損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
12/16 持合いで今週は終わり
小さなローソク足になりました。
日経平均は、今日は19,400円を挟んで、
ほとんど動きませんでした。
持合いのまま、大引けを迎え、今週の相場が終わりです。

朝は高く寄り付き、今日も僅かですが高値更新。
しかし、それで今日の仕事が終わったかのように、
その後はシーンとしていました。
為替も同じ状況です。
118円の上でなかなか動きませんでした。

これでは、なかなか仕掛けには至りません。
週末でしたし、むしろ仕切り直しです。
保持銘柄は、年末相場に向けていったん手放しです。
今日は、仕切りの日でした。

為替は株の大引けの直前に下にブレイクしました。
そして大引けの後、為替が一瞬118円を割って来ましたが、
すぐに戻すような場面も見られています。
そろそろ、円安も戻していくのかもしれません。

なんだかんだで上昇している日経平均ですが、
今夜のニューヨークダウがちょっと気になります。
一昨日は、高値更新したものの、久々にローソク足の局面で
上昇を見せられずにいました。
また、昨夜は、高値更新できずに持合いのまま。

大きく下げたわけではありませんが、
やはり上昇のスピードは止まったし、押し目のタイミングかな
とも感じますね。
今夜の動き次第では、
日経平均には大きく影響すると思います。

さて、来週からは年末の相場に入っていきます。
通例だと、上昇していきますが、今年はすでに高値です。
今週後半の持合い状況が押し目になって、
来週はさらに一段高となっていくのか?
あるいは、さらに押し目のような状況が続くのか?
いったんの下落か?

個別銘柄を見ていても、
基本的には買いの相場だと思うなか、
買い銘柄がなかなか見えてこないというのもあります。
かと言って、売れるのかどうかは、何とも言えません。
少なくとも、日経225の銘柄を見ている限り、
なかなか判断つきにくいです。
明日、明後日で、少しでも探していこうと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おススメしている「維新流トレード術」の中に、
「トレードは損切りから考える」というパートがあります。(パート19)
そこに書かれてあるのは、トレードの中でトレーダーの側で
調整、確定(つまりは「操作」)できるのが、
「損切り」だけだという話です。

操作できることを無視して、操作できないこと(利益)を
夢見ていては、トレードは成功しないのです。
トレードは、まず損失(リスク)の限定から考えることです。

維新流トレード術

最近は、「損切りしない」手法と言うのが、
株でもFXでも喧伝されています。
それはそれで、手法としてありうるのかとも思いますが、
「リスクヘッジ」はまた別の形でなされているわけです。

私のやり方だと、「損切り」こそが最大のリスクヘッジです。
コツコツ積み重ねるのが、スタイルなのです。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
12/16 今朝のトレード情報
ニューヨークダウ平均は、約60円の上昇です。
高値更新ができずに持合いのローソク足に終わりました。
ちょっとブレーキがかかっていますね。

それでも、ドル円が118円を突破。
それを受けてCME日経先物は、円建てで19,440円まで
つけています。
日経平均は、昨日の高値付近での寄付きが想定されます。

そろそろ、落ちてきてもおかしくはありません。
・・・そう言いながら、上げてきた日経平均。

今日まず見ておくのは、JT(2914)。
どんな寄付きになるのでしょうか。
金曜なので、仕掛けはやめておこうとは思いますが。
やるなら、デイトレですかね。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
12/15 上昇の乱高下
上げれば下がり、下がれば上がりました。
朝は、一気に高値更新してから結構売りに押されて、
昨日安値付近まで下げてきました。
ですが、後場に再び上昇、今度は前場の値幅の中で、
上下動しました。

今週の月曜日の動きに似たような分足チャートになりました。
ローソク足としては上昇の足。
弱くなってきたように見えながらやはり下げはしない、
とうあたり、今の日経平均の様子を表しています。
急激な円安の中でも、
ドル円の動きに上下動は連動しています。

東レ(3402)は、75日移動平均線上で、
昨日足を上回って来ました。
買い仕掛けです。
グランビルの初動狙いの短期の仕掛けです。
今日の日経平均のローソク足上昇に伴って、
スイングで保持していきます。

買い保持は、結構な我慢が必要です。
自分が保持している銘柄というのは、上下動を繰り返し、
案外すんなりは行きません。
じりじりされると、損切りに合う前に終わりにしたくなります。
でも、そこでいちいち仕切っていてはトレードになりません。

買い保持をしているときに限って、相場が下落するような
気になりますし、相場が上昇しても、
自分のだけはそのままだったりもします。
でも、そんなこと気にする必要もないし、
仕掛けてしまったら放っておくのがちょうどいいのです。

仕掛けたら、損切りの逆指値だけ入れておいて、
次のことを考える、ということにします。

相場の方は、また長い上ヒゲです。
天井圏で長い上ヒゲが出てくると、いよいよ反転か、
というイメージになります。
しかし、今回の相場は、そう言いながら上昇して来ました。

明日は金曜日の週末。
あまり新規の仕掛けはしたくない日ですが、
どうしましょうか。
とりあえず、為替がどう動くのか、
昨日久しぶりに下げてきたニューヨークがどうなるか、
そのあたりを注目しておきましょう。
買い保持は、明日仕切りになることも
十分に頭に置いておきます。

お疲れさまでした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おススメの「維新流トレード術」ですが、
そろそろ手にされた方もいらっしゃるかもしれません。
どうでしょうか、多少難しく感じられますでしょうか?

維新流トレード術

確かに、コトバの使い方など、初心者向けの説明はなしに
専門用語が出てきたりしますので、
テクニカルの説明部分は、少しハードルを感じるかも知れません。

でも、この本を理解することを目標に、
知らない用語は一つ一つ意味を調べていけば、
大丈夫です。
株をやるのに必要な知識は、
この本にほとんどすべて掲載されています。

私のブログにはオシレーター系指標の話は、
ほとんど出て来ませんし、実際に使ってもいません。
ですが、この本にはその解説がバンバン出てきます。
ぜひ、そのあたりも参考にして欲しいと思います。

この160ページだけで株の勉強は終わり・・・でもいいと思います。
後は実践の積み重ねで経験を増やしていくことです。
わからないことがあれば、私でよければお答えします。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
12/15 今朝のトレード情報
ニューヨークダウ平均は、120円ほどの下落。
ドル円が117円周辺まで急落しています。
それを受けてCME日経先物は、円建てで19,330円。

日経平均は、昨日終値より上げて寄付きそうです。
急激な円安がどう影響するのか、寄付きに注目です。

12月は上昇の月です。
特に20日以降は、年末に向かって例年上げていきます。
今年も、もうそんな時期になってきました。

JT(2914)、東レ(3402)。
やはり狙いは、このあたりの上昇遅れの銘柄でしょう。
ギャプアップされるとちょっと難しいですが、
ポイントに来るのをじっくり待ちましょうか。

為替の乱高下には注意・・・ですかね。

頑張っていきます。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
12/14 持合い、下げない
今日の日経平均、本当に持合いましたね。
昨日のローソク足と比べて、高値は高く安値も高く、
なので上昇ということにはなります。
しかし、為替が本当に動きが出て来なくなってしまったので、
日経平均もほとんど動きを止めてしまいました。

後場はさらに、前場の値幅の中での展開でした。
ほぼ50円程度の中での値動きになっていました。
下げれば上げるし、上げれば下げるし、
この持ち合いの中では、デイでは戦えないというものですね。

目についた例外がソフトバンク(9984)。
これは、めちゃめちゃ上げてましたね。
というか、動いていたのはこれだけでした。

結果として、スイングを少し仕掛けただけになってしまいました。

75日移動平均線からの、グランビル上昇の初動を描きそうだった、
花王(4452)、KDDI(9433)、を仕掛けてそのままでした。
初動ということで、おそらくいったん上昇してすぐにまた
75日線に戻ってくることが想定されます。
なので、自ずと短期のスイングになります。

デイで仕切らなかったのは、日経平均の様子からです。
持合いと言えども、決して下げてはいません。
たしかに弱くなっているとは思いますが、
12月初めのように、これが押し目なのかもしれません。
一応、ローソク足の局面で上昇になりましたから、
そのままにしておきました。

明日以降、さらに伸びてくれるといいですが、
そこは、期待するもしないも放置です。
私には、というかトレーダーにはわからない領域のこと。

・・・「わからない」ということについては、
  このところ私がおススメしている「維新流トレード術」の、
  冒頭や最終章に記されている通り、相場の前提となる基本です。
   (このおススメ本については、
    12/9の記事
    に書き尽くしてありますので、ぜひ参照してください!!)

今夜のニューヨーク、為替によっては、
明日また損切りもありえますが、仕掛けた以上、
当たり前のことです。

また、明日は明日で、今日様子を見ていた東レ(3402)などが、
75日線を抜けてきていますので、
このまま続伸するなら、追って仕掛けてみたいと思います。

とりあえあず、ニューヨークと為替に、いったんゲタを預けます。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
12/14 仕掛けられましたね
日経平均、朝一瞬だけ最高値更新をして、
そこからは下げです。
やはり、まあまあやりにくい展開です。

75日線がらみの買い銘柄は、花王、KDDIだけ
仕掛けになりました。
後は放っておく感じになります。
今後、日経平均がどこかで弱くなってきてしまうと
それこそ損切りです。

でも、そのときは切ればいいので。

さあ、後場はどうしましょうかね。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
12/14 今朝のトレード情報
ニューヨークダウ平均は、約115円の上昇です。
ドル円為替は125.2円くらいのところで持ち合っています。
CME日経先物は、円建てで19,260円で、
昨日の日経平均と少し上ですが、さほど変わっていません。
日経平均は、昨日終値より少し上くらいで寄りつくイメージか。

やはり、為替がさほど円安にふれていないので、
日経平均の上昇も大きくはありません。

あと少しで日足の75日線に達する銘柄。
JT(2914)、東レ(3402)。
すでに75日線に達して、
今日の寄付きから仕掛けられそうな銘柄。
KDDI(9433)、花王(4452)あたり。

この辺を見ながら、寄付きに備えます。
イメージとしては、昨日、一昨日のNTTや薬品の
グランビル上昇の初動の感じです。

まあ、しかし、朝の準備など、相場の現実には
軽くふき飛ばされてしまうことも頭に入れておきます。
その時はその時です。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
12/13 今日はデイも困難
今日の日経平均は、安寄りからの上昇でした。
終値ベースでは、また年初来高値更新です。
昨日に比べて100円弱の上昇でした。

ただ、陽線にはなりましたが、昨日の高値には及ばず、
昨日のローソク足の範囲内で動く、持合いの足になりました。
ものすごく強いというわけではないが、
ともあれ上がり続けている、という状態ですね。
今日のニューヨークダウ平均次第では、
また高値を抜いていける位置にいると言うことですね。

急上昇相場で、安く寄りついてということですが、
そこから上がっても、前場いったんさげてしまったので、
買い狙いのデイトレはうまく行かなかったと思います。
買いはスイングでもデイでも我慢が大事。
買いでそれなりの利益を取るならば、仕掛けたものを、
簡単に仕切らずにできるだけ引き延ばすことです。
(もちろん、損切りラインを割ったら即終了です。)

しかし、今日のような流れだと、
我慢するだけうまくいかなくなってしまいます。
問題は、利益確定をどこまで引き延ばせるか。
無理してもダメだし、早まってもダメだし、
要は無駄な努力をせずに頑張るということなんですが、
これがきわめて難しいのです。

チャートの見方は、日足でも分足でも基本的には同じ。
ですが、分足は日足と違って、目の前でローソク足が
刻一刻と連続して現れては積み重なっていきます。
しかも、ローソク足の本体が長くなったり短くなったり、
目の前で変化しながら動いているので、
非常に惑わされやすくなっています。、
急に陽線が長くなったと思ったら、
次の瞬間その陽線がヒゲに変わっていく様子を見てしまったら、
なかなか手も出なくなってしまうわけです。

かといって、売りの対象になるような銘柄は、
あまり下がって来ないという事情もあり、
デイでやりにくかったなという印象です。
少なくとも、私は、ラスト30分の上昇をほんの少し取った
と言うだけに止まりました。

感じたのは、高値圏にある日経連動銘柄より、
ここから上昇相場入りしていく銘柄が目立っていることです。

アステラス製薬などの製薬系、NTTやKDDIなどの通信。
以前、ブログ記事で売り銘柄として出していたやつが、
上昇相場に入ろうとして、急上昇しています。

日経平均が変わらず上昇し続けるなら、
これらの動きが、明日以降も見られるかもしれません。
次の銘柄として、
JT(2914)あたりを見ておくといいかなと思います。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
12/13 今朝のトレード情報
ニューヨークダウ平均は、まだ上昇。
およそ+40ドル。
CME日経先物は、円建てで19,075円で下げ。

ニューヨークの上昇に比べてCMEが低いのは、
ドル円為替の影響でしょう。
1ドル=115円を割り込んで114円台になってきてます。
これが、日経平均の上昇に抑制をかけています。

日経平均は、昨日の終値よりは安い始まりでしょう。
場中も、このドル円の上下によってぶれてきます。
昨日高値を目指すのか、落ちてくるのか。
焦点はそのあたりでしょうね。

日経平均と同じチャート形の銘柄についての
スイングは、まず止めときます。
そのほかも、基本スイングはやらず。
デイ特化。

あまり期待せずには行きます。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
12/12 デイだけの状況は変わらない
日経平均は19,200円の手前で寄り付き、
年初来高値をさらに更新して行きました。
その後は、さすがに高くなったのか、
利益確定の売り(だと思います)が出てきて失速下落しました。
後場からは再びじりじりと上昇しましたが、
寄り値まで戻すことはできず、十字線に近い小さな陰線となりました。

上に開いたボリンジャーバンドの+2σには達せられずに
終わりましたが、それでも、上昇は急です。
日足のチャートを見ると、
10月の上昇カーブよりも11月の上昇カーブ、
11月の上昇カーブより12月の上昇カーブの方が急です。
まさに教科書通りの上昇曲線です。

おおよそ、チャートは、波動が上昇の時には
天井に近づくほど上昇が急になります。
そして、波動が下降の時には、最初の下降が最も急で、
そこに近づくほど、下降は緩やかになります。
必ずそうなるというわけではなく、そういう傾向がある
ということなんですが、
そういう見かたの中では、今の日経は、
やはり、そろそろ天井圏に近いと見るのが妥当かもです。

ただ、そのように見て来ながら、売りをメインに考えてきたところ、
それでもやはり上がり続けてきているという現状があります。
そこは、もうどうしようもないと言うほかありません。
別に、チャートの原則が崩れているわけでも何でもないし、
別のルールを考案しないと生き残れないとか、
そういうことでもありません。

ただ、まあ、ちょっと手出ししにくい相場だと、
そういうことなのです。
やれる人は、どんどんやればいいとは思います。
ただ、私から見ると、難しいなあ・・・と。

デイトレなら、それでもずいぶんできています。
今日は、前場の売りと後場の買い。
特に、昨日上昇率の高かった銀行や鉄鋼を見ていました。
デイトレで好きな銘柄である、
三井住友銀行(8316)、JFE(5411)などは、
デイ限定で上手く仕掛けられたと思っています。

それでも、今日仕切るからいいのであって、
これら高値圏の銘柄を、だからといって売りでも買いでも、
持ち越せるかというと、難しいわけです。
天井かもしれないとは思いつつ、
じゃあ確実に天井かと言われたら、やはりわからないのです。
まだまだ上がるかと言われても、わかりません。

これは、いくら損切りを覚悟していたとしても、
やっちゃダメだと思います。
天井圏だからこそ、大きく乱高下する可能性が高いわけだし、
損切りは常に覚悟するとしても、わざわざ危険に足を入れる
必要はありません。

いずれにしても、
デイで見られない人にはとても難しい相場です。
見ていくほかないと思います。
少なくとも、今はチャンスではない・・・ということは、
今日の相場を見た後でも、悲しいかな変わっていません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※ ↓まだ見ていない方はぜひ見てください。
「維新流トレード術」サンプルページ

押しつけがましいですが、
それだけの価値があると思っています。(送料のみで購入可)
維新流トレード術

この本に着いては、私の感想は以下の記事、
一昨日のこの記事
ご参照してください。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
12/11(再度) 今、一番いい本です。
無料でもらえて、めちゃめちゃ、いい本なんです。

トレードについて書かれた本として、
私は最高レベルに位置づけられると思っています。
この本より、よい本があれば、
もうぜひぜひ教えて欲しいくらいです。

本の内容を称賛するコトバは、
一昨日のこの記事
に十分に書き尽くしましたので、詳細はそちらを参照してください。

サンプルがあるので、時間が少しでもあれば、
読んでみて欲しいです。

「維新流トレード術」サンプルページ

この手の無料の本としては、できすぎです。
(送料550円がかかります。
 また、本屋さんでは買えません。念のため。)

無料のものというのは、
基本的には何かの宣伝材料(前置き)です。
でも、これが前置きだとしたら、素晴らしすぎです。
確かに、もらった後に、
いろいろな宣伝、案内、勧誘はあるかと思います。
でも、それが嫌だからこれを手にしない・・・というのは、
あまりにもったいなさすぎます。
(それでも、メールやDMもらうのが、どうしても嫌な方は
 それはそれで、ご自身のお考えですから、
 仕方ないとは思います。)

誠に僭越ながら、私も、いずれは自分の考えを整理して、
本でも何でもまとめてみたいと思っているのですが、
先を越されてしまった感じです。
今後、自分で何か創るにしても、
少なくとも、この本を超えなくてはならないと思うと、
とてもハードルが高いように感じます。
(でも、いつか、必ずやってみたいです。)

維新流トレード術

大した本です。ホントに。
12/11 今週は、まず見ておこう
だんだんと年末の冷たい風が身にしみるようになってきました。
しかし、日経平均は熱い感じで上昇しています。

今週は、上昇だ!
と、今の時点で保障されているなら、
明日買う銘柄は、ほぼなんだっていいのです。

私は、だいたい優先的に日経225銘柄をざっと見ますが、
日経225銘柄こそ、日経平均に寄与する銘柄ですから、
日経平均が上がるということは、ほぼほぼイコール、
日経225銘柄が上昇するということです。

でも、明日確かに高い位置で寄付くことはわかっても、
その後、下げるのか上げるのかは、今時点ではわかりません。
寄付き直後にどうなるのか・・・ですら、わかりません。
ましてや大引けで陽線になるのか陰線になるのか、
わかるはずもありません。

ですので、いったん「買い」とか「売り」とか、
心の中で決めたうえで、銘柄を探していくのですが、
日経225銘柄の中には、そのどちらにも当てはまるものが
見当たりません。
あえて言えば・・・みたいなものはあっても、
このブログで記事にしてチャートを載せようと思うような形の
銘柄が見当たらないのです。

これはまあ、要するに、
日経平均のトレンドに沿ったトレードをしようと思うなら、
今週はまず様子見だ、と相場が言っていると、私は受け取ります。

先週までは、様子見はしながらも、
売り仕掛け準備の銘柄がありましたし、
実際は思惑通りではないにせよ仕掛けたものもありました。
でも、今週は、日経の動きをとりあえず注視します。
日経平均の動きを少し見たうえで、銘柄チャートの変化を
見ていきます。

もし、何かできるとしたら、まずはデイトレ。
これは、売りも買いもあり。
銘柄も、特に今の段階ではこだわらず行きます。
その日の業種別動向、ランキングを見ながら、
売りでも買いでもやっていきます。

明日朝一の狙い目は、
下降相場から上昇相場に入って行こうとしているような銘柄が、
大きく上にギャップアップした場合の売り。
ギャップアップが大きすぎたところの戻しを狙うわけです。
これは、ちょっと高等戦術に入りますので、無理はしませんが。

スイングについては、大きく上昇した時の買い銘柄というよりは、
大きく大きく下げていったときの売り銘柄です。
これは、先週からの流れで、そこを少しだけ見ておきます。
場中に大下げが来た時です。
あくまで、「大きく大きく」なんで、焦らずいきます。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
12/10 ダウはまだまだ上昇
ニューヨークダウ平均は続伸です。
ついに、ボリンジャーバンドの+2σまでやってきました。
ドル円為替も115円を抜けています。
CME日経先物は、19,200円ほど。

この様子だと、月曜日の日経平均は、
またギャップアップで寄り付きそうな雰囲気です。
日経平均も寄付くと、そこがボリンジャーバンドの+2σ付近
ということになります。

ボリンジャーバンドは、±2σの中に株価がある確率が95.5%。
そういうことから、±2σの外に株価が出ると、
それが仕切りのサインになったりするわけです。
一方で、上昇で勢いのいいときは+2σを突き抜けるのも
よくあることです。
±2σを出たらすぐに仕切るのか、出たのを確認して、
次に内に戻ってきた時に仕切るのか、
それは、状況や手法によって変えていきます。

今のような日経平均の状況だと、
いったんは+2σというのが上昇の上限として目安に
なるのかと思います。
ただ、+2σが上に向かって伸びているので、
そう簡単でもないのですが。

年初来高値を抜けて、ボリンジャーバンドの+2σもすぐそこ。
日経平均はどう考えても高値圏にいますし、だからこそ上昇も急です。
かなりの高値圏と考えられます。

相場のことですから、ここからさらに上へ上へと向かうことも
あるかと思います。
日経平均の次の目標は、2万円の大台でしょうか。
その目標までは、上昇するのかもしれません。

しかし、考えるシナリオとしては、どこかで下落も入るだろうということ。
それは、先週以前からも考えてきたことでした。
それを、ずっと日経平均にすかされてきているのです。

高値圏でやりにくい相場、ということで、スイングはやはり控えめ。
売りも買いも、それなりには考えられますが、
保守的に行きましょうか。

売りの方は、完全下降相場の銘柄。
買いの方は、これから上昇相場に入る銘柄。

このあたりが妥当なところでしょう。
で、そんな銘柄があるのかどうかです。

明日は、ざっと探してみましょうか。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
12/9(強力おススメ) 今、最強の本だと思います
維新流トレード術

私は、この本の著者である維新の介さんを、
名前だけしか知りませんでした。
正直に言うと、FXをやっている人だとすら知りませんでした。
株のカリスマトレーダーとして、
名前だけは知っている位の認識だったのです。

今回、この本に出会って、もっと早くに出会っておけばよかったと
心底感じました。
いや、もしかしたら、自分もトレードを重ねてきた今だからこそ、
ここまでの思いを感じるのかもしれません。

この本に書いてあることは、私の信条としていることそのものです。
まるで、私が日頃言っていることを、文章のうまい人に
書きおこしてもらったような感じさえします。
正直、自分がやりたかったことを「やられちゃった!」という感じです。

サンプルがあるのでそこだけでも読んで欲しのですが・・・

「維新流トレード術」サンプルページ

「負け」「良いトレード」の考え方、「予測」の考え方、
「メンタル」の考え方、そして「損切り」の考え方。
すべてが、私の言いたいことそのものです。

これを読んで、「こんなこと誰でも言っていること」と思うなら、
読む必要もないかと思います。

確かに、書いている内容自体は、プロトレーダーや上級者から見れば
「オーソドックス」に見えるのかもしれませんが、
自分のトレード手法が確立しているとは自信を持って言えないという
トレーダーであれば、確実に役に立つ内容ばかりです。

何度も書いて恐縮ですが、
このブログでも取り上げている様々な考え方や理論が、
おおもとから書かれているのです。

でも・・・
「株の本じゃない、FXの本じゃないか」
と思うかも知れません。

その通り、この本はFXの勉強の本ではありますが、
チャートに関する理論や手法は、株でもFXでも同じです。
(チャートであれば、先物だろうと現物だろうと・・・FXでも、
 何でも同じと考えて間違いありません。)
相場の時間や、取引のルールが少し違うだけです。

株トレードの方がFXトレードよりは一般人にとっては古い歴史が
ありますので、より広範囲に知られていると思います。
しかし、チャートの理論でいえば、株トレードのジャンルでは、
あまり良い本は数多くありません。

一方、FXの方は、より新しく普及しているという意味で、
理論や手法についての解説本もきちんとアップデートされていて、
良い本が出てくる素地もその分大きいのだと思います。
本屋でも、今や株よりFXのコーナーの方が大きいはずですから。

正直、私もFXはやっていません。
でも、この本に書いてある内容には、とても感心しました。
FXを株に置き換えて読みました。
株の本で、ここまで私とシンクロした本は見たことがありません。

維新の介さんには、いろいろと悪評めいたものがあるのも
知りました。
でも、調べてみれば、それらはすべて、
「エ・アロール(それがどうした)」的なものばかりです。
何はさておき、これだけの内容の本は、簡単には書けません。

そして、重要なことは、
この本が無料(送料は必要です)でもらえると言うことです。
そこは、極めてプロモーションの意図を感じるところではあります。
しかし、そんなことは読む側には関係のないことです。
本が届いて以降、セミナーなり何なり、それなりの金額の案内が
来るかとは思います。
でも、決して押しかけてくるわけでもなし、
それはその時に考えればいいことです。

リスクは送料分だけということなのです。

でなければ、私は自分のブログで案内などしません。

もらっておいて、読んでおいて絶対に損はありません。
私は断言します。

維新流トレード術

※ この手のネットの商品のページは、なぜかケバケバしいのです。
  ケバケバしいと、私は胡散臭いと感じてしまう方なのですが、
  これは本当に本物です。
12/9 一気に19,000円
年初来高値の更新でした。
ここは、今日のひとつの目標にはなっていたかと思います。
そして19,000円にもタッチしてきましたね。
ここも、大きな目標だったかと思いますが、一気に来ました。
急上昇ぶりは変わっていません。

まあ本当に日経平均、勢いがあって強いです。
私など、手をこまねいている間に上がってしまった感じです。
キーワードは「トランプ」なのか「日米」なのか、
私にはよくわかりません。

今となっては、今週初めの落ち込みあたりが押し目だった
ということになりますね。
結果論として言えば、その押し目で買い仕掛けていなければ、
今日までのこの上昇は取れません。

では、そこを押し目と見て、本当に買って行けたでしょうか?

もちろん、何らかの手法に基づいて買っていったトレーダーは
いたと思います。
そういう方にとっては、当たり前のような買いだったの
かもしれません。
でも、私にはできませんでした。
そして、それはそれで、いいとも悪いとも何とも思ってはいません。
それが、いつもの出来事なので。

今の相場、ニュースを見たり、日経平均のチャートを見れば、
ものすごい上昇で買いの大チャンスと見えるかもしれません。
確かにヒートアップはしていて、下がらないのは事実です。

でも、だからといって、
今から、この流れに是が非でも乗ろうなどとは焦らないでください。
すべては結果論なのです。
終わってみたらそうだったというだけのことなのです。
おそらく、みんながみんな、そうそうは乗れていません。

結果を見てから、「こうすればよかった」というのは、
トレードの場合は、1回だけでは何の反省・勉強ももたらしません。
今回はそうなった・・・というだけですから。
そして、そうなることが前もってわかれば、
誰でも億万長者になるわけですから。

そして、前もってこうなることが分かる、というのは、
合法的なトレードの世界ではほぼ100%あり得ないことです。
だから、そこを目指すのは間違いなのです。
よくトレードの世界では「聖杯」などと言われますが、
どこまで行っても聖杯はありません。

私は、聖杯を探すことより、
自分のペース(私の場合はコツコツと損と利を繰り返しながら、
少しでも・・・の利益を重ねるというペースですが、)
を守っていくことの方が大事だと思っています。
それでうまくいっているのだから、それでいいのです。

今回の上げ相場で利益を取らねばならない手法、
というのもありえます。
しかし、その手法では、別の相場では利益が出ません。
おそらくそうです。

そこは、いいか悪いかの世界ではなく、好みの世界です。
継続的にトータルで利益になればそれでいいのですから。

・・・
さて、今夜のニューヨークは、どうなるでしょう。
まだ上がりますでしょうか?
わかりませんねえ。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
12/8 陽線になりました
日経平均は後場に強さを見せました。
前場の下げを取り戻し、結局は陽線になり、
直近高値を上回って行きました。
思っていた以上の強さです。
売り保持は、ほんの一部を除いて仕切りとなりました。

うーむ。

連日、唸ってしまうような場面ばかりです。
今に始まったことではないのですが、
それにしても難しいです。
何とも言えない気持ちですね。

下げそうではあったのですが、結果としては上に行った。
そういうことではあるのですが、
12/1の高値を更新するほどとは思いませんでした。
正直・・・。

このまま更なる上昇の局面に入っていくのか、
はなはだ疑問ではありますが、目の前で展開しているのは、
紛れもない上昇です。
「いつまでも上がり続けることはない」と言ってしまえば
それまでですが、売るのも難しく、
かと言って、買いで行くかと言われると躊躇があります。

乱高下の一幕だとは思います。
でも、確固たる根拠は持てません。
ボリンジャーバンドの様子だけを見れば、まだ上昇余地は
十分に残されています。

トレーダーは、自分のイメージだけでは戦えません。
自分の思惑のあたりはずれは大したことではなく、
惑わされずに相場の流れについていくだけです。
自戒の念を込めて、「難しく考えない」ことですね。

売りシフトを考えながら、デイでやっていく。
スイングはちょっと・・・。
そういうことですかね。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
12/8 損切り、損切り
ニューヨークダウが第二弾発射でした。
不思議と為替がそれに反応していない・・・です。
(寄付きからはやはり円高に連動してますが・・・)
しかし、日経平均は、ニューヨークに反応して大きく上昇です。

18,500円の上にギャップを空けて寄付き。
それは、想定していましたが、
ここまでのニューヨークの伸びは考えていませんでした。
昨日下がった銘柄のうち、NTTなどの通信系は、
寄付きすぐに、売り保持銘柄は損切りだったり小利撤退です。

日経平均は高値付近での乱高下と見ます。
寄付きからは下げて来ましたが、
ここからの展開、どうなるかわかりませんし、
また、上げてくるかもしれません。
でも、いったんは上という結論となりました。
ここはしっかり仕切らなくてはなりません。

製薬系は、それほど上げてはいません。
むしろ、アステラス(4503)のように下げて寄りついている
銘柄もあります。
ただ、ここからどうなるか・・・です。

スイングの損切りは、逆指値入れて放っておくのが正解です。
仕掛けた後は見ない。

今の状況では、スイングは仕掛ける手立てがありません。
乱高下の中では買っても行けないし、新規売りも難しいです。
デイなら行けるとは思いますが、ちょこちょこ行くですね。
無理にやることもないでしょう。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
12/7 手が出ませんね
前場は18,500円に迫ってから行ってこいの下落。
後場は、前場の下落分を取り戻して、
18,500円に再び迫り、微妙にタッチしたあとが大引けでした。
結局、大引けの値では抜けて終われませんでした。

これまた微妙な話ですが、昨日ローソク足との比較では
一応上昇となりました。
ですが、まあ一日通して考えると持合いでした。

売りを中心にシナリオを考えていて、
それでも日経平均が下がらず、
持合いながらもじりじり上げていくという、実に嫌な展開。
仕掛けていた銘柄は、思惑通りに下げていたものもあり、
個別銘柄は、一方的に値上がったという
わけでもなさそうです。
でも、ちょっと手を出しにくかったですね。

後場は、寄り後に少し上昇してから14時半くらいまで
本当に動きませんでした。
もう、どうしようもありません。
後場寄り後に、うまいこと買いを仕掛けられていれば、
少しはやった気になったかもしれませんが、
それ以外には、何もなかったと言って過言ではありません。

今日、持合いを脱せられなかっただけに、
明日も明日で、何だか見当もつきません。
日経平均にはトレンドが出ていません。
為替の動きと、ニューヨークの動き、CMEの動きで
見ていくよりほかないですね。

「うーむ・・・」と押し黙ってしまうところですが、
まあ、相場の状況は状況として理解したところで、
我慢するというメンタルは崩さないでおきましょう。

トレーダーの失敗は、
往々にして、後から振り返るとどうでもいいような場面から
始まります。
それが破滅の始まりだとわかっていれば、やらないわけです。
気がつくこともなく、破滅の道を一歩進んでしまうのですね。

そして、その多くが、仕掛けた銘柄の損切りの些細なミス
なのです。
まずは、安易に思いつきで仕掛けないこと。
そして、仕掛けたら必ず損切り注文を入れること。

いつも、例外なく気をつけておきたいものです。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
12/7 18,500円
今は、為替の様子がそのまま日経平均の様子です。
持ち合っていますね。
そうそう動いてもくれません。

日経平均は18,500円が完全に上の壁になっています。
ここが突破できるかどうか。
今日は、そちらが注目されているかと思います。
後場、前場の安値を割れていくようなら売りでしょうが。

スイング仕掛けは、今日も難しいかも知れません。
保持しているものは、放っておくしかありません。
下手に動かないことですね。

相場が詰まらないのは、仕方なしです。
これが今の現実ですから。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
12/6 明日は製薬系を見る
後場は持ち合ってしまいましたね。
為替が煮え切らず、上にも下にも行かれませんでした。
終値ベースでは上昇したものの、陰線で終わりました。
やはり、日経平均は、なんとなく弱くなっています。

昨日の私のシナリオでは、売りをベースに考えていました。
その考えに変わりはありません。
ですが、なかなかその通りの展開にピタッとは来ませんね。
ここは我慢継続です。

売りの形の銘柄は、
やはり今日の相場でも下げては来ています。
日経平均が、いまひとつはっきりしないので、
はっきり下げているとは言えないかもしれませんが、
少なくとも、上昇ではない動きです。

NTTやNTTドコモなどは、今日仕掛けても、
おかしくありませんでした。
売りポイントに来た銘柄は、それなりにあったということです。

明日以降、また上昇になってしまえば、
仕切り直しになるかもしれませんが、
それはそれで仕方がありません。

日経平均は、12月1日以外は、
このところ、18,200円から18,500円の間で
上に行ったり下に行ったりの持合いです。
今後は、この値幅がひとつの目安になりますし、
パーティションのような機能を果たすのかもしれません。

明日なのか、明後日なのか、
いずれは必ず、この値幅の外に出ていくことになります。
上に出るのか、下に出るのか、それはわからないのですが、
私は、とりあえず、売り目線を続けますし、
ポイントに来たものは仕掛けていきます。

特に、武田薬品(4502)やアステラス(4503)、
第一三共(4568)といった、製薬系銘柄が、
本当にいい売りの形になっています。
明日は、まずはこれらを見ておこうと思います。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
12/6 待つものは待つ
今日は売りでチャンスを・・・と思っていたのに、
そうもいかない寄付きです。
ニューヨークダウ平均が、弱い様子を見せながらも、
なんだかんだで高値更新していますし、
為替も・・・ということで、上に行った日経平均です。

寄付きからは、下げてきていますので、
デイなら売れるし、この後また買っていけることもありえます。
しかし、スイングは、売りでも手が出ない状況ではないでしょうか。
昨日も書いたように、出しちゃいけない時に手は出しちゃいけません。
無理なチャンスを探さないことです。
自分本意の理由づけもしないことです。

ポイントに来ないものは、仕掛けてはいけません。
待ちでいいのです。

一方で、ポイントに来たものは、仕掛けましょう。
それは当然のこととして、「環境はともかく」でいいんです。

ニューヨークダウも日経も、そう強くはありません。
だから、前場は落ちています。
後場戻してくるのかどうか・・・あるいは、安値で持合いか・・・
そのあたりはよく見て、デイで買いもありうるところなので、
よく見て仕掛けていきましょう。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
12/5 売り時、押し目待ち
日経平均、売りには大分いい感じになってきました。
安く始まって、午前中は安く持ち合い。
後場になって、一段安くなってから、また持合い。

そう大しては下げていませんが、
売りにはだいぶいい感じになってきたのではないでしょうか。
為替の方も、だいぶ弱ぶいて来ました。
まあまあ、普段の相場に少しづつ戻ってきていますね。

個別銘柄の方も、今日はマイナス銘柄ばかり。
そして、またグーンと売りの形が増えて来ました。
上昇相場ですが、高値に行きすぎています。
日経平均は75日移動平均線から上に大分離れています。
そろそろ、売り時です。

一方、買いは、ちょっと待ったですね。
ここから下降するとすれば、
いったんの下降がいい押し目になるはずです。
その押し目からの再上昇を狙うのが筋かと思います。

昨日挙げた銘柄は、下げてません。
かえって上昇しているものもあります。
ただ、それは、終値ベースで見てのものですし、
ますます、下降の形になってきていると考えています。
今日の仕掛けは見送りとなりましたが、
明日以降、ぐっと期待が持てるようにはなりました。

ここのところ、とにかく、焦ってはダメです。
仕掛けポイントに来ないのに仕掛けてはダメです。
「どうせ下げるんなら・・・どうせ売るんなら・・・、
 少しでも高いところから売り仕掛けた方がいいのでは?」
と思うかもしれませんが、それが「焦る」ということなのです。

焦ると、事実に基づく仕掛けではなく、
予測にしか基づかない仕掛けになってしまいます。
そして、予測は・・・往々にして、というより、
ほぼ百発百中外れると考えて間違いではありません。

仕掛けポイントに来ないということは、
シナリオが成立していないということです。
それなのに、仕掛ければ、当然損失につながることが
増えるのではないでしょうか?
そういうときこそ、損切りもできなかったりするのです。

ちょっとした焦りでも、単に焦りによる仕掛けミス、
と言うだけではなく、むしろ損切りミスにつながる可能性が
怖いというわけなのです。

チャンスが近づいている今、心して仕掛けていきます。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
12/5 12月相場
いよいよ、本格的な12月ですね。
年末になればなるほど、様々な思惑が交錯します。
なるべく早く12月相場を引き上げて、
1月の準備に入りたいものです。

12月中には、
今の相場の方向性も見えてくるかもしれません。

トレーダーは結局は、1日1日の積み重ねです。
利益や損失の積み重ねとともに、
キャリアも積み重ねられます。
いつも、正しいキャリアを身に付ける意識をもっておきましょう。

今日は今日の結果。
明日は明日の結果。

正しい利益と正しい損切りが、正しいキャリアの源泉です。

頑張っていきます。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
12/4 スタンスを決める理由
このところ、日経平均がずっと上昇を続けてきて、
いったん足踏みしている様子。
ここから下降に向かうのか、再び上昇に向かうのか、
それは、なかなか判断できません。
個別銘柄を見ても、売りの銘柄もあるし、買いの銘柄もある。

こういう時には、明日の相場の展開次第で、
買いでも売りでもやったらいいではないか、
とついつい思います。
そして、本当に、買いも売りも決めないままに、
仕掛けに向かう日もあります。
それで、うまく行く日もあります。

でも、私はどちらかというと、
買いなのか売りなのか、スタート時点でのスタンスは
決めて臨む方です。
なぜならば、その方が、悩まなくて済むからです。

相場の中では、一番面倒なのは悩むことです。
つまり、判断できないこと。
「買いなのか売りなのか?」という問いに答えるよりも、
「売りがいいのか悪いのか?」という問いに答える方が
おそらく簡単です。
買いか売りかというのは、選択問題ですが、
売りがいいのか悪いのかは、「はい、いいえ」の問題です。
問題と言うのは、「はい、いいえ」で答えられる方が簡単です。

「はい」なら売るし、「いえ」なら売らない。
それだけのことで済みます。
そして、次の質問、
「じゃあ、買いにいいのか悪いのか」という質問に移るのです。

スタンスを決めることで、
場中の判断は、「はい、いいえ」の判断だけでいいのです。
それほどに無理して決めることもありませんが、
できるなら決めて行った方が、やりやすい、と思います。
・・・

さて、明日からの売りスタンスに合う銘柄の追加。

武田薬品(4502)の日足チャート
武田薬品日足161202
(クリックすると大きくなります)

どんなもんでしょうかね。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
12/3 引き続き売りで狙っていく
雇用統計・・・とはいえ、
そんなに大きな変化はなかったようです。
月曜日は、少し下から始まるのかなといった程度。
直接の影響は、やっぱり為替の変動なので、
月曜日の為替の動きの方が、
より注目すべきということですね。

ただ、それにしても、先のことがわからないことには
どうしようもないので、
売り目線を決め込んで日経225銘柄を眺めておきます。
目線=スタンスは、あくまで準備段階の話です。
どんな相場でも、その目線通りに
仕掛けていくということでもありません。
第一、思惑が外れれば、仕掛けポイントに株価が
来ることはないので、仕掛けは流れます。

さて、今週の仕掛けのために考えていた売り銘柄が、
当初は思惑通りに動かなかったものの、
ここにきて、ようやく下降の様子を見せてきました。

NTT(9432)
NTT日足161202
(クリックすると大きくなります。)

75日線付近の持合いから、
ついに長めの陰線が出てきました。
日経平均の下げがあれば、
25日線も割って下げていく可能性ありですね。

NTTドコモ(9437)
NTTドコモ日足161202
(クリックすると大きくなります。)

今週、75日線を抜けてグランビル法則上昇の初動に
チャレンジしたところでした。
いったん75日線に下げてきましたので、
この後どうなるか注目ですね。
微妙ですが直近高値の更新はしていませんので、
このまま下降波動を形成していく可能性はあります。

三菱商事(8058)
三菱商事日足161202
(クリックすると大きくなります。)

高値を再度更新してきましたので、
売り銘柄からは除外します。
当然、また下げて来る可能性はあります。
しかし、わざわざ、他の銘柄を差し置いて
売りで仕掛ける道理ではありません。

ファナック(6954)
ファナック日足161202
(クリックすると大きくなります。)
高値を更新することなく、少しづつ切り下げながら
持ち合っています。
19,000円の少し上くらいに、
見えない支持線を感じます。
そこが割れれば下降してくるんじゃないでしょうか。

スズキ(7269)
スズキ日足161202
(クリックすると大きくなります。)

いったん25日線を割って来て上に戻りました。
しかし、直近高値を更新することはできずに
再び25日線割れの方向に向いているように見えます。
短い期間の中ですが、下降波動を形成してきているので、
売りで見ていていいと思います。

ざっと見て、以上のような様子です。

明後日から、狙えるものは十分狙えます。
スイングが厳しければ、デイでもいいと思います。
デイトレ銘柄も基本的には日足の形から、
狙えるものを探っていくわけですから。

明日また、もう少し見て行きましょう。 


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
12/2 雇用統計の発表
日経平均の後場は、反転上昇で戻して、
またまたの十字線です。
悩みの十字線が続くあたり、日経平均の悩みの深さが
読みとれます。
寄付きこそ、ニューヨークダウ平均や為替が決めてくれますが、
そこから先は、売れば買われ、買えば売られの持合いです。

今夜は、米国の雇用統計の発表があります。
ニューヨークダウや為替は発表次第で大きな影響を受けます。
当然に、日経にも影響は及びます。
今の状況では、非常に注目すべき発表となります。

それから日経平均日足のMACD。
いよいよ、デッドクロスまで来ましたか。
買いはいったん仕切り直し。
だからと言って、上昇相場が終わるわけでも、
売りが優勢になるわけでもないですが、
買いの仕切りのサインとして重視します。

ローソク足の形や、MACDの形など、
今週は、一方的な上昇の強さから変わって、
ちょっと落ち着いたというか、下降の形も出てきたというか、
いったん上昇が止まった印象になりました。
しかし、相変わらず、日経平均は強いですし、
少し持ち合っていると言うにすぎないのかもしれません。
昨日の長い上ヒゲが、天井を示唆していると見えなくもないし、
19,000円を伺う布石とも見えなくもないし、
実際の動きは来週にならないとわかっては来ません。

私は、そんな中、売り目線で今週の相場に対応して来ました。
今日も、デイで売りをやりました。

一番効率のいいやり方だったかどうかは、
調べるべくもありません。
しかし、まあ、それなりに利益にはなったし、
変な損失を出したわけでもありませんので、まあまあ成功です。
スタンスを決めて臨んだことで、ブレずに仕掛けを狙って行けました。

今夜の雇用統計の反応を見てからの話ですが、
今時点では来週も、このまま売り目線で行こうとは思います。
高値圏にあることと、MACDの様子から、そう判断します。

今週もお疲れさまでした。
来週も頑張っていきます!

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
12/2 デイトレだけです
JT(2914)の売り。
日足の形から、ついに来たな・・・という感じ。
でも、これも、デイにしようかと考えています。
今の日経の様子、高値圏での乱高下、今日は週末、
今夜は米国雇用統計・・・などなど、考えていくと、
ちょっと持越しはしにくいと考えています。

日経平均は下にギャップが空いてのスタート。
そして昨日安値にタッチするかしないかで反落。
さらに、下に空いたギャップを埋めにかかって持合い。

為替が昨日ほど円安でないので、
日経平均が反応しています。
このあと、114円に戻る動きがあれば、上昇するでしょう。
もう、ポイントはそこだけのように思います。

とにかく、持越しはやめといた方が無難です。
我慢しときますかね。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
12/1 乱高下の一日
終値ベースでは年初来の高値。
しかしながら、大きく上昇して大きく下降の末、
日経平均は長い上ヒゲの陰線です。

場中だけでも300円ほどの値幅をもった乱高下です。
前場の買いと、後場の売りと、デイトレ日和でした。
頭の切り替えは必要でしたが、
デイトレという頭にすぐになれたかどうかが決め手でした。

ニューヨークダウ平均やCME、そして為替の動きから、
ギャップを空けて高く寄付く予想はついていましたし、
そこから更なる上昇になることも考えのうちにありました。
しかし、考えていた以上に上昇しましたし、
その後は考えていた以上に下げました。
ここまで大きく動くとは・・・というのが正直な感想です。

でも、まあ、要するに、
為替が114円まで一気に円安になったということです。

大きく上げても大きく下げてしまう、ということは、
やっぱり、持合いです。
乱高下の持合いです。
相変わらず持合いが続いているということなのです。

ただ、月足で見てみると、
24か月移動平均線を抜けてきたと言えそうですね。
あと2―3ヶ月の様子は見ておかないと、
確定的にはなりませんが、いったんは抜けてきています。

こうなると、次のポイントは19,000円、20,000円ですね。
その前に、やはり下降がありそうですね。
一気に行くとは考えにくいですから。

サインとしては、MACDを見ておきましょうか。
デッドクロスするなら、いったん下げです。
というか、下げたらデッドクロスです。
そこまでは何でもありです。

スイングは限定的な売り以外にまだ無理ですね。
私はそう思っておきます。

お疲れさまでした。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ