損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
11/30 見るところはどこ
今日の日経平均は上昇。
久しぶりにはっきりした陽線となりました。

しかしながら、11/17の高値には達していません。
当然に抜けていません。

ですので、今日の陽線で買ってしまった人は×。
もちろん、ここの銘柄の形はありますから、
一概には言えません。
しかし、一般論としては×です。

そこを意識できたかどうかです。

もし明日、11/17の高値を抜けるなら、
いったん買いの判断でいいでしょう。
客観情勢がそういっています。
躊躇するところではありません。

確かに明日は金曜日ですので、
休むのも一計です。

しかし、仕掛けるのも一計なのです。
損切りの覚悟は十分にしたうえで、です。

すでにご存じの通りかもしれませんが、
週をまたぐスイングの持ち越しはリスクを伴います。
その間の世間情勢の変化はチャートに反映されないから。

月曜日にチャートに反映される段になって、
大きくギャップが空く可能性があるのです。

それを踏まえてでも仕掛けるかどうか?
そこが、トレーダーとしての判断です。

私は、あまり考えません。
リスクがあっても、それは損切りで解消しようと
考えます。
大きなギャップで損切り額が大きくなっても、
長い目で見れば挽回可能だと考えるからです。

それが正しいかどうかは、一定期間がたたないと
わかりません。
だからこそ、そこに参入障壁があるのです。

リスクを考えずに仕掛ける人、
リスクを考えて仕掛けない人。
どちらも間違っていると思います。

リスクを考えて仕掛ける・・・。
それだけのことです。

でも、そう簡単にできることではないと思っています。

賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
スポンサーサイト
11/29 自己認識は正しいか
持ち合いの様相が日に日に濃くなっていきます。
持ち合いを放れる準備は相当に整っているようにも
見えるのですが、現実には放れがありません。

でも、明日が放れの日かもしれませんし、
いきなり買いの日、売りの日になるのかもしれません。

トレーダーとしてやっておくことは、
何が起きても不思議に思わず、
想定の範囲内として対応する準備をしておくことです。

何が起きたら買いなのか。
何が起きたら、何もしないのか。
明確に思い描いておくべきでしょう。

慣れてくれば、前もって思い描かなくとも、
すぐに明確な仕掛けのポイントがわかるようになります。
待とうと待つまいと、その時が来れば
反応できるようになります。

「その時」というのがどういうときなのかも、
はっきりとわかるようになります。

そうなれば、逆に、
何もしないということへのアレルギーもなくなります。
やったら損するというときには、
何もしないのが当たり前です。

何もしないこと=損をすること、
という図式で考えているトレーダーは、
自分のトレードが、
「やればやるほど実際にはマイナスになっていく」という
状況になっていることをきちんと認識してください。

ほとんどのトレーダーはそうなっているはずです。

だから悩んでいるのでしょう?

まずはそこ。

うまく行かないトレーダーは。
自己認識の客観性から始めましょう。

賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
11/28 デイでならやれそうだが
持ち合い継続ですね。
分足としては動いている印象ですが、
日足としては動いていません。

スイングの仕掛けにはなりませんが、
デイならやっていける感じでしょうか。

しかし、デイを安易にやると失敗します。
スイングと同様、デイトレにも固有のノウハウがあります。

目の前の株価の動きに乗ろうとすることそのものが、
あまり得策でなかったりもします。

ブレイクがブレイクにならない。
ダマシに引っかかる。
ついつい、損切りタイミングをずらす。

デイトレだと起こりがちです。

できそうだから・・・というのも大切ですが、
それだけだと、必ず罠にはまりますから、
ご用心。

賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
11/27 どことなくの形
日経平均は、終値こそマイナスの陰線でしたが、
ローソク足自体は安値も高値も金曜日より高い、
上昇のローソク足でした。

そして、なんとなく見えてきたのは、
非常に小規模ながら、
高値水平、安値切り上げの持ち合い形。
22,680円あたりに水平のパーティション?
が見えてくるようです。

まだまだ、あまりに小さすぎて、
「形」というには不十分ですが・・・。

でも、もし、本当に水平のパーティションなら、
上へのブレイクが視野に入ってきます。

単に、希望的な見方なのかもしれません。
少しでもチャンスを探そうとすると、
そうもなるのです。

であれば、スタンスは買いです。

明日以降、どうなるのか?

ちょっとした楽しみになりました。

ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
11/26 ちょっとばらばら
日経平均は高値更新がしにくい持ち合い。
一方で、ニューヨークダウ平均は高値更新からの
持ち合い。
ドル円為替は、末広がりの乱高下持ち合いの中で、
円高が進んでいます。

どうも、ちょっとばらばらの感があります。

ダウと日経は、足並みをそろえて下落・・・
の感じがあったのに、一方は高値更新で、
一方は足踏み。
少し方向感が変わってしまいました。

まあ、この二つの平均株価の違いこそが、
ドル円の動きにつながるのでしょうから、
あながち筋が通らないということでもありません、

円高が、日経平均の上昇には不利に働いている
ということなんでしょう。

してみると、次の動きはドル円に左右されるように
思いますね。

ドル円は、75日移動平均線の節目に来ています。
ただ、75日線はほぼ横ばい。
日足のチャート波動は乱高下の持ち合い形ですから、
どちらに転ぶかわかりません。

どうも、行方を想定するのも難しいです。

なるようになる・・・ということ。
今は、それで仕方なしです。

動いたほうに仕掛ける・・・、
というよりも、動くまでは仕掛けないという意識。
そちらが大事だと思います。

年内のもう一波乱。
しっかり待っておきましょう。

ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
11/24 ズバリの展開だが
やはり持ち合いでした。
なかなか高値も安値も更新できません。

私はまだまだ持ち合いは続くと思います。
来週も、高値安値の更新はなかなかできないと
思っています。

まあ、気楽に行きましょう。

勝負はもう少し先かと思います。

ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
11/23 仕掛けない鉄則
今日は、日本もニューヨークも休場。
いずれにしても、どちらも持ち合い。

明日の金曜日の注目点は、
17日の高値を抜けられるかどうかでしょう。
まずはそこ。
そこがクリヤされてからが最高値となるでしょう。

あるいは、20日の安値割れ。
そこから16日の安値割れまで行きつくか。

そこが見えてこなければチャートは持ち合いです。

小さな動きにはとらわれずに、
スイングのチャンスをじっくりと伺っていきたい
ということです。

持ち合いでは仕掛けない。
これは一つの鉄則です。

ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
11/21 持ち合い継続です
なるほどなるほど、持ち合いですね。
上昇も下降もなし。
私はそう見ました。

ニューヨークダウが動けば日経平均も動く。
今はそういう状況ではないでしょうか?

まあ、買いは持つだけ持っておきましょう。
ルールにのっとっていることが大切です。
決して恐れをなして手放してはいけません。
逆指値の注文だけ入れて、
放っておくことです。

考えるのは、保持している銘柄のことでは
ありません。
次のチャンスの時にどうするかです。

トレードでの関心事は、
いつでも先のことに限定すべきです。
済んだことは見ないことです。

年末までの一波乱を、
心待ちにして過ごしておきましょう。

ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
11/20 強かったり、弱かったり
持ち合い。
今日の日経平均は、少なくとも強いとは言えない
展開でした。

毎日の相場を見ていると、
本当に毎日毎日、千変万化。
決まった動きはありません。

上がれば一方的に上がったりもするし、
下げるときは急に弱くなったり、
本当に難しいと思います。

持ち合いとはいっても、
その持ち合いをどの程度信じていいのか?
あるいは、持ち合い放れをどの程度信じていいのか、
全く分かりませんよね。

当然のことです。

相場そのものには意思はないし、
相場を引っ張る人たちの意志だけでは、
いかんともしがたいのが相場だからです。

でも、明日も弱いんでしょうかね。

もっとも、ニューヨークダウとのシンクロが
ある程度できている今ですから、
ニューヨークの動きは参考になります。
今見ても、朝には変わっているかもしれないので、
あまり意味はありませんが・・・。

明日の朝には、どちらかに転んでいるのかどうか。

上か下か。

まあ、様子見ですね。
おそらく。

持ち合いでしょう。


ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
11/19 まだ波乱はある
金曜日夜のニューヨークダウ平均は、
やはり持ち合い。
少なくとも高値を目指す展開ではありませんでした。

日経平均が高値を目指すような展開になるのは、
ちょっと期待薄かなあと。
すこし買いは落ち着くような展開になるのでしょう。

これもただの予測なので、
何とも言えませんが。

年末までを一つの区切りと考えれば、
ここからまだひと月以上ありますから、
どんな波乱があっても不思議なしです。

上昇波乱か、下降波乱か、
どちらもありだと思います。

来週持ち合い、再来週も持ち合い。
12月に入ったら俄然動き始める・・・
といったような、勝手なシナリオでもいいんです。

とりあえず立てておいて、
それとは別にルールはルールとして、
仕掛けられれば仕掛けていきます。

いつだって、損切りのラインをきっちり決めて、
損切りを覚悟したうえで、
本当に損切りしていけばいいんです。

「損切りになってしまえ」と願っていけるような
トレードが理想的なんだと思います。
願った通りに損切りになることもある。
しかし、そうならないときもある。
いくら保持しても損切りにならないときもある。

そうやって、利益が出てくる。。。
でも、それを望まない?

禅問答になってきました。

今日はこの辺で。
明日も頑張っていきましょう。

ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
11/18 やっぱり質は変わらない
昨日の相場は高く寄り付き大きな陰線となりました。
ここからはいったん持ち合うような感じでしょうか。

どうやら、11/9のヒゲのローソク足が、
ひとつの上昇クライマックスだったのかもしれません。
そこからの下落をチャンスと見て売り入り、
更に反転を買いで持てているのは、
方針通りにやった結果です。

そういうルールを持っているのと、
それに従うことができるのは、
トレードのスキルだと思います。

しかし、ここで持ち合い?
となるかどうかはわかりませんが、
また少し待っている時間になるかもしれません。

形は様々あれど、
日経平均の動きはやっぱり教科書的です。
そうならざるを得ないのだと思います。

相場の質は変わりません。
そこに翻弄される一般トレーダーの状況も、
おそらくは変わらないものでしょう。

教科書を学ぶ。
それを実行する。

コトバで言ってしまうと、
それだけなんですが・・・。

ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
11/16 「思った通り」は関係ない
自分で考えていた通りの展開。
日経平均は、25日移動平均線からきれいに反転。
昨日の下落分を一気に取り戻しました。

これで、ほぼ空売りは終わりです。
銘柄によっては、保持のままのものもあるかもしれませんが、
ここから先は、そこにこだわっている場合じゃないです。
まずは、さっそくに今日の今日、
買って行けたかどうか。

いくら、展開が思い通りになったとて、
ルール通りに動く実力がなければ、
何にもなりません。
シナリオを描く力も非常に大切ですが、
それ以上に大切なのは、
決めた通り、ルール通りに実施することです。

実のところ初期のころのトレード成績は、
相場の読みなどほとんど関係ありません。
それよりも、ポイントに来た時にきちんと動くかどうかです。

そんなの簡単・・・というなかれ。
それができないから、素人はみんな株で損するのです。
いつも必ず損をするのは、きちんと動けないからです。

予想なんか外れようが当たろうが、
そんなこと気にしていては成績は上がりません。
外れようが当たろうが、するべき行動は決まっています。
その決まった行動ができるかどうかです。

極端なことを言えば、
予想なんかたまに当たれば十分です。
いつも外れていたってかまいません。

株の評論家はそれじゃだめなんですが、
実践家は、それでいいんです。

ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
11/15 かたくなさで奏功
日経平均がよく落ちました。
25日移動平均線のところまで落ちてきましたね。

理由はどうでもいいことです。

私と同じように、一昨日売りでは入れた人は、
このチャンスをものにできているはず。

相場を見ていて、見続けて、さらに見て、
かたくなにルールに忠実に「空売り」のチャンスを待った
というのが功を奏しました。
ホントに予想以上の展開です。

ということで、あとは型通りに終わらせるだけ。
売りはそれでいったんおしまいです。
もちろん、持てる相場状況なら持ち続けます。
そこもルールだけを見ていればよいです。

そして、仕切った後は、今度は買いの狙いです。
25日線からの反発を狙っていくのです。

もともと上昇相場のさなかです。
買いが狙えるならそれに越したことはなく、
今まさに買いが現実的に考えられるようになった
ということです。
そこまで下がってきたということなのです。

トレードは感性では絶対にやりません。

でも、うまく行けば気持ちいものです。

気持ちいからと言って、
何が変わるわけではないんですが・・・。

ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
11/14 思いをはせない
いろいろ考えてはだめです。
仕掛けてしまったものは、ルール通りに見るだけ。

今日も日経平均のローソク足は下降です。
見ておくのは、そこと自分の銘柄だけ。

全体感は日経平均のルールでいいのですから、
他に考えることなどありません。

上がるんじゃないかとか、
もう仕切ったほうがいいとか、
余計なことを考えると、
ルール通りにならないと知るべきです。

仕掛けたなら、先行きに思いをはせるのは
無意味です。

ルールだけを見るのが、
唯一の正解です。


ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
11/13 持ってかれちゃうか
今日の日経平均、
久しぶりにはっきりとした形での下落でした。

まずは売り。

典型的なダマシに会う可能性ももちろんあります。

しかし、ここは、待ちません。
いったん売りです。

ダメなら損切りすればいいのです。
あっさりと上に持ってかれてしまったなら、
即損切りでいいのです。

ダマシを怖がっていても、
おそらく何の効果もありません。
いつだってそうです。
まずはダマシを怖がらずに売ってみることです。

昨日は、「一波乱あった後がチャンス」など書きました。
しかし、はっきりとしたサインがあるなら話は別です。

今日は下落のローソク足。
しかもしっかりとした下落。
壁になっていた22,500円が割れたのですから、
これは売りです。

大胆でも、事をせいているのでも何でもなく、
これこそがルールだと思いますが、
どうでしょうか?

ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
11/12 サインを見逃すな
いよいよ寒くなってきました。
ここからの決算の残りを過ぎれば、
あとは年末相場へひた走りという気がします。

そこで一波乱あるのかどうか。

私の焦点はそのあたりですね。

一波乱あった後の相場がチャンスになるんではないか。
そういう心持で相場を見ていきます。

さすがに、がくんと下落する瞬間を、
その場で捕まえられるとも思えません。
そこはデイトレの中で何とかなればというところ。

急ぐのではなく、ゆったり構えるというのでもなく、
やはり大事なのは、
自分のルールにはまるのかどうかです。

まずは、MACDのデッドクロスを見ること。
そしてその後の展開で、売るのでも買うのでも、
チャンスを見つけていくことです。

空売りなのか、買いなのか、
それはその時の形から判断です。

いずれにしても、いつまでも上がり続ける相場はありません。
相場はいつか下落します。

その下落のラインを、空売りで取るのか、
いったんの下落後の再上昇を買いで練っていくのか。
そこが、戦術です。

どこかでチャンスは来ます。
その形、サインには敏感でいたいと思います。

ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
11/10 一息の週末
終末の日経平均は、さすがに一歩後退。
木曜日の安値を下回りました。
しかし、それでも22,500円はキープ。

来週以降に、さらなる高みを目指すために、
一息入れているという感じに見えました。

やはり、日経平均は簡単には下げません。
まだまだ上昇基調です。

9月以来、MACDは一度もデッドクロスすることなく
ここまでに来ています。
これは、本当に珍しいことです。

おそらく、この上昇基調に変化が起こるとすれば、
最初の兆しがこれでしょう。
そこが、空売りのチャンス第一弾ということになります。

今、この状況の中で空売りについて語るのは、
狂気の沙汰かもしれません。

しかし、考えてはおきたいと思います。
誰も考えていないときにこそ、
大きなチャンスは来るものなので。

忘れてはいけないのが、チャンスへの思いです。

ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
11/9 記録的な相場
すごい乱高下でした。
これだけ上下幅の大きい持ち合いの足は、
極めて珍しいです。

それだけ相場が普通じゃなかったということでしょう。

前場23,000円から急上昇した後、
後場には一気の下降とラストの戻し。
どれをとっても凄かったです。
記録的な相場だったといって過言ではありません。

でも、まあ、大した理由などはありません。

巷では、投資家のポジション調整・・・
などと報道されてはいますが、
ポジション調整・・・って???
まあ、よくわかりませんね。

今週は、決算もあり急上昇もあり、
強すぎて不安定でした。

私には腰が引けてしまって、
大した手も打てていませんし、
ほとんどなにっもできていない状態です。

でも、それでいいかと。

最近はずっと、ほぼ開店休業。
「何やってんだ。実力がないだけだろ。」
と言われたら、返す言葉もありません。

一方で、相場の時間に、
時にはほかのことをやってしまっていたりもするので、
真摯なわけでもありません。

でも、今の状況を自慢するなら・・・
「損は一切していない。
 そして、やがて来る大きなチャンスを淡々と狙っている。」
ということです。


ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
11/9 ちょっと持ち合いか
昨日の日経平均、昨夜のニューヨークダウとも、
持ち合いになりました。

ちょっと小休止。

23,000円を前に足踏みというところでしょうか。

このところの急上昇。
さすがに凄すぎましたか、
しかし、バンドウォークの展開は変わりません。

基本スタンスはやはり買いです。
売りはやるわけにはいきません。
しかし、足踏みすれば、
チャンスが来るのでは?
と思ってしまいますね。

気を落ち着けて、持ち合い地獄にはまらぬよう、
ルール通りに行きましょう。

持ち合いは仕掛けも仕切りも地獄です。

ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
11/7 わからない場面はたくさんある
今日も400円近い上昇になりました。
日経平均は、何を言っても上がり続けています。
全く衰えを知りません。

こうなってくると、ルールもヘチマもありません。
毎日上がり続ける相場を見て、
注意するべきとか、いつか落ちるとか書いてみても、
それらが虚しく感じます。

特に、他人に向けて書いていると、
本当に、何のためにもなってないなあと思ってしまいます。

「わからない」なんて言うのも、
単なる自己弁護・・・。
難しい場面が出てきたときには、
「わからない」と言っておけば間違いないんだ・・・
というような逃げ道にも走っていきそうです。

でも、実際、どんなにトレードに習熟した先生でも、
「わからない」ことは相当に多いと想定されます。
いくら勉強していても、
その典型的な場面が現れることは極めてまれで、
通常は、判断できると判断でいないの合間にあるような
場面がほとんどだと思います。

それでもまあ、トータルで何とかプラスになっている
というのはどういうことなのか?

結局のところ、
数少ない「わかる」という場面の頻度が高くなるように、
隅から隅まで銘柄を探し回ったり、
「わからない」時には仕掛けないという姿勢をはっきりさせたり、
そういうことの繰り返しだと思います。

できるだけ数多くの「わかる」に出会う努力をしながら、
「わからない」には対応しない姿勢を貫くということ。

それだけでしょう。

そして、「それだけ」とはいうものの、
それが結構大変なことなんだと思います。

「それだけ」とはいうものの、
本当に、それだけをやっている人って、
非常に少ないと思います。

みんな適当に妥協しながらやってしまうのです。

妥協の分だけうまく行かないのは、
まあ仕方ないでしょう。

そう思うべきですね。

ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
11/6 今週も高値更新から
連日の高値更新は、今週も続いています。
見る人が見ると、落ちそうにも見えないし、
今後もどんどん上がるように見えると思います。

9月半ばからの急上昇は、相変わらずそのまま。
日を経るごとに、次々と次の高みが見えてきます。

早く買わないと乗り遅れる、
と考えている投資家が今のそうばにはうようよしています。
何でもいいから買ってみる、ダメならすぐに止めよう。
そう思って、相場に入っていくのです。

しかし、「ダメならすぐに止めよう」というのは、
実に難しいことなのです。
買ってしまえばあとは期待するだけになってしまいます。
どうしてもそうなります。

不思議なことに、一度手をかけたものには
どうしても未練が生じるのです。
その結果、元金を相当に減らしてしまうのが常です。

仮に、仕掛けた当初に相当な含み益が生じていたとしても、
そこで終わらせるわけにはいかないのが、
普通の投資家です。
「うまくいけば2倍にも3倍にもなるんじゃないか?」
そう思ってしまうからなんです。

1回1回の仕掛けで儲けようとすると、
それはそれは偶然の重なりがなければ難しいわけです。

本来はの株投資は、トータルで利益になればいい、
という発想でなければなりません。

「この取引で、とりあえず利益にしたい」などと考えたら、
絶対にうまく行きません。
「10回の取引の合計で利益になればいい」と考えないと。

でも、そんなトータルの考え方を、
一般投資家はとてもとても持てないのです。
そんなことを教えてくれる人もいませんし。

だから、みんな株で損してしまうのです。

今は、そういう人たちがこぞって寄ってきています。
私は気づいたら、ご忠告するようにはしています。

「株はトータルで」考えましょう。

ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
11/5 まだ止まらない
金曜日夜のニューヨークダウ、CME先物を見ていると、
まだまだ日経平均が下げる感じではないですね。
明日の朝は高く始まりそうです。

寄り付いてからまだ上がるのかどうか。
そこはもう、はっきりとはわかりませんね。

ボrンじゃーバンドだけ見ると、
+2σに関しては、バンドウォークの真っ最中でもあって、
上がりそうにも思えます。
この急角度の+2σラインに対して、
いまだバンドウォークというのは、
ちょっと驚異的ではあります。

驚異的ではありますが、
それはそれでチャートですから、
チャートからのシナリオでは、まだまだ上昇は続く
ということになります。

私の待っている空売りのチャンス場面は、
まだまだ来ないかなあと思います。
買いのほうでチャンスを見ていくしかない、
ということでしょうか。

今、本当に、飲み会でも何でも、
会う人会う人、株の話をされることが多くなりました。
「株を教えて」とか、「今儲かるのか?」」とか、
「FXを始めた」とか・・・様々です。

でも、事はそう簡単じゃないんです。

「やめたほうがいい・・・」ということを
説明するのも結構に面倒くさいんです。

本気で聞いてい来る人には、
こちらも本気で答えてあげますけど
軽い気持ちで聞いて来る人には、
こちらもそれなりに「頑張ってください」というしか
その場を繕うことができませんよね。

一般の人が株に興味を示すようなときは、
私らはちょっと身を引いてみておいたほうがいいのかなと、
思っています。

ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
11/2 そうそう変わらない
最強ともいわれる今回の上昇相場。
相場の質が変わったのでは?
と考える向きも少なくありません。

あるいは、それは正しいのかもしれません。
でも、質が変わったからと言って、
「じゃあどうするの?」と言われたら、
どうしようもない、
としか言いようがないのではないでしょうか?

相場の質とは簡単に言いますが、
よくわからないコトバです。

私が思うに、
どんな上昇相場であっても、
「上がった株は必ず下がる」という原則は、
変わらないと思いますし、
それゆえ、空売りが個人トレーダーの基本戦略だと
考えています。

上昇幅が大きいほど、下降幅も大きいのです。
上がれば上がるほど、空売りへの期待は
高まってくるのです。

ただ、今はそうも言ってられません。
確かに、下げてはこないし、
どう考えても基本スタンスは買いしかないでしょう。

そして、そもそも相場において「大相場」とは、
いつも買い相場です。
盛り上がる相場はいつも買いが儲かるのです。

とはいえ、それは、投資のプロたちの話。

いずれはやって来ます。
そういう大きな買い相場で成功したプロが、
売ってくるときが・・・。

必ずサインは出てきます。
しっかり見ていれば。

チャートです。
チャート。

ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
11/1 こんなに上げるとは
いやあ、今日は上げました。
日経平均は400円以上の上昇です。
まあ、爆上げですね。

日経平均は、寄付きからギャップを空けての寄付き。
しかし、銘柄によっては、下から始まって、
高値更新したという、買いやすい銘柄も数多くありました。

そういう意味で、普通にデイトレしていれば、
買いでうまいこと利益になったと思います。
スイングには厳しいので、持ち越しはなかなか難しい
かもしれませんが、そこはルールに従うまで。
ルール次第では
デイからスイングに入っても良かったでしょう。

MACDも、またまたデッドクロスには至りませんでした。
日経平均が強いです。
そういう流れなんだと思います。
強い時は、落ちそうで落ちません。
あれよあれよと上がっていきます。

でも、それが事前にわかっているのかと言えば、
やっぱり予感だけですし、
急落の危険だってないわけではないのです。

そこは、相場の流れに従うということではなく、
あくまでかたくなに自分の仕掛け仕切りのルールで
行くことです。

相場では臨機応変が一番いけません。

臨機応変では、相場で利益は取れません。

相場の動きには乗じない・・・
くらいに考えていたほうがいいと思います。

いつか、必ず自分のチャンスが来るので。

ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!