損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
11/23 セミナー考


こうしたブログをやっていると、
投資関係のセミナーや学校、メルマガなどへのお誘いがたくさん来ます。

最近また特に増えてきたようです。

日経平均が高騰し、
世の中に「株価上昇」の情報が流れているからでしょうか?
世の中が、また株などの投資に目を向けてきたということでしょう。

そして、年を経るごとに、
そうしたセミナーなどの内容が進化してきています。

この手の投資教室やアドバイスというのは、
まがい物やいい加減な詐欺的なものなど、
一昔前までは本当に多かったものですが、
今はこれだけネット情報も発達し、
多くの人々に本当の情報が届くようになって、めっきり減りました。

競争の中で残っていくのは、本当にいいものだけです。
ダメなものはすぐにばれて、淘汰されていきます。

長く続いているものは、
それだけお客さんに支持されているということ。
それはそれで信じていいと思います。

ただ、やはり、こうしたセミナーや学校は、
高額なものが多いです。

現状だと、資本力のある学校やセミナー主体は少なく、
カリスマ的な個人を中心とした経営体が多いので、
講師の取り分や、場所代など、様々なコストを考えると、
受講費用に反映されてしまうというわけです。

必然的に、大きな広告費はかけられず、
どうしてもネットでの告知が中心になるというわけです。

ネット告知中心で高額・・・となると、
どうしても胡散臭さが漂います。
そのネット告知も、十分にお金をかけて作られたコンテンツ
ではありませんから、バタ臭さが先に立ち、
どうしても「なんだか危ない告知だなあ」ということになります。

でも、上に書いたような事情を鑑みれば、
そうもうまくはいかないのです。

テレビで見るような一流企業のCMや、
ヤフーのトップページに並ぶようなバナー広告と、
比べられては、勝てる要素はありません。

なので、もしこうしたセミナーや学校を選ぼうとするなら、
見た目に左右されるのではなく、
そこで語られている内容にしっかり目を向けてみることです。

どんな教育を受けたとしても、どちらにしても努力は必要です。

しつように「楽して・・・」とか「いとも簡単に・・・」
「何もしなくて・・・」なんてことが謳ってある告知は、
信用しなくていいと思います。

せっかくお金を払うなら、厳しく教育されるところがいいです。
また、努力を重視していることが見えてくるならそれもいいです。

また、本当に成功し続けていけるような投資手法を教えられる人材は、
とても数が限られているといこともあるでしょう。
仮に、自分では相当な成功を収めていても、
その手法を人にわかりやすく伝えるというのはとても難しいと思います。

わかるというのと、伝える(教える)というのは、
まったく別の次元のものだと思います。
名選手必ずしも名監督たらず・・・というわけですね。
有名なゴルフ選手のコーチは、案外普通のゴルファーです。

ただ、一般の方に教えるのに、
投資実績がそれなりにないと、信用されないというのも事実で、
そこに、難しさもあるのだと思います。

トレードは孤独な作業です。
孤独自体に問題はないのですが、
1人でやっているとどうしても客観的になれません。
自分でも気づかないうちに、誤解が生じたり、
一方的になっているものです。
わからないことがあっても、自分なりの解決の仕方しか見えず、
とても時間がかかってしまうこともあります。

効率を考えるなら他人の目を利用するのが早いです。
そのために、セミナーであり学校であり、
できるだけ単発でなく、継続的に同じ人々と触れ合えるような
機会を求めていいと思うのです。

今の上昇相場の中で、
投資教育でお金を儲けようと思っている人たちが、
宣伝合戦を繰り広げています。

それはそれで、いいことです。
それだけ、株トレードの世界も見えてくると思いますから。

でも、簡単に決めてお金を払ってしまわないことです。
あわてずじっくり選びましょう。
選ばなくてはいけないこともないのですし、
学校だけが他人の目ではありません。

大事なことは、うまく活用しようと思うことです。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1058-38300722
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック