損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
5/30 乗り切る、しのぐ、じゃない
日経平均、前場の下げを後場の上げで帳消し。

これだけきれいな行って来いならば、
うまく立ち回れたら、
まさにデイトレ日和だったろうと思いますね。

でも、当方はそううまくは回せず。
大した収穫もありませんでした。

利益として言えるのは後場のソフトバンクくらいです。
それでも、取れたからまだ良しとしましょう。

狙いも定まらず、どことなく不埒なスタンス。
買いと売りのどちらに焦点を絞るか、
完全には決めきれていないので、
ちぐはぐな感じが続いています。

えてして、こんなときに大怪我しやすくなるものです。

そう考えるなら、やらなければいいのだけなのですが、
それだとチャンスは捉えられません。
ただ、いつ来るかわからないチャンスを待つために、
大怪我のリスクも冒していくのかどうか。

要は、普段と同じ損切りをできるかどうか。
それだけなんです。

思惑通りにいかないときに、
単に損切りということで、いつも通りに対処できるのか。

それだけです。

冷静になって、こうして文を書いているときは、
「絶対にそんなことはするまい」と思っています。
しかし、相場を見ている中、単純に考えられるかどうか。

なまじスタンスが定まっていないと、
損切りした瞬間に、無理にドテンで仕掛けてみてしまったり、
そして、そこでの損切りができなかったり。

これは、経験なんだろうなと考えています。

単に損切り・・・
という経験(キャリア)をどこまで積めているか。

冷静でなくても、あたふたしていても、
きっちり損切りにこぎつける経験値が、
どうしても必要なんです。

冷静に考えて、損切りしない人もいます。
損切りすればよかった・・・というのは、ある意味結果論です。

結果論のトレードから脱却するには、
冷静さより、キャリアです。
そしてキャリアになるのは愚直さの繰り返しのみ。

相場は、乗り切るとかしのぐとか、そういうものではなく、
あくまで利益を取りに行く場なのです。

今更ですが、確認しておきます。

ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

次は、一目均衡表について書こうと思います。
→ 損切り絶対主義!
スポンサーサイト
5/29 淀む日経平均
出来高が少なく、ちょっとの下げ。
今日の日経平均は、淀みの中にあるような感じ。
朝の下落から急反発、そして、動かずにずるずる下げる、
という展開。

どちらかというと、保持したいという勢力より、
手放しておきたいという勢力のほうが、
わずかに勝っていたようです。
というより、新たに買っていこうという人がいませんでした。

仕掛けるのは難しくて、
今日は眺めているだけになりがちでした。
効果的な動きはできませんでした。

朝の下から上への動きの時に、
買いで仕掛けていくというのができたのかな、
とは思いますが、これも結果論。
後になってから、わかったことです。
なかなかうまくはいきません。

あるいは高値更新の銘柄は、元気に動いていた
というのも、後になって見えてきました。

まあ、ここは、焦れては始まりません。
チャンスが来たらすぐに動けるように、
銘柄を見ておくことです。

次のチャンスは、上に行くときだろうと見ています。
売りはデイトレです。

チャンスまでは、時間がかかるかもしれませんし、
すぐに来るかもしれません。
ニューヨークダウの状況や為替の状況も見ておきながら、
いつでもどこでも、出動できるように備えておくのです。

それしかありません。

頑張っていきます。

ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

必ず参考になります。
→ 損切り絶対主義!
5/28 ピンとは来ないです
東証一部、225銘柄の日足チャートをざっと見たところです。

なかなか、これだというのは見つかりませんね。
買いも売りも、中途半端な位置にあるような感じがします。

売りはまず、厳しくなってきました。

SUMCOうあオリンパスのような、
上昇してから75日移動平均線まで下げてきた銘柄が、
今後どうなるのか、そちらに注目するくらいでしょう。
これらも、日経平均が元気になれば、上昇でしょう。

75日線より下にいる銘柄は、
なかなか売りチャンスに見えてきません。
これkら上昇するか、持ち合うか、といった感じです。

一方の買い。
こちらは、もう少し良い感じではあります。

75日線からの上昇を見込める銘柄があります。

リコーは、下からの75日線抜け。
川崎汽船も同じような形。
シチズンは、75日線での反転の形。

25日線からの反転の形も、
ファストリやセブン&アイなど、チャンスに見えます。

日経平均が上昇していくなら、
これらの銘柄に注目しておいて損はないかと思います。

ただ、まあ・・・
あえて探しているチャンスという感じは否めません。

チャンスは探すものですが、
本当によいチャートの形は、見た瞬間にグッとくるものです。
そういう意味では、上にあげた銘柄も、まだまだ弱いです。
本格的な上昇チャンスは、もう少し形が整ってから、
ということでしょうか。

昨日、業種別チャートで見たように、
市場状況は非常に混とんとしています。
全体に流れるトレンドの感じがありません。

明日からも、しばらくデイトレが続く感じでしょうか。
スイングは無理することはありません。
来るときにはチャンスが来ます。

くれぐれも、勢いで持ち越すようなことは、
やめておこうと思います。

ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

損切り相談受付しています。
→ 損切り絶対主義!
5/27 業種別で現状整理
今の日経平均は、上昇相場の中でもみ合いの状況です。
今週の相場を終えて、この状況に変化はありませんでした。

いったん整理です。

全体相場を見るときに、日経平均を見るのはもちろんですが、
その下の次元の指標として、業種別チャートがあります。
これを見ると、少し細かく相場俯瞰ができます。

東証一部の銘柄は33の業種に分けられています。
業種別に日足チャートがどのような状況にあるのか、
整理してみたのが以下です。

■上昇相場の高値圏にある業種 →9業種

食料品、情報・通信、その他金融、建設、小売り、
電気ガス、パルプ紙、陸運、その他製品

■上昇相場の中でのもみ合いにある業種 →6業種

電気機器、医薬品、不動産、精密、サービス、
水産農林

■下降相場の中でのもみ合いにある業種 →8業種

鉄鋼、証券、化学、ゴム、銀行、輸送機器、海運、空運

■下降相場の底値圏にある業種 →3業種

石油、繊維、鉱業

■上昇・下降どちらとも言えない業種 →7業種

非鉄金属、保険、金属、卸売り、ガラス・土石、
機械、倉庫運輸

見てみると、業種によって本当にまちまち。
必ずしもすべてが日経平均のコピーになっていない
のがわかります。

33業種のうち、上昇相場にあるとは言えない業種が、
合計で18業種もあるのです。
半分以上の業種で、
日経平均についていっていないということになりますね。

一言でいえば、混とんとしているということでしょうか。

日経平均が、当面の目標=2万円をクリヤしていかないと、
この状況に変化はないのではないでしょうか?

月曜日の段階では、まだまだ仕掛けの焦点は、
大きくは売りとも買いとも絞ってはいけません。

ここから先は、個別銘柄の世界。
明日は、そのあたりを見ていきます。

ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

チャートの不均衡を生む信用残について書いています。
→ 損切り絶対主義!
5/26 波長が合わない
今日の日経平均は、下げました。
しかも安値引け。
私からすると、思いのほか下げました。

昨日の記事では、そろそろ上げか・・・などと書いています。
全く波長が合わない状況です。

ファストリも大きく落ちて、25日移動平均線を割り込みました。

持ち合いの時は、仕方なしです。
だからこそ、スイングトレード厳禁で進めています。

上がれば下げる、下がれば上げる。
上昇相場とはいえ。持ち合いの局面ですね。

ただ、まあ、ソフトバンクとか任天堂、楽天とか、
高値更新しています。
強い銘柄は強いと思います。

空売りの買い戻しがさらなる買いを呼んでいるという、
踏み上げの状況も見て取れます。
こういうのは、スイングで売りに走ると大失敗しますね。

で、来週のスタンスは、一応は買いのスタンス。
ですが、ちょっと半信半疑。
しばらくデイトレードが続きそうにも思います。

スイングでまともに買っていけるのかどうか。
今時点ではやはり難しいように思います。

まだまだ持ち合いうようにも思いますし、
一気に2万円突破というシナリオもあるように思いますし、
一方で、一度ズドンと19,500円くらいまでなら下げそう
でもあります。

何とも言えません。

イタリアで始まったG7で、トランプ氏が、
何らかの動きをすると、それがトリガーになって、
大きな株価の動きにつながるようにも思います。

明日明後日で、チャートを整理でもしておきたいところです。

ですが、明後日は日本ダービー。
株には関係ないのですが、これはこれで、
趣味として大きな注目です。

ちょっと、まあ、何とも気合が入らない相場展開で、
今は少し戸惑っています。

波長がびしっと合ってこないなあ・・・。

こういうときは、まあ大人しくしてるというのが、
経験上いいと思ってはいます。

ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

スイングトレードやるなら、信用残は見ておきましょう。
→ 損切り絶対主義!
5/25 買いを入れていく?
日経平均は、順調に上昇しています。
来週には、2万円を目指していきそうです。
いや、明日にでもトライがあるかもしれません。

MACDの流れも上昇になっています。
ボリンジャーバンドは、もとより大きく膨らんでいて。
上昇余地は大きく残されています。

ニュースに基づくものかもしれませんが、
ソフトバンクが大きく上昇してきました。
非常にいい上昇の仕方だなと思ってみていました。
きちんと買いの目で見ていれば、
仕掛けられたなと思ってしまいました。

他の銘柄を見渡しても、
例えば、ファストリなどは、
下から25日移動平均線が迫っており、
今か今かと上昇を待っているかのようにも見えます。

スタンスを変えてみるだけで、
各銘柄はまた違った風景に見えてきます。

どっちで見たほうが自分に都合がいいのか?
そういう問題です。

もちろん、売りにしても買いにしても、
スタンスの根拠は絶対に必要です。
イメージだけでは、自信が持てませんし、
仕掛けのポイントも手仕舞いのポイントも定まりません。

ただ、相場では何も決まっていません。
どんな根拠があろうと、明日上に行くのか下に行くのか、
どうやってもわかるものではないのです。

だから、個別銘柄次第で、
「もし、全体相場がこうなれば、この銘柄をこうしよう」
とシナリオを作ることができるのです。

デイトレであれば、全体が下げていても、
上昇銘柄を買うことができるし、その逆もあり。
良く動く銘柄なら、全体相場と無関係に仕掛けていくことも
できるわけです。

ただ、スイングになると、より全体相場(日経平均)が
重要になります。
持ち越しで作られるギャップについては、
これはもうどうしようもないリスクですから。

明日は金曜日の週末。
ここではさすがにリスクは犯そうとも思いません。

ただ、明日はちょっと買いも意識してみたいと思います。
特に、今日のソフトバンクのような大上昇を見据えた買い。

あんまり余裕こいてると
相場に嫌われますので、ほどほどに・・・です。

ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

スイングトレードやるなら、絶必の指標。
→ 損切り絶対主義!
5/24 前場の売りのみ
日経平均は、次第に上昇していっています。
今日も、ニューヨークや為替を受けて上昇です。

しかし、場中はなかなか面白い展開。
今日は高く寄り付いて前場が下げました。
そして後場は盛り返しとラストの上昇。

デイトレードで挑みましたが、
前場は何とか仕掛けられましたが、
後場は眠くなりました。

デイトレで後場眠くなるのはいつものことなので、
前場だけでも仕掛けられて良かったというべきでしょう。

とはいえ、ちょこちょこです。
あまり大きな利益を取ることはできませんでした。

見ていた銘柄で、OLC、ファナックは、前場で取れました。
しかし、三井住友は損切りになりました。
すべて売りの仕掛けです。

今日は、あまり狙いを定められていませんでした。
出たとこ勝負になってしまいました。
正直いって、狙いを絞るほどの銘柄がなかった
という感じでした。

しばらくこういう感じが続くのでしょうか。
このまま日経平均が2万円を目指して少しづつ上昇、
ということなら、狙いにくい相場が続くでしょう。

引き続きスイングトレードは封印です。
買いも難しければ、売りも難しいです。

デイトレでちょこちょこ、取れるところがあったら取る、
というレベルでしかできないと思います。
持ち越しは基本的に厳禁でしょう。


ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

銘柄の個性を表す「信用残」について書きました。
→ 損切り絶対主義!
5/23 14時からのきれいな下げ
寄付きからは、やはり強いかと思いました。
しかし、午後2時頃からはきれいに下げてきました。

空売りを狙っていく側としては、
非常にいい下げとなりました。

そうでなくても、アドバンテストや住友鉱山は、
日経平均と無関係に、朝から仕掛けて行かれました。

デイトレードだと最初から割り切れば、
日経平均をあまり気にせず、
銘柄に集中していけます。

明らかな下降相場の銘柄を、
空売りで見ていけば、それなりのチャンスは来るものです。
スイングでなければ、底の更新を狙ってもいけます。

今は、75日移動平均線が上向きの上昇相場。
ですから、空売りをバンバン狙っていくのは、
ちょっと難しいかなとは思います。
しかし、今日のような相場があると、
買いは買いで、やはり難しいのです。

スイングの売りも難しければ、スイングの買いも難しい。
であれば、もう少しデイトレ限定で考えていくとしましょう。

場を見られない方にとっては、
面白くないかもしれませんが、
今は仕方ないと思います。
チャンスが来るまでは、ちょっと待ちです。

どうしてもやりたいというなら、
今の相場に忠実に、買いで攻めていくことです。
75日線がきちんと上向いている銘柄で、
損切りを少し深く入れるくらいの余裕をもって、
仕掛けていくとよいでしょう。

私は、今は意固地にもいまだ売りに焦点を絞っています。

でも、またいつ買いに転じないとも限りません。
というか、日経平均上昇相場の中で、
いつでも買いに転じる準備はできています。
(単に、心の問題ですから。)

デイトレでは、売りも買いも平等に見ていますから。

でも、今日の14時からの下げの美しさ・・・。
なんとなく、これからの相場を予見しているかのように
勝手に感じてしまいましたが、どうでしょうか。

あまり根拠はないんですが・・・。

ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

根拠のない場合は実際に動かないほうがいいですね。
→ 損切り絶対主義!
5/22 デイトレしかできませんね。
今週初めの相場、上昇のローソク足ではありましたが、
場中は、まあまあの持ち合いでした。
出来高が非常に少なく、上げとも下げとも
誰も判断できないという様子の相場。

先週の下落時から、3日連続で
コマのようなローソク足になっています。

唯一、参考にあることがあるとすれば、
MACDが上昇に転じたことでしょうか?
ずっと下に伸びてきたMACDが、今日は凹んでいます。

もしかしたら、これが転換を意味するのかもしれません。
いやいや、そんなに大げさなものではないのかも
知れません。

いずれにしても、今日はデイトレードだけでした。
大したトレードもできませんでした。

前場、寄り付いてからの上昇後の下げ。
この時だけでした。
面白かったのは。

あとは、ずっと少しづつの上昇。
何とも、私には仕掛けられませんでした。

75日移動平均線が横ばいのものが増えてきました。
つまりは、先行き不透明感が強くなってきたという
事かもしれません。

こうなると、休むのは嫌ですけど
スイングトレードは様子見ってことでしょうかね。

何とかデイで少しでもやっていきたいと思います。
アドバンテスト(6857)や日立建機(6305)、
住友鉱山(5713)、日揮(1963)あたりに目を付けています。

良く動いて、トレンドも出てくる・・・。
他にも良い銘柄はたくさんあると思います。
デイトレも基本的には慣れた銘柄でやっがほうがいいです。

ただ、たかをくくって損切りに怠慢になることがないよう、
気を付けたほうがいいです。

スイング中心のトレーダーにとって、
デイトレードは、あくまでメインじゃないので、
そんなところで大きな損失を出している場合ではありません。
(もちろんスイングでもダメですが・・・)

スイングは、次のチャンスと言える時まで、
ちょっと休憩です。

ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

こちらもご参考まで。
→ 損切り絶対主義!
5/21 まずはデイトレ意識
今週の相場は、支持抵抗逆転のラインあたりからの
スタートになるかと思います。

そこからどういう展開になるかは、
今の段階ではわかりません。

ですから、まずは自分のスタンスを決めて、
そのスタンスに合わせた銘柄を決めたら、
その銘柄でのデイトレードを狙っていきます。

デイトレードを狙ったとしても、
仕掛けのポイントは日足のチャートでスイングトレードと
同じように決めていきます。

メジャーで動きのある銘柄は、
日足を見ずに分足だけでもできる場合があります。

分足だけのトレードならば、
日足の中での上昇や下降のトレンドは、
関係なかったりします。
その銘柄に長い間張り付いて、買ったり売ったりするような
スタイルのデイトレードなら、
分足だけで仕掛けていけます。

しかし、私の基本は日足チャート。
日経平均という全体を見たうえで、売買のスタンスを
決めていくのがいいと思います。

ですので、スイングトレードの仕掛けのポイントが、
デイトレードの仕掛けのポイントでもあります。

こうしておけば、デイトレードで仕掛けたうえで、
利益が出てきたときに、持ち越して、
スイングトレードに移行することもできます。

というか、スイングトレードにする可能性を
考えたうえでデイトレエントリーする感じでしょうか。

ただ、デイトレはデイトレなので、
スイングの可能性は考えるといっても、
基本はその日仕切りが原則です。

その日仕切りではあまりにもったいない・・・
と客観的な根拠をもって思えるときだけ、
持ち越しに回します。

持ち越しというのは、それだけでなかなかのリスクです。

あまり考えずにやってしまうと、
大失敗します。
要注意!

明日から、頑張っていきましょう。

ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

トレードは資金の「回転」が命。
→ 損切り絶対主義!
3/20 支持抵抗の逆転なのか
昨夜のニューヨークダウはプラス約140ドルの上昇。
水曜の大幅下落をだいぶ取り戻した格好です。

CME日経先物は、19,690円。
これを日経平均に当てはめると、
ちょうどアイランドの安値付近となります。

ニューヨークダウも日経平均も、
いったんの急上昇でアイランドが形成されていますが、
そのアイランドの安値付近が抵抗線のようになっています。

アイランド形成中は、
この安値ラインは支持線になっていました。
それが、いったん割れると今度は抵抗線になる。

これを、支持抵抗逆転と言います。

実際に抵抗線になるかどうかは、
月曜日からの相場が始まってみないと分かりません。
しかし、そうなる可能性は高いのではないでしょうか。

アイランド形成中に買いで仕掛けてしまった人は、
今もし保持が続いているなら含み損になっています。
この人たちは、非常に苦しい状態にありますが、
アイランドの安値付近まで戻ってくれば、
「何とか戻ってきたぞ!」とばかりに、
命からがらの売り決済を目指してきます。

この決済売りに押されて、株価が上がりにくくなるのです。

個別銘柄のチャートでは、
日経平均のように明確なラインは引けないかもしれませんが、
注意してみてみると、
同じような支持抵抗線が見えてくるかもしれません。

チャートを見るときには、
平行な線でも斜めな線でもいいですが、
みんなに意識されるラインを見つけることが、
分析の中心になります。

75日移動平均線の向きとともに、
意識してみるといいと思います。

ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

トレードは資金の「回転」が命。
→ 損切り絶対主義!
3/19 持ち越しなしの売り狙い継続
日経平均の今日のローソク足は、
昨日のコピーのような感じでした。
しかし、昨日比で安値は高く高値も高いので、
上昇の足とは判断できます。

という意味で、今日は空売り保持の最終日
となりました。

ただ、面白いのはMACD。
あまり気にしてもいけませんが、
ずっと下げのトレンドを示しています。
今日も、下に伸びました。

75日移動平均線は、素直に上に向いたのに、です。

MACDをサインとするなら、
まだ空売り保持でよかったわけです。
でも、私は、今回に関して言えば、
そのサインは重視していませんでしたし、
高値安値が手仕舞いの合図でしたから。

今日は今日で、空売りのデイトレードも。

ファナック、信越化学はうまく行きませんでしたが、
日立建機は今日限り、うまく行きました。
(日立建機は、強烈な売り残多々ですが、
 デイトレなら・・・ということでやりました。)

クレセゾンやコマツはチャンスなし。
デイトレの成績は、かように・・・
さほどではありませんでした。

でもまあ、スイングトレードの成績と合わせて、
また今日全部仕切れたことも考えると、
今回のアイランドに対する空売り狙いは、
まあまあだったと思います。

来週は仕切り直しですが、
今日の日経平均の様子から見て、
まだまだ空売り狙いで行けると考えています。

もちろん、ニューヨークダウの状況と為替の状況が
追い風になることが条件でしょう。

日経平均は、大きく見れば乱高下のチャート形。
この4、5月で高値も安値も更新しています。

それを踏まえて、どうにでもなりうるなら、
空売りで見ていく、というスタンスで行ってみます。


ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

損切りしないと、面倒なことになります。
→ 損切り絶対主義!
5/19 週末ですので
久々の朝の記事更新です。

昨夜のニューヨークは、終値では一応の上昇。
しかし、75日移動平均線を最終的には抜けられず
引けています。

CME日経先物は、昨日の日経の終値との比較で、
若干の上昇。
今日の日経は昨日高値辺りでの寄付きでしょうか。

今、日本の相場で辛いのは、
チャート上で一昨日までのアイランドを形成している
買い保持の人たちです。
そこで買ってしまった人は、今、高値つかみになっている
わけです。

昨日の下げで買いを手放した人はまだしも、
保持を続けている人は、
断腸の思いで、今日の相場の上昇を期待しているはず。

であれば、今日さらに下がるような場面があれば
一気に投げてくる可能性はあります。

今が底と考えて買いを入れてくる人たちと、
投げ売ろうとする人たちのせめぎあいかもしれません。

週末ですので、こちらは無理せず、
下げるなら空売りを入れていきたいですね。
できるだけ、今日中の手仕舞いということで。

頑張っていきます。


ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

損切りしないと、面倒なことになります。
→ 損切り絶対主義!
5/18 下げ継続を望みます
昨日の日経平均のMACDのデッドクロス、
そして昨夜のニューヨークダウ、CME日経先物の
大幅下落を受けての安寄りでした。

ちょっと見たところ、
トランプ大統領のロシア関連の動きによる混乱が
原因なんだそうです。

また、トランプさんか・・・と思いますが、
それだけ世界に影響を与えているということで、
それはそれで感心もします。

昨夜のニューヨークをつらつら見てはいましたが、
上昇することはなく、朝方見たらさらに下落。
空売りの保持が、やっと実を結ぶのかなと
思って相場に臨みました。

前場はいったん大きく下げましたが、
そこから持ち直し、寄り値くらいでの大引け。
19,550円くらいということになりました。

このあたりの日経平均の水準は、3月までの高値の水準。
それと、今回のアイランドのギャップの水準。

一見ではよくわからない今日のローソク足の位置ですが、
少しさかのぼってみると理解できます。

で、いよいよ、75日移動平均線が、
再び下向きになりつつあります。
まだ、微妙に上向きですが、週末の明日次第です。

75日線が上向きを保っていれば、
このいったんの下降の後は、75日線付近からの上昇を
買いで狙って行けるところです。
しかし、どうも、単純にそうなる感じでもありません。

このところの一連の上昇は一過性のものだと考え、
ここからいよいよ本格的な下降相場、
と考えられなくもありません。

私は、引き続き売りで見ていきます。
売り保持は、今日の含み益増加にとらわれず、
引き続き保持していきます。

相場のトレンドとは別に、急落すれば急上昇の反発が
当然に考えられます。
それはそれとして留意はしたいところですが、
サインがなければ、簡単には仕切りきれません。

複数単元の仕掛けならば部分利確ができるので、
それで対処していくのが精一杯かと思います。

いずれにしても、含み益がなくなるのを悲しがっては、
大きな利益にはなりません。
いつもそうですが、持つときは持つのです。

ソフトバンクやファナック、信越化学、クレセゾン・・・。
東芝も面白い形です。

明日は週末ですので、できるだけ新規仕掛けの持ち越しは
したくないです。
でも、個別銘柄は、本当に空売りしたい銘柄ばかり。

また面白くなってきました。
楽しくやっていきましょう。

ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

損切りしないことは、資金の拘束になります。
そして、それはトレードの命である「回転」を妨害します。
→ 損切り絶対主義!
5/17 持ち合いでもMACDを見よ
日経平均は持ち合いに入っています。
今年の2月から3月にかけての高値付近での持ち合い。
その時に似たような感じになってきました。

大体において、相場は持ち合いの時が一番多いものです。
上昇や下降トレンドがはっきり出ているときより、
はっきりと流れがわからないときのほうが多いです。

今の日経平均も、上げれば下げるし、下げれば上げるの
持ち合い状態です。

今日の下げでまた、私には空売り銘柄がどっと姿を
現してきたように見えました。

よく見てほしいのが、MACDの様子です。
先週から、ずっと凹み続けていますよね。
つまりは、チャートの表面ではわかりませんが、
MACDで見ると下降トレンドなんだということ。

そして、なんと今日、ついにデッドクロスです。
MACDのゼロライン上でのデッドクロスと言えば、
買いは無条件に仕切りです。

だから売れということにはなりませんが、
ひとつの大きな節目に来ているとはいえると思います。

明日あたり、ズドンと来てもおかしくは・・・・・・
まあ、そこまではとても言えませんがね。

さて、そういう意味で、個別銘柄。

昨日買いで見ておこうと書いたファナックはどうしましょう?
今日はぎりぎり75日移動平均線にもたれかかる姿。
このままだと、日経平均が少し下げ続ければ、
下降相場入りしてしまいますね。

日立建機(6305)、コマツ(6301)も、
下降相場入りの姿になってきました。
これらもあと一歩。

あとは、金融系、銀行など。
これらも、下降相場入りしていきそうな銘柄が
目白押しです。
静岡銀行などは、上昇相場入りしそうに見えますが、
これだって、展開次第ではわかりません。

75日線付近でうろうろしている銘柄は、
日経平均のちょっとした上下動で、
毎日様相を変えてしまいます。

先週の決算の影響もあって、
JTのように大きく動きが増幅されてしまったものもあります。

客観的なチャート判断で、
「●●円になったら仕掛け」というのが見えるなら、
持ち合いだろうと何だろうと仕掛けていきましょう。

明日もまた持ち合いになるのかどうかは、
事前には決してわかりませんし、
仕掛けの手を止めるための根拠は特にありません。

ただし、持ち合いの時には、ブレイクがブレイクでなくなります。
むしろ逆で、ダマしが増えます。

そのことはわかっています。

わかっているけど、もちろんそれゆえ慎重にはなりますが、
それでもやはり仕掛けのサインには従う。
その愚直さが必要だと思います。

トレードは、イメージじゃダメです。
今はどうなるかわからない相場を取るには、
やりにくいなあ・・・と思うことこそやっていくんです。

それがチャートのお告げなら、です。

ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

損切りは、資金の拘束を解くという側面もあります。
→ 損切り絶対主義!
5/16 2万円がなかなか
日経平均は2万円がなかなか抜けられませんね。
先物も、2万円に到達するのですが、
そこから・・・あと一歩が出ませんね。

ゴールデンウィーク明け以降の日経平均のチャートは、
ちょうどアイランドになっています。
アイランドは、ボリンジャーバンドの+2σラインをギャップで
乗り越えたところから始まっています。

アイランドを形作るギャップは、埋まることも多いものです。

その機会を待っているのですが、
それもなかなかやって来ません。

実は、三井住友を、いまだ売りで保持しています。
75日移動平均線が、日経平均の2万円のラインだと
思ってみています。
おそらく、日経平均が2万円を抜けると、
損切りになるのだろうと思っています。

三井住友は、また一目の雲を抜けそうで抜けません。
ちょうど今、雲の上辺が75日線の位置。

雲抜けすれば、一目上でも三役好転ということになり、
売り保持ということは言っていられなくなります。

まあ、しかし希望は失わず保持しています。

JTやファストリ、DeNA・・・。
売りで見ていた銘柄が、全部上に行ってしまいました。

ファナックはどうなんでしょう。
ゴールデンウィーク明けから、きれいな下げトレンド。
このトレンドラインを抜けると、上昇とみていいのでしょうか?
ちょっと買ってみたくなりますよね。

日経のゴールデンウィーク後の急上昇で、
銘柄ごとに、思い思いの方向に散りました。
いくつかをまとめて見ることができなくなっています。

もう少しなんですかね。
日経平均が、2万円抜けるか、
あるいはアイランドのギャップを埋めにかかるか。
そのあたりで、わからないとはいえ、
行方も多少は占えるはずです。

様子見したくはないけど様子見。
あるいは、仕掛けられるなら仕掛けもする。
デイでもいい。

ファナックは、来るなら買いです。

なんとも、まとまりませんが、本日の状況です。

ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

損切りで困ったらココです。
→ 損切り絶対主義!
5/15 なかなか下げません
寄付きはCMEから想定していたより、だいぶ下でしたね。
でも、そこからは上げました。
うーむ。
ずいぶん上げたなあ・・・と。
原因は、まあ・・・為替ですかね。

買いで見ていれば、それはそれでいいんでしょうけど。
売りで狙っていたものも、
これだと思うようには下げませんよね。

今は、ちょっと様子見しながら下げを狙うという
結構あいまいなスタンス。
それがいけないのかも知れませんが、
なかなか、見ているだけになってしまいますね。

ただ、下げのトレンドが来ないのかというと、
決してそんなことはないと思います。
チャンスはあると思って見ています。

チャンスがないなら、それはそれです。
来た場合のことを考えてやる、というのでいいのです。

相場はいつだってわかりにくいですから、
そうやってついていくしかありません。
いや、そうやってついていくのが正しいやり方です。

金曜日の下げのボーナスも、そういう過程の中で
手にしていけるものだと思います。

今の日経平均は、もはや上昇相場です。
75日移動平均線上向きで、75日線上での展開です。
基本的には買いの相場。
ただし、今現在は、ちょっと上がりすぎの展開。

売りの狙いがそれほど間違っているということはありません。
特に75日線下向きの銘柄は、
上昇の初動を狙うより、売り狙いで行きたいと思います。
どっちに行くかは五分五分です。

ニューヨークダウも、ちょっと高値付近でくすぶっています。

うまく行くといいんですが。

ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

損切りからトレード全体を考えます。
→ 損切り絶対主義!
5/14 損切りできないとき
なんだか理由もわからないけれども、
損切りできないときというのがないでしょうか?

それまでずっとルールを守って、
きちんとした損切りを続けてきたのに、
そのときに限って損切りできなかった・・・。

軽い気持ちで仕掛けてしまったときに多いのですが、
損切りの覚悟をせずにうっかり相場に入ってしまうと、
ついつい、損切りラインの意識なく、
ずるずる保持してしまいます。

絶対にダメ、とはわかっているのです。
わかっちゃいるけど、どうしようもないから、
始末におえないのです。

たとえば、このゴールデンウィークからの相場は、
空売りをやっていた人たちにとっては、
厳しい相場になりました。

といっても、しっかりと仕掛けのルールを守って
やっていれば、どうということもありません。
ただ単に、少々の損切りが生じただけで済んだと
思います。

しかし、「下がるんじゃないか」という予測をもって、
その予測とともに仕掛けていってしまった人は、
いきなり上げられて辛い思いになったのではないでしょうか?

そして、ギャップが空いての含み損の拡大は、
本当に厳しいものになります。

こういう厳しい状況の中だと、
やはり損切りにが非常にしにくくなってしまいます。

損切りは、一度機会を逃してしまうと、
次の機会は決めにくくなってしまいます。
「戻ってきたら」と思っても、戻ってこないことが多いですし。

遅れれば遅れるほど、損切りの失敗は、
深みにはまります。
思い立ったら吉日。
損切りは、最初のポイントを通り過ぎたら、
「とにかく、すぐに切る」というほかありません。

タイミングを図っても、改めてチャート分析をしても、
一度損切りに失敗しているなら、
どうしても目が曇ってしまいます。
正しい判断ができるようにはならないと思います。

すぐに切る。

そのほうがシンプルですし、わかりやすいです。

相場の鉄則は、相場には期待しない、自分は信じない、
ということです。

この話も、当然、
一定の分析の力がついてからの話にはなります。
チャートを見る力がない時に、相場の鉄則だけ知っていても
何にもなりません。

ただ、一定の分析力がついてくると、
相場に期待するし、自分を信じるようになるのです。

その状態が、損切りしない状態に移行しやすいのです。

損切りラインを一度過ぎたら「すぐに切る」。
それは、早ければ早いほどいい。
それだけのことなんですけどね。

ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

損切りからトレード全体を考えます。
→ 損切り絶対主義!
5/12 到達せず
20000円には到達しませんでしたね。
そして、いったん下げてきました。

決算も絡んで、思いもかけないボーナスになったのが、
ありましたね。
銘柄によっては、上からズドンと来ましたね。

場は結構荒れました。

こういう時のチャンスは、デイトレで狙うべきで、
持ち越しでは狙えません。
こうなると分かってはいないのですから、
うまく行ったとしても、単なる怪我の功名です。

来週の相場はどうなるか。。。

今日で、決算も終わりです。
来週から通常相場です。

まあ、とりあえずは週末。
ひとまず今日は、お疲れさまでした。

ともあれ、お休みしときましょう。

ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

損切り相談は、こちらから。
→ 損切り絶対主義!
5/11 2万円
今日の日経平均は強かったと思います。
昨日の弱ぶき具合から比べると、
かなり強いといえるのではないかと思います。

特に先物のほうは、ついに20,000円にタッチしてきました。
明日の日経平均の焦点は20,000円を突破できるかどうか
ということになりますね。

明日は為替次第です。
予測は何とも言えません。

空売り一辺倒はさすがに厳しくなってきたかなと思います。

下に行きそうな銘柄も、上に引っ張られてしまっています。
上げている銘柄は、めちゃめちゃ上げてもいます。

空売りを仕掛けたくても、下がらないから仕掛けられません。
要は仕掛けのポイントに株価が来ないということです。

待つのか、それとも買いに回るか、
判断の瀬戸際に来たような気がします。

客観情勢としては、買いにスタンスを移すべき時
ではあります。
ただ、ボリンジャーバンドから見て、
ちょっと上がりすぎ、ということもあるので、
様子見ですかね。

決算もありますし、明日は金曜日ですし。

ちょっと、面白くはないですが、仕方なし。
これも相場です。

腐らず、客観的に行きましょう。

ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

損切り相談は、こちらから。
→ 損切り絶対主義!
5/10 楽しみに・・・
今日の日経平均のローソク足は上昇。
高値更新はありましたし、
安値は昨日の安値より高かったからです。

しかし、停滞感は半端じゃないですね。
何とも言えない上昇しない感じが漂っています。

でも、昨日まさに書いたように、
これはイメージです。
客観的には上昇ですから。

イメージでやってしまうとすると、
明日いきなり売りますかという話になります。

「下がるイメージがあるから空売り」はだめです。
「実際に下げたから空売り」でないといけません。

明日から売りしようと思うなら、
仕掛けだけはイメージでやらずに、
「〇〇円以下に下げたら空売り」というように、
具体的な下げの基準を決めて仕掛けてください。

〇〇円まで下げなければ見送りです。

くれぐれも、ここkは厳密でなければなりません。
1ティックくらいずれてもいいだろう・・・ではありません。

仕掛けの時には、その1ティックが大切なのです。
運命を分けるポイントです。

それでも、イメージではあっても、
売りの相場への期待が出てきました。

今日は三井住友も仕掛けになりました。

さあ、ここからズドーンと行ってくれれば、
言うことなしなんですが。

うまく行きますかどうか・・・。

大丈夫。
ダメなら、損切り。
それだけです。

ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

損切り相談は、こちらから。
→ 損切り絶対主義!
5/9 今日も空売り
さすがに今日は下がりました。
とは言え、勢いよく山に登って一服しただけ、という様子。

それでも今日は空売りを仕掛けていきました。

昨日記事に取りあげた銘柄では、住友鉱山。
一応、何はなくとも仕掛けのサインです。

私は、こういうときは取り敢えずサインに従います。

確かに全体相場の状況からみて、売りは止める
というのもありでしょう。
傷は少なくてすみます。

しかし、それなら最初から、
仕掛けなど考えるだけ無駄です。

客観的なサインを無視して仕掛けないというなら、
それ相応の理由が必要だと思っています。
そこを簡単にスルーしているようでは、
トータルプラスにはなりません。

たいていは、その理由となるのがイメージです。
自分の立ち位置から見た相場のイメージ。

まだまだ上がりそうだ、とか、
今日の下げは小休止にすぎない、とか。
そういう理由で、仕掛けポイントをスルーします。

イメージを持つのは、必ずしも悪いことではありません。
しかし、イメージというのは、
きちんとした言葉にならないからイメージなのです。

つまりは、客観的には極めて疑問があるわけです。
一貫性も保証されません。

よほど相場に習熟した人が持つイメージは、
非常に信頼性が高いものと思います。
しかし、そうでもなというなら、
イメージなど、その場限りのニュアンスに近いようなものです。

自分のイメージを信じるのは、
通常のトレーダーにとっては自殺行為と言っても
過言ではありません。

必ず、イメージは破られます。

そう考えれば、
やはり仕掛けるサインでは仕掛けるべきなのです。

明日、どうなるかはわかりません。
損切りなら損切りです。

そこは、いつも通りの覚悟です。

相場はいつも、わからないのです。

ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

良い本は、触れるだけでも良い本だと思えるものです。
→ 損切り絶対主義!
5/8 上げましたあ!
終わってみればの日経平均。
なんとプラス450円です。
高寄りはもう想定の範囲内でしたが、
正直言って、ここまで上げてくるとは思いませんでした。

こういうときは、後講釈は禁物です。
全ては結果論です。

こういうふうに上がるのがわかっていれば、
誰でも買うわけです。
わからないから、仕掛けにくいのです。

私などは、この間ずっと、基本的に空売り狙いで
来ていますから、買おうったって買えません。

隙あれば空売りだというスタンスですから、
例えばセコム(9735)のような形が、
上昇に転んでしまうと厳しいです。

そしてまた、懲りずに三井住友(8316)なんかを、
売り狙いで見ていたりします。
あるいは、住友鉱山(5713)とか。

しかし、無理でしょうね。
今のこの相場の中で空売りで仕掛けていくのは。

でも、その「無理」に確たる根拠はあるでしょうか?

実は今日の動きを見たうえでの、
単なる印象ではないでしょうか?

本当に、日経平均はこのまま上へ上へと
上って行ってしまうのでしょうか?
すでに、ボリンジャーバンドを大きく飛び出しています。
案外、寿命は短いかもしれません。

そう思ってみれば、空売りも考えられるのです。

みんながみんな「さあ来るぞ」と思ったときほど、
思ったようには来ないものです。

まあ、思ったように来てしまったら、
それはそれで見ていればよし。
来ないことを考えて準備しておこうというのも、
いいのではないでしょうか?

千代建(6366)。
これもいい感じです。
結論はもしかしたら上かもしれませんが、
下に行ならボーナスにもなりそうです。

日経平均は、75日移動平均線上向きの上側での展開。
定義からすれば上昇相場です。

しかし、私のスタンスは、まだ空売り。
もう少し空売り。

スタンスを変えたところがトレンドの転換点、
というのは、本当によくある話なんです。
だから、空売り。

ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

良い本は、読む人を感動させるものです。
→ 損切り絶対主義!
5/7 明日からまた、焦るな
ゴールデンウィークは、4月に始まった新年度の
ちょうどよい休みです。
スタートダッシュがひと段落する前にひと休みということで、
問題は休み明けからの飛び出しです。

とはいえ、ここで焦っても何も始まりません。

トレードは相場が相手です。
相場は大衆心理の集合体。
自分だけではどうしようもないものです。

自分が焦ってはだめ。
むしろ、焦っている動きを見つけて、
他人の焦りの分だけ、自分の利益にしていくという
意識が必要かと思います。
(デイトレードの話です・・・。)

今一番困っている人、
取引に出ていかなければいけない人は誰でしょう?

買いで保持している人。
空売りで保持している人。
まずは、こういう人たち。

どうなったら、手放すと思いますか?
どちらが先に手放すと思いますか?

買い保持の人は、含み益が大きくなっていく過程にあります。
おそらく、ギャップが空く寄付きで手放そうとは
思わないのではないでしょうか?
そこから上がるのか下がるのか見極めようとするでしょう。

一方の空売りの保持の人は、含み損が膨らむ状況。
できれば早いところ手放したいと思うのではないか。
見るより先に買い戻しでしょう。

だとすると、とりあえず考えるのは買いですね。

しかし、空売り保持の買い戻しは、
すぐにひと段落してしまうかもしれません。
すると今度は、買い保持の人たちの
手仕舞い売りが出て来ると思います。

そして、この手仕舞い売りをこなしながら、
買い上りがあるのかどうかでしょう。
なければ下がるし、あれば上がるし。

そこまで行くと、今の段階では何も言えませんが、
ともあれ、当初は空売り保持の人が苦しそうではあります。

自分が焦っていると思ったら、
いつも「今一番焦っているのは誰か」を考えてみましょう。

そうすると、自分がいかに焦る必要がないかが、
わかってくるというものです。
そして、焦っている人程行動パターンがわかりやすいので、
容易に逆手に取ることができます。

ま、明日からはまた日常です。
決算に留意しながら、やっていきましょう。

ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

私もこの休み期間トレード本の読書しました。
→ 損切り絶対主義!
5/6 チャンスは平等
CME日経先物が、19,700円を抜けるまで
上げてきました。
月曜日の日経平均は大きくギャップを空けて
寄り付くのでしょうか。

今日は、もう土曜日。
ゴールデンウィークは、曜日の感覚が希薄になり、
いつの間にか「明日は月曜」となってしまいます。

ですので、今日あたりから、
明後日のことは意識しだしておきましょう。
明日もまだ休みではありますが、
明日からが相場であるかのように考えておくことで、
他人より少し先回りして考えられるように思います。

で、月曜日からは3月決算企業の決算発表が始まります。
発表のある銘柄は、少し株価が不安定な状況になります。

デイトレードなら、場中の発表があると、
それが一つのチャンスにもなります。
しかし、スイングトレードだと、若干のリスクになります。
だから、スイングは少しやりにくいというのが定説です。

私は場が見られるので、
デイトレードでボーナスを狙っていくこともできます。
しかし、サラリーマントレーダーの方だと、
スイングトレードが全てかと思います。

だからと言って、チャンスがないなどと
思う必要は全くありません。

チャンスはリスクと同義語です。
相場の場合は、本当にそうなると思います。

なので、デイトレならチャンス、
スイングならリスク、などという物言いは、
そもそも正鵠を得ているとは言えません。

あくまで、イメージの世界の話だと考えていいです。
正確なことを言うなら、
チャンスとリスクは、誰にでも平等に来ているものです。

自分ができる範囲の中での、月利10%でいいのです。

頑張っていきましょう。

ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

本は、必要な時にすぐ読めるようにしたいもの。
→ 損切り絶対主義!
5/5 なかなか聞けない数字の話
例えば100万円の株投資資金があったとします。

これを月利10%で仕掛けていくとしたら、
最初の月には、100万円で10万円の利益を出す、
ということになります。

ひと月に、相場がやっているのは20日間くらいですので、
1日の利益額は、10万円/20日ということで、
5,000円になります。

1日に5,000円の利益。
100万円の資金で、1日5,000円の儲け。

100株の仕掛けなら、50円ほど利益にすればいいし、
1000株なら5円ほどの利益です。

信用取引を使うと、100万円の資金の3倍ほどの
仕掛けができますから、
例えば、2,000円程度の株価の銘柄を、
1000株仕掛けて、200万円程度の投資です。

これが6~7円動いたところで利益にする。
それでいいわけです。

ただ、これはデイトレであればの話。

スイングトレードなら、
1日持ち越せば、10,000円。
2日持ち越せば、15,000円の利益が必要です。
1度でも損切りになれば、その分取り戻さねばなりません。

どうでしょうか?
簡単にできそうでしょうか?

結構大変な感じがしますよね。

実際にやってみると、思いのほか大変です。
なかなか月利10%を達成するには骨が折れるはずです。

もし、月にある程度の回数のトレードをやったうえで
1度でも10%を達成したことがあれば、
それはなかなかのものです。

コンスタントに10%取れれば、相当な実力です。
数百万円以上の余裕資金と、その実力があれば、
トレードだけでやっていける可能性はあると思います。

また、サラリーマンの副業としても、
最高級のレベルだと思います。

ぜひぜひ目標にしていただきたいと思います。

ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

トレード本を読むなら、今です。
→ 損切り絶対主義!
5/4 どこまで行けるのか
専業でも副業でもどちらでもいいのですが、
トレーダーとして、どの程度の目標まで見ておくのか?

これは、そのままその人のトレードの展望です。

10年後には、数十億の資産が欲しいと思う人もいるでしょうし、
毎年コンスタントに300万円くらいの副収入になればいい、
と思っている人もいるでしょう。

あるいは、もっともっと控えめに、
月3万円でいいから儲かるようになりたい、
というのが当面の目標という人もいると思います。

株式投資は、手法やルールを固めてかかっても、
その先に仕掛けのロットという量的な問題があります。

というか、ロットの調整によって、
考えうる儲けの金額も決まってきます。

利益が少なくてもいいなら100株単位で、
複数単元でもせいぜい200~300株の仕掛けにしておけば、
大きく儲かることも少ないかもしれませんが、
大きく凹むこともありません。

また、同じ手法だからと言って、
それが小ロットでないと通用しないとか、
大ロット用の手法だとか、そういうこともありませんから、
結局のところ、目標があるなら、
あとはロットでその達成に近づいていくということであるはずです。

できるできないということでいえば、現在の資金。
これも、目標を大きく規定します。

10万円からのスタートなのか、1億円からのスタートなのか、
それによって、到達できる位置と到達までの速度が
変わってくるでしょう。

一般論からいって、資金量はともかく、
トレーダーとして成功しているといえるのは、
月利10%程度の儲けでしょうか。

平均して月利10%が確保できる手法であれば、
そのすべてが余裕資金であれば、
1年後には、元金の約3倍と結構な儲けになります。
3年、4年と計算すれば、途方もない数字になっていきます。

という意味で、月利10%には大変な夢があるのです。

ただ、この月利10%は、なかなか達成できないと思います。
1か月でも達成できれば、まあまあ大したものです。

トータルプラスですら難しいですから、
月利10%は推して知るべしなのですが、
案外このことを皆さんは知らないと思います。

トータルプラスが実現できたら、その次は月利10%です。

資金量に関係なく、それがいいと思います。

ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

読むべき本について書きました。
→ 損切り絶対主義!
5/3 休み中に考えたいこと
昨夜のニューヨーク相場、CME。
大勢に変わりはありませんでした。
しかし、まだ今日は水曜日。
今日から明日、明後日と、ニューヨークの相場は続きます。

どこで何が起こるかわかりません。
何も起こらなかったとしても、
その結果が日経平均にどう出るか。
それもわかりません。

トレードは、それを本業にしている人も多いです。
サラリーマンとして本業にしている人もいます。
みんな、本気です。

人間が本気になると、そこには熾烈な競争が
生まれます。

このゴールデンウィークでも、
消費生活を満喫しようと思っている人もいれば、
ここを機会と死に物狂いで働いている人もいます。

働くことがいいとか悪いとか、
それは決して一面で捉えられるものではないですし、
現時点でどうなのかということで判断することもできません。

ただ、一つ言えるのは、
先の展望がどの程度あるのか、考えたほうがいいい
ということでしょうか。

自分の周りの環境ももちろんですが、
大切なのは、自分の気持ちです。
今やっていることが、
自分としてこの先「これでいい」と思えるかどうか。

そこは考えておいたほうがいいのではないでしょうか。

至極当然のことですが、
トレーダーとしては、どうしても目標をお金にします。
●●円儲かれば、トレードは終わり・・・といったように。

そのうえで、「いつかきっと、大儲けできるときがくる」
と、なんとなく思っているトレーダーも多いのです。

できれば、その時に、
どういう経路で大儲けできるのか、考えたほうがいいです。

いつ、どのように儲かるのか?

すでにトレードを一定期間やっている人ならば、
イメージできるはずです。
それができるかできないか。

せっかくのゴールデンウィークです。
そういうことも、休みの期間に考えておいて
と思います。

/i>ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

こちらのほうも、そろそろ更新していきます。
→ 損切り絶対主義!
5/2 私が売ったから上がった
自分が仕掛けると、その逆に行く。
これが、相場の法則だとしたら、
今日はその通りになりました。

いずれにせよ、今日は手仕舞いです。
来週の月曜まで日本では相場がありません。

日経平均は、思いのほか上げていきましたね。
私は、一般的に言うなら、もう、面目ないほどの大外れです。
(個人的には、全く気にはしていませんが。)

為替の影響なのでしょう。
円安が、この日経平均の上昇を支えました。

まあしかし、
ドル円チャートも、そろそろ節目で反転しそうです。

とはいえ、来週月曜までは、
ニューヨークダウの動きを見ているしかありません。
持ち越してしまった方には失礼かもしれませんが、
ほとんど年越しの持ち越しと同じです。
本当に、どうなるかわかりません。

特に、買いは・・・ズドーンと爆下げがありますよね。
少なくとも、爆上げよりは高い確率かと思います。

できれば、誰しも、
新たな気持ちで来週を迎えたいと思ったに
違いありません。

ところが、今度は決算発表が待っています。

なかなか、うまい具合にいきませんね。
ちょっと、わかりにくい相場になるかもしれません。

でも、大丈夫。

すべて、「いつものこと」です。
わかりやすい相場なんて、
そうそうあるもんじゃないんです。

基本は、「わかりにくい」のが相場なのです。

だから、勉強するんですよねえ。
わかりにくい相場を、どう利益にしていくかが、
勉強すべき価値なんです。

立ち止まるわけにはいかないし、
あきらめるわけにもいきません。
トレードで行きつくところまで行ってみるしかないのです。
私は・・・。

でも、一方で、急ぐつもりもないし、焦る気もしません。
相場はいつまでも続くし、
いずれは思い通りになるときがあります。

うまくいったり、行かなかったり、
その繰り返しの中で、少しづつ利益が溜まっていくのが、
私の理想の姿です。

それ以上は無理。

そういうスタイルで、これからもやっていきます。

ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

「軽い気持ち」の罪。
→ 損切り絶対主義!
5/1 上がると困るが
昨日書いていた金融系の銘柄。
今日、空売りの仕掛けになりました。

しかし、10時半ころからの日経平均の上昇で、
「うーむ」の状態になりました。

仕掛けないほうが良かったかな?
と、考えてはいけない思いが、
頭を少しだけよぎりました。

しかも、日経平均は、このまま継続して、
上がっていきそうな感じ。

大人しくしていれば、
こんなことにはならなかったのに。

でも、これは、どこまで行っても結果論です。

こうなることがわかっていれば、
空売りなんかしません。
でも、仕掛けたときには、そのことがわからないのです。

後悔しても始まらないし、
そもそも反省するようなことでもありません。

本当に、明日上がると思いますか?

今日、買いで仕掛けてしまった人には、
必ずしもそう見えてはいないのではないでしょうか?

相場は、自分が今いる位置によって、
様々違って見えるものです。

買ったときには、下げそうに見えるし、
売った時には上がりそうに見えるんです。
そこは、確かにメンタルなのでしょう。

しかし、そう見えたからと言って、
その見え方に沿った行動をしてしまうと、
メンタルに左右されたトレードになってしまいます。

私は、幸いにして、
メンタルに左右されるとろくなことにならないということを
骨の髄まで知っているつもりです。

だから、悲しんだり喜んだりはしますが、
そのことによって行動を変えることはしません。

今は、明日上がってもらっちゃ困る・・・
という気分です。

ですが、上がったら、損切りするだけです。
下がったら、見ているだけです。
他にやるべきことも、やりたいこともありません。

仕掛けた先は運命です。
その都度法則性のあまりない運命です。

ゴールデンウィークの相場。
いつも通りに行きましょう。


ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

「軽い気持ち」でトレードするとはどういうことか。
→ 損切り絶対主義!