FC2ブログ
損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
3/31 さらに持合い継続
年度末の日経平均は、私が思ったよりもずっと下向きでした。
どちらかというと上昇、高値を伺うような展開になるのかと考えてました。

確かにニューヨークダウの大幅上昇を反映して、
5日移動平均線を大きく抜けての寄付き。
しかし、そこからは一貫して下降の波動でした。

19,400円の付近で、乱高下もしましたが、
一日を通じての流れは下げ。
持ち合っては下げる、持ち合っては下げる・・・ということになりました。

日足のローソク足で見れば、大きな陰線ではありますが、
昨日ローソク足とのj比較で持合いです。
包み足の大陰線。大きな持合い

3月26日の高値から、小さなトレンドラインも引けていて、
5日線と同時に、このトレンドラインをもをまたいでのギャップ空けですから、
普通だと、そのままギャップを空けた方向に従いていっていい形です。
寄り付きから、買いを仕込んでいこうとした人も多かったのではないでしょうか?
私も、その1人でした。

しかしながら、売りをあきらめていたわけではなく、
最近の個別銘柄の個々まちまちに動く様子から、
下げる銘柄は日経平均と関係なく下げていくのではないか、
とも考えていたので、買い一辺倒の頭ではなかったことが、
幸いしたかもしれません。

それでも、意表を突かれたことは事実でして・・・。
やはり相場は水ものだなと、改めて知りました。

いずれにしても、今日の思わぬ下落で、
また、25日線が射程圏内に見えてきてしまいました。
MACDも引き続き下に伸びました。
明日以降、日経平均と25日線の関係はどうなっていくのか。
そこが焦点でしょう。

(私の予測は、はっきり言って、当たることも少ないので、
 明日になったらまた、驚いたりするのかもしれませんが。)

実をいうと、日経平均の週足を見てみると、
MACDのデッドクロスが迫っているように見えます。
中長期の流れも、そういうふうになっていくのでしょうか?

また、より大きな指標であるTOPIXは、
早々と25日線を割り込んで引けています。

昨日のニューヨークを見たときとは、全く話が違ってきてしまいました。

でも、振り回されてはいけません。
もちろん、チャンスがあるなら仕掛けるのですが、
持合いっぽく乱高下しているようなときは、
仕掛けては損切り、仕掛けては損切りになってしまいがちです。

わかっていれば、仕掛けなくても済むんですが・・・、
そこは、もう仕方ない世界ではあります。

損切りの我慢か、仕掛けない我慢か、
究極の選択だとしたらどうなんでしょう。

難しいですが、
やはり、選択しなくて済むように、
チャートの形をきちんと絞り込んでいくことなのではないでしょうか。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1194-25351b20
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック