損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
10/26 見ないことの強み
スイングトレードの場合は、仕掛けたらあとは放っておく、
というのが一つのやり方です。

もちろん、仕切りの逆指値注文入れておいた上でです。

つまり、定めた計画を仕掛けた後に変えないための、
精神部分へのリスクヘッジです。

相場の動きを時々刻々と見てしまうと、
それにつられて心の動きが出てきてしまいます。

デイトレの時は、放っておくような時間的余裕もない場合があります。
しかし、スイングの場合は、少なくとも時間的余裕はあるわけです。

たとえば、買い仕掛けた後に株価がグーンと上がってしまうと、
「今ここで仕切れば一瞬にしてすごい利益だ!」と思ってしまい、
すぐに利益確定してしまいがちです。
そうやって利確したのちに、さらに株価が大きな上昇をする。
そして数日後には、思ってもみなかったような利益になっている・・・
というのは、よく経験することです。

損はできるだけ後回しにしたいという感情と同時に、
利はできるだけ先にとっておきたいという感情もあります。

そういう人間の感情の前には、あらかじめの計画など、
無力になってしまうのです。

だからこそ、見ないというのが有効な利益確保の手段になりえます。

逆に言うと、動きを見ないということが普通にできるようになれば、
見ていても動じることがなくなります。
見ていても見ていないのと同じような心でいられます。

そうなって初めて、デイトレでも、その時々の動きに左右されずに、
最初に考えた計画で、トレードを進められるのです。

トレードは、結局のところ、仕掛けと仕切りの計画がすべてです。
それ以外の要因は、すべてうまくいかない方向に働くといって、
過言ではありません。

仕掛けと仕切りの間には、何もないほうがうまくいきます。
というか、何もないようにしなければなりません。

相場は、人間の集団心理の集積です。
だからこそ、人間性を忘れる方がうまく立ち回れる、
と理解するべきだと思います。

明日から、少しは頑張っていける相場になるかもしれません。
でも、頑張るのは計画を立てる過程です。
仕掛けた後の監視に力を入れても全く効果はありません。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
こんばんは

今回の記事は、私をモデルに書かれているようですね。
計画より早く利確するのは、得意中の得意です。

2014/10/27(月) 23:19:23 | URL | レバー #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし
レバー様

お世話になります。
コメントありがとうございます。

計画より早い利確。

ある意味、損切ラインを越えてしまうよりは
まともですけど、まあ同じことです。

ただ、利確は、計画するべきではないという議論もあって、
非常に難しいところでもあります。

どうしても、人は利益を早く確定したがります。

当たり前なんです。

明日はどうなるかわからないから。

でも、そこは、ゲームとして考えるしかありません。

一度、逆指値を入れて、
あとは放置・・・ということをやってみて下さい。
お遊びで。

あくまでお遊びで。

保証はできませんが、
きっと、いいことがあります。

頑張らずに、お遊びです。
2014/10/29(水) 02:16:43 | URL | chinsuke #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1035-5c4f357d
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック