損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
6/18 下げてしまいましたね
なんとか25日移動平均線の上で終わりました。
しかし、日経平均はまぎれもなく下降。
今日は一貫して落ちていきました。

せっかく上昇相場の手棒を持っていたのですが、
足踏みですね。
相場には逆らえませんから仕方ありません。

毎日毎日、スタンスが変わるようで、
お恥ずかしいのですが、
このまま下げなのかなあ、と言う気もしてきました。

チャンスを待とうとか、我慢とか、
いろいろ書きましたが、
下げだって十分ありです。

もう少し、上昇を待とうとは思いますが、
下に行く可能性も十分に見る気になりました。

中長期的に見れば、
週足も月足も、日経平均のさらなる上昇には
分が悪い状況ではあります。
決して上昇の展望が、曇りなく見えているわけではありません。

たまには、週足や月足も見てみると、
案外なことに気が付くものですね。

引き続き、頑張っていきます。

賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
スポンサーサイト
6/17 下に行くのか
金曜日のニューヨークダウは下げ。
長い下ヒゲのローソク足となりました。

明日の日経は、下げでしょうか?

それはわかりませんけれども、
まあ、慎重に考えたほうがいいのは、
いつもと一緒です。

どの銘柄も、おおむね、上に行くのか下に行くのか
非常に見えにくい形になっています。
売りも買いも、銘柄が絞りにくいと思います。
先週の持ち合いの動きの中で、
そういう形になってきてしまいました。

動く根拠がない時には動かなくて当然です。

動く根拠を探すことは大切なことですが、
そこにはそのトレーダーの知見や経験が関わります。
知見がなければ、動く根拠は見つけられません。

私の中では、持ち合いの中での動く根拠を見つける知見は
持ち合わせていません。
なので、無理に仕掛けてはいきません。

もっとも、持ち合いと言っても、それは日経平均の話。
個別銘柄の中には、
日経平均とは無関係に動く銘柄もあります。
なので、持ち合いの時には、そういう銘柄を狙っていくという
方針が考えられます。

問題は、そういう銘柄を見つけられるかどうかです。

ちょっと頑張ってみましょうか。。。

賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
6/15 持ち合いは続く
まあ、持ち合いは基本的には続く、
と考えたほうがいいです。
そのほうが精神的には気楽になれます。

持ち合いが終わるということは、
そこが仕掛けのチャンスになるということです。
トレンドが発生していくということだから。

それが待ちきれなくて、トレーダーは、
持ち合い中に手を出してしまいます。
そして、半ば後悔しながら、自分押し掛けの正しさを、
ニュースや情報に探して回ってしまいます。

もとおと、ニュースや情報によって、
何ができるわけではありません。
それを効果的に仕掛けに活かせるのは、
限られたプロだけです。

やはり、素人はトレンドが出始めるのを待つしか
ありません。

持ち合いは、静かな地獄です。
何も動いていないかのようでいて、
いや、であればこそ、こちらも動いてはいけません。

動いたらやられてしまう。

それが持ち合いの怖さです。

賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
6/14 いったん下降となりました
壁に跳ね返されての下降です。
日経平均は、持ち合いではなく反転下降となりました。

驚くにはあたりません。
これくらいは想定の範囲内です。

むしろ、次のブレイクがさらに大きくなる、
と考えられます。

ここで買いのスタンスを曲げてしまうことはありません。
上昇相場には違いないと思いますから、
次の上昇チャンスを狙うというスタンスは変えません。

しかし、いったんは様子見ですね。

動かなくてはいけない・・・
なんてことはありません。

下手に動くのは、相場では自滅と同じです。

いつも同じですが、
チャンスはいつか必ず来るのです。
その時に動きましょう。

賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
6/13 23,000円が固い
日経平均、今日は持ち合いでした。
やはり、23,000円を前にした持ち合い。
壁はなかなかに厚く、固い様子ですね。

しかし、壁が厚ければ厚いほど、
突破したときの勢いは大きいものです。
そして、そこはトレードでは大きな狙い目になります。

「ブレイク狙い」ということです。

トレンドフォローである限り、
たいていの仕掛けはブレイク狙いです。
ブレイクしたその瞬間を狙うやり方。

職業としてトレードをやっているプロは、
ブレイク前の仕込みに注力します。
ファンダでプロのトレードをやる他人、集団は、
ブレイクを待たずに仕掛けていきます。

プロの情報がなければ、それは不可能。
だから、私は、ブレイクを合図に仕掛けるのです。

もちろん、ダマしもあるし、ふるい落としも出てきます。
しかし、それを恐れていたら、進みません。
まずは、ルール通りに仕掛けることから始まります。

23,000円のブレイクは、大きな買いチャンス。

そんなことはわかっている・・・
と言う人ほど、買いにいけないんです。

まあ、じっくりとその時を待ちましょう。

(ギャップが空いて抜けたら、それもまた買いのチャンスです。)


賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
6/12 壁がありますね
なかなか抜けない23,000円。
やはり、壁がここにあります。

今日の日経平均は、いきなり寄付きすぐから23,000円を
オーバーしてきたのですが、後が続かず下降。
結局は陰線になってしまいました。

でも、ローソク足の状況は一応上昇です。

難しいところです。
仕掛けるに仕掛けられない、という状態でもあります。

買いの視点から見れば、何とか23,000円、
そして5月の高値を抜けていってほしいものです。
なかなか、そうはいきません。

まあ、焦ったところで仕方なしです。
こんなものです。
いつもいつも、そうそう思い通りにはいかないのです。

損切りの繰り返し。
それでも、それが正しい損切りなら、
切りまくってしかるべき。

どんな相場が続いても、
正しいキャリアを積んでいけば、
きっと利益に結び付きます。

妙な仕掛けはしないように。

また、正しい仕掛けでも損切りになることは多くあります。

本当のことです。

賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
6/11 停滞を覚悟
日経平均は陽線ではありましたが、元気なし。

そこは、いくら贔屓目に見てもそうです。

今日のローソク足は、陽線ですが上昇ではありません。
あくまで下降のローソク足です。

でも、だからと言って、売りの日だったかと言うと、
そう単純ではありません。

まあ、まちまちです。

停滞の時は、まちまち。
そういうことです。

まだまだ、月曜日。
あと4日もあります。
この先はどうなるかわかりません

しっかりルールを守っていきましょう。

賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
6/10 準備をすると案外に
土日になると東証一部の銘柄をざっと見渡します。
もちろん、土日だけではないですが、
土日は特に全体をざっと見渡しておきます。

東証一部の銘柄だけなら、
ほとんど時間もかかりません。

それで、今日わかったのが、
今、空売り型の銘柄が案外に多いということ。

ざっと目についただけでも・・・
ユニチカ(3103)、大塚HD(4578)、横浜ゴム(5101)、
デンソー(6972)、パナソニック(6752)、
川重(7012)、マツダ(7261)・・・・

これらは全部、
日足のチャートの形だけでいうと売りの形です。

買いの準備をしようというのに、
これだけの空売り型の典型例が出てくると、
ちょっとぐらついてきてしまいますね。

でも、やっぱり準備としては空売りの意識は封印です。
後は、明日の動きに任せていきます。
明日もし、いきなり空売りの相場になってきたなら、
その時は・・・
そういう感じで行きたいと思います。

まあ、大体、準備段階での目論見は、
相場が始まってみると外れることが多いのです。

動くだろうなと思っていると動かない。
上がるかなと思っていると下がっていく。

まあ、そういうものです。

賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
6/9 大きな買い相場か
昨夜のニューヨークダウは寄付きから上昇しましたが、
前日高値は更新できませんでした。
CMEも、日経平均金甌日の終値付近で終わっています。

来週月曜日の日経の寄付きは、
平穏な感じとなるでしょう。
大きなギャップは空きそうにありません。

日経平均の、次の上昇の焦点は23,000円です。
ここを抜けると、直近高値を抜けるかどうか。
そこを抜けたら、完全な上昇相場の継続です。

そういう意味で、今はまだ若干不安定。
このままの状態で25日移動平均線を挟んで持ち合うと、
また、どうなるかわからなくなってしまいます。

ファンダメンタルズの話になるのは本意ではないですが、
そこには6/12に予定されている米朝会談などが、
けっこう重要になってくるのか・・・。
私はそのあたり、よくわかりませんので、
何とも言えません。

私の中での有力シナリオは、
このまま日経平均が上昇相場を上っていくことです。
大きな買いの相場になる。
そう思っています。

なので、それに沿った準備をしていきます。

でも、そうでないなら、
それは空売りのチャンスにもつながるから、
それでいいとも思っています。

そんな買いの相場でも、
空売りについては、いつでも常に考えておく、
というのが習慣にはなっています。

そうあるべきだと考えています。


賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
6/8 仕切りでもいい
日経平均は、昨日の安値を下回りました。
買いの仕切りの合図でもあります。
買い保持を今日仕切る、十分な根拠になります。

ただ、今日のローソク足は、
昨日の高値も抜けています。
であれば、持ち合いの足ということになります。
この形を重視するなら、仕切らず保持、というのも、
間違ってはいないのです。

そこは、自分がどういうスタンスで、
この相場に入っていったかで変わります。
決して、今日のその場のイメージで考えてはいけません。
仕掛けたときに、このスタンスは決めておくべきです。

決めておかなければ、
いつもイメージで仕切ることになってしまいます。
そこには、ルールとしての一貫性がありません。

それは長い目で見れば必ず失敗します。

「決めた通りにやる」
これが、トレードの第一段階であり最終段階でもあります。

いつも同じ話になってしまいますが、
仕方ありません。
それが本質であり、
また、それだけが多くの人の課題だからです。


賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
6/7 ほうら!上昇
ギャップアップの上昇でしたね。
ニューヨークダウが、大きく上昇したからですね。

シナリオ通りの展開になりました。
保持は保持で、うまくいった形です。

ここでまた、いつもと同じようなことを書きます。

「利益は、あるうちに取れ」と言うのは間違いです。

利益は(損失も)、いつも結果論です。
「利益あるうち・・・」というのは、どの時点なのか?
誰にもわからないじゃありませんか・・・。

だから、ルールがあるし、
利益確定ポイントがあるのです。

下げていないのに、利益確定するというのは、
そこに何らかの重要ラインがあるときです。

今もし、それがあるとしたら、
23,000円のラインということになりましょうかね。

そういうルールにするのかどうか。

あるいはラインでなく、
ローソク足で見て下降になったとき、とするのかどうか。

でも、すでに仕掛けているなら、
今それを考えているときではありません。
仕切りの場所は、初めから決めているはずだからです。

そうでないなら、
そのトレードは、トレードのキャリアになりません。
ただの気まぐれトレードにすぎません。

いつまでたってもそのままじゃ、
何も変わらないこということを、
強調しておきたいと思います。


賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
6/6 いい具合に出てきました
日経平均のローソク足が25日移動平均線の上に
出てきましたね。

いい感じです。

ただ、個別銘柄は、そんなに上昇したイメージがありません。
私の銘柄だけかもしれませんが、
日経平均ほどには。。。と言う感じです。

往々にして、自分の保持銘柄だけは上がらない・・・
ということがあります。
誰でも経験していることかと思います。

本当にそうなのか、ただの偏見なのか、
それは検証してみたこともないのでわかりません。
ただ、相場では、「自分だけが」と思うことが
多いとは思います。
たいていは悲観的な意味合いにおいてです。

でも、指標はルールです。
だから、悩むことはあまり意味がありません。
日経平均がどうであれ、ルールはルールとして、
きちんと扱う以外にありません。

主観トレードは破滅への道。
イメージに従うのは地獄への道。

周りがどうであれ、どう見えたとしても、
ルールはルールです。

仕切らないものは仕切りませんし、
切るものは切ります。

全体相場は、シナリオに対して
極めて順調に進んでいるようです。
自分の銘柄だけがと考えても仕方ありません。

いずれ喜ぶ時が来ます。

それだけのことなんです。

賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
6/5 厳しいイメージの上昇ですね
上昇は上昇です。
しかし、横ばいに近い25日移動平均線に、
行く手を阻まれているかのような足ですね。

落ちないけど、伸びない・・・。
そういう、何とも苦しいイメージです。

しかし、ここも、ルールです。

私のルールでは、上昇の足が出ている以上、
そこで終わりと言うことがありません。

一方で、25日線までの上昇で終わり、
と言うルールならば、かっこよく終わりにしましょう。

買い保持の側として望むべくは、明日の上昇です。
ここで、25日線をうまく抜けてくれれば、
さらなる上昇が期待できるというもの。

うまくいくといいのですが、
こればかりは、思い通りに行かない相場・・・です。
何とも言えません。

明日は明日の風が吹く、としか言いようがありません。

吹いたら吹いたで、その風に従うのがルールです。

それもそれで、かっこいいと思います。

賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
6/4 今日は上昇しましたね
予想にたがわず、日経平均は上昇してきました。
これでうまいこと、ニューヨークダウも同じような動き
になるといいんですがね。

まだまだ何とも言えません。
個別銘柄を見ていると、
これから、持ち合いになりそうな感じもあります。

買いは一気にはいかないことが多いものです。
買い保持は、じっくり構えていきましょう。

ダメなら損切りです。
いつでもそのことは肝に銘じていきましょう。


賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
6/2 またチャンスか
ニューヨークダウが、一応反転しています。
また、75日移動平均線の上に顔を出してきました。

今、ニューヨークも為替も、日経平均も、
大体同じように連動しています。

どれも本格的な上昇を前に少し停滞しているところ。

ここを大きく下げずに行けば、
次の上昇が見えてきます。
日経平均は、2回目の上昇に入ってくるでしょう。

私はそうなることを第一のシナリオで考えています。

なので、基本戦術は買いです。
買い銘柄を探し出していくことに決めています。

しかし、もちろん相場の先のことはわかりませんから、
もっと停滞するかもしれませんし、
大きな下げが来るかもしれません。

まあ、その時はその時、としか言いようがありません。

来週はまた、チャンスが来るのではと思っています。
まずは、買いの準備をしておきます。

賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
6/1 きっついけど我慢
昨日の高値をいったんは抜けましたね。
しかし、その後はさえなかった日経平均。

ルール通りに行なら、買いですね。
間違いありません。

でも、イメージとしては、なんだか失敗した気分。

我慢です。
イメージに左右されずに我慢です。

ルール通りなのだから、悩むことはないのです。

来週に期待しておきましょう。
どうなるかはわかりませんが、
それでいいのです。

ダメならダメで損切りです。
それだけの事。

今は気持ち的には踏ん張っていい時。

来週本当に下げたら、買いは損切り。
そこは踏ん張っても仕方ない時なんです。


賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!