FC2ブログ
損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
9/28 トレードで癒される
株のトレードの世界は、鉄火場であるとも言われます。
はっきり言うと、切った貼ったの世界です。

慰安でこそ、パソコンですべてが完結してしまう世界かも
知れません。
でも、一昔前なら、とてもじゃないけど素人が手を出せるような
世界ではありませんでした。

業界の人でなければ、取引現場には立ち会うことすらできないし、
情報の取得やチャートの分析だって、
とても、一般人が近寄れるような代物でもなかったのです。

それが、情報化の波の中でのネット普及によって、一変しました。

世の中には、ネット社会の到来で一変してしまった業界が
数多くありますが、トレードの世界も同じです。

一般人の好事家が、思う存分に力を発揮できる環境ができ、
手法も思想も変わったといって過言ではないでしょう。

簡単に言うと、株オタクみたいな人々が出現することで、
トレードが一般に大きく開かれた、と言っていいのです。

それくらい変わったと思います。

職業人である限り、証券市場で暮らす人々にとって、
トレードの世界は、給料の源泉です。
正確には、自分がトレードに勝つというより、
どうやってお客様のモチベーションを高めるか、
ということが主眼なのだとは思いますが、
いずれにせよ、給料の源泉となるコミュニケーションの
素材がトレードにあるわけです。

であればこそ、トレードは、緊張感と重責が渦巻く空間の中のもの
であったはずです。

でも、オタクに緊張感や重責はありません。
あくまで、一つのチャレンジでしかありません。

逆に、オタクにとっては、トレードが癒しの空間でもあるのです。

という意味で・・・
私もオタクなのかも知れません。

明らかに、トレードで癒される瞬間があります。
自分の世界はここにある、という安心感のようなものを
感じることもあります。

これは、利益損失とは、全く関係のない話です。
緊張感のない中でトレードをしているということではないのです。

ただ単に、居心地の話。

トレードを少しでも離れると、
トレードに対して渇望感を感じる、ということです。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
/>
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1008-15d3318b
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック