損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
12/13 目をつぶったトレード
普通に会社勤めの仕事を持っていると、
相場の最中には値動きに立ち会うことができません。

なので、ある価格を抜けたら「●●円で買い」という、
指値注文を寄付前にしておいて、あとは相場のなすがままにしておく、
ということになります。

とても不都合なように見えますが、
トレードを習いたての初心の方々にとっては、
これが案外功を奏します。

決めたら変えない。

これがトレードの要諦であり、
人間としてとてもやりづらいことなのですが、
相場を見ていなければ、
変えようとしても変えられないのですから、
まさに、この言葉通りなわけです。

ところが、そういう状況の方でも、
だんだん欲が出てきて、
なんとか仕事中でも注文変更くらいはできるようにと、
スマホを使ってみたりするのですね。

気持ちはよくわかりますが、
本当にもったいないことだと思います。
放っておけばいいのです。
決めたことは決めたこととして、
そのままにしておけばいいのです。

でも、どうしてもそれができないのが人間なのです。

自分の損得に関わることだからこそ、
どうしても見ていたいのです。
そして一喜一憂したいのです。
(というか、一憂したい人はあまりいなくて、
 一喜だけをしたいというのが本音でしょう。)

ひとつだけ、不都合があるとしたら、
たとえば「買い」の場面の場合、
自分の指値よりも高く寄付いてしまった場合です。

こうなると、約定するのは、そこから値が下がってきたとき、
ということになります。
それは、あんまりいい状態ではありません。

本来は、下から値が上がってきて、
ついにポイントを抜けた瞬間に買いたいものです。
でも、ギャップアップの寄付きがあるとそうはいきませんね。

ギャップアップで寄付いたらいったん注文を外す。
本当はそれができればいいのですが・・・。

まあ、そこは目をつぶって・・・

逆に、注文を外す時と外さない時と、
一貫性がないのも、それはそれで問題ですから、
外さないなら外さないでいいと思うのです。

相場が見られないことなど、
不利でも何でもありません。

要は、ルールと一貫性。
それを非人間的に追求していけばいいのです。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/12/13(土) 22:47:49 | | # [ 編集 ]
Re: タイトルなし
ソフトバンク君 様

コメントありがとうございます。

ザラ場を見ていて、いい時もあれば悪いときもありますね。
デイトレならザラ場あってのものなので見なけりゃ仕方ないですが、
スイングの場合は、必要ありません。

見てるとかえって失敗します。

中途半端にみると、本当にだめです。

場中に見るためのスマホなんていらないんですよね。
本当に。

また、よろしくお願いします。

2014/12/15(月) 17:53:20 | URL | chinsuke #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1076-1fa35aa0
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック