損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
6/23 手仕舞いと熟成の週
ますます持ち合いの様相が濃くなってきています。
日経平均は、小幅ながら終値では上昇。
しかし、ローソク足の比較では下降の形。

まあ、全体の出来高も少なく、
大したことも起こらず、仕掛けもできず、
ただ、狙いの銘柄の形が熟成されていったという
感じを持ちました。

まだ仕掛けられていない、日産自動車・・・、
ますますの持ち合い。
次第に発射の時期が近づいてきている印象です。

不動テトラ、郵船は、実はまだ保持しています。

郵船なんかは、もういったん手仕舞いでもいいじゃないか
と思うかもしれません。
これ以上下げたら損切りなんですが、
ラインに引っかかりもせず、
日経平均MACDもデッドクロスせずじまいで、
多少宙ぶらりん感はありますが、保持のまま。

郵船に期待しているのは、
日本化学(4092)の展開のイメージです。

日本化学日足チャート
日本化学日足170623
(クリックすると大きくなります。)

この銘柄は、下降相場から25日移動平均線の横ばい化と、
その周辺での持ち合い、
そして75日線までの上昇となっています。
典型的な、下降相場から上昇相場への移行過程です。

この後、無事にグランビルの上昇初動に入るかどうかは
わかりませんが、
そうなれば、さらに仕掛けチャンスが出てくるでしょう。

郵船も、こんな感じになればいいけれどな、と。
今週後半は、逆に行ってしまったので、
そうはなりませんでしたが・・・。

また、こんなのも見つけています。

日立造船日足チャート
日立造船日足170623
(クリックすると大きくなります。)

今となっては、郵船などより有利な形でしょう。
コチラのほうが日本化学に似ていますね。
なんとなく、550円が意識されているようですので、
来週そこを抜けたら、買ってみるですね。

今週は、手仕舞いと熟成でした。
半ば不本意ですが、持ち越しも出てきてしまいました。
来週ますます、熟成のうえ、爆発してくれるといいなと思います。

熟成の銘柄は、他にもまだまだあると思います。
来週は、これらの仕掛け時になると面白いですね。
証券銘柄に続く、発射爆発第二弾が、
現実になるかもしれません。

土日でまたじっくり見ていきましょう。

今週もお疲れさまでした。

/i>ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

破滅を経験する必要などありません。
→ 損切り絶対主義!
スポンサーサイト
6/22 MACDには注意
今日の日経平均も下落。
場中は、結構な乱高下で、なかなか大変でした。
とはいえ、2万円はキープしていますし、
何とか5日移動平均線の上にはいますので、
まだまだ上昇は見込める位置にいると思います。

ただ、気になるのはMACDの動きです。
デッドクロスが近づいてきています。
日経平均のMACDゼロライン上でのデッドクロスは、
私の場合は買い保持の返済売りが絶対です。

どんなに利益が出ていても、損切りラインに来ていなくても、
いったん終わりにすることにしています。

どうしても買い保持を続けたければ、
いったん売り戻したうえで再度買いなおします。
ばかばかしいと思うかもしれませんが、
そうすることで一貫性だけは担保しています。

すでに、買い保持銘柄はこの数日でわずかしかありませんが、
明日デッドクロスなら、文句なく手仕舞いです。

このMACDのゼロライン上でのデッドクロスは、
個別銘柄にも適用されるルールです。
個別銘柄で、これが起きたなら最低でも翌日朝には手仕舞いです。

MACDは普段はあまり見ていないことも多いので、
ついつい忘れてしまいますが、
デッドクロスには敏感でいるようにしています。
過去に何度も、これで救われてもいます。

デッドクロスが起きても特段の動きがないことも多いです。
しかし、深刻な下落が起こることもありますので、
看過しないほうがいいと思っています。

さて、今日の相場では、
正直あまりうまくはいきませんでした。
銘柄によって、動きがかなりまちまちでした。
日足のチャート形と関係なく、上げたり下げたり、
非常に追いかけにくい動きをした銘柄が多かったように
思います。

そして、持ち合いの銘柄は、
ますます持ち合いの色を濃くして来ています。

やはり、待ちの時です。

といいつつ、明日はすでに週末。
そうそう大きく仕掛けられる時でもありません。

ただ、このところ金曜日に出来高が大きくなる傾向が
明白に出ていますので、
大きな変化があるかもしれません。

心しておきたいと思います。

/i>ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

破滅を経験する必要などありません。
→ 損切り絶対主義!
6/21 いったん終わり
日経平均の上昇はいったん終わりました。
個別銘柄も、昨日、今日で買いはほぼ手仕舞いです。

そういう意味では、日経平均のボリンジャーバンドが
良く機能したということになります。
そのまま突き抜けるかもとも思ったのですが、
そうはなりませんでした。

逆に、今日は75日移動平均線下向きの銘柄の
空売りデイトレがそこそこ決まった日でした。

買いの手仕舞いと同時に、
三井住友、JFE、セガサミーあたりを見ておりました。
ただ、まあ、本当にそこそこでした。

買い保持の銘柄で、まだ保持を続けているものがある中、
空売りを考えていくというのも、私としてはあまりないことで、
少し落ち着かない思いはしています。
スイングであれ、デイであれ、両建ては疲れます。

両建ての状態は、全体相場の見方が、
自分の中でクロスオーバーしてしまいます。
デイトレはデイトレで割り切るようにはしていますが、
それでも、なかなか完全ではありません。

ただ、やっていて感じたのは、
案外75日線が下向きの銘柄も多いということ。
DeNAや東京海上、ファストリのように75日線が横ばいで、
どっちつかずのまま行ったり来たりしていのものが多いなあ
とは思っていました。
しかし、完全下向きの銘柄が案外多いのには
あまり個別には意識が行っていなかったように思います。

ただ、じゃあスイングの空売りができるかというと、
それも銘柄次第だなあと。
空売りは、常に狙いたいと思っていても、
日経平均の様子を見ていると、
今はちょっと厳しいなあと思っていたのでした。

その思いに、変わりはありません。
やはり、スイングでの空売りはできませんでした。

そうはいっても、日経平均の動きはわからないし、
シナリオに掛けるのはいいとしても、
予測に掛けるのは違うなあと思うからです。

明日も下がるのか、反転するのか。

どんな状況であっても、それはわかりません。
買いのシナリオはまだ生きています。
そして、売りのシナリオも立てられると思います。

でも、シナリオはシナリオにすぎないので、
実際に幕が開いたというサインがなければ、
シナリオはスタートしません。

スイングの次のシナリオは、なかなかスタートしないように
思います。

それは仕方のないことです。
自分ではどうすることもできないことですから。

下げたとは言え、日経平均がしばらく抵抗になっていた
2万円を割ったわけではありません。
下げてもその辺りが支持線になるでしょう。
極めて妥当すぎる判断ですが、
空売りはもう少し待ちます。

今のところ、明日も買いのチャンス狙い。
ダメなら空売りのデイトレ。
それで行きます。

(ちょっと、わけわからん事を書いてしまいました・・・)

/i>ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

損切りは失敗は破滅への道
→ 損切り絶対主義!
6/20 ボリンジャーバンド抜け
ボリンジャーバンドの狭いところからのバンド抜けは、
もうちょっと上昇を待つというイメージでとらえています。

今日の日経平均が、その形。
ギャップを空けて、上に飛びましたので、
買い保持銘柄は、利益が乗ってきました。

結局のところ、株トレードは全体相場と歩調を合わせる
ということがものすごく大事だと分かります。

私は、先週の木曜、金曜から買いを持ち越してきました。
それが、うまく行ったのは、ほとんど相場のおかげです。
相場の動きにかかわらず個別銘柄の動きだけで仕掛けて、
それで成功したというわけではありません。

それがテクニックだと言われればそれまでですが、
先週に仕掛けていれば、どんな銘柄でも、
たいていは上昇しています。
全体相場の動きにつていければ、
それだけで利益を出すことができるのです。

以前にも、トレードで押さえておくべき要素として、
4つのことを挙げています。

相場判断、チャート選択、仕掛け、仕切り。

利益を出すということを考えたとき、
まず第一に全体相場の動向を検討する相場判断が
大切なのです。

もちろん、チャートの選択や仕掛け、仕切りも大切です。

しかし、全体相場がわからなければ、
それらは無駄な努力に終わる可能性もあるのです。

極端な言い方をすれば、
相場判断ができて、損切りができれば、
自然に利益は溜まっていくといってもいいと思います。

ただ、肝心なことは、
相場判断というのは、往々にして結果論で語られます。

今回、私がうまく行ったのも、
ある意味、たまたまです。

相場判断が正しいか間違っていたかは、
そう簡単に決められません。
結局そこは結果論でしかないのです。
次回また、同じようなケースでうまく行くかどうかは、
やっぱりわからないのです。

そこが相場の難しさ。

だから、うまく行ったときには、とことんうまく行くのと同時に、
うまく行かなかったときには、
うまく損切りするということの繰り返しが、
トータルプラスには必要になってきます。

利益が出たから喜ぶのは、当然のことですが、
それがトータルで継続することのほうが嬉しいはずです。

どこがたまたまで、どこがテクニックなのか。
自分のトレードを、しっかり振り返ることです。

たまたまの繰り返しをトータルプラスに持っていく、
というのが、トレードの成功です。

改めて踏まえておきたいと思います。

/i>ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

損切りは失敗は破滅への道
→ 損切り絶対主義!
6/19 我慢して買い保持
出来高もなく、さほど強いとも感じませんでしたが、
今日の日経平均は上昇しました。
トレンド転換と言ってもよいでしょう。

私は、買い保持銘柄の監視と若干の仕掛け。
ソフトバンク、楽天、岡三は、まあまあ。
郵船、松井は足踏み。
カブドットコムが新規仕掛けです。

昨日書いた日産は、下に行きましたね。
しばらく監視継続です。
(実は、昨日の記事がアップされていなくて、
 下書きの中に入ったままでした・・・。
 あわてて、先ほどアップしました。)

不動テトラは、25日線を抜けてきました。
このまま、明日以降185円をつけてくるなら、
買い仕掛けていくつもりです。

今か今かと待つ仕掛けには忍耐が必要ですが、
買いの場合には保持するにも忍耐です。
そうそう思い通りにならないのが買い保持です。
特に、全体相場が思うように動かなければ、
どうしようもないわけです。

今回は、比較的損切りラインを深く置いて、
持ち合い的な動きに反応しないで粘っていこうと思います。

ドル円の動きやチャートを見ていると、
どうしても日経平均が下がるほうに考えてしまいます。
今日の日経の出来高も少なかったので、
225銘柄にはどうも活気が感じられないとみる向きも
あるかと思います。

確かに、資金は大手主要銘柄よりマイナー銘柄のほうに
行っているような気がします。

しかし、それも持ち合い的な流れの中の局面です。
上昇相場であれば、また流れは来ます。
何とかそこまで持ち合いで持ちこたえておけばいいのです。

また、下落するなら損切りすればいいだけです。

できるだけ、状況の日々の変化に合わせるのでなく、
自分のルールに合わせることを重視したいと思います。

一貫性とは、そういうことだと思います。

/i>ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

損切りは絶対に失敗してはなりません!
→ 損切り絶対主義!
6/18 やはり気になる爆発銘柄
五分五分だが、やや下降の予想が優勢、
というのが私の明日からの相場に対する感じです。

だからといって、下降の形の銘柄を狙う
ということではありません。

確率的には、やや低いかもしれなくとも、
現実になったときに、より効果が大きいほうを選ぶ、
というのが正しい方法だと思います。

今の状況なら、私はやはり買いです。

先週の仕掛けもそうですが、
東証一部の銘柄を見ていて、
しばらく持ち合いの状態が続ていいる銘柄が
目立ってきていると思いました。

究極の持ち合いに近づくと、
ローソク足の動く範囲が次第に狭くなっていくと同時に、
日足のチャートは以下のような様子になります。

・ボリンジャーバンドの幅が狭くなってくる。

・ボリンジャーバンドの中に、
 75日、25日、5日の移動平均線すべてが入ってくる。

・3本の移動平均線がすべて次第に横ばいになってくる。

そして、究極までボリンジャーバンドが狭くなったところから、
何らかのきっかけで持ち合い放れが開始すると、
大きく放たれます。
上に放たれるか、下に放たれるかは、
その時の状況次第ですが、大きく放たれるのです。

持ち合いは範囲が狭いほど、期間が長いほど、
放たれる度合いが大きくなります。
その直前の形が、上のような形です。

このブログでも、何度か取り上げてきた、
爆発、発射台の形です。

それなりにボラのある東証一部のメジャーな銘柄では、
なかなか流動性もあって、上の形は見つかりません。

しかし、今回、完全な形ではないにせよ、
いろいろ見つかってきているので、
私はチャンスだと捉えているのです。

日産自動車(7201)。
かなりきれいな形になっています。
まだ、ボリンジャーバンドが狭くなろうとしています。
もうしばらく持ち合いが続けば、激熱の状況になります。

日産自動車日足チャート
日産自動車日足170616
(クリックすると大きくなります)

一目均衡表を気にする銘柄ではないなとは思いますが、
それでも、今の位置が雲の上にちょうど出ているのも、
強調材料にはなるでしょう。

最有力監視銘柄になるかと思います。
明日以降、見守っていきたいと思います。


/i>ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

トレードに関する相談はコチラで、お気軽に!
→ 損切り絶対主義!
6/17 来週はやや下降有利か
昨夜のニューヨーク。
上昇でしたが最高値の更新まではいきませんでした。
高値付近での持ち合い的な動きいなっています。

ドル円為替は、110円台の後半。
昨日の水準を維持したままです。

また、CMEの様子を見ると、
月曜日の日経平均は、金曜の終値付近からの
始まりになりそうです。

日経平均の焦点は25日線から2万円になってきました。
昨日は、一瞬抜けましたが、
それだけで押し返されています。
月曜日に、またそこにチャレンジするのかどうか。
あるいは、下げていくのかどうか。
そのあたり五分五分の感じになっています。

しかし日経平均のチャートでも先物のチャートでも、
2万円の下あたりに価格帯別売買高の山があります。
ということは、ここを抜けていくには、
それなりの需給の崩れがないとだめだということ。

値を上げていこうとするなら
それなりに大きな買いの力が必要になる
ということです。
でなければ、持ち合いか下降になるでしょう。

そう考えていくと、上昇するのも簡単ではありません。
五分五分というより、どちらかというと
下に行くんじゃないかという観測もありえますね。

トレンド転換も、先物やTOPIXを見ると、
まだしていないという判断が正しいようです。

来週の相場は、とりあえず五分五分だがやや下降有利、
と見ておくほうが妥当なのかと思います。

私は買い保持のまま持ち越した銘柄がいくつもあるので、
もちろん上昇の期待はしつつも、
状況はきちんと見ておきたいと考えています。

スイングにはとても難しい局面が続いています。
上昇相場にあることは確かでも、
買いのきっかけをつかむのが難しいと思います。

昨日は、その意味で貴重なチャンスではありました。
ただ、まだまだ上昇のかのぅ性が大きく高くなったわけでは
ありません。
引き続き、慎重に仕掛けていきたいと思います。

明日、また監視に足る個別銘柄を検討したいと思います。


/i>ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

トレードに関する相談はコチラで、お気軽に!
→ 損切り絶対主義!
6/16 煮え切らないが上昇は上昇
瞬間的に2万円を抜ける場面もありましたが、
結局日経平均は上昇続かずに戻ってしまいました。

とはいえ、昨日比ではローソク足で上昇、
かつ終値でも上昇です。
そして、なかなかの出来高。
6月はどうも週末の金曜日が活発です。

何よりも、このアメリカの情報を受けての急激な円安。
まずはこれが効きました。
買い保持していた人にとっては恵みの円安。

ただ、日経がトレンド転換したかどうかは非常に微妙です。
ラインを引いてみても、あまりに微妙で
何とも言えません。
正確な判定は、ほとんど顕微鏡の世界です。

しかしながら、ソフトバンクや楽天といった上昇形の銘柄は、
しっかりと上昇を見せました。

また、松井や岡三も今日はプチ爆発。
コンコルディアは、寄付きはよかったんですが後場に下落。
いずれも、ボリンジャーバンドの+2σが意識されています。

爆発の形は、ボリンジャーバンドを突き抜けて動くところに
狙いがあるので、今日の半端な動きはなんとも・・・。
来週に期待ということですね。

大きく動く銘柄は、
逆の方向にも大きく動く可能性があるので、
持ち越しはリスクになります。
しかし、ここは、形を信頼して持っていきます。

野村やカブドットコムにも、再び芽が出てきました。
来週の監視銘柄に入れときます。

さらに、今日は郵船も早々とボリンジャーバンドの
+2シグマに到達。
これはこれで、下降相場から上昇相場に向かうときの
買い仕掛けの典型例です。

もう少し持ち合ってもらったほうが、
形としては教科書に近づくのですが、
今日は今日でチャンスとばかりに仕掛けました。

今日は、私の認識ではチャンスを捕まえる日。
いったんは含み益を確保しました。

ただし、それも月曜日以降の展開次第です。
含み益は含みにすぎません。
実利ではありません。
来週、ゼロになり、あるいは損切りになり・・・
ということまで覚悟の中に織り込み済みです。

だからこそ、持ち越したんです。
含み損が消えてしまったときに、
思い切りがっかりするトレーダーは数多いのですが、
それなら持ち越さないことです。
持ち越しておいて、がっかり・・・というのでは、
虫が良すぎます。

人は、お金が絡むと虫が良くなるものですが、
トレードはそれだとうまく行かないようですね。

今週も、お疲れさまでした。

/i>ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

トレードに関する相談はコチラで、お気軽に!
→ 損切り絶対主義!
6/15 上昇したいが下に行く
FOMCの結果は、期待外れということで、
為替は円高の方向へ少しシフト。
場中は、その為替の動きに合わせるように推移。

日経平均の下降トレンドラインも、
次第にはっきりしていきました。
25日移動平均線が焦点になっていますね。

連日の話で恐縮ですが、
やはり、狙いは25日線からのトレンド転換です。
このまま下に行ってしまえば仕方なしです。

私の場合、松井、岡三はすでに買いで仕掛けて保持。
コンコルディアは待ち。
大和、JFE、野村は下にブレイクしましたから、
いったん狙いから外しておきます。

この間、不動テトラ(1813)の日足チャート形も
気になってきました。
は、このままいましばらく持ち合いで推移するなら、
大きな上昇狙いで行きましょう。

また、これも気になる郵船(9101)
75日線の下で下降相場を形成していますが、
25日線が横ばい、安値更新せず持ち合っています。
25日線からの上昇狙いで見ていこうと思います。

上向き25日線からの上昇狙いの銘柄は、
JT ソフトバンク、楽天あたり。
他にもたくさんあるでしょう。
日経平均がトレンド転換を果たせば、相場の中心になるはず。

一方で、ちょっと様子見レベルなのは75日線横ばいの銘柄。
アドバンテスト、DeNA、NTTドコモ、東電、東京海上など。
これもあたくさんあります。
ちょっとシナリオが立てにくいかと思います。
この形から、SUMCOのように下にブレイクしたものもあります。

さらに、空売りしたい形は、
丸紅、三井住友、太平洋セメント、みずほ。
全体上昇相場では、仕掛けにくいですが、
見ておくだけは見ておきます。

すいません。
今日は、気になった銘柄ばかりあげつらってみましたが、
狙いは日経平均のトレンド転換の時です。

明日は金曜日。
なかなか持ち越ししにくい状況かと思います。
でも、行けるなら行きます。
行けるなら・・・とは、日経平均の状況次第です。
個別銘柄のブレイクだけだと心もとないかと思いますが、
それでもケースバイケースです。

全体相場は煮詰まってきています。
チャンスを逃さないように、でも焦らないように、
頑張っていきます。

/i>ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

損切り、トレード相談はコチラで、
→ 損切り絶対主義!
6/14 為替に注目か
案外下げました。
日経平均は寄付きが高く、
そこから上昇かと思っていましたが、
そうでもありませんでした。

ローソク足は陰線ですが、
昨日の足との比較では上昇です。
安値は割っていません。

上下どっちに行くかは、よくわかりません。
MACDは変わらず下に伸びていますから、
下降状況のままですが。

焦点は、ドル円為替でしょう。
今日の日中は、完全い持ち合いでした。
110円の少し上を、行ったり来たりで、
この傾向も昨日と変わっていません。

今夜は、アメリカでFOMCということで、
この状況次第で為替が動くと言われています。

要は、そこ次第・・・。

明日の朝までは、何とも言えません。

為替が動いて、
明日は日経平均がきれいにトレンド転換するのか。

であれば、シナリオ通りの買い。
でなければ、様子見と空売りのデイトレです。
状況は変わりません。

今日は、岡三証券。
75日移動平均線抜けで仕掛けました。
ですが、大して伸びずにちょっとした含み損。

松井証券は保持したまま。

このまま、あすドーンと下がるようなことだと、
損切りになる可能性も高いですね。
お願いしても仕方ないんですが、
全体的に上がってくれるといいんですがね。

まあ、なるようになる・・・でしょう。

/i>ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

送料のみ550円で手に入る、おススメNo.1!!
「維新流トレード術」

今の日経平均、一目は役に立たないですね。
→ 損切り絶対主義!
6/13 持ち合い上放れ狙い
今日の日経平均は持ち合い。
昨日のローソク足も大きな足ではありませんでしたが、
今日はさらに小さく昨日の足の中に納まりました。

日経平均の25日移動平均線が少し垂れてきました。
MACDは、下に凹んできています。
このまま、明日以降も下降してしまうのでしょうか。

もちろん、その可能性はあります。

ただ、期待するのは、
今月初めに日経平均が25日線にタッチしてから急上昇
したような動きでしょう。
2匹目のドジョウを狙っていくのがいいと思います。

そんなにうまくはいかない・・・でしょう。
でも、それが明日にでも起こる可能性があるのですから、
準備はしておいていいと思います。
上昇の形になりそうな銘柄はピックアップしておきましょう。

私は、昨日までに挙げた75日線からの爆発候補銘柄。
今日も、大して動きませんでした。
松井も保持のまま。
コンコルディアは仕掛けに至らず。

同じような形になってきたJFE。
まだもう少し時間かかりそうですが・・・。

あと、日経平均のようにトレンドラインを作りつつある、
楽天、ソニー、任天堂、ソフトバンクも買い対象。
日本電気硝子なんてのも見ておいていいでしょう。

いずれにしても、日経平均がこのタイミングで、
トレンド転換して上昇したら、
本格的な買いのスタートになります。

今は、それを待っているような状況です。
下げていくなら、デイトレの空売りで、
当座の利益を目指していくというスタンスですね。

そんなシナリオをもって、
明日から3日間、進めていこうと思います。

/i>ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

送料のみ550円で手に入る、おススメNo.1!!
「維新流トレード術」

一目均衡表の雲の上は上昇、雲の下は下降。
→ 損切り絶対主義!
6/12 売りよし
買いより売りですね。
日経平均は、為替円高の影響でなかなか上昇できません。

買いは様子見。
売りのほうが有利な全体相場になりました。

大きく買われていた銘柄は、
今日は、大きく売られていました。

任天堂やソフトバンク、ファストリといったあたりは、
今日結構下げました。
前場でうまいこと仕掛けられた人は、
結構な利益になったのではないでしょうか?

JTなどは25日移動平均線からの反発で、
結構上昇したのですが、
さすがに今日の今日では買いにくかったでしょう。

むしろ、下降相場の中で、
ちょっとした安値パーティションができていたファナックの
空売りのほうが、まだやりやすかったと思います。

昨日挙げておいた、爆発銘柄は、
今日は全くの不発。

というか、松井証券だけは、
買い仕掛けで引っかかりました。
しかし、仕掛けた後は下げてしまったので、
すでに含み損になってしまっています。
明日以降、少しづつでも上昇していってくれることを
期待するしかありませんね。
まあ、期待できる形ではあるので。

コンコルディアは、寄付きにギャップが空いてしまったので、
仕掛けませんでした。
こちらのほうも、その後下げていますので、

明日またチャンスがあれば仕掛けます。
ちょっと変則的になりますが、
551円で仕掛けたいと思います。

ただ、為替の円高傾向がそのままであれば、
買いよりもむしろ売りで行きたいとも考えています。
売れるチャートもたくさんありますので。

今時点では、何とも言えませんが・・・
明日も頑張っていきます。

/i>ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

一目均衡表の雲の上は上昇、雲の下は下降。
→ 損切り絶対主義!
6/11 明日以降のチャート
先週。今後大きく動きそうな銘柄として、
コンコルディア(7186)大和証券(8601)を挙げました。

大和証券はちょっとしたに足踏みしていますが、
コンコルディアはいよいよ75日移動平均線が
ボリンジャーバンドの中に入ってきて、
大きく動く前提がさらに整ってきたように思います。

コンコルディア日足チャート
コンコルディア日足20170609
(クリックすると大きくなります)

金曜日にはその75日線まで上昇してきましたね。
一瞬だけ75日線を抜けてもいます。
これで、75日線に触れたのは2度め。
グランビルの上昇初動に入ってもおかしくありません。

もし明日、金曜日の高値を抜けるなら、
買いで仕掛けていいのではないでしょうか。

実は、同じような形が証券のチャートに見られます。

野村(8604)
野村HD日足チャート
野村証券日足20170609
(クリックすると大きくなります)

これは、本当にコンコルディアに近い形。
もう少しだけ持ち合いが続くかもしれませんが、
いずれ75日線抜けができれば
上昇初動に入っていくように思います。

松井(8628)
松井証券日足チャート
松井証券日足20170609
(クリックすると大きくなります)

岡三(8609)
岡三証券日足チャート
岡三証券日足20170609
(クリックすると大きくなります)

カブドットコム(8703)
カブドットコム日足チャート
カブドットコム日足20170609
(クリックすると大きくなります)

これらはすでに一度75日線抜けを果たしています。
が、本格的な上昇初動に入れずに足踏みしています。
明日75日線抜け、持ち合い放れが実現するかどうかは
わかりませんが、これらもまた本格的な上昇が来る形だと思います。

証券会社の株価は、
株式市場が上昇して盛り上がってくればそれに比例して
上昇するのが道理です。
そういう意味では、日経平均の動きには敏感に反応する
はずではあります。

チャートばかりたくさん出してしまいましたが、
今後の上昇をしっかりとらえようとするなら、
これらのチャートの形をよく見ておくといいと思います。


/i>ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

一目均衡表は「雲」です。
雲のイメージさえつかめれば一目は終わりです。
→ 損切り絶対主義!
6/10 月曜日は2万円下から
昨夜のニューヨークダウ平均は上昇。
しっかりとした陽線かつ最高値の更新となりました。

しかしながら、CME日経先物は朝方2万円割れ。
為替が円高方向になったことが要因となりました。

このまま月曜日に入るなら、
日経平均はすんなり上昇というわけにもいかず、
2万円手前でまた足踏みする状況になるかもしれません。
狙いもまた絞りにくくなりますね。

持ち合いの想定となれば、
デイトレは買いも売りも両方狙っていくことになります。
場合によっては同時に両建て(別銘柄)とか、
あるいは、日経平均と関係なく動く銘柄を中心にするとか、
持ち合い時の体制を整えておくべきかと思います。

いつものトレンドフォロー(順張り)の戦術だけだと、
損切りが増加すること必至です。
ブレイクがダマシになるのも持ち合いの特徴です。
逆張りとは言いませんが、
ある程度、逆張り的な仕掛けも有用になります。

日足ではトレンドがないけれども、
分足でははっきりとしたトレンドが出るということもあります。

個別銘柄の短いトレンドでも、
それがトレンドである限り、きちんと狙っていくのが
デイトレです。

そういう意味では、持ち合いの準備はするけれども、
銘柄選択に関して言えば、それはやはり通常通りの
絞り込みということに尽きますね。

どう考えても、持ち合いの時専用の銘柄というのも、
あり得ませんからね。

通常通りの選択をしていきながら、
銘柄ごとに、持ち合い対応を考えるということでしょうか?

なんだか、難しいですが・・・
やっておきたいと思います。

/i>ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

一目均衡表を解説しました。
非常に、荒っぽい解説ですが、参考になるはずです。
→ 損切り絶対主義!
6/9 上昇転換にはもう少しか
今日の日経平均だけだとまだ早いかなあと感じます。
一応、ローソク足の判断は上昇。
昨日よりも高値は高いし、安値も高く、
おまけに、終値でもプラスで100円超。

週初から、持ち合いと下降の足の連続でしたので、
週末になって、やっと上昇の足が出たという
格好にはなりました。
出来高も週末になって復活しています。

しかし、MACDをよく見ると、昨日デッドクロスしたまま、
回復はしていません。
小さいながらもトレンド転換・・・かというと、
そうでもありません。

相場全体として、スイングのチャンスを見出すには
まだまだ不足な感じがしますね。

朝方は、日経平均にダマされました。
寄付きからの上昇から下降。
そして、朝の安値割れでの空売り、と思って、
任天堂などに手を出したところ、ほぼ瞬殺。

一方で、DeNAは75日移動平均線をまたいでの、
ギャップの寄付き。
「これはいきなりの買い!」と思ったのですが、
空売りのほうに目を奪われて動けず。

さらに、ファナックも任天堂と同じで、ほぼ瞬殺。
NTTドコモは少しだけとれたんですけれども、
そのあたりで、売りは止めて買いにスタンスを転換。

しかし、時すでに遅し、という感じで、
前場の上昇にはうまく乗れませんでした。

後場は東芝などが踏み上げっぽいな動きになっていたので、
少しだけやってはみましたが、
これも十分にチャンスをつかめたとはいいがたい結果。

思うようには動けなかったな、と反省です。

やはりデイトレードは、朝方にうまくさばけないと、
展開が苦しくなりがちです。
決して焦ることはないのですが、
朝、うまく波に乗れると余裕もできてくるし、
自分の強みがうまいこと発揮されるようです。

こういうのは、メンタルとも言えないし、
あえていうと、「その日の調子」みたいなものかなと
思ったりしています。

まあ、調子のいい時もあるし、悪い時もあるし、
非常に不合理な感じはあるんですが、
それもやはり相場が完全にはわからないからだと
自分なりに納得しながらやっています。

高望みすることなく、いつもの調子で少しづつ。
これが、私にはいいようです。

今週もお疲れさまでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

別サイト「損切絶対主義」のほうでは、
いろいろな相談をいただいていますが、
整理していくと、やはり自分の手法に自信が持てない、
という方が多いようです。

それもそのはずで、本の手法でも自分の手法でも、
実際に相場でどの程度の実績が挙げられるか、
なかなか検証できないわけです。

特に、やり始めたばかりの方は、
どうひっくり返っても、成功体験は少ないですから、
自信が持てないのは当たり前です。

自信が持てないまま、トレードをやれば、
損切りのラインも、利益確定のラインも、
信じられずに、ずるずる失敗してしまいます。

そういう方には、まずは、この本です。

「維新流トレード術」

連日、おススメさせていただいておりますが、
やっぱり、いい本です。
期待して読んでも、期待せずに読んでも、
同じように効果は得られると思います。

具体的な質問があれば、私にお聞きしていただいても、
構いません。

/i>ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

私なりの一目均衡表の活用法をまとめました。
ご参照いただければ嬉しいです。
→ 損切り絶対主義!
6/8 空売りが決まる
今日の日経は寄付きが高く、
そこから一貫して大引けまで下げが続きました。
特に、後場14時あたりからの急落はそれなりに強烈で、
空売りでは利益が出ました。

更によかったのは、朝の5-6分は一応上昇したこと。
これがあったために、デイトレ銘柄は朝一過ぎから、
空売りの仕掛けがしやすくなりました。

いつも見ている銘柄は、次々に仕掛けました。
ソフトバンク、ファナック、DeNA。
しbらくしてから任天堂。
ファストリは後場になりました。

デイトレで、パワー総動員です。
ここまでデイトレで集中することはめったにないほど、
相場にかかりきりになりました。

まあ、それだけ利益チャンスが多かったということです。
今日は、何をやっても空売りで利益が出たというほどの
空売りデーだったと思います。

デイトレの利点は、いつでも逃げられるということ。

ですので、日ごろ見ていたり、ボラのある銘柄については、
日足のチャート形とは無関係に、分足で仕掛けていくことが
できます。
(もちろん、念のため日足は必ず見るのですが・・・)

参加者が多い銘柄は、いきなりの仕掛けも
あり得るのです。
今日は、そういう仕掛けがうまく行きました。
ということは、全体的に実に素直な相場になっていた
ということなのかもしれません。

ただ、日足で振り返ってみると、
実に難しい相場になっています。

今日のローソク足は、昨日比でいうと持ち合い。
高値は高く、安値は安い、ラッパ型の持ち合い足です。
いうなれば、乱高下。
明日もどっちに振れるかわからない危うさがあります。

日経平均は、方向感がますますなくなってきています。
そういう意味では、日経平均というよりは、
個別銘柄についていくデイトレのほうがいいのかなと
考えます。

下から来てる25日移動平均線にでも触れて、
日経平均がきれいにトレンド転換でもしてくれると、
わかりやすい相場になるかと思いますが、
何とも言えませんし。

明日は、週末。
デイトレ継続で行きましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日もまた、連日の宣伝です。
申し訳ありません。
ただ、まだまだご覧になっていない方が多いようで、
続けておきます。

最初に書きますが、チャートの話、テクニカルの話に、
株もFXも先物もありません。
どれも同じです。同じ理論で語っていいのです。

「維新流トレード術」

この書籍が、今なら送料550円のみで手に入ります。

下のリンクから、11ページから15ページあたりを
読んで見てください。
最近は、株の書籍もかなり進化しては来ましたが、
こんなことを書いている株の書籍はありますか??

「維新流トレード術」サンプルページ

ここだけでも、この本の価値がわかりませんでしょうか?
定価で買っても十分な書籍だと、私は思います。
それが、550円なら・・・なぜ手に取らないのか、
不思議なくらいです。

私は、それなりに読み込んでいます。
わからないことがあったら、
私に聞いてください。
お教えできるだけお教えします。

/i>ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

一目均衡表の解説、もう少しです。
→ 損切り絶対主義!
6/7 ローソク足の下降
日経平均、昨日比で下降のローソク足です。
終値ではわずかに上回ったかもしれませんが、
高値も安値も昨日より安いから、下降の判断です。

今日は、空売りの方針でデイトレに参加しました。
しかし、大した利益にもなりませんでした。

昨日取り上げた銘柄では、
仕掛けられたのはファストリだけ。
そして、利益もほんの少しでした。

SUMCOも、売りで狙ったのですが、
うまく行きませんでした。

少し利益になったのは富士通。
しかし、最初の下降の波だけで利益確定。
短期の考えでやっていたので、
チャートの形ほどの利益にはなっていません。

ただ、私のデイトレは、大きな波の中で少しでも取る、
というのが基本スタンスなので、これでいいと思います。

少ない利益を馬鹿にしたり、嫌がっていると、
大きな利益も取れることはありません。
大きなトレンドだけを狙っても、
トレンドは、出てみなければわからないのですから、
我慢比べになってしまいます。

我慢比べは、損切りの失敗につながります。
最初から、損切りラインを深く設定するならまだしも、
株価の展開によって、少しづつ損切りラインを深くしていくと、
ろくなことにはなりません。

たまに成功して大きな利益が取れたりすると、
次からのトレードは二番煎じ三番煎じ・・・になってしまって、
そのうち大きな損失を抱えて苦しむことになります。

自分が考えたルールの通りにデイトレをやって、
それで少しの利益が取れたら、
それをできるだけの回数繰り返すことです。
そして、繰り返しの中でも、少しの利益が残ったなら、
そのやり方をさらに繰り返していきましょう。
いつしか、トータルプラスのトレーダーに慣れているはずです。

トレードは一攫千金とか一発勝負、ではありません。
非常に地道に見える日々の積み重ね、
ほんのわずかに思える損切りや利益確定のキャリア、
そうしたものの結果がトレードの利益につながります。

デイトレができる環境にある人も、できない人も、
そんな意識で、続けてくださいませ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このところ連日のように宣伝して恐縮です。

「維新流トレード術」

今なら送料550円のみで手に入ります。

本の最初のほうのページは下のリンクで読めます。
時間がないなら、この11ページから15ページあたりを
読むだけでもいいです。

「維新流トレード術」サンプルページ

ここだけでも、この本の価値がわかりませんでしょうか?
送料のみなら、手に入れて絶対に損はありません。

私は、それなりに読み込んでいます。
わからないことがあったら、
私に聞いていただいても構いません。


/i>ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

一目均衡表の解説、思いのほか時間がかかっています。
→ 損切り絶対主義!
6/6 今度は2万円割れ
日経平均が、いったんの下降を見せました。
ラストでは2万円を割り込んでの大引けです。

買い仕掛けを基本としてみていた私は、
仕掛ける場があまりなく、
また仕掛けても、うまく行きませんでした。

SUMCOは朝しばらくしてからの高値抜けを仕掛けましたが、
そこから続かず。

日経平均の流れからして当然ですが、
全体的に今日は下降の流れで、
空売りを仕掛けたほうが良かったと思います。

また、昨日にも増して、
空売りしたくなるようなチャートが出てきました。
下げてきた以上、これらも対象にしていきましょう。
明日も下げるなら、それが奏功するはずです。

ただし、まだデイトレ限定です。
スイングでは買いでも売りでもチャンスではありません。
デイトレをやりながら、場中の様子でスイングの見通しを
探っていくしかありません。

いつもの銘柄、ファストリやDeNA、三井住友・・・あたりも、
売りのデイトレで見ていきたいと思います。

買いは、あまりいいのがありません。
上に行きそうになったら、その時にランキングでも見ながら、
物色することにしときましょう、

今の日本の相場は、為替の影響を強く受けているようです。
円安方向に向けば、相場も上昇するでしょう。

そのあたりを意識しながら、淡々とデイトレします。
それが精一杯ですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

トレードの書籍は、なかなかいいものはありません。
特に、日本の本は面白くないものばかり。

そんな中で、唯一に近い本格書籍です。

「維新流トレード術」

今なら送料550円のみで手に入ります。

本の目次のサンプルがあります。
これだけでも、この本の本格性が伝わります。
「維新流トレード術」サンプルページ

何はともあれ、手に入れて読まれることを
強くおススメします。

/i>ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

良書の紹介もしています、数は少ないですが。
→ 損切り絶対主義!
6/5 様子見の中でも
日経平均、金曜日の高値の更新はできませんでした。
寄付きはまあまあ予想の通り。
その後も20,200円まで順調に上昇しましたが、
そこからは上昇の力がありませんでした。

結果的には、デイトレだけ。
ソフトバンクや任天堂はまあまあうまく行きましたが、
NTTドコモ、ソニーなどは、うまく行きませんでした。

持ち越す玉はありませんでした。
すべて場中で手仕舞いです。

今日の相場の中で考えたことは、
一気に上昇はしなかったということと、
そうはいっても下降もしなかったということです。

今、日経平均は紛れもなく高値圏にあります。
それが本当の天井圏なのか、
さらに上を行くための土台なのか、
そこは、今の時点では予測があるだけです。

ただ、上昇相場の上昇局面という客観的な事実の中で、
買いを狙っていくという方針に変わりはありません。

まだ本格的なスイングは難しいままです。

銘柄を見ていくと、
明日にでも空売りしたくなる銘柄があります。
私は、どうしても空売りしたい思惑をいつも持ってるので、
そうした銘柄が目についてしまいます。

75日移動平均線を中心に見ると、三井住友や三菱地所など。
25日線だと三越伊勢丹や日揮、荏原。
売りたくなります。

でも、まあ、明日は売りで仕掛けるのは止めておきます。
また、これらの銘柄は、スイングの空売りにいい形。
明日はスイングにいい日だとは思わないので。

買いの銘柄は、GSユアサ。
私にはとてもいい感じに見えます。
スイングは無理なら、デイトレから入ってもいいと思います。

一方、225銘柄の中にも面白い形が出てきました。

大和証券、コンコルディアが、爆上げ、爆下げの形です。
上に行くのか下にくのか・・・わかりませんが、
動くときには大きく動く長い持ち合いの形です。
これはこれで、見ておこうと思っています。

まだまだ、デイトレだけの様子見は変わりませんが、
頑張っていきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、以下、まだご存じない方に向けての宣伝のお話。
私がおススメするトレードの最強本です。

テーマはFXですが、チャートの見方は株と同じです。
損切りの考え方など、きわめて秀逸なので、
どうしてものお知らせです。

「維新流トレード術」

(書店では買えません。
 本自体は無料のキャンペーンになっていますが、
 送料だけは550円かかります。)

本の目次のサンプルがあるので、
そこだけでも読んでみてください。

「維新流トレード術」サンプルページ

正しいトレードのルール、
特に損切りに対する正しい考え方を知るには、
現在の日本で手に入る最強のテキストだと思っています。


/i>ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

こちらのサイトでも、損切りの整理をしています。
→ 損切り絶対主義!
6/4 さて明日からは
急上昇の金曜日。
明らかな上昇相場の到来だけれども要注意。

昨日はそんなことを書きました。

では、明日はどういう意識で相場に臨むのか。

上昇相場の上昇局面にいる事実からすれば、
素直にスタンスは買いでいいと思います。
しかし、買っていくのは、「抜いていく銘柄」にしようと思います。

「抜ていく銘柄」とはギャップを空けて上昇するのでなく、
金曜の高値以下で寄り付いて上昇していき、
結果的に金曜高値を抜いていく銘柄です。

CME日経先物が、金曜の日経平均の高値寄りは
安いので、明日の寄付きは金曜のローソク足の中に
落ち着くのではないかと想定されます。

であれば、その後上昇の方向に動くなら、
金曜高値を抜く場面が見られるはずです。

買いを狙うなら、そこだと。

しかし、金曜の大きなローソク足に引きずられ、
上昇イメージが残っているトレーダーが多ければ、
朝から買いが集中しないとも限りません。
そうなればギャップが空いての寄付きになります。

私は、そこは見守るだけにしたいと思っています。

これは、別に今回だけのことではありません。
ごくごく通常の買いのスタンスです。

特に重要なパーティションがあればいざ知らず、
特に何もないのにギャップが空くなら、
そのギャップは埋まるのが筋です。
問題は、そこから上がるかどうかです。

ギャップが空くなら、まず埋まるのかどうかを見ておく。

まあ、いつものデイトレの姿です。

要するに、単純に、いつも通りに行く。
そういうことです。

注意する、気を付ける・・・
というのは、要するに、いつも通りに行くということであって、
何か特別な処方を施すということではありません。

相場を語る人は、私も含めて、よく「●●に注意!」
などという警告を発します。
でも、その具体的な行動指針は「いつも通り」ということです。

なあんだ、つまんない・・・
と思うかもしれませんが、これが現実の姿です。

いつもいつも、ごくごく普通に、
いきましょう。

/i>ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

一目均衡表解説、準備中。
→ 損切り絶対主義!
6/3 どう見ても上昇?
昨夜のニューヨークダウは高値更新となり、
21,200ドルを抜けました。

これだけであれば、日経平均もさらなる上昇、
となるところですが、ドル円為替のほうが停滞。
円高に振れ気味で、日足のチャートだと、
いまだに75日移動平均線を抜け切れずにいます。

日経平均は、この為替の影響もうけて、
月曜日は、金曜終値付近から始まると思います。
CME日経平均先物だと、20,150円あたりの
終値になっていますので。

いったん抜けた2万円のラインは、
今度はおそらく抵抗ラインとして機能すると思います。
そこからはそうそう下げることはないのではないでしょうか。

少なくとも、市場参加者はそのように見通すことでしょう。
そのように見通すということは、
その見通しの下に仕掛けを考えるということです。
しばらくは市場は、上昇を意識した動きになるでしょう。

ただ・・・

この私ごときが、そう思っているということには、
少し留意する必要はあります。
「明らかに上昇相場」というときほど、
全体相場は逆に行ったりするのです。

そのきっかっけは、ちょととしたことなんだと思います。
しかし、いったん思惑が外れたときには、
皆が損をしたくないという意識と焦りに駆られて、
一気に株を手放してきます。

そんなことが起こらないとも限りません。
それはいつの相場でも同じです。

「明らかな」なんていうのは、相場にはないのです。
「どう見ても上でしょう」なんて、
そんなことを言う人に限って、儲かってない!!!のですよ。

そして、そんなことを言う人に限って、
損切りができません。

不思議なことですが、
相場の行方についての固定観念を持つ人が、
「絶対損切り」という固定観念は持たないものなのです。

どう見ても上だよね・・・。

そう思ったときには、同時に、要注意・・・なんです。


ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

一目均衡表解説、準備中。
→ 損切り絶対主義!
6/2 ついに来た本格上昇
待っていた本格上昇が来ました。
今日の日経平均は、2万円の下から始まりましたが、
場中に抜けていくという願ってもない展開でした。

さらに、前場は上昇を続け、
後場も一段高くなったということで、
買いの狙いがばっちりはまった日になりました。

昨日からの持ち越しのLINEは、前場は動きませんでした。
しかし、後場から急騰。
保持玉に加えて買い増しです。
さすがに、今日は週末でしたので手仕舞いました。

それでも、悲しいことに、
後場の最高値に比べると利益は減ってしまいました。
それでも、そこはもうご愛嬌というしかありません。
ルール通りの手仕舞いに満足するべきですね。

また、狙ってみていたファストリが、
ついに25日移動平均線から大きく反転してきました。
今日の朝一、まず仕掛けたのはこれでした。
かなりの利益が一日で取れました。

さらにはリコーの75日線抜け。
これも朝一番からの仕掛け。
実にいいところで寄り付きましたので、
しっかり仕掛けです。

日経平均が結果的には300円超の上昇。
ほとんど大引けまで手仕舞いを引っ張ることができました。

しかし、日足チャートでは、ボリンジャーバンドの
+2σまでの上昇を見せましたので、
週またぎの持ち越しは全体的に自重しまいした。

各銘柄のチャートを見ていると、
今日の上昇では、
75日線下向きの完全下降相場中の銘柄の
大きな上昇が多かったように思います。

ファナックしかり、三井住友しかり、
コマツや野村ホールディングス、TDKもしかりです。
これらの銘柄が、このまま上昇を続けていくのか、
いったんまた下に振られるのか・・・。

日経平均次第になると思います。

日経平均が、月曜日もこのまま上昇を続けるか、
あるいは、いったん2万円あたりまでは下げて一服するのか。

しかしいずれにしても、日経平均が、
大きな大きな節目を突破したことは間違いありません。
完全な上昇相場です。

待っていたローソク足が、やっと出ました。
無理な空売りは考えずに、素直に買いで行きましょう。


ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

一目均衡表解説、準備中。
→ 損切り絶対主義!
6/1 上昇の兆しか
日経平均は、200円を超える上げとなりました。
前場の上昇で、直近高値の更新。
小さくはありますが、日足チャートの波動局面で、
上昇となりました。

今日もデイトレ・・・と思いきや、
少し持ち越しました。
うまく行ったのは、LINE(3938)。
この銘柄は信用銘柄で、空売りができません。

私は信用銘柄にはあまり関心を払わないのですが、
この銘柄は。75日移動平均線上向きなのに、
75日線下で上昇の波動を成立させていたので、
気になってみていました。

一目均衡表まで見てみると、
雲のかかる少し微妙な位置取りでしたが、
一目は一目です。
抜けるときは抜けていきます。
(なんでもそうですね・・・)

うまくタイミングをつかめたので、
デイトレだけでもまあまあの利益です。

昨日デイトレで関わったスクリーンなどは、
今日も大きく上昇です。
朝、ギャップを空けて寄り付いたので、
見ているだけで手が出ませんでした。

こうなるとわかっていたら、
持ち越した方が良かったと思いがちですが、
そんなこともありません。
こうなることはわからなかったのですから。

持ち越さずに損をしたというイメージを持つと、
次回から安易に持ち越すクセがついてしまいます。

今日持ち越したのも、日経平均波動の上昇という、
自分なりの根拠あってのことですし、
それもわずかです。

直近高値の更新は、持ち合いのときには、
反転の合図でもあります。
今日の持ち越しもリスクは当然にはらんでいます。

それでも、上昇と見て持ち越し。

私は、納得しています。

ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

次は、一目均衡表について準備中。
→ 損切り絶対主義!
5/31 買いのデイトレ
今日は、記事更新が遅くなってしまいました。
ちょっとした飲み会のためです。

(今、更新しようと思って見たら、
 昨日の記事がアップされていないことに気づき、
 慌ててアップしました。
 書いたまま、下書き保存にしていしまい、
 てっきりアップしたものと考えておりました。
 誠に申し訳ありませんでした。)

今日の日経も煮え切らず。。。
何とも、面倒な相場でしたが、
買いのデイトレで、スクリーンとSUMCOを、
仕掛けて利益にすることができました。

どちらも、目についた75日移動平均線からの上昇を
考えたものでした。

デイトレの場合、朝いったん下げてからの反発が、
朝の高値を抜けたところが私の狙いであることが多く、
スクリーンもSUMCOもそのパターンです。

75日線付近の銘柄は日足で見ておいて、
具体的なチャンスは分足で探っていきます。

買いの場合は、下降から上昇への転換、
空売りの場合は、上昇から下降への転換を狙います。
分足チャートの形としては、V字回復だったり、
逆V字下降を見ていくわけです。

朝これが決まると、まあまあ気持ちがいいし、
場合によっては、前場一杯、
それで利益にできることもあります。

朝一からいきなり仕掛けることもありますが、
たいていはまず、この形を探しにかかることが多いです。

ただ、今日は日経平均自体がそういう形になりましたから
うまく行きましたが、
買いの場合は、いったん下げて反発すると見せかけて
やっぱり下げるということもよくあることで、
その場合は、いったん損切りです。

特に、朝は、粘りません。
損切りラインは浅めに置きます。
最初の仕掛けがうまく行かなければ、
少し様子を見て、じっくり行く方向に見方を変えていきます。

今日は、まあ、それがうまく行ったということです。

でも、ほとんど偶然のようにも思っています。
株価の動きは自分ではどうすることもできないですから。
ダメな時はだめだし、良ければ良いというだけです。

明日もおそらく、そういう感じで行きます。

まだまだ、日経平均が見えてきません。
25日線に来て、反発するようにも見えますが、
下落していってしまうかもしれません。

ちょっとした日経平均の正念場です。

狙いは買いですが・・・。
まだまだ分かりません。

ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

次は、一目均衡表について書こうと思います。
→ 損切り絶対主義!