損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
9/23 まだ手を出す気にはならない
昨日の日経は、さすがに陰線。
安値は金曜の安値をわずかですが下回りましたので、
ローソク足の形としても「下降」です。

終値は、ボリンジャーバンドの+2σと同じ。
一応、通常の範囲内に戻るのかとも思えます。

今月に入って、日経平均は、2回も3回もギャップを空けて、
それこそ急上昇してきました。
あれよあれよと高値の更新でした。

わかりづらかったのは、
上昇しては持合い、上昇しては持合いの連続だったから。
押し目らしい押し目も作らず、
まるで階段のように上昇してきたのが、特徴的でした。

昨日は、MACDも凹んでいます。
でも、それは、この上昇過程でも起きたこと。
そのまま信じるわけにはいきません。

この間、ソニーやソフトバンクは、
とてつもない暴落に襲われています。
きっかけはニュースなのかもしれませんが、
気楽に買い保持を続けていると、そんなこともあるのです。

もっとも、チャート上で、これを正確に予見しろというのも、
無理な話で、できたところ、せいぜい「警戒する」程度のことでしょう。

ですが、少なくとも「警戒」はできたはずで、
それが、ソニーにせよソフトバンクにせよ、
MACDの凹みだったということは覚えておいていいと思います。

MACDが凹んだら利益確定、というのは、
おそらく利益確定の中でも、一番早くに訪れるサインに基づくものです。
普段は、あまり意識することもないのです。
MACDが凹んだくらいで仕切ってられないよ、というのも事実です。

ですが、一目散に上昇を続けているとき、
ボリンジャーバンドの+2σをも飛び出して上昇しているときには、
見ておいてもいいサインなのです。

日経平均が、今天井圏にあるのかどうか?
それは、後にならないと正確にはわかりません。
しかし、ボリンジャーンバンドとMACDを見る限り、
警戒領域に入っているとは思います。

上昇相場であるのは間違いないですが、
今、もし仕掛けを考えるなら「買い」よりは「売り」でしょう。

でも、私には、相場の向きと反対の個別の仕掛けは、
あまり得意ではありません。

しばらく、黙ってみていることにします。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
/>
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1004-22abb2cf
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック