損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
12/6 18,000円の壁
ニューヨークダウ平均が再びの上昇です。
CME日経先物も同調し18000円を抜けました。
いよいよの節目抜けです。

昨日の日経平均は、前場に少し売り込まれたものの、
盛り返して、高値を更新する上昇波動となりました。

ローソク足の形は前日の安値高値をともに更新する持合いの足。
でも、シカゴの様子から見て、月曜日は高く始まりそうです。

18000円は、2007年以来の目標感の高い節目と捉えられています。
大きな心理的パーティションになっているとも想定できます。
そのパーティションを、朝の寄付で抜けてしまうのか否か。
抜けたとしたら、そこからさらに上昇するのかどうか。
18000円のラインは、抵抗線として機能するのかどうか。

ポイントはそのあたりになりそうです。

さらに今後を見据えるなら、
2007年以来の高値更新まで目指すのかどうか。

日経平均の日足チャートでは、そろそろボリンジャーバンドの+2σが
上から降りてきています。
今のボリンジャーバンドの形は、収縮の形。

2007年のことを言うなら、このボリンジャーバンドが、
当面の障害になりそうです。
日経平均が強ければ、+2σなど一気に突き抜けることも、
十分にあり得ますけれど・・・。

買い保持は、基本はそのまま保持のスタンスでしょう。
まだまだ我慢。
昨日の段階で、利益確定というのも悪くはありませんし、
そういうルールならばそれでオーケーでしょう。

でも、そうでないなら、我慢我慢。
可能性を追求していいと思います。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1070-e2842605
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック