損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
8/17 一目の雲の下
日経平均は、いよいよ日足の一目均衡表の
雲の下に来てしまいました。

一目の要諦は雲です。
雲の上にいるのか下にいるのか、
そこがポイントになります。

日経平均はゴールデンウィークで雲を上抜けて以来、
ずっと上にいたのに、今日割ってしまったというのは、
それはそれで大きなエポックなのです。

このままの状況で推移すれば、
75日線もしだいに横ばいになります。

その状況は、だいぶ見えてきました。

確かに、まだわかりません。
相場は、いつでも多くの人の逆を行ったりします。

たとえば、東証一部全体の指数であるTOPIX。
これは、まだ雲の上にいるのです。

日経平均とTOPIXの乖離。
75日線との関係を見たときの状況もだいぶ違います。
TOPIXはまだまだ上昇相場内なのです。

まあ、面倒なのはその辺です。
相場の見極めこそ、戦術を決める最大の焦点。
ここは、日経平均だけでなくTOPIXも同時に
見ていきます。

日経平均とTOPIXがここまで乖離するのも、
滅多にないことのように思います。

ダマシ防止の意味でも、TOPIXを見ていきましょう。

日経平均だけで動くと、
ちょっと危険な香りがします。

ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

損切り絶対主義!
→ 損切り絶対主義!
スポンサーサイト
8/15 次第にチャンスの香り
今日の日経平均は反発上昇。
やはり大きく下げた後、この相場、乱高下しています。
今日は、一気に広がったボリンジャーバンドの中に、
ローソク足が戻っていきました。

見ていて感じたのは、少しだけ75日移動平均線が、
上向き度合いを減らしてきたようです。
先週の大陰線を境に、勾配が緩やかになってます。

焦点は、どのあたりでこの75日線の向きが横ばいに
近づいてくるかということでしょう。
横ばいになってくると、下降相場が見えてくるからです。

下降相場が見えてくると、
いよいよ空売りのチャンスが見えてきます。

個別銘柄によっては、
もう、そんな兆しが見えてきています。

この間、ずっと買いで相場を見てきましたが、
個人投資家の利益は買いだけであまり増えません。
これは私の意見にすぎませんが、
空売りこそが、個人投資家にとってのボーナスです。

買いは、どこまで行っても「しのぎ」のイメージです。
やがて来るであろう空売りのチャンスを待って、
毎日の相場を切り抜けているというのが買いです。
チャート分析の上でトレンドフォローの立場を取れば、
空売りこそが儲けのチャンスです。

それを今か今かと待っているのが、今の心境・・・。

まあ、そうは言っても、
正直なところ、買いか売りかは、やっと五分五分でしょう。
今まではどちらかと言えば買いの可能性が高かったところ、
ようやく五分五分になったというに過ぎません。

予測におぼれてはいけませんし、
予測で仕掛けてはいけません。

相変わらず待ちの姿勢は変わりません。

「ただ、少しだけ光が見えてきたかなあ。」
そういう思いです。

頑張ったところで仕方がないのですが、
明日も頑張っていきます。


ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

損切り絶対主義!
→ 損切り絶対主義!
8/14 こういう時は手を出さず
想定した通り、日経平均は大幅に下落。
そして、ほぼそのままで終わりました。

こんなのは放っておく一手です。

悩んじゃダメです。

ギャップを空けて下げていく相場は、
空売りでも狙えません。

どうしようもない展開です。

何度でも言いますが、仕掛けを無理に仕掛ければ
必ず損失で終わります。
それが試しであれ何であれです。

非常に短い記事ですが、
今は放っておくのがベスト。

よーく考えてくださいませ。


ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

損切り絶対主義!
→ 損切り絶対主義!
8/13 お盆の相場
お盆と言っても、最近は一般社会が一斉に休みを取る・・・
ということでもなくなりました。
個人個人の価値観も含めて、自由に休みの日程を
決めているのが実態ではないでしょうか?

相場のほうも、お盆だからと言って
必ずしも出来高が少ないというわけでもなくなっています。
通常と同じように、何ら変わらず考えておいたほうが
無難ではあります。

しかし、そういうお盆に関する議論とは無関係に、
今年の今の相場は、相当に変わっています。

今までになかったような長い持ち合い。
結構な具合に狭くなったボリンジャーバンド。
そこからの大きな下落。
一方で完全上向きの75日移動平均線。

何が起こるかわからない感じが非常に強いと思います。

さすがに、ここは、無理をしない。

いつも、常に、無理はしないのですけれども、
今は、それに加えて、少しでも無理をしないということ。

多少、ルールの範囲内であっても、
それをルール通りに受け取らないでおく。
そういう、我慢というか、配慮が必要だと感じています。

何をもって、
相場が落ち着いたと判断するか?

それを探りながらの様子見にはなります。

つまらないかもしれませんが、
そういっている場合ではありません。
しっかりと様子見しておきましょう。

ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

損切り絶対主義!
→ 損切り絶対主義!
8/12 まだまだ下がる?
ニューヨークダウが下げのトレンドに入っています。
そして、ドル円為替も同様に円高方向への流れ。
これらは、日経平均には下げの影響となると思います。

お盆の日本相場は、ずいぶんと厳しくなりそうです。

木曜日は、なんとか水曜日の安値を割らずに
済みました。
しかし、週明けの寄付きは、
このままだと大きく下から始まりそうです。
どうも、上昇の芽は見えてきません。
いったんこの下げをやり過ごした後にどうなるか、
という展開になりそうです。

昨日は完全に相場のことを忘れて過ごしました。
久しぶりのことだったので、
それはそれで有意義ではありました。
しかし、ニューヨークダウが大きく下げていたのは
気になっていました。

瞬間的な動きは日経平均と同じ。
チャートの形は違いますが、
ニューヨークと日本が連動していきそうに思いました。

いずれにしても、この下げで上昇狙いは
いったんご破算でいいと思います。
次の狙いが、買いになるのか売りになるのか、
ちょっと、様子を見ておきたいということになります。

消極的に思えるかもしれませんが、
お盆の間、しばらくは見るだけになるのでもいいと思います。
それくらい、わけのわからない様子になっています。

基本的には、どんな時でもチャンスを見つけていきたいのが、
相場に対する姿勢です。
しかし、万策尽き果てるということもあるのです。
(滅多にないことですが・・・)

そんな時に無駄な抵抗をすると、
余計な損失を抱えることになります。
無駄な抵抗は、あくまで無駄なんであって、
利益につながることはありません。

ルールに則って仕掛けるという姿勢、
根拠を探して仕掛けようとする姿勢、
そういう姿勢が、チャンスを作ります。
例外は、ありません。

やるだけのことはやりましょう。
でも、その後は、神のみぞ知ることだと思います。


ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

損切り絶対主義!
→ 損切り絶対主義!
8/10 お盆は休み
日経平均は上昇できませんでした。
ローソク足の形としては、昨日の足の範囲内ですので、
持ち合いの形です。

そして、今日で決算発表もおしまい。
来週からはお盆の閑散相場に入ります。

今の相場の様子では、休んでおいたほうが
全体的によいように思います。
あまり前向きにならずにいたほうが、
いいと思います。

上昇相場に合った銘柄も、
75日線を割ってきているのが増えてきました。
このまま下降相場に入っていくなら、
その時には待ちに待った空売りです。

その前段階の持ち合いでつぶれてしまっては
どうしようもありません。

今のチャートでは、チャンスも見つかりませんから、
チャンスが整うのを待ちましょう。

上昇して、買いの相場が再びやってくるとしても、
そのことに変わりはありません。
そしてチャンスに備えておきましょう。

まあ、見ておくだけ。

面白くなりそうなチャートを追いかけるだけです。

ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

損切り絶対主義!
→ 損切り絶対主義!
8/9 想像してませんでした
日経平均が大きな下げになりました。
一気に75日移動平均線を割り込んできました。
持ち合いが、下に大きく放れたということになりました。

久しぶりの大きな動きです。
下げるにしても、このタイミングで大きく下げるとは
想定もしていませんでした。

この下げで特に傷を受けたわけではありませんが、
意表を突かれてしまいましたね。

75日線を下回ったということで、
いきなり下降相場に入っていく可能性も
否定できなくなりました。

明日で決算発表も終わり、
お盆の連休に入ってもいきます。

しょっとまあ、スイングは完全お休みでいいと思います。
明日は、無理しないということではなく、
トレードしないということで。

どうしてもやるならデイトレ限定で行きましょう。

来週以降、このまま下げっぱなしということも
あるかと思いますが、
私の野生の勘としては、また上げてくるような気もします。

根拠は上向きの75日線。
これがある限り、そうそう下げるものでもありません。
すぐに反転上昇があるならば、
やはり買い主体の見方になるかと思います。

ただ、日経平均の予想など5分5分なものです。
自分の勘など信じても仕方ありません。

いずれにしてもスイングはやりません。

明日は明日のデイトレです。

ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

損切り絶対主義!
→ 損切り絶対主義!
8/8 一瞬でしたが
日経平均はまた下落。
持ち合いの中、毎日毎日上に下に動きますね。

仕掛けも難しければ、仕切りも難しいわけです。

スイングのつもりがデイトレ気分になってしまいます。

飛島建設。
昨日時点でボリンジャーバンドの+2σを出ていましたから、
本来なら、利確でもおかしくはありません。

しかし、利確は半分。
爆発形のチャートの中、変則的な利益確定です。

そして、今日はボリンジャーバンド内に戻り。
そこで、すべて終わり。

明日の寄付き次第では全体としても損切りです。

でも、焦らないことです。
いちいちの取引を取り繕う必要はありません。

損切りなら損切りで構いません。
もちろん、利益確定のほうが嬉しいですが、
個々のトレードで、そこにこだわることはありません。

それよりも、ナイストレードを続けましょう。
どんなに急に動いても、ルールはルール。
そこだけは外せません。

含み益が多かろうと、含み損が大きくなろうと、
個々のトレードに固執して原則を外せば、
苦しいのは自分です。

いつもルール通り。

それだけでいいのです。

いや、それ以外にやることはないのです。

いずれ相場は動きます。
そこを逃さないためにも、
日々のトレードでやるべきこと以外にやらないことです。

いつも通りに頑張っていきます。

ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

損切り絶対主義!
→ 損切り絶対主義!
8/7 とにかく買い仕掛け
今日の日経平均は上昇しました。
もちろん、持ち合いという状況の中での上昇です。
全体相場のトレンドとしての上昇ではないので、
明日はまたどうなるか、まったくわかりません。

飛島建設は、買い約定。
どこまで保持が続くか、非常に心もとないですが、
とにかくスイング開始です。

もう少し待たされるだろうという想定でしたので、
案外早かったなと思いました。
まあ、日経平均の恩恵ということでしょう。

チャンスはいつ来るかわかりません。
来たら、その時がチャンスです。
だから、躊躇することなく行動です。
そうでなければトレードにはなりません。

その時の状況や気分で、
仕掛けのタイミングをずらしてはダメ。
その時がすぐに来たら、その時に仕掛けるのです。
来なかったら来なかったで待つだけなんです。

早い仕掛けも駄目、遅い仕掛けも駄目。
ぴったりのタイミングで仕掛けるということにしか、
正当性はありません。

仕切りもしかり、です。

正しい仕切りであれば、
結果が損切りだろうと利確だろうと、
そこに対した意味はありません。
繰り返せば、おそらくは利益になっていく手法で
トレードをやっているのですから、
いちいちの損切りでは、何の反省もないし苦渋もありません。

本当にどうなるかわかりませんが、
かたくなな行動だけは変えずに行きたいと思います。

あとは、相場のみぞ知る・・・です。

ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

損切り絶対主義!
→ 損切り絶対主義!
8/6 チャンスがない中で
チャンスはなかなか見つかりません。
目を皿のようにしても、東証一部のすべての銘柄を、
つぶさに見るわけにもいきません。

一人の作業には、どうしても限界があります。
個人トレーダーには、どうしても無理なこともありますね。
だから、本来的にはトレードだって個人でやるより、
真剣に取り組む集団作業にするほうが、
当然効率もいいはずです。

逆に言えば、そうやって取り組んでいる集団には、
勝てるわけがありません。

だとすれば、今の状況では、
自分に見える部分の一点突破。
そういう意味で、極めて絞った形でチャンスを探っていくのです。

千代建(6366)
前から注目してきました。
75日移動平均線がボリンジャーバンドの中に入ってきて、
上昇初動が本格的に起こる条件が整ってきました。
底を脱して、今まさに上昇初動に入らんとしています。
この初動をつかめれば、面白いと思います。
8月9日が決算発表ですから注意も必要です。

飛島建設(1805)
飛島建設日足チャート8月4日
(クリックすると大きくなります)

いよいよ究極の形です。
典型的な爆発形。
いつか来ると思います。
すぐなのか、少し間を置くのかはわかりません。
ただ、今が絶好の形であることは確かです。
来たら仕掛けです。
決算発表は8月10日。
そのあたりで大きな動きがあるかもしれませんので、
そこは身構えておきましょう。

同じような形の応用形では、
不動テトラなどにもチャンスはありますし、
いったん上昇が終わって仕切ったホンダも、
このあと、グランビル上昇の2回目を狙う仕掛けが
あり得ると思います。

ただ、日経平均が持ち合いの中で結論が出ません。
そんな中では、仕掛けは少しにならざるを得ません。

むしろ、日経平均が動いた後の仕掛けチャンスを探していく
というほうが、今は大切かと思います。

今週も頑張っていきます。

ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

損切り絶対主義!
→ 損切り絶対主義!
8/5 まだまだ粘る日経平均
8月に入ってから、記事更新の休みや遅れが
目立ってきています。
相場には集中しているのですが、
相場以外の時間を最小限しか取れなくなっています。
全くの個人的事情です。

そんな中でブログのほうも、できる限り自分のリズムを
なんとか維持していきたいと考えています。
所詮は自分の勝手な解釈を書きなぐるだけなので、
無理することもないなあとは思います。
でも、ここまで続けてきてもいるので、
書かないなら書かないで、あまりいい影響もない
と思ってはいます。

まあ、ともあれ頑張っていきます。

日経平均のほうは、7月から極端な持ち合いになっています。
7月下旬からは、
上向き75日移動平均線、下向き25日線の間での
上下動を繰り返しています。
ボリンジャーバンドは本当に狭くなってきました。

このまま行けば、
おそらく75日線がボリンジャーバンド内に入り、
25日線と75日線が重なるようになってきます。
日経平均は非常に動きにくい閉塞状態になります。

閉塞状態は、次の大きな動きにつながります。
爆発の形です。
究極の持ち合い放れを期待する状況になります。

外的には、ニューヨークダウが高値更新を続ける中、
ドル円為替は円高方向。
月曜日は、ダウの影響で日経平均も2万円抜けとなる
可能性が高くなっています。
しかし、その上昇も限定的になるのではないでしょうか。

これだけいろいろなサインが一か所に集中してくる中、
厳しい持ち合いはまだまだ持ち合いが続くと想定します。

このブログでも何度も書いているとおり、
基本的に持ち合いは個人トレーダーにとって地獄です。
少なくとも、トレンドフォローを旨とし、
正しい損切りと正しい利益確定で少しづつの利益を
重ねようとする私の手法にとっては地獄です。

いつものやり方では損切りばかりになるし、
仕掛けを増やすことはマイナスの蓄積につながります。

そんな中でも、常に仕掛けの種を探していくことは
怠りませんし、
少しでもチャンスを感じれば仕掛けていこうとはします。
しかし、それが非常に厳しいのだという状況認識は、
ベースにおいて進めているのです。

日経平均の日足チャートがこのような爆発形になるのは、
極めて異例なことです。

このことを、まずは胸に刻んだうえで相場に臨みます。

ルール通りのチャンスがなければ、
素直に「何もやらない」。

本当の様子見です。

ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

損切り絶対主義!
→ 損切り絶対主義!
8/3 今、考えておくこと
早くも下降のローソク足となりました。
下がれば上がり、上がれば下がる、という状況に
変わりはありません。

持ち合いです。
そのままです。

決算の影響もあって、
思い切り上げている銘柄もあれば、
ドーンと下げている銘柄もあります。

ホンダについていえば、下げましたが保持。
まだボリンジャーバンドの外ですから。

この際、というか、いつでも・・・
決めたルールはルールです。

焦るなとか冷静に・慎重に、というのは、
コトバを変えれば、
単にルール通りにというだけのことです。

ルールに従えば、必然的に損小利大になるし、
じっくり構えることになるし、
無理なく進めることになるというものです。

そのスタイルをころころ変えてしまうから、
相場に対応しきれなくなるし、
マイナスが積みあがってしまうのです。

相場に対して決して工夫などしない
愚直な対応が望まれます。

プラスが積みあがるようになってさえ、
自分の感性は信じてはいけません。

プライドも完成の領域にあるものです。
持つことでプラスにはなりません。

ルールに従った仕掛け、仕切りだけが、
その人のトレードキャリアをつくります。

どんなに場数を踏んだとしても、
それだけで成績が良くなることは、
トレードではありえません。

場慣れだけでは損失の積み重ねしか生まれません。

おそらく、今は、そういうことを一番強く考えるべき時
だと思います。


ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

損切り絶対主義!
→ 損切り絶対主義!
8/2 利益確定はもっとも難しい
日経平均は2万円を回復です。
だからと言って、上昇傾向かというとそうではなく、
やはり持ち合いなんです。

こういう時の利益確定は非常に難しく・・・
というより、利益確定はいつも難しいのです。

損切りは、一括損切りです。
確かに気持ちの問題では難しいとも思いますが、
慣れてしまえば切るだけの話。
実は、それだけなんです。

一方の利益確定は、
仕掛けるときに大まかに決めておくとはいえ、
どうしても時間を経るごとに、変えて行ったりするので、
非常にややこしい。

今日のホンダ。

昨日の決算を受けての今日の展開。
どうなるかは始まってみないと分かりません。

利益がぐんと増えるのはわかっても、
じゃあどうすればいいの??
損切り以上に難しいのです。

でも、難しいといえども、そこは判断です。
自分以外に決めてくれることはありません。
また、結果論では遅いこともあります。

昨日から保持したホンダに関して言うならば、
ボリンジャーバンドを飛び出した朝一番で、
まずは利益確定・・・がいいでしょう。

ただし、部分利確です。
明日も伸びる可能性はありますから。

というか、今度ボリンジャーバンドに入ったところで、
もう一度利益確定でしょう。

もともと、大きな利益など期待することではありません。
事前の段階では、もちろん期待はします。
それは当然の気持ちの流れ。

でも、現実にはプラマイゼロでも文句を言わないという
覚悟が必要です。
それさえあればなんてことはないのです。

含み損にビビってもいけませんが
含み益にあたふたしても駄目なんです。

長い目で見る。
トレード成績は1回のトレードでは何もはかれない、
と知るべきなのです。

今日は、個別銘柄はみんなそこそこ来ています。
全体相場の力です。
しかし、全体相場の行方は簡単に判断できません。

だから、明日は明日の風が吹く、ということなんです。

どうすれば後悔しないか。
どうすれば納得いくのか。

そういう考えは、単に人間の考えです。

それよりも、
ボリンジャーバンドを出たら半分終わり。
再度入ったら完全に終わり。

そういう風に決めておくほうが客観的だし、
再現性があるのです。

「ケースバイケース」というのは格好いいですが、
実用的ではありません。

ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

損切り絶対主義!
→ 損切り絶対主義!
8/1 ホンダの買い
日経平均が這い上がってきました。
また、上を目指すのかどうかは何とも言えませんが、
いったん下落ではなく上昇のローソク足となりました。

上向きの75日移動平均線と下向きの25日線の間で、
日経平均はますます窮屈になっています。

そんな中で、ホンダは買いとなりました。
きれいに75日線を抜けてきました。
グランビル上昇の初動に入りつつあります。

もちろん、まだわかりません。
日経平均が下げてしまえば、おそらくはこの銘柄も、
影響は受けるでしょう。
あっさりと初動が崩れてしまう可能性も
大きくあると思います。

しかし、一方でボリンジャーバンドを突き抜ける
可能性も同じようにあるわけです。
全体相場が買いの戦術を示しているなら、
ここは買いの手でしょう。

だめなら損切りすればいいというほど、
軽い気持ちでもありません。
それなりに考えて探した末の仕掛けです。

さて、明日はどうなるか。
機械的にやるだけのことですが、
期待してみておきます。


ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

損切り絶対主義!
→ 損切り絶対主義!