損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
3/2 途切れません
日経平均のローソク足局面の上昇が途切れません。
今日で9日目となりました。

さすがに、大引けは寄付きよりも安く陰線となりました。
そのためか、MACDは引き続き下に凹む形。
そろそろ、高値も限界に近づいてきた感を見せてはいます。

反落の順序としては、
まずはローソク足局面での持合いや下降の形が現れ、
次に、下から引くトレンドライン割れ、5日移動平均線割れ、
そして、ローソク足局面での下降が出てきて、
ついにはMACDのデッドクロスが起こる、という具合になりましょう。

下落しそうだとはいえ、今や完全な上昇相場の中です。
長期的なチャートを見ても、上昇相場のただなかにいます。
なので、大暴落が起きて、そのまま下降相場に入っていくというような
場面は、ちょっと想像しにくいところです。

25日線もまだまだ下にありますし、75日線に至っては、はるか下です。
空売りは、ねらい目ではありますが、
あくまで個別銘柄対応と考えておきましょう。

今日は、個別銘柄の動きを見ていると、
高値更新がグーンと伸びていくような展開でした。
上がっている銘柄が一段と上がっていく、そんな展開。
買いで保持している人にとってはたまらない展開だと思います。

ただ、今は、日経平均MACDのデッドクロスが見え始めてきた段階。
そのあたりを見据えて、利益確定ポイントを定めていった方がいいです。
多少、満足ではなくとも、利益確定に100点などないのですから、
60点の評価なら十分。50点でも満足、くらいの心づもりでいることです。

焦ったり、欲をかくのはかえって大失敗につながります。
最高でも60点というバランス感覚で十分だと思います。

あとは、複数単元の保持があるなら、
部分利確を考えるのがいいと思います。

保持していると、ついつい、部分的に仕切る手段を忘れます。
どうしても全株の仕切りを前提に考えてしまいがちです。
それだけ、視野が狭くなっている証拠です。

例えばボリンジャーバンドを飛び出して、どうしたらいいかわからないとき、
それでもまだ上昇するとの根拠があるなら、
部分利確で少しづつしのいでいきましょう。
そういう考えも思い出しておけば、気は楽になります。

日経平均がどこまで伸びるのか、見ものになってきましたね。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/03/02(月) 20:40:45 | | # [ 編集 ]
Re: タイトルなし
ok21 さま

お世話になります。

75日線からの仕掛けと、1か月の保持、
本当におめでとうございます。

「たまたまタイミングが良かっただけ、運が良かっただけ」とありますが、
そんなこともなく、すべて技術のなせる技かと思います。

仕掛けは、タイミングです。
そして、仕掛けから仕切りまでの道のりは運でしかありません。
仕掛けた以上は、どういう仕切りになるかは、
個々のトレードで見れば運そのものです。

なので、利益になろうと損失になろうと、
仕掛けと仕切りがうまくいくなら成功なのです。
良い仕掛けなら、利益になる可能性が大きくある、
というだけのことです。

そこをきちんととらえられたのは、
ok21様の技術のなせる技なのです。

ナイストレードだと思います。

このイメージを持ち続けていただくのがよいかと思います。

・・・・

今日は、さすがに日経平均が疲れてきましたね。
久々に下降の形の足になりそうですね。

では、また。
2015/03/03(火) 11:55:49 | URL | chinsuke #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1160-8f1ec04d
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック