損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
11/18 ほっと一息ではありません
昨日は思い切り下げた日経平均も今日は戻し上昇。
ここで、ほっと一息、安心した人も多いことでしょう。

でも、それではだめなんです。
いつまで経っても株の素人の域を出ることはできません。

「昨日、仕切らなくてよかった。」

今日、私は、相場が引けた後、
複数の人からそんな言葉を聞きました。

「今日は、案外上げましたね。
 きのう終わりにしないで正解でしたよ。」

違うんです!!
とは、さすがに言えませんでした。
だから駄目なんですよ!
とは、もっと言えませんでした。

でも、本当に、そんなことを言っていてはダメダメ君なんです。
大損体験予備軍の仲間入りのセリフなんです。

結局のところ、上昇したといっても今日の陽線は持合いの形。
昨日の陰線の中での展開です。
「上昇した」と言える状況ではないんです。
ただの、持合いなんです。

そして、最近書いているMACDは今日も凹み続けています。
デッドクロスは明日になるでしょうか?

そんな状況なのです。

そもそも、本来仕切るべきところで仕切れずに、
先延ばししている時点で、まずアウト。

結果オーライで喜んでいるところで、二度めのアウト。

復活したのをいいことに、まだ続けようとしているところで、
三度目のアウトです。

スリーアウト。
野球ならチェンジです。
救いようもありません。

いつか必ず、とんでもない目に合うのが目に見えています。
その時は、本当につらい思いをすることでしょう。
でも、それを避けるすべがないのです。

大損経験者は、私も含めて、みんな言います。
「自分のようにならないためにも、本当に注意いして下さい!」

でも、そういう真剣な言葉がきちんと未経験者に
伝わったためしがありません。

未経験者は、どんなに勉強しても、
やっぱり経験しないと本当にはわからないのです。

そういう意味では、株の世界は、
やっぱり、大損を経験することが、そのキャリアの中で、
絶対に必要なのかもしれません。

「今回の仕掛けは失敗。結局損切にあってしまった。」
なんてことを言う人もダメなんです。

損切すること自体は失敗じゃないんですよ。
だって、100%成功する仕組みなんてないんだから。

新切りしないことが失敗なんですね。
つまりはルールの通りにやらないということ。

ここのところは、きわめて大切なんで、
いつもいつも思い返すようにした方がいいです。
どんな相場でも。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1053-b5fd0497
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック