FC2ブログ
損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
3/22 20,000円
昨夜のネットセミナーのことも踏まえて、
今後の相場とトレードを考えてみました。

日経平均の当面の目標は、おそらく20,000円。
いつまで上がるのかと考えてみると、やはり考えるのはそこです。
予測はあくまで予測に過ぎないとしても、
これだけ大きい、切りのいい数字が出てくると、
とりあえず、ひとつの目標として考えてしまいます。

3月の日経平均の動きで言えば、
まず19,000円を前にした持合い。
そして、ギャップを空けてそのラインを突破。
そしてまた19,500円で持合い。
特に、節目節目の数字での持合いを経ながら、
上昇を続けています。

そんな中で、20,000円は、やはり様々な指標の節目にも
なってくるのだと思います。

ボリンジャーバンドの+2σが、
やがて20,000円に到達するでしょう。
それは、日足も週足も月足も同じような状況です。

そして、株価が20,000円に近付くとき、
+2σラインが、どんな勾配を見せているのかがひとつのポイント。
変わらず凛として上向きなのか、少しなだらかになってくるのか。
そこは、日経平均の持ち合い度合いの強さに依ってくるでしょう。
逆に言うと、+2σの向きで、持ち合い度合いが測れるというものです。

それから、日足のMACD。
これがデッドクロスに向かうかどうか。
この木曜、金曜は、ヒストグラムが凹んでいます。
流れは、ややデッドクロスの方向に向かっているようです。
でも、20,000円までの上昇が見えてくれば、
おそらくデッドクロスは回避されるはずです。

あるいは、ちょっと話は変わってしまうかも知れませんが、
ファナック(6954)あたりが、日経平均の先行指標になる
かも知れません。
(突然降って湧いたことで申し訳ありません・・・)

いずれにしても、日経平均の上昇によって、
ついていける銘柄と、ついていけない銘柄が二分されて来ています。
そういう意味で、全体相場に取り残された銘柄が、
沢山出てきているのです。

でも、だからこそ、個別銘柄を見るよりは少し大きな視点で、
一歩引いて相場を眺めていないと、
目の前のトレードに埋没してしまいそうです。

今はどんどん仕掛けていく時期ではなく、本格的な見極めの時期です。
今後のために見た方がいいでしょう。

仕掛けは仕掛けで、止める必要はないとは思います。
順調なら、仕掛けは仕掛けで続けていくとしても、
必ず全体の成行を確認しながら行くことです。

相場の基本は変わりません。
焦るな、急ぐな、翻弄されるな、です。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1182-bd51be9d
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック