FC2ブログ
損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
3/28 トレードのキャリア
ニューヨークダウが、下げ止まったかのようなローソク足になりました。
昨夜の足は、その前日の足との比較では持合いです。
まだきちんとした反発にはなっていません。
ただ、陽線であるのと、一昨日の安値を下回らない持合いだったので、
下げ止まったかのように見えるのでしょう。

ニューヨークダウは、日経平均と大きく違って、
値はすでに75日移動平均線の下にあります。
しかも、その75日線は横ばいから下向きになりつつあります。
そして、一昨日の安値は、チャート波動の直近の安値を下回り、
波動の局面での下降を成立させてしまっています。

これって、要は、これから下降相場に入るサインです。

一方で、もう一つの大きな指標であるドル円相場。
こちらも、円高の方向に振れています。
これは、日経平均にとっては、上昇を止める作用となります。

そんな中での日経平均。
確かにCMEの日経先物は、日経平均金曜終値より上げてます。
しかし、どうも、グローバルな環境の中では、どうも怪しい感じです。
本当に、寄り付きから上昇できるのか、あるいは高い寄り付きになるのか、
疑問もありますね。

だとすると、方向性としては「売り」なのかなあと想像します。

日経平均としては、上向き25日線がありますから、
それを割っていくのには力が要るでしょう。
おそらく持合いの展開になるのではないかと想定します。
なので、その全体相場の持合いの中で、
個別には下落の形のものは落ちていくことが考えられるというわけです。

もちろん、決めつけるわけにはいきません。
先のことなどわからないのが当たり前ですから、
当たったとか外れたとか、そういうことを目的にトレードはできません。

当たったとしたら当たったなりのトレードをしてキャリアを積む。
外れたなら外れたなりのトレードでキャリアを積む。
そして、そのキャリアがトータルの利益につながっていく。

私は、このブログで「キャリア」というコトバを使いますが、
キャリアとは、トータル利益につながるようなトレードの経験・蓄積のこと。
だから、キャリアにならならトレードはするべきではありません。
すべてのトレードはキャリアになることを前提に仕掛けていくべきです。

そこに例外を作ってしまうと、決してトレードはうまくなりません。

事前に仕掛けるチャートと仕掛けるポイントを準備する。
同時に、損切りのポイントと利確の方針を決めておく。
そして実際に約定させて、予定通りに仕切っていく。
キャリアを前提としたトレードとはそういうものです。

ごくごく当たり前のことです。

でも、それを積み重ねることにしかトータル利益はないのです。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1190-3bc5fa37
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック