損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
1/26 頑張った日経平均
今日の日経平均はかろうじて上向きになっている25日移動平均線で
寄り付きました。
そこから分足で陽線を重ね、一気に100円も上げてきました。

17,400円付近では持ち合う場面もありました。
しかし、後場の後半にブレイク。
5日線も抜けたまま、何とか大引けに持ち込みました。

一目均衡表を見てみると、雲の中から始まって、
最後にはかろうじて雲の上に顔を出してきました。
非常に苦しい展開であったことを暗示するかのように、
ほんのわずかだけ頭を出して、なんとか息をしているという感じです。

MACDも今日は凹みましたね。
それでも、今日の日経平均は、何とか頑張ったという形ですね。

ただ、明日は例によってどうなるかわかりません。
もちろんニューヨークダウ次第というところは否めませんが、
どうも高値をうかがう力は尽きているのではという感じがします。

今日の長い陽線で、先週金曜日の値をとらえきれなかったというのが、
力尽きた感じを醸し出しています。
だからといって、明日簡単に高値を乗り越えていく場面が、
全く想像つかないかというとそうでもないのです。

以上のような私の記述でもわかるように、
今の相場は誰が見ても煮え切らないと思います。
いつだって相場がわからないのは当たり前なのですが、
シナリオを絞りきれないし、どのシナリオの確率もつまるところ五分五分。
考えていると手も足も出ません。

全体相場の分析ができないと、
買いにせよ売りにせよ、フルスイングはできません。
ちょこちょこ仕掛けていく程度とでも言いましょうか・・・。
まあ、そのあたりです。

でも、ここは、そのちょこちょこを大切に、少しづつでも仕掛けていくことです。
フルスイングできないことを嘆くより、少しづつでも前進することです。
それもこれも、損切のスキルをきちんと身に着けているからこそです。
損切りのスキルがなければ、ちょこちょこが大損に変わってしまいますから。

ブログ記事も歯切れが悪くてすいません。
これまでもたびたびこういう時期がありました。
私は何とか頑張っています。
特に、うまくいかないということもありません。

「わからないなら、やらない」ということと矛盾するのかもしれませんが、
「それでもjほんの少しやる」というのも自分を保っておく手段です。

頑張っていきましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あるいは、こういう時こそ、
自分の知識やノウハウを整理する意味でも、
プロの語りを聴いてみてください。
私も、毎日暇があれば観ています(あるいは聴いています)。

「株式投資大全集(株の学校の製作です)」

全部観てマスターする・・・というよりは、
現役プロトレーダーの語りの雰囲気を感じてください。
何がどうということもなく、要するにトレーダーも普通の人なんです。

ただ、勉強して、少し一般人より知っている、理論や手法に慣れている、
そいういうことがスキルなんだということが理解できればいいと思います。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1120-625db964
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック