損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
11/2 トレードは絶対評価でいい
昨日書いたことと相通じると思いますが、
トレードはあくまで自分がやるものであって、その成績(損益)も、
結局は自分に帰するものであることは論を待ちません。

全体相場が急上昇しているときに、
自分が買い仕掛けできていないと、どうしても焦るのは、
自分と他人を比べてしまっているからです。

この状況の中では、みんなうまくいっているはずだ。
なのに、自分は、この大きな上昇幅を少しも取れないでいる。
そう思うから、焦りの感情にとらわれるのです。

でも、そんなことは考える必要がありません。

理由その一。
大体は、みんな自分と同じです。
自分が取れていないときには、他の人も取れていません。
急上昇があったとしても、そこでうまく取れている人なんて、
ほとんどいません。
また、そういう時に取れている人は、
そうでないときに損失を大きく出している人であることも多いです。

理由その二。
そもそも、トレードに他人は関係ありません。
他人が儲けようが儲けまいが、自分の結果だけが大事なはずです。
急上昇しようと、急上昇しまいと、急降下しようと、急降下しまいと、
それは相場の環境にすぎないのであって、
自分の損益にとってはどうでもいいのです。
大事なことは、自分のルールに従えば、自然に儲かっていくんだという
ことだけです。
急上昇した時には必ず儲けないといけないなんて、
そんな事はないはずです。

自分のルールがはっきりしていれば、
自分の得意な儲けパターンができてきます。
儲かるということは、定期的ではないにしても、それなりの頻度で、
相場にそのパターンが現れればいいだけではありませんか。

トレードはあくまで絶対評価の世界です。
相対評価は意味をなしません。

儲かっている人のまねをしてみることは、
いいことだと思います。
それによって、相場対応のうまさを学ぶことができるから。

でも、その人と自分の儲けの多寡を比べる必要はないし、
そこを真似することには、何の必然性もないように思います。

自分です。
トレードは。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1041-e0aa8453
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック