FC2ブログ
損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
11/30 株の相談
今週は、久しぶりに昔勤めていた会社の知人と飲みました。
すると、会うなり株の相談が来ました。

投資のためにと考えて、数年前に株を買ったが、
なかなか上がらない。
いつ上がるのか教えてほしいし、上がらないならいつ売ったらいいか
教えてほしい、ということでした。

親しい知人ですし、また、本人は真剣に株を勉強しようというのでも
ありませんので、なかなかアドバイスが難しくなりました。
また、長期の保有を前提とした投資ですから、
私のスイングの知見は、あまり役に立つとも思えません。

「いつ上がるかは、私にも、誰にもわからない。
 それがリスクのある投資というものだ。」ということ、
そして、「株の売り買いは、結構厳密に決めるもので、
お話しするからには、その通りにやるべきである。」ということを伝えたうえで、
利益確定ラインとして「○○円になったら売りなさい。」と示しました。
また、「●●円になってしまったら売りなさい」と、
損切りポイントも示しました。

「この話を厳密に守らなければ、後はどうなるかわからない」と、
念も押しました。

一応、なぜそうなのかという話も、
持っていたタブレットでチャートを見せながら話しました。
私が見たところ、ピンと来てはいなかったようですが。

でも、当たり前です。
チャートなんてまともに見たこともなかったのですから。
また、非常に軽い気持ちで株を始め、そのまま来ているのですから。

一般の素人投資家なんて、まあこんなもんです。
少しは勉強して・・・とは思うのでしょうが、
本当に「少し」なんです。
突っ込んでの勉強などは絶対にしません。

でも、やっぱり、資金をつぎ込んだ以上、
毎日毎日、そのことが気になっているのです。
そして、損失になってくると、どうしようもなくなって持ち続け、
誰にも相談することもなく、いずれは終わるのです。

それに比べたら、勉強して挑んでいる人はよほどましだと思います。
それでも、簡単にはもうかりません。
この世界はプロがもうかる世界だから。

何年も前にこのブログにも書きましたが、
例えば、相撲のプロの幕内力士に勝つにはどうしたらいいですか?

数十人いる力士のうちだれでもいいです、
その中の一人に勝てばいいとして・・・。
勝つ想定ができますか?

ほとんど100%近く無理な世界でしょう?
よほどの偶然でもなければ、あり得ないですよね?

なぜ、株の世界ならそれができると思うのでしょうか?
同じように、あり得ないのが現実なんです。

もし、万が一勝てるとしたら、
こういうときです。

相手が本気でないとき。
こちらが、プロがやらないような特定の技を真剣に磨いたとき。

そんなときは、滅多にないのです。


賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」→ 損切り絶対主義!
スポンサーサイト



11/23 調整と下落と
日経平均は、今週は調整に入りましたね。
ま、調整というのは都合のいい言い方で、
要するに落ちたということです。

今は、すでに、4回の上昇を経ているわけですから、
次に上がるかどうかはわかりません。
昨日の相場で日経平均を見ていると、
25日移動平均線からの反発に見えていますが、
トレンド転換でも何でもなく、ただの反発とでもういうもの。

ここからの再びの上昇(4回目)は、
もしかしたらそうなるのかもしれませんが、
期待してトレードしてはダメなのです。

じゃあ、空売りしていけばいいかというと、
それは銘柄次第です。
下落の局面とは言っても、上昇相場であることに
変わりはないですから。

基本的に、相場の流れは大きく見る。
大きな河の流れだと考えて、その流れを見るのです。

流れに逆らうには、大きな力が必要です。
個人トレーダーは、無茶しちゃいけません。


賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」→ 損切り絶対主義!
11/16 スルガそろそろ締め
日経平均は、今週はひと段落といったところ。
ここからは、少し上昇に懐疑的になっても仕方ありません。
日足チャートで、上昇が3回終わったとも読めるからです。

9月が上昇の初動。
10月が上昇2回目。
そして、この11月が3回目というふうに見えますよね。

スルガ銀行の日足チャートを見ると、
それはもっと顕著に見えています。
この11月の上昇を狙ってはいましたので、
トレンド転換から仕掛けて昨日の急上昇で終わり、
とみてもいいかと思います。

あとは、ボリンジャーバンド+2σに株価が戻ったら、
そこで仕切るという考え方です。
複数単元あるなら、そこで一度部分利確。

前に書いたように、スルガは、
週足、月足といった長期視点で大きな可能性を秘めています。
なので、普段のスイングより長期視点で、
損切りラインを決めて保有するのもありかと思っているのです。

それこそ、今年最安値の353円割れで損切り・・・
くらいのスタンスです。

余裕と資金があるならば、
あるいはダメもとの少額資金でいいですが、
「あとは放っておく」というスタンスですね。

いずれにしても、日足レベルの短期トレードなら、
そろそろ終わりでいいと思います。

「なんだか、まだまだ上がる気がする」
というのは、誰もが感じる素人発想。
結果としてそうなったとしても、そこで悔いてはいけないのです。

そういう心の在り方こそが、
損切りをためらう心の在り方なんです。

もっとも、利益確定は、
「ここまで利益が出ればもういいいや。
 早く利益を確定させたい。」
という心に打ち勝って教科書通りに進める、
というのが基本ではありますので、そこは間違えないように。

大事なのは、教科書通り、ルール通り、ということです。


賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」→ 損切り絶対主義!
11/8 1年は短くはない
もうすぐ年末になります。
毎年毎年、1年が早く感じるようになっています。
それは、誰でも経験することのようで、
「忘年会」というコトバが聞こえるようになると、
1年は早いなあと、いつも感じます。

しかしながら、この1年・・・
いや、まだ1か月以上も残っているんですが・・・
自分がどんな生活をして、どんな変化があって、
と思い起こしてみると、
案外にいろいろなことを経験しているもんです。

考え方が変わったりもするし、
知らなかったことを知ったりもするし、
それはそれで、1年あればいろいろなことができるんです。

自分を変えることだってできるし、
周囲に働きかけることだってできるし、
焦らずに、一歩づつでも進もうとしていれば、
何らかの成果は出てくるはずなんです。

そういう成果を大事にしたいなと、
改めて考えています。

これは、トレードとは関係のない話ですが、
まったくトレードに当てはまらないわけでもありません。

毎年の経験は、自分がしっかりとやっている限り、
きっと自分に返ってくるはずです。
損切りを繰り返しても、利確を繰り返しても、
自分の決めた通りのやり方を繰り返している限り、
自分のキャリアになっているはずです。

そしてまた、1年かけなければできないことも、またあるのです。

焦ってはいけないなあと、いつも、そう思ってやってます。

焦るな焦るな、ファイトファイト。


賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」→ 損切り絶対主義!
11/2 またスルガ
11月初めの日経平均は、上昇ということで滑り出し。
上昇2回目を終えることなく週を越しました。

あまりいい銘柄だとは思わないのですが、
それでも気になるスルガ銀行。
会社の情報については、大した内情も知りません。
しかし、チャートは面白い。

特に週足や月足を見ていると、
そろそろ来るぞ、という見方になってしまいます。

日足は、普通に上昇2回目が終わりつつあるところ。
狙い目は次のトレンド転換か。
今度買ったら、損切りライン深めにじっくり持ってみようかなと。

ダメなら、
そのまま終わってしまうかもしれない気配もあります。
でも、それはそれで、止めればいいだけの話。
リスクなど大したことはありません。

トレードで、こういいう銘柄を見つけると、
とても楽しい気分になります。

週明けが待ち遠しいですね。

賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」→ 損切り絶対主義!