FC2ブログ
損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
1/31 落ちるのは早い
いやあ、売っとけばよかったですねえ。
昨日が絶好の空売りチャンスだったかもです。

・・・とはまあ、冗談ではありますが、
本当に、そう思うような展開ですね。

しかし、それにしても下降は早いです。
特に、持ち合いを放れて落ちるときのスピードは
なかなかのものです。

昨日25日移動平均線を割ったと思ったら、
もう、75日線がすぐ下に見えてきました。

あれよあれよという間に、
ひょっとすると75日線も割ってしまうかもしれません。
そうなればいよいよ、下降相場の入り口かと
考えなくてはならない位置に来ます。

あっという間の展開ですね。

でも、案外心の中では願っているのかもしれません。

どう考えても、買いの相場より売りの相場のほうが
はるかに楽しい。
これは私にとっての事実です。

私がどうしたところで、
相場はびくともしませんが・・・。

明日も頑張っていきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

維新流トレード術

たったの500円です。
トレード本の最高峰。
読まなきゃ損です。

賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
スポンサーサイト
1/30 大外れですね
気持ちよいくらいの大外れでした。
今日の日経平均は、大きく下降。
なかなか大きい陰線となりました。

前場から一貫した下げ。
25日移動平均線も関係なく、
そのまんま・・・下げていきました。

理由は、まあ、円高に振れている、というところでしょう。
それ以外には、大きくは見つかりません。

また、今週は、決算もあるので、
そこも気を付けないといけませんね。

ややこしい相場ですが、
とにかく無理はしないこと。
自分のイメージや想定を信じてはダメです。

下げているときに、
「こんなはずじゃない」と思ってみても、
相場は変わってくれません。

むしろ、下げているんだから空売りか・・・
くらいに思ったほうがいいですね。
(あくまで、デイトレの話。)

もちろん、この状況にあっても、
やはり買い狙いであることに変わりはありません。

下げたとはいえ、25日線も75日線も上向きのまま。
まだまだ上昇相場の下げ局面、でしかありません。

場合によっては、銘柄によっては・・・かもしれませんが、
そうそうスイングの空売りは考えられません。
基本は上昇相場で上昇を狙うスタンスです。

そこはブラさないで行きましょう。

賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
1/29 上がりませんでしたね
日経平均は下げました。
上がるどころか、1/12の安値を更新する下げ。
まだまだ見えない状況が続いていくようです。

ただ、見過ごせないのが、
25日移動平均線が下から近付いていることです。

ローソク足が25日線に触れるようになれば、
少し違った展開が見られるかもしれません。
意識してみていこうと思います。

さて、以下、久しぶりのご紹介です。
今となっても、相変わらず、
トレード本としては最高峰だと感じています。

毎度毎度読み返す価値ある書籍として、
私はいつも座右に置いています。

維新流トレード術

とにかく、損切りに関する記述は最高です。

送料500円だけで手に入りますので、
ぜひともお手に取っていただければと思います。
(書店などでは買えません。)

賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
1/28 明日は上昇期待
ニューヨークダウが上昇しています。
CMEの先物もそれなりに。

「期待」と言っても、「まあ、そういう見方になるね」と
いった程度の想定です。

トレード前には必ず日経平均や銘柄ごとの
シナリオを考えておきます。
そしてシナリオ通りの展開になった時に、
仕掛けるのかどうなのか考えておきます。

シナリオは必ずしもひとつではありません。
平均してひとつの銘柄で3つくらいは考えます。
考える…というより、見えてくるという感じ。
チャートを毎日見ていれば、
それはすぐにわかるものです。

シナリオごとに、その実現可能性が違います。
また、シナリオはあっても仕掛けのポイントが見つからないと
仕掛けにはむすびつきません。

想定したシナリオの通りに相場が動き、
しかも仕掛けのポイントに株価が来たときに、
初めて出動するわけですね。

そういう意味で、
明日は上昇のシナリオが描けそうだと、
そんなわけです。
可能性としては、6割から7割くらい。
そんなものでしょう。

明日からまた、頑張って行きましょう。


クリック頂けると元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
1/26 意識される安値
なんとか1/12の安値は割らずにいました。

やはり、意識されています。

高値も意識されていますが、
安値も意識されています。

安値が意識されているからと言って、
それはブレイクを意味するわけではないし、
反転を意味するわけでもありません。

ただ、意識されるということは、
そこで見ている人が多いということで、
動き出すときには多くの人が参加するということ。

どちらに動くかはわかりませんが、
動くなら大きく来ます。

来週に期待ですね。

賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
1/25 まだ持ち合い
日経平均が下げです。

しかし、まだ1/12の安値を割ったわけではありません。
まだまだ持ち合いの中にはいます。
なので、空売りができるような場面ではないと判断します。

私は空売りが好きですし、
空売りこそトレーダーの醍醐味だと考えています。

ですが、この上昇相場の中での空売りは、
考えていません。

まだ下降ではありません。
持ち合いです。
であれば、やはり素直に待ちです。

まあ、デイトレなら売りもありでしょう。
でも、必ずデイで仕切ってください。
スイングの売りは極めて危険です。

トレードでは自分のことは信じないほうがいいです。

どんなに自分を信頼している人でも、
トレードでは別です。
自分の感覚を何よりも大切にする人ほど、
大きな損失をこうむります。

本当です。

甘く見ないほうがいいです。

いつでも、ルールはどうなっているのか。
自分の感覚ではなく、ルール保守でやるべきなんです。
自分=ルールではありません。

この壁を乗り越えなければ、
利益の出せるトレーダーにはなれないと思います。

賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
1/23 うーむ、また元に
日経平均は、また持ち合いです。
昨日の買い仕掛けは、そのまま保持。
仕掛けた側としては、ちょっと期待外れ。

でも、要するに「期待は外れる」ということなんです。

それは相場の鉄則みたいなもの。

昨日の上昇陽線も、してみるとダマシ?

まあ、それはそれで受け止めておきましょう。
持ち合いであっただけ、まだいいんです。

相場の動きには、いいも悪いもありません。
仕掛けた人にとっていい悪いがあるだけです。

相場の動き自体は環境のようなものです。
逆らったとしても、うまくついて行けたとしても、
だからと言って、何物もありません。

ただ、その環境jからプラスやマイナスを引き出していくのが
トレードです。

もがいても仕方ありません。
流れの中で、自分のルールに沿って、
淡々とやることだけをやる。

特にこういう時に大事なこと。

目の前の銘柄にとらわれないこと・・・。

分足にとらわれないこと・・・・。

引き続き、頑張っていきましょう。


賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
1/23 仕掛けです
日経平均は、24,000円の下から始まり。
24,000円の上で終わりました。

今日こそ、わかりやすい買い仕掛けです。
銘柄による調整はあると思いますが、
今日買わなければ、買うタイミングはありません。

明日以降、再びのダマシだったとしても、
今日の24,000円抜けは非常に重要視するべき
タイミングでした。

この後どうなるかは、神のみぞ知る領域なんです。

ダメでもともと、
順行ならラッキー。

そういう言う気持ちで行きましょう。


賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
1/22 全体が下降というのじゃないです
持ち合い気味とはいえ、
1/18の安値を割っていますので、
ローソク足は下降の判断です。

まだ、自信をもって買いというわけにもいきません。
様子見、仕掛け待ちです。

23,600円を割って、さらに1/12の安値を割る、
ということになれば、
チャート波動で持ち合いになってしまいます。
そうなると、25日移動平均線くらいまでの下落は、
想定していかなくてはなりませんかね。

ただ、まだまだ上昇相場です。
決して下降に向かうとは言えません。

今は空売りはできません。

銘柄によっては、そんな日経平均の動きなど
全く関係なく動いてもいますが、
効率よいトレードをするなら、
やっぱり日経平均です。

昨日書いた知人は、
やっぱり空売り保持を仕切れなかったそうです。
どうしても、希望を持ってしまうんですね。

こんなことになる人が、とてもとても多いから、
最初の損切りポイントが最後の損切りポイント
でないとダメなんです。

よほどのことがない限り、相場は自分じゃ動かせません。

そのことを理解していきましょう。

賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
1/21 持っていかれた空売り
9月に空売りした銘柄を損切りすることができずに、
ここまで来てしまった・・・という話を聞きました。

相場の動きがどうであれ、
すぐにでも有無を言わずに仕切ることを勧めました。

明日の朝、本当に仕切れるかどうか。

躊躇も、割り切れなさもあるかもしれませんが、
それでもやっぱり、仕切るべきでしょう。

本気でトレードをやるというのは、
そういうことだと私は思います。

自分で「失敗した」と思っているのに、
保持し続けることは、自分に対する反逆です。

本当に、今後は下がると思うなら、
それでもやっぱり一度は仕切っておいて、
新たに同じだけ空売りしたらいいんです。

それができますか???

・・・ということなんですよ。

いずれにしても、即仕切り。
仕切ったら、すぐまた仕掛ける気なんて起きないです。

絶対に。

なのに、持っていたってしょうがない。

新しいトレードで再起を図ったほうが、
よほどいいと思いませんか。

賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
1/19 一瞬のダマシでしたね
今日も持ち合いでした。
水、木、金と3日間、持ち合いが続いています。

昨日の24,000円抜けはダマシでしたね。
結果的にはそうなりますね。

仕方ありません。
ここは我慢です。

24,000円のせめぎあい。
今週は、波乱含みでしたが、
結局、結論は出ませんでした。
来週に持ち越しです。

今日を過ぎてもなお、
まだ買い保持したままの銘柄もあると思います。

それはそれとして、ルールにのっとっているのであれば、
何の問題もありません。
堂々と持っていましょう。

今週もお疲れさまでした。

賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
1/18 こりゃ無理です
まず言っておきたいのですが、
今日のトレードを、
マイナスイメージで語っちゃいけません。

損切りで正解ですし、含み損でいいのです。

これを「負け」だとか「失敗」だとかと言ってしまうと、
トレードができなくなります。

買い仕掛けで正解だし、
下げてきたところで損切りで正解なんです。
スイングだから、ルールによっては、銘柄によっては
含み損での持ち越しもありなんです。

「今後はこんなことにならないようにしよう。」とか、
「これを反省材料にしてさらなる精進を。」なんて
考えていたら、それこそ、ダメダメなんです。

トレードにおいては、損失がダメなのではなく、
ルール通りにやらないのがダメなんです。

ルール通りのトレードは、たとえ損失に終わっても、
その人のキャリアになるのです、
そして、そのキャリアをどれだけ積み上げられるかが、
その人のトレード人生を決めるのです。

結果だけ見れば、大失敗・・・と思うのかもしれません。

でも、そんなことはありません。

胸張っていきましょう。

賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
1/17 狙いは変わらず
今日の日経平均は持ち合いでした。
銘柄ベースで見ると下げたものが多かったように
思いました。

まあ、こんなもんなんでしょう。
買い仕掛けはおおむね待ちですね。
出動しないのが基本です。

このまま持ち合いが続くなら、
やはり24,000円が極めて強く意識されているということ。
であれば、やっぱり狙いはそこのブレイクです。

ブレイクすれば仕掛ける。

そこは変わりがありません。

待っている間に、
気持ちはなえていくのかと思いますが、
そこはできれば無心で・・・
と言っても難しいので、
あくまでルール通りにと唱えていきましょう。

「どうせ上がるのならば今のうちに買っておこう。」

これが一番ダメなんです。

肝に命じていきましょう。


賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
1/16 明日またトライ
日経平均ははっきりとした上昇となりました。
今日は仕掛けられた銘柄も多かったと思います。

やはり、買いですね。
基本戦術は買いでいいと思います。

そして、明日は再びの24,000円へのチャレンジですね。
跳ね返されるかもしれませんが、
あっサリ抜けるかもしれません。

24,000円は重要なチャート上のラインです。
ギャップが空いて寄り付くなら、
いきなりの買い仕掛けもありです。

ダメなら損切りすればいい。
それくらいの気概でも、ルール通りだと思います。

無理したくないというなら、
仕掛けずステイでもいいですが、
そこは一つのチャンスでもあります。
私は、何はともあれ仕掛ける派です。
ダマシだろうと何だろうと、です。

もちろん、ここで少し持ち合うというのも、
当然ながら十分想定の範囲です。
それならそれで我慢です。

個別銘柄次第ではありますが・・・。

今夜のニューヨーク、CME、
明朝しっかり確認ですね。

賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
1/15 さあ、上昇の足
日経平均は陰線となりましたが、
形としては紛れもなく上昇の足です。

銘柄によっては、今日から買っていけました。

高寄りしたときのキーワードは、
「重要なラインを挟んでのギャップ」です。

前にも書きましたが、
上向きの75日移動平均線や25日線など、
注目ラインを挟んで上にギャップが空いたら、
ともあれ「買い」です。

そんな戦術もあります。

もちろん、朝一から狙いをつけて見ていないと
成立しませんが。

前もって「この銘柄に注目」というような記事を
書けていればいいのですが、
今はそこまでの余裕はなく、
なかなかそうも行きません。

でも、努力はします。

頑張っていきます。

賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
1/14 次の目標は
日経平均の次の目標は、おそらく24,000円。
そこを抜けられるかどうかが、今の課題。

トレーダーからしてみると、
抜けるかどうかはあくまで予測の世界です。

トレーダーとしては、「抜けたら・・・」→「どうする・・・?」
という事実に基づいた考え方をすべきところですね。

「この勢いなら、24,000円をも抜けて
しばらく上がり続けるだろう。
だからともあれ買いで攻めていく・・・。」

というのは、予測に基づいたトレードであって、
妥当性は少ないと私は思います。
また、これだと仕掛けのタイミングがわかりません。
何はともあれ一刻も早く仕掛ける
ということになってしまいます。

「●●円を抜けたら仕掛ける。」
というのが、正しい具体的な仕掛けの戦術です。

そうでなければ、長続きしません。

基本中の基本。
でも、個人トレーダーにとっては、
非常に忘れがちな基本です。

イメージや勢いだけでは仕掛けてはだめですね。

賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
1/13 下降から持ち合い
昨日(金曜日)の日経平均は、
持ち合いでした。
高値は高く、安値は安いという末広がりの持ち合いです。

ニューヨークダウは高値更新の余韻。
一方の為替は、しかし円高。
そして、CMEが高め。

日経平均はどう動くんでしょうか?

そりゃあ、わかるわけがない。
だから、持ち合いです。

まあじっくり行きましょう。

焦りは、いずれにしても禁物です。


賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
1/11 当然の押しの判断
日経平均が下げてきました。
ですが、まあ、当然あるべき押し、という判断です。

これだけ上げていますから、
下がることもあるという程度でしょうか。
もちろん、ここから思い切り下げになる可能性だって
ゼロではありませんが、
現時点で、その想定はなくてもいいとは思います。

ともあれ、ちょっとだけ買い仕掛けは我慢といったところ。

いずれまた、この上昇相場は、
買いのチャンスが来ますよ。
おそらく。

待ちましょう。

相場は毎日がチャンスではなく、
ここぞというチャンスはたまにしか来ないものです

それくらいに思っておくことです。

賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
1/10 利益確定でもいい
利益確定でもいい・・・
というより、いったん利益確定です。

最小単元の仕掛けなら、今日の日経平均にならうなら、
全面的に利益確定です。

複数単元の保持であったなら、部分利確でいいでしょう。

複数単元持ちの場合は、
ここは、はっきりとしたルールはなくてもいいです。
仮に全面利確であったとしても、それはそれで理解できます。

根拠は、今日の日経平均のローソク足が、
昨日比で下降の形だったからです。
(高値は昨日の高値より安く、
 安値も機能の安値より安い。)

ここは、躊躇すべきところではなく、
何らかの仕切りを入れるのがルール。
それは、明日の動向を見てからではだめで、
安値を割ったところで仕切りです。

今日の行動に対しての、明日以降の動向は、
完全に結果論でしかありません。

自分の行動が正しかったかどうかの基準は、
ルールです。
結果ではありません。

明日以降上昇したから、仕切らないのが正解だった・・・
というスタンスでは、
いつまでたってもトレードはうまくなりません。

結果に一喜一憂しているうちは、
100%素人です。

儲けたいならそれは×。

心しておいてくださいませ。

賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
1/9 まだチャンスはある
日経平均は、高寄りの場中下げでした。
まあ、下げたとはいえ終値でも先週末より高いです。

弱くなったということでもありません。
ギャップもしっかり空いています。

むしろ強いというわけです。

現時点で、1990年代前半のレベルにはあります。
非常に強いと言わざるを得ません。

そして、個別銘柄もまだまだチャンスはあると思います。
今は、とにかく買い。
買い銘柄を探すことに全力集中です。
たとえ、いったんは下げの動きを見せたとしてもです。

取るべきスタンスははっきりしています。

あとは、実行できるかどうか。

まだ、間に合います。

賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
1/7 トレード手法の進歩
トレードで一定期間のトータルが
プラスになってきたら。

まずはそれで成功です。

そこから先に考えることは、
その手法を繰り返し繰り返し用いていくこと。
手法を信じて、ひたすらについていくことです。

ひたすらついていってみて、
さらに長い期間にわたって利益を出し続けられるかどうか。
ダメだったら、手法を変えることを試みる。
利益が出るなら、やっぱりそのままひたすら繰り返す。

そういうことです。

せっかく利益が出ているのに、
もっと利益が出る方法はないか・
と考えて、手法をいじるのは良くありません。

もっと利益を出したいなら、
投資量を増やすか、投資回数を増やしていくことを
考えたほうがいいと思います。
少なくとも、私はそうしてきました。

手法というのは、ひとつの大きなルール体系です。
何か新たなやり方を採り入れようとすると、
その体系が崩れてしまうことが多くあります。

ちょっとした新たなやり方を優先して
大きな体系を崩すことは、
非常にもったいないことだと思います。

そういう意味では、
大きな体系を身につけたあとには、
そこにさして進歩はありません。
ただ、ひたすらの繰り返しに耐えられるかどうかでしょう。

せかっく勉強したのに、
どうしてもうまく行かない人は、
その繰り返しに耐えられないのです。
また、たまに来る極めて偶然的な損切りに
耐えられないのです。

ここから先、日経平均は長い上昇ステージに入る
可能性があります。
でも、トレード手法を変えようとは思いません。

ひたすら繰り返す、ということ。
そこをイメージしてやるだけです。

賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
1/6 利益を伸ばしていく
大発会の日経平均の様子は、
パラダイムシフトと言ってもいいくらいの、
次元の変化があったと思います。

これがダマシだったのかどうかは、
今はまだわかりません。
来週になれば少しは判明するでしょう。

しかし、買い保持している以上、
損切りラインまで落ちない限りはじっと持っておきましょう。

優れたスイングのルールなら、
しっかり保持を続ければ自然に利益が増えていきます。
それがまた、含み益の増加に耐えられずに、
手放してしまう人が多いのです。

以前にも何度も書いたことですが、
ルール通りに保持するのは、本当に難しいのです。

人は、利益を手にするとすぐに確定したくなります。
「損をしたくない」という思いが、
少々の利益でも確定してしまう原動力になるのです。

損切りラインできちんと損切りできるトレーダーなら、
利益確定を急ぐアホらしさわかると思います。

保持したら、逆指値だけ入れて放っておきましょう。
それが一番です。


賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
1/5 結果論と言われればそれまで
昨日ブログを更新できずに非常に残念でした。
地元の新年会でついつい飲んでしまい、
何もできずにそのまま寝てしまいました。

昨日の大発会。
ギャップを空けてグーンと上昇でした。

以下、結果論と言われればそれまでですが、
何を思われようと本音で書いておきます。

大発会のポイントは、
昨年あれだけ持ち合って抜けられなかった、
23,000円を抜けて寄り付いた瞬間に、
買いに走れたかどうかです。

この場合、23,000円は極めて重要な
節目のラインなのです。

節目の重要ラインを挟んだギャップは、
何はともあれついていくべきです。

たとえそれがダマシであったとしても、
そこでついていかなければ、いつついていくのか。
それくらい重要なポイントが昨日でした。

これは、あわてるなとか、自分のペースでとか、
ルール通りにといったような処世訓とは、
根本的に違う話です。
むしろ、ついていくのが「いつものルール」のはずなのです。

大発会だからこそ、焦らず構えるのはいいことです。
しかし、そのためにいつものルールを外してしまえば
本末転倒です。

ここでみんなが買いに来るというポイントでこそ、
いち早く買っていくのがトレードです。
皆が集まってきて、
ずいぶん値が上がってからでは遅いのです。

ダマシだったと判明したら、
その時は損切りすればいいのです。
まずは、とりあえずチャンスにエントリーしておくということが、
大切なのです。

買いを考えていたトレーダーにとっては、
昨日の大発会は、最高のチャンスでした。

もちろん逃してしまったからと言って、
それで終わりではありません。
こういうチャンスは、またきっとやって来ます。

しかし、それを「後からなら何でも言える」と思ってしまうと、
進歩はありません。

チャンスを逃してしまった人は、
どうぞ考え直して頂きたいと思います。

賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
1/3 ダッシュはしなくとも
気持ちを新たに相場に挑む。

半分正しく、半分間違っています。

正しいというのは、
相場に参加する人々の多くがそういう気持ちになるだろう、
という想定の中においてです。

相場は集団心理の集積ですから、
集団の向かう先を占うときに、集団の心を理解するのは、
悪いことではありません。

そういえば、大発会ならではの値の動きというのが
あるかと思います。
高寄りや急騰、乱高下。

このあたりは、
昨夜のニューヨークダウが持ち合いだったという
事実があっても関係ありません。
日経平均独自の集団の動きです。

いつもは参加していない人たちが、
新たな気持ちで相場に入ってくるからこその動きです。

ただ、新たな気持ちというのは、
いかにも抽象的で、あまり意味がありません。
もっと正しく言うならば、
新たな気持ちで、今まで通りのルールを認識しておく、
ということでしょう。

スタートダッシュは良くありたいですが、
それも集団心理と自分のシナリオがあったればこそ。
そこは、自分の力ではなかなか制御できません。

やはり大切なのは、
いつも通り進めるということでしょうか。

まあ頑張っていきましょう。

賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
1/2 利益が出ることが継続の力
2018年、
明けましておめでとうございます。
本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

ブログを続けて、もう丸6年が経ちました。
長かったといえば長かったのですが、
早かったといえば、早かったとも思います。

なんとか、こうしてブログを続けていられるのも、
トレードを継続してやれていることの成果です。
トレードを続けていなければ、
ブログも終わってしまいます。

そう考えると、ずいぶん頑張ったんだなあという
感慨も生まれてきます、

トレードを続けるには、それだけの資金が必要です、
そして、利益が出なければいずれ資金は底をつきます。
トレードは利益を出し続けなければ終わってしまいます、

なんだかんだ言っても、
儲からないトレードでは、続けられません。

儲かることは非常に大切なトレード継続の条件です。

ただ、問題はその儲け方。

一度に多くの利益が出るような儲け方は、
望んではいけません。
できるだけ、
小利を積み重ねるようなイメージを持ちましょう。

「株でひとヤマ当てた」というと
1回のトレードで大きな利益を出したというイメージ
なのですが、
それは、ほとんど仕組まれた取引です。
そうでなければ、一般人には味わえないような
偶然の産物です。

自分が株に関して「一般人」だと認識するなら、
1回のトレードで得るのは小さな利益でいい、
そして大きな損失を計上してはいけない・・・
ひたすらに、そうイメージすることです。
そして、ひたすらに同じようなトレードを積み重ねていくのです。

よく、「利小損大」はだめで、「損小利大」がいいなどと
言われますが、
私の場合は「損→小、利→小+α」といったところ
でしょうか。

このイメージ通りのトレードができれば、
トレードを主軸に生活していくことも可能です。
私も含めて、そういう人を何人も知っています。

一度、一定期間、利益を継続して出せるようになったら、
あとは、その手法をブラさないこと、
新しいことを採り入れないことが大事です。

人間は、一定のことを継続していくことが
あまり好きではないと思います。

おそらく、どんな人でも、
疑問を感じてしまったり、余計なことを考えたり、
わけもなくやる気がなくなったり・・・します。

小利のトレードを地道にかさねて行くことは、
結構に難しいことなんです。

だからこそ、十分に挑戦する甲斐があると思います。

今年も頑張っていきます。


賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!