損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
11/29 銘柄選択を考える
銘柄選択は、出会いです。
そして、惚れたはれたの世界でもあります。

どんなに日記平均をしっかり追いかけていたとしても、
トレードは個別の銘柄で行うものです。
そこがうまく行かなければ絵に描いた餅です。
何の利益にもなりません。

銘柄選択の上手下手は、従って、トレードの重大なポイントです。
このスキルによって、トータルの利益は大きく左右されてきます。

そして、銘柄の選択は、すなわちチャートの形の選択です。
仕掛けられるチャートを見極めるのが銘柄選択だというわけです。

いくつものチャートを見ていく中で、
「出会わないか、出会わないか」。
そして、「気づくか、気づかないか」。

結局のところ、銘柄選択はそこだけです。

出会うためには、数多くのチャートを見るだけの粘り強さが必要ですし、
見るスピードも必要です。
たとえば、東証1部の銘柄は1800超ありますが、
1銘柄1秒で判断することができれば、全銘柄を1800秒=30分で、
見ることができるわけです。
これは、あながち不可能な数字ではなく、
実際にできる範囲の数字です。
(そのためには、しかるべきチャートツールが必要です。)

出会っていても、その形の良さに気づかなければだめです。
この部分は、数こなせばのレベルでもなく、習熟が必要です。

努力と習熟が、銘柄選択には必要なわけです。
それでも、「今、一番相場にふさわしい銘柄」を見つけ出せるかどうかは、
わからないものです。

さらに言うと、せっかく「今、一番相場にふさわしい銘柄」を見つけても、
それが本当に、現実に、仕掛けられるかどうかは、
その日になってみないとわかるものではないのです。
いや、ほとんどの事前準備は、水泡に帰すことの方が多いとすら言えます。
少なくとも、私の場合はそうです。

実感レベルでいうと、
事前にスイングで「この銘柄は行ける」と思って準備して、
それが自分の思惑通りに動いて、仕掛けて、利益になる・・・
というのは、1か月に2、3度あるかないかではないでしょうか。
そうすると、年間では20回~30回くらいということになりますね。

本当に、数少ないと思います。
(いや、本音を言うと、決して少なくはないとは思っているんですが、
 逆に言うと、私のスキルはその程度ということなんです。)

これだけ相場を分析して、用意周到に仕掛けるんだから、
とは思ってみても、百発百中なんて、絶対にあいえないし、
8割方成功する・・・なんてのも、トレドの世界では、
スキャルピングのデイトレ以外にはありえないです。

現実はやっぱり厳しいし、現場はやっぱり思い通りにはいかないものなんです。

だから、なんというか、まあ、
落ち込まないほうがいいってことですね。

前向きに行きましょう。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/11/30(日) 12:48:26 | | # [ 編集 ]
Re: タイトルなし
ok21 さま

またのコメント感謝です。

1銘柄1秒は、さすがに全部はそうは行きませんが、
検討対象になるならないの判断は、ほぼチャートを見た瞬間にするので、
そこは1秒で行けます。

限定180銘柄は、それでもいいと思います。
180が少ないとは思いませんし、
それだけをしっかり追い続けるなら、非常に良い戦術だと思います。

時間的な余裕があれば全部見るけど、
余裕がなければ限定があってしかるべきだと思います。

それで、神戸製鋼のお話。
もちろん、どのくらいの時間軸で考えるかはありますが、
私なら、仕掛け時点では迷わず174円割れを損切りポイントに置きます。
つまりは、直前の安値であり、チャートの前の波動の安値。
で、利益確定は、ボリンジャーバンドの+2σ抜けをきちんと見てから。
そうやって追いかけていきます。

昨年の高値を抜けることがあれば、さらに上昇するかと思います。
そうなったら、前日安値割れとか、直近の値で利確ラインを上げていきます。
それで、時間的には持てるだけ持っていきたいような感じです。

あくまで私の場合・・・です。

非鉄は、業種としては一足遅れて上昇相場に入ってきていますね。
まだ、上昇の初動に入ったところですから、
いったんの下落はあるかもしれませんが、
その後は順調なら、また上昇に入るでしょう。

これも、まあ、銘柄によってですかね。。。

また、コメントくださいませ。











2014/11/30(日) 22:51:18 | URL | chinsuke #- [ 編集 ]
chinsuke 様

おはようございます。
いつもコメント有難うございます。

確かに神戸製鋼、客観的に見たならエントリー時のロスカットポイントは、しばらくもみ合っていた時の最安値ということになるでしょうね。

どうもあまりロスカットを深くしたくないとの思いから、主観的とも思えるようなポイントをロスカットにしてしまいがちです。

でもそれだと案外早く引っ掛ってしまう場合もあるんですね。そして、すぐさま上昇なんてこともしばしば・・・

今回は結果オーライであったようですが、次回また同様の仕掛けを行うような際は、もう少し頭を使ったやり方を心掛けたいと思います。

利益確定のやり方についても、参考にさせて頂きます。

有難うございます。

ok21
2014/12/01(月) 08:32:28 | URL | ok21 #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし
ok21 さま

ご返信ありがとうございます。
とてもうれしいです。

損切りは、早い方がいいと思うと、
どうしても浅く入れがちです。
私も、そういうことを試したときもあります。
また、今でもそういうルールにすることがあります。

ですが、それも程度問題と、トータル収支の問題です。

あまり浅ければ、すぐに損切りに逢ってしまいます。
でも、利益を伸ばす時に伸ばせるならそれでもいいのです。
きわめて安全な戦術ですから。

でも、スイングの場合は、
できるなら、仕掛け当日は「損切りを入れない」というのも、
一つのルールとしてあり得ます。
当然、覚悟の上ですが・・・。

それくらいの腹積もりでスイングはやらないと、
なかなか利益が取れないのも実感としてあります。

あとは、複数単元で仕掛けたならば、
部分的に利益確定していくとか、
(すでにやられているかもしれませんが)
そういうやり方もいいかと思います。

ついつい、忘れがちなんです、こういうの。
私もそうなんで・・・。

また、気が向いたらコメントお願いします!


2014/12/01(月) 18:18:22 | URL | chinsuke #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1064-53350359
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック