損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
1/12 チャートはやはり面白い
私にとって、チャートはなくてはならないトレードのツールです。
つーるというより、チャート字体が相場そのものであって、
チャートを見ることが相場を見ることとほとんどイコールです。

チャートが素晴らしいのは、
どんな様相の相場でも、ローソク足とラインでその特徴を映し出すこと。
正確には、チャート自体にはただ単に、毎日の数字をプロットされているだけ
ですから、特徴を読み取るのは人間であるトレーダーです。

毎日毎日眺めていると、大体一目見れば、
そのチャートが表わしている相場状況がわかります。

まあたいていの個別銘柄のチャートは、
日経平均のチャートに良く似ていることが多いものです。
でも、全く違った形をしているものもありますし、
本当に様々です。

買ってはいけないチャート、売ってはいけないチャート、
急上昇しそうなチャート、急降下しそうなチャート、
このあたりは、一通りのチャートの勉強をしてから、
ある程度の経験を踏んでくると、わかるようになってきます。

100%、類例があてはまるわけもありませんが、
そういうのを狙って仕掛けることも出kるわけです。

特に、急上昇や急降下しそうなチャートは、
とても魅力があって、実際にそうなろうとなるまいと、
仕掛けてみるものではあります。

そういう意味で、ここ数日紹介している、
株の学校WEB無料動画セミナーは、
とても面白いと思います。

これを見れば、急上昇も急下降も、それ専用の決まった形があるのではなく、
通常のチャートの見方に従って見分けることができることがわかります。

基本的な理論がしっかりしていれば、
どんな場合でも対応していけることのひとつの証明でもあります。

仕掛けの形は、本当に沢山あります。
でも、そのすべてを体験しなくてはいけないわけではないし、
結局は、一つの理論のバリエーションにすぎません。

なので、よいと思う理論をしっかり学ぶことが、
最終的にはトレード上達の必要条件になってきます。

チャートは、やっぱり面白いです。
本当に。

ともあれ、お勧めです。
登録してない方は、してみてください。
株の学校WEB無料動画セミナー

今夜はまたニューヨークダウが先行して始まります。
明日朝の日経平均の寄り付きは、そのニューヨークの行方次第かと思います。

上げるのか下げるのか持ち合うのか。
今は、ちょっと様子見第一の場面です。
明日も無理せずがんばりましょう。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1106-b193034f
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック