損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
12/2 利確の我慢
ニューヨークダウが落ちてきましたので、
日経平均も寄りこそ下からでしたが、
やっぱり上昇。

結局は昨日の陽線を包み込むような長い陽線になりました。

正確に言うと「包み足」ではありません。

非常に微妙な数値ですが、
今日の安値は昨日の安値を上回っており、
正真正銘の上昇のローソク足となっています。

日経平均は強いですね。
今日も強気に高値更新して引けました。

昨日が上昇の分岐点だった可能性が強いです。
買いでよかったのです。

また昨日の時点より、上昇する確率は高まったとみていいと思います。

昨日も書いた通り、ボリンジャーバンドの+2σまでは余裕あり。
18,000円の上まで上昇余地は残されています。
今少し、上昇を続けるかどうか。
それは何とも言えませんけれども、
保持できるものなら、買い保持銘柄はできるだけ長く保持するのが
よさそうですね。

利益が伸びているときこそ我慢です。
損切りは、できるだけ早くしなければいけませんが、
利益確定は、その正反対の考えで行くべきです。

人間心理としては、
損はできるだけ先延ばし、利はすぐにでもとっておく、
というようになってしまうのが常です。
しかし、トレードは逆なのです。
人間の素直な心理を踏襲していては利が取れるようにはなりません。

普通に考えたら、とても出来そうもないところにこそ、
ルールが必要なのです。
そして、そういうところに利益のたまる仕組みが潜んでいるといって
過言ではありません。

損切りは損切りで、利確は利確で、
それぞれに、苦しみはあると思います。
その苦しみが空気のように当たり前に感じるようになれば、
一人前だと思います。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ





スポンサーサイト
コメント
コメント
そうだね
どうやったら利益を伸ばせるようになりますか
2014/12/19(金) 18:24:19 | URL | ふく #- [ 編集 ]
Re: そうだね
ふく 様

コメントありがとうございます。

「利益を伸ばせるように」なるためには、
ルールの通りに是が非でも進めることです。
それしかありません。

もちろん、まずは利益が出ることが前提です。
利益が出ていないのに、利益を伸ばす心配をすると、
上手くいかないと思います。

また、上の話はあくまで一般論です。

本来的には、
「利益を伸ばす」と言ったときに、
「どれくらい伸ばすのか?」
「リスクはどれくらい取れるのか?」
「短期でか長期でか?」
「売りでか買いでか」
「全体相場の状況がどんな時にか?」
「1回のトレードの話かトータルの話か?」
・・・・
といったように、前提条件や希望がより具体的でなければ、
あまり意味がありません。

具体的でないなら、どうしても当たり前の回答になります。

参考になるかどうかわかりませんが、
とりあえずは以上です。
2014/12/20(土) 02:40:01 | URL | chinsuke #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1067-0a63d0a7
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック