FC2ブログ
損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
6/30 往復ビンタの理由
毎日、デイトレをやっていると、
改めて「トレード手法に聖杯なし」を感じます。
成功するやり方なんだけれども、やっぱりダメな時もあります。
1日に、何度も何度もそれが繰り返されます。

買いだと思って仕掛けたら、持ち合ってしまって、
そのうち下げてしまった。
それなら空売りだと考えて仕掛ければ、
今度は上がってしまうというような、
いわゆる「往復ビンタ」の状況もよく味わいます。

今日の往復ビンタは、住友商事(8053)。
朝、75日移動平均線で寄り付くの見て、
妙な因縁を感じてしまったのが運の尽きでした。
前場、買いで仕掛けて損切りしたあと、
すぐに心を入れ替え空売りし、また損切り。

それでも、涼しい顔をするのが正しいトレーダーなんですが、
まあ、さすがにこういうのは少しは悲しくなります。
自分がアホなんじゃないかと思うわけですね。

ただ、目が眩んでたというのは事実なんです。
日足チャートをよく見れば、
トレンド転換したわけでもなし、ただ単に75日線の位置に来た、
というだけで、上がるとも下がるともわからないわけですから。
教科書的には、本当にそうなんです。

だから、もうちょっと様子を見るべきだったのです。
簡単にいうと、持合いが予測される中、
その持合いに自ら振り回されてしまった、ということ。

今日が終わってみれば、
「明日、もし今日の高値を抜けて寄り付けば、
トレンド転換となるかも知れない」という位置まで来たので、
明日以降、また狙ってはみますが。
そのことが分かっただけでもよしとしましょう。

東ガス(9531)。
今日は、むしろこちらの方を言いたいところ。

プチ爆発しました。
朝一、かなり下げてくれたので、
かえって仕掛けやすくなりました。
上に行きやすい形ですので、
前場の買い、後場の買い、両方とも取れました。

クスリのアオキ(3549)は、ランキングで見つけて、
反転を買いで取ろうと監視に入りましたが、
これもそこそこ取れました。
逆張り的な手法ですけど、これはこれでよくやる手法です。

さて、もう7月に入っていきます。
相変わらず、コロナの状況は危ない方に向かってます。
今日も東京が50人を超えてそうです。

まだまだ、何が起こるかわからない状況は続きますね。
やれやれ。

賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
クリックいただくのが、私の本音のやる気につながります。
スポンサーサイト



6/29 今日はきつかった
寄り付きは思惑通りの、日経平均22,250円あたり。
25日移動平均線をギャップで割り込んでのもの。
いきなりのカラ売りもできる条件が整いました。

それでも、空売りで利益となったのは、
ミツコシイセタン(3099)、レオパレス(8848)だけ。
新生銀行(8303)、大和ハウス(1925)・・・は
全部損切りの結果。

全体的かどうかはわかりませんが、
少なくとも自分が関わろうとしていた銘柄については、
分足の展開は、空売りには結構厳しいものでした。
住友商事(8053)や長谷工(1808)あたりも、
見てはいたんですが、うまく立ち回れるような展開には
なりませんでした。

逆に、太陽誘電(6976)、富士通(6702)といった、
買いで行こうかと考えていたようあ銘柄が、
後場に空売りチャンスがあったように思います。

私は、これらの銘柄は、
後場のラストで上昇の戻しがあるとのシナリオで、
買いの機会を探して仕掛けようとしましたが、
これもうまく仕掛けられず、スカに終わりました。

今日は、人に言えるような利益でもなく、
そういう面では不本意ではありました。

しかし、だからと言って反省点が多いわけでもありません。
要するに、そういう相場だったということ。
私には合っていなかった、ということです。

合っていない、ということの内実は、
おそらく、見ていた銘柄のバリエーションの少なさだったり、
銘柄探索力が劣っていたとか、そういうことなんでしょう。
そういう意味では、まだまだ精進していく余地があるということ。

初めは「合ってないから仕方なし」でもいいと思いますが、
それが今後も続くとなると、それは問題です。
頑張らないと、何時までたっても「合ってない」状況になります。

今の段階では、1日くらいいじゃないか・・・とも思います。

でも、それは根本的には、
食っていけるかどうかの問題なんだと思うと、
結構重大だぞ、と考えます。

頑張ります。


賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
クリックいただくのが、私の本音のやる気につながります。
6/28 デイトレは決めた銘柄
デイトレでは、慣れた銘柄なら、
日足チャートレベルのトレンドが曖昧でも、
分足レベルの動きで、買いも空売りもできます。

例えば、私はデイトレだけやるようになっての2週間ほど、
ソフトバンクや大和ハウス、リクルート、富士通といった銘柄を、
毎日何度も何度も見ています。
特に仕掛けようと思うような銘柄がなくなった時には、
(1日の中では、そんなときが多いのです。)
これらばかり見ています。

買いの仕掛けが利益確定まで終われば、
次は空売りを考えてみるとか、
一度買いに失敗しても、次また見ているとか、
そんな感じで、しょっちゅうクルクル見ています。

前日や当日の検討で、面白そうな銘柄を見つけても、
思惑通りの動きをしないことも多いので、
そんな時は、すぐに慣れた銘柄に目を移します。
一方で、その面白そうな銘柄が思惑通りに利益になれば、
そのまま慣れた銘柄と同様に見続けることで、
慣れた銘柄の仲間入りをしたりもします。

そうやって、慣れた銘柄が増えていくと、
デイトレは楽になりますね。
極端な話かもしれませんが、1年間、慣れた銘柄だけでも、
食っていける可能性は十分にあると思います。

慣れた銘柄は、上にも書いたように、
1日の中で、買いと空売りと両方できるような動きをする銘柄が
いいのかなと思っています。
前場から後場にかけては上昇一途だったけれども、
終盤に近付くと利益確定など、売りが出始めて下降トレンドになる、
といったような、1日の中での変動があると面白いです。

私のデイトレでの仕掛けは、まあ、スイングも同じですが、
中心はブレイクとトレンド転換、持合い放れ、です。
この3つが、分足の中でも何度も出てくるような動きが、
デイトレの条件だと思います。

あとは、ピンポイントでの爆上げや爆下げの狙い。
これは、慣れた銘柄というより、
日足チャートでの検討を次々していく中で見つけるものです。
例えば、「爆」ではないかもしれませんが、
明日以降、空売りでミツコシイセタン(3099)、
買いならば東ガス(9531)には注目しようと思います。

まだまだ、暑くなっていきます。
コロナももちろんですが、熱中症ってのもあります。
体調留意で、頑張っていきます。

賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
クリックいただくのが、私の本音のやる気につながります。
6/27 月曜はかなり下から
ニューヨークダウ平均がまた大きく下げてきました。
すでに25日移動平均線は割り込んでいたものの、
木曜の陽線でも戻ることはなく、さらに下に行きました。

ただし、6月の直近安値まで落ちてはいません。
この直近安値を割り込むと、波動において下降となるので、
相場の様子が変わってきます。
持ち合いとなるのか、下降となるのか、
ニューヨークの焦点はそこでしょう。

日経平均はというと、
CMEの先物から考えて、月曜の始まりは22,250円。
この位置は25日線より下ですから、
重要ライン(25日線)を上から下に割るギャップを開けての寄り付きが
考えられます。
であれば、ここは寄り付きから空売りを狙っていける状況、
ということになります。

寄り付きから一日の展開次第では、
そのまま空売り持越しもできるようになるかも知れません。
スイングで少し利益を大きくしていこうという目論見です。

デイトレは、どんなに頑張っても、
やっぱり、大きな利益を得るという視点では効率良くないです。
どんなにやっても一日での利益幅ですから。

一番悲しいのは、ギャップの利益を取れないことです。
(逆にいえば、ギャップの損失はあり得ないということで、
 リスクも少ないということなんですね。)

そういう意味で、利益を大きくしていきたいと願うなら、
どうしてもスイングトレードを志向することになります。

ただ、今の私のように、
1日5千円でいいとか1万円でいいとか、
きっちり決めておいてその域を超えないと思えば、
デイトレで十分です。
生きていけます。
欲を出すか出さないか、そこだけです。

どっちで行きましょうか?
チャンスの方を重視してリスクを取っていくのか、
安全を大事にしてチャンスを見送るか。

考えどころですね。


賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
クリックいただくのが、私の本音のやる気につながります。
6/26 やはり持合いか
日経平均が反転してまた持合いに逆戻り。
ただ、今日の日経平均は、
13時30分くらいまでは、大まかに上昇トレンドだったので、
やりやすかったと思いました。

仕掛けたのは、富士通(6702)。
高値更新は、こういう時は強いです。
前々から見ていたし、狙いもあったので、
前場で仕掛けて、非常にうまく利益となりました。
デイトレでは、なかなか取れないティック数でした。

後場も2度ほど仕掛けたのですが不発。
ダマシにあって僅かですが損切り。

あとは、前場のソフトバンクの買いで利益。
後場もやりましたが、こちらは少々利益。
これで十分すぎるほど十分でした。

デイトレは、目の前で値を見ながらやるので、
本当にイメージに引きずられたり、
利確や損切りをためらってしまったり、
いろいろな自分の中での動きがあります。
これはもう、どうしても惑いが生じます。
どんなに経験を積んだとしても、
全く動じないということはありません。

どんなに小さな損切りでも、やっぱり損は損。
いくら、損切りも「キャリアになる」、「利益のための部品だ」と
わかっていても、いやな気持は残ります。
できれば全戦利益にしたいと考えてしまいます。

でも、それは確率の問題。
トレードに、聖杯なし。
どんなに頑張ったところで、損切りはあります。

それをやめてしまえば、市場撤退です。
それがリスクをとるということです。
誰でも十分に、努力でたどり着ける領域だと思います。


賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
クリックいただくのが、私の本音のやる気につながります。
6/25 しばらく下げなのか
日経平均も先物も、何とか25日移動平均線の上。
下げたとはいえ、止まった状況です。

ところが、TOPIXを見ると、
今日は25日線を割り込んで始まり、
線の上に出ることはありませんでした。

ニューヨークダウも昨夜の大きな下落で、
25日線を割り込んでいますから、
日経の225銘柄が何とか頑張っているということが
わかってきますね。

でも、自分の目線で見た全体的な傾向として、
つい近々まで、買いで見ていた銘柄も、
続々と売りにいい形になってきているように感じます。

先日からよく仕掛けている大和ハウス(1925)が、
その例で、今日も前場に空売りです。
同じように、リクルート(6098)、新生銀行(8303)、
レオパレス(8848)も、前場の売りで利益になってます。

後場は日経平均が持ち合いで、
こんな時は、わかっていれば休息を決めるんですが、
それでも前場と変わって買いに走ってしまい、
リクルートはダマされて損切りとなりました。
それならばと、キヤノン(7751)を売って、これも即損切り。
うまくいきませんでした。

日経平均もTOPIXも波動が決し上昇を描いてはいません。
今月の高値を一回付けた後は下げてます。
グランビル上昇の2回目がうまくいっていない様子。

これだと、下げることも十分に考えられますね。

今はスイングに手を出さず当日仕切りにしてますが、
昨日持ち越してれば、今朝はそれなりの利益になってます。
ここから、下げのトレンドに向かうなら、
持ち越しもできるようになるのかどうか。

まあ、そこがわからないから難しいんですね。

ニューヨークが大きく反転でもしないと、
明日はまた空売り中心ですかね。

賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
クリックいただくのが、私の本音のやる気につながります。
6/24 銘柄を選ぶ日
日経平均は全くの持ち合いで、
分足でも、大したトレンドは出ておらず、
こういう時こそ銘柄によって・・・という日になりました。

日経平均はあまり動きませんでしたが、
私の見ていた銘柄は、よくトレンドを出しました。
ラッキーだったとしか言いようがありません。

朝一から前場は、買いのつもりで見ていた銘柄が、
空売りのチャンスに早変わり。
高砂熱学(1969)、レオパレス21(8848)。
75日移動平均線の攻防銘柄ですから、
上がらないなら下がる、ともいうわけです。

それから、例によって大和ハウス(1925)。
これは、売りで考えていたので
これは、持ち越してもよかったかなと思ったくらいです。

それから、下落ランキングで見つけた新生銀行(8303)も、
持ち越したくなる気持ちを抑えてやりました。

成功事例ばかりで恐縮なのですが、
それでも、私が利益にしたのは、それぞれ僅かな値幅です。

相場のことわざで、「頭と尻尾はくれてやれ。」というのがあります。
私の場合は、どちらかというと「尻尾」ばかりをいただいている、
というイメージに近いと思います。

チャートには、どうしてもヒゲが出てくるので、
ややこしくなります。
ひげの一番下で買って、一番上で売るみたいなことができれば、
とてもうれしいのでしょうが、私の場合はとても無理です。
むしろ、ヒゲで、損切りや望まない利確にあたってしまう
場合が多いです。

欲を出さないというのは、結構難しいです。
とはいっても、取れるときは取らないとダメです。
コツコツコツコツの積み重ねが、たまにドカーンの利益につながるもの。

明日も、頑張っていきます。

賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
クリックいただくのが、私の本音のやる気につながります。
6/23 銘柄は何でもいいのか
日経平均が落ち着きませんね。
まだ持ち合っている感じです。

でも、だからかえって、
デイトレはやりやすいのでしょうか。
今日も、上げ下げが相次ぎ、面白い展開でした。

売りなら大和ハウス(1925)を、と思っていたら、
いきなり朝一で昨日高値を抜いてしまいガックリ。
しかし、そこはデイトレ。
10時過ぎからのプチ暴落をゲットと、なりました。

この日経平均の急落は、どの銘柄でも取れた空売り。
ソフトバンク(9984)もきれいに下落です。
これも、うまいことゲット。

空売りは、早い時は本当に早く大きく利益になります。
買いに比べて我慢の度合いが少なくて楽ではあります。

前場の後半から後場は買いの筋でした。
買いならコレとひっそりと見ていた高砂熱学(1969)が、
後場、高値を更新してきたところで買い仕掛け。
日経平均も、前場後半は上昇一途でしたので、
行けると思って仕掛け、少しだけ取れました。

ただ、同じように買いで見ていた長谷工(1808)は、
日足を見ながら後場仕掛けましたが、
ダマシのように下げてしまい、見事な損切り。

ブレイクの買い仕掛けは、どうしても位置が高くなるので、
それだけ損切り額も大きくはなります。
まあ、覚悟の上ですからいいのですが。

デイトレに限らず、日経平均がはっきりと
トレンドを出している限りは、銘柄はほぼ何でもいいのです。
一緒に上げて、一緒に下げてるんなら、合わせればいいだけ。
どうにかなってしまうものです。

それよりも、長い陽線や陰線の時の利益確定の仕方は、
ひと工夫した方がいい。

デイトレで大きな利益を取ろうとすると、
それなりのリスクも伴います。
できるだけ損切りポイントを深く構えて、
ちょっとやそっとの反転に動じずじっくり待つ姿勢が必要です。
実際に、損切りになれば、やっぱりダメージは大きいはず。

なので、まずは小利・・・と思った方がいいですね。
長い陽線(売りなら陰線)1本分ならそれでよしとして利益確定。
そのくらいの方が後悔は少ないかもしれません。

あるいは、初めから利益確定ラインを明確にしておいて、
きちんとやり切るのがいいかもです。
それも、自分で決めるルールですから、
やり切ればそれはキャリアです。

コツコツやるときは、損切りもコツコツです。
コツコツドカーンで損をするんじゃなくて、
コツコツコツコツで利益にしていくということ。

やり続けて、だんだんわかってきたことです。

※ ところで、気になるのが東建コーポ(1766)。
あまりに出来高が小さくて仕掛けが難しすぎるんですが、
チャート形が怪しく光ってます。
そろそろ、爆発かもしれないなと。

賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
クリックいただくのが、私の本音のやる気につながります。
6/22 前場の買い、後場の売り
雨の月曜日、日経平均は持合いとなりました。
例によって、デイトレの日。

昨日「注目」と書いた大和ハウス(1925)は、
前場こそ上げましたが、後場は下げ。
朝一、分足でそれなりに大きく動いてしまい、
前場での仕掛け処を失ってしまったのが実情です。
朝一の動きがなければ、前場で取れたかもは、
あくまでタラレバにすぎません。

ただ、後場は、前場の高値を更新しない様子を見て、
売りで仕掛けていきました。
結局のところ、日足では75日位移動平均線を割って終わり。
明日以降は、買いというよりは空売り候補で見たほうがよさそうです。

この、後場の売り仕掛けは、ソフトバンク(9984)も同じ。
ただし、こちらは前場高値のダマシ更新後の下げです。
この銘柄は、ダマシの宝庫で、これはいつものこと。

というより、後場の始めは、
このソフトバンクを買いで仕掛けて損切りとなりました。
5,572円で買ったところ、5,563円での手仕舞い。
そのあとはもう、売り目線で行きました。

今日は、もう一つ損切り。
東芝テック(6588)です。

もっと早くに注目していればよかったのにと後悔。
日足のチャートには注目したのですが、
いかんせん出来高に難ありとみて気にしていませんでした。
よく見れば、先週金曜の出来高急増は要警戒ですのに・・・。

前場の動きは全く見ていなかったので
後場に「後悔」のあと、下落局面が終わったと見えたところで買い。
しかし、その後は持ち合いの後、めでたく損切り。

こちらの銘柄こそ、今日の狙い目だったですね。
反省です。

いずれにしても、前場は損切り。
後場で取り戻すという展開でした。
ソフトバンクがよく落ちてくれたので、
なんとかトータル利益にはなりました。

損切りは、必ずやってきます。
どんなに調子が良くても、いつか必ず損切りの時が来ます。
調子がいい時ほど、ついつい調子に乗って、
損切りしない・・・のささやきが忍び寄ってきます。

でも、損切りの数をこなすほど、
それだけ利益も取れると思う方が正しいと思います。
損切りを減らして利確を増やそうではなく、
損切りを増やして利確も増やそう、というのが正しい認識です。

お疲れさまでした。

賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
クリックいただくのが、私の本音のやる気につながります。
6/21 明日の一押し
なかなか、チャートを見ていても、
明日爆発しそうな・・・という銘柄は見つかりません。

ただ、仕掛けたい銘柄は、いくつも見つかりました、

大和ハウス(1925)。
日足チャートの形がいいです。
明日、デイトレで見ていて買えるタイミングがあったら行きます。

今のこの銘柄の状況は、
上昇の初動が終わって、いったん75日移動平均線に戻ったところ。
この後は、上昇の2回目に向かう・・・はず。
そのタイミングを捉えて、デイトレに持ち込めればいいでしょう。

一方、この銘柄の面白いところは、
上昇の2回目の動きに失敗すれば、
今度は大きな下落にも向かいそうだというところです。

一目均衡表などを見てみると、
そのあたりの瀬戸際に来ているのもうなずけます。

明日は、まずはコレに注目してみていきます。

賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
クリックいただくのが、私の本音のやる気につながります。
6/20 来週もデイトレ専念か
しばらくはデイトレードに専念してもいいかなと
考えている今日この頃。

そのわけはといえば、やっぱりコロナの状況です。

世界的にも、日本としても未曽有の状況です。
深刻なのはわかるとしても、日本はいったいどうなるのか。

冷静に見て、今、政府が言っていることが、そのまま正しいとは
どうしても思えないし、
普通に暮らす人々のコロナへのイメージも、
相当程度に間違っていると思うのです。

そんな中で、チャートを見たときに、
やはり集団心理が正しく状況を把握しているかどうかが、
非常に疑問であって、そのうちに集団心理の大きな是正が
起きるのではないかと思ったりするのです。

何しろ、「未曽有」の出来事なんですから、
何が起きても不思議はないのです。
そして、思いもよらない出来事というのは、
思いもよらない時に起きるのものだと思うからこそ、
翌日や翌々日のことまで信じちゃいけないと考えるのです。

で、デイトレ。
それも、かなり控え目なデイトレ。
変な欲を出さないデイトレ。

銘柄は、日足チャートと出来高、動きの活発さ(ボラ)で、
選択していきます。
長年やっているので、デイトレに適した銘柄は、
すでにおおよそわかってます。
でも、東証一部銘柄の日足チャートをくまなく見たときに、
「この銘柄は、明日来るかもしれないぞ」というのが見つかる
こともあって、そんなときは注目です。

そこは欲を出していきます。
チャンスが目の前に転がっているかもしれないのに、
スルーするわけにはいきませんから。

今のところ、まだ月曜日の準備はできていません。
明日までに見つかったら、ここでお知らせします。
出し惜しみはしません。

賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
クリックいただくのが、私の本音のやる気につながります。
6/19 本日のデイトレード、今週のデイトレード
今週は、ずっとデイトレードで終えました。

仮に50万円の資金だったとしても、
信用取引なら、150万の取引ができますし、
1日の回転数はいくらでもいいのですから、
かなりの自由度になります。

なぜ、こんなことを意識したかというと、
コロナの影響なのか、トレードを始めたいという人が出てきて、
話を聞かれることが増えたからです。
なかなか、お茶話くらいのことで伝えられえることでもありません。
だからといって、トレード学校で学ぶのも金がかかります。

私の聞いたセミナーでも、
50万円くらいから始めるといいとの話がしょっちゅう出て、
そのあたりは私の考えとも合致するんで、
訊かれればそれくらいのことを話しているわけです。

それなら、自分でもいっぺんやってみようかと。
そう考えて始めてみたのです。

利益はそんなにいらない。
1日5千円でよく、いや、もっと少なくても、取れるところを取ればいい。
次から次へと仕掛けずともよく、1日1回でもいい。

そんな感じで、1週間やりましたが、
ほとんど思惑通り、成功です。
マイナスは、一つもなし。
(マイナスになる前に仕切っているので当たり前なんですが。)
損切りというのが、一つもありませんでした。

幸運だったのは、仕掛けていきなり逆に行くというのがなく、
少なくとも±ゼロで撤退できるトレードが続いたということ。
ただし、本当に利益は少なかったですが・・・。

今日は、前場は富士通(6702)の買いで3ティック。
後場は、ソフトバンク(9984)の買いで24ティック、
リクルート(6098)の売りで17ティック。
これで、利益は1万円を超えました。

こんな取引を毎日続けられたらうれしいですね。

ただ、自慢ではないのですが、
誰でもできるというわけではないとは思います。
やっぱり、これまでの長年の訓練があったからの結果です。

でも、3か月みっちりと毎日勉強すればできるレベルです。
そうそう大したことでもありません。

要するに・・・
★なんでその銘柄なの?
★なんでそこで仕掛けるの?
★なんでそこで仕切るの?

それだけです。

でも、そこには3か月の真剣勉強が要るのです。
買いだけでなく、売りもやらないとダメだし、
分足だけではダメで、日足を知らなきゃ話になりません。
日経平均等の指標に対する造詣も絶必です。

今日は、少しだけうれしくもあるので、
手前味噌な内容になってしまいましたが、
明日からまた、気を引き締めて相場を見ていきます。

賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
クリックいただくのが、私の本音のやる気につながります。
6/18 本日のデイトレード
まあ小動きの中のデイトレ。
大したことはやっていないのですが、疲れました。
そして、大した利益にはなりませんでした。

ソフトバンク(9984)。
日足チャートでは、上昇の2回目と思われ、
高値を目指す展開でしたので、買いで見てました。
やはり、よく動く銘柄はデイトレにはもってこい。

朝の上下動をやり過ごして、2度目の波動の山も無視。
そして、3度目の上昇に向かうところで仕掛けました。
5,363円です。

しかしその後うまくは上昇せず持ち合い気味になってしましい、
あえなく前場で終了!
5,378円。
何とか15ティック。

少ないとはいえ、結構確実にやったとの思いがあり、
自分としてはまあまあのトレード。

後場は、入るところがなかったところ、
ラストの高値抜けで少しでも取ろうと思い、
高値更新のところで5,445円で仕掛け。
5,450の大板を喰って急上昇するのを見たいと思ったのですが、
結局は大引けで5,446円。
こちらな最小の1ティック。

ソフトバンクはそんなもんでした。

後は、最近注視している富士通(6702)。
こちらは、昨日のブレイクから、イケイケにならないかと、
見ていましたが、そこそこは取れました。

小利ではありますが、連日の利益積み上げで、
思惑通りには来ています。
もうちょっと欲しい、と思わなくはありません。
でも、私の力では、これしかできません。
そこは、わかっているつもりです。

勘違いすると、やっぱり損切りできなくなりそうで。
細く長くを目指しています。


賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
クリックいただくのが、私の本音のやる気につながります。
6/17 本日のデイトレード
日経平均は終値マイナスの持ち合いのローソク足。
ただ、面白いのは225先物が大引け後の15分で、
終値プラスに転じていることです。

日経平均・・・とこのブログでも毎日書いていますが、
本来的にトレードの中で見ていくのは先物の動きです。
日経平均は日経先物のことと言って過言ではありません。

そういう意味では、日経平均と先物はいつも微妙に違います。
ただ、当然のことですが、日経平均は先物を追いかけます。
誰もが先物の動きを見ていますから、
当たり前にその動きを個別株は追いかけるわけです。

日経平均は、厳密にいえば誰もその動きを左右できませんが、
先物は途方もない資金があれば左右できます。

ちょっと、話が長くなりましたが、
今日のデイトレの話。

今日は、富士通(6702)でした。
これも、前から見ていた銘柄。
今日は、高値更新の日で、基本的に上昇のブレイクの色彩が
ありありとしていました。

例によって、朝一は様子見。
でも、朝一の分足のローソク足の高値抜けで仕掛け。
12,270円で買いでIN。

思惑通りに急上昇。
実は、ここは、日経の動きとは逆だったんですが、
要するに「損切さえあれば何でもできる」との覚悟です。

上昇の後の持ち合いからの下げで、12,390円で手仕舞い。
120円分の利益ですから、100株でも12,000円の利益。
日経平均(先物)が、朝一の高値を抜けられず落ちていったので、
粘ることはせず、仕切った次第です。

これで十分です。

いつもなら、ここで空売りに転じるところですが、
最近の疲れもあって、無理せず静観。
他銘柄見ながら再びの買いのチャンスを待ちました。
で、前場でもう一度買いで入りましたが、同値撤退。

午前中で仕事は終わった感じでしたので、
あとはこの銘柄は触らず。

いいところばかり記事にしているようで恐縮なんですが、
デイトレってこれでいいんだ、と思います。
少なくとも、私は。

スイングはスイングで、いいところはたくさんありますが、
それなりのリスクはデイトレよりも大きくあります。
効率を考えれば、デイトレよりははるかに良いと思います。
でも、きちんと日銭を稼ぐというならデイトレですね。

デイトレは、定期的な給料。
スイングは、ボーナス。

大まかにいえばそんな感じですか。

賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
クリックいただくのが、私の本音のやる気につながります。
6/16 本日のデイトレード
今日は日経平均が大きく反発、
1,000円以上も上昇。
25日移動平均線までの落ち込みを上昇転換しました。

昨日の終値で、25日線寸前まで落ちてましたので、
また、日経先物やTOPIXは25日線を
完全に割り込みましたから、
反発するならまずはここだとは思ってはいました。
しかし、現況からスイングの仕掛けはしないほうがいいと決め、
デイトレでの仕掛けを探っていたので、
その視点で各銘柄を見ていました。

朝一、数分後から日経が急騰しました。
ここはなかなか、入っていかれないところです。
私も、本当にみているだけ。
あれれれれ、という感じ。

そのタイミングで仕掛けられれば本当においしい思いができる、
と思うのですが、なかなかそうはいきませんね。
勇気も、経験も必要なんだと思います。
私は、長年そんなことを思いますが、やっぱり無理です。

でまあ、自分の領域でと考えてスルガ銀行を、
「馬鹿のひとつ覚え」のように見つめるわけでしたが、
これもチャンスなしと。

で、掲示板の中で見つけたのが太平洋セメント(5233)。
日経と同じように25日線を焦点としてのトレンド転換。
昨日高値を抜ける前に、分足のブレイクで仕掛けました。

前場はそれで終わり。
後場まで持つことができず、後場のギャップアップは逃しました。
後場は後場で、そのまま太平洋セメントを見続け、
もう一度仕掛けていきました。

前場、後場で合わせて約60ティック取れました。
100株勝負なら5,000円を超えてます。
200株なら、1万円以上になります。

毎日利益を出し続けるのは、まあ大変です。
が、昨日今日と、まあまあうまくいっています。
今は、これで十分です。

ちょっとでいいんです。
損切りだけは絶対に欠かさないという覚悟の下で、
きちんと小利を取っていければ、
なんとか生きていかれます。

スーパートレーダーでなくても、それでいいと思っています。

賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
クリックいただくのが、私の本音のやる気につながります。
6/15 本日のデイトレード
日経平均マイナス774円とは、また大きく落ち込みました。
前場は何とか持ちこたえていたんですが、
後場、一気に崩れてしまいました。
22,000円を割ってからは本当に落ち込みました。

前場は、トレンドもわからず積極的な姿勢ではなく、
ほぼ、ながら族で見ているだけ。
後場になって、買いではなく、売りに絞っていきました。

結局仕掛けられたのは、スルガ銀行(8358)だけ。
400円割れで空売りしました。
そのまま大引けで決済。
取れたのは7ティック。

それでも、十分です。

デイトレだと、いろいろな指標を見ながら、
あちこちの銘柄を検討して回り、チャンスと見れば仕掛け、
というように、息もつかせぬ立ち回りを想像しがちです。
でも、そんなんこともありません。
ある程度の経験ができてくれば、自分が好きな銘柄、
気になる銘柄が出てきます。

この銘柄なら必ず取れるとまでは言わないが、
なんとなく癖や動きの特徴もわかるというのがあったなら、
その銘柄に張り付くのも意味のある手法です。
私も、いろんなものをちょこちょこ見て回るより、
なじみの銘柄を少しづつ増やしていくのが性に合ってます。

ただ、どんなに特定の銘柄にはまっても、
日経平均(先物)やTOPIX(先物)の動きは常に見ておきます。

そのことによって、その銘柄と指標との関係も、
次第にわかってきます。
これもまた、重要な判断材料になるのです。

不安定な相場です。

デイトレで少しづつ行きます。

賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
クリックいただくのが、私の本音のやる気につながります。
6/14 さあデイトレ
コロナの新規感染者数、本日東京で47人だそうです。

注目すべき数字だと私は思います。

それなのに、一度解除宣言をしてしまった以上、
人数じゃ何も変わらないんだということもはっきりしました。
いろんな人がいろんなことを言いますが、
発表している人数に意味がないなんてことは、
絶対にありえないわけで・・・
意味ないなら発表なんかしないわけですから。

東京についていえば、要するに選挙なんでしょ・・・。
そう思ってしまいます。
前からずっと思っていたことですが、
改めて、そう思っています。
そして、そもそもコロナ予防についての本気度など、
大したことはないんだと。

・・・
そういうこともひっくるめて、
今の状況を株価チャートはきれいに表現します。
イメージあり、一体あり、そういう混然一体となった、
現在の人々の状況をチャートは示してくれるのです。

経済は、社会の実体そのものを表します。
政治がどうあろうとも、経済は進むときは進む、止まるときは止まる、
そして、それなりの策を見つけて動いていきます。
経済(お金の動き)は、社会の土台として、
根本的に世界を動かすのです。

こんなことを書いていると、
一昔前の人なら、「お前はマルクス主義者か」などといいそうです。
でも、本当だと思うことは、主義も思想もありません。
私は、日本こそ、世界で一番
マルクスの言う共産主義国家の究極の姿に一番近い、
と思っているのです。
(こんなことは、このブログと何の関係もないので、
 読んだ方は忘れてください。)

政治がダメなのに、国は全く問題なく成り立っている、
少なくとも市井の民の一人として、
そういうイメージを持つことができる。
これは、非常に素晴らしいことなんです。
誰が首相でも、誰が首長でも、リスクがないんですから。
(成り立ってるかどうかは、人によります。
 私にはそう見える、というだけです。)

まあ、止めときましょう。

・・・
明日は、デイトレ。
決めています。
50万円の資金をベースに、
5000円を稼ぐデイトレに徹してみます。

セミナーを受けて(昨日記事ご参照)、
そこに原点があるように感じたからです。

それでも1日の利益率が1%。

本当に、凄いことなんです。

賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
クリックいただくのが、私の本音のやる気につながります。
6/13 ニューヨークは下降
ニューヨークダウ平均。
500ドル近くの上昇だからといって、
このブログの見方では上昇ではありません。
前日の長い陰線ときちんと比較すればわかります。

前日安値を一瞬ではあっても割ったのです。
高値は前日より安く、安値も前日より安い、
というのが、昨夜のニューヨークダウのローソク足ですから、
判断としては、下降ということになります。

この部分は、いろいろな人に話しても、
なかなか理解してもらえません。
どうしても、終値ベースで上がったの下がったのと、
なってしまいます。
まあ、一般的にそういう見方をしていますから、
仕方ありませんね。

で、ニューヨークは下降となると、
日経平均も、寄り付きは昨日終値より、
少し下かもしれません。
CME日経先物では、まあそのような結果になってます。

ただ、日経平均はこのところ場中は強いですから、
なかなか下げません。
下げの圧力があっても、何とか買い支えている、
という感じですね。
だから、やっぱり、そう簡単に空売りには走れないなあ、
との印象はあります。

月曜日は、やっぱりちょこちょこデイトレかな。

最近、とあるデイトレのセミナー(オンライン)に出てみました。
50万円の資金で1日1万円取ることを目標に、とのこと。
目標としては、とても妥当だと思いました。

1日1万円てことは、資金の2%になります。
それって、結構なことです。
20日間成功し続ければ20万円。
資金は40%も増えるのですから。

実際に考えてみるとかなり大変です。

1000円の株を500株(これで50万円)買ったとして、
それが20円上がったところを取るということ。
500円の株なら、1000株買って10円上がると。

500円の株のデイトレで10円分を取るって、
結構大変なことじゃないですか?
1取引だけで取る必要もないので、何度かやるにしても、
損切りになることもあると考えると、やっぱり大変です。

少なくとも、初心の方には難しかろうと。
できるようになるために半年くらいはかかりますよね。
50万円の資金だったら、1日5千円でもいいんじゃないかな、
と考えたりしました。

どんなもんでしょうかね。

ということで、また明日です。


賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
クリックいただくのが、私の本音のやる気につながります。
6/12 今回はデッドクロス効力
MACDがデッドクロスしたからということでは、
もちろんありません。
ただ、今回は、見ていたことで効果がありました。
日経平均は、がた落ち。

ニューヨークががた落ちですから、それも当然といえば当然。
ただ、それでもマイナス167円まで回復したのですから、
日経平均は強いんじゃないでしょうか。
11時過ぎには、デイトレの買い仕掛けのタイミングが来ましたし、
私のトレードにとっては良いで日ではありました。

一見すると、
一昨日から空売りを仕込んでおけばと思ったりするのですが、
それは無理な相談だったでしょう。
こうなるとわかっていれば、誰だってそうします。
翌日のことなどわからないから、そこは思い切れません。

でも、それはいつものこと。
なので、自分のスタンスを決めて戦術を持つということが、
大事になるのです。

トレードの開始を前にして、
「状況が●●になったなら、具体的に〇〇しよう。」
という自分の中での取り決めを最低一つは持っておく、
というのが、戦術を決めるということです。
そして、それを当面は変えない。

それは、買いだけでもいいし、買いでも売りもあっていい、
と思っています。
ただ、いったん何らかの仕掛けに入ったら、
買いと売り両方をいっぺんに持つのはお勧めしません。
こちらの銘柄は買っておいて、こちらの銘柄は空売り・・・
ちうふうにやると、スタンスがブレてわからなくなります。

いろいろなトレードの学校やセミナーで、
教えてくれるのも、最終的には、この戦術の数々です。
戦術のパターンをたくさん持っていれば、
仕掛けのタイミングもたくさん見つかるということになります。

でも、私の場合は、戦術のパターンはそう多くありません。
ほとんどが、持ち合いからのブレイクとトレンド転換、
そしてその応用編だと思います。

いずれにしても、今週はいったん下げに転じました。
そこは、当然でもあり、考えていた通りです。

来週はどうでしょうか?

最終的には、どんなに考えてもわからないのですが、
ニューヨークを参考にして、少しでも考えておきましょう。

今週も、お疲れさまでした。

賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
クリックいただくのが、私の本音のやる気につながります。
6/11 一気にデッドクロス
やはり今週は様子見でしたね。

今日、日経平均日足チャートで、
MACDがデッドクロスしました。
非常に高い位置でのデッドクロスです。
スイングの買いは、何はともあれ手仕舞い。

ただ、昨日書いたように、ここからの狙いは、
空売りというよりは、むしろ手仕舞ってからの、
次の機会の買いだと考えてはいます。

今日の下げは、押し目に向かう途上とみて、
押し目買いを狙うという意味でもあります。

ただし、明日がメジャーSQだということもあって、
今の今は、ちょっと不安定になっているという状況もあるでしょう。
今現在、売り買いのスタンスについては、
何とも言えないところではあります。

まあ、明日は見ておこうと。

そんな時は、デイトレだけです。
デイトレだと、必然的に1回の利益は減ります。
でも、バカにはできません。

立てば、1日1万円の利益を出していこう、
というくらいであれば、デイトレで少しづつやるほうが、
確実だとも思います。
かえって、リスクは少ないと思います。

ただ、デイトレでも、
損切りできずに持ち越してしまうと、
大変なことになります。
短期トレードの、たいていの大きな損失は、
そんなことから始まるものです。

小さな損失や利益をバカにしないで、
自分のトレードキャリアとしてしっかりと積み上げていくのが、
個人トレーダーのミッションだと思っています。

明日の週末、頑張っていきます。

賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
クリックいただくのが、私の本音のやる気につながります。
6/10 そろそろ手仕舞いの局面
今日の日経平均は、下降のローソク足でした。
陽線ですが、前日比で下降です。

そして、MACDもはっきりと下落の方向になってます。
ヒストグラムが明らかに落ち込み。
昨日書いた、デッドクロスがいよいよ現実味を帯びてきました。

やっと、下降の予兆が現れてきました。
予兆なのか、単なる紛れなのかは知る由もありません。
が、注意はしたほうがよさそうです。

今週中(明日、明後日)にデッドクロスが来るのか、
わかりませんけれども、
来てもおかしくないですし、
来たら、買いは問答無用で手仕舞いです。

よく見れば、日経平均の75日移動平均線はまだ下向きです。
だからこそ、今は、おそらく上昇の初動の時。
下げるとしても、それは、上昇相場の2回目の上昇に向けた
下降局面にすぎません。

下げるからと言って、空売り全開とはいきません。
やはり、基本スタンスは買いのままです。
売りはあくまで、超短期の売りですね。

ここまで書いて下げずに上がれば、
それはそれで仕方なしですね。

さあ、明日です。


賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
クリックいただくのが、私の本音のやる気につながります。
6/9 うまくいっているなら
まだ、日経平均が、下降のローソク足を出しません。
本当にしぶといです。
朝、一瞬だけ高値更新した後下げて動かず。

それでも、高値を更新したのでローソク足は下降にならず
持合いの判断です。

そしてMACD。
いよいよ、デッドクロスに向かって動いているようです。
非常に主観的な希望的な見方ですが、
だんだん、激落ちが迫っているのでしょうか?

そうなると、うまく上げているスルガ銀行は仕切りですね。

いやいや、そんなんことを考えてはいけませんね。

うまくいっているのなら放置。
それが原則です。

損切りするときだって、放置してたら損切りになってた、
というのが一番いいのです。
とにかく仕掛けたら指値・逆指値の注文だけ入れてで放置です。

損切りできないトレーダーは、利確もうまくできません。
それは、その時々の損失や利益にとらわれてしまうからです。
ただ、人間としてとらわれるのは当たり前だから、
そこをどうにかするのが大変なんです。

そこはメンタルの問題にしがちなんですが、
私は、そうは思いません。
勉強と経験の問題です。
もっと言うなら成功体験を踏んでいるかどうか。

最初は工夫も何もせず目をつぶってやる。
その中から成功体験をつかむ。
簡単に言うなら、そういうことです。

暑さに負けずに、頑張っていきます。


賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
クリックいただくのが、私の本音のやる気につながります。
6/8 なかなか強いです
日経平均が強いです。
そんなの前からわかってるわい!
と言いたいところですが、下落してこないところを見て、
またそう思ってしまいました。

今日は、寄り付き当初の動きを、ひときわよく見ていました。
そしてまた、場中の動きも結構見ました。
分足で仕掛けのタイミングを見ていたので、そうなりました。

デイトレを毎日のようにやっていれば、
そんなの当たり前なのですが、
最近はそうでもなく、ちょっと集中力が必要でした。

分足は、寄り付きから1本目のローソク足が重要です。
1本目は、結構ブレます。
みんなが一斉に仕掛けに走るので、
成り行きで来ている発注が、思いもよらぬ値で決まったりします。

そして、2本目に、上昇の足が出るか下降の足が出るか。
そこが結構大事で、それによって全体的な様相が決まります。
もちろん、例外もふんだんにありますが、スタンスとしてはそうします。

今日は、1本目が出た後はやはり下降気味で、
10時前にいったん1本目の安値を割っていきました。

それでも、後場の最後には寄り値を抜けるところまで反転。
これが、日経平均がなかなか強いと思った要因です。

結果的に、スルガもKNTCTも仕掛けとなりました。
スルガ銀行の方は、上の状況と少し違いましたので、
早いタイミングでの仕掛け。
KNTCTの方は、ほぼ日経と同じ動きでしたので、
仕掛けは後場になりました。

明日以降、どうなるか?

やっぱりわかりませんが、しぶとく上げてくれると、
今日の仕掛けも活きてきますのでうれしいですね。

でも、まあ、仕掛けた後は「放置」が原則ですから、
別のことを考えていきます。


賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
クリックいただくのが、私の本音のやる気につながります。
6/7 明日の銘柄はどうする
明日は、上にそれなりにギャップを空けた寄り付き、
というふうに想定して、その後も上げるなら買いたいのは、
スルガ銀行(8358)、KNTCT(9726)。

まだ言ってんのか、と自分でも思いますが、
好みの問題もあるので、書かせていただきます。

スルガは高値更新での更なるひと伸び、
KNTCTはトレンド転換です。
トレンド転換は、もう少し先かもしれませんから、
明日は見るだけになるかもしれませんが。

ギャップの空いた寄り付きは、
明日はすぐには買わずに様子見です。
分足で陰線になるようなら、反転するところで仕掛けたいです。

あとはSUMCO(3436)も見ときたいですね。
持合いをいつ放れるのか。
放れたときには仕掛けておきたいです。
たとえダマシでも・・・。
覚悟のうえで。

まあ、そんなところですかね。

・・・・・・・

世の中が一気に元通りになってきてる気がします。
少なくとも、街中の様子は。
マスクしてるところだけが違う感じ。

でも、やっぱり心配です。
まだまだ・・・な気がするんですがね。

賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
クリックいただくのが、私の本音のやる気につながります。
6/6 ニューヨークの暴騰
暴騰・・・とまでは言いませんが、
ニューヨークダウが800ドル超の爆上げです。
雇用統計の改善が、その理由とのことですが、
これはもう、明らかに月曜の日経平均に影響します。

CME日経先物は23,000円超。
月曜日は、そのあたりから始まるってことでしょう。

うーむ。
日経平均、止まりませんね。
ぐんぐん行っちゃいますね。

もちろん、寄り付きだけじゃ戦術は立ちません。
寄り高で場中は下げ続けというのもよくある話で、
昨日のような記事を書いている私としては、
その可能性を考えるんですが、まあ、どうでしょうか?

仕掛けは難しいですね。
買いにしても、売りにしても、デイで止めといたほうが無難。

デイトレであっても、基本は日足を参考にして仕掛けの銘柄は
決めていきます。
スイングもデイも、日足を見ている段階では仕掛けポイントは同じ。
ただ、仕切りのポイントを変えるだけです。
デイなら、あとは場中の銘柄の動きを見ていて、
面白そうなやつの分足ポイントで仕掛けるということです。

はっきり言って、今はスイングに向きません。
デイでちょこちょこやっていくということですね。

今、巷では、コロナの影響でお金の心配が出てきた人たちに、
トレードのススメをしているPRが増えてきています。
「コロナでも稼げる」とかいう謳い文句で誘うわけです。

それは、コロナだろうと何だろうと、
相場があればトレードはできます。
そして、基本ができていれば、稼ぐことはできるでしょう。

でも、あまりに軽い気持ちでトレードの世界に入っていくのは、
やっぱり、非常に問題あることだなと思います。
そんな簡単にマスターできないし、経験も必要です。
1-2週間では、まず無理。

そんなに簡単なら、みんなやってますし、
お金を稼ぐのって、そんなに簡単なわけがありません。
これは本当に、絶対に簡単じゃないんです。
だから価値もあるわけで。

そのあたりは誤解しないようにしたいなと思います。

賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
クリックいただくのが、私の本音のやる気につながります。
6/5 ついに持合いが出る
昨日のローソク足の判断に照らせば、
今日の日経平均の日足のローソク足は持合いの判断です。
昨日のローソク足に比べて、
高値は安く、安値は高かったのですから、
収縮の持合いということになります。

この際、今日の終値が昨日の終値を上回ったことは、
大したことではありません。
これまで、上昇のローソク足を記録してきた日経平均が、
下降とは言わずとも、ようやく持合いの足を出した、
ということの方がはるかに重要だとみています。

一言でいうと、客観的にもいったん勢いは止まった、
ということになります。

じゃあ、だから来週からすぐに空売りということでもありません。
下降のローソク足が出たわけではありませんから。

持合いということは、基本的にはトレンドがないということです。
だから、基本的には様子見なんですね。
特に、トレンドを取ろうとする個人トレーダーにとっては、
そういうことになります。

ただ、もうひとつ、ここのところ見ているMACD。
ヒストグラムがまた凹んできました。
これは、下降の方向を示すものです。

やはり、日経平均は、
危険領域に入りつつあるのかもしれません。
やがて、MACDのデッドクロスで、
買いはいったん終わり、ということになるのでしょうか。

個人的には、空売り待望の側ですから、
そうなれば面白くなると思っています。
ただまあ、いつも書いている通り、
私の主観はあてになりません。

あくまで、1トレーダーの感想にすぎないと思ってくださいませ。

今週もお疲れさまでした。
また、明日(土曜日ですが記事は書きます)。


賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
クリックいただくのが、私の本音のやる気につながります。
6/4 上昇のローソク足は継続
今日の日経平均も一応は上昇。
終値が上昇だったからではなく、
今日の安値も高値も昨日より高かったからです。

ローソク足を見るときは、
常に前日との対比でみるべきです。
ローソク足の判断は以下の通りです。

1.上昇 → 高値も安値も昨日比で上昇
2.下降 → 高値も安値も昨日比で下降
3-1.収縮の持合い 
     → 昨日比で高値は下降、安値は上昇
3-2.拡散の持合い 
     → 昨日比で高値は上昇、安値は下降

このブログも、もう10年近くやっていますから、
上のルールも何度か記載した記憶があります。
未だにこのルールは変わっていません。

毎日の日足のチャートは、まずはこの観点で、
ローソク足を見ています。

・・・ということで、
今日のローソク足も「上昇」なのです。

でも、MACDのヒストグラムは下げてますね。
今日はやっぱり様子見にしておいて正解で、
明日以降のために仕掛けをしておくことは、
避けておいてよかったと思います。

いつも、場中は東証の上昇ランキングなんかを見ながら、
忙しくはしているんですが、
今日は、面白い銘柄もありつつ、じっとしてました。

そして、明日は金曜日。

ちょっとまた、コロナの行方の気になり度合いが
増してきているんで、やっぱりじっとしていることにします。

無理するときじゃないし、
(無理していい時なんてそもそもないし)
プラスよりマイナスを恐れたほうがいい時かなと感じてます。


賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
クリックいただくのが、私の本音のやる気につながります。
6/3 おかしな日経平均
今日は陰線でした。
でも、昨日比では上昇のローソク足です。

ただ、上下のヒゲが長い、コマのような形の足です。
いよいよ、迷いの足が出てきたな、というところでしょうか。

私は、ローソク足は、その前後の日との比較において、
高値安値を重視していて、
1本の足の形そのものはあまり気にしません。
ローソク足の形の分析署、教えも数多くありますが、
参考程度にとどめています。

でも、やっぱり、迷いの足が出てくると、
そろそろ下落かなと思ったりはしますね。
やっと出てきたか、という感じで。
そろそろ落ちてもおかしくはないですからね。

ただ、今の日経平均がちょっと不思議なのは、
昨日までは順調な上昇があったのに、
MACDのヒストグラムが下げていたこと。
そして、今日になって逆にヒストグラムが上げてきたこと。

なんだか、実際の動きと逆な気がするのですが、
事実なんで認めるしかありません。
ヒストグラムだけの判断では、
昨日までは下落傾向、今日になって反転・・・
そういうことになります。

MACDは、特別な時にしか参考にすることもないんですが、
やはり日経平均は、どこかおかしい状況なのかもしれません。

様子見状況は、もう少し続きます。
明日は、違った状況がみられるかもしれません。
注意しときますか。

賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
クリックいただくのが、私の本音のやる気につながります。
6/2 もうちょっと様子見かなあ
日経平均が上昇を続けています。
ニューヨークダウが小幅上昇ではありましたが、
少しは下げる様子もあるんじゃないかと思ってました。
しかし、予想に反して、まあ順調な上昇でした。

昨日、今日と、若干動きは少なめにしていたんですが、
このままぐんぐん行ってしまうなら、
あまり意味もありません。
実際、数少なくなった買い保持銘柄は、
まあまあ順調な状況です。

今日は、極めて少ない動きの中で、
とはいえ、昨日書いたサニックス(4651)を買ってしまい、
あとは全体的に放置の状態でした。
サニックスは、ちょっと上げた後いきなり下げもしたので、
ちょっと面白い気持ちではありませんでしたが、
それも例によって放置です。

とまあ、買ってしまっておいて様子見もないもんですが、
やはり、このまま上げ続けるのかどうかは、
まだまだ疑問の方が大きい感覚です。
どんどん買って行くと、近いうちに大きなギャップで下げて、
ということに見舞われそうで。

買っているときは、いつもそんな不安はあるもので、
気にしちゃあいけないとも思うのです。

でも、日経平均は、
先週から今日までずっと日足で陽線を記録してます。
7日間連続ということになるのですが、
よくあることでもないですよ。
陽線だというだけでなく、毎日その高値を更新し続けてます。

めったにないことです。

どう考えたらいいのか。

やはり、ちょっとは疑問視しながら様子見態度は維持ですね。

頑張っていきます。


賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
クリックいただくのが、私の本音のやる気につながります。
6/1 想定ではなかったが
日経平均の寄り付きからの動きが、
私の想定とはちょっと違いました。
それでも、上昇です。
上昇継続でした。

寄り付きがもう少し上かなと考えていたんですが、
そうでもなくって22,000円より下。
で、22,000円はないなあと思う間もなく上昇。
で、後場、いったん22,000円を割ったにも関わらず、
結局抜けての引け。

ちょっと、こういう展開は考えてませんでした。
様子見とはいえ、?マークの一日でした。

ただ、富士通(6702)やソフトバンクが、
ようやく目に見えて上昇したのと、
ファストリの上昇継続が、ありがたかった一日でした。

上昇基調なら、次はサニックス(4651)を、狙ってます。

でも、明日はダメなんですかね。
最近は、上だと思うと下に行き、下だとみると上に行くので。

銘柄については、仕掛けどころは決めておいて、
来れば仕掛けるが来なければ何もしない、
というこのが基本ですから、それでいきます。
それで、損切りになったとしても、自分のキャリアとして、
幾重にも積み上げてばいいのです。

でも、最後に一言。
日経平均、わからんなあ。

賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
クリックいただくのが、私の本音のやる気につながります。