FC2ブログ
損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
2/15 それでも損切りできないなら
損切りできない話は、本当によく聞きます。
私には、もうそんなことはない・・・と、今のところ言えますが、
たった1回の損切りの失敗で、相場から撤退というのが、
上達すればするほどあり得ます。

損切りを上手く出来ていないときは、
そのことを人に言うのも嫌ですから、黙っています。

私も、トレードの学校に通っていたころは、
そんなことがありました。

いくら勉強したところで、損切りできない塩漬け株がある限り、
あまり効果もありません。
いくら日々のトレードで利益が出ても、含み損を考えると、
前向きになれないのです。

結局、日々のトレードで、まず間違いなく損切りできるようになったのは、
ひと通りの勉強が終わって、独りであってもなんとか
やって行けるようになってからです。

テクニカルの勉強と、損切りがしっかりできる心のあり方は、
やはり別々のものではなく、連動しているものです。

いくら勉強したって、心のあり方次第で損切りできない場合がある、
というのは、賛成しがたい意見です。

というか、勉強がしっかりできている人が、あるとき損切りしないとしたら、
それは、もう破滅の時です。
それくらい、勉強が進んだ人の損切り失敗は重いと思います。
それはもう、初心者の方が損切りしない、というのとは
全く次元の違う世界だと思います。

なので、
当面のこととして、損切りできない自分がいるんだとしたら、
まずは更なる勉強をしてみることです。
自分のスキルを、さらにさらに高めるとことです。
何かが足りないから、損切りできないのだと考えてみることです。

この前、以前勤めていた会社の先輩と会ったときに、
資産活用のために株を始めたことを聞きました。
その方がいうには、
「自分の持ち株の値段が下がってきたらどうするか?
 そのまま持ってればいいんだ。
 そして、値段など気にしないでいれば、その内また上がる。」
ということなのです。

私は、何も言えませんでした。
自分の資金の中で、大した部分でもないなら、
この戦略でも十分だからです。
そして、頻繁にトレードを繰り返すような投資家でなければ、
おそらく失敗したところで、株を止めればいいだけです。
真剣でないなら、それで十分。

でも、私のようなトレーダーだと、そうはいきません。
だから損切りが大切だということになるわけです。

勉強するほどのトレーダーには損切りが必要です。
そして、勉強すればするほど、損切りができるようになるはずです。

勉強の進み方とは別に、損切りできる心を作る・・・
これは、ある一定のレベルまでは正しいことです。
でも、本当に勉強したトレーダーなら、
きちんと損切りできるはずだ・・・
というのもまた、正しいのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新しい動画、ためになる動画も出てきているようです。
「何を学ぶのか」を知るだけでも、勉強になるわけです。

強力おススメ空売り講座

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1143-7242649e
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック