FC2ブログ
損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
5/28 上げりゃいいじゃん
感想。

上げりゃいじゃん。

ただそれだけです。

私的な思惑は、全体相場に関係ないので、
持つだけ無駄かもしれません。

上げりゃいいじゃん。

仕掛けちゃったなら、それはそれでいいじゃん。

私も一緒ですよ!
やることは言に出しますから。

ふざけんじゃねーよ。
適当な先生.。

私もそういうのじゃ嫌なので。

ご賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
スポンサーサイト



5/27 また持合いの週
上がってしまいました。
また持合いになるんでしょうかね。
頑張るなあ、という印象です。

こんな調子じゃ、ホントに待ってるだけ。
わざわざ、仕掛けに行く必要はありませんから、
まあ、心は平静なはずですが、
イライラはしますね。
正直言って。

明日は下げ・・・言いたいところですが、
わかりませんね、やはり。
ニューヨークは、今の時間で上げてます。

売りなら東電、買いならセブン&アイ。

そんな感じで行きますか。

ご賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
5/26 来週も空売りが基本か
金曜日の日経平均は、陽線ではありますが、
下降です。
下降ということなら、当面は5月14日の安値を更新するまで
下げるかどうかでしょう。

21,000円というのが、
結構強いパーティションになっているので、
簡単ではないように思います。
だからこそ、金曜日もそこから上がってきたのですから。

しばらくは持ち合うかもしれません。
21,000円と21,500円くらいの間での持合い。
明日以降、まだ下への結論は出ないかもしれませんね。
あるいは上に行ってしまうとか。

・・・

それにしても、暑いですね。
5月だというのに。
やっぱり、何かがおかしいような。

これからダービーをテレビで見ます。
毎年この時期には、本当に楽しみにしています。

明日の準備は、それからですかね。

ご賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
5/23 今週はこんなもん
動きが悪いですね。
相変わらず持合いのままです。

待つも相場とはよく言ったものです。
確かに、相場は自分の思い通りにはならないものです。
いくら予測をしても、シナリオを立てても、
その通りにならなければどうしようもありません。

相場には、あくまでも逆らえません。

持合いの行ったり来たりを利益にできるような手法なら、
この状況でも何とかなるのかも知れません。

デイトレならそれもありますが、スイングだと、
トレンドが出ないことには仕掛けもできません。

持合いの時の考え方は、
このブログでも何度か書いたことがあります。

いくら動かない、利益が出ないといっても、
いつまでも見ているだけでは、
どうしようもないではないか・・・。

普通なら、そう考えてしまうでしょう。

だけど、逆に言うなら、
まあそのうちにトレンドは出る・・・のです。

例えば、
日経平均と連動していない銘柄を狙うというのも一つでしょうが、
何もしないというのも、十分立派なやりかたなのです。

自分の力でどうしようもないことにイライラしてしまうのは、
ものすごく損なことではありますよね。

そう考えておきましょう。

ご賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
5/22 地獄な展開
日経平均は、昨日比で下落のローソク足。
ただ、通してみると持合いの様相です。
毎日、上げたり下げたり、トレンドになりません。

75日移動平均線も、きもーち上向きですが、
まだまだ横ばいの域。
これでは、なかなかトレンドができなくても仕方なしです。

こんな持合いの時は、
仕掛けたものが損切りになることが多くなります。
持合いは、個人トレーダーにとっての地獄。
プロのトレーダーにとっては、仕込み時になりますが、
トレンドが出てこそ勝負ができる個人トレーダーにとっては、
どうしようもないときなのです。

だったらやらなければいいじゃないか?

そう思うかもしれませんが、
やらなければ、本当に動いたときに取れません。
日々の上昇や下降がダマしになるから持合いなのです。
そして、ダマしなのかどうかを事前に知る手段はありません。

ダマしは結果論なのです。

だから、仕掛け続けるしかないのです。
よって、損切りが続くことを嘆いても仕方ないのです。

長年やっていれば、わかってくるものです。

「いつも自分が狙い撃ちされている」わけではないことも、
わかってくるのです。

ブレイクしたら逆に行く。
わかっていても防げないものなのです。

ご賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
5/21 損切りでもいいのです
今ある利益をとりあえず取ろうとすると、
さらに大きな利益は逃します。
当たり前です。

だから、そこのところ自分の常識でやってしまったら、
トレードの利益は出てこないことになります。

仕掛けたら、あとは仕掛けのルール。

それだけでいいのです。

仕掛けてしまった銘柄のチャートを追いかけてみる必要は、
全くないのです。
要は、仕切りの指値を入れておけばいいだけ。
あとはパソコンがやってくれるんです。

推移を見てしまうと、ついつい仕切ってしまうのです、
特に、利益が出てるときはそうですし、
反対に損切りになる時もそうです。

損切りは負けではありません。
損切りは悪いことではないのです。
だから、放っておくのです。
あとは運を天に任せるだけなんです。

そこは、本当にそれだけなんですが、
わかってもらえないところ。
どうしても、見てしまいますね。
見てしまうから、不要な動きをしてしまう。

思うだけならともかく、本当に行動してしまう。

ダメ、ダメ、ダメ、ダメ。

常識にとらわれちゃったら、
トレードはできないんです。

ご賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
5/20 様子見と仕掛け
日経平均は、一応は上昇ですが、
75日移動平均線でやっぱりストップ。
そう簡単には、上昇できない様子です。

昨日挙げておいたキヤノン、東レは様子見。
仕掛けるという場面はなく、見ておきましょうノレベル。

でも、信越化学は仕掛けました。
なぜなら、仕掛けの位置に来ましたから。

決めたのであれば、全体相場の動向にかかわりなく、
きちんと仕掛けます。
それが、私の定石です。
決めたのに仕掛けないなら、何のために決めたのか。

相場が上昇しているときに、売りを仕掛けるのは、
それだけで非常に勇気のいることです。
それはわかります。

でも、それはイメージの問題で、
今は上げていても、
その後どうなるかはわからないのです。

そこは自分を信じないほうが正解。

仕掛けの位置を決めるのは主観かもしれませんが、
そこに来るかどうかは客観の問題です。
だからしっかり行くのです。
何はともあれ、自分の決定に従うことです。

どうなるかわからない相場には、
かたくなに見える対応がうまくいくのです。
臨機応変な対応は、そこではご法度です。

決めたら後は目をつぶる。
それが、私のやり方です。


ご賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
5/19 ここはやはり売りで
明日からの相場は、やはり売りで狙っていきます。
金曜夜のニューヨークが下落し、
明日の日経平均の寄り付きが下からになりそうだから、
というのもあります。

日経平均は、日足だけでなく、
週足や月足を見ても、売りたい形になっています。
ズドーンは、大いに期待できると思っています。

75日移動平均線が下向きもしくは横ばいで、
持ち合っているやつ、あるいは下から上がってきたやつ、
そのあたりが狙い目かと思います。

キヤノンとか、信越化学とか東レ。
この辺りが良いようには思いますが、
何とも言えません。
キヤノンなどは、もう一日見たいところです。

まあ、なかなかすぐには見つかりません。
ちょうどいい、というのは・・・。
そういう時は、少し待つということです。
待って、自分の望む形になるのを待つのです。

中途半端に仕掛ければ、
仕掛けポイントもなかなかないし、
損切りのポイントも定まらないと思います。
トレードでの早仕掛けは、まず確実に損失になります。
うまくいっても、それは自分のキャリアにはなりません。

自分の思い込みは、あくまで主観です。
見落としがある場合もあるし、
自分では意外だと思うところに視点もあります。

ボリンジャーバンドや一目均衡表、信用取り組みなど
できるだけ多角的に見たうえで、
それでも、疑ってみることが大事かな、と考えます。

ご賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
5/17 こういうこともないと
日経平均は、またここに来て反転。
それでも75日移動平均線でピタリと止まって終わり。
上ヒゲの長いローソク足でした。

金曜日ということで、積極的に仕掛けていく状況では
ありませんでしたし、空売りに適した日でもありませんでした。

それでも目をつけていたスクリン。
見事な展開で下落しました。
願ってもないことになりました。

こういうこともあります。

いつもではないにしろ、まあまあ起こります。
思惑と実際がぴたりとはまればきちんと取れます。
当たり前ですが、経験上、なかなか難しいですよね。

ということで、うれしい日でした。

来週も、面白くなるといいですが、
どうでしょうね。


ご賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
5/16 乱高下が続くようです
今日は一転して下げた日経平均。
まだまだ乱高下の様相です。

上がると思えば下がり、
下がると思えば上がったり、
なかなか予測が当たりません。

きれいなチャートも、大きな動きで一気に崩れたり、
個別銘柄はカオス状況が覆ってきています。

それでもやっぱり、できることは自分の知見の中で、
チャンスを探していくことだけです。
あるいは様子見を続けていくこと。

ただ、日経平均は、
ボリンジャーバンドの-2σが下に一気に伸びてきてます。
まだまだ下げ余地が出てきました。

狙っていくなら下げだよなと思うゆえんです。

スクリン(7735)など、
週末ですけど明日あたりでズーンと下げないかな、
と思いますね。
たとえ、信用取り組みが不利でも・・・。

一目も見ると、そんな気になりますよね。

ご賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
5/15 派手な動き
結構、派手な動きをする銘柄が多くなってきました。

日経平均は、やっと反転。
ボリンジャーバンドの中に戻っては来ました。

しかし、個別銘柄は、
様々な理由なんでしょうが、
がた落ち、長い陰線、というのも目につきます。
(セコム、クレセゾン・・・)

一方で、爆上げも見られます。
(トーヨーカネツ、大幸薬品・・・)

きれいなトレンド転換もありますね。
(アドバンテスト、ツガミ・・・)

要するに、全体的な乱高下・・・と私はみています。
それだけ、要注意なんだと。

上も下もない持合い相場になってきました。

対策としては・・・
そうですね、できるだけ、きれいな形で動いてる銘柄を
売りでも買いでも狙っていこうということですかね。

こちらは、なかなか見つからないんですけど、
トレンドがきちんと見えるチャート。
一生懸命探してみることです。


ご賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
5/14 ボリンジャー外の展開
今日の日経平均は、寄り付きからいきなりの下。
ボリンジャーバンドの-σを大きく割り込み、
そこから上げてくる展開になりました。

しかし、終値もやはり-2σより下。
陽線にはなったものの、ギャップすら埋まっていません。

私にとっては、願ってもない形です。
こうでなくってはトレードは面白くありません。
声を大にして叫びたいくらいです。

買っている人には申し訳ありませんが、
本当にそう思います。

まあしかし、波動は乱高下の持合い状況。
今度は急に上がるかもしれません。
その可能性は、かなりの確率だと考えます。
そこで持っていかれてしまえば、
せっかくの利益も水の泡です。

ひとつの定石でいえば、
昨日の終値で-2σを割ったのだから、
今日の朝一で仕切り、というのもありでした。

もしかしたら、それが一番よかったのかもしれません。

明日どうなるか。
引き続き楽しく見られればいいですが、
期待せずに、いつもの通り行きましょう。

ご賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
5/13 明日もドカ落ち?
今日の日経平均。
下落。
ついに、75日移動平均線を割るところまで
来てしまいました。

そして今、ニューヨークダウを見てみたら、
これがまた大きな下落。

朝までにどうなるかは知るところではありませんが、
明日の日経平均が、心もとなく見えてきます。

今は、ニューヨークと日経は、連動しています。
ともに、75日線の下での展開です。
どちらも、ここから下降相場に一気に入っていくかどうか。
それが焦点になっています。

75日線は、上向きから急速に横ばいに。
このままズドーンといってもおかしくはありません。

日経平均はボリンジャーバンドの-2σより下。
下げ過ぎという判断も成り立ちますが、
ここから-2σが大きく下に向かうかもしれません。

売りのスタンスは、
今のところうまい具合にはまっています。
先週は空売り天国でした。
今週もこのままいくのでしょうか?

いってくれると嬉しいですがね。

※ 日立造船が、すごい動きになりました。
   これは、まあ、取りたくても取れません。
   仕方なし、です。

ご賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
5/11 改めて、予測と損切り
トレードでは、先の予測をします。
ですが、その予測が大切なのではありません。

予測はあくまで予測。

もちろん、予測は、
持っている知見のすべてを尽くしてやるんです。
そのために勉強もしています。
そして予測に基づいて、トレードのシナリオを作るのです。

でも、「この先上がると考える」から株を買うのではありません。
私の知人は、そこを間違えている人が多いのです。
私が「上がるだろう」というと、すぐに買ってしまうんです。

予測と仕掛けは別物だということを、
十分に分かっていないとそういうことになります。

上がると予測した。
そしてその通りに上がった。
だから買う。

そういう順序です。

実際に上がったのかどうかを判断してこそ、
仕掛けができるのです。

その判断は、前もって「ここまで上がったら買う」と
決めておくことでできるのです。

予測が当たるかどうかということは、
それほど重要なことではありません。
外れたからと言って損になるわけではありませんから。
でも、予測に基づいてすぐに仕掛けてしまうと、
外れたときに損失になってしまいます。
私の知人は、そうやって損失を作ってしまうのです。

これは、損切り以前の問題です。

私の場合、損切りするということは、
予測が正しく、判断のポイントまで株価が来たということ。
そして、仕掛けたけれども、
その後の展開が予測通りでなかった、ということです。
最初から、予測が外れたなら、そもそも仕掛けていないのです。

その差は、結構重要で、
「そもそも論」の世界です。

正しい損切りをするには、
まずは予測というものがどういうものか、
しっかりとわかっていないといけないんです。

改めて、書かせていただきました。


ご賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
5/10 総意が様子見
これが、連休明けの週の投資家の総意です。
75日移動平均線を中心とした長い上下のヒゲ。

上にも行ったし、下お伺ったけれども、
やっぱり75日線に戻ってきました。

結論は出ないや・・・というわけですね。

しかし、結論は出ています。
だって、75日線の下で引けたのですから。
最終的には、下だったということです。

ということは、来週は下なんでしょうかね。

ニューヨークダウも75日線より、
下に来てしまっているんです。
日経平均も同じですよね、基本的には。

日経平均ということで見るなら、
21,000円を割れたら、大きく下げそうです。

スタンスは売りのまま来週もいきます。
取れるときに取らないと、
という気持ちを前面に出していきます。

持ち合ったら持ち合った時です、
上がったら上がったときです。
そんなことは、誰にもわからないのだから、
その時の方向でスタンスを変えるなら変えればいいんです。

律儀に考えてしまっている人には、
この考えはわからないのかもしれませんが、
所詮相場です。
あくまで「所詮」でしかありません。
現実の世界高rこそ、なんでも起こりうるのです。

冷静に行きましょう。


ご賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
5/9 やはり。そこで。
今日も下落の日経平均。
しかし、75日移動平均線まででした。

やっぱり、そこなんですね。
このラインを割るも反発するも、
それなりの甚大な力が必要なんですね。
だから、そこで止まる。

明日は金曜日なんで、
そうそう大きな仕掛けはしにくいんですが、
75日線がテーマになってしまいましたから、
ますます面倒。

基本スタンスは見送り、または放置。
75日線は、やはり、強いラインですね。

だからこそ、様子見です。


ご賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
5/8 空売り祭り
今日も派手に落ちました。
場中の動きは少なくなりましたが、
寄り付きで25日移動平均線を割ってしまいました。

重要なラインをまたいでのギャップは、
その方向にとりあえずついていってみるのが正解。
銘柄によっては動きませんでしたが、
銘柄によっては大きく下げてきました。

そういう意味では、
デイトレ空売り祭りの日だったと思います。

場中の動きでいえば昨日のほうがチャンスだった
のかもしれません。
しかし、昨日の動きを経たうえでの今日でしたので、
心づもりとして、
今日のほうが仕掛けやすかったのではないでしょうか。

いずれにしてもアイランドのギャップは埋まってしまい、
上昇狙いという視点から見ると、
また振り出しに戻ったところです。

下げの方の目安は、次は75日線でしょう。
少し面白くなっても来ました。

明日も、売りの継続で考えていきます。
ダメならだめでやり直し、というスタンスも継続です。


ご賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
5/7 休み明けのズドン
結構、いきなりの激動きでしたね。
寄り付いてからズドーンと。

22,000円で何とか持ち直したと思ったら、
また後場になってずるずると下げ。
日足でも、結構な陰線になりました。

ただ、直下にはしっかり上向きの25日移動平均線。
ここで反発が起きる可能性は大きくあります。
反発と言わずとも、持合いかもしれません。

今日の下げで、アイランドを作っていたギャップは、
埋まったように見えますが、正確には埋まっていません。
ヒゲではギャップは埋められないからです。

ということは、25日線というより、
今日のパーティションはアイランドのギャップです。
さらにその下に25日線ということになります。

そうなると、このパーティションは、
かなり強いものと想定されますね。
ここを割れて下落するには、
それなりの力が必要だとは思います。

でも、上昇の時のパーティションより、
下落の時のパーティションは、はるかに弱いもの。
相場には、そもそも重力があるのですから。

上がるよりは下がるのが簡単です。
必要な力といっても、大したものではありません。

まだまだ、落ちる可能性も、
高くあるのです。

スタンスは、売りでいいと考えます。
ダメなら修正する・・・、それでいいのです。

ご賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
5/6 ダレてしまった10連休
10連休もついに終わります。
やはり、最後のほうはダレてしまいました。
さして予定もなく、根性のない私などは、
大してうまくもないのに、
誘われるまま、ゴルフばかりやってました。

何とも言えない連休になってしまいました。

さて、
CMEの日経先物が21,950円あたり。
今日に関してはSGXってのもあり、
こちらは少しは戻してますが、いずれにしても、
連休前の日経平均の水準からみるとやや下げ気味。

まあ、今夜の動きを見て・・・ということでしょう。

そういえば、今の日経平均は、
4/15に空けたギャップがそのままになっており、
いわゆる”アイランドリバーサリ”の形になっています。

アイランドの形は、たいていの場合いずれ下落して、
ギャップが埋まってしまいます。
そして、埋まったところから仕切り直しになりますね。

明日、下げて始まるなら、
このギャップが埋まっていくのかどうか、ちょっと注目ですね。
埋まってしまうなら、いったん下。
ギャップがしっかりした壁になっているなら反転します。

ニューヨークダウの方は先週のところは少し上げてます。
でも、持合い傾向の中で高値は取れず、
安値を付けていく傾向にあります。
CMEも併せて、今夜も見てみないとわかりませんが、
明白に上に行くというわけにはいかないでしょう。

そういう意味で考えると、
明日以降の日経は、
持合い傾向からやや下に進むのではないでしょうか。

ただ、空前絶後の10連休ですから、
明日は何があっても不思議なし。
いきなりの激しい動きになるのかも。

私の方は、
体も頭も十分過ぎるほどなまってしまっています。
まずは、朝しっかり起きるところから・・・です。


ご賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
5/3 日立造船について
気になっている銘柄。
激落ちの関西電力に続いて取り上げたいのは、
日立造船(7004)。

日足、週足、月足、とそれぞれにそれぞれの顔を持ち、
当たり前のことですが、それぞれが連動しています。

週足と月足ではほぼどん底。
2018年後半から下げまくって、
何とか300円を割らずに耐えているという状況です。

日足のほうは、2019年に入って350円を中心に
ずっと持ち合ったままです。
75日移動平均線がほぼ横ばいとなり、
ボリンジャーバンドも狭まってきました。

ここからまた一段下げていくのか、
上昇に転じるのか、
日足ではそろそろ結論が出てきそうな、
魅力的なチャート形です。

この形は、上に行くにしても下に行くにしても、
暴発する可能性が高くある形。
爆上げもあるし、爆下げもあります。

上がるなら、週足の39週線が目安でしょうか。
連休明け、しばらく注目しておきたい銘柄です。


ご賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
5/1 令和最初の日
前にも書いたことがありますが、
トレードでは、「やりたくない」行為を
繰り返す必要があります。
このブログのテーマである損切りも、
その典型的な例の一つです。

損失はできるだけ早く切り、
利益はできるだけ長く引っ張る、
というのは、おそらく人の本性とは逆の行為です。
少なくとも「やりたい」ことではありません。

人間として「やりたくない」ことを繰り返すというのは、
しかし、とんでもない苦行でもあります。
だから、一般的にはトレードはなかなかうまくいかないのです。

私は、
この「やりたくない」ことができるようになるために、
成功体験の必要性を訴えています。
「やりたくない」ことを繰り返すことで、
少しづつ利益が増えていく成功体験です。

そして、その成功体験を得るためには、
盲目的に一定の教えに従う必要があると思っています。

これがまた難しくて、
ほとんどの人が盲目的になれません。
どうしてもより良い方向を考えてしまうし、工夫してしまうのです。
でも、工夫してしまうと工夫するほど・・・うまくいかない、
というのがトレードでは普通のことなのです。

そういう意味では、
はじめっから普通の感性を持たない人のほうが、
トレードはスムーズに上手くなるのかもしれません。

あるいは、極めて欲望の少ない人のほうが、
トレードで大成功する傾向が強いのかもしれません、
(そもそも、欲のない人がトレードなんかやるのか?
という疑問はありますが。)

工夫してしまうとうまくいかないという側面があるので
案外、頭のいい人は有能なトレーダーになれないことも
あるかと思います。

相場には、例外もたくさんあります。
「ほら見ろ、言ってることと違うじゃないか・・・」などという場面は、
腐るほどあります。
例外のほうが本筋だとすら思うくらいに多くあります、

どんな時でも通じる相場の法則などは、
見つかるわけもありません。
「この形なら、大体こうなる」と自分が思ったときに、
五割を少しだけ超える「利益になる率」があればいいのです。

新しい時代の始まりです。
もう一度、初心に帰って考えてみましょうか。

ご賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!