損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
11/30 上から下への持合い
日経平均、上昇のローソク足ですが陰線。
今日は、少し高く寄ってからの下降でした。
弱くはないけど、それほどの強さもなくなってきたのか、
うーむ、毎日毎日、何とも言えない展開が続きますね。

下降とは言っても、じゃあまともにドーンと落ちるかというと、
それほどでもありません。
落ちたら落ちたで、また買いが入ってきます。
買いもできなければ売りもやりにくい。
本当に、個別銘柄ごとにやるしかありません。
でも、やる銘柄がありません。

非常に厳しいですね。

朝にも書きましたが、
そして、このところずっと書いてますが、
こういう時は、本当に無理しないことですね。

やれない時には、本当にやれないのです。
だから、やらない。
チャンスは、穴が開くほど探します。
でも、ないときにはないのです。
今週は、まさにそういうときなのです。

そう思ったら、絶対に仕掛けてはなりません。
穴が開くほど探すけれども、ない時には潔く諦めるのです。

「損切りができない」というのは、
往々にして、大したチャンスでもない時に、
無理に仕掛けることで陥る状態です。
仕掛けなくてもいい時に、
わざわざ自分勝手に背負い込んだとき、
ついつい、いつもと違うようなことをやってしまうのです。
ほんの少しだけ・・・。

そのほんの少しが、時間とともに、
圧倒的に大きくなってしまうのです。
それが、損切りできずに相場を去っていく人たちの、
典型的な例なのです。

いつもはやらないのに、いつまでも続く持合いにしびれを切らして、
持合いの底で買って、天井で売って・・・を繰り返せば利益になる、
なんて思ってしまって、ついつい手を出したら、
それで終わりだと思ってください。

そんなに簡単に利益が取れるなら、誰だってやってます。
みんな同じことを考えれば、できることもできなくなるのです。

相場は、そんなに甘くありません。
予測は外れるし、思惑は外れるのです。

だから、やらない、というのが、プロの選択になるのです。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
11/30 上げにも下げにも注意
ニューヨークダウ平均は、ローソク足で持ち合い。
やや上昇とはいうものの、次第に強さはなくなってきました。
ドル円の方も、一時113円を抜けたものの、現在は112円台。

やや上昇かな、というところですね。

なんとなく、今日の日経平均の相場も持合いになりそうな
予感はします。
持合いは、ほとんど地獄と一緒ですから、
無理に動かないことです。
動いただけ損します。おそらく。

むしろ、銘柄探しで一日使ったほうがいいのかなあとすら
思っています。
ここから買ってもいけないですし、
売ったら売ったで下がらないし。

ただ、急な動きには注意です。

がんばっていきます。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
11/29 ドル円に合わせて
為替が112円を挟んで持ち合っています。
ということで、日経平均も持合い。
安く寄りはしましたが、少し戻して、
終始、昨日のローソク足の範囲内での持合いです。

もっと下げていくかと思っていたのですが・・・
なかなか、仕掛けの展開になってきませんね。
寄付いてから、昨日の高値を抜くこともなく、
昨日の安値を割ることもなかったのですから。
下手すれば、本当に見ているだけだったはずです。

下げそうで下げないのは、
日経平均が、ずいぶん頑張っているという事でしょうか。
積極的に買っていく相場ではないけれど、
本格的な売りが出てくる相場でもない。
できるのは、仕切りだけという有様です。

今週は売りだと判断したものの、実際には、そうなっていません。
むしろ、上昇する銘柄は、売りの形からも上昇しています。
今のところ、思惑は外れています。
外れた銘柄は、仕掛けにはなっていないので、
特に実害もないのですが、気分的には乗りませんね。

でもまあ、実際には、想定の範囲内であって、
「日経平均は、弱ぶいたけれども、まだ強い」ということで、
なんとなく理解しておけばいいとも思います。
こうも持ち合っていては、どうあっても戦えないので。

そして、強いといえども、
やはり先週までの強さとは変わってきました。
バンドウオークも終了。
5日移動平均線下にも展開し、また、出来高も漸減。
それほど大きな材料ではないにしろ、
下げの要素が出てきてはいます。

引き続き、売りの狙いを続けていきたいですし、
急落と、その反動としての急騰には相変わらず注意です。
日経平均が下落してくるなら、次のポイントは、
18,200円あたりと、18,000円あたり。
明日以降、このラインをどうキープできるかに注目です。

次々に割れてくるなら、いよいよ売りでしょうね。
当たり前ですが、来るときには来ます。
明日かも知れませんし、来週かもしれません。

引き続き、ニューヨークダウ平均、そして為替に注目です。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
11/29 ニューヨークも頭打ち
ニューヨークダウ平均も、ようやく、はっきりした形で
下降のローソク足が出てきました。
昨日は、一時112円を抜けた為替も、111円台に
戻っています。

ということで、CME日経平均先物は、
昨日の日経平均から約100円ほどの下落。
それでも、昨日のローソク足の範囲内での寄付き、
となりそうです。

昨日のローソク足の範囲内で寄り付いて、
その後どう動くか。
上に抜けるのか、下に割っていくのか。
昨日のローソク足の、高値、安値との関係を、
まずは見ていくことにしましょう。

どこが抵抗線になるのか、支持線になるのか。

忘れてはいけないのは、
今、日経平均は上昇相場であること。
いくら、売り目線でも、これは押さえておきます。
上昇相場ですから、下落に対しての反転上昇も、
起これば早い可能性があります。

一方で買い保持銘柄の仕切りも、
ポイントが来れば逃さずきちんとしましょう。
下落は下落で早いですから、機を失うと大変です。

今日も、頑張っていきます。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
11/28 日経の上昇志向
今日はもっと下げるかと思いましたが、
日経平均の上昇志向が強かったようで、後場は上昇。
大した出来高ではないにもかかわらず、
寄付きの値を抜けて陽線となりました。
日経平均は、まだまだ強さを見せいています。

前場は、狙っていたシナリオ通りの下げにはなりました。
しかしながら、私の挙げていたうち通信銘柄は、
下げずに上げていきました。
NTTは、75日移動平均線までの上昇を見せました。
NTTドコモは、グランビル法則の上昇初動のような上昇でした。

ドコモの上昇を見てしまうと、NTT本体の方も、
明日以降下げるよりは上げじゃないかと思いますね。
また、KDDI(9433)などは、さらに下から25日線までの上昇。
この3銘柄は、上から順序良く並んでいる感じです。

そのあたりは、見当違いでしたかねえ。
思惑通りに下げたのはファナックくらいでした。
それも、結局は後場には寄付き近くまで戻してしまい、
行って来いとなりました。

売り狙ったら売り狙ったで、それなりに難しかったというのが、
正直なところですが、
まあ、これが相場ですし、これが実態です。
「日経下がるには下がったが、まだ強かった・・・」という事です。
それ以上でも以下でもない。
そして、明日以降は、またどうなるかわかりません。

下げという事なら、日経平均はバンドウオークのラインを外れました。
久しぶりに、一瞬でも5日線の下に株価が出ました。
しかしながら、上昇相場はびくともしていません。

ここからまた、売りのスタンスを続けていくのはどうか、
という見方もあるとは思います。
しかし、乗りかかった船ですし、
今日の相場が客観的に方針変更するほどだったかというと、
そうも思っていません。
通信銘柄にしても、
このまま上昇すると決まったわけではありません。

今日は今日、明日は明日、ということならば、
今日の後場の上昇は、またいったん忘れて、
シナリオはそのまま保持して、明日の風に任せたいと思います。

明日も、まあまあ売り視点。
これで行こうと思います。

あくまで無理せずに・・・ですが。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
11/27 (追加改訂)今、売りの形のチャート
間違えて、昨日書いた記事を消去してしまいました。
昨日書いたことを、もう一度書くのもしんどいのですが、
今日の話には重要な意味を持っているので、
要点だけ、自分の復習の意味でも書いておきます。

・現在の日経平均は連続上昇の中で高値での持合い。
・金曜夜のニューヨークダウ平均は続伸で強いが、
 為替はいったん円安が止まっている状態。
・月曜からのトレードのシナリオとしては、
 売りでいくのが効率が良いと考える。
・個別銘柄でも、良い売りの形が現れてきている。

※ そのほか、売りの有利さ(展開の早さ)について、
  書きましたが、そこは一般論ですので割愛します。

この話に基づいて、今日は、明日からの売りでの注目銘柄を
挙げておきます。
ひとつは、売りの常道である、下降相場の中で上昇している
銘柄群。
もう一つは、高値からの下降ポイントを探る形の銘柄群です。

下降相場にある銘柄から。

NTT(9432)
NTT日足161125
(クリックすると大きくなります)

安値から、25日移動平均線まで上げてきました。
日経平均とともに上げてきているので、
ここで日経平均が下げを見せれば、
この銘柄は大きく反応する可能性が高いように思います。
今後、75日線に向かって上昇していくようなら、
75日線がポイントになると思います。

NTTドコモ(9437)
NTTドコモ日足161125
(クリックすると大きくなります)

こちらは、NTTより先に75日線まで達しています。
NTTも今後この形になるかもしれません。
まだまだ75日線は下向きですから、売り狙えます。

同じような形は、KDDI(9433)やJT(2914)、東レ(3402)など。
通信系の下降相場が目立ちますが、医薬品にもあります。
機は熟してきているように思います。

次に、高値からの下降を狙う形。

ファナック(6954)
ファナック日足161125
(クリックすると大きくなります)

上昇相場の中で、日経平均の用には高値が取れなくなり、
波動の上昇が壊れて、やや陰りが見えている銘柄です。
そして、持合いの中で、下からの25日線が横ばいになりつつあり、
その付近に、パーティションも見えています。
もちろん、75日線上向きの上昇相場中ですから、
25日線をきっかけに反転上昇する可能性もあります。
しかし、ここは、売り狙いで行きたいと考えます。

同じように、高値からの下落を狙える条件にある銘柄に、
や三菱商事(8058)、スズキ(7269)などもあります。
大事なことは、日経平均のように高値更新を続けることが
できなくなっていること。
そして、上昇相場がそれなりに続きダレているとか、
25日線が横ばいになっている、
支持線があるが、何度も破られそうになっている・・・といった
条件があると、さらに狙いの確度が高まるという事です。

売り目線を持つことは、非常に大切です。
相場の中心は、基本的に株価が何倍にもなりうる「買い」が
中心となります。
そのほうが、莫大な利益になる可能性があるからです。
仕手系のトレードは、買いしかありえません。
しかし、私も含めた短期の一般個人トレーダーは、
展開の速さを求めます。
その場合は、中心でない分、「売り」の方が大いに有利なのです。

売りは、相場においてボーナスのような役割を果たします。

本当に来るかどうかは別にして、
どちらかわからない相場であれば、
また、チャンスがあるのだとすれば、
売りのシナリオを描いておくのが賢明だと考えます。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
11/25 今日は十字線
後場の日経平均は、やはり下落しました。
後場寄り付きからジワリと下げ始めていったん落ち、
持ち直したところでもう一度落ち。
最終的には持ち直しましたが、前場の上昇は帳消し。

日足のローソク足では、行って来いの十字線。
昨日の小さな足を包む持合いになりました。
ここにきて、悩んでいる様子が伝わってくるようです。

今日のこの動きで、下げてしまった銘柄もありますね。
買いは、利益確定となってしまったかもしれません。
ですが、週末ですので、粘る必要はなかったと思います。

デイトレの売りは、おそらく18,450円あたりが焦点になり、
後場の先物の割り込みで仕掛けていけたかと思います。
3分足でいうなら、13時過ぎの反転で一番早い利確。
さらに2回目の下落も取ろうとしていた場合は、
結果としては、大引け近くにやむなく買戻し、
ということになった感じでしょうか。

こちらも、あまり頑張らずに、最初のサインで仕切るのが
ベターだったと思います。
今はデイトレと言えども短期でというのが原則ですから。
何とか、少しでも利益になっていればラッキーというものです。

さて、今週の相場は終わりましたが、
本当に珍しいほど上がり続けました。
しかも、ギャップを空けて場中は持ち合うという、
短期のトレーダーにとっては非常に対応しにくい
展開もあって、いらいらしたかと思います。

今夜のニューヨークダウや為替の動きも見て、
来週もしっかり心の準備をしていきましょう。

お疲れさまでした。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
11/25 ついつい、やらない週末
前場の日経平均は、これまでと同じように強さを見せました。
後場も、高値更新していくようなら、やはりちょっと警戒。
後場だれていくようだと、売りでデイトレできるかと思います。

なかなか、スイング前提で仕掛けられるような展開には
なりませんね。
このまま上に行ってしまうこともあるかと思いますが、
そうなると、そうはチャンスはなくなってしまうかと思います。

相場の状況ですので、これはどうしようもありません。
無理して高値を取りにいかないほうが身のためです。

トレードをやっていると。
高値更新を取りに行くと、そこが反落のポイントだったり、
見送るとぐんぐん上昇してしまったり、
何とも言えないちぐはぐな感じを経験されているかと思います。

それは、金銭面でも精神面でも
大きなストレスになってしまいますから、
くれぐれも、焦らず、無理せず、行こうと思います。

特に、今日は週末です。

ついつい・・・はやめておきましょう。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
11/24 止まらないですね
日経平均の強さが変わらない、どころかさらに勢いが
ついているような気さえします。
上がり過ぎの懸念を持ちながらも、
どこまでもついて行くしかない展開ですね。
+2σラインの傾きも半端なく上向いています。

連日同じようなコメントで申し訳ありませんが、
日経平均が強すぎます。
ニューヨークダウ平均も上昇が止まりません。
そして。円が一気に112円から113円にもうかがうかという
急騰ぶりで、これが大きく影響しているのです。

ただ、ギャップを大きく空けて寄付き、
その後は持合いというのは、
どうしても見ているだけになってしまいます。
デイトレは、とてつもなくやりにくいですし。
日経平均だけ見ていると、
スイングも仕掛けポイントがつかみにくいです。

そんな中、買いのチャンスを探すよりも、
むしろ、売りのチャンスを見ておいた方がやりやすいかも
知れません。
日経平均のこの動きの中で、売り銘柄を語るのは、
ちょっと不謹慎かも知れません。
でも、ポイントまで上昇している下降相場の銘柄や、
日経平均に反して下げている下降相場の銘柄は、
下げの波が来れば、大きなチャンスになります。

来るか来ないかは、わかりませんけれども、
やることがないなら、見ておいて損はありません。

カシオ(6952)は、下降相場の中で今日は急騰して、
75日移動平均線まで上昇してきて止まりました。
明日以降、このまま上に行ってしまうかもしれませんが、
日経が反落するなら、売りもありますね。

それから、前に出しておいた大日本住友製薬(4506)は、
今日、下落して75日線で止まりました。
もともと、下降相場の下向き75日線を抜けて、
上昇相場入りを伺っていたところでのこの下落。
再び下降に戻っても不思議ではありません。

基本的には買いの相場です。
決して売りの相場ではありません。
今、売りが有利だと思うわけでもありません。
あくまで、「たられば」の中で売り銘柄を探しているに
過ぎません。

でも、意識しておくといいと思います。

売りの意識が、買いの感覚を研ぎ澄ますというのもあります。
売りの形がわかれば、余計な買い狙いをしなくても済みます。

時間があれば、見てください。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
11/23 日経平均の長期的分岐点
ニューヨークダウ平均が、
史上最高値の更新を続けており、
ついに19,000ドルを抜けました。
為替も111円を再び抜けて、112円に迫る勢い。

日本でのこの休日、「日経平均も、いつかは下落」
などというのは杞憂のように感じる証左ばかりが
続々と集まってきますね。

でも、杞憂なら杞憂でいいんじゃないでしょうか。
イケイケになれない分だけ仕掛けも利益もセーブされて
しまうかも知れませんけれど、
それも、長い相場人生の一局面です。
今回は杞憂かもしれないけれど、次の機会には、
きっと功を奏することもあるのです。

これまでもそうでした。

上昇の時でも下降の時でもそうです。
どんなに大きな暴落が起きても、
いずれ上昇するときは来ました。

気の長い話をするなら、2013年を期に、
日経平均は確かに「上昇に」変わったように思われます。
バブル以来の下降相場にやっと終止符が打たれたのでした。
なので、長い長い目で見れば、株は上昇していくのです。
年足レベルでの日経平均のチャートの形はそうなっています。

ただ、そのことに何らの保障はありませんから、
全力をかけて信じて行動してはいかれないのが、
一般のトレーダーであり、個人投資家と呼ばれる人たちです。
相場のプロでもない人たちは、
一つ所に資金を投入して長く寝かせておくことなど
できない相談なのです。
少しづつ、相場の局面を切り取って、
資金を回転させていくしかないのです。

さて・・・日経平均の月足チャートを見ると、
18,000円が一つの壁になっていたところでしたが、
そこを抜けては来ています。
本当に壁になるなら、ここからいったんの下げになりますし、
再び上昇相場になるなら、このまま抜けていくでしょう。

日経平均月足チャート
日経平均月足161122
(クリックすると大きくなります)

日足、週足は、確実に上昇相場となっていますが、
月足だけはまだ、完全な上昇相場にはなっていません。
むしろ、下降相場に入っていたところです。

つまりは、月足下降相場が継続していくのか、
月足でも上昇相場に入っていくのか、
という結構大きな分岐点に、今来ているという事です。

相場を切り取っていくという視点からすれば、
こういう、節目節目での株価の動きが非常に重要です。
そこの判断と立ち回りの仕方が、
トレンドを切り取っていけるかどうかのポイントになるからです。
さらに言えば、そこでは予測をもとに動くのではなく、
事実をもとに動いていくことを肝に命じたいということです。

個別銘柄のチャートをよく見ましょう。
そして、どこに仕掛けのための事実を求めたらいいか、
知見を総動員して考えることです。
そして、考えを決めたら、ブラさないことです。

この繰り返しが、トレンドをつかむための動きです。

抽象的になりましたが、
休日に考えたことです。
ご容赦くださいませ。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
11/22 備えあれば
日経平均が伸び続けています。
じわじわとボリンジャーバンドの+2σに沿って、
バンドウオークを続けています。
なかなか、下げの様子も見えては来ません。

買い保持を続けている人には、
利益が増えていっている状況かと思います。
利益確定のサインは人それぞれに決めているでしょうが、
決めたところに来るまでは、淡々と保持です。
できるだけ行方は気にせず、注文を入れておいて、
勝手に決済されるのを待つだけです。
明日が、休みなので、持越ししないと決めていた人は、
今日決済でもよかったかと思います。

日経平均は、強くあります。
バンドウオークも非常に強い証左です。

ただ、ちょっと・・・強すぎるようには感じています。
このブログでは、急落注意と書いてきましたし、
私も、高値更新を警戒してきています。

これは、直接下げの要因になるわけではありませんが、
先々週末からずっと、5日移動平均線にも触れずの上昇。
また、先の急落・急騰から、少しづつ減っている出来高。
このあたりに目を配ってみると、
やはり、いつ下落が襲ってきても遅くはないかなとみています。

日経平均日足11/22
日経平均161122
(クリックすると大きくなります)

当面、日経平均の目標は、年初来高値(19,000円あたり)に
なるでしょうから、そこまでは上昇してもおかしくはありませんし、
それも重要なシナリオだと思います。
しかし、その前にいったんの調整が入るのも、
同じくらいに、いやそれ以上に可能性があると思います。

ですので、買い保持の利益確定は、早め早めに設定したほうが
無難なように感じます。
上昇相場ですし、積極的に買い仕掛けをしていくのもいいとして、
仕切りの計画も決めておいて、断固貫くべきかと考えます。
また、ギャップが空いて下がった時の仕切り方法なども、
視野に入れるといいかと思います。

下げそうで下げない時。
そのまま上昇を続けることもある。
大きく下げることもある。

当たり前のことですが、どんな可能性もあります。
ただ、危ないのは、そのまま上昇を続けると確信して、
そのための行動しか準備していないことです。
そこは、相場の問題ではなく、こちらの気持ちの問題ですから、
きちんとしておけるかと思います。

備えあれば憂いなし、です。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
11/22 ニューヨークダウ平均高値更新
ニューヨークダウ平均が高値更新してきました。
史上最高値として19,000円を突破するところまで
来ています。
持合い放れの高値更新なので、このまま上に行くという
見方で良いかと思います。

為替は111円がちょっと割れましたが、
これがどのように日経平均に影響するのか。
日経平均の寄り付きをよく見ていきましょう。

今朝は福島で少し大きな地震があって、
ちょっと関東でも交通に影響が出ていたり、
不安な様子が全体を覆っています。
今現在、津波の警報・注意報が出ているところです。

そのあたりも、ちょっと気になるところですが、
冷静に、冷静に、行きましょう。
明日は休みですから、あくまでも無理せず。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
11/21 まだ強い日経平均
まだまだ強いですね。
日経平均は、寄付きから一瞬ギャップを埋めに行ったものの、
その後は上、ほぼ上昇一途でじりじり上げていきました。
下げそうですが、なかなか下げてはきません。

それでも、75日移動平均線付近の銘柄が、
なかなか上がってきませんね。
ユニーファミマ(8028)は、75日線抜けで一気に来ましたが、
注目しているヤマハやニチレイなどは、大した動きもありません。
これは、ちょっと思惑と違うところです。

高値更新銘柄は、日経平均に連れ添って上昇。
これらはうまいこと行っています。
しかし、もともと、高値更新銘柄はリスクも高いので、
どちらかというと75日線付近からの動きを重視して、
銘柄を探していたのですが、今日のところは、
その成果が出てきていません。

75日線付近の銘柄というのは、チャートの形次第ですが、
買いのチャンスと見た銘柄でも、
見方を変えると売りのチャンスになったりします。
特に、75日線が横ばいに近づいているようなときは、
買いが一気に売り、売りが一気に買いに変わることがあります。
75日線は、相場の変わり目を示唆する基本ラインですから、
そのようなことも起こるのです。

たとえば、上に書いたような75日線付近の銘柄は、
全て、そういう見方ができるかと思います。
ヤマハ(7951)でも、ニチレイ(2871)でも、
見立てとは逆の方に動く可能性は十分にあります。
仕掛けた後に逆に動く可能性だってあります。

グランビル法則を考えると、
上昇の初動は往々にして75日線がまだ下向きのときで、
下降の初動は往々にして75日線がまだ上向きのとき、
なのですから、そういう事にもなるのです。

昨日売り候補で出しておいた、
川崎汽船や大日本住友製薬は、いったん下降相場に入って
いますから、より、相場変換のリスクは少ないといえるのです。
(それでも、本当のところはわかりません。
 相場では、何でも起こり得ます。)

いずれにしても、今の日経平均、
ニューヨークダウ平均というよりは、為替で動いています。
円安が続けば、株高が続いていくのでしょう。
日経平均が、どこまで伸びるのかという事は、
円安がどこまで進むかという事と同じです。

やはり、読めませんね。
読めるようなら、だれも苦労しませんから。
やはり、地味かもしれませんがチャートを見ていくのが
最善かと思います。

焦らずにいきましょう。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
11/20 明日からの個別銘柄
明日以降の監視銘柄の候補です。
買いのシナリオ、売りのシナリオ、
両方に考えられると思っていますので、
それぞれの形を出してみたいと思います。

日経平均は、高値更新を続けていくような形です。
しかし、ここからさらにぐんぐん上に行くと言うのは、
結果としてはあり得るかもしれませんが、
シナリオの時点では、置いておきたいと考えます。

現在、日経225の銘柄は
日経平均と同じように高値更新を繰り返している銘柄が
多くなっていますが、よくよく探せば売りの銘柄もあるし、
75日線付近の銘柄も少なからずあります。

たとえば、医薬関連銘柄は、下降相場の売り銘柄になっています。

まずは、買い銘柄から。

平和不動産(8803)。
平和不動産日足161118
(クリックすると大きくなります)
高値更新銘柄の中では、最も上昇可能性が大きい部類だと
感じています。
1,550円付近に強固なパーティションがあって、
この間、いまだ破れていません。
日経平均の継続したブレイクに、どこかで反応することがあれば、
一気に上昇も考えられる形です。
ただ、日経平均には反応していないところもあるので、
このまま壁が破られない可能性もあります。
まずは、パーティションブレイクで入っていきたいです。
ダマシは覚悟の上ですね。

ヤマハ(7951)。
ヤマハ日足161118
(クリックすると大きくなります)
こちらは、上向き75日移動平均線からの上昇狙いです。
高値更新ではないので、これも日経平均と無関係に
上昇していく可能性があります。、
この形で、75日線が上向いているものは、
今、ほとんど見当たりません。

大日本住友製薬(4503)
大日本住友製薬日足161118
(クリックすると大きくなります)
日経の流れに沿って、下向き75日線を抜けてきましたが、
下降相場に入った銘柄です。
再び75日線を割れば、いったん大きな下降に入るシーンが
想定できます。
今、医薬品のチャートでは、この手のものが出てきています。
日経平均が下げるなら、売りです。

川崎汽船(9107)
川崎汽船日足161118
(クリックすると大きくなります)
売りの銘柄でもう一つ。
これも、下降相場中の75日線抜けです。
長い上昇相場から、11月に入って下降に入りました。
かなりの安値から、日経平均につられて上がってきてしまった
という感じです、
日経平均が下げるときにうまく叩ければ、
一気のズドンが考えられます。

結構、典型的な形を拾ってこられたと思います。
このチャート形は、頭に入れておくといいと思います。
明日からの相場で、うまいこと仕掛けられれば、
やりにくい中でもスイングができるかと思います。

ただし、今の日経平均の相場の中では、
あくまで短期で考えた方がよさそうです。
損切りラインはきちんと決めて、
しっかりと守っていきましょう。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
11/19 ニューヨークダウはまたしても
昨夜のニューヨークダウ平均はまたしても持ち合い。
今週は、ずっと動かずどんどん値幅が狭くなっています。
なかなか下げないところ、強さを感じます。
このまま粘り続けると、そのうち一段上へのシナリオも
あるように思えてきます。

下がりそうで上がらないというのもまた、
強い上昇相場の特徴でもあります。
そのあたりがまた、相場読みの悩みの種にはなりますね。
また、ニューヨークダウは、安値から高値まで
一気に上昇してきましたために、波動は乱高下の持合い。
それもまた、どうなるかわからない要因になっています。

一方では、為替が110円から111円にも届くような
勢いになっており、円安の流れがまだ止まっていません。
これが日経平均の強さを支えています。
また、CMEの先物の様子を考えても、
月曜日の日経平均は、また18,000円を抜けて始まりそうです。

ここまでの上昇は、ニューヨークと日経と、
歩調がまあまあ合っていたわけですが、
今後は、ドル高でニューヨークが下がる一方、
円安で日経平均は上がっていくという展開になるかも
しれません。

ニューヨークと日経が、相反する動きになれば、
相場はますますわかりにくくなってきます。
嫌な予感がしてきますね。
難しそうです。

今日は寒かったので、なんだか、
ひたすら寝てしまいました。
明日考えますか。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
11/18 本当にお疲れさまでした
海外含む様々な指標が示す想定の通りに、
日経平均は18,000円をギャップで抜けて寄付きました。
そのまま上に行くのかと思いきや、あとは全く動かず。
「スーパー」をつけたいくらいの持合いでした。

日経平均、強いといえば強いのです。
しかし、ここ連日、ほぼ同じような相場で、しかも今日のこの展開です。
本当に、疲れました。
眠ってしまったくらいです。
こんな相場に仕掛けてはまってしまったら、本当に地獄です。

個別銘柄も、朝が一番高値だった銘柄が多かったようです。
買い保持している銘柄のチャートを見ていたとしたら、
何とも嫌な展開だったと思います。
(ということがあるので、仕掛けてしまった銘柄のその後は、
 見ないほうがよいのです。
 見てしまうと、どうしても手出ししたくなってしまうのです。)

そして、買い保持にとって見たくなかったのは、
最後の最後、大引けまで秒単位になったところで、
少しまとめて売りが出てしまいました。
それで、結局18,000円を割り込んで今週が終わった、
ということになりました。
大引けの時の出来高も大きなものになっていました。
週の最後ですから、さもありなんです。

どうも、18,000円というのは、いましばらく株価が貼りつく
ポイントになりそうな感じもありますね。
私の想定では、18,000円を抜けるなら、
そこから先はいったんすーっと大きく上昇・・・、といったようなイメージ
だったのですが、やはりすんなりは行かないですかね。

疲れる相場が、まだ少し続きそうです。
じりじり上げていくようなイメージ。
でも、きちんとギャップは空けていて、昨日比の上昇幅は
案外大きくあるのです。
ボリンジャーバンドを見てみれば、激しく上を向きつつある
+2σラインに沿って株価は上昇しています。
バンドウオークです。

ギャップアップしては場中は完全な持合い相場。
買い保持でないと、こういう持合いの時の利益は取れません。

でも、本当にどんどん危険が増していく状況でもあります。
忘れてはならないのは、大きな波動で見れば、
今は、決して上昇波動ではなく、末広がりの持合い波動なのです。
末広がりの持合いは乱高下の象徴ですから、
どこかでズドーンと落ちても不思議はありません。
むしろ、今が警戒域のど真中ともいえるのです。

来週また、相場で何が起きても平静でいましょう。
予測に酔っていると、必ずすかされます。
期待に胸を膨らませると、必ずへこまされます。

いつも通り、いつも通り・・・、そう唱え続けて行きましょう。

今週は、本当にお疲れさまでした。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
11/18 18,000円突破か
ニューヨークダウ平均は、終値ベースでは少し上昇しましたが、
持合いのローソク足が継続。

ところが、為替が110円を突破したのに合わせ、
CME日経平均先物などは、18,000円を抜けてきました。
今日も、ギャップアップの始まりでしょうかね。

18,000円をすんなり抜けて上に行くのか、
いったん引き戻されてぐずぐずするのか。
焦点は、そのあたりになってきました。

含み益のある方は、舞い上がらないように、
今日も、いつもの通りしっかり見てから行きましょう。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
11/17 久しぶりの下降の足
日経平均、ニューヨークダウと同じような感じになってきました。
今日は、陽線にはなりましたが、
昨日のローソク足との比較では、高値は安く安値も安いという
下降の足となりました。
11月当初以来、久々に下降の足が出たわけです。

場を見ている側としては、本当にここ連日、
動きの少ない中で、本当に退屈至極で参ってしまっています。
が、そんな中でも、今日は、
日経平均が「ちょっと注意していてくださいね」と
声をかけてきたと思うとわかりやすいと思います。
何度も書いていますが、すでに日経平均は相当な
高値圏に来ています。
そして、18,000円をすんなり抜けずに手前で足踏み。

昨日のギャップアップした高寄りで一気に18,000円を
抜けていれば、それはそれで納得感はあったのでしょう。
しかし、抜けずに持合い、そして今日は下降の足。
ズドンと下がりはしないところに、粘りは感じますし、
日経平均まだ強いなと思うところではあります。

それでも、やはり、失速感は否めません。
そろそろ押し目をつけてくるのではないか、
と誰もが思うところではあります。

しかし、本当に、みんなが思うとおりに日経平均は動くでしょうか?

まったく、論理のない問いかけではありますが、
私は、いつも常に、日経平均の行方を予測する難しさを感じます。
そして、いつも、たいてい、予測が外れてしまいます。
なので、「そうは行かないんじゃないか」と深読みしてしまうのです。

すんなり押し目をつけてくるのか、つけては来ないのか、
それは、単にその場の成り行きに近いように思います。
どちらを想定したとしても五分と五分。
優劣はつけがたいのが、相場ではないでしょうか。

では、すんなり押し目をつけないというのはどういうことか。

①このまましばらく持ち合う。
②ここからもう一段高く、18,000円をすぐに突破する。
③押し目どころか、一気に大きく下げてしまう。

①、③は、それでも、「それが押し目」と思えば思えなくもありません。
押し目と関係ないと言えるのは②だけです。
そして、②が本当に起こりえないのか、起こる確率が低いのか
と言われれば、「そんなlことはわからない」としか
答えようがないのです。
(事実、今現在、先物は18,000円に向かって上昇しています。)

明日は、いずれにしても週末の金曜日。
スイングを考えると、もともと、非常に仕掛けにくい日です。
だからこそというわけではありませんが、
いったん、②のシナリオをたててみて、
あるいは③のシナリオも魅力はあるので考えながら、
遊ぶくらいの気持ちでやってみませんか。

①の持合いは、デイでもスイングでも、
本当に地獄のようなものです。
手を出せば傷を負ってしまいます。
疲れるだけ疲れて、全部むしりとられてしまいます。

面白いのは②か③です。
そうならなければ止めときましょう。
たまには、そういう相場との向き合いも良いかと思います。

頑張っていきましょう。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
11/17 そろそろ押し目の視点
ニューヨークダウは持合い。
先週からのトランプの相場は、そろそろ勢いを失っていて、
押し目の段階になりつつあります。

かといって、下降相場ではありませんし、
完全に下降の波動というわけでもありません。
なので、基本は「買い」でいいと思います。

ただ下げはじめると早いと思いますので、
そこは注意。
買い保持は、しっかり見ながら仕切ポイントに来たら仕切る、
ということ(当たり前ですが)を確認しておきましょう。

さあ、今日の相場の始まりです。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
11/16 後場はまたまた持合い
日経平均、後場はあまり動きませんでしたね。
上がりもしないし下がりもしない、完全に持ち合いでした。
もう全然動かず・・・。
昨日と同じように疲れました。

今日は、ギャップアップでしたから、
買い仕掛けはしにくかったと思います。
いったん埋まったギャップを再度抜き直す、
という動きがあれば買うこともできましたが、
上に行ったまま、もしくはそこから下げただけ、
というのでは何もできません。

幸いにして、私が昨日出した希少銘柄である
双日や、ニチレイは、仕掛けられる動きになりました。
日揮は、下げたあとポイントまで戻りませんでした。
スイングのつもりですので、仕掛けたものは、
今日は仕切りません。
明日にどうなろうとも持ち越しです。

日経平均のボリンジャーバンドはぐっと上向いてきました。
このままバンドウオークしてくれれば、いいのですが。
しかし、ニューヨークダウの方は、
昨日高値が取れていません。
かなりの高値圏まで一気に来ていますので、
今後はどうなるか。

そろそろ、売りの銘柄も考えておいた方がいいと思いつつも、
なかなか見つからずにいます。

もう少し、動きを見ておくとしましょう。
いずれその時は来ます。
「上がった株は必ず下がる」からです。

(トレーダーたる者、いついかなる時でも、
 「売り」の視点は忘れてはいけません。
 よほど突然でない限り、チャンスは狙っておくべきです。
 もちろん、上昇相場は基本「買い」であることはわかりつつです。)

今は、ちょっとデイトレ以外に
なかなか仕掛けのタイミングがありません。
デイトレにしても、持合いでは損切りに合いやすい展開です。

無理はせず、
思いつきの仕掛けはせず、
思いつきの仕切りもせず、
明日も頑張っていきます。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
>>続きを読む
11/16 着々と
日経平均が着々と18,000円に近付いていますね。
高寄りした前場は、いったん下げましたが、
その後復活。
引けに向かって高値更新してきました。
買い銘柄にはうれしい話です。

後場、どうでしょうか。
この流れが続くのかどうか。
注目ですね。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
11/15 希少な仕掛け銘柄
日経平均は終値では昨日を下回りましたが、
ローソク足としては上昇を記録して引けました。
なかなかしぶとく、高値圏内で粘っています。
非常に非常につらい持合いでした。

個別銘柄も、日経225銘柄は当然のことながら、
日経平均と同じように、ぐんぐんと高値更新しています。
食品や、通信の中には、完全下降相場になっている
ものもありますが、ほとんどは、下げない上昇相場で
展開しているものが多くなっています。

ということで、やっぱり、買う気になる銘柄がありません。
売る気になるのも、もっとありません(全然ありません)。

あえて言うならば、
双日(2768)とか日揮(1963)のように、
パーティションを抜けられずに跳ね返されているものに、
「買い」の魅力はあると言いましょうか。
まあ、探しても、これくらいしかありません。

双日日足チャート
双日日足161115
(クリックすると大きくなります)

日揮日足チャート
日揮日足161115
(クリックすると大きくなります)

どちらのチャートも、昨日今日が、
3度目の高値更新へのトライになっています。
そして、3度目も破れてしまった形になっています。

3度やってダメなんだから4度目もだめかも知れません。
あるいは、3度目がだめだからこそ4度目に期待できる、
という事なのかも知れません。
でも、今、買いで仕掛けられるとしたら、
この形しかなさそうなので、あえて勝負するかどうかですね。

と思ったら、こういうのもありました。
ニチレイ(2871)日足チャート
ニチレイ日足161115
(クリックすると大きくなります)

コチラのほうが、75日移動平均線にもろにかぶっているので、
やる気にはなりますね。
ただ、チャートの中に書いたように、この後上なのか下なのか、
わからないんです・・・この形は。
ひょっとすると下降相場への入り口なのかもしれません。
少なくとも、先週から今週にかけての日経平均の急騰に、
ほぼ反応していないわけですから、
ここから上昇するなんて保証はありませんよね。

でも、仕掛けは予測でなく事実でするものですから、
明日、75日線を抜くという事実があれば、
そこで仕掛けというのでいいとは思います。
ただし、ダマシの可能性も十分考えたうえでです。

うーむ。
スイング銘柄の探索は難しいですね。
日経225だと、さらに難易度アップです。

まあ、明日は、この3銘柄、一応見ておきます。
仕掛けるようなら入ってみますが・・・、期待はせず。
すぐに損切りになることも覚悟して、行ってみますかね。

もちろん、相変わらずの「見てるだけ」もありですね。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
11/15 また高値更新ですが
日経平均、今日も高値更新してきました。
連日の強い動きが、まだ続いています。

ただまあ、寄付いてからは、反省したかのように、
下げています。
今のところは、小さな陰線。
身動きとり難くなってしまったかとも見えますね。
さすがに18,000円が近づいてきて躊躇が出てきましたか。

上げ上げになっている個別銘柄は、そろそろ注意です。
このまま日経が粘っていてくれればいいですが、
そうでもないとズドンと落ちることだって想定内ですから、
本当に無理しないで行きましょう。

私はと言えば、まあ暇です。
昨日決算発表のあった横浜ゴムとか住友不動産とか、
惰性で見ているんですが、
まあ、よく上げてるなあと思ってみています。
だからといって、何もしないんですが・・・。

日経平均、後場に再び上昇して、
朝の高値を抜けていく展開になれば強いと思います。
でも、ちょっと難しいかなあ。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
11/14 今日のデイトレ
日経平均は高値更新して、そのまま下げずに終えました。
なかなか強いといっていいと思います。
おかげで、後場はほとんど微動しかせず、
見てるのも疲れてしまいました。
まあ、大体いつもそんなものですが。

しかし、何もすることがなかったおかげで、
横浜ゴム(5101)の決算の動きを買いで取れました。
決算発表時の狙い方で、少し前に記事にした、
「決算がよい決算で、発表後、急に上昇するなら「売り」。
 決算が悪い決算で、発表後、急に下降するなら「買い」。」
というやつです。

横浜ゴムは、今日の悪い決算の発表で、
13時が来ると同時にいきなりストンと落ちました。
「買い」の準備です。
私の場合は、大底ですくうようなテクニックはありません。
チャートの原則にのっとって、
買いのポイントに来るのを待ちました。

詳細は、下のチャートを見てください。
(縮尺の具合が悪く、見にくいかもしれませんが、
 ご容赦ください。)

横浜ゴム1分足チャート
横浜ゴム1分足161114
(クリックすると大きくなります)

決算発表の時は、非常に動きのスピードが速くなるので、
3分足でも不十分になります。
今日は、ストンとか下落が来た時に、私は1分足で構えました。
そこからは、1分足チャートで追いかけることとしました。

注意すべきは、1分足チャートで見るか、3分足、5分足で見るか、
チャートによって、仕掛けも仕切りもポイントが変わります。
短いチャートになればなるほど、仕切りは早くなります。
そのあたりは、十分に考えたうえで、やりましょう。
(一番いけないのは、仕掛けと仕切りのチャートの時間軸を
 変えてしまうことです。
 仕掛けから仕切りまでは、一つのチャートでやりぬくべきです。
 でないと、トレードの根本戦略が変わってしまうことになりますので。)

決算の良し悪しは、人々の評価をあれこれ調べている暇はありません。
プラスなら良し、マイナスなら悪し、とほぼ機械的に考えます。
そのうえで、悪いときに下げからの反応が来たら買いです。
(逆ではないのかとのお話もいただきますが、
 逆ではなくて、これでいいのです。)

今日はこれだけで、横浜ゴムの利益が取れました。
さほど大きくはありませんが、非常に機械的なものですので、
簡単といえば簡単です。
多少の経験は必要ですが、ぐんぐん動く株価に恐れさえ抱かなければ、
機械的にできるようになるはずです。

仕切りは、早いのは、ローソク足で「下降」の足が出た時です。
あるいは、頑張るなら、波動で下降が成立する時
=直近高値を上回らずに直近安値を割る時・・・となります。
今日は、無難にローソク足で仕切りました。

14時30分の住友不動産(8830)も見ていましたが、
コチラは、良い決算に対して、下げの動きが来ていたので、
見るだけにしました。
この銘柄では、決算発表時間前にすでに反応が出始めました。
内容を予測して、だれぞが仕掛けたものでしょう。
それも含めて決算の反応です。
もし、上にドーンと上げていたなら、「売り」狙うところでしたね。

トレードは、いつでも欲を出さず。
無理をしない、という事がいい場合が多いです。
ただ、無理だと感じるかどうか・・・そこは経験です。
一直線に動く株価は、非常に恐ろしいものに感じるかもしれません。
しかし、冷静になって考えれば、それほど大きくは動いていない、
という事も多いものです。

くれぐれも、よーく見ておくこと。
それも、少し広げて大きな視点から見てみることです。

本日も、お疲れさまでした。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
11/14 後場の動きは
14日の前場が引けました。
日経平均は上げています。
18,000円に向かって高値更新を果たしてきました。

このまま上に突き抜けていくのか、下げていくのか。
後場は、そのあたりが見ものです。
先物の動きを注視しておきたいですね。

上に行ってしまうなら、無視です。
下に行く様子が見えるなら、デイで売り狙い。
そんなところでしょうか。
デイの場合、私は後場のブレイクにはついていくスタンスです。
(14時30分くらいまで・・・です。)

日経平均が11時頃に分足の直近安値をつけてます。
売りは、そこを下にブレイクしたタイミングですね。
いい銘柄があればいいんですが。

また、決算は、今日が最後でしょうかね。
大きなところでいうと、今日の後場では、
横浜ゴム(5101)が13時、住友不動産(8830)が14時30分の
発表予定になっています。
仕掛けられるかどうかはわかりませんが、
ダメもとで見ておこうかな、と思っています。

たまには、こんな時間の記事アップもトライしてみました。
少しでも参考になればうれしいです。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
11/13 明日以降
金曜日夜のニューヨークダウ平均は、
さすがに高値更新はできず。
CMEの日経平均先物も、それほどの上昇では終われませんでした。
為替は、今現在107円にも近づくような動きですが・・・。

日経平均は、当面17,500円をめぐる動きになりそうな位置です。
明日の週始めの相場で、そのあたりの結論が出てくるのでしょう。
でも、スイングの仕掛けは、ちょっとできそうにありません。

そもそも、日経平均が75日移動平均線から大きく離れ、
ボリンジャーバンドの+2σ近くまで行ってしまっています。
要は、高値圏。
シナリオとしては、しばらく17,500円付近でうろうろするのか、
あるいは、一気に17,500円を突破して、
昨日書いた中長期の焦点となる18,000円にトライしていくのか、
はたまた、先週のように一気に下げる場面があるのか、
非常に、想定値幅が大きくねっていると思います。

ここから、買っていくというのは、ちょっと簡単ではないでしょう。

個別銘柄を見ていると、
上に飛んで行ってしまっている銘柄、
下に飛んで行ってしまっている銘柄、
まちまちですが、ちょうどいいのはありません。

75日線付近に株価がある銘柄は、
私の見立てでは、買いというより、むしろ売りで仕掛けたくなる形。
これは先週から書いていることなんですが、
なんだか全体相場と個別銘柄の歩調が乱れているような感じ。
全体相場としての日経平均が、大きく乱高下してしまっていて、
11月にはいってからは、なかなか、うまい具合に
落ち着いたトレンドにならないことによって、
個別銘柄がまちまちになってしまっているのではないでしょうか。

先週の乱打戦で、多少傷ついてしまったトレーダーもいると思います。
また、それなりの利益を手にしたトレーダーもいたと思います。
いずれの方々も、今週も乱打戦になってしまう可能性を否定せず、
十分に事前留意をしておくのがいいと思います。

実際に、世の中が今アメリカ大統領一色になっています。
毎日毎日、トランプ氏の評価は変わっている、
と言って過言ではありません。
ちょっとした誰かの一言で、
風潮が変わってしまうようなところもあります。
これは、私の解釈にすぎませんが、
こういう、不埒な部分が、日本のチャートには適確に表れているのです。

でも、株はチャート。
固定観念を捨ててチャートを見て、
チャートの動きに合わせて日々戦術を変えていくのです。

一貫させるべきは、「買い」とか「売り」といったスタンスではなく、
「チャートを出発点とする」という基本戦略の部分ですので、
誤解なきよう、きちんと理解しておいてください。

明日からまた、頑張っていきましょう。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
11/12 24カ月移動平均線
現状把握のために、日経平均を少し中長期で眺めます。
滅多に見ない、月足かもしれませんが、
私は、毎日ちらちら見ていますし、今の月足は、
今後を考える上では大切です。

日経平均の月足は、上昇相場が終わって、
下降相場に入りかけています。
というのは、月足の大きな方向を示す24カ月移動平均線が、
上向きから横ばいになっているからです。
そして、今は、その24カ月線の下で株価が推移しています。
(日足にとっての75日線は、月足では24カ月線になります)

日経平均月足チャート
日経平均月足161111
(クリックすると大きくなります。)

2,012年あたりから、昨年までが上昇波動の局面です。
グランビルの法則に当てはめれば、
2~3回の上昇波動で、昨年6月の最高値に到達しています。
その後は下降に転じて、今年に入って24カ月線を割り込みました。
今は、24カ月線の下で下降相場の入り口となっています。

24カ月線は、今ちょうど18,000円のあたりに位置しています。
月に1本のローソク足ですから、しばらく、そのあたりにいるでしょう。
そして、日経平均株価は、その18,000円に向かって
上昇しているところです。

これで分かる通り、
今後日経平均が上昇していった場合、
焦点になるのは、この24カ月線であり18,000円です。

18,000円をきちんと抜けることができれば、
再び上昇波動を刻んでいくことになる期待が持てます。
が、18,000円の壁に跳ね返されると、
いよいよ下降相場に突入というわけです。
18,000円を境に、今後の大きな方向性が試されるという事です。

日経平均は、結構大きな岐路に差し掛かっている、
という事ができます。

日足は、上昇相場の中にあります。
また、今日は書きませんでしたが、週足も上昇相場に入るところ
となっています。
ですが、一番大きな視点としての月足は下降相場の入り口。

年末にかけてのこれからの日経平均の動きは、
来年以降を考える上で、非常に重要なポイントを迎えます。

月足、そして24カ月線の話、
頭の片隅に置いておいて損はないと思います。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
11/11 まずは、おさらいしときます
17,500円を抜けて寄付いて、高値更新。
前場の前半は、さらに高値を試しに行きましたが息切れ。
以降、寄り付き値を割り込んでからは一貫した下降波動。
だらだらと大した見せ場もなく下落して引けました。

今日は、本当に様子見。
一切手を出さずにおきました。
後場はけだるい空気の中で、
少しだけ決算発表の動きなど見ていました。

決算発表の動きも、場中で面白そうだと思ったのは、
大塚HD(4578)くらいでした。
確かに、発表時間の13時30分になると、急に動き出しました。
でも、仕掛けられるほどの動きだったかというとそうでもなく、
何もせずじまいでいました。

動きの鈍い中では、仕掛けるにしろ仕掛けないしろ、
面白くありません。
眠くもなってきたので、さっさと端末を閉じてしまっても、
良かったようです。

今日で、大統領選挙の相場も、これで終わりというところでしょう。
来週からは新規一転と行きたいところです。

ひとまずは、大きな河の流れ(日経平均)のおさらいです。

今週は、激動がありました。
水曜日の暴落と、木曜日の暴騰と。
もし、この二つの動きがなかったとしたら、
今まで通りの上昇相場の上昇局面を続けていたのでしょうか。
今日の高値更新で、上昇波動の継続が成立したところです。

ただ、暴落と暴騰があったために、波動は上昇ではなく、
末広がりの持合い形になってしまいました。
いわゆる、乱高下の持合いです。
75日移動平均線も、持合い波動を反映して横ばいになっています。

75日線が、再びしっかりとした上向きになるには、
また少し時間がかかりそうです。
そういう意味では、買い仕掛けは苦労を強いられそうですね。
また、乱高下の形の中、上昇とはいえ急落も考えられる上昇です。
そこのところ、ただの上昇波動ではないことを留意です。

こう見ていくと、来週も全体相場には、
少しイライラさせられるのかもしれません。

あとは、個別銘柄です。
スイングの買いでいい銘柄があるのかどうか。
あるいは、売りの形でいいものがあるのかもしれません。
その場合、全体相場は上昇だけれども、
個別を売りでやるのかどうか。
いろいろ考えないといけませんね。

そのあたりは、明日また、銘柄を見ながらゆっくり考えていく
こととします。

いずれにしても、週末です。
今週もお疲れさまでした。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
11/11 やはり上昇相場
ニューヨークダウ平均が4連騰です。
ニューヨークの相場は、方向が決まると一直線にトレンドが続く
という傾向があります。
75日移動平均線も上向きになってきました。
この4日間で、上昇相場入りですね。

日経平均は、下降相場に入りそうになって、
やはり上昇相場。

冷静に見れば、少なくとも日経平均自体に下げ狙いの要素は
あまりありません。
目線はやはり「買い」。
個別銘柄の状況はどうであれ・・・です。
(売りたくなる銘柄多いです・・・)

今日は無理に狙いません。
見るだけです。

本当に見るだけ。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
11/10 淀みで無理に動く相場
日経平均は、昨日の高値付近まで上げて大引け。
昨日の下げは一体なんだったのだろうと思わざるを得ないような
今日の展開でした。

寄付きは、思ったほど高くありませんでした。
CMEの先物からの想定では、17,200円lくらいまであるのか、
と考えていましたが、それほどでもなく、
ちょうど75日移動平均線の位置で寄り付きました。
返す返す75日線の力を感じてしまった朝でした。

(「75日線」は完全に間違いでした。
 寄付きは、75日線よりかなり下でした。
 私の単なる怠慢による間違いです。申し訳ありません。)


昨日からの売りを持ち越していたスイングトレーダーからすれば、
今日のこの想定外の低い寄付きはラッキーだったでしょう。
大きな含み益を、まあまあ確保できたかもしれません。

暴落の後の急騰は、よくあるリバウンドですから、
さほど目新しいものではないにせよ、
なかなかスリリングな二日間だったと思います。
私は、今日はだんまりを決め込みました。
決算のピークでもありましたので、面白い動きがあれば、
狙ってやろうとも思っていたのですが、
結果的には動きませんでした。
昨日の売りを取ることができて、多少の余裕もありましたので。

さて、昨日は昨日で、「振り出し」という言葉を使いましたが、
今日は今日で、違った意味の「振り出し」になりました。
まわりまわって、結局は上昇が続いているという認識でしょうか。
あるいは、上昇は継続しているかもしれないが、
この二日間の乱高下の現実は、受け止めておかなければならない
ということでしょうか。

個別銘柄を見ると、心なしか、「売りたい」と見える銘柄が
増えてきたように思います。
たとえば、メジャー銘柄でソニー(6751)でもキヤノン(7751)でも、
あるいはホンダ(7267)でも。
少なくとも、「買いたい」という気持ちは一気になくなってしまった、
のではないでしょうか。
今日、相場全体がこれだけの反転を見せたにも関わらずです。

ただ、まあ、明日もちょっと何も見えない状態です。
日経平均のチャートにしたところで、これだけの大きな持合いで、
75日線も完全に横ばいなわけです。
相場の大きな河の流れからして、
「淀んでいる」中で無理やり動かされている日経平均、
という印象は否めません。

一方、ニューヨークダウの方は、下降相場から持合い形を経て、
一気に上昇相場に行ってしまいそうな勢いです。
日経平均とはまるで反対の流れになっています。

いずれにしても明日は週末の金曜日。
そして、まだ決算は続きます。
無理したところたかが知れています。

利益を手にした向きも、大きな損失を計上した向きも、
ここは見るに徹する場面ではないかと思います。
頑張っちゃダメです。
頑張ってはいけないところで頑張るのが、
一番悪い結果を招くと思います。

頭を冷やしましょう。
とにかく。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ