FC2ブログ
損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
12/31 本年もお世話になりました。
毎年書いているような気がしますが、
1年は本当に早いです。
今年はとりわけ早い、と毎年思います。

過ぎ去った日々は、
いつもあっという間に感じるものなのでしょう。

大切だと思うのは、
その時々に自分の成長を感じているかどうか。

この1年で、自分はどれだけ成長できただろうか。
私はいつもそう自問自答することにしています。
振り返ったときに、成長したなと心から思えるような、
そういう1年を毎年重ねていきたいと考えています。

ちなみに、今年の私はどうだったかというと、
かなり成長できたなと感じています。

トレードの手法とかそういうことではありません。
そこに関しては、ある一定の完成度を見ていると、
自負していたりもします。
そこを成長させようとは考えていないというわけです。

そうではなくて、もっと広い、ものの見方とか考え方とか、
そもそも自分がよって立つ姿勢や向かう方向とか、
そういう大きな話です。

成長できたと感じるのは、
大きくは、助言してくれる人を得たとでも言いましょうか、
自分に対して、心から意見してくれる人を見つけた、
ということによります。

これまでの長い人生、自分が考えてきたことが、
間違っていたのだとか、改めるべきだと気づいたとか、
その人との出会いによって、大きく私自身が変えられた
ということなのです。

私の人生にとっては非常に大きな出会いでした。
最初はそんなこと思いませんでしたが、
次第にそう思うようになりました。

そのことによって、
トレードの手法は何も変わってはいませんが、
トレードに対する考えは変わったし、
トレードの目的や目標も変わってきました。

私にとってはうれしいことでした。

今年わかったことの一つ。

「人の話はよく聞く。
 すぐに分かったと思いこまずによく聞いてみる。」

トレードは一人でやっているものですが、
他人から学ぶことも非常に多いのです。
人と触れ合うチャンスを作り、
また、触れ合うからには人の話を聞いてみましょう。

今年はこれで終わりです。

また来年。
なにとぞよろしくお願いいたします。

ご賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
スポンサーサイト



12/29 自分が普通なら
トレーダーの世界には、この人は天才か・・・
と思われるような人もいます。
このブログでも、取り上げて書いたことがあります。

これは、トレードの世界だけでなく、
どんな世界でも同じような話で、
天才的に動ける人のまねをするというのは、
とてつもなく難しいものです。

そこへ行くと、私なんぞは、
どうやっても「普通」の域を出ない人間です。
トレードにしたところで、
ルールや手法をそれなりに学んできたから、
うまくできているのであって、
自ら編み出した理論があるわけではありませんし、
自分ならではの手法があるということでもありません。

でも、自分が天才になろうとか、
天才の真似をしようとか、
そういう風に考えるとうまくいきません。

そもそも、トレードをやっていく中で、
他人と自分を比べてしまうことは、
あまり意味がありません。
誰々は儲かっているのに、自分はうまくいってない、
などというのは考えるだけ無駄なことだと思います。

自分の目標に対して、自分がどう近づいていくのか、
考えるのはそれだけです。
目標というのは、定性的な話ではなく、
具体的な利益の金額です。

株をやっている一般の素人投資家には、
これがありません。
なんとなく、儲かりそうだから買ってみて、
どのくらい儲けようという目標などは特になく、
儲かれば儲かるだけいい・・・、
場合によっては資金10倍なんてこともあるかも・・・
くらいにしか考えていません。

チャートを勉強するトレーダーなら、
まずは、そこを脱するべきですね。

トレードで食っていこうとするなら、
ひと月に50万円以上の利益をたたき出さないと
暮らしていけません。
でも、暮らしていけるという程度なら、
何もトレードなんかやることはありません。
「普通に暮らす」をはるかに超えるような利益を
手にするのでなければ、
明日の保障も何もないトレードの世界に身を投じるなど、
意味がないのではないでしょうか?

別にトレードだけやるというのでもなく、
ある種の副業としてトレードを考えるということも
十分にあり得ます。
その時に、ひと月にどの程度の利益が欲しいのか。
あるいは、年にどれだけの儲けがあればいいのか。

であれば、そこから逆算して、
資金はどの程度あればいいのか。
今の自分にそれがあるのか、
何年後なら実現可能なのか。

チャートの勉強とは別にまた、
そういう自分のトレード計画というのは、
あるべきだと思います。

釈迦に説法でしょうか。。。

ご賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
12/28 この終わり方で
大納会の日経平均。
日足のローソク足では持ち合いとなりました。
なんとか20,000円を抜けたところで終えました。

昨日今日の日経平均の展開を見て、
最悪の状況は回避・・・
みたいなことを書いているニュースがあります。

本当にそうなのか?

だったらなぜ、
大納会で昨日高値を抜けなかったのか。

上がった株価は下がりますし、
それと同じように、下がった株価は上がります。
でも、下がった株価が上がるときには、
それなりの力が必要です。

チャートには重力が働いている・・・
という言い方がされるときもあります。
要するに、株価は下に行きやすいということ。

それを考えると、
やっぱり力がなかったんだなと。
私の大納会への感想はコレ。

力がないなら、落ちるでしょう。
落ちるのは簡単です。
集団心理は・・・というより、人は、
ヤバイと思うときのほうが迅速に行動するものです。

来年の大発会以降、「ヤバイ」が起これば、
またまた一気の下げになってしまうような気がします。
空売り狙いの側からすれば、
もう少し75日移動平均線に近づくくらいまでは、
上げたもらったほうが面白いんですが、
そうなりますかどうか。

ま、いずれにしても今日で相場はおしまい。

年末年始をしばし楽しんでおきましょう。

ご賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
12/27 買うなの意味
下降相場の上昇局面。
日経平均は、そういう展開。

で、何を考えるのか。

私は、次に来るであろう空売りのチャンスを待とうと
考えます。

割安感での買い??

とんでもない。

ニューヨークが史上最大の上げ幅といっても、
なんら基本スタンスに変わりはありません。

超短期の買いは、もちろんありです。
いわゆるデイトレ。
でも、持ち越してのスイングの買いは、
今は危険。

なぜなら下降相場だから。

注目すべきは75日移動平均線の位置と向き。
これは絶対に外してはいけないんです。

絶対に・・・。

それが、トレードのすべての基本的根拠。

きちんと見ている人が、最後は笑います。
必ず。

買ってはダメ。


ご賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
12/26 反発とは言わない
午前中、ニュースを見ていてびっくりです。
「日経平均が大幅反発・・・」とか書いてるんです。

私の理解では、少なくとも前日の高値を抜けた時点で、
とりあえず反発というのであって、
それもなく、単に前日終値より上なら反発、というのは
非常に誤解を生みやすい理解だと考えます。

そしてまたニュースによると、
大幅下落の割安感から買いが出ている・・・と。

どこが割安なのか???
非常に疑問だし、一般投資家を惑わす話です。
こういう言葉に反応して、一般投資家は、
馬鹿を見るのですね。

私のコトバには、結果としてどうしても耳を貸さない知人も、
こういうニュースを見て、一安心するわけです。

ですが、午後になって俄然下げはじめ、
ついには昨日安値をも割ってしまいます。
最終的には少し戻して、終値プラスにはなりましたが、
ローソク足の視点からすれば、昨日比で下降の判断が
正しいわけです。
どう見ても、上昇とはならないんです。

今日みたいなところで逆張りしていたのでは、
お金がいくらあっても足りません。
今回は、もしかしたら明日以降上げてくれるのかもしれません。
でも、そんなのは「当たるも八卦当たらぬも八卦」の世界です。

長い下ヒゲが、「底」を示しているって??

まあ、そういう先生もいると思います。
でも、そんなことは大きな問題ではありません。
見るべきは、ローソク足単体ではなく、
これまでの推移や前日との比較です。

今日の動きは、決して反発じゃありません。
ただの下降継続です。
(もちろん、だからといって、明日下がるかどうかなんて
 わかりません。念のため。)

これは基本中の基本。
十分に、理解しておきたいものです。

ご賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
12/25 大きな傷
日経平均はマイナス1,000円以上の暴落。
こんな時にこの下落です。
誰が予測していたでしょうか?

私はなんとなく、下落かなあと長期的な展望も含めて
考えていました。
しかし、今日のこの暴落は想定外。

でも、まあ、売りが売りを呼んじゃってるのかな、
と思えば、不思議でも何でもありません。
集団心理ってそんなものでしょう。

問題は、これだけの下落をどうチャンスにできたかです。

空売りスタンスでいたとしても、
なかなかそうは行きません。
もちろん売り保持銘柄には大きな利益が舞い込んできました。
「もうこれくらいでいいじゃないか」のその先に、
さらなる利益があったのですから、
まさにボーナスです。

でも、新し仕掛けをしていくのは、
そう簡単ではないはずです。
そういう意味で、今日のこの下落を仕掛けに行かせた人は、
おそらく、そうはいないはずなんです。

そして、私にとっては一つのショック。
私の知人が、やはり・・・というか、悪い想像が当たって、
いまだにスルガ銀行を保持していたのです。

あれほど損切り・・・と言っておいたのに、
やっぱり手放せなかったんですね。
さもありなんと思います。
改めて、損切りの難しさを確認しました。

「もう、どうなってもいいやというつもりで持っています。」
というのですが、
本当にどうでもいいなら、損切りすればいいはずです。
どうなってもよくないから損切りしなかったんです。

すでに、損切りしてればそれですんでいた損失の、
倍以上にの損失になってしまっています。
損切りの失敗は、あれよあれよと厳しい状況を作るのです。
そういう時に限って、こういう大暴落が来るもんなんです。

逃れるチャンスがあったにもかかわらず、
どうしようもなくはまっていってしまったのです。

いつかは上がる、でもその「いつか」は、
かなり遠くにあるのかもしれません。

そういう相場になってきてしまいました。

この年末に。

ご賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
12/23 月足で見ると
ニューヨークダウが奈落に落ちようとしています。
日経平均と同じように年初来安値を割り込み、
月足では近年にないような大陰線になっています。
このひと月でのこの下落はすごいものがあります。

日経平均はそこまでではないにせよ、
やはり月足で大きな陰線にはなっています。
グランビル法則で、この月足を見れば、
そろそろ落ちて当然。
やっぱり上げ続けるということはないんだな、
という気にもなります。

私が相場に入り始めたころは日経平均の長期低迷期。
10,000円にも満たないような時期でした。
それが、アベノミクスとやらで騒がれて、
月足グランビルの上昇に入ったのが2013年。
そこからは、着々と3回の上昇波を描いてきています。

確かに、もうグランビル下降に入るチャートになってます。

また、10,000円に戻るのでしょうかね。

私にしたところで相場をやって10年程度のひよっこです。
大きな視点とは言っても、歴史的な視点には、
とてもとても到達しておりません。
月足単位のグランビル法則なんて経験したこともない
教科書上の話です。

でも、なんとなく、今後の日本のことを考えると、
決して明るくはない未来は見えてきます。

五輪後、五輪後・・・と言われているように、
気の利いた人たちは、
すでに東京五輪の後のことを考えるのに必死です。
大阪万博が決まったからと言って、
それだけでやっていけるなんて夢にも思っていません。

現実の動きから相場を見ているファンダメンタルズのプロは、
どう考えているのでしょうか。

チャートだけを見て考える純粋テクニカル派のトレーダーには、
底知れぬ世界ですね。

でも、テクニカルを見て、逆にそこから現実世界を見ていく、
というのもあるように思います。
たとえば、MACDのデッドクロスが、
東日本大震災の前に起きていたように・・・。

チャートは、本当にすごいツールですね。
改めて感じます。


ご賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
12/22 完全オフ
今日は完全に株を離れました。
一日全くトレードについては考えず、
別のことをやっていました。

さすがに年末の3連休の初日。
一年お疲れがどっと出始めているところ。

毎日トレードのことを考えていると、
そのこと自体は苦ではありませんが、
疲れては来くるものです。
ひとつのことをやっていくのは、
結構な重労働なんですね。

相撲取りでもサラリーマンでも、
休みというのはあります。
どんなに好きなことでも、やり続けるのは難しいもの。

でも、少しでも離れてみると、
またどうしても考えてしまいます。

好きなことってのはそういうもんですね。

ご賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
12/21 ここでやってはいけないこと
日経平均はさらなる下落。
何とか20,000円は割らずに保ちましたが、
次はわかりません。
年内は下げ続けかも。

であれば、ここで絶対にやっていけないことは、
買い向かうということですね。

そろそろ反転するだろう・・・
という予測に、何か根拠がありますでしょうか?

ここまで下げたんだから、
次は上がるだろう、というならば、
ここまで下げたんだから、
もっと下がる、という方が確からしく思えます。

逆張りの発想は、トレードには向きません。
私はそう思います。
なぜなら、いつ仕掛けるかがわからないから。

トレードはトレンドフォローが基本です。
そして、どこまで行ってもトレンドフォロー。

より高く買っていく、
より安く売っていく、
というのが基本的な考え方なんです。

安いときに買う。
これは、根本的に間違っているのです。

ご賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
12/20 大きく来ましたね
日経平均の大下げが来ましたね。
これが空売りの醍醐味ですね。
ボリンジャーバンドを下に大きくはみ出しましたから、
これで仕切りでもいいところでした。

まあ、年末のグッドボーナスになりました。

売りは本当に早いです。
なかなか、チャンスをとらえるのは難しいです。

躊躇している間に、チャンスは終わってしまいます。
だからこそのルールです。
目の前の動きに惑わされずに、
ただひたすらにルールを見ていくのが最善策。

ダメなら損切り。

たったそれだけの覚悟が、
なかなかできないのがトレーダーなんですね。

決して偶然なんかじゃ株は成功しません。
ルールに従っての成功体験の積み重ねだけが、
トレーダーのキャリアにつながるのです。

頑張っていきましょう。

ご賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
12/19 売り加速
直近安値を割りました。

日経平均の様子からは、完全に売り。

これでいったん反転してきたら、
次の下げは本格的に狙っていきます。

今の売りは、あくまで打診売り。
でも、このまま本格的に下げるなら、本格売り。

売りの初動は、よく落ちる・・・
というのも、経験上正しいと思います。

12月中に、年初来安値の更新があるかも?

下降というのは、急でかつ大きいですからね。
さもありなん・・・。

ご賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
12/18 売っていきました。
今日の日経平均は、はっきりと下落。
直近安値更新に向けて、着々と歩を進めました。

少し前まで、買いでうまくやっていたゲオ(2681)は、
今日が空売りの打診。
横ばいになった75日移動平均線を割り込んできたので、
手を出してみました。

基本的には全部売り。
チャートの形が崩れている銘柄がぐっと増えました。

また、上げられてしまうかもしれませんが、
そんなことはお構いなし。
売りサインなら売りなんです。

ここで売らなきゃどこで売る・・・
というほどの売り相場でもないとは思いますが、
売れるときに目ざとく売っておかないと、
ボーナスは出ません。

まあ、ボーナスまで求めちゃだめだ、
という考え方もありますけど、
上級者になって来れば来るほど、
狙える場面は増えてくるので、
ルール通りにやるというのは大前提に、
どんどん仕掛けては行くべきです。

毎日1銘柄探していく。
これは、なかなか難しいですがね。

ご賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
12/17 上がったというか持合い
日経平均は、終値で上がったとはいえ、
ローソク足で見れば持合いです。
先週金曜日の陰線の中での展開でした。
まあ、静かな月曜日だったなと思います。

スルガ銀行は、下げましたね。
ちょっと、下に行ってしまいましたね。
結局、一目の雲に負けてしまったかなと。
ボリンジャーバンドも広がってきてしまったし、
この状況では、爆上げ候補を下ろさないといけませんね。

ただ、少し時間はかかるでしょうが、
また、持合いに戻ってくる可能性は十分にあります。
目は離したくありません。

知り合いに損失をもたらしてしまったのは、
本当に申し訳なかったという思いです。

やっぱり、なんと申し開きをしようと、
爆上げの可能性が・・・なんて書いてしまえば、
買ってしまうものなのです。
「今買っちゃダメなんです」なんて、買ってから話しても、
時すでに遅し・・・なのですね。

ずいぶんと反省させられました。

株をよく走らない人に、予測を簡単に語ると、
こういうことになるのです。
語るなら、きちんと隅々まで、どうやってどうするかと
事細かに指導しないとダメなんです。

書きっぱなし、言いっぱなしじゃ、
不特定多数に向けてはそれでいいけれども、
特定の人には難しいのです、

次は一度だけ、利益をもたらすことを語らないと
チャラにはならないな、と思っています。

がんばりますよ。


ご賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
12/16 いつも通りの年末相場
ニューヨークが大きく下降しています。
日経平均の後を追うような形になりました。
上昇相場への道筋が見えなくなってきましたね。

いったん横ばいに戻ってきていた75日移動平均線も、
だいぶはっきりと下向きになってきてもいます。

金曜日にうまく空売り持ち越せた方は、
明日、含み益を増やした状態からスタートすることができます。
ちょっとほくそ笑む感じになりますか。

来週、21,000円を割り込むような展開になると、
本格的な下降相場になります。
大納会までは空売り機会の探りになります。

年末相場はバタバタします。
年内に、利益を確定しておきたい、
年越しの保持はしたくない、という思惑と、
ここで一儲けしようという思惑がぶつかって、
相場も不安定になるのですが、
売り買いどちらか一方の趨勢が見えてくると、
一気に動いたりもします。

巻き込まれると、損失になります。
目の前の動きに惑わされずに、というのは、
いつものことなんです。
環境がどうあろうと、かたくなに自分だけを守る、
というのが鉄則です。

いつも通り、例外なくいつも通り、
なのです。
だから、いつも通り、行こうと思います。


ご賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
12/14 話したこと
教科書通りに日経平均は動きましたね。
大きな下げ。
空売りにはもってこいの展開でした。

しかし、私の関心は、自分のトレードではなく、
スルガ銀行の行方でした。

自分に関係した知人、相談生きた知人の持ち銘柄は、
自分の持ち銘柄以上に気になって仕方ありません。

で、今日はついに損切りの日。
やはり、聞いてきました。
「ダメですよね?」

「アウトです。目をつぶって損切りです。」
と答えるしかありません。

で、本当に切ったかどうか?
そこはわかりません。
本人じゃないと、そこは無理ですね。

私自身の経験でいうと、おそらく切っていない。

私の言った、次の言葉を、
変に解釈してしまったでしょうから。

「でも、損切りした瞬間に反転して上昇しますよ。」

・・・

じゃあなぜ切るの?

「そういうルールだからです。」

こういうのが、わかりにくいんですよね。
本当に。

自分が損切りしたあと、反転するなら切らないほうがいい。
そう思ってしまうのですね。
当たり前ですよね。

でも切らなきゃいけない・・・
というのは、
そりゃわかんない!

それで地獄に行ってしまう人も、
非常に多いと思うんですよ。
私がそうでしたから。

でも、目をつぶって切るしかない。
それが、トレードのキャリアなんです。

今日は、忘年会で、頭も鈍ってます。
ごめんなさい。

でも、本当のことなんで。

ご賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
12/13 また一つの節目
日経平均は今日も上げました。
持合い相場の上昇局面、というのが、
客観的で正しいチャートの見方です。

そして来たのが25日移動平均線の直下。

これはままた、重要な節目、ということになりますね。

25日線は下向きですから、
教科書通りなら明日から下に行くはずです。
しかし、教科書通りに運ぶ割合は、
ならしてみれば5割より少し高いくらいでしょう。
上に行く可能性だってそれなりに高いのです。

でも、どう見たって、本格的な買い相場じゃないです。
大きな流れを考えたうえで、やるなら売りというのが、
正解じゃないでしょうか。

で、スルガ銀行。
まだ見ていきますよ。
終わらない限り見ていきます。
これは、今のところ、まだ買いで見ます。

私の知り合いのHさんの運命がかかていますから、
ということではなく、まだ爆上げ形が、
完全に崩れたわけではないからです。

年末相場。
面白くなってて来てますね。


ご賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
12/12 スルガ銀行(その2)
今日は日経平均も上昇。
いったん反転はしました。

スルガ銀行は、しかし、元気なく少々下落。
まだまだ崖っぷちです。

でも、10/26の安値を下回ってはいません。

昨日書きましたように、下回ったら損切りです。
しかし、それがない以上、損切りはしません。
してはいけません。

ルールに従うというのは、そういうこと。

損切りの逆指値を入れて、
放っておけばいいのです。
あとは、こちらが考えなくても自動的に、
コンピュータがやってくれます。

それができれば、それもトレードキャリアです。

頑張っていきましょう。

ご賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
12/11 スルガ銀行
私は動いていませんが、私の記事につられて、
スルガ銀行を早めに買い仕掛けてしまった人がいます。

本来であれば、買い仕掛けはするべきではありません。
75日移動平均線すら抜けていないわけですから。
でも、「どうせ上がるという予想なら今のうちに買っておけ」
というのも人情です。

私もそういう気持ちになったことがありますから、
よくわかるのです。

でも、いつも書いているように、
予測で仕掛けると失敗することが多いものなのです。
事実がないのに仕掛ければ、根拠がありません。
失敗の確率はぐんと大きくなってしまいます。

株の場合にややっこしいのは、
それが往々にして儲けで終わったりすることです。
これを一度やってしまうと、ちょっとやそっとの失敗でも、
二匹目のドジョウを狙ってしまうものなのです。

おお怖い!!

で、買ってしまった人には、
「なんで買っちゃったの?」と聞いても始まりませんから、
これからどうする?の部分を教えます。

買ってしまったんなら、
10/26の安値を割るまでは我慢・・・です。

ただし、そこを割ったら、必ず損切りです。

案外、損切りした瞬間に急上昇を始めるものなんですが、
それは、買い急いだ罰でしょう。
覚悟することです。
仕方なし。

次は、予測で仕掛けないことを、
きちんと伝えたいと思います。

ご賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
12/10 日経平均が持合波動に
今日のマイナス460円もの大下げで、
日経平均は日足で持合いの波動になってしまいました。

これまでは上昇の波動。
それが、末広がり乱高下の持合いです。

してみれば、12月4日が絶好の売り日だったことが
よくわかります。
そこを買いのスタンスでいたのですから、
私はどうしようもありません。
うまくいくはずもありませんでしたね。

中長期で見ても、
日経平均は月足でついに24月移動平均線まで
降りてきました。
なので、これ以上下げると、
少し中長期の下げという展望も、
根拠付きで出てきてしまいます。

もとより、私は空売り礼賛のタイプです。
買いよりは売りを好みますし、
そのほうが個人トレーダーは成功しやすいと考えています。

さあ、本格的にそういう相場になっていくのかどうか。

狙い目は何でしょうね。
少しづつ、売り銘柄探しでも始めていきましょうか。

ご賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
12/9 大切なことは判断すること
予測で仕掛けてはいけない。

おれは、このブログを通じて何度も何度も
お伝えしていることです。

しかし、予測が要らないと言っているのではありません。
予測はやはり重要です。

じゃあ何のために予測するのか?

それはシナリオを作るため。

もし、シナリオとは予測と同義だ、というならば、
予測をしシナリオを作るのは、
トレードの買いか売りかのスタンスを決めるためです。

どんな仕掛けを目指すのか、
スタンスを決めて銘柄を決める。
それは、トレードの中で一番大事な所作のひとつです。

それが、トレードの判断です。

そして、目標を決めたら、それに従う。
仕掛けの位置を決め、仕切りの位置を考える。

あとは、その通りに実行する。
そこでは悩まない。

判断した以上、後は悩まない。
だからこそ、判断が大事です。

判断は、間違っていてもいいのです。
大事ではあっても、
トレードの場合は、そこが生命線ではありません。

だから、まず決める。
自分の知識と知見を総動員して決める。

それでいいのです。

ご賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
12/8 大きな相場の転機かも
このところ先週まで、基本は買いのスタンスできました。
しかしながら、それは今後の全体相場の上昇を見越した
わけではありません。
持合いの状況の中で、どうなるかわからない、という判断の中、
スタンスとして「買い」と決めていただけのことです。

実際に、今後の相場を大きな視点で見てみると、
実は上だか下だか何とも言えないところがあります。

ただ、金曜までの動きは、ちょっと下降に傾いた、
という感じがしてきています。

日経平均も、ニューヨークダウも、
75日線を下回って推移しています。
そして、75日線もはっきりではないですが、
どちらかというと下向き。
そういう意味では、下降相場といっても悪くはありません。

また、週足を見てみると、
ここで最高値の更新は終了!、
といっても不思議はない位置にいます。

月足を見ても、同じような感想はあります。

だとすると、ひとつの考え方としては、
ここから長い下降相場に入る・・・
というのも成り立ちます。

アベノミクスもその程度?
東京五輪を待たずして、もう落ちるの?

そういう気がしますけれども、
チャートはすべてを反映して、
形によって現状を表現するものです。

一応、週足では、日経もニューヨークも、
上昇波動にはなっています。
かろうじて。

それくらいが、上昇に向けた光でしょうか。

週足の一目均衡表では、
日経は雲の下に落ちるかどうかの瀬戸際にいます。

うーむ。
やはり、判断難しいですねえ。

ご賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
12/7 完全外れの週       
今週は、ほとんどすべて外しました。
考えれば考えるほど、その分外しました。

逆に考えていれば、とてつもなく良い成績だったでしょう。
しかし、そうは行きませんでした。

でも、これが、相場への対し方だと、
自信をもって書きましょう。
当たりはずれは時の運。
そこに視点を据えると、ダメになるのが相場なのです。

負け惜しみだと感じる人は、
それはそれでいいと思います。
自分の道を進んでくださいとしか言いようがありません。
そもそも、相場は自分だけが責任を取るものですから。

それでも、不思議と実害はありませんでした。
私自身は無傷です。
それは、きちんとルール通りに仕切っているから。
仕掛けをきちんとやり、
利益確定はきちんとやり、
損切りはきちんとやり・・・、
そうであれば、実害がないのは当然です。

「仕掛けない」だけの話ですから。

それでも、仕掛けなかったというキャリアは残ります。
ルール通りに仕掛けっというキャリアも残ります。
もちろん、ルール通りなら、利益確定も損切りも
立派なキャリアになります。

それでこそ、ずっと相場を続けられるのです。

わかりますでしょうか。

ご賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
12/5 続落
日経平均は続落。
寄り付きからは上げてはいますが、
それでも25日移動平均線を割ってしまったままでした。

昨日注目と書いた日本電産は、
思い切り下落しました。
しかし、こちらは25日線の上。
反転して75日線に戻るシナリオも、
容易に描けるのではないでしょうか。

スルガ銀行は、ぎりぎりまで下落しました。
これ以上落ちてしまうと、いったんご破算です。
最後のラインで踏みとどまった感じです。
ということで、まだ見ていきます。

日経平均は不埒な動きに見えるかもしれませんが、
移動平均線や一目均衡表を見ると、
それなりにきちんと動いていると思えてきます。

そういう意味では75日線を抜けたところが、
ひとつの大きな節目だったのですね。
そこで、一目均衡表の雲を抜けきらずに、
落ちてしまったところに、運命めいたものを感じます。

何を言っても結果論ですが、
抜けていれば、上昇相場突入だったのかもしれませんね。

空売りも見ていったほうがいいのでしょうか?

私は、今の上昇波動についていこうと思います。
まだ、買いです。


ご賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
12/4 反転でした
日経平均は、75日移動平均線から、
思い切り反転してきました。
マイナス538円ですから、かなりのものです。

結果として、買い保持銘柄は仕切り。
いったん、利益確定となりました。

ただ、スルガ銀行・・・。

まだ、私は見ています。
今日を経てもまだ、
決定的に下げているとは思いません。
明日来るかもしれないし、
あさってくるかもしれません。

じっと見ておく・・・のスタンスは、
変えなくていいと思っています。

日経平均も、下げたのは25日線まで。
あすまた反転があるかもしれない位置ではあるのです。

今日は今日。
明日は明日。

で、もう一つ銘柄。
日本電産(6594)。
これはこれで、今後化けるかもですね。
いよいよ上昇の初動、じゃないでしょうかね。

あくまで私の判断ですけど。

ご賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
12/3 次々と発射か
日経平均が、上昇を確定させてきました。
波動の上昇を確定させながら75日移動平均線に
乗せてきたところです。
これで、再びの上昇が見込める形になりました。

昨日あげた銘柄も、うまいこと上昇。

三菱地所もコンコルディアも富士通も、
みないったんは発射でした。
さすがに、富士通は飛びましたので仕掛けは
難しかったと思います。

また、買い保持銘柄もしぶとく上昇。
非常に利益が乗ってきたところです。
スルガ銀行だけは、ひたすら持ち合っていますが、
このまま待っていればいずれはスプラッシュ!
という形に、ますますなってきましたね。
こりゃもう!目が離せない!
というくらいに・・・。

OLCもやっぱり上げちゃったのはご愛敬。
まあ、いいじゃないですか。
上げるときはこんなものです。

そしてまた、相場では隣の芝生は青く見えます。
隣の車線がよく走ってるように見えるんですね。

でも、よくよく見ればそんなこともありません。
完全マイペースでいいはずです。
自分以外は、気にしない気にしない。

ご賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
12/2 もう年末か
12月になりました。
もう年末かと思うと、本当に一年は早いものです。

私は今年もマイペース。
特に何かを変えたわけでもありません。
・・・とういう振り返りは、ド年末にしましょう。

まだまだ大納会までは1か月あります。
それまでにできることは淡々と続けていきます。

日経平均が持ち合っているときは、
どの銘柄も持合い気味に推移していきます。
そうすると、当然に、
75日移動平均線や25日線という大きな節目の周辺で
株価が止まり、そこで持ち合うことになります。

ここからの狙いは引き続きそのあたりにあります。

先週からの継続は、しっかり見ていくとして、
ちょっと形についてのコメントを。

OLC(4661)
11000円台の壁を抜けてきて、先週で75日線抜け。
しかし75日線はまだ下向き。
上げたとしてもダマし気味な見栄えがします。
完全な上昇相場には少し足りないかなと。
これは75日線の仕掛けは待っておきます。

三菱地所(8802)
75日線が少し上向きになっています。
これは上のOLCと違って上昇にはいい形。
一方で波動は持合いとなっていて、少し安定感がありません。
ヒゲの多いやや汚いチャートになってきています。
一気の大きな動きが多くなっている、ということ。
そこは要注意ですが、短期の買いで見られるでしょう。

コンコルディア(7186)
同じような形で、これもダマし気味には見えますが、
安値更新せずに上げってきたところが、
三菱地所よりもいい感じに見えます。

三菱とコンコルディア。
どちらも、何度かの初動崩れがあります。
買いサイドからはまた崩れてしまう・・・という不安もありますが、
再びのチャンスではあるかと思います。

富士通(6702)
25日線あたりで持ち合っているところに魅力を感じます。
ただ、持合い期間はまだまだ短いかもしれません。
一度大きく上昇に行くことを狙って見ておきます。

狙える形と、狙わないほうがいい形。
両方出してみましたが、
参考になりますでしょうか。
明日以降、実際の形は、こちらのシナリオと逆に
なってしまうのかも知れませんが、
そこは覚悟でスタンスを決めていくのがポイントです。


ご賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
11/30 まだまだ追いかけ
日経平均は持合いの足。
75日移動平均線を前にして、足踏みですね。
下げるのか、上げるのか、いつだってわかりませんが、
ますますわかりませね。

大きな持ち合いから、小さな持合い。
日経平均はずいぶんと迷っています。

SUMCOは持合いです。
日経平均次第です。

エスリード、東建コーポは、
少し安く始まりましたが順調に上昇。
何とか基調を維持しています。
ひたすらルール通り持っていきましょう。
損切りの覚悟さえあれば、恐れるものは何もありません。

損切りならまた次・・・、なんです。
次も損切りならその次・・・。

損切りは別にダメでも何でもありません。
損切り=ダメ、という考え方が、
すでにトレーダー思考ではありません。

損切りがダメなんじゃなくて、
損切りしないのがダメなんです。

ここ、きわめて重大なポイントですので、
しかと考えてくださいませ。


ご賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
11/29 追いかけていきます
仕掛け銘柄、注目銘柄を追いかけていきます。

セブン&アイは、75日線まで下げてしまいました。
いったん監視は終了。
ここまで来てもなお、上昇可能性はあると感じますが、
深追いはせず、次を探していくこととします。

SUMCOは、いい感じに75日線を抜けました。
初動の動きです。
しつこく追いかけていきましょう。
ダメならだめでいいですが、利益はしつこくいきましょう。
「もういい」ではだめです。
ルールの通りに持っておきます。

エスリードは順調。

東建は少し来て、仕掛けでしたね。
どこまで行くのか、これもルール通りに行きます。

スルガはまだ。
昨日今日と大きく下げたように感じるかもしれませんが、
まだまだ持合いの範囲です。
暴発期待はまだ続きます。
下に行っちゃったら、仕方なし・・・です。

成否はともかく、私のこの銘柄の回し方、
かなりご参考にはなるはずです。
ルール通りの粘り方、あきらめ方、
それぞれ、全部お伝えしています。

同じようにやったほうがいいなんて、
思っているわけではありません。
ただ、「スイングってこんな感じでしょ」と書きたいだけです。

頑張っていきます。

ご賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!