損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
2/28 元に戻る
ニューヨークがある程度元に戻り、
日経平均も戻りました。

それぞれの節目があるので、
下がりようは違ったかもしれませんが、
それでも、それぞれの節目を目安に動いています。

ルール通りに入っていくトレーダーなら、
今日は売り・・・でもよかったと思います。

もちろん銘柄によっては、
週初と違って、すでに空売り対象ではなくなっている
ものもあります。

なので様子見もありでしょう。

明日が売り、という見方もありです。
当然に、買いもありですね。

要するに、結論からするとなんでもありです。

問題は、自分のシナリオ通りに株価が動いた時、
きちんと出動できるかどうか。
そして、きちんと仕切れるかどうか。

焦ろうと焦るまいと、
気持ちの問題ではなく、
そこはその人それぞれのルールの問題です。
あるいは手法の問題とも言うべきか。

相場は、また面白くなってきました。

なかなか一筋縄ではいきません。
そこがいいところなのですね。

賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
スポンサーサイト
2/27 そして今日も上
今日も日経平均は思い切り上でした。
ニューヨークダウ平均が、25日移動平均線の上に、
いっぺんで行ってしまったので、
日経平均も、その強さをそのまま引き継いだ形ですね。

売りのシナリオは見事に外れです。
仕方ありません。

読みが甘い!!

まあ、そんなところなんでしょう。

でも、まあ、いつもこんな感じです。
驚くに値しません。

買いでやればよかったじゃないか。

まさに、その通りですね。
そういう意味では若干のチャンスは、
逃したかもしれません
しかし、昨夜のニューヨークの行く末を、
今朝きちんと見ていれば、
スタンス変更も何のことはないはずです。

上で寄り付く予測をして、
短時間でも買いのシナリオを立てて、
相場に臨んだら、それでいいのです。

そう簡単ではないかもしれませんが、
トレーダーのシナリオなんて、
そんな程度のものでしかないということです。
後生大事にする必要もないし、
毎日変えていってもおかしくはないものです。

さて、しかし、
日経平均は、下向き25日線のところまで来ました。
これはこれで、節目だと思います。

ならば、ここでも売りのシナリオはあると思います。

懲りずに、まだまだいってみます。

賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
2/26 まず今日は上
今日は売りの相場ではなく、日経平均は上げました。
このまま上に行ってしまうのかもしれません。

ニューヨークダウの動向が注目されますね。

このまま日経平均が上に行なら、
昨日書いたようなチャンスはありません。
方針も変更していかなくてはなりません。

それは当たり前のないことですし、
仕方がないことです。

トレーダーは、そうやって、毎日毎日、
次々と注目銘柄を考えて行くわけです。
考えた注目銘柄を、そのまま仕掛けていけるのは、
そうそうあることでもありません。
(昨日の銘柄は、まだ終わったわけではありません。)

実態は、そんなもんではないでしょうか?

焦ってはだめです。


賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
2/25 売りの目の付け所
仮に売りで見ていくとします。
というか、ともあれ私はそう見ています。

そんなとき、どんな銘柄を中心に見ていくか。
今、明日からの相場で。

細かい仕掛けのポイントなどは置いておいて、
(本当は一番大事なポイントなのですが。)
目の付け所でいうなら、
「よく落ちていきそうな銘柄・・・」ということになります。

すでに一度下落の波動を描いている銘柄よりも、
これから描きそうな銘柄です。

ちなみに、この部分は、完全に予測です。
(仕掛けるときは予測では仕掛けません。
 しかし、シナリオは予測です。)

チャートの形としては・・・
 ・75日移動平均線が下向きもしくは下向きになりそう。
 ・75日線付近で持ち合っていて、
  全体相場が下落局面が来たら、
  ズドーンと落ちそう(に見える)。
 ・日経平均と同じように、今出来高的に元気なし。
・・・といったような感じでしょう。

銘柄としては、コマツ(6301)、東芝(6502)、
伊藤忠(8001)あたりでしょうか。

全体相場が上げてきたら、
すぐの空売りは難しいでしょう。
その時は、このシナリオは終わります。

そこは、予測で仕掛けないでください。

仕掛けるときは、
しっかりと客観ポイントを自分なりに考えて、
そこに来たという事実によって仕掛けます。

さて、どうなるでしょうか。
まあ、しっかり見ていきましょう。

賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
2/24 持ち合いに向かうチャート
今週は、地方に行くことなどがあり、
一昨日、昨日と記事をお休みしてしまいました。
大変失礼いたしました。

さて、しかし・・・
様子はあまり変わらず・・・

ニューヨークダウ平均も日経平均も、
波動は同じような形。

末広がりの乱高下の持ち合い形の波動の中で、
小さな上昇局面を迎えています。

ただ、決定的な違いは、
ニューヨークは上向き75日移動平均線に、
しっかりと支えられているように見えるのに対し、
日経のほうは75日線が上にあるということ。
ニューヨークは上昇の先行きは明るめ、
日経は上昇には少し悲観的というところでしょう。

もちろん、ニューヨークも単純な上昇ということでもなく、
上には下向き25日線が構えています。
向きの違う強力移動平均線に挟まれた、
典型的な持ち合いの形とも言えます。

日経のほうは、出来高も減ってきています。
やはり市場参加も少なくなっているのです。
元気がありません。

チャートで見る限り、
少しの間動きの少ない持ち合いが続きそうに思います。

動きの少ない持ち合いは、
静かな地獄。
自分が動けば動くほど、損失が重なることもあります。

だからと言って、
ルールに反してまで「やらない」必要はありません。
要は、いつも通りルールに任せてやればいいのです。

手を変え品を変え、
それは自分に意識させておかなくてはいけませんね。

賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
2/21 上がったかと思いきやの乱高下
嫌な動きでした。
日経平均は、前場に上がりつくしてしまい、
後場は元の木阿弥以下の下げ。

まあ乱高下しました。

移動平均線(75日、25日)は、
ついにデッドクロス。

まだまだ上昇とはいかず、
不安定な相場になりそうですね。

相場のイメージで仕掛けてしまうと、
下手をすると、天井で買ってしまったり、
そこで売ってしまったりと言うことになりがちです。
いわゆる往復ビンタ。

焦ってしまうと、自分を客観視できなくなります。
損失がいら立ちに変わります。
ちょっとした利益が宝物に見えてしまいます。

そうなると、すべてが悪いほうにしか行かなくなります。

私にも、そんな経験があります。

損失を食らって、すぐに取り戻そうとしてしまう心。

利益を出して、調子に乗ってついでを狙ってしまう心。

注意しといたほうがいいですね。

賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
2/20 様子見の下げでしょう
今日の日経平均は下降でした。
ニューヨークダウの指針がないために、
様子見だったということですね。

そのことは出来高にも現れています。
6日の大下げ以来、
日を追うごとに出来高が下がっています。
要するに、なかなか動けないということなのでしょう。
投資家が様子見に入っているのがよくわかります。

とはいえ、毎日毎日、
次はどうなるかわかりません。

買いなのか、売りなのか、
なかなか判断できる場面ではありませんが、
じっくり構えていきましょう。

じりじりするところです。
私も同じです。

でも、飛び出してはいけません。
出るか出ないかを決めるのは、
あくまでルールであることを忘れずに。

賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
2/19 予想通りの上昇です
今週は、日経平均続伸で始まりました。
予想通りではあります。

そして、22,000円もひとつの滞留どころになりましたが、
後場はきっちりと抜けていきました。

一方で、75日移動平均線と25日線が、
デッドクロスに向かっています。
今の上昇が75日線に達する時が、
ひとつの空売りのチャンスになるのかどうか。
75日線の向きやデッドクロスの状況も見ながら、
判断していきたいと思います。

ニューヨークダウは強いですが、
今週どうなるのか。
あわせてしっかり見ていきましょう。

今はそんなところです。

はやることはありません。
いつかは仕掛けられるようになります。
その時まではじっとしていましょう。

賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
2/18 高寄りからどうなるか様子見
明日は高く寄って始まりそうです。

でも、そこからそのまま上昇するか、
それはばっかりは分かるはずもありません。
明日のその時の様子次第でしょう。

日経平均が上昇していくならば22,000円あたりが、
ひとつのパーティションになるのだと思います。

まあ、よくわからない相場ですから、
あまりシナリオについて考えるのではなく、
まずは、様子見としておいてもいいのではないでしょうか。

分からない時だからこそ、
かえって気楽に、ということですね。


賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
2/17 臨機応変と愚直さ
昨夜のニューヨークダウは上昇。
上ヒゲの長いローソク足でしたが、陽線でしたし、
木曜との比較で上昇でした。

これが来週の日経平均にどう影響するのか。
そこが気になるところですが、
まあ、上昇から入る・・・と言った感じでしょう。

相場はどう考えたところで、
正確には予測などできないですから、
先行きに関しては何も信じてはいけないし、
それこそ、自分の考えなどかたくなには持つべきでは
ありません。

ただ、大切なことは、
予測のシナリオに対して決めた行動については、
かたくなに変えてはいけないということ。

しばらくは売りスタンスで行こうと考えていても、
相場の展開次第では、空売りする状況ではなくなります。
今日は売り相場であっても、
それが明日に続くとは限りません。

しかし、売ろうと思って決めた地点に株価が来たら、
それは売りです。
そこを状況によって変えてしまうとダメなんです。

どんな相場になろうと、仕掛けと仕切りについては、
愚直に実施するというのがトレード技術のミソです。

要は、相場の方向に関するイメージには、
臨機応変に対応し、
相場への行動に関しては愚直に行く・・・
そういうことでしょうか。

自分でもよくわかりませんが、
とある知人から、「態度をコロコロ変えている」との
ご指摘をいただきましたので、
それに対する弁解を書かせていただきました。

賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
2/16 続伸から上昇相場?
75日移動平均線が少し上向いてきてしまいました。
ニューヨークダウは、75日線から上に向かって続伸。
日経平均も続伸です。

ニューヨークダウの形は、上昇相場の形になっては来ました。
もちろん、完全ではありません。
乱高下の中での上昇局面にすぎないという
見方もできます。

しかし、上昇しているのは事実ですから、
そこから目を背けるわけにもいきません。

日経平均も、同じ。
75日線の下と言えども向きはほぼ横ばい。
まだまだ分からない状況になってきました。

そしてもこれも、乱高下の一局面なのかもしれません。

相場に振り回されていると思うかもしれませんが、
毎日毎日、変わっていくのは当たり前のことです。
その都度その都度、ルールに当てはめてみていけば、
次から次へとスタンスが変わっていくのは、
普通のことだと思います。

あくまで自分を信じずに。

頑張っていきましょう。

今週もお疲れさまでした。

賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
2/15 ニューヨークがカギか
日経平均、今日は反発です。

ようやっと、ボリンジャーバンドの-2σラインの中に
入ってきましたね。

ニューヨークダウが上げてきたからです。
こちらは、再び75日移動平均線の上に顔を出してきました。

うーむ。
難しいですね。

やはり乱高下の感じは否めないものの、
このままニューヨークダウが復活してしまうと、
日経平均も引きずられるように思います。
日経平均のMACDも着々と上を向いていますし・・・

・・・なんて言って買ってしまうとダメなんでしょう。

私のルールでは、今はスイングは買いではなく売りです。

本音を言うと、このまま売り相場が続いてほしいのですが、
うーむ。
やっぱり、ニューヨーク。

もちっと、様子を見ておきましょうか。

賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
2/14 安値の更新となりました
日経平均は、ついに安値の更新です。
後場の後半は盛り返す場面もありましたが、
まあ乱高下です。
安値は21,000円を割り込みました。

デイトレにしても非常にやりにくい!

これだと損切りにが多くなります。

ただ、大切なことは、
仕掛けたとしてもそのことを惜しまず、
しっかりと損切りするときはすることです。

ここは、極めて厳格にやるべきです。

・・・というか、当たり前の基本動作。

損失だろうと何だろうと、ダメな時はダメ。
これは、トレードをやるうえでの覚悟なのです。
ルール第一にやっていれば、当然にそうなるのです。

以下にチャンスであっても、
それは同じです。

乱高下するかどうかは、前もってわかるものではありません。
何となく、そうなるのかなと思っても、
来るときが来れば仕掛けます。
そして、来るときが来れば仕切りるのです。

後講釈に耳を貸すことはありません。
その場その場がトレードの現場です。
そして、現場の動きに忠実にやるのがトレードです。

仕掛けであれ、仕切りであれ、
躊躇することなく淡々と実行するのがトレードです。

相場の動きに惑わされないというのはそういうことです。

愚直。

それだけが命です。

賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
2/13 やりにくい乱高下ですが
高く寄った日経平均でしたが、
後場には力なく下げてしまいました。

金曜日の足から見れば上昇の足ですが、
何とも弱いローソク足になりましたね。
やっぱり空売りを狙うスタンスでいいと思います。

今日は、前場のラスト、
寄付きの高値を抜けていく場面があったので、
「デイでは買い!」と思った向きもあるかもしれません。

しかし、まったくのダマシでした。

安値を割って、高値を抜けて、また安値を割って・・・と、
乱高下にしてやられるのは、
持ち合いの特長でもあります。

難しいデイトレードはせず、
ひたすらに空売りの機を待つほうがいいでしょうかね。
そのためには、いったんの上昇が欲しいですね。

でも、待っていた上昇が来ると、
今度は、上昇相場に持っていかれそうな気がして、
空売りのイメージがなくなってきてしまうものです。
その時に、自分が決めておいたルール通りに
仕掛けられるかどうかが問われます。

客観的に見て、上昇の場面に変わるなら、
そのこと自体がルールなのですから、
どんなに空売りを狙っていてもあきらめるべきです。

それは当たり前のこと。

でも、ルール通りに空売りの絶好機が来ているのに、
そこで仕掛けができないと、利益は出てきません。

いつもそうやって、一歩遅れたトレードになってはいませんか?

トレードでまずいのが、ちょっと遅れた仕掛けです。
どうせ遅れるのなら、次の機会まで遅らせるべきです。

考えてみてくださいませ。

賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
2/11 いよいよ戦術の変更
2日間、お休みをいただいてしまいました。

金曜日の日経平均、いよいよ下降相場に突入、
という状況になりました。

日経平均の75日移動平均線は、ついに下向き。
そして現在位置は75日線の下。

ただし、波動は大きな末広がりの持ち合い。
乱高下の様相を呈しています。

下降相場の中での乱高下。
十分に注意していかないと、
一気に損失を計上してしまいそうです。

そして、いよいよ、売りへの戦術転換ですね。
このところ、ずっと上昇相場が続き、
買いで相場を見てきましたから、
この急展開には戸惑いもないわけではありません。

しかし、これが相場と言うものです。
特に、下降相場はあるとき一気やって来ます。

まあ、思いもよらないというほどではありません。
現に1月の段階でMACDのデッドクロスがありました。
それなりに前兆はあったわけです。

すでに売りに入っている人もいるでしょう。
あるいは、水・木曜あたりで、
反発の買いを手にしてしまった人もいるでしょう。

いずれにしても、ルール通りにやりましょう。

まずは、乱高下に注意しながら、
今のポジションをしっかりと見ていきつつ、
次の下げのタイミングをとらえて、
空売りを仕掛けていきましょう。


賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
2/8 ここで持ち合いです
日経平均は持ち合いとなりました。
終値だけを見れば大きく上昇、ということに
なるのでしょう。
しかし、ローソク足の形を見れば、
今日の高値は昨日の高値を越えていません。

これは、持ち合いの形です。

でも、昨日買った人が今日利益確定したならば、
それなりに儲かったことでしょう。
それはそれでいいと思います。

昨日は、「ここで買っちゃダメ」みたいなことを
書きましたが、
結果論から見れば間違っていたということになるのでしょうか?

しかし、それはあくまで結果論。

昨日の段階で、今日上がるかどうかは、
それでもやっぱり「わからない」と言わざるを得ません。
そういう意味では、やっぱり、昨日買った人は
ダメなんだと思います。

これを繰り返していれば、早晩破滅に向かいます。
それはもう確実だと思います。

大切なことは、結果論で喜んだり
悲しんだりすることじゃなく、
自分が決めた通りに動けたかどうかです。

利益を取れたからと言って、
本当に自分の決めた利益確定だったんでしょうか?

我慢できずに利益確定したんじゃないでしょうか?

そこをしっかり反省するならしてください。

利益を取ることは、最終目標。
その過程では「ルールに従う」というハードルを
クリヤすることが不可欠のことです。

そうでない限り、利益はかえってマイナスだと
心得ておきましょう。

あした・・・。

まあ、どうなるかわかりません。

分かっているのは、確実に75日移動平均線が、
上向き度合いを減らしているということです。


賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
2/7 ここで買いますかね
反発・・・と言うことになるんでしょうかね。
日経平均の今日のローソク足は、昨日に比べて
上昇の形ではあります。

しかしながら、位置は75日移動平均線の下。
ということは、下降相場かもしれないということ。

かろうじて75日線が上向きだというところで、
上昇の根拠があるということです。
これが下向きになってしまえば、
完全無欠の下降相場。
少なくとも買い向かうところではなくなります。

今にしたところで、
「大底で買えた!」などと喜んでいる場面でしょうか?
デイトレならいざ知らず、
持ち越しを視野に置くなら非常に危険です。

反発する可能性もあるかもしれないけれども、
もっともっと下げる可能性だってある。
いったん沈没しかかった船が、一瞬浮き上がっただけ
と言うことかもしれないのです。

私はすでにスタンスを空売り狙いにしています。
買いは、ちょっとないなあと。

でもそこは、その人のルールの問題です。

明日とんでもなく上がってしまったら・・・
それはごめんなさい・・・というだけです。

でも、そんなことは、
誰にもわからないことなので。

そんなことを知りたいと思う人は、
永遠に相場がうまくはならないなあと思うだけです。

頑張っていきます。

賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
2/6 稀に見る大下げで・・・
ニューヨークダウが、史上最大の下げ幅!
これにも驚きましたが、
日経平均も、なんとまあ-1,000円を
超えてしまいましたね。

確かに、MACDのデッドクロスから、
予兆はありました。

昨日の大下げも、今日の序曲にすぎない・・・と、
後からなら誰にでも言えます。
でも、やっぱり、私にとっても想定外の大きな下げ。
こんなになるとは、さすがに思いませんでした。

今日は、昼過ぎから、いろんな方からの、
相談が相次ぎました。

「今後どうなるのか?」

そんなのわかれば、誰も苦労しません!!!
私のコトバひとつで、今後のスタンスを決めるんだとしたら、
怖くて何も言えません。

「今日の朝一で投げましたが正しかったでしょうか?」

投げてから相談されても、どうしようもないのですが、
まあ、結果論からいえば、正しかったといえるでしょう。
そもそも、昨日の下げの時点で、何もしていないことが
すでに致命的なのです。

「うまく空売りできなかった。」

私だってそうです。
できればおいしかったと思いますが、
出来なかったとしても、それを悔いても仕方ありません。
むしろ、泡食って変なことをするよりよほどマシなんです。

大きな動きは、確かにボラティリティと言う観点では、
大いなるチャンスです。
しかし、ほかにもチャンスはたくさんあります。

おkな利益に目を奪われてはいけません。
取れるときにたくさん取るというのもセオリーですが、
地道な日々の利益を大切にするというのもセオリーです。
それゆえ、損切りが大切なわけですから。

この大きな動きを利益にできたら、
というのは、誰でも考えることです。
でも、それができなくても、悲しむことはありません。

明日も明後日も、相場はあるのです。

それでいいじゃあありませんか。

賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
2/5 マイナス600円でした
ニューヨークダウ平均も-670ドル。
日経平均も-600円でした。

同じような暴落です。

朝はお予想通りの寄付き。
23,000円ラインより下からの始まりとなりました。

そこからは一気に下落。
私は、ちょっと仕掛けられませんでしたが、
うまいこと売れた人は利益になったことでしょう。

後から見れば、完璧な売りチャンスでした。
そして、昨日の読みからすれば、十分に取れていた
展開でした。

しかしまあ、75日移動平均線をも下回るとは、
想像以上でしたね。
今後の展開がますます面白くなってきました。

このまま下降の相場に入るのかどうか。
焦点は、一気にそこまで来てしまいました。

なんだかちょっと怖い気もしますが、
前向きにとらえておきましょう。

明日はまた明日です。

賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
2/4 ニューヨークが大陰線
ニューヨークダウが大きな陰線になっていますね。
CMEの日経先物も下げていて、
具体的には23,000円を割り込むところまで
いってます。

これを最大限尊重するなら、
明日の朝は、23.000円を割ったところから
始まってくるということになります。

23,000円の支持(と思っていた)線が、
いきなり下にブレイクしてしまうということで、
ひょっとすると
日経も大陰線が出てくる可能性もありますね。

朝は要注意、ということですね。

こういう時には、朝方は乱高下します。
面白がって、デイトレーダーも超短期視点で参加してきて、
相場は混乱しがちです。
そして、そんな中で、投げの勢いが強いと、
一気の大きな陰線になってしまうのです。

巻き込まれてはダメです。

デイトレをやるにしても、確実に逃げる・・・
と言うのを銘記しておいてください。

なんだか、少し面白い展開になってきましたね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
またまた、私から本の宣伝をします。
まだ、見たことがないという方は、
少なくとも、見るだけはしておいたほうがいいと思います。

トレード理論に関してなら、相当に高いレベルの本です。
損切りに関する分析も、私は、これ以上の本を知りません。
一読のみならず、二読三読の価値はあります。

維新流トレード術

支払うのは、送料の500円のみ。
「なんか裏があるなあ?」と思うのが正常です。

もちろん、裏はあります。
この著者がやっているセミナーとかスクールの販促に
この本を使っているのです。

でも、ただそれだけ(だと私は思います。)。
多少、メールやDMが来るだけのことです。
それ以上のしつこさはありません。

宣伝だからと言って、バカにしちゃあだめです!!


賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
2/2 足踏みしてますね
日経平均は足踏み。
今日はちょっと下げてしまいました。

そうすんなり上げないですし、
そう簡単にも下がりませんね。

11月くらいからの日経平均を日足でざっと見ていると、
23,000円あたりに明白なパーティションがあります。

このパーティションは、
昨年中はずっと、抵抗線になっていました。

しかし、年が明けて一気にブレイクし、
今度はそのパーティションが、
支持線になっているかもしれないというシナリオがあります。
いわゆる、支持・抵抗逆転というやつです。

そうだとすれば、23,000円からは、
反発と言うことになるでしょう。

もちろん、これは一つの見方ですし、
単なる予想にすぎません。
そうなる保証などありません。

ただ、最終的には反発するにせよ、
割っていくにせよ、
少しこのあたりで攻防戦が繰り広げられる気はします。

そこは、高みの見物・・・でしょうか。

まあ、じっくり見ていきましょう。

今週もお疲れさまでした。

賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
2/1 ここからが見極めどころ
さあ、日経平均が25日移動平均線まで
戻ってきました。
また、いったんの上昇でした。

で、ここからどうなるか。

横ばいに近づいてきた25日線に
跳ね返されるのか?
それとも、強く抜けていくのか。

明日は週末。
簡単に仕掛けていきたくはないですね。
決算の時でもありますし。

様子見を決め込むのも悪くありません。
君子危うきに近寄らず・・・でもいいと思います。

それもまた、一つの自分のルールでいいと思います。

もちろん、ルール通りに仕掛けていくというのでも
構いません。

要は一貫性です。
その場の雰囲気でルールを変えていくのではなく、
一定期間の愚直な行動がいいのです。

どう決めていくかは個人差です。

ただ、決めたら変えない(しばらくは)というのは、
成功のための絶対スタンスでしょう。

意識していきましょう。

賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!