありません。

でも、どんなにむかついても、
どんなに仕掛けた直ぐ後でも、
やるべき損切りはやらなきゃいけない。
そこをさぼると、大変なことになる可能性もある。

今日のように、仕掛けになってしまったけど、
どうもなあ・・・なんてときは、
やはり、損切りの逆指値入れて放っておく、
それしかないんです。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
9/22 次に考えること
昨日の動きにうまくついて行かれなかったとして、
では明日以降はどう考えていけばいいのか。
ただ、手をこまねいていても仕方ありませんし、
昨日やったほうがよかったことを明日以降に
追いかけでやろうとするのも違っています。

では何をどうするか。

どうしていいかわからない時の鉄則は、
「最初から落ち着いて考える」ことです。
トレードの場合は、ニューヨークダウ、日経平均といった
大きな河の流れの把握、上下の相場判断から。
「そもそも、どういう場面だったんだっけ?」という、
少し大きな視点から、現状を見てみることです。

ということで、今の状況を見ていきます。

ニューヨークダウは、ヘッドアンドショルダー型のトップ形成で、
75日移動平均線をいったん割り込み、下降の波動に入っています。
その下降波動の中で、下降局面から上昇局面になりかけて
いるのが昨夜のローソク足です。
いったん75日線を抜け反発してきた形ですが、
大きな流れからみると、すでに下降に入っています。
75日線こそ何とか上向きではありますが、
これが下向きになると、いよいよ下降相場ということに
なるのではないかと思います。

日経平均は、いまだ上昇波動の継続の中にあります。
なんとか安値は前の安値より高く、高値も前の高値より高い、
という波動を形成し続けているのです。
ですが、75日線を挟んで、すでに3回の上昇の波動を作り、
疲れてきているところでしょう。
先週の大きな下げから、そのまま下降相場入りしても
全く不思議はないくらいの展開でした。

そういう展開からの、昨日の急騰ですから、
前もって考えておくことなどできなかったと思いますし、
仕掛けられなかったとしても無理はないと思うわけです。

で、日経平均の日足のチャートを見ていると、
昨日の大陽線の終値は、相場の空白地帯で、
9/9から9/12の間に空いたギャップの中にあります。
という意味でちょっとよくわからない位置です。

また、16,850円~16,950円というのは、
先月末から今月初めにかけて、ある意味高値つかみを
してしまった人たちの買い保持がたくさんあって、
なかなか、買い上がれない価格帯でもあります。
もしかすると、日経平均がここから上に行こうとすると、
かなりの困難があるかもしれません。

それが正しいとすれば、昨日の上昇は、
本当に滅多にない偶然にも近いチャンスだったということです。

こうして見ていくと、
別段、焦るべき理由はありません。
買い急がないともったいない、というような買い相場でもありません。
明日こそ仕掛けだ、という位置にいるとも思いません。

ただ、銘柄を見ておくなら、買いの方向で考えておきます。

太平洋セメント(5233)、味の素(2802)。
どちらも、買いの銘柄だと考えています。
そして、どちらも25日線の仕掛けです。

太平洋セメントのほうは、上昇相場の上昇トレンド転換狙い。
味の素のほうは、下降相場から上昇相場への転換狙いです。

本当にチャンスが来るかどうかはわかりません。
特に、味の素のほうは、今はいい形ですが、
陰線ひとつでガラッと状況が変わってしまうでしょう。
こちらは、少し長い目で見ておきます。

どんなものでしょうか。
普通に、ごく普通に、考えていけばいいと思います。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
9/21 いきなりのチャンス到来
後場の日経平均が爆上げ。
数多くの買いたかった人が買い上げました。
乗り遅れまい、という人もたくさんいたと思います。

日経平均は、きれいにトレンド転換です。
そしてまた、一目均衡表の雲の斜面に差しかかるにあたり、
雲にそのまま突入するのを嫌がっての急騰になりました。
やはり、一目も見ておくものです。

結果的に乗り遅れてしまった方も、
それほどに落胆することはありません。
ひとつには、準備をする暇もなかったと思います。
また、こういうときこそ、無理して乗り込もうとすると、
えてして高値つかみをしてしまうものだからです。

人が乗れたからと言って、自分も乗らなくてはならないという
理由にはなりません。
また、人が乗れたからと言って、その人が望み通りの
利益を得るとは限りません。
焦らないでいいと思います。
自分は自分の判断がつくときに出動すればいいのです。
それで充分です。

私にしても、昨日入ったユニーは、さほど上げていません。
ただ、このブログでは挙げませんでしたが、
25日移動平均線からの仕掛けということで見ていた、
三菱ケミカル(4188)やミネベア(6479)あたりが、
うまく引っかかってくれたので非常に良かったのですが。

このところ、あまりいい銘柄に巡り合えず、
大した仕掛けもできていませんでしたので、
まあ、こういうこともあろうかというものです。
体調が戻り、非常に気分よくトレードに向かえたのも
良かったのかと思います。
また、夜更かし生活に戻ってしまっているのは、
どんなものかと感じていますが・・・。

明日は休みですので、相場のことを
またじっくり考えたいと思います。

お休みなさいませ。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
9/20 仕掛けました
昨日までの悪い体調は、すっかり良化。
たまあに、かすかな頭痛がありましたが、
気にする間もなく、消えていきました。
天候とは裏腹に非常に快適な1日でした。

ということで、ユニー(8028)を仕掛けました。
このところ、ずっと見ていて、
チャンスだと思ってましたので。
今日も見ていてすんなり仕掛けられました。
もう1日待ってもいいかなという考えも、
湧いてきましたが、まあ、予定通りに仕掛けです。

日経平均は、ローソク足の上では持ち合い。
一定の上昇は見せました。
ですが、結局は75日移動平均線に引き戻されました。

上に跳ねるか、下に雪崩れるか、
相変わらずよくわかりません。
仕掛けにくい日々が続くかもしれません。
持ち合いは、プロの相場です。

私を含む素人にとっては、
やればやるほど損をするのが持ち合いです。
できれば手は出したくありません。
しかし、目ぼしい銘柄があれば、また別です。
損切りのスキルがあれば、チャンスには仕掛けていけます。

もっとも、先日も書いたように、
ユニーは、一目均衡表の雲に
上昇を遮られるかもしれません。
今日の上昇が止まったのも、雲の下辺です。
やはり、指標は誰かに見られているのです。
でなければ、こんなところで止まりはしません。

しかし、75日線がしっかりと上向いているのが、
この銘柄の強みです。
雲を突き抜ける力もあるだろうと、勝手に考えました。
力がなければ、仕切るだけですし。

さあ、明日はどうなるでしょうか。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ



9/19 だいぶすっきり(体調)
ぐづついた天気による気圧の変化、とうのは、
体調にも影響します。
私の頭痛や風邪気味の状況も、おそらくはそんなところが
原因だったと思われます。
完全ではないにしろ、だいぶ体は楽になりました。

体調や天気は、ずいぶんとやる気に関わってくるものです。
土日は、ほとんど考える気力がありませんでした。
横になってばかりで、なんだかぼんやりとして、
体調もさほど悪くもないと自分でもわかっているのに、
やる気が出ませんでした。

考えてみると、この数か月、睡眠を削ってまで、
夜更かしが多かったと思います。
ブログ更新の時間を考えても、それは事実で、
毎日相当遅い時間に記事更新をやっていました。
その夜更かしの疲れがどっと出てきたというのもあると思います。

毎朝、眠い状態で起きだしてしまうと、
夜は早く寝てしまうように思うかも知れませんが、
実際には、そうではなく、夜は夜で目が冴えて、
かえって眠るのに苦労したりします。
それでいて、翌朝もまた本当に起きるのが苦しい、
というのの繰り返しになってしまうのです。

生活のリズムというのも、一度崩してしまうと、
なかなか元に戻らないものです。

生活のリズムが崩れてしまうと、
トレードにも反映されてしまうことが多く、
無理な仕掛けをしてしまうこともあるので要注意です。

私は、体調が悪いときには、株には触れないようにしています。
保持銘柄があるときは、そうもいかないのですが、
新たな仕掛けなどすると、たいていはうまくいかないし、
それが原因で、大きな失敗の現任を作ってしまったら、
元も子もありません。
無理はしない、というのには、そういう意味もあると思っています。

体調が万全でこそのトレードです。
何はさておき、健康第一というのは、どの人生にも
当てはまるのではないでしょうか。
(もちろん、「健康」というのは絶対的なものでなく、
 相対的なものです。
 闘病生活が日常化している方にとって、
 トレードだけが楽しみ、という場合もあろうかとは思いますし、
 それを否定する気は全くありません。)

私は、だいぶすっきりしてきたので、
少し相場の話。

しばらくは、75日移動平均線近辺での判断になります。
ああだこうだと言っているうちに、
日経平均は、ここまで落ちてきてしまいました。
75日線は、相場判断の最大の指標。
今、日経平均株価は、その最大のポイントにきているのです。

簡単に判断しないほうがいい、とはいうものの、
大きく動くようなら、すかさず仕掛けて短期で仕切るような、
軽さも必要かと思います。

上なのか下なのか、とても簡単には見られません。

私が仕掛けまで考えていけるのは、
上に行った時のユニー・・・くらいです。
それ以外、無理してはいきません。

つまらない話で恐縮ですが、そんなところで。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
9/18 体調崩し・・・
金曜日の夜から、ちょっと体調を崩してしまいました。
まだ、完全に立ち直れておりません。
なんとなく、風邪気味・・・
という症状は自分でもわかるのですが、
それ以上は原因もわからず、
体がだるく、頭痛もあり、
横になっていないと苦しいという状況です。

金曜の夜、早く寝てしまえば、と思ったのですが、
昨日一日症状は変わりませんでした。
この程度だと、わざわざ、土曜日に病院に行くでもない、
そのうち元に戻ると思っていましたが、ちょっと焦っています。

まあ、相場と同じで、焦ったところで仕方ありませんから、
納得いくまで回復を待つ、ということでしょうか。
今日も半日寝ていたら、少しはよくなり頭痛も減ってきました。

金曜日の相場は、一応の反発。
さすがに75日移動平均線で反転を見せはしました。
しかし、決定的ではなく、トレンド転換にも少し足りない
というところですね。
75日線の傾きがはっきりしませんから、
これだけだと、なかなか買い仕掛けに自信が持てる
というわけでもないですね。

個別銘柄も、面白い形を継続して保っているのは
ユニー(8028)くらいのもので、
あとは、全部、買いでも売りでも、みたいな形に
成り下がってしまいました。
ユニーにしたところで、実は一目を見ると雲の下に
入り込んでしまい、上に分厚い雲が待ち構えている
苦しい状況です。
そう簡単に上昇させてくれそうにもありません。

ただ、売りにしても、自信を持って売れるかというと、
そうではない状況です。

明日も休みなんで、
少しゆっくり、元気にでもなれば銘柄のおさらい、来週の準備を
しておこうかな、というくらいの気持ちです。

相場も私生活も、無理はしないで、考えます。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
9/15 面白い相場
これはこれで、面白い展開になってきました。
日経平均には、いつも思惑を外されます。
勝負もできずに手をこまねいている間に、
ここまで下げてきてしまいましたね。
やはり、MACDのデッドクロスは伊達じゃありませんね。
ここでも、しっかりと絶対指標の意味を発揮しています。
私も、ここまで一気に来るとは思いませんでした。

でも、現実にこの下落を見てみると、
決して不自然でも何でもありません。
実際にMACDの動きは、これを示唆していわけですし、
75日線の傾きも、上昇している割には、
変わりももしなかったのですから。
結果論ですが、私としてはいつもながら、
予測という意味で完敗と言わざるを得ません。

そして、こうなると、何でもありの相場になりました。
これで、明日にでも来週にでも、8月下旬の
直近最安値を下回りでもしたら、ますますわかりません。
また下降相場の展望を語らなくてはなりません。

一体どうなんでしょうか??

個別銘柄は、それぞれの判断を示しています。

私の注目していた、三菱電機などはそのまま下落。
すでに、下降相場に入りかかっています。
どう見ても売りのチャートになってしまいました。
スクリンも、だいぶたれちゃいました。
しかし、ユニーは頑張っています。
これならまだ、買いが見えています。

もともと、75日線が不安定だった銘柄は、
やはり下落の方向に向かっています。

売り買い両面で見ていく必要があります。
両建ては私の好むところではありませんので、
スタンスは決めておきたいですが、
それでも、仕方ないときは、仕掛け優先です。

ユニーは、まだ買いで見ておきます。
そして、極端なことを言えば、ほかは全部売り視点。
そういう心持です。

今時点で見て、ニューヨークが少し反転はしています。
なので、極端な見方はしないほうがいいかとも思いますが。
まあ、明日の朝、決めていきましょう。

明日は週末。
くれぐれも、無理な仕掛け、
思いついての性急な仕掛けは慎みましょう。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
9/14 75日線がまた・・・
不安定な相場です。
それというのも、75日移動平均線の向きが、
どうあっても不安定だからですか。
なんだかちょっと、下向きになってきたような。

やっぱり、一気にはいかないものなのですね。
今始まったばかりのニューヨーク市場。
今夜はどうなることやら。

とまあ、そうこうするうちに、
個別銘柄は、形を整えてきました。
昨日の、三菱電機(6503)、ユニー・ファミマ(8028)は、
ますます面白くなってきました。
ただ、日経平均が、このまま下がってしまうようだと、
こうしたいい形も、そのまま下降で終わってしまいます。
その危険もまた、増えてきているのです。

今日見つけたのは、スクリン(7735)。
以前から、好きな銘柄です。
25日線付近で、きれいなトレンドラインを作っています。
もうずいぶん、上昇相場を続けていますが、
75日線もしっかり上向きで、25日線も上向き。
トレンド転換できれば、さらに上に波動を描いていきそうです。
信用取組も、売残が多く、買いにはもってこいです。

でも、それも、
全体相場あればこそです。

なんだか、先行き暗めだなあなどと感じていますが、
私の場合は、自分の主観ほど信じられないものはない、
といつも思っているので、
思いのほか急な上昇に出会った時には、
すぐに仕掛けに出られるように、発注準備だけはしときます。

予想をはるかに超えて悪い、というときもあれば、
予想をはるかに超えて良い、ということもあるものです。

それでこそ、先行きの見えない相場です。

無理はしませんが、的確にはいきたいなあと
思っています。
明朝、ニューヨーク、CMEの結果はしっかり見ておきましょう。

今夜は早く寝ておきます。
おやすみなさいませ。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
9/13 しばらく知らんふり?
今また、昨日反転したはずのニューヨークダウが、
一昨日と同じ水準まで下げてきています。
つられてCME日経平均も下げています。
行ったり来たりなんでしょうか?

今日の日経平均は、持合いのローソク足で、
25日移動平均線に抑えられました。
逆に考えれば、明日25日線を抜けて上昇するなら、
個別銘柄を探しておく価値はあり、と思っておりました。

でも、なんだか、それも期待薄のような。
もちろん、まだまだ日本時間で0時を超えたばかり。
朝までにどんな展開が待っているかわかりません。

私が見ておこうと思うのは、
三菱電機(6503)、ユニー・ファミマ(8028)です。

どちらも、75日線でのトレンド転換が期待でき、
その瞬間に買いの狙いです。
75日線がより上向きになっているユニー・ファミマのほうが、
期待が大きいです。
トレンドラインも長いですしね。

また、注目すべきは、どちらも売り残が多いということ。
それだけ、火がつくと踏み上げて急騰するというわけです。

全体相場への意識としては、
ほぼ知らんふりに近いのですが、
このような熱くなりそうな銘柄には要注意。
とはいえ、あくまで知らんふりの中での眺めです。
銘柄が熱くなる前に自分が熱くなっては
元も子もありません。

そして、相当魅力ある銘柄でも、
自分を差し置いて飛んで行ってしまったら、
あっさりあきらめること。
今は、絶対に仕掛けとかないと損、という相場でもありません。
「まあ、ためしにちょっとだけ買っておこうか」といった程度で
十分です。
また、そうであればこそ、気楽に仕掛けられ、
案外に大きな利益になったりもするものです。

今のニューヨークの雰囲気では、それも杞憂となりそうですが。

一応、夢だけは見ておきましょう。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
9/12 同じでしたね
今日の日経平均は予想通りに安く始まり、
そしてそのまま下げていきました。
ニューヨークダウほどの大陰線にはなりませんでしたが、
それでも、買い保持にとっては大きな冷や水になりました。

25日移動平均線の位置で寄り付いたのは、
ニューヨークダウと同じでした。
そしてそこから下げたのも同じでした。
本当にコピーです。

違ったのは、ニューヨークダウが、波動の転換まで
起こすほどの大陰線だったのに比べ、
日経平均は波動には影響がなかったということです。
その代わり、日経平均はMACDのデッドクロスが起きました。

買い保持している銘柄は、いったん仕切りましょう。

ニューヨークは、いったん大きく反発しています。
大陰線をまるごと包むような反発ではありませんが、
相当程度の反発にはなっています。
日経平均も、そこそこの反発になるかもしれません。
できれば、というかルールとしては、朝一番で仕切りです。
そこは目をつぶっていくしかありません。

まだまだ相場は不安定の様子です。
自信を持って仕掛けていける感じではありません。
つまらないかもしれませんが、これも相場。

よほどのチャンスでなければ、出ていかなくて
いいように感じています。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
9/10 ニューヨークの下げ
ここにきてニューヨークダウ平均が、
チャート波動局面での下降を成立させてきました。
昨夜のニューヨークの大陰線はちょっと衝撃でしたが、
それは、陰線の大きさということより、
この波動局面の下降ということのほうが大きいと思います。

このところ、なんとか上昇波動を継続させてきた
ニューヨークダウでした。
それが、木曜日に下降のローソク足を記録して、
昨日は気に25日移動平均線下に行ってしまいました。
そればかりか、直近安値まで割り込み、一気に下降波動です。

当然に、CME日経先物も大きく下げました。
月曜日の日経平均の寄り付きは、ドーンと下からになりそうです。
ニューヨークとの対比でいうなら、
やはり25日線がポイントになりそうです。

そうなると、想定されるのはMACDのデッドクロス。
ここで、買い保持はすべて仕切り。
(私は、買い保持はありませんので、何もしません。)

さらに、思いのほか下げてしまうケースだって考えられます。
しかしまた、いったんは安く寄るものの、そこから一気に反転上昇
というケースも考えられます。
先行きは、いつものことですが、わかりません。

まあ、様子見で正解です。

ですが、このことで、
案外早く、次のチャンスが訪れるかもしれません。
進行が早まったということでしょう。

明日また、考えてみます。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
9/9 次はパーティション
今週もお疲れ様でした。
ニューヨークダウ平均と日経平均がそれぞれに反目にまわる展開で、
非常に読みづらかったと思います。
結局、日経平均は、反転することもなく、バンドウォークもできず
17,000円を抜けて終わることもできませんでした。

様子見を決め込んだのはよかったと思っています。
この展開だと、来週のシナリオも非常に難しいなあと感じます。
昨日から続く、下ヒゲの長いローソク足から見て、
来週は上昇するんじゃないかとか言う方もいますが、
それも一面的に過ぎると思います。
ローソク足で判断ができるなら、苦労はしません。
たとえどんなに下ヒゲが長くても、翌日下降することも
しょっちゅうあるので、難しいのです。

もちろん、そういう判断をするなとは言いません。
ローソク足の形も、十分サインになることもあります。
ただ、ほかにも目を向けないとシナリオは作れない
ということなのです。

そうしてみると、
来週は、下げもあるように感じますし、上げるようにも感じます。
ということは、何はともあれ、
一応は上向きの75日線の上で展開している日経平均は、
上昇相場にあるとみて、買いのスタンスを決めた後、
今の相場が、どこで反転上昇するかを見ていくことになります。

でも、実は、今日のローソク足も陰線ですが、上昇の形には
なっています。
昨日の足と比べて、安値は高く、高値も高いのですから。
上昇のローソク足が出ているのに、相場として上に向かっている
感じがないのは、もちろん、陰線だということもありますが、
やはり、パーティションに抑えられているように見えるからです。

そういう意味でも、来週は17,000円の抵抗線を
見ておいたほうがいいでしょう。
要は、17,000円を再び抜けて終わるのはいつか、です。
そして、その時が、買いのチャンスということになるはずです。

あるいは、どうしても17,000円のパーティションが強くて、
上昇できずに下降してしまうなら、
そのときは、日経平均が下降相場に入っていく可能性を探ります。

銘柄に走る前に、日経平均をしっかり見る。分析する。
どんな時でも、その考え方を忘れずにいましょう。

よい週末を。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
9/8 待ちの週
ニューヨークダウとは反目に入っていますね。
日経平均は、今日も下降のローソク足でした。
昨日触れた、MACDのデッドクロスが、ますます
現実的になってきたようです。

今週は、ちょっと仕掛けを待ちました。
上昇銘柄をうまいこと見つけられずに、
機が熟すのを待つ・・・というとかっこいいですが、
実際、仕掛ける気になる銘柄を探しきれなかったのは
事実です。

ただ、ここまできたら、無理せずに待つのがいいです。
明日は金曜日。
そして、ニューヨークとの非連動も気になります。

どうせなら、MACDデッドクロスを見たうえで、
次の上昇のタイミングを狙っていきたいと考えます。

日経平均が下げの傾向なら売ればいいじゃないか、
と思うところかもしれませんが、
チャートの波動が上昇で推移しており、
展開も75日移動平均線の上である以上、
売りは短期の対応でしかありません。
不利な仕掛けになることが想定されるわけです。

無理をするところじゃない、と私は思います。

今週は待ちの週。
そのあとは、週末に考えていきます。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
9/7 高値圏の動き
日経平均はボリンジャーバンドの+2σから、
教科書通りに反転してきています。
高値圏にきていることは間違いありません。
そして、今日は+1σからの上昇となりました。

+2σと+1σの間で行ったり来たりするバンドウォークが
この後来るなら、確かな上昇相場です。
ボリンジャーバンドは上に開く形ですから、
バンドウォークをしながらだんだん高値水準が
上がっていくわけです。

そのサイクルに入ると、売り仕掛けはやるだけ損な
状態になります。
下げそうで下げません。
下げるそぶりを見せながら、どんどん上昇継続していきます。

で、その話と、
一方で、MACDのゼロライン上でのデッドクロスが、
次第に近づいているように見える様子の話と、
今のところは、同じように可能性があるように思います。

一応、この二日間はMACDが凹んでいます。
「買い保持は、いったん利益確定」だとのサインにも
なっています。

個別銘柄は、まだ十分には見えてきていません。
こういう時は待ちましょう。
個別銘柄の日々の動きに目を凝らしながら、
じっとチャンスをうかがいましょう。

取り留めもない話になりましたが、
今日は、そんなところで。

無理はしないこと。
思いつきで仕掛けないこと。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
9/6 私は損切り
今日、予定通りの損切りです。
でも、昨日のあいまいな文章通りだと、
ひょっとすると損切りに至っていないとしても、
不思議はありません。

東京電力(9501)が、今日、”昨日”の75日移動平均線の
値を下回ったので、損切りとなりました。
しかし、今日の75日線の値だと、下回っていません。
今日の東京電力は、75日線直上まで下げて反転したのです。

今日の75日線を基準に損切りラインを決めていた人は、
したがって、損切りに合っていません。

私は、「明日75日線を割ったら・・・」という場合、
今日の75日線の位置を基準にしますので、
すんでのところで損切りになったわけです。

これで、明日にでも東京電力が急騰したりすると、
私は悔やむ気持ちにもなろうというものです。
でも、トレードにとっては、そんなことは些細なことです。

トレードは、今のトレードが最後ではありません。
今後も続きます。
1回1回を考えるというより、トータルです。
いつも書いていることですが、また繰り返してしまいました。

でも、この繰り返しが大事だなあと思います。
いつもいつも、悔しいときは、その1回が悔しいのです。

人間、怒ったりした時って、そういうものです。
後から考えると、「なんで怒ってしまったのか」と反省するばかり。
冷静に振り返ると、こだわる必要もなかったことに、
その瞬間は、身も世もないほどとらわれているのです。

日経平均は一服。
下降相場を描いていた個別銘柄が、
グランビル初動を目指して上げてきているのが
目立ってきています。
少し待つと、狙えるもの狙えないもの、くっきりして来ると思います。

焦らず、少しづつ前進していきましょう。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
9/5 思惑通りで何もできず
日本郵船の見事な上昇にはついて行かれましたでしょうか。
まあ、スイングで考えたら、とても難しいですね。
これだけのギャップが空いてしまうとお手上げです。

でも、せっかく目をつけていたのに・・・などと考えて、
追いかけて仕掛けてしまうと、高値つかみになるものです。
仕掛けていないからこそ上昇したのだ、と思います。
合理性を欠いた話ですが、本当にそういうものです、

一方、東京電力は、仕掛けられましたね。
しかし、日本郵船のようにはいきませんでした。
一度上昇した株価は、スーッと戻っていきました。
日本郵船と違って、一目均衡表の雲の中が息苦しい
のだと思います。
日本郵船は、一気に雲の上までギャップが空いて、
遮るもののない上昇が実現しましたから。
まあ、ここに至るまでの過程が熟していたということです。

東電は、仕掛けたものの、今日のこの形を見てしまうと、
結果論ですが、すぐに損切りになりそうな形です。
まあ、こうなることは予想もしていましたし、
仕掛けてしまったものは、仕方なしでしょう。

いずれにしても、上昇の初動の仕掛けです。
初動にしても、初動崩れにしても、
短期決戦のつもりで入ったものです。

日経平均も、ついに17,000円を抜けてきて、
一段高い次元にきています。
そして、一時はボリンジャーバンドまで抜けてしまいました。
うまいこと、日経平均が+2σラインのバンドウォークでも
してくれると、東電にも上昇の目がある気がしますが、
どうでしょうか。

朝一番で仕切った太陽誘電(6976)は、
うまいこと高寄りしてくれましたから、
金曜の下げで失った含み益を取り戻した形になりました。
まあ、こんなこともあります。

いずれにしても、日経平均がしっかり上昇してくれれば、
なんであれ、買いで利益が出てきます。
そこにはノウハウも技術もないように見えますが、
これも日々、きちんと日経平均を見ながら、
損切と利益確定を繰り返してやっている賜物です。

これじゃ全然儲からない、なんて言わずに、
少しづつの利益を大切にしてください。

東電は、75日線割れで終わりにしましょう。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
9/4 明日からの銘柄は
日経平均にもダマシは数多くあります。
高々225銘柄の平均にすぎませんので、
それだけで日本の相場全体を語れるかどうかというのも、
まあまあ怪しい話ではあるのです。
ニューヨークダウに比べたら、225はよほど多い数ですが。

デイトレなどでは、日経平均先物の分足チャートを出して
常時見られるようにしていますが、
同時にTOPIX先物のチ分足ャートも表示するようにしています。

それは、日経平均のダマシをTOPIXで見抜くためです。
日経平均が、少し大きく上げたり下げたりするとき、
同時にTOPIXがどうなっているかを確認します。
TOPIXも連動しているようなら、ダマシではありませんが、
TOPIXが同じ動きをしていないなら、それはダマシの可能性が
高いと判断するのです。

日経平均が225銘柄の平均なら、TOPIXは東証1部の平均です。
指標としての信頼性はそれだけ高いのです。

それは日足でも当然にいえることです。

今の日足のチャートでは、
TOPIXは7月の高値を更新していません。
また、すでにボリンジャーバンドの+2σラインに達しています。
日経平均よりは、上げ余地が少ないのでは、と感じます。
日経平均より、少し上昇傾向が弱いという感じでしょうか。

少し頭に入れておいてもいいと思います。

さて、ここからの狙い銘柄ですが、
東京電力(9501)と日本郵船(9101)を挙げておきます。

東電は、下げのチャンス銘柄として監視していました。
が、ここにきて、下げを我慢しているのと、
75日移動平均線を抜けてきているので、
ちょっと上昇初動に入る可能性を見ておきたいと思います。

両銘柄の一目均衡表を見ると、
東電は、ちょうど苦しいところにいて、
雲を抜けるのに苦労しそうです。
あるいは、これまで見てきた通り、大きな下げになるかもしれません。
その時は、売りです。

一方の日本郵船は、雲抜け間近。
初動にうまく入れそうに見えます。

いずれにしても、明日はギャップを空けての寄り付きも
予想されるので、その時は、ちょっと待ちましょう。
下げてきてからが仕掛けどころです。
寄り付きから下げずに、さらに上げるなら、
チャンスなしとあきらめることです。
これは、いつものように、そうしましょう。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
9/3 トレンド転換、利益確定
トレンド転換というのは、ニューヨークダウ。
昨夜、トレンド転換を果たし、直近安値更新をすることなく、
再度上昇に向かっての波動を形成し始めました。
これがダマシでなければ、大きな大きな河の流れが上昇ということ。

そしてまた、CMEの日経先物が大きな上昇。
17,000円を大きく突破してしまっています。
月曜の寄り付きは、かなりギャップが開いてはじまるのでしょうか。

一方、日経平均そのもののほうは、これまた上昇。
昨日はついに高値更新です。
これで、直近安値を割らずに直近高値を抜けたということになり、
チャート波動局面での上昇を成立させたことになりました。
持合いの様相が濃いと高値更新のあと、すぐに下げてしまうことも
考えられますが、CMEの具体から見て、
月曜日の寄りは高そうです。

で、個別銘柄、
買い保持中の太陽誘電(6976)は、
昨日の終値で、ボリンジャーバンドの中に戻ってきました。
ですので、月曜朝に仕切りです。
ここは、どんなに下げていても、上げていても、
その状況で自分なりの判断をせず、強制的に仕切りとしてください。

確かに、木曜日や、水曜日のことを考えると、
なんでわざわざ、下がった時に仕切るんだ、
含み益がなくなってしまったではないか、と思います。
でも、トレードには、「頭と尻尾はくれてやれ」というのがあります。
頭や尻尾まで取ろうとすると痛い目に合うからです。
買いの場合、底での仕掛け、天井での利確は考えません。

トレンドに沿った決めに従って動く、それだけなのです。

現実にはとても難しいことかとは思います。
仕切りで目をつぶるというのは、とても勇気がいりますが、
もう、先に発注だけしておいて、あとは見ない・・・というほうが
いいと思います。

でも、今回が唯一のトレードではありません。
次もまた同じようにやって少しの利益、そしてその次もまた・・・。
そうやって、自分のキャリアを積み上げていくのです。

少しだって利益があればラッキー。
仮に、マイナスに沈んだとしても、それもよし。
そう思えるようになれば(ならないですが)いいのだ、というほどに
思うことです。
トレードは、細かい数字の積み重ねです。
1回1回での可能性を論じるより、長きにわたる可能性を
論じるほうが優先されるのです。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
9/1 東電売りたし
日経平均、じらしますね。
高値更新ならず、です。
微妙に、です。

一方で、東京電力は、
いよいよ、下向き75日移動平均線を抜けて割りました。
売りたい形です。
いや、一気にこのまま、上昇の初動に持ち込むかもしれません。
この形は、とにかく売りたいのですが、
悩んでしまう形でもあります。
下がらなければ、爆上げしてもおかしくはない形です。
教科書的には、完全に売り銘柄なんですが、
経験上の理解でいうと、そうでもないのです。

様子見ながら、ちょっと怖いですが、
デイで入ってみて・・・ですかね。
無理して、上にもっていかれるとしたら、
思い切り持ってかれそうですし。
ボリンジャーバンドの外だといっても、決して甘く見ては
いけない気がします。

自信はありません。
いつもこういう形で、思惑外れのことが多いのです。

でもやっぱり、気になるので、見ておいて、
隙あれば(意味不明!)入っていきましょう。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
8/31 抜けるかどうか、抜けてどうなるか
日経平均が、直近高値に迫りました。
ダブルトップなんてのは、見かけだけですね。
これで、高値更新がなく下げたら、
今度はヘッド&ショルダー…でしょうかね。
そうであるならば、やはり下降相場に一直線・・・
という冗談はさておき、
やはり明日以降は、この高値更新が焦点になるでしょう。

また、高値更新したとしても、前の時のように、
それを合図に反落するのではないかという、
持ち合いの空気も感じるところです。
高値更新が、買いのタイミングにならないのが、
持ち合いの悲しさです。
買えば下がり、売れば上がる。
素人がさわり難い相場です。

でも、だからといって、様子見が必ずしも正解
ではありません。
きちんと仕掛けて、ダメなら損切りというのが正解。
これは、大事なことです。
何がなんでも仕掛けるという情熱は要りませんが、
損切りがいやだから仕掛けないというのは本末転倒。
損切りこそが利益の源泉です。

太陽誘電(6976)は、うまいこと伸びました。
まだ行きましょう。
ボリンジャーバンドが仕切りの目安。
含み益を守りすぎるのもダメなんです。
すでに、デイで利益を出しているなら、チャラでもOK。
それくらいで気長に行きましょう。
スイングは、それでいいのです。
(でも爆上げの形ですから短期想定ですが。)

三井住友銀行(8316)は、残念でした。
狙いはばっちりでしたが、こういうギャップ空きの
展開では手が出ません。
私は慣れた銘柄なので、デイで行きましたけれども。
持ち越し前提では手が出にくいです。

さて、明日。

東電(9501)が面白いところまで上げてきました。
教科書的には、上がりすぎです。
75日移動平均線下向きのライン直下、
ボリンジャーバンドの飛び出し。
叩きたくなる欲望が抑えられるかどうか。

日経平均が上がれば、みんな上がるんですよね。
基本的には。
でも、上がった株は下がるんです。実際。

明日は、日経平均をじっくり見ておきましょう。
作戦前の観察です。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ