FC2ブログ
損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
3/31 明日は騒がしいのか
金曜日のニューヨークダウはちょっと上昇。
日経平均も、いきなりのズドーンはなさそうです。

新年度、新年号の発表、ということで、
明日は世の中がざわざわします。
「ご祝儀」的な意味合いでの相場の活況も想定される・・・
と言いたいところですが、
それは世の希望的観測にすぎないと思います。

そんなに大事なら、すでにチャートには織り込まれている、
それがチャート重視派の立場です。

やはり、狙いは売り。

大きなメジャー銘柄という意味では、
ファストリ(9983)、伊藤忠(8001)、三菱商事(8058)
極東開発(7226)、JT(2914)あたりでしょうか。

直近高値を更新することなく下落チャートを描いている、
というゆるい探し方ですが、
上昇波動の銘柄は、売り仕掛けはしにくいですね。

東電、ソフトバンク、任天堂・・・
売っていきたいのは、あくまで少し先のイメージ。
今、やってしまうと痛い目を見るかなあ。

三井住友くらいなら、まだ売れるかなあ、
と思いますが。

私は私、世の中は世の中、ですね。


ご賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
スポンサーサイト
3/29 いつ来るのか、来ないのか
波動の下降が成立している日経平均。
今日は上昇となりましたが、
そのうち、やっぱり下がる時が来るように思います。
75日移動平均線も下向きになってきましたし。

反対の材料といえば、
ボリンジャーバンドくらいでしょうか。
でも、大きな下げが来ると、
-2σも大きく下に振れると思います。

大きな下げが来るのは、
次に3/25の安値を割る時が大きく下げるとき、
ではないかとみています。

もう、いつ来てもおかしくはないでしょう。

もちろん、来るか来ないかはわからないのですが、
来るというシナリオを描いて銘柄を探すのが、
私の今のスタンスです。

おそらく、近いうちに大きな下げは来ます。

そこはしっかりモノにしておきたいところです。

ご賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
3/28 とんだ誤解です。
酔ったままとはいえ、
とんでもない誤解をしていました。

すでに、下降波動は成立していましたね。

3/11の安値は更新されていました。

本当にすいません。
よほど馬鹿だったとしか言いようがありません。
どこを見ていたんでしょうかね。
体調のせいにできるような話でもないと反省しています。

とはいえ、いずれにしても下降の流れが見えてきました。
これでは、グランビル上昇はご破算です。
ご破算というより、下降に戻るというところ。

空売りに向かう根拠は十分にあります。
銘柄も探せばたくさんあるようです。

楽しくなってきたようです。

※ 昨日の記事、本当に申し訳ありません。
  あえて、削除することはしませんが、
  伏してお詫び申し上げます。


ご賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
3/27 下げの波動確定せず
3/11の安値更新は成っていません。
なので、波動は持合い。
下降でもないし、上昇でもありません。

ただ、グランビル上昇の形は崩れました。
そして、75日移動平均線は横ばいのまま。

またまた、かなりの不透明状態になりました。

権利落ちなどもあって、
がたがた落ちている銘柄もあります。
下降相場にあった銘柄は、さらに下への勢いです。

こういう状態であれば、
狙うなら空売り・・・でしょうかね。

ちょっと買っていける状態ではありません。

毎日の深酒と花粉症で、ちょっと体調を崩しました。
さすがに、人のことを気にしている場合ではありません。

ま、頑張っていきます。
(記事更新が思うようにいかずにすいません!)


ご賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
3/24 下げの波動になれば
ニューヨークダウは、直近高値を更新することなく、
ズドンと下げてしまいました。
このまま3/11の安値を更新してしまうと、
下げの波動が成立してしまいます。

日経平均も、当然に同じような見方ができます。

今は順調に上げていますが、
金曜のニューヨークの動きには影響を受けるでしょう。
現に、CME日経先物は21,000円付近まで大下げしています。
これがそのまま日経平均に反映されれば、
またまた、ちょっとした暴落になります。

そして、3/11の安値を割り込んでいけば、
それはそのまま75日移動平均線を下回ることにもなりますが、
結局、下降相場への入り口になってしまいます。
でも、そうなる可能性も、とても高いように見えます。

それとお、3/11の安値は割れずに、
しばらく持合いのままで行くのか。

今年に入ってからの日経平均は、
ゆるーい上昇を続けています。

なんとか下降相場は脱したかに見えましたが、
まだまだわかりません。
ときには、本格上昇に入るぞと見せながら、
なかなか本当にはなりません。

だから、期待はしない、固定観念は持たない、
ということが非常に大切です。

まだまだです。
永遠にまだまだかもしれないのです。


ご賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
3/22 順調に上げている
日経平均は、なんだかなんだで、
順調に上昇を続けています。
しかしながら、どうしても75日移動平均線が、
横ばいのままですので、
自信をもって買い満開というわけにもいきません。

「自信をもって」という言葉を使いましたが、
そもそも、相場ではそんなに頻繁には「自信をもって」
仕掛けられるわけじゃありません。

仕掛けるときの期待値は、どうやっても
正確にはわかりっこありません。
であれば、自信をもってというには程遠いわけです。

もちろん仕掛けるからには、利益になる可能性を大きいと
考えてはいるわけです。
ただ、厳密に言えば、ほぼ半信半疑に近い状態ではないでしょうか。

でも、ひとつ言えることは、
大損する可能性はほとんどゼロだということです。
ここは自信を持てますよね。
なぜなら、損切りという武器があるからです。

こうやって考えていくと、
大はしないで済む、というのは、
案外に結構なことだと思いませんか。

トレードはリスク限定できるのです。

ご賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
3/20 事前にわかればいいけれど
落ちてる銘柄は落ちているけれど、
上げている銘柄は上げている。
個別銘柄は、日経平均の動きも見てはいますが、
それぞれまちまちの動きになっています。

今日の日経平均は、何とか頑張りました。
前場の前半は下落一途。
しかし、前場後半は上昇に転じて元に戻し、
後場は上昇していきました。

こういう日はデイトレにいいだろう・・・
などと思いがちなんですが、それは結果論。
最初からこういう動きがわかっているわけではないのです。

下げの時には、このまま下げて行くのではないか、
と思うし、
多少反発しても、またズドーンと下げるのでは?
などと考えてしまうものです。

明確だといえるのは、
10時45分のトレンド転換だけです。
これがダマしだったら仕方なしだったのですけど、
今日は幸い素直でした。

それだけなんです。

ダマしに合ってしまうのは単に運だけです。
それは前もってわからないことです。
何か手段があって事前にわかるなら、
誰だって大金持ちです。

そこはリスクを背負って判断するのです。

期待値だって、決して正確なものはありません。
何しろ、「これから」のことなんですから。

「なんでも起こりうる」という大前提を受け入れておかないと、
とても相場には入っていけません。

そこは、まあ、どんな仕事も生活も、
同じなのかもしれません。

避難訓練をいい加減に考えていたり、
本気で災害時のことを考えておかなければ、
いざというときにはどうしようもなくなるんじゃありませんか?

失敗は、たった一回の失敗で、
完全にダメになることもあるのです。
だから、うまくいかないときに失敗しちゃダメなんです。

損切りは、避難です。
決して失敗じゃありません。

間違えちゃダメですね。

ご賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
3/19 25日線の力
日経平均、75日移動平均線は横ばいですが、
上向きの25日線が案外に力を発揮しています。
その結果、落ちそうで落ちない日経平均が
うまいこと演出できています。

それでもやっぱり横ばいの75日線に遠慮してる感は
否めません。
そうでなければ、もっと大きく上昇しているように思います。

とはいえ、この日経平均の動きを見つつの銘柄。

コムシス(1721)。

25日線までのトレンドラインがきれいです。
反発するなら、そろそろですね。
日経平均の上昇とともに大きく上げる可能性が見えます。
ちょっと注目しておきます。

このところ、春めいてきて、
ゴルフだ宴会だと、案外にせわしく動いています。
一方で花粉症やら帯状発疹(だと思います)やら、
体調のほうも、そうそう思わしくはありません。

季節の変わり目は、本当に要注意。
トレーダーもなんだかんだ言っても健康第一。
気を付けていきます。


ご賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
3/16 上昇2回目のハードル
ニューヨークダウはまた上げてきました。
でも、CMEの日経先物は、そうでもないんですね。

75日移動平均線が横ばいに近い状態ですから、
どうしても持合い的な動きになりますね。
そのあたりがグランビル上昇2回目には入れるかどうかの
ポイントになっています。

まーよくわからんですね。

疲れる相場だと思います。
でも、それが普通ですよね。

楽な相場なんて、味わったことないように思います。
わかりやすい相場とか、教科書的な動きとか、
そういうのはありますが、だからといって楽じゃないです。

相場に聖杯はない、とはよく言ったもんで、
やっぱり名言だと思います。


ご賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
3/15 見つけるのは努力
今日の石川製作所。
後場からとてつもない上昇になり、
本日東証一部の上昇率第一位。

要はこういう銘柄を、普段からどうやって見つけていけるか、
ということです。

一言でいえば、普段の努力ということでしょう。
毎日のトレードの中で、いかに多くの銘柄を、
探しながら渡り歩くか。
結局のところ、どれだけ動いたかなんです。

全銘柄を通してみる機会は、
そうそう持たないのが通常でしょう。
でも、自分がトレードを大切にするというなら
やっぱり見ておくのです。
少なくとも週一度。

努力もしないで、
「こんなのはわからない・・・」とぼやくのは、
要するに実力不足です。

銘柄を見つけるのは偶然でなくて必然です。

とにかく、いろいろなチャートを見まくるんです
見て、見て、見て、それでも見る。
次から次へと見ていく。
これが、トレードの現場の努力というものです。

繰り返すしかありません。
極論ですが・・・、
そのうちに、すべての銘柄の動きが、
なんとなくでもわかるようになります。

頑張っていきましょう。

ご賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
3/14 日に日に変わる状況でも
いやあ、サニックスが来ましたね。
こればかりは、待ってました・・・。
結果論かもしれませんが、見ていてよかった、です。

あとは、石川製作所の例を見習って
しかるべく利益確定していければいいでしょう。

一位のクボテックもすごかったですね。
こういう銘柄に出会えるというのは、
非常に感慨深いところではありますが、
そうそううまくいくわけでもありません。

ただ、形の特徴だけはありますから、
常に狙っていくという姿勢は良いと思っています。

全体相場は、毎日わからない状況です。
今日も、高寄りから下げて25日移動平均線で止まる、
という、昨日のコピーのような展開。

来週は、このまま落ちていくようにも見えるし、
反転するようにも見えるし、
どうにもこうにも、スタンスがとりにくいです。

それでも、どうにかしていくために、
銘柄を探していくというのが、
専業トレーダーには必要な情熱なのです。

先が見えないなんていうのは、トレードの世界では
ピンチでも何でもありません。
ただの日常・・・ということです。


ご賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
3/13 往復ビンタに近い展開
一転して今日は反転下落。
あれれれれ。
相場ってこんなもんだとはわかっていても、
やはり目が点状態。

サニックス買ってしまいましたし、
買った後も、いいぞいいぞだったんですが、
考えていた展開ではありませんでしたね。
ちょっと望外。

それでもまあ、終値は25日移動平均線。
昨日変わったと見えた相場イメージが、
また元に戻ったというほどではありません。

でもまあ、何とも言えないですね。
仕方なし。

75日線横ばいってのはこういうことなんでしょうね。

毎日の相場にふりまわされるのは、
短期トレーダーの宿命です。
悩まず、考えすぎず、へこたれずに行きます。


ご賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
3/12 どひゃあ持ってかれたあ
空売りじゃあ今日が終わりの日。
ニューヨークダウの動きからすれば当然なんですが、
それにしても上に持ってかれました。

今日は、空売り仕掛けどころではなく、
売りを終わらせての買いへの転換。
それがそうそう上手くいくであろうはずもないですね。

これで日経平均は上昇の2回目に向かうのでしょうか。
どうもそんな感じです。
ちょっと相場つきが変わった感が大きくあります。
本格的な上昇に向かうのかな、と。

明日は買いでいいと思います。
いよいよ、サニックスですかね。
いい感じだと思いますが、どうでしょうね。


ご賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
3/11 下げのローソク足
今日は反発?
じゃありません。

今日も下げのローソク足です。
ただ、75日移動平均線の上にまた出てきました。
そこが読みにくいところ。

MACDも、下げてます。
トレンド転換したわけでもありません。
それでも、やっぱり75日線より上で終わってるんですね。
そこがやっぱり、難しいんです。

だからと言って、買いで勝負はしません。
空売りに焦点を絞っています。

まあ、焦点を絞ったところで、
所詮は相場が始まる前の心意気にすぎません。
始まってしまえば、その時の展開で、
準備していたすべてが変わりうるのです。

それが相場だし、それが判断のしどころなんです。

銘柄は百花繚乱。
どんな銘柄もあります。
どんなシナリオも描きうる状況でしょう。

こういうときこそ、自分が試されるとき。

だからといって、構えてみてもだめなんです。
「わからない」という人は「わからない」を出発点に
考えればいいし、
スタンスが決まっている人はスタンスに従えばいいし、
自分の現在時点の自己評価に応じたやり方があると思います。

それでいいんです。

自分で自分を見つめることができれば、
まあ、最初のハードルはクリアです。

ご賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
3/10 どちらかなら売り優先
これも、このブログでは何度も何度も
繰り返し主張していることですが、
個人トレーダーは空売りを主にして考えると良いということ。

たいていの相場にかかわる人たちは、
株というものを「買ってなんぼ」だと思っています。
空売りの戦術なんて、滅多なことでは出てきませんし、
個別銘柄の見方だって「何をいつ買うか」だけが語られます。

空売りを考えるのは極めて少数派。

だからこそ、空売りが圧倒的に有利だと思うのです。

買いの人が多いということは、
多くの人にとって、株価が下がるのは恐怖です。
人は期待のある時より恐怖のある時のほうが、
より早く行動しようとします。
だから、株価が下がれば我先に売ろうとする。

したがって、下がるときは上がるときよりスピードが速い
というわけです。
スピードが速いというのは、より早く儲かるということです。

だから、個人レベルでの儲けを考えるなら、
空売りのほうが手っ取り早いのです。

もっとも、大相場というのは買いの相場です。
それはそれで当たり前。
株の上昇は無限大。
今の株価が2倍にも3倍にもなる可能性があります。

でも、株の下降はゼロが限界。
儲けが2倍、3倍ということはあり得ない話です。

だからこそ、相場で大儲けしようとたくらむ人たちは、
買いを考えるのです。
仕手が話題になるのも、買いの時だけです。
個人レベルでなく、集団レベルで株を考えるなら、
どうあっても買いなのです。

以上が、売りと買いの考え方。

私は個人なんで空売り。
そういうわけなのです。


ご賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
3/9 ちょい暴落
来てしまいました。
日経平均、ちょっとした暴落となりました。

「ちょっとした」、と書きましたが、
75日移動平均線を割って終わってしまいました。
前日比でも̠マイナス430円ですから、
「ちょっとした」ではすまない領域です。

やはり、買いは手じまいであり、
空売りが決まりつつある状態になりました。

これで、また振り出しです。
75日線も横ばいとはいえわずかに下向きですから、
いったん期待のあった上昇相場への展望も、
極めて脆弱な期待でしかなくなった感じです。

しかしながら、日経平均の週足や月足レベルでは、
下降相場への見通しがぶれてはいません。
大きな下降が来ても、何ら不思議はないし、
日足チャートにおいても、上昇初動の失敗と考えれば、
何らおかしくはありません。

デイやスイングでトレードに関われば、
日々の日経平均の動きに振り回されるのは当たり前です。
重視するべきは中長期のシナリオではなく、
短期のシナリオです。

短期のシナリオは、日々変わるし、日々想定外になります。
そこに不安感や節操のなさを感じていたらキリがありません。

トレードを制御するのは、自分の感情、主観ではなく、
ルールであり、仕掛けの方針です。
もちろん、ルールだって仕掛けの方針だって、
自分で決めるのだから、そこに主観は存在します。
しかし、いったん決めてからは動かしてはならない、
という部分において、客観になりうるのです。

日本の相場、面白くなってきましたね。


ご賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
3/7 またまた買い手じまい
昨日は、抽象論を書いてしまいましたが、
再びのMACDのデッドクロス。

世のトレーダーの中には、
MACDなんて何の参考にもならないという方もいます。
いや、結構な割合でいらっしゃいます。

それはそれで、私は否定もしませんし肯定もしません。
人それぞれ、がトレードのいいところでもありますから。

でも、私はある程度気にします。
そして、ゼロライン上でのデッドクロスは、
もう完全に気にします。
何度も申し上げている通りです。
おそらく、このブログ発足以来、
何十回かは書いているのではないでしょうか?

つい先日も起きたデッドクロス。
以降で買ったなら、今回のデッドクロスでも手じまいです。
何はさておき手じまいなんです。

それが、トレーダーのノウハウだと私は考えています。

で、来る10連休。

相場もどうなるのか非常に危ぶまれています。

確かに、さすがに10連休のリスクは気にすべきです。
日足のチャートは日々連続しているというのが前提ですから、
10日間も休場があれば、特殊なことが起きても不思議なし。
それは、誰にもわからない不思議なことかもしれないのです。

だから、チャートを離れて、「無条件に手じまい」という取り決めを
自分に課してもいいと思います。
だって、何が起こるか本当に分からないのですから。

もし、持ち越すなら、何が起きても覚悟です。
最悪、買った株がゼロになるかもしれない・・・
(実際にはなりませんが)
それくらいの覚悟は最低限持つべきです。

トレードは、覚悟と期待の中に自分を放り込むことです。

両方同じ程度に持たなくては、やる意味はありません。

大丈夫でしょうか。
きちんと問うておきましょう。

ご賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
3/6 「試し」なんてあるようでない
「試し買い」とか「試し売り」とか、
トレードの世界ではよく使います。
かくいう私も、よく使ってしまいます。

でも、考えてみれば、「試し」なんて、
相場ではできません。
できるのは、ただ単に仕掛けの単元数を減らすことくらい。
儲けが少なかったり、損失が少なかったりするだけで、
やっぱり仕掛けには変わらないのです。

「試し」なんて言ってみるのは自信がないだけの話。

うまくいったら、「ほら見てください!」と
胸を反り返らすのでしょうし
思った通りに行かなければ、「あくまで試しですから・・・」と
言っておけばいい、と。

要するに、「試し」という発言には、逃げの要素が
入っているなあと思うわけです。

そういう意味で、今日仕掛けた空売りは、
少量の単元でしたが、決して「試し」ではありません。
本気ではあります。

というか、トレードに試しも本気もないんです
全部、本気でしかない。
試しだろうが本気だろうが、ルール通りにやるのは同じだし、
実益や実害につながることも同じです。

試しだからといって、適当なトレードをやるなら、
その人のトレードは全部適当になります。
というか、おそらく、
本気のトレードに踏み込めないはずです。

いつも試しで大きな損をして・・・となってしまうのが関の山。

「打診」などという言葉も同じ。
「試し」と同義語。

これがまた、先生と呼ばれるような方々が
本当によく使う言葉なんです。

「貴方にとっての本気は、いつなんですか?」

常に、自分に問いながらやっていきたいものです。


ご賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
3/5 売りたくもなる
今日の一手で、またまた様相を変えてきた日経平均。
予想は十分にできていたし、その予想に違いはなかった
と思いますが、やはり現実になってみると、
「こんなふうになるのか」と感じてしまいます。

とても売りたくなってしまうような形が、
メジャー銘柄に出てきました。
これは、あまり考えていなかったことなんです。

ファストリ。
日経はともあれ、普通に売りたい形ですね。
同じように、東電も。

こういう形が出てきてしまうと、
何はともあれ、明日にでも売り仕掛けてしまいそうです。
というか、そのつもりです。

うまくいくかどうかは時の運。

本当はそうは言いたくないんですが、
やっぱり時の運。
仕掛けられなければそれでよし、
仕掛けられても、そのあと反転する可能性もあり。

日経平均の動きは、もちろん第一に大切ですが、
一方で個別銘柄から発想するスタンスもあり得ます。

全体の動きがよくわからないときなら、
個別銘柄発の考え方も悪くないときがあると思います。
教科書的ではないですが、教科書がすべてでもないので。

まあ、動けたら動きます。

ご賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
3/4 困惑あり、笑みあり
週明け、日経平均が上げてきました。
高寄りして、まあ、ほとんどその位置から動きませんでした。

各銘柄も、うまいこと上げて・・・
と思ったら、ことはそう簡単ではありませんでした。

太陽誘電などは、高寄りして、そのまま上に行きましたが、
セブン&アイなどは、寄り付き後はそのまま下げ。
ついには大引けまで下げ止まりませんでした。

SUMCOは、なぜだか75日移動平均線を抜けて
上げてきました。
ファナックも結構な上昇・・・。

正直、「よくわかんねーなあ・・・」といった気分です。

日経平均は、ちょうどボリンジャーバンドの+2σ。
またまた、上げるところまで上げてしまいましたね。
ここからまたバンドウォークでしょうか。
でも、やっぱり75日線は横ばいのまま。
でも、25日線がゴールデンクロス。

日経平均がすでに上昇相場に入っているというなら、
ずいぶんと緩やかな上昇初動だといわざるを得ません。
それでも、上昇し続けているのは事実。
そこに目はつぶれません。

どういう反応をしていいかわからない。
それが今日の相場でした。

損は少しもせず、利益ばかりではあったのですが、
いまひとつ、乗れてる気はしません。

明日も同じでしょうかね。


ご賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
3/2 トレンド転換狙いもあり
来週の日経平均、
さらに上げてくるなら、やはり買いの仕掛け。
爆上げ銘柄ももちろんですが、
上昇相場中のトレンド転換の銘柄も増え来ているように
見えますので、そこに焦点を当ててもいいです。

昨日でいうと、アドバンテスト(6857)のような上げ方です。
トレンドラインを挟んでギャップを空けての寄り付きに、
タイミングよくついて買い仕掛けられるかどうか。
そこは、スキルによりますので難しいかもしれません。

でも、形を見れば、狙いはわかるはずです。

太陽誘電(6976)、セブン&アイ(3382)。
とりあえず、この二つ。
いかがでしょうか。

玉にキズなのは、75日移動平均線が横ばいなこと。
できれば、グンと上向いていると頼りになるのですが、
それがありません。

それなら、キヤノンやSUMCOもよさそうですね。

私の場合は、買いの場合は基本的に75日線周りで
探していきます。
まずは、爆上げ発射前の銘柄。
そして、75日線からの初動やトレンド転換銘柄。

それがなかなか見つからなければ、
25日線に目を移していきます。

より効果を狙える手順だと思っています。

でも、買いですから、根本的には75日線上向きの
上昇相場の銘柄を優先します。

時間があるなら、探してみてくださいませ。
私もまだまだ頑張ってみます。
もっと効率いいやつを探していきましょう。


ご賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
3/1 一夜明けたら高値更新
日経平均は高値更新。
昨日のMACDデッドクロスとは打って変わった展開でした。

とにかく、まあ、相場ってこんなもんですね。
言葉もないなあ、という感想。

しかし、感想では食っていけませんから、
真摯に受け止めるしかありませんよね。
受け止めたうえで、次を考えるという不屈の精神が、
どうしても必要になります。

不屈の精神というと、気持ちの問題のように聞こえますが、
要は何があっても次は機械的に動くということでしょう。
高値更新したからには、それはそのように戦術を作っていく
というわけです。

で、
そんな中、
75日移動平均線は下向きになってきています。
それはそれで少しは気になるところです。
もたもたしてれば、また日経平均は下に行ってしまうかも
知れません。

何とも言えませんね。


ご賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
2/28 問答無用の仕切り
今日の日経平均、MACDがデッドクロスです。
これは、もう問答無用の買い保持中止。
いったんは仕切らなくてはならない場面です。

これは、鉄のルールであって、
例外を作ってはいけません。
どんな情報があったとしても、
仕切りは仕切り。
一生にわたって従わなくてはならないのです。

MACDのデッドクロスに関しては、
当ブログでも、何度も何度も語ってきました。
これが起きたときには、次に大暴落が来てもおかしくない、
という状況になっているときなのです。

本当に暴落するかどうかは別問題。
もし仮に、このルールに従わずに、
一度でも大失敗をすれば、
それで終わりになるかもしれないのです。
そのくらいのインパクトが、このルールにはあります。

買いはとにかくリセット。
チャラにして、もう一度最初から、です。

個人の感情や、置かれた状況などは、
全く関係なく、機械的にやることです。


ご賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!