損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
4/17 本日の損切り
日経平均は、元気なし。
動かない。動けない。
みんなが様子見。

こんなときは、日経平均と関係なく動く銘柄。
これも一手です。

ということで、グリー(3632)。

やられました。

朝、昨日の安値割れを見て、
2000円割れを見て「売り」。

5~6分の命でした。

朝一の高値2014円を抜けて「損切り」。

やられておいて何ですが、
やはり「損切り」は早いほうがいいです。

ここで「損切り」できていないと、
今日はとことん持ってかれてしまったかも知れません。

何度となく来る上昇の押し目。
そのたびに、戻りを期待してしまい、
含み損を放せなくなるのです。

また、今日の「損切り」ポイントは、
まさに「買い」ポイントでありました。

もちろん、それは、「買い戻し」の逆指値と同様、
あらかじめの「新規買い」の逆指値の発動でしかできません。
それでも、値が飛んで買えないこともあります。

動きの速い銘柄の場合、
手作業では、とてもドテンは間に合いません。

「損切り」のポイントは、
参加者にはよく見えていることでしょう。
つまり、「売り」に対する「損切り」ならば、
そこは「買い戻し」が集中するところ。

当然
、株価は急上昇します。
「新規買い」にとっては、
非常に値をとらえるのが難しいポイントでもあります。

さらに、一度通り過ぎると、
二度と戻ってこない可能性の高いポイントでもあります。

ポイントに来る値を確実にものにするのは、
それだけでも難しいことなのです。


さて、日経は、ホントに
ニューヨーク次第という感じになって来ました。

上か、下か。

来るべき時に備えて、
しっかり銘柄探ししときましょう。


↓↓ できればクリックお願いします。励みになります!!
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/112-2e7733ce
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック