FC2ブログ
損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
12/31 さて、来年はどんなか
あっという間の一年でした。
毎年、一年が早くなっていくように感じます。

一年あれば、うまくすれば億万長者・・・
などと毎年うっすらと期待もするものですが、
結局そうはなりませんね。
毎年、淡々と、身の丈に合った成績で終わるものです。

今年は、特に後半、忙しい日々が続きました。
どうしてもブログの継続を犠牲にしなくてはならぬ日も
続きました。

トレードだけだと、自分や家族のことが不安になります。
いつまで続けられるのか、全く保証がないからです。

市場のルールが大きく変わったり、
技術革新によって個人のトレードハードルが高くなったり、
そんな可能性も考えられますし、
自分の健康面や、家族に何かあるかもしれないという
リスクもあります。

そんな中で、余裕あるうちに何かやっておこうと考えるのは、
大切なことかと思います。

トレードで儲かっているんならば、
他に何もやる必要ないじゃないか??

そういう人もいます。

例えば、競馬をやって儲かっているなら、
わざわざ人に教えてお金を取る必要もないだろう・・・。

それと同じようなものです。

でも、本当はそうじゃありませんよね。

ひとつのことでうまく行ったら、
誰でも二つ目、三つ目を考えます。
余裕があるなら、なおさらです。

企業の多角化は、そういうことだし、
インフラをやってるとか、許認可の壁に守られてるとか、
そういうことでもなければ、
単一商品、単一サービスだけではやっていけないのが、
現代の経済社会です。

私も、そういう意味でうまくやっていきたいと考えています。
もちろん、トレードは続けられる限り続けますが、
ほかのこともできる限りやっていきます。

来年はどうなるか。

市場に関しても、自分に関しても、
はっきりはわかりません。
極めて不透明。

でも、自分については明るくしたいと思います。

・・・

自分本位で勝手なことばかり偉そうに書いているこのブログ。
お読みいただいた方々には、
1年間、本当にありがとうございました。

来年もまた、なにとぞよろしくお願いいたします。

賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
スポンサーサイト
12/29 持ち合いで終了
大納会。
持ち合いで終わりました。

結局、昨日の下降以外に動きませんでした。

下向きの5日移動平均線と、
上向きの25日線のあいだで、
動きが取れなかったようですね。

23,000円のブレイクは来年に持ち越しです。

あるいは、その前に大きな下落に入ってしまうのか。

何はともあれ、今年の相場は終わりです。

まずはお疲れさまでした。
年末年始は、ゆっくり休んでおきましょう。

賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
12/28 突発の売り
今日の日経平均ははっきりと下げました。
しかし、それでも25日移動平均線は死守。
そこより下にはいかないという意志が見えました。

そういう意味では持ち合いです。

デイトレとしては売り。
昨日、デイトレが・・・と書いた矢先の出来事でした。

確かに、後から振り返ると売りで勝負したら
いい儲けになったように見えます。
しかし、その時にできたかどうか。

私は、うまく行きませんでした。
「どこかできっと大きく反発する」といった、
あまり根拠のないイメージにちょっと縛られた感じです。

かといって、ラストの25日線からの反発で買えたかといえば、
そうもいきませんでした。

まだまだ甘いですね。
デイトレの頭になってなかったかもしれません。

明日、明後日、
買いも売りもありません。

デイトレです。


賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
12/27 このまま終わるか
ローソク足は陽線。
でも形は下降。
そして、空気は持ち合い。

安く始まれば上昇はします。
しかし、それ以上には上がりません。
持ち合いを越えるような上昇にはなりません。

泣いても笑ってもあと二日。
どうしようもありません。

ここまでくると、トレンドを狙ったスイングはできません。
一発あるかないかのデイトレードになります。

一発あるかないか、ということは、
自分で制御するわけにもいきませんから、
相場の偶然(のようなもの)に期待するということです。

まあ、それでもいいでしょう。

ただし、損切りだけはきちんとやることです。
ここで損切りできないと、
おそらくは年越しの含み損を抱えることになります。

ここまでうまくやって来たのに、
最後の最後で気の迷いが生じて・・・
というのがよくある失敗例です。

気の迷いなんかじゃありません。
それがその人の実力です。
相場の実力とは、というものです。

自分の地頭や技量を信頼してしまっている人ほど、
その罠に陥ります。

誰が「大丈夫」と言っているのか。
自分だけじゃないのか?

自分の「大丈夫」には根拠なんてありません。
冷静になれば、誰だってわかるはずです。

持ち越しちゃダメ。
とにかく、大納会では何が何でも仕切る。

まずは、そのルールを徹底しましょう。

賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
12/26 これじゃ手が出ない
日経平均、完全に持ち合いです。
元気なく出来高も非常に少なくなっています。

年末に向けて、あまり面白くない事態です。
出来高の小さい持ち合いというのは、
要するに誰も参加しない、活性化していない様子を
表しています。

なるようにしかなりません。
どんなに個人が期待や希望を持っていたとしても。

手が出ません。
このまま大納会まで行ってしまうのか。

つまんないなとは思いますが、
これも現実です。

ルール通りやるまでです。

賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
12/25 少しづつ向かう
大納会に向かって少しづつ上昇です。

23,000円のブレイクに向かってもいます。

明日なのか、明後日なのか・・・
あるいは、大納会まで持ち合うのか。

興味は尽きませんね。

ちょっとしたきっかけでもあれば、
シューっと上昇するでしょう。
ただ、そのきっかけがあるのかどうか?

私のシナリオでは、上にブレイクです。

間違ってたらごめんなさい。

そして、ブレイクが大納会なら、
デイトレですね。

年越しの持ち越しは、
今のところ、考えないほうがいいでしょう。

賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
12/23 素直に形を見る
11月の最高値以降の日経平均の形は、
典型的な持ち合いの形です。

高値水平、安値切り上げの持ち合い。
美しいといっても過言ではないほどの、
教科書的な形です。

まずは、残り一週間、
このきれいな形に素直に従っていきます。

狙いは、何度も書いてきたように23,000円抜け。
これが実現したら「買い」です。

典型的な形は、ともかく信じていく。
壊れてしまうことも多いです、もちろん。
そんなに相場は甘くはありません。

でも、誰でも見えている形です。
そこで「買い」はルールです。
ダマシがあっても、それはそれで諦めればいいことです。

諦めずに続けてしまうのが失敗です。
そして、失敗してしまうのが儲からない人なんです。

相場はこの繰り返し。
本当に、それだけなんですね。


賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
12/22 あと一週間
あっという間に残り一週間です。
でも、一週間はあります。

相場はサラリーマン生活と違って、
最後の最後までやっています。
大納会は12月30日。
会社はお休みになっても、株は取り引きされる、
というわけですね。

年越しの株の保持はしたくないとは思いますが、
ぎりぎりまで粘っていきましょう。

今日の日経平均は、小さいながらも反転です。

来週、23,000円をブレイクすることができるのか。
焦点はそこだけのような気がします。

買えるのか買えないのか。
見ておくのはそこでしょう。

買えないならば、買いもしないし売りもしない。

そのスタンスで行きましょう。

賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
12/21 いつ上昇するのか
今日は下げ「。
でも、そんなに大勢に影響する下げにはなりません。
イメージとしては持ち合いに近いです。

そして、もちあーイメージが続くと、
どうしても頭は、「いつ吹き上がるか」というところに
行ってしまいます。

23,000円をいつ抜けていくのか。
どうやら、やっぱりそこが吹き上げのポイントになりそうです。

どこで来るかわかりません。
明日は週末ですので、
持ち越しの判断も大事になってきます。

しかし、抜ければ買い。
ここはルール通りです。

頑張っていきます。

賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
12/20 23,000円ですね
今日は陽線でしたが、
昨日のローソク足との関係において下降でした。

そして、どうやら、23,000円を壁とした持ち合いに
なっていきそうです。
抜けられなければ下がっていくだろうし、
抜ければ上昇に向かっていく・・・、
そういう場面になりました。

株を始めると、
自分のスタンスに合致した情報だけを受け入れ、
反対の材料には目をつぶってしまうものです。

今、買いの側から相場に挑んでいる人は、
今日のローソク足を、終値だけの観点から、
上昇というのでしょう。

しかし、それは間違っています。
相場はできる限り客観的に見るべきです。

自分の立場と関係なく、相場を見られるようになる位は、
それなりの年月や経験が必要です。

そして、それができるようになれば、
損切りや利益確定もうまくなっているはずです。

自分の立場を捨てていかに客観的な視点を保持できるか。
そこがトレーダーとして生き残るための最大のポイントです。

そのために理論があるのです。

移動平均線の向きやローソク足の位置。
そして、ローソク足の上昇下降の形、
チャート波動の上昇下降の形。

このブログでは、何度となく書いてきたこと。

ツールはそろっています。
あとは、それを信じて使うだけ。。。

そういうことです。


賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
12/19 やはり焦点は直近高値
今日の日経平均、直近高値は抜けませんでした。
というより、直近高値の少しだけ下まで来た、
ということは、それだけ直近高値が強く意識された
ということかと思います。

今日の日経平均のローソク足も、
陰線と言えども上昇の形です。
という意味では、上昇が継続です。ちょ

だとすれば、ぎりぎりのところで跳ね返された
直近高値の壁が、明日は破られるのかどうか。

そこが、明日の焦点になるでしょう。

あるいは、この話は今日でおしまいで、
明日は明日で、直近高値など関係なく下げたり持ち合ったり
するのかどうか。

結局のところ、明日にならなければ答えは出ません。
できるのは、想定されるシナリオに対して、
準備をすることだけ。

明日の準備というなら、
直近高値抜けの時の「買い」だけです。

まあ、そんなところで。


賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
12/18 直近高値を越えるかどうか
今日は、日経平均が見事に反発です。
きれいにトレンドが変わりました。

とはいえ、単に上昇に転じただけで、
波動のレベルではまだまだ持ち合いの域。
明日以降どうなるかを見ていかないと、
何とも言えない状況です。

まずは、直近高値ですね。
ローソク足の上昇は大事ですが、
チャート波動の上昇も重要です。

今ここでの買いも、もちろんいいと思います。
しかし、チャート波動の上昇を見てからの買いもあり。

そこは、スイングの息の長さをどうとらえるかです。
手法の問題でもあります。
人それぞれということです。

まだまだ月曜日。
いつも通りに、見ていきましょう。

賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
12/17 すべては、いつも通り
毎日の相場に取り組む姿勢を表すコトバは、
いろいろ、さまざま。

トレーダーを戒めたり、励ましたり、
コトバの目的も様々ですが、
結局のところ、すべては「いつも通り」ということです。

「注意していく」というのは、「いつも通りにいく」ということ。

「よく見ていく」というのも「いつも通りにいく」ということ。

「いったんは様子見」というのも、
「チャンスが来たら逃さず行く」とか、
「しっかり準備しておく」も、
すべては「いつも通り」ということなのです。

それだけ、「いつも通り」は大切で根本的で本質的です。

「いつも通り」にやらないことなどあり得ない。
いつだって「いつも通り」。

どんなコトバがあったとしても、
それは「いつも通り」と言い換えられます。

惑わされずにいたいものですね。

賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
12/16 連続の下げで
昨日の日経平均は、3日連続の下げとなりました。
場中は、結構な乱高下。
後から分足チャートを振り返ると、
デイトレにはもってこいの日だったと見えますが、
実際にはそうはいきません。
翻弄されてしまった人も多かったのではないでしょうか。

これでまた、日経平均は25日移動平均線のところまで
降りてきました。
25日線は横ばいです。
上向きではありません。
ここから下げることだってあり得るし、
反転上昇することだってあり得ます。

また、ここからずっと持ち合いが続くことも・・・。

年末相場はあと2週間あります。
それだけあれば、大納会の形など、
なかなか想像もつきません。

ただ、まあ、
75日線はしっかりと上を向いたままですから、
基本は上昇相場なのだと思います。

上昇相場の中の、上昇局面なのか下降局面なのか、
そのどちらに移行するのかの問題です。

週足も月足も、完全な上昇相場。
そう簡単にズドーンと落ちることはないだろうと
思ってはいるのですが。

いよいよ年末ですが、
いつもと変わらずに、頑張っていきましょう。


賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
12/14 下げ継続だが動けず
昨日に引き続き、下げのローソク足。
ただ、だいぶ動きが止まっては来ました。

前場は下げて後場は上げ。
相場の迷いを示すコマのようなローソク足。

25日移動平均線は完全に横ばいになってきました。
いつ上がってもおかしくないし、
いつ下がってもおかしくありません。

大きな動きに備えておくほかは、
特に、シナリオも描きにくいと思います。
しいて言うなら、持ち合いになるのかなあ・・・と。

チャンスになったときにすぐに動ける体制、
というのを意識して、向かっていきましょう。

チャンスにならない限り、動かないほうがいいです。

当たり前のことですが。


賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
12/13 今度は下げ
今日は下げでしたね。
昨日の上昇のローソク足で、
今日の上昇を期待していた身としては、
残念です。

12/1の高値を昨日は0.02円抜けたのですが、
このほんのわずかの高値抜けは、
ダマシだったということになりますか。

毎日毎日、とんでもない読み筋だけ披露して。
毎日毎日、あれーーーなどと言っているこのブログ。

結果論なので気にはしていませんが、
まあ、格好悪いですね。
イメージ悪いのかなあと。

でも、このブログは、そういうブログです。

それでも、ひたすら頑張っていきます。


賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
12/12 下げたかというとそうではない
今日の日経平均は下げたのか。

そんなことはありません。

確かに、終値では昨日より低くなりました。
日経平均は、終値で語られることが多いので、
そういう面でいうならば「下げ」です。

しかし、昨日のローソク足と今日のローソク足を比べれば、
高値は高くなっており、安値も高くなっています。
つまり、ローソク足の局面では上昇です。

また、なによりも今日の高値は、
12月1日の直近高値を上回っています。
チャート波動の局面で見ても、
今日は波動の上昇が成立したわけです。

終値では下げていても、
今日の日経平均は上昇という判断です。

まあ、
今の相場が強い・・・ということはできないかもしれません。
しかし、一方で「弱い」と言えるかと言えば、
決してそうでもないのです。

こんなことを書くと、また、
明日下げたときに、
「馬鹿なことを・・・」と言われるのでしょうが、
それはやっぱり結果論。

結果論で相場を語ることは、
トレーダーに何の成長ももたらしません。

違いますかね。。。

賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
12/10 いつだって、いつも通りです
ニューヨークは上昇してます。
が、全体的には持ち合いの感じ。
さほどのインパクトは日経平均にはもたらさないでしょう。

次の大きな動きが明日来るかもしれないし、
明後日来るかもしれません。
あるいは、来週か。

年末が徐々に近づいています。
あと正味で3週間。
上に向かうのか、このままなのか。
あるいは、再び下に振れるか。

どういう風に動くとしても、
そこに根拠はあります。

何でもあり。

12月は、ちょっとマイナスから入ってきました。

まあ、これからです。
いつも通り、を意識しながら、
いつも通りに行こうと思います。

賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
12/9 持っていかれました
見事に外れました。
持っていかれてしまいましたね。
損切りで仕切り直しです。

正直苦しいですが、仕方ありません。

これで、23,000円、12/1の高値を抜けていくようなら、
持ち合いから上昇に転換ですね。

空売りは1日だけのものでした。
やはり、買いのほうが強いように見えます。

安易に空売りしたものではないこと。
結局は損切りになったが、損切ったこと。

そのどちらも、重要なことです。

「バカな空売り」というのは結果論。
終わってからなら、誰でも言えます。

「こんなところで空売りはないよ!」という人も、
それはそれで、その人の手法なんです。

しかし、私のやり方では、バカでも売りなのです。

それを結果論で批判されたり、
「私は木曜日に買いに出て成功した。」と言われても、
「ああ、そうですか、それでいいじゃないですか。」
としか言いようがありません。

まあ、淡々とやっていきます。

賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
12/7 売りは終わり?
いや、まだもう少し。
今日の高値は昨日の高値よりは安く終わっています。

我慢、我慢。

もう終わりのように見えますけれども、
実はそうではありません。
それが、客観性だしルールなのだと信じています。

相場の勢いに負けて、
昨日高値を抜けてもいないのに、
どうせ上昇するなら、早めに売りは終わり・・・
と考えて、仕切った人はダメなんです。

明日になったら、
「やっぱり終わらせといて正解だった」となるかもしれません。
でも、それは今回だけの結果論。
いつまでも結果論で考えるだけの素人で終わります。

ルールは愚直です。

確かに、日経平均以上に持っていかれてしまった
銘柄もあります。
それはそれで、損切りです。
それは結果論ではなく、ルールに基づく戦術です。

ルールはいつも感情の反対を行くのです。

賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
12/6 おお忙しでした
高みの見物・・・などと書いていたら、
いきなり来ましたね。
ズドンと大下げ。

いつか来るのか、来ないのか、
波乱を待ちつつ半信半疑でしたが、
今日のようなきれいな下げだと、もう空売りですね。

昨日書いた、上向き25日移動平均線の位置。
割らないなら上昇・・・
ということは、割ったらまず下降です。
ダマシかどうかはとりあえず問わない。

22,500円あたりが仕掛けのポイントだったと
思います。
前場の10時30分過ぎですね。

スイングで追いかけるなら、このあと
11月16日の安値を割るかどうか。
そこが焦点になりますね 。

割らないなら、持ち合い。
割るなら、さらなる下降です。

日経平均を指標に追いかけるなら、
それが私のルールです。

今日、きちんと売りで反応できるということ。
これは、結構大事なことかと考えます。

賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
12/5 あららら、転換?
昨日書いたトレンド転換??

確かに、トレンド転換かもしれませんが、
ちょっと待て、です。

上向き25日移動平均線の直上だという事情が
そこにはありました。

どうすりゃいいんでしょうか。

まあまあ落ち着けってことですね。

完全な上昇相場ではあるわけですから、
売りはやることもありません。

ニューヨークダウは、まだまだ上がるかもしれません。

さてどうなるか。
高みの見物ですね。

賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
12/4 また持ち合いに
また持ち合いに戻りましたね。
なかなか高値更新はできませんか・・・。

ニューヨークダウの木金曜日の動きと同期している。
と言えばしていますけど。

まあでも、考え込むには及ばずです。

買いがだめなら、売りを考えてみればいいし、
どちらも考えにくいなら、待ってみればいいのです。

今の状況、日経平均は下から上への
上昇トレンドラインが引けますが、
これが下に割れれば、いったんは下降の見通し。
そこでは売りも考えられます。

しかし、往々にしてこのトレンド転換は、
ダマシに終わる可能性もあります。

であれば、次の高値更新で買い・・・。

・・・というように、どんな展開も考えられるのです。

今はそのどちらとも決められませんし、
ま、おそらくいつになっても決めることは
できないでしょう。

なるようになる。
そして、それにルールで対応していく。
そういうことですね。

賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
12/3 一筋ではいかない
ニューヨークダウが激しく上昇してきています。
為替も円安に向けて大きく動きました。
その割には日経平均は大きく動いていませんね。

ここから先、高値に向かってくれるのかどうか。
気になるところですね。

基本的には、買いのスタンスでいいと思います。
ただ、高値を取れずにまごまごするなら、
その後売りスタンスに転じる可能性は十分にある、
と考えています。

少し日柄は必要かもしれませんが、
十分に年末までには間に合うと思います。

この状況では、まだ一波乱も二波乱もありそうです。
そうそう一筋縄ではいかないのが相場です。
波乱があれば、チャンスも広がります。

まだ大納会までに4週もあるのです。

案外何もないかもしれませんが、
想定通りにチャンスが多いかもしれません。

どうなっても、ルール通りです。
それさえ気にしておけばいいと思います。

賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
12/1 ギャップは仕方なし
ギャップが空いてしまいましたね。
こうなったら、無理はしっこなしです。

無理するなということは、
すなわち諦めろということです。

なまじチャンスが少ないので、
せっかく来たチャンスをどうしても取ろうとしてしまう。

それは仕方のない心の動きかと思います。

しかし、トレードの鉄則としての、
「常に、心の視点からはやりにくいことをやる」
ということを思い出すことです。

この局面でやりにくいのは、
まさに「諦める」ことですよね。

そして、次のチャンスを再度狙い続けていくのです。

深追いはだめです。

追いかけて良いのかどうか、
悩んだ時点でもう駄目です。

シンプルに、やめておくのがいいのです。


賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!